アニエスベー。 agnès b. × TARA Poster Concours

アニエスベー公式通販サイト|agnès b. Shopping Online

アニエスベー

経歴 [ ] フランスので弁護士の娘として生まれた。 のを目指して、ヴェルサイユ美術学校に進学。 卒業後の17歳のときに編集者のクリスチャン・ブルゴワと結婚し、長男を出産したがすぐに離婚。 その後、に雑誌出版社のに入社して編集者となり、子ども向けのファッションを担当していた。 同社退社後は「ドロテビス」でを2年経験後、フリーの立場で「ピエール・ダルビー」でデザイナーの仕事に就いた。 に自らのファッションブランドとしてアニエス・ベーを立ち上げ、レ・アール地区ジュール通り6番地 6 Rue du Jour にをオープン。 ブランド名の「べー」は前夫ブルゴワの頭文字に由来する。 には、に2号店を出店。 その後、・・・・などにも進出し、世界中に店舗を持つブランドに育てあげた。 私生活では2度の離婚を経験し、3人の男性との間に5人の子供をもうけた。 チャリティーにも熱心で、、撲滅活動ややに対する支援を行っている。 の際にも、Tシャツを販売して収益を支援活動にあてた。 また、2004年からを運用して海洋環境の調査を行うタラ財団の主な支援者でもある。 映画界ともかかわりが深く、独自の映画製作会社「Love Streams Productions」をパリに設立。 2013年、家庭に問題のある11歳の少女と60歳のスコットランド人男性が偶然出会い、男性が運転するトラックに乗って旅をする『』(原題: )を本名のアニエス・トゥルブレ名義で自ら監督した。 同作はこの年のでプレミア上映され、第14回で特別招待作品となった。 Japan Inc. 流行にとらわれないシンプルで機能的なデザインが特徴。 ロゴはトカゲ。 世界各国で6つのを持っており、日本での展開は、フランスのC. C S. と日本のサザビー(現・)がで設立した株式会社アニエスベーサンライズが行っている。 に、・に1号店をオープン。 現在は、全国の内などに店舗がある。 アニエスベーサンライズはに合弁契約を解消し、C. C S. の完全子会社になっている。 主なブランド名 [ ].

次の

アニエスベー : agnès b.

アニエスベー

アニエスベーは1984年11月にレ・アール地区のジュール通りで、かつて肉屋だった場所にショップを兼ねたギャラリーをオープン。 その後ギャラリーは1998年に、ポンピドゥーセンターの裏手のカンカンポワ通り44番地のより広いスペースに移転しました。 そして現在ギャラリーは再び閉館され、2019年にアニエスベー財団内にて再オープンする予定です。 お楽しみに! 「私は自分が大好きなものを皆に見てもらえる場所にしたくてギャラリーを作りました。 ギャラリーと呼んでいますが、物事の色々な側面を見せるための場所、といえるのではないかしら。 イメージを拡散する新しい方法を考え出して、皆がそれにアクセスできるようにしたいと思っています。 」アニエスベー ギャラリーのオーナーであるアニエスベーはアートコレクターでもあります。 何年もかけて現代アートの膨大なコレクションを作り上げてきたアニエスベーは、2004年にフランスのトゥールーズにあるレザバトワールにて初めてのアートコレクション展を行いました。 それ以前にも、アニエスベーの豊富な写真コレクションは、2000年にパリにあるフランス国立写真センターで、また2002年にフランスのノジャン=シュル=マルヌにあるアートパビリオンにて展示されました。 アニエスベー財団はアニエスベーのユニークな現代アートのコレクションを保存し、定期的に美術館やギャラリーで一般公開する役割を担っています。

次の

agnès b. × TARA Poster Concours

アニエスベー

アパレルラインの立ち上げ当初から、アニエスベーはアートの世界に門戸を開いていました。 さらに、アベ・ピエールやSOSラシスム 人種差別SOS と協力して、社会問題に誠実に関わることを生涯の取り組みとするライフスタイルと世界観を明らかにしました。 2009年に設立されたアニエスベー寄付基金の目的は、社会的不公正や環境保護に立ち向かう誠意を行動で示すこと、そして忘れてはならないのが、文化と創作への恒久的な投資のためです。 アニエスベーは自分が大切だと思うことに関して関連商品やチャリティーアイテムを作り、アニエスベーショップで販売します。 そして、お客様にもそれを購入することで行動を起こす一員になれると勧めています。 季節に応じてコットンやウール素材で販売される赤いマフラーは1988年から続き、その収益はエイズ患者を受け入れる組織や病院に寄付されてます。 1993年からは「ご自由にお取りください」という言葉を添えて、アニエスベーショップでコンドームが配布されるようになりました。 アニエスベーが環境保護に貢献しているということは、2003年以降アニエスベーがの探査プロジェクトをサポートし続けていることからもお分かりいただけるでしょう。 2006年、アニエスベーの希望により、フランス本社内での習慣の良し悪しについて監査が行われました。 その結果、様々な改善項目リストが作成され、有志の社員たちによってグリーン委員会が設立されました。 改善項目には、炭素排出量の測定、道徳基準の作成、環境に優しいバッグやプラスチックではなく木製ハンガーの導入、FSCとISO 14001認定のラッピングバッグへの変更、社員全員によるゴミ削減の徹底、ウォーターサーバーの導入、ヨーロッパとフランスでの生産を最大限に保つことで航空輸送による温室効果ガス排出 GES を制限すること、基準を「満たす」ような開発・生産方法に注力することなどが含まれています。 この変革は小さな改善が数百集まったものですが、最終的な影響は相当なものです! 2007年の春以来、アニエスベーのフランス国内にある全ショップでジャガイモのデンプンでできた生分解可能なバッグを購入できるようになりました。 ショップで配られる紙バッグとギフトラッピングも、今ではリサイクルペーパーを使用したものになっています。

次の