プレッピー ルック。 大復活のプレッピーとは? RUGBYでわかる

アイビールック

プレッピー ルック

アメリカントラッドとは何か? 【最終章】アイビーとプレッピーは同じ!? こんにちは。 いつも「洋服屋の一生モノブログ」をご覧いただきありがとうございます。 僕は服飾業界に身を置く33歳です。 この業界でのキャリアは、今年で節目の10年に到達しました。 「アメリカントラディショナルとは何か?」と題して4回にわたり話を進めてきましたが、今回がいよいよ最終章です。 簡単におさらいしておくと、まずアメリカントラディショナルとは、 20世紀のアメリカで誕生した4つのスタイルの総称でしたね。 その4つのスタイルはこうでした。 【1】トラディショナル・アメリカンスタイル(19世紀末〜20世紀初頭) 【2】アイビー・ルック(戦後1954年頃〜1960年代半ば) 【3】ブリティッシュ・アメリカンスタイル(1960年代後半〜1970年代) 【4】プレッピー・ルック(1980年代) 一連の時代の流れとしては、 19世紀末のカスタム・テーラーの時代を経て、20世紀初頭にBrooks BrothersのNo. 1サックモデルが誕生し、それが量産時代の到来で発生した「アイビールック」という流行に乗って世界中に波及。 そして、 その中からアメリカと英国をミックスした新たな解釈が生まれ、1970年代にラルフローレンが「ブリティッシュ・アメリカン」を生み出し、新たなアメリカンスタイルが完成した。 という感じでした。 そして最後に登場するのが「プレッピールック」です。 今回はその「プレッピールック」とは何か?について説明します。 どうぞ最後までお付き合いください。 アイビーとは何か? 【1】アイビーとプレッピーは同じ!? 1980年代に起こった「プレッピールック」とは、言ってしまえばこれまた人為的な流行でした。 一時的な現象に過ぎないという点では、1950年代半ば〜60年代にかけての「アイビールック」と全く同じです。 それどころか、 はやった時代が違うことと、ネーミングが違うことをのぞけば、「アイビーとプレッピー」は内容もほぼ同じです。 プレップ・スクールは、アイビーリーグ進学を目指す生徒たちが通う全寮制の私立名門進学校のことです。 【プレッピールック】 でも、はっきり言って、こんなものはただの言葉遊びでしかありません。 だって、プレップスクールの生徒(プレッピールックの生徒)がそのままアイビーリーグに進学したら、アイビールックの生徒になるわけですからね。 (笑) つまり、 プレップスクール時代のファッションや生活スタイル(プレッピールック)をアイビーリーグ進学後もそのまま持ち込んだものが「アイビールック」だということです。 なんか馬鹿らしいですよね。 (笑) なので、 言ってしまえば、 「アイビールックはプレッピールック」で、「プレッピールックはアイビールック」なんです。 (笑) こうしたファッション業界の「言葉遊び」に惑わされないようにしてくださいね。 【2】強いて違いを挙げるなら… アイビールックをプレッピールックの違いを強いて挙げるなら、それは「着ているアイテムの違い」と「色使いの違い」です。 アイビールックの時代(1950年代後半〜1960年代半ば)は、大学のロゴが入ったレタードカーディガンやセーター、ネクタイを着用した正統派のジャケットスタイルなどが目立ちますし、色使いも地味な印象です。 【アイビールック】 一方、 プレッピールックの時代(1980年代以降)は、ラガーシャツをやカラフルなチノパンやスウェット、ノーネクタイのブレザースタイルといったラフな出で立ちが目立ちます。 【プレッピールック】 こういった違いから一般的には、「プレッピーはアイビーを着崩したものである」と定義されがちです。 さらに、日本のアイビールック信者の中には、「アイビースタイルを間違えて解釈していて、腹立たしい」「一緒にして欲しくない」「偽アイビールック」などと嫌悪感を示す人もいるようです。 しかし、そのいずれも間違いです。 そもそもアイビーを着崩す着崩さないとか、解釈がどうのこうのという話ではなくて、「アイビールック」も「プレッピールック」もその時代に合ったアイテムを ただ着ていただけなのです。 1960年代の「アイビールック」の時に着られていたロゴ入りのセーターやカーディガンが、1980年代の「プレッピールック」の時になくなったのは、ただ単に時代遅れでダサかったからに過ぎません。 1960年代当時の型にはまったようにどこでもネクタイを着用するスタイルも、1980年代においては時代にマッチしていなかったのでしょう。 プレッピールックの色使いが全体的にカラフルなのは、1960年代にはなかった発色の良い服が普及していたからに過ぎません。 1950年代や60年代は、アイビーリーグというエリート名門校に通っているという誇りがまだまだみなぎっていた時代ですし、世間も注目していたでしょうから、スクールロゴの入ったセーターを日常的に来たり、ネクタイを締めて型通りに決めるジャケットスタイルにも、それなりに意味があったのでしょう。 しかし、 1980年代になると、当時のような誇りはすでに薄れていて、どちらかというと「エリート家系のおぼっちゃま」と見られることに少し恥ずかしさを感じていたようです。 ですから、わざと不良っぽくネクタイを緩めてみたり、首元が擦り切れたボタンダウンシャツを着たり、ボロボロのローファーを履いてみたりしていたのです。 そう考えると、スクールロゴの入ったセーターやレタードカーディガンなどは、どうしようもなくダサいものに成り下がっていた可能性の方が高いのです。 でもファッション業界は「プレッピーのその反骨心が〝逆に〟格好良いよね!」として担ぎ上げたわけですね。 「流行」とはいつの時代もそんなものです。 【参考文献】.

次の

80年代メンズファッションの特徴とは?|海外を驚かせた日本DCブランド服からアメリカ発80sプレッピーまで

プレッピー ルック

若くお洒落な女性から『アイビーとプレッピーの違いって何ですか?』と、質問されて答えに窮してしまった。 そこで改めてこの質問について考えることにした。 ただし答えることのできるのはアイビーとプレッピーの出自の相違であって、その女性がもっとも知りたかったであろう、ファッションについての明確な違いはないことをあらかじめお断りしておきたい。 1981年に日本で『オフィシャル プレッピー ハンドブック』という本が翻訳された。 当時筆者は、その単行本の版権を獲得した日本の出版社で、若者向け総合情報誌の編集ライターをしていた。 若者雑誌は月刊であったが、創刊後1年9カ月を要してライバル雑誌と同様に月2回発行の雑誌に生まれ変わることになったのである。 その記念企画として単行本発売と同時に雑誌のほうでもこれを取り上げよう、ということになった。 しかしながら参考文献は単行本1冊しかない。 しかもその本はご存じのようにプレッピーの生態についていささか皮肉をこめて著されたもの。 それをファッションに狙いを絞って編集するのだから大変である。 アメリカのファッションに詳しいアパレル業界の関係者に協力してもらい、後は徹夜作業の妄想力を駆使して何とか雑誌は完成した。 雑誌の発売日に、筆者は刷り上がったばかりの雑誌をパラパラとめくりながら、通勤電車の座席でひとり反省会をしていた。 すると何やら鋭い視線を上から感じた。 顔をあげると、吊り革にぶら下がった20代後半のビジネスマンが何やらブツブツ言いながら雑誌をのぞき見しているではないか。 しかも降り際にその男は『けっ、プレッピーかっ、ダセェな』と捨てセリフを残して去ったのであった。 おそらくその男は日本式アイビーの信奉者だったのだと思う。 日本のアイビールックは大阪の某アパレルメーカーとファッション雑誌の草分け的存在の月刊誌によって普及した。 両者は、『アイビーは米国のエリート学生の生活着である。 そのワードローブは不変だ』という主張を続けていた。 しかしアメリカでは1967年以降にカウンターカルチャーが台頭し、学生達の着こなしは大幅に変化していた。 アイビー校のキャンパスには、ブルージーンズとメッセージTシャツが溢れたのである。 しかし日本のアイビーはこの傾向を無視し、ガラパゴス島のイグアナのように進化を拒否したのである。 だが今考えるとこれが良かった。 日本のガラパゴスアイビーは、それがもっとも輝いた時代(1950年代中盤から66年)のまま保存されたからである。 しかしプレッピーハンドブックには逆にこのことが災いした。 筋金入りの日本のアイビー信奉者にとっては、プレッピーはアイビーをカラフルに着崩しただけの流行ルックと誤解されてしまったからである。 結局日本のプレッピールックも単行本も、業界が期待するほどのブームにはならなかったのである。 プレッピーはアイビーリーグ8校などの著名大学に入るための予備校のこと。 だからアイビーの弟分的なファッションである、という紹介を日本ではされていたが、これもちょっと違う。 プレッピーと呼ばれる人は大学に入ってからも、社会へ出てからもプレッピーであり続ける人種のことを指すからだ。 プレッピーの通う予備校は全寮制が多く、必然的に裕福な家庭の子弟でなくては入学ができない。 また寮では、英国の全寮制学校を手本にしているために厳格な躾けがされる。 プレッピーがしばしば、衿や袖が擦り切れたオックスフォードシャツやガムテープで靴底を補修したローファーなどを、むしろ誇らしげに着ているのは、こうした躾けや祖先が厳格なピューリタンが多かったことと無関係ではないのだと思う。 日本でも有名私立大学に、他の高校から入学した人と、大学付属の幼稚園や小学校から上がってきた人とは、何というかオボッチャマ度のレベルが異なる。 プレッピーというのはこのピュアなオボッチャマ性が照れ臭いのか、酒に溺れてみたり、わざと流行には無頓着な服(今どきのプレッピースタイルからすると大きめのブレザーやポロシャツを選ぶ傾向がある)を着てみたり、ちょっとツイストした精神の持ち主が多い。 またそのお金持ち特有の妙なスノッブさが、プレッピーハンドブックなどの突っ込み本を生む要因になっているわけである。 日本式アイビーに純愛する人々の教科書に『TAKE IVY』という、婦人画報社が1965年に発行した一冊がある。 米国のアイビールックのまさに一番輝いていた時代に本場のキャパスで撮影されたこの写真集は、今見直すと、アイビーリーグ校のなかにほんの数パーセントしか存在していないプレッピーたちにフォーカスしたルックブックだったといえよう。 着古したコットンマドラス、素足ではくローファー、丈の短いポプリンパンツ。 これらはプレッピーが予備校時代から愛用し、大学へ持ち込んだものだ。 言い換えるならアイビーの本流を作った者こそ、ほかならぬプレッピーなのである。 しかしファッションは新陳代謝を繰り返すもの。 その幹となるスタイルは変わることがなくても、時代によって新鮮な枝葉となるアイテムは異なってくるものなのだ。 たとえば1960年代にあれほど注目されたスタジャンやコーチジャケットは、アイビーリーグ校のフットボール部などが弱体化した80年代には人気を失った。 『オフィシャル プレッピー ハンドブック』が発行された80年代でもっとも重要なアイテムとして珍重されたピンクのオックスフォードB. シャツや、B. シャツ&ポロシャツの重ね着なども、最近発行されたアップデート版では見向きもされない。 逆に昔も今も人気があるのはシャギードッグと呼ばれるシェットランドセーターやビーンブーツなど。 ほんとうはお金持ちなのに、そうではないように見せるルックスが、結果、流行を追う一般ピープルとは異なる崇高さに見えて注目されたプレッピー。 いっぽう島国であるがゆえにガラパゴス化した日本のアイビー。 結果両者は、今もっともスノッブでクールな地点(60年代アイビーリーグルック)にランディングした。 ファッションとはじつに面白く、複雑なものなのである。

次の

【2020夏】今年はプレッピースタイルにトライ♡おしゃれレディースコーデ18選!

プレッピー ルック

プレッピーはもともと米国で有名大学に進学するために通う名門私立学校(プレパラトリースクール、preparatory school)で学ぶ良家の子女を指す言葉。彼らが好むファッションから、「プレッピールック」と呼ばれるようになった。 上流階級出身者らしく本物志向の保守的な装いがベースとなっている。 ボタンダウンシャツやVネック・ニットなどが目印的アイテムで、校章を示す胸のエンブレムはアイコン的な存在だ。 ハーバード大学やイェール大学など、東部の名門8大学「アイビーリーグ」に通う学生のスタイルから「アイビールック」が生まれたのと同じような成り立ちと言える。 はっきり決まったルールはないが、アイビーを少し若々しくし、無造作に着くずした感じのテイストと言える。 日本では1980年代初めに最初のプレッピーブームが起きた。 その後も何度かブームが繰り返していて、その都度少しずつ味付けに変化が生じている。 80年代末に人気を博した「渋カジ」も形を変えたプレッピーだった。 今年の場合はスポーツテイストが加わっているのが特徴の1つ。 大学スポーツを象徴する「ラグビー」がブランド名に選ばれた点にもそのテイストがうかがえる。 「きちんと感」という言葉に代表されるオーソドックスで上質なファッションへの揺り戻しも今のプレッピーブームの追い風になっているようだ。 だから、今年のプレッピーは崩しすぎない着こなしを意識して、上質カジュアルに仕上げたい。 ただし、西海岸風のラフめカジュアルではなく、東海岸流のカッチリめカジュアルを心がけるのが、プレッピーの枠をはみ出さないコツと言える。 ブームだからと言って、プレッピーに寄せすぎる着こなしも今の気分に合わない。 むしろ、ミリタリーやリラックスといった最新トレンドと組み合わせて、プレッピー濃度を薄めつつ、ミックス感覚でひねるスタイリングが今風だ。 「RUGBY」米国サイトには3つぞろい風のトップスにデニムを合わせたり、ボウタイ(蝶ネクタイ)とVネック・ニットを合わせるようなコーディネートが提案されている。 米国でプレッピーを定着させた「ポロ・ラルフローレン」が立ち上げたブランドだけに、「RUGBY」は現代プレッピーのお手本として打ってつけ。 ブランドを代表するアイテムがラグビー選手の着るラガーシャツ。 ユニセックスに着こなせるウエアだ。 ヴィンテージウォッチやボウタイといったクラシック感の際立つアイテムも取り入れて、意外感を演出してみたいところだ。 (文:ファッションジャーナリスト ).

次の