磁気 ブレスレット 効果。 なぜ肩こりには磁気が効果的なのか

磁気ネックレスのおすすめ人気ランキング10選【頭痛や肩コリに効くのはどれ?】

磁気 ブレスレット 効果

磁気チタンブレスレット|身体に及ぼす効果とは?? 静電気が除去できるのはわかったけど、他にどんな効果があるの? 実は裏面に埋め込まれている 『磁石』に秘密が隠されています。 人間の身体には ごく微弱な電流が流れており、プラスとマイナスの電気のバランスが崩れると 体調不良を引き起こすと言われています。 このブレスレットの磁石が常に肌に触れていることで、電子の移動が生じ、 身体の生体電流を整える作用となり様々な体調不良に働きかける仕組みとなっています。 生体電流を整えることにより、 『睡眠改善』『関節や手首の痛みの軽減』『肩こり軽減』につながると言われています。 ただの静電気除去ブレスレットと比べ、磁気チタンブレスレットは 健康への手助けもしてくれます。 磁気チタンブレスレット|実際体感できた効果は?? 結局このブレスレットを付けることにより、私の私生活はどう変わったのか。 まず、おおもとの『静電気除去』についてなのですが、 効果は絶大でした。 こんなにも静電気耐性のない私でも、このブレスレットを付けてからはほとんど静電気を受けることはなくなりました。 笑 これはたまたまだったのか、磁気作用のせいで脳みそが狂ったのかわかりませんが、とにかく磁気効果は合ったようです。 笑 肩こりや手首の痛み改善については、もともと私自身肩こりなどあまりしない人なので効果は実感できませんでした。 結果的に、私の検証できた範囲は静電気除去と睡眠についてのみだったのですが、 明らかに効果はあったと言えます。 (悪夢を見た後はぐっすり眠れるようになりました).

次の

【静電気除去】『磁気チタンブレスレット』で冬の静電気対策!!静電気除去以外にも身体改善の効果があるぞ!!

磁気 ブレスレット 効果

本当に効果はあるのか?磁気ネックレスがパフォーマンスを上げる仕組み 磁気ネックレスを使ってみたいと考えている方のなかには、本当に効果があるの?と疑問に思う人もいるでしょう。 特にスポーツではさまざまな方法でパフォーマンスを向上させていく必要がありますが、その一つの手段として磁気ネックレスの導入を考えている方はこの記事を読んで参考にしてみてください。 磁気ネックレスが誕生したルーツとは?口コミでスポーツ業界へ 磁気ネックレスを作る会社はいくつかありますが、その中でも有名な「Phiten(ファイテン)」によると、ファイテンの技術を石英(クオーツ)のガラス球に施し、その球をテープで体に貼っていると身体が軽くなったということです。 それが高齢者を中心に口コミで広がり、次第にスポーツの分野にも評判が伝わっていきました。 ある選手が球を貼った状態でプレイするとパフォーマンスがグンと上がったことから、野球チームが甲子園に出場するサポートも行いました。 そうしたことでプロ野球業界にも口コミが広がり、スポーツの世界でファイテンの製品が愛用されるようになっていきました。 現在は、ガラス球を貼り付けるという方法をとらなくても、チタンテープとして販売されている「パワーテープ」という便利な製品があります。 もともと口コミで広がった磁気の効果ですが、多くの人が効果を実感してきた経緯があります。 磁気ネックレスが効果を発揮するメカニズムとは? 磁気ネックレスには、血行をよくする効果があると考えられています。 血中にはヘモグロビンという成分があり、その中のヘムと呼ばれる鉄の成分へ磁気が働きかけることによって、血行がよくなると考えられています。 そのため、磁気ネックレスを首や肩のこりを解消するために使用する人も多いです。 スポーツ選手では、パフォーマンスを高めるために運動の自由度を担保することが重要となります。 水泳選手や体操選手などが競技前に手や体をぷらぷらと揺らしていることも、体の筋肉を柔らかくし、運動の自由度をあげているのです。 筋肉の血行が阻害されている状況では筋の硬さが増し、しなやかな運動ができなくなってしまうのです。 血行を改善するという観点から、スポーツ領域において磁気ネックレスを用いるとパフォーマンスの向上が期待できるといえます。 本当に効果があるの?磁気ネックレス効果の科学的根拠が知りたい! 磁気ネックレスの使用を検討する上で、科学的根拠はどうなっているのだろう?と感じる人も多いことでしょう。 京都府立医科大学の吉川敏一教授を中心に、「アクアメタル研究会」が発足され、磁気ネックレスに関するさまざまな研究・ディスカッションが進められています。 この論文の中では、緊張や怒り、感情的なストレスといった項目でストレスの減少が認められたとしています。 スポーツ選手がチタンなどの金属を使った磁気ネックレスを愛用する背景として、血行が改善されることにより運動の自由度が高まるという側面もありますが、メンタル面でもリラックスした状態を作り出すことができる可能性があります。 実際にどの程度のチタンの量や使用期間によってリラックス効果が得られるのか、詳細を明らかにするためには継続的な研究が必要であるといえますが、少なくともチタンの持つ効果がさまざまな観点から示されるようになってきています。 磁気ネックレスを愛用しているアスリートは多数いる 磁気ネックレスを使用しているアスリートとして有名な選手のひとりは、ゴルフの石川遼選手です。 石川遼選手はコラントッテという大手メーカーの磁気ネックレスを愛用しています。 また、フィギュアスケートの羽生結弦選手はファイテンのネックレスを愛用しており、羽生選手とファイテンのコラボレーションモデルも販売されているほどです。 羽生選手はファイテンのネックレスを使うことが当たり前になっていて、着用しなければ演技にも影響してしまうというほど愛用しています。 羽生選手の演技は大変しなやかで、筋肉の自由度が高い印象を受けますが、磁気ネックレスによる効果も加わった結果である可能性があります。 チタンはメンタル面にもストレスを軽減する効果があるため、そういった点でも試合の緊張感をやわらげ集中するために貢献しているのでしょう。 磁気ネックレスの効果はいつまで持続するの? 磁気ネックレスの効果は、永久磁石といわれる磁石を使用していることから、半永久的に持続します。 コラントッテの製品では、独自の配列でN極とS極が交互に並んでおり、広い範囲に磁力が影響するとされています。 このような磁力の効果は薄れていくことはなく、長く愛用できる製品であるといえます。 しかし、ネックレスでは金属部分は簡単には磨耗しませんが、ストラップ部分の素材は使用に伴い痛んでいく可能性があります。 製品が痛んできたら買い替えの時期になりますが、シリコンであれば洗って使うことができるので衛生面も安心です。 ファッション性を重視する場合にはレザーを使った製品もありますが、こちらは水に濡れないように大事に使えば長持ちするでしょう。 プラセボ効果でも有効?信じれば効くことも? 薬の効果を調べる研究などで、治療の効果を確かめたい薬を使うグループと、何の効果もない偽薬を用いるグループに分けて研究を行うことがあります。 この場合、通常だと偽薬を使ったグループでは効果が認められないはずですが、参加した人の中から「体がよくなった」などの声が上がることがあります。 このように、その人の先入観や思い込みなどが作用して「効いた気がする」という感覚を持つことをプラセボ効果といいます。 実際の研究でもプラセボ効果がみられることはしばしばあり、「病は気から」という昔からある言葉も全く根拠のないものではないことになります。 磁気ネックレスについても同様であり、効くと思えば効くといった側面はゼロではありません。 磁気ネックレスは科学的にも徐々に効果が示されてきているので、パフォーマンスアップのために取り入れてみてはいかがでしょうか。 まとめ 磁気ネックレスの効果は、関連の研究会も発足し検証作業が進められています。 実際に効果が明らかになっている部分もあれば、スポーツ選手の口コミや体験談をもとに広がっているという側面もあります。 また、磁気ネックレスの効果は、多くの一流のアスリートが愛用しているという事実が物語っているといえるでしょう。

次の

磁気ブレスレットの効果は!?メンズおすすめのコラントッテレビュー!

磁気 ブレスレット 効果

首・肩のこりはデスクワーカー共通の悩みかと思います。 「肩首回りに違和感」くらいならセルフマッサージでどうにか解消できるかもしれませんが、頭痛ともなるとそうはいかないですよね。 頻繁に姿勢を変えてみたり、運動したりすれば多少は解消するかもしれません。 でも、いざ仕事に集中するとあまり姿勢には気を配れないですし、毎晩ストレッチをやろうとしても疲れているとサボってしまうのが実態ではないでしょうか? かく言う僕もそれなりの「肩こり症」でして、マッサージに行って電気治療をしても筋肉がピクリとも動かないことはザラ。 丸一日集中してデスクワークすると夕方には頭が痛くなるし、寝起きに頭痛がして大切な休日をムダにしてしまうこともしょっちゅうでした。 むむむ…どうにかこのスパイラルから脱出せねば。 肩こりをスッキリ解消とまではいかなくても、日々のパフォーマンスが低下することは避けたい。 …しかも ラクに。 そんなことを思い、職場の同僚がつけていた磁気ネックレスに興味をもちました。 僕が購入したのはコラントッテ(Colantotte)社の「コラントッテ ネックレス クレスト」です。 今回はこちらの商品を購入した理由と、2ヶ月着用した感想を書いていきます。 (画像引用:) 目次• 磁気ネックレスとは? 今さらかもしれませんが、磁気ネックレスについて簡単に解説しておきます。 磁気ネックレスとは、磁石をネックレスの中に埋め込み、その磁力で筋肉組織の血行をよくしてコリを緩和させるものです。 ピップ社の「マグネループ」やファイテン社の「RAKUWAネック」が有名です。 そもそも「コリ」とは、血流不足によって酸欠になった筋肉の状態を指しているので、指圧・電力・磁力、方法は何でも血行さえよくすればコリは改善されると考えていいかと思います。 では「なぜ磁力が血行改善に効果があるのか」という点ですが、調べてみたところ科学的な根拠はないようです。 磁気医療に関する論文はたくさん出されていますが、科学的に証明されたものではないとのこと。 しかし一方では、厚生労働省の定める医療機器の基準に「家庭用永久磁石磁気治療器」という項目がありまして、このことからは国が磁力の効能を認めていることが分かります。 一応リンク貼っておきますので、規格マニアな人は読んでみてください。 クレストを選んだ理由 それではなぜこちらの商品を選んだのか、僕のヘビーな両肩を任せるにふさわしいと思ったのかをお伝えしていきます。 購入する前にいくつかの基準を持っていたので、ご参考にしていただければと思います。 常に着用できる ここが一番重要ですね。 もともと効果があるのかは半信半疑でしたが、もし効果があったらおそらく外せないだろうなと思っていました。 (画像引用:) 家に忘れたとき、はわわわ…となっちゃうくらいの商品でないと、元からいらないわけです。 なので、この基準はさらに細分化しました。 どんな服装にも違和感なくつけられる 普段は会社でもTシャツを着ていることが多いんですが、客先に行くときはボタンシャツにジャケットを羽織ることもあるため、どちらにも合うシンプルなデザインが必要でした。 というわけで、• スポーティーでカラフルなもの• 思想を誤解されそうなレベルでパワーストーンが付いているもの• ガチャポンのオモチャみたいなチープさを感じるもの このあたりは除外されます。 汚れが目立たず・水に強く・ケアしやすい 男性は特にわかると思いますが、首回りに付けるものってすごく汚れますよね。 ワイシャツの襟や社員証のネックピースなど。 毎日お風呂に入っているはずなのに、悲しいくらい汚れが溜まります。 そのため、白っぽいものや布っぽい素材は除外されます。 着脱しやすい あまり外さないだろうとは言ったものの、お風呂では外そうと思っていました。 なんか体洗いづらそうだし。 他にもまぁ、外す機会はありそうだなということで。。 アクセサリーのネックレスみたいに首の後ろで手探りで着脱するものは苦手なので、首の前で、いっそ片手で外せるくらいのものがいいと思いました。 衣類や髪の毛に絡まない 服を脱ぎ着するときに引っかかったり、ニットのケバが付いたりするのは精神衛生上よくないので、ゴツゴツしたものや昔のiPodケースみたいにベタベタしそうなゴム素材は除外しました。 女性の方は髪の毛に絡みそうかもチェックした方がいいですね。 他にも、人によってはアレルギーや耐熱性などもチェックしておくべきでしょう。 効果が感じられそうなもの ここが肝心なところですが、僕はあまり重要視していませんでした。 正直つけてみないと分からんし、効果の感じ方は人それぞれなので… 最低限気にしようと思ったのはこの2点です。 医療機器として認証されているもの 上でも触れましたが、いちおう厚労省が基準を定めてますので、医療機器としての認証がないものはパチモンの可能性があります。 ラインナップのミドルクラス 要は安物買いの銭失いをしたくなかった、ということです。 もしこれで効果がなかったら、他の磁気ネックレスを買うことはせずに別のやり方を探そうと思っていましたので、「商品が安かったから効果が出なかったのでは…」という可能性を残したくありませんでした。 とは言えウン万円もするハイクラスの商品は腰が引けたので、ミドルクラスで効果がなかったら仕方なし、という感じです。 フィーリング そして最も大事なのがこちら。 さきほど「常に着用できるか」が一番重要と言ったかもしれませんが、前言撤回それよりももっと重要です。 身につけるものだからこそ、商品やメーカーに好感が持てるかどうかで日々のモチベーションが変わってきますからね。 何を持って好感が持てるかは人それぞれなのであまり多くは語りませんが、Webサイトを見ると、他の主要メーカーと比べてコラントッテがブランドイメージを大切にしているのが伝わってきて良いです。 ちょっと余談にはなりますが、各社のWebサイトを見た感想を書いていきます。 ピップマグネループのWebサイト• 見たところターゲットはミドル〜シニア層な印象で、アラサーの自分とはちょっと違うかな…• 画像が多用されているのでスマホでは文字が小さくて見辛い• https対応していないのが残念 ファイテンのWebサイト• 大手の割に、めっちゃレトロなサイト…• spページも一部作られているが、それがpc検索にヒットしてしまうのが辛い コラントッテ(Colantotte)のWebサイト• 游ゴシックフォントを使って洗練された印象になっている• ページの構成も見やすく、レスポンシブデザインにも対応している• ざっと見ただけではケチがつけられないのが悔しい というわけで色々とワガママを言いながら磁気ネックレスを探しましたが、この条件をすべてクリアしていたのがクレストでした。 価格が少々お高いものの、マッサージ2回分と考えると妥当なラインではないかなと。 一日中ヘビーにデスクワークをして、疲れはしても頭が痛くないのは大きいです。 しかしそれでも 肩はこります。 まぁそれはそうですね。 もともと「緩和」が目的でしたし、運動やストレッチをやれるときにやっておく必要性はあるわけです。 サイズ感 SMLのサイズが展開されていますが、好みで決めてしまって大丈夫です。 顔を洗うときだけはアゴ上までずれてきてちょっと邪魔ですが、それ以外は特に問題ありません。 普段は見えないように服の中に隠したい方は、Lサイズの方がいいかもしれません。 朝起きると外れている 思った以上に外れやすかったですね。 朝起きると服の中で迷子になっていることが多いです。 寝てる間に血行が悪くなると嫌なので、ここは改善を希望したいところです。 その他デメリット 特にありません。 強いて言えば、オシャレとしてつけていると思われがちなので、そこにどう向き合うかというメンタル構築でしょうか。。。 注意事項 腕時計や精密機器とは離しておきましょう。 普段使いでは問題ないと思いますが、並べて保管していたりすると故障の原因になります。 クォーツ式腕時計や電波時計は、磁石から離して遅れを戻せば済むようですが、機械式の時計は最悪「磁気抜き」をしないと戻らないとか。 詳しくはこちらのサイトにありますので、不安な方はどうぞ。 ちなみに、イヤホンを首にかけるのは問題ないみたいです。 まぁイヤホン自体に永久磁石が使われてますからね。 さいごに 磁気ネックレスについて解説や選ぶ基準、使った感想などを書かせていただきましたが、いかがでしたか? すべての人に効果があるとは断言できませんが、肩こり頭痛に悩まされている方は一度試してみる価値はあると思います。 自分にあったアイテムを探してみようと思った方に、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

次の