ヨーグルトメーカーおすすめ。 ヨーグルトメーカーはコスパが悪いのか?元を取るための期間を試算してみた

2020年最新!ヨーグルトメーカーおすすめの人気機種ランキング

ヨーグルトメーカーおすすめ

ヨーグルトメーカーの選び方 ヨーグルトメーカーを選ぶ時のポイントは、 容器の形・温度設定機能・タイマー設定機能の3つです。 早速それぞれのポイントについてみていきましょう。 容器の形 ヨーグルトメーカーには、 牛乳パックをそのまま入れて作るタイプと専用容器に注いで作るタイプの2種類があります。 牛乳パック型のヨーグルトメーカーは、牛乳パックをそのまま入れて使うことができるため、手軽にヨーグルトを作れて清掃の手間もかからない、価格が安いというメリットがあるのに対して、一般的な牛乳パックの大きさである1000mlが上限となっているというデメリットがあります。 専用容器型のヨーグルトメーカーは、やや値段が張り、使用前に熱湯消毒する必要はありますが、機能が豊富で1000ml以上の大容量でヨーグルトを作ることができます。 容器の形の選び方としては、一度にそんなにたくさん作らないという方や、出費を抑えたいという方は牛乳パック型のヨーグルトメーカーがおすすめです。 一方で、1000ml以上の大容量のヨーグルトを作りたいという方には、専用容器型のヨーグルトメーカーがおすすめと言えるでしょう。 牛乳パック型のヨーグルトメーカー• メリット:牛乳パックのまま使えるので掃除の手間がかからない・価格が安い• デメリット:容量の上限が1000ml 専用容器型のヨーグルトメーカー• メリット:大容量のものが作れる・機能が豊富• デメリット:使用前に専用容器の熱湯消毒が必要・価格が高い 温度設定・タイマー設定時間 発酵食品を作るうえで大切なのが、温度設定とタイマー時間です。 価格が高く機能が豊富なヨーグルトメーカーほど設定できる温度やタイマー時間が多く、安価なヨーグルトメーカーでは設定が少ない傾向があります。 とりあえずヨーグルトが作れればよいという方はそこまで気にする必要はありませんが、 ヨーグルトの味・硬さ・コクにこだわったり、ほかの発酵食品にも挑戦したいという方は細かく温度やタイマー時間を決められるものを選ぶのが良いでしょう。 で様々な発酵食品を作った際の温度設定やタイマー時間・作り方などのデータが公開されています。 (参考:) 作りたいものが決まっている方は、必要な温度設定やタイマーの時間などを参考にしてみると上手に作ることができますよ。 ヨーグルトメーカーおすすめの人気機種ランキング 第1位:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012 おすすめ第1位は、アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012。 アイリスオーヤマが販売する、最も売れている人気のヨーグルトメーカーです。 牛乳パックのまま作れるため、簡単かつ衛生的に自家製ヨーグルトが楽しめますし、調理用容器を使えば甘酒や納豆などの発酵食品も作ることができますよ。 機能が充実していながら価格も安いため、 コスパの高いヨーグルトメーカーといえるでしょう。 第2位:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード 温度調節機能 付き IYM-013 おすすめ第2位は、アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード 温度調節機能 付き IYM-013。 第1位と同じくアイリスオーヤマが販売するヨーグルトメーカーです。 基本的には第1位で紹介したものと同じですが、一番の違いは 飲むヨーグルトモードなどの自動メニューが搭載されていること。 これまでに自作ヨーグルトなどを作った経験のない方は温度設定やタイマー時間など予想をつけるのが難しいため、とても助かりますね。 また、甘酒・レアチーズケーキ・天然酵母プチパンなどの調理例が載っているオールカラーのレシピブックも付属しているので、初めてヨーグルトメーカーを購入する方でも安心です。 はじめてヨーグルトメーカーを使うという方におすすめの人気機種ですよ。 第3位:TO-PLAN トープラン ヨーグルトメーカー ヨーグルトファクトリー プレミアム カスピ海ヨーグルトも作れる TKSM-016 おすすめ第3位は、TO-PLAN トープラン ヨーグルトメーカー ヨーグルトファクトリー プレミアム カスピ海ヨーグルトも作れる TKSM-016。 シンプルかつ価格が安いのが特徴のヨーグルトメーカーです。 設定や操作は一切なく、種菌を入れたヨーグルトパックを入れてボタンを押すだけ。 第4位:タイガー ヨーグルトメーカー タイマー 温度調節 機能付き CHF-A100-AC おすすめ第4位は、タイガー ヨーグルトメーカー タイマー 温度調節 機能付き CHF-A100-AC。 魔法瓶で有名なタイガーが販売するヨーグルトメーカーです。 一番の特徴は、 スリムでコンパクトということ。 横幅がわずか11. 5cmなので、家電や調味料などで物がいっぱいになりがちなキッチンでも安心して備えおきができますよ。 また、調理メニューに関しては、プレーンヨーグルト、カスピ海ヨーグルト、ケフィアヨーグルト、豆乳ヨーグルト、生クリームヨーグルト、スキムミルクヨーグルトなどさまざまなヨーグルトが作れるほか、発酵食品の塩麹、しょうゆ麹や甘酒も手軽に手作りできますよ。 コンパクトなヨーグルトメーカーが欲しいという方におすすめの機種です。 高機能・高性能のハイスペックなヨーグルトメーカーです。 また、 濃厚な生クリームヨーグルト、スキムミルクを使ったカルシウムたっぷりのスキムミルクヨーグルト、大豆イソフラボンたっぷりの豆乳ヨーグルトでも作ることができますよ。 さらには、発酵時間の調節が30分刻みで可能となっているため、より細かくまろやか~酸味まで自分好みの味に調節することが可能です。 こだわりが強く自分が満足するヨーグルトを作りたいという方におすすめの機種です。

次の

ヨーグルトを手作り【おすすめの種菌と失敗しない作り方】ヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカーおすすめ

美容や健康にいいとされるヨーグルトですが、自宅で簡単にヨーグルトが作れるような、ヨーグルトメーカーをご存じでしょうか? ヨーグルトは食べたいけれど、小分けパックを何度も買うのはめんどくさいと感じる人は多いかもしれません。 そこでおすすめになってくるのがヨーグルトメーカーとなっていて、様々なメーカーから販売されているのです。 そこでこの記事では、コスパと評判の良いヨーグルトメーカーをご紹介します。 もちろんこういったおすすめのヨーグルトメーカーは、シンプルにヨーグルトを作るだけでなく、甘酒などの料理を作ることができます。 何かと便利なヨーグルトメーカーがほしいと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。 様々なメーカーから販売されているヨーグルトメーカーですが、2種類存在していて、それぞれ違った特徴を持ってます。 どちらもお手軽にヨーグルトが作れるのには違いはないのですが、メリットやデメリットを把握しておくことをおすすめします。 簡潔に言えば、紙パックタイプと調理容器タイプといったヨーグルトメーカーが販売されていて、後片付けの手間などに違いがあります。 もちろん作れるヨーグルトの種類や、コスパの良さも変わってきます。 そこで次の項目からは、人気のあるヨーグルトメーカーの紙パックタイプと調理容器タイプの特徴を取り上げていきます。 これから新しいヨーグルトメーカーを手に入れようとしている人は、的確に特徴を把握しておきましょう。 ここまで基本的なヨーグルトメーカーの特徴を取り上げてきましたが、もしかしたらどういった商品を選べばいいのか悩んでいる人もいるかもしれません。 そこでこの項目からは、ヨーグルトメーカーの選び方をご紹介します。 本格的なヨーグルトメーカーを買うとなると、安い買い物ではないので、しっかりと自分好みのヨーグルトメーカーを選ぶことが大切です。 そもそも様々なメーカーから販売されているので、それぞれ違った特徴を持っているのです。 簡潔に言えば、作れるヨーグルト・料理の種類で選ぶ、サイズ感で選ぶ、安い・コスパが良いものを選ぶ、人気メーカーから選ぶといった選び方がおすすめとなっています。 せっかくヨーグルトメーカーを買うのであれば、自分にぴったりな商品を手に入れてみてください。 簡単にヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーではあるものの、完成まで8時間ほどかかるので、邪魔に感じることもあります。 キッチンにヨーグルトメーカーは、邪魔にならないようなサイズ感を選ぶことをおすすめします。 紙パックタイプのヨーグルトメーカーに関しては、高さが1Lの牛乳パックの大きさ程度なので、コンパクトではありません。 もちろん使用している間は、コードも挿しっぱなしになっているので、コードの長さに着目することも大切となっています。 キッチンにそこまでスペースのない人は、できるだけ調理容器タイプを買うことをおすすめします。

次の

ヨーグルトメーカーおすすめ10選!目的に合った製品選びがポイント

ヨーグルトメーカーおすすめ

自宅でも簡単に手作りヨーグルトが楽しめる「ヨーグルトメーカー」。 牛乳に市販のヨーグルトを入れて放っておくだけで完成する手軽さが魅力ですが、実はそれ以外にもメリットがたくさんあります。 まず、 普通にヨーグルトを買うよりも、コスパが抜群。 4人家族なら1日1個で月に120個必要となり、1個あたり100円で計算しても月に12000円かかります。 さらに、 ヨーグルトだけでなく、甘酒・納豆などの発酵食品を作れる機種もたくさん。 ヨーグルトメーカーをフル活用すれば、手軽に菌活をはじめられますよ。 ぜひ、ご家庭に一台用意して、健康的な食生活を送ってみませんか。 牛乳パックに種を入れてそのままヨーグルトが作れるのが「紙パックタイプ」。 食べ終わった後は牛乳パックを捨てるだけなので手軽で、後片付けの手間もかかりません。 ヨーグルトを作るのがメインであれば、紙パックタイプで十分です。 以前の紙パックタイプはヨーグルトしか作れませんでしたが、最近は甘酒や塩麹などが作れる発酵容器が付属した多機能型も豊富。 紙パックタイプなら3000円前後のお手頃な価格で手に入れられるのも魅力です。 ただし、牛乳パックをセットする構造上、付属の容器も縦長形状になりがち。 サイズ的にもやや小さめなので、本格的にヨーグルト以外のレシピを楽しみたい方は、次にご紹介する専用容器タイプの方がおすすめです。 機能性や見た目だけではどれを選べばいいか迷ってしまう、という場合は、メーカーに注目してみるのもおすすめ。 ヨーグルトメーカーでは、「アイリスオーヤマ」「ビタントニオ」「タニカ」などが人気です。 アイリスオーヤマは、価格や性能の違う幅広い商品をラインナップ。 自分の作りたいものや予算に合わせて選ぶことができますよ。 また、 ビタントニオは、スタイリッシュなデザインと、70度という高温設定に対応しているのが特徴です。 ローストビーフを作りたい方は、チェックしてみるとよいでしょう。 タニカは、40年近くヨーグルトメーカーを作り続けている老舗メーカー。 高温調理が可能な専用容器タイプから業務用商品、カスピ海ヨーグルト専用品まで幅広い商品を取り扱っており、その品質には定評があります。 ぜひ有名メーカーの商品もチェックしてみてくださいね。 魔法瓶で有名な「タイガー」のヨーグルトメーカーです。 20~60度まで1度刻みの温度設定と、1時間単位で48時間まで設定できるタイマー機能付き。 横幅が約11cmというヨーグルトメーカーの中ではかなりスリムなデザインなので、置き場所に余裕がない方にもおすすめです。 温度設定の幅が広く、味噌やカッテージチーズなどの発酵食品から、お肉の低温調理まで対応しています。 70度までの高温設定ができるため、ローストビーフなども作れますよ。 また、 タイマー設定が最短30分から可能なので、温泉卵作りにも最適!最長99時間までのロングタイマーも設定でき、終了後は自動電源オフで過発酵を防いでくれます。 4m 自動メニューがプレーンと甘酒の2種類のみと、アイリスオーヤマ製のヨーグルトメーカーの中ではシンプル。 そのぶん、 お手頃価格で手に取りやすくなっています。 プレーンヨーグルトが中心という方におすすめですよ。 自動メニューはシンプルですが、手動設定すれば本格調理も可能。 温度調節が1度単位、タイマーも1時間単位で調節できるので味噌や納豆、水キムチなどさまざまな発酵食品が作れます。 電源コードが2mと長いので、置き場所もキッチンの空きスペースをうまく利用できそうですね。 自動メニューで500mlと1000mlが選択できるので、毎日の朝食用の飲むヨーグルトを手間なく準備できます。 自動メニューは他に、プレーンヨーグルト・塩麹など計5種類用意されており、 使用頻度の高いものを設定なしで作れるのは魅力。 紙パックタイプなのに多機能な、おすすめできる商品です。 また、 終了時に音で知らせてくれる機能が付いているので、「セットしていたのを忘れてた」などのうっかりも回避。 ヨーグルトメーカーは前日仕込んで翌日完成させられることも多いので、助かりますね。 手動設定で本格調理も 選べる2WAY機能!幅広い温度設定で低温調理もOK 便利な専用容器付き!いろいろな発酵食品が作れる 全8種の豊富な自動メニュー!嬉しいレシピブック付き たっぷり作れる容量1000mlの専用容器付き 低脂肪牛乳や豆乳にも対応。 4m 1. 3m 1. 5m 1. 3m 1m - 1. 3m - 商品リンク• 高機能型マルチ発酵クッカーとして話題のヨーグルト&チーズメーカーです。 ヨーグルトをはじめ、チーズ・甘酒・納豆など 作れる発酵食品のレパートリーは100種類以上という優れもの。 タイマー機能は99時間まで可能なため、時間のかかる酢や酵素エキスなどにも挑戦できます。 自動メニュー機能も搭載されており、ワンタッチで温度とタイマーのセットが完了。 ギリシャヨーグルトの水切りも、指で容器を回すだけとお手軽です。 付属の容器は哺乳瓶と同じ材料で作られていて、 熱湯消毒以外に電子レンジでも消毒ができるので楽ちんですよ。 2種類の容器を使い分けることで量を調整できる点が魅力的。 小分けボトル1本からでもヨーグルトが作れるので、一人暮らしの方にもおすすめです。 また、 ボトルごとに別々の食材を入れて発酵させることも可能。 菌の種類・設定温度・設定時間が同じという条件があるので、塩麹・醤油麹・甘酒に限られますが、同時調理はとても便利ですね。 正方形に近い大容器は混ぜ口が広いので混ぜやすく、取り出しもしやすいためお手入れが簡単です。 プレーンヨーグルト以外にもさまざまなヨーグルトが作れます。 70度まで設定できるので、コンフィなどの低温調理も可能。 1200mlの内容器が2個あるので、ヨーグルト用と調理用で使い分けもできますね。 また、 タイマーも最短30分から時間設定できるので、温泉卵もちょうどよい仕上がりに。 オプションで温泉たまご用のアタッチメントも販売されていますよ。 料理研究家が監修した76品目のレシピブックも付いているので、1台あれば調理の幅がぐっと広がります。 容量 1200ml 温度調整機能 25~70度 タイマー機能 0. 8m 1m - - 1. 4m 1. 4m 1m 商品リンク• 自宅で簡単に作れるのが魅力のヨーグルトメーカーですが、使い方を間違えると、上手に作れないばかりか、雑菌の繁殖にも繋がりかねません。 ヨーグルトを作るための設定温度は雑菌が繁殖しやすい環境なので、衛生的に利用するための準備はとても重要です。 発酵容器を使う場合は熱湯消毒が必要ですが、忘れがちなのが計量用や混ぜるためのスプーン。 発酵容器を熱湯消毒してもスプーンの消毒を忘れると雑菌が混入する可能性があります。 また、容器・スプーンともに熱いまま使用すると、ヨーグルトを作るための菌も死んでしまうので、冷ましてから利用することも忘れずに。 できるだけ 手軽に作りたいなら「紙パックタイプ」を選ぶか、容器の作りや本体の構造がシンプルなものを選んでくださいね。

次の