今年は台風が少ない。 今年の台風は8月から増加、9月をピークに接近・上陸の危険性が高まる見込み|@DIME アットダイム

2019年の台風

今年は台風が少ない

A ベストアンサー 地球の自転方向は東方向に向かっています、 太陽が東から昇るのでご存知と思います。 この自転のせいで、 北極を上にして見た場合、北半球では右方向に、南半球では左方向に曲がります。 この曲がる力の事を、コリオリの力などと言います(コリオリ力、転向力等) 回転座標上では、移動方向と垂直な方向に移動したときに、 移動速度に比例した大きさで受ける慣性力の事です。 この力によって、台風は出来たての時には垂直方向に(出来た場所からそのまま北半球では北極方向にまっすぐ進みます)動き、すぐにこの力によって右方向(北半球の場合)に曲げられ、そのまま日本列島の方にやってきます。 ただし、他に色々な要因(周囲の気圧や気温、風等)で台風の進路は変更します。 ちなみに赤道上では渦は巻きません。 渦を巻かずに流れていきます。 A ベストアンサー これは、台風だけでなく、ハリケーンやインド洋のサイクロンが、そもそもなぜ北上するのかと言う問題です。 実は、このことの理由はかなり難しいのです。 それで、簡単には、完全に正確ではありませんが、先ず次のように理解するのがいいです。 赤道から高緯度へ地球的な大きな大気の流れがあります。 台風はその流れのために北上します。 この北向きの流れの強さはその場所の偏西風の強さに比例します。 ですから偏西風の強いところで北行の速度は上がります。 少し厳密な説明を次に書きます。 実は普段、上述の大気の流れはなく、大気を北向きに流そうとする圧力があるだけです。 この圧力があっても、地球が自転しているために力学上の理由(つまり、コリオリ力)で北向きの流れはできません。 台風があると、この北向きに流そうとする圧力で北行させられるのです。 この圧力の強さはその場所の偏西風の強さと一致します。 ですから、偏西風の強い所ほど台風を北行させる力が強いのです。 (この圧力から考えるのは難しいですから、上述のように単に流れがあるの理解でいいと思います、潜在的には流れはあるのですから。 ) 補足: 上層の天気図で偏西風のところで等高線が緯度線に平行ですが、その混み具合が、北向きに流そうとする圧力(気圧傾度力)であり、偏西風の強さでもある訳です。 その混み具合は偏西風の軸(ジェット気流)に近いほど大きくなります。 これは、台風だけでなく、ハリケーンやインド洋のサイクロンが、そもそもなぜ北上するのかと言う問題です。 実は、このことの理由はかなり難しいのです。 それで、簡単には、完全に正確ではありませんが、先ず次のように理解するのがいいです。 赤道から高緯度へ地球的な大きな大気の流れがあります。 台風はその流れのために北上します。 この北向きの流れの強さはその場所の偏西風の強さに比例します。 ですから偏西風の強いところで北行の速度は上がります。 少し厳密な説明を次に書きます。 この意味がわかりません。 どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。 この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。 =>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見える)という認識で良いでしょうか。 この認識にたつと、 =>北東貿易風と南東貿易風は、東に流れるのでOK 貿易風と偏西風に違いは、 貿易風は、赤道に向かって吹くか、 偏西風は、極に向かって吹くかの違い。 =>北極から赤道に向かってボールを投げても、 赤道から北極に向かってボールを投げても、 自転する方向と逆の方向に、曲がる(ように)見えると思うのです。 =>赤道から北極に向かってボールを投げたら、自転方向に曲がるのであれば、偏西風になることは、至極納得できます。 この意味がわかりません。 どなたか、やさしく教えて頂けないでしょうか。 この進行方向を曲げる力をコリオリの力(転向力)という。 =>ということは、自転する方向と逆の方向つまり東に、進行方向が曲がる(ように見... A ベストアンサー こんにちは。 私は日本に韓国人、中国人、ユーゴスラビア人、フランス人の知り合いがいますが、彼らのいずれもが日本で生活していていちばん嫌な言葉、あるい言われて傷ついた言葉の中に必ずと言っていいほど「ガイジン」という言葉が出てきます。 「ガイジンだから…」、「ガイジンさんなのに…」などと言われてしまうと、相手が自分を何か得体の知れない特別なもの、危険なものと考えているように聞こえると言っていました。 特に中国や韓国のように漢字文化圏から来た人達には、この「ガイジン」という言葉が一種の差別用語のように聞こえるようです。 「外国人」という言葉は文字通り「外国の人」という意味ですが、「外人 ガイジン 」という言葉は取り方によっては、「自分たちの、つまり内側の人間ではない、外の人間」と排他的にも取れますし、韓国の人が言っていたのは「人間の外側のもの つまり、人間ではない 」とも取れてしまうということでした。 考え過ぎだと言ってしまえばそれまでですが。 「ガイジン」という言葉を意識せずに使っている我々日本人には、相手を差別するとか傷つけるつもりはなくても、聞いた人がいい気持ちがしないと言うのであれば、できる限り使わないように努力するべきではないでしょうか。 例えそれが本来は差別用語ではないにしても、時代の流れと共に言葉の持つニュアンスや意味は変わってきます。 某都知事が以前発言した「三国人問題」にしても、昔は日本人は差別用語だとは意識していませんでしたが、やはりその言葉を聞いて不快に思った人々がいたのです。 相手を思いやって言葉を使いたいものです。 こんにちは。 私は日本に韓国人、中国人、ユーゴスラビア人、フランス人の知り合いがいますが、彼らのいずれもが日本で生活していていちばん嫌な言葉、あるい言われて傷ついた言葉の中に必ずと言っていいほど「ガイジン」という言葉が出てきます。 「ガイジンだから…」、「ガイジンさんなのに…」などと言われてしまうと、相手が自分を何か得体の知れない特別なもの、危険なものと考えているように聞こえると言っていました。 特に中国や韓国のように漢字文化圏から来た人達には、この「ガイジン」という言... A ベストアンサー 昔は銀行ではそろばんは必須で1級レベルであれば優遇されてました。 ただ、電卓の登場でその価値も廃れつつありますが、40代50代の事務員とはまだそろばんでやってる方がけっこういますよ。 1級であれば電卓検定と違って暗算とか出来てかなり確実な計算が出来ますから役に立ちますよ。 ただ、今はその資格だけの能力があるかが問題です。 小学生の頃に取ったという事ですが、大体2~3年の間に取った資格が見られますよ。 1級ですから十分とくぎに書けます。 でも資格というのはあくまで判断材料の目安ですからそれで採用が決定する訳ではないです。 事務なら簿記検定と普通免許と経験さえあればいいですよ。 簿記も検定と実務は違いますが、2級くらい持ってれば良い印象を与えると思います。 普通免許は記入必須です。。 A ベストアンサー こんにちは。 食後すぐに痛くなる胃潰瘍は少ないので、可能性は少ないと思いますが、 検査をしないと腹痛の原因を突き止めることは難しいと思います。 通常胃潰瘍は、空腹時になると痛みが始まって、食事をすると収まると いうパターンです。 また、痛みは上腹部(みぞおち)が多く、人によっては背中の方の痛み を訴える場合もあります。 しかし、胃酸が原因なので、胃炎、胃潰瘍の可能性も否定は出来ません。 食事をした後に腹痛が発生する原因と症状は、 油物、アルコール、食べ過ぎの際に発生するなら、「膵炎」、「肝炎」、 「胆石症」、「胆のう炎」などを疑います。 この他にも、過去に盲腸など手術を経験していると、どうしても癒着 が発生しているので、食後に胃が煽動運動を始めると痛みを伴う場合 や、胃下垂のため食後に痛みが発生する事があります。 これらは、病気ではありませんが、胃のレントゲン撮影をして、骨盤 より胃の上部が下にある胃下垂では痛みを訴える人はいます。 ご質問の「トイレに行きたくなる痛さ」と言うのがわからないんです が、下痢のような痛みという事でしょうか?そうなると、胃では無く 十二指腸の方かと思いますが。 原因は直接診察をしないとわからないので、お幾つかわからないんで すが、一度人間ドックを受けるなり、診断にかかるよう勧めて下さい。 こんにちは。 食後すぐに痛くなる胃潰瘍は少ないので、可能性は少ないと思いますが、 検査をしないと腹痛の原因を突き止めることは難しいと思います。 通常胃潰瘍は、空腹時になると痛みが始まって、食事をすると収まると いうパターンです。 また、痛みは上腹部(みぞおち)が多く、人によっては背中の方の痛み を訴える場合もあります。 しかし、胃酸が原因なので、胃炎、胃潰瘍の可能性も否定は出来ません。 食事をした後に腹痛が発生する原因と症状は、 油物、アルコール、食べ過ぎの際に発... Q あつかましいご質問で失礼いたします。 今、転職を考えており1社内定がいただけそうな状況です。 面接の際には、なるべく早く退職手続きを取ってほしいと言われています。 現職では、公に退職を受理されているわけではなく、 6月末日には賞与が支給される予定です。 さて本題です。 仮に内定が6月初めにでれば、6月もしくは7月の退職となると思うのですが、退職願い提出後に賞与は支給されるものなのでしょうか。 私個人の勝手な解釈では、1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考えるのですが、企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考えるはずです。 いろいろな解釈ができるかと思いますが、皆様の率直なご意見をお聞かせいただければ幸いです。 A ベストアンサー あくまで、私の経験です。 (複数の民間会社です) 支給日に在籍していれば、賞与は貰えました。 この退職日までに支給日があれば、全額支給されました。 >1-6月の査定による賞与なので支給されてしかるべきと考える おっしゃる通りかと思います。 >企業経営者の立場であれば、会社を去る人間に無駄なお金を払うわけにはいかないと考える それはそうでしょうが、筋道を立てて退職を申し出た人に 取るべき対応ではないと思います。 現在いらっしゃる社員の方々の愛社精神・会社への帰属意識に多大な悪影響を与えるでありましょう。 堂々と主張・請求されてしかるべきかと思います。 まだ、支給されないと決まった訳ではありませんよね? 案外、すっと支給されるかもしれませんし、支給され なかった場合の参考とされて下さい。

次の

令和になって!今年の冬の雪はどうなる?(2019年~2020年版)

今年は台風が少ない

2018年は29個の台風が発生し、上陸数は5個と例年に比べると多めの年でした。 台風7号による集中豪雨で、西日本は記録的な大雨となり、232人の死者・行方不明者という近年にない規模の人的被害に見舞われました。 また、台風21号では大阪を中心に猛烈な風が吹き荒れ、 関西国際空港では、大規模冠水と暴風による船舶の衝突が引き起こした連絡橋の被害によって、長期間利用できないという事態が起こりました。 2019年は1月、2月にすでに台風が発生していますが、今後台風の発生はどうなるのか気になるところですね。 今回は、 「台風2019発生予想!今年は多い?少ない?ラニーニャやエルニーニョは?」の内容で2019年の台風予想をお届けします。 2019年のラニーニャやエルニーニョは? 2019年の台風の発生予想をするに当たって、現在のラニーニャ現象やエルニーニョ現象がどうなっているのかを見てみます。 ラニーニャ現象とは 出典: ラニーニャ現象とは、南米ペルー沖の太平洋東部の赤道域の海水温が平年に比べ低くなる現象のことで、強い東風にともない、太平洋西部のインドネシアやオーストラリア付近の海水温は逆に平年より高く、蒸発が盛んになって降水量が増えます。 気象庁によると、南米ペルー沖の太平洋東部の赤道域の海水温平年の基準値より0. 5度以上低くなる期間が6ヶ月以上続くと、ラニーニャが発生したと断定されます。 一般的に、ラニーニャ現象が続くと、日本では夏は「暑夏」、冬は「寒冬」になると言われています。 エルニーニョ現象とは 出典: エルニーニョ現象とは、南米ペルー沖の太平洋東部の赤道域の海水温が平年に比べ高くなる現象のことで、東風も弱まって、太平洋西部のインドネシアやオーストラリア付近の温かい海水が東側に流れ込み、水蒸気の発生が東寄りなります。 気象庁によると、南米ペルー沖の太平洋東部の赤道域の海水温平年の基準値より0. 5度以上低くなる期間が6ヶ月以上続くと、エルニーニョが発生したと断定されます。 一般的に、エルニーニョ現象が続くと、日本では夏は「冷夏」、冬は「暖冬」になると言われています。 今後のエルニーニョ、ラニーニャ発生確率 出典: 気象庁のエルニーニョ監視速報によると、2019年1月以降エルニーニョ現象が続いていて、7月から11月の期間でも60%の確率でエルニーニョ現象が継続すると予想しています。 今の所、ラニーニャ現象になる確率は0%で、2019年はエルニーニョ現象または、平常の海面温度に落ち着くようです。 今年4月の 沖縄、奄美地方で平年よりも気温が高かったのは、エルニーニョ現象の影響と言われています。 2019年台風発生予想 2019年は、1月1日に台風1号(名称:パブーク)が発生し、2月20日に台風2号(名称:ウーティップ)が発生しました。 3月以降は台風は発生していませんが、今後の発生する可能性はあるのでしょうか。 結論から言うと、 今年はあまり台風は発生しないという予想です。 過去を振り返ってみると、台風のない期間が最も長かったのは2015年12月17日から2016年7月3日までと、1997年12月22日から1998年7月9日までの4776時間(199日)と記録されています。 この時に起こっていた現象が、エルニーニョ現象でした。 台風とエルニーニョ現象との関係は、はっきりと証明されている訳ではありませんが、3月以降台風が発生していないという事実と、過去の事例から判断すると、今年発生する台風は少ないと言えるでしょう。 また、2018年の5月に 「筑波大学は、エルニーニョ現象の翌年は台風の発生数が異常に増加する要因を明らかにした」と報道されており、2020年は台風の発生が増える可能性がありますね。 まとめ 今回は、「 台風2019発生予想!今年は多い?少ない?ラニーニャやエルニーニョは?」の内容で、ご紹介しました。 2019年は、今の所、台風の発生は少ないと予想されますが、気候変動はいつ起こっても不思議ではありません。 2018年の台風被害を忘れること無く、常に万全の準備を怠らないということが大切ですね。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

今年の夏は暑い?(2020年)気温予想と災害の記録

今年は台風が少ない

2010年の台風の少なさ こんにちは。 確かに今年(2010年)は台風が少ないですね。 が示すように、もう8月末に近付いたというのに台風はまだ5個しか発生していません。 これを上回る(というか下回る?)記録はしかなく、現時点での発生数は1951年以降の60年間で2番目に少ないということになります。 今後の展開によっては、今年は台風発生数最小記録を更新する記念すべき年になるかもしれません。 ではなぜこんなに少ないのでしょうか?地球温暖化の影響なのでしょうか?現在のところ有力な説に、というものがあります。 この説を信じるなら、今年の台風が少ないのは地球温暖化のためではないかと思えます。 しかし今年の台風は、個数が減っているだけではなく、実は強い台風も減っているのです。 このことを考えれば、地球温暖化の影響と判断するのはちょっと待ったほうがよいかもしれません。 ではここで、史上最低(?)ランキングを争うライバルの1998年に着目してみましょう。 両者に共通の特徴はないかと探してみると、実は今年も1998年も、が終わってラニーニャ現象が始まった年という点に共通性があることがわかります。 を見てみると、1998年は1997年春から1998年春まで続いたエルニーニョ現象(史上最大のエルニーニョと言われている)が終わって、1998年夏には急速にラニーニャ現象に移行しました。 今年も2010年春まで続いたエルニーニョ現象が終わって、段階です。 その意味で、両方の年は気候の条件がよく似ているのです。 エルニーニョ・ラニーニャ現象 さてこのとは何なのでしょうか?気象庁のページの説明を引用すると以下のようになります。 エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象です。 逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれています。 ん?南米のペルー?そんな日本の裏側という遠い場所で発生する現象と何の関係があるのかと思うかもしれませんが、実は大いに関係あるのです。 南米の海で海水温が変化することによって、そこの周辺の空気の流れが変わって、それがさらに別の場所の海水温の変化を起こして、それが雲の発生場所を変えてしまい、、、というように、その影響はどんどん広がっていくのです。 なんといっても太平洋は世界で一番大きな海ですから、その影響力は大きいのです。 また空気は世界中でつながっていて、影響をさえぎるものはないのですから。 のページを見ると、ラニーニャ現象の場合は日本付近で高気圧が強まって暑くなることが多いとなっています。 今年はまさにそのような状況になっており、日本中で暑い夏が続いています。 この暑い夏を引き起こしている太平洋高気圧は史上最強クラスとも言われ、その勢力圏内では台風発生がガッチリと抑えられることになりました。 ただしそれだけなら、フィリピン付近の対流活動が活発になってその付近で台風が発生する可能性も高まるはずです。 ところが今年は、それに加えて「インド洋で海面水温が高い」というパターンも重なってフィリピン付近の対流活動までも不活発となってしまい、こちらでも台風の発生が見られなくなってしまいました。 今年はどうやら雲の活発な地域が例年よりも西側に偏っているようです。 を見ると、西側の南シナ海では台風が発生していますが、通常なら台風が数多く発生する太平洋中部やフィリピン東方海上では、今年は全く台風が発生していないのです。 このように太平洋上で雲がモリモリと発生する状況が消えてしまう気候パターンとなったことが、今年の台風が少ない大きな原因なのではないかと考えています。 ちなみに気象庁のページには、という質問への回答がありますので、こちらも参考にしてみて下さい。 気候は複雑ですし様々な要因が影響しあうので、一つの原因ですべてが説明できるということはあまりありません。 ただしエルニーニョ/ラニーニャ現象が大きな影響を及ぼしている可能性は高いと思います。 いずれにしろ今年は史上最低記録を更新する可能性もありますので、今後の推移を見守っていきましょう。 もしこれが地球温暖化の影響ならば、来年以降はさらに台風の個数が減ってしまうかもしれない!?まあ、さすがにそうはならないでしょうね。 2018-09-23• 2018-09-21• 2018-09-02• 2018-09-01• 2018-08-31• 2017-02-06• 2016-10-11• 2016-09-23• 2016-09-19• 2016-09-18• 2016-09-07• 2016-09-02• 2016-09-02• 2016-08-29• 2016-08-27• 2016-08-20• 2016-08-14• 2016-08-08• 2016-07-12• 2015-11-26• 2015-10-09• 2015-09-13• 2015-09-07• 2015-09-06• 2015-08-21• 2015-08-19• 2015-08-12• 2015-08-13• 2015-07-23• 2015-01-27• 2014-10-13• 2014-10-13• 2014-10-10• 2014-10-10• 2014-10-05• 2014-08-31• 2014-08-28• 2014-08-17• 2014-08-13• 2014-08-04• 2014-08-04• 2014-08-04• 2014-08-02• 2014-07-24• 2014-07-15• 2014-07-11• 2014-07-08• 2014-07-07• 2014-02-22• 2014-01-02• 2013-11-12• 2013-11-11• 2013-11-07• 2013-10-18• 2013-09-28• 2013-09-27• 2013-09-15• 2013-09-14• 2013-09-03• 2013-08-05• 2013-06-01• 2013-05-14• 2012-09-30• 2012-09-30• 2012-09-15• 2012-09-09• 2012-08-21• 2012-08-21• 2012-08-02• 2012-07-29• 2012-07-25• 2012-07-23• 2012-06-15• 2012-05-10• 2012-04-08• 2012-02-23• 2012-02-08• 2011-10-20• 2011-10-07• 2011-09-27• 2011-09-22• 2011-09-06• 2011-07-19• 2011-07-14• 2011-07-14• 2011-07-12• 2011-07-11• 2011-07-03• 2011-07-03• 2011-07-01• 2011-06-23• 2011-06-12• 2011-05-25• 2011-05-21• 2011-05-16• 2011-02-26• 2011-01-04• 2011-01-04• 2010-11-20• 2010-11-07• 2010-10-28• 2010-10-24• 2010-09-29• 2010-08-30• 2010-08-23• 2010-04-13• 2010-03-29• 2010-02-26• 2009-12-24• 2009-11-27• 2009-10-14• 2009-10-10• 2009-10-06• 2009-09-11• 2009-09-08• 2009-09-05• 2009-09-03• 2009-09-03• 2009-09-02• 2009-08-10• 2009-07-08• 2009-07-08• 2009-06-09• 2009-05-28• 2009-03-14• 2009-03-08• 2009-01-28• 2008-11-12• 2008-10-11• 2008-10-09• 2008-10-04• 2008-09-17• 2008-09-12• 2008-09-02• 2008-07-06• 2008-06-09• 2008-06-01• 2007-12-28• 2007-10-16• 2007-09-16• 2007-08-27• 2007-08-01• 2007-07-30• 2007-07-28• 2007-07-09• 2007-07-08• 2007-07-04• 2007-03-05• 2007-02-14• 2007-01-09• 2006-12-14• 2006-11-30• 2006-11-18• 2006-11-15• 2006-11-12 ご意見・お問い合わせ.

次の