ご多忙中にも。 「ご多忙中恐れ入りますが」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご多忙中。お忙しい中。。。ビジネス文書

ご多忙中にも

「多忙」に丁寧の「御(お)」をつけた形。 何かと忙しくしている様子などを意味する表現。 「ご多忙」を使った例文• ご多忙極める日々と存じます。 ご多忙極める日々と存じますが、• ご多忙極める日々とは存じますが、• ご多忙極める日々と拝察致しております。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々とは拝察致しておりますが、• ご多忙極める日々と拝察致します。 ご多忙極める日々と拝察致しておりますが、• ご多忙の折とは存じますが、• ご多忙の折ではございますが、• ご多忙の日々と存じます。 ご多忙の日々とは存じますが、• ご多忙と拝察致しております。 ご多忙と拝察致しておりますが、 「ご多忙」の類語・関連類語• あまた• あくせく• 足元から鳥が立つ• あたふた• あっぷあっぷ• あれこれ• 慌ただしい• 慌ただしく• 慌てて(逃げ出す)• 慌てふためいて(言う)• 息が抜けない• 息切れ状態• 息せき切って(駆けつける)• 息せき切る• 息つく暇もない• 息つく間もない• 急いで• 忙しい• 忙しげな(姿)• 忙しさ• 居たたまれず(に家を出る)• いち早く(逃げ出す)• 一目散に(逃げる)• いっぱいいっぱい• 受け入れられない• うじゃうじゃ• うなるほど• うようよ• エネルギーを持て余す• (早く早くと)追い立てられる• (仕事に)追いまくられる• 追い回される• 応接にいとまがない• 黄金時代• 大慌て(で)• 大忙し• 大急ぎ• 大台に乗る• (準備に)大わらわ• 遅れ取り戻す• (難題が)(次々と)押し寄せる• おちおち(食事も)(していられない)• 落ち着かない• おっとり刀• 面白ずくめ• オンシーズン• (いっときも)解放されない• 書き入れ時• 駆け足(で説明する)• 駆け足で見て回る• 駆けずり回る• 駆け回る• 駆け巡る• かさが張る• 重なる• 風を食らう• 風を食らって(逃げる)• 活発に• 過密スケジュール• 刈り入れ時• 完全に• 気が急く• (かたときも)気が抜けない• 気が早い• 気が短い• 気が休まらない• 企業戦士の毎日• 気ぜわしい• 気ぜわしく• (ひとときの)気の緩みも許されない• 気早い• 急進的• きりきり舞い• ギリギリの状態• くるくる(変わる)• 具だくさん無尽多分わんさと膨大• 激職をこなす• 元気がある• 高密度の労働• 効率至上主義• 倒けつ転びつ(逃げ去る)• 心急く• こせこせ• ご繁忙• ごまんと• 最盛期• 栄える• 先に行く• 先を急ぐ• さっさ(と用事を済ませる)• 殺人的(忙しさ)• さなか• (山のような仕事を一人で)さばく• シーズン中• 時間が足りない• 時間がない• 時間に急かされる• しこたま• 仕事が押せ押せになる• 思春期• じたばた• じっとしていられない• 櫛風沐雨• 占められた• 修羅場のような(職場)• 情緒を欠く• 神経をすりへらす• 身辺多忙• 捨てるほど• すぐに(取りかかる)• すたこら(逃げる)• すたこらさっさ(と)• (知らせを聞いて)すっ飛んで(行く)• することが多い• 性急な心• 世界を飛び回る繁雑な日々を送る• せかす• せかせか(と)(支度をする)• 急き込む(ような)(テンポ)• 急き込んで(聞く)• 急き立てられる• 急き立てる• 席の暖まる暇もない• 席をあたためる暇もない• (気持ちが)急く• せせこましい• せっかち• 拙速(に事を運ぶ)• 絶頂期• 切迫している• せわしい(忙しさが)• せわしない• 全盛期• 全速力• 千変万化• 騒々しく(階段を降りる)• そこそこ(に)(出かける)• そそくさ• たくさん(の予定)• 多事多端• 多事多忙• ただ中• 立ち尽くす• 立ち続ける• 立ち詰め• 立ち通す• 立ち働く• 立ち回る• 立ちん坊• たっぷり• 立て込む• 楽しさいっぱい• 多忙を極める• 誰でも手伝いにほしい• たんと• 超多忙• ちょこまか• 使い走り• 次から次へと(仕事が舞い込む)• 次々と• 突っ立つ• (予定が)詰まっている• 手足を擂り粉木にする• 手が足りない過密日程大車輪で働く• てきぱき• (諸問題が)手ぐすね引く• 転手古舞• てんてこ舞い• てんやわんや• 東奔西走する• 東奔西走• 独占された• どたばた• どっさり過多十二分• 怒濤(の日々)• 飛び回る• 取り急ぎ(処理する)• 取り紛れる• 取る物も取りあえず(駆けつける)• 泥縄(式)(の受験勉強)(~に)• (おっとり刀で)飛んでいく• なかば• 南船北馬• 何だかんだ(することがある)• 逃げるように(去る)• にわか(の出発)• 猫の手も借りたい• 猫の目のように変わる• 寝る間もない• ハーフウェー• 這う這うの体(で退散する)• 走り使い• 走り回る• (家臣が)馳せ集まる• 馳せ回る• ばたばた(する)• ばたばたする• (忙しく)跳ね回る• 早足(で進める)• 早い者勝ち• 早く(仕上げなければ)• 早回し(の毎日)• ピーク• (これ以上)引き受け切れない• ビジー天手古舞多ぼう半ば• 必死(の毎日)• びっしり• 暇がない• 悲鳴を上げる• 火を吹くような(忙しさ)• プレッシャーをかけられる• フルスピード• 分刻み• 分刻みのスケジュール• 忙殺される• 棒立ち• (あれこれの取り組みが)待ち構える• 間に合わせる• 身の置き所もない(有り様)• 無限大• 無尽蔵• 目が回る• 目まぐるしい• 目を回す• モーレツ• 盛りだくさん• 休みなく(~しなければならない)• (瞬時も)休めない• (雑事が)山ほど(ある)• やることが多い• 湯気が立ちかねない• ゆっくりしていられない• ゆとりがない• 予定が集中する• 予定がびっしり• 余裕がない• 余力がない• ラジカル• 悪あがき• 風邪など引かれませぬようご自愛ください。 風邪など引かれませぬようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛ください。 風邪など引かれませんようご自愛くださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など引かれませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など引かれませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛ください。 風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛ください。 風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 風邪など召されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 風邪など召されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛ください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛くださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしください。 くれぐれも風邪など召されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛ください。 くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛くださいませ。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 くれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 くれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。 重々ご自愛ください。 重々ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 重々ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 重々ご自愛くださいませ。 重々ご自愛専一にお過ごしください。 重々ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 重々ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 重々ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 重々ご自愛の上お過ごしください。 重々ご自愛の上お過ごしくださいませ。 重々ご自愛のほどお祈り申し上げます。 重々ご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛ください。 体調を崩されませぬようご自愛くださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛ください。 体調を崩されませんようご自愛くださいませ。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしください。 体調を崩されませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 体調を崩されませんようご自愛のほどお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛ください。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛くださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかくれぐれもご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしください。 どうかくれぐれもご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛ください。 どうかご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうかご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうかご自愛くださいませ。 どうかご自愛専一にお過ごしください。 どうかご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうかご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうかご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうかご自愛の上お過ごしください。 どうかご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうかご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうかご自愛のほどお願い申し上げます。 どうぞご自愛ください。 どうぞご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 どうぞご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 どうぞご自愛くださいませ。 どうぞご自愛専一にお過ごしください。 どうぞご自愛専一にお過ごしくださいませ。 どうぞご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 どうぞご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 どうぞご自愛の上お過ごしください。 どうぞご自愛の上お過ごしくださいませ。 どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。 どうぞご自愛のほどお願い申し上げます。 何卒ご自愛ください。 何卒ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお祈り申し上げます。 何卒ご自愛くださいますよう切にお願い申し上げます。 何卒ご自愛くださいませ。 何卒ご自愛専一にお過ごしください。 何卒ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 何卒ご自愛専一にてご活躍くださいますようお願い申し上げます。 何卒ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。 何卒ご自愛の上お過ごしください。 何卒ご自愛の上お過ごしくださいませ。 何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛ください。 ~などなさいませぬようご自愛くださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませぬようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませぬようご自愛のほどお願い申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛ください。 ~などなさいませんようご自愛くださいませ。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしください。 ~などなさいませんようご自愛の上お過ごしくださいませ。 ~などなさいませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 ~などなさいませんようご自愛のほどお願い申し上げます。

次の

「ご多用」の意味や例文「ご多忙」との違いについての詳しい解説。

ご多忙中にも

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

ビジネス文書文例集ー参加を促すー

ご多忙中にも

「ご多用」の意味 「多用」の意味には、 「用事の多いこと」や「忙しいこと」や「多く使用すること」などの意味がありますが、ここに尊敬語の「ご」が付くことで、 「目上の人の用事が多くて忙しくされていること」をさす言葉になります。 「ご多用は」どんなときに使うか 1. 要望を出したり依頼をするとき 「ご多用中恐れ入りますが…」といったように、 クッション言葉のひとつとして、誰かにお願い事をするときに使います。 気持ちとして、「いろいろ用事が多くて忙しいときに悪いのですが…」という謙虚さを伝えた後に、本題のお願いに入るための言葉です。 やってもらったことに感謝の意を伝えるとき 「ご多用」に含まれる気持ちは同じですが、「ご多用にもかかわらず…」と前置きすることで相手の状況に配慮した後、 やってもらったことに感謝の気持ちを強く訴えます。 似た言葉「ご多忙」との違い 「ご多忙」の意味 「ご多用」に近い類義語に「ご多忙」があります。 これは、非常に忙しいという意味の「多忙」に尊敬語の「ご」が付き、前述の「ご多用」同様、目上の人の忙しい状況を表します。 ご多忙は「忌み言葉」 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、 「ご多忙」には、忌み言葉の側面があります。 忌み言葉というのは、縁起の悪さを連想させ敬遠される言葉のことです。 理由は、多忙の「忙」という字が心編に「亡」で、死に通じることをいっています。 その結果、結婚式などの目出度い席の挨拶で、「ご多忙にもかかわらず」といういい方はふさわしくないといわれます。 「ご多忙」と「ご多用」の違い ビジネス上で 「ご多忙」はあれこれ仕事があって非常に忙しいという解釈です。 一方、 「ご多用」は公私に関係なく、それぞれに用事があって忙しいという解釈ができます。 しかし、「ご多忙」も「ご多用」も、 忙しさの状況を推測した言葉としてはほとんど違いがありません。 原因と結果の関係と考えればわかりやすいと思います。 用事が多い(多用)という原因で、その結果非常に忙しい状態(多忙)になったわけですが、 どちらも「お願い事をするにはなかなか時間の融通が利かない」ことには違いはありません。 ちなみに、「多忙な日々」とはいっても、「多用な日々」とはいわない理由は、結果である状況をいうときには当てはまりますが、原因は状況ではないので当てはまらないともいえます。 ビジネスシーンでの「ご多用」の例文 ビジネスシーンでは、 「ご多用」「ご多忙」を無理に使い分ける必要はありません。 ビジネス文書、メール、電話共通で以下にいい回しに変化をつけた例文を紹介します。 「ご多用中とは存じますが」の例文 ポイント この例文のみ、終わったことに感謝の気持ちを表す前置き分になっています。 したがって、最後は「ありがとうございました。 」という過去形で締めくくります。 「ご多用」についてのまとめ• 「ご多用」は、「多用」(用事の多いこと。 忙しいこと)に尊敬語の「ご」が付いたもので、目上の人などが用事が多くて忙しい状態を指す言葉です。 「ご多用中とは存じますが…」といったように、何かお願い事をする時に、「いろいろ用事が多くて忙しい時に悪いのですが…」という配慮の気持ちを伝えたい時に使います。 また、「ご多用にもかかわらず…」となると、相手への感謝の気持ちを強く述べることになります。 よく似た言葉で「ご多忙」がありますが、相手に配慮した気持ちは同じです。 多少のニュアンスの違いはありますが、ほぼ同じように使って問題はありません。 ビジネスシーンだといい回しとしていろいろな使い方がありますが、お願い事や感謝の気持ちを丁重に伝えるのが目的です。

次の