あいなぷぅ けんじ。 パーパー

【日向坂で会いましょう】#51「拝啓、若さん。ひなのに友達が出来たもんで新3期生をみんなに紹介しましょう!」見所と感想

あいなぷぅ けんじ

新三期生の加入にいつもより盛り上がっている感じのメンバーだったと思います。 上村さんのmcは、出番が増えて嬉しくもありましたが、上村さんはひな壇に座らせてときどきボケさせる方が良さがでるかなと思いました。 決まったことをやらせるんじゃなくて、自由な発想でやらせた方が良いと思うんですよね。 この回の個人的なMVPは小坂さんだと思います。 若林さんにポンコツなことを言わされて怒っている小坂さんがとても可愛いかったです。 若林さんは最近小坂さんが番組に出ていなくて、小坂さんの出番を作りたくてああいうことをしたんですかね。 新三期生の紹介がメインの企画なのを保ちつつ、小坂さんの出番をつくる良いパスだったと思います。 新三期生の3人も可愛かったですね。 一番印象に残ったのは森本さんです。 もっと大人しい印象だったんですけど、「バラエティー班」になりたいと言うなど、ユニークな人なのかなと思いました。 髙橋さんは、富田さんに憧れているみたいですけど、2人で何か企画ができると面白いかもしれませんね。 山口さんは、あの剛速球が印象的ですね。 野球の企画が楽しみです。 上村さんと新三期生の絡みも楽しみです。 三期生だと髙橋さんが仕切り役になるんですかね。 来週も楽しみです。 カテゴリー,.

次の

若手お笑い芸人の人気ランキング最新TOP35!2020年版を大発表

あいなぷぅ けんじ

(わざわざ宮澤さんが事務所まで持っていったそうで!のいいやつ*2を差し入れとして添えて!気が利く方!あとチョイスが薬局でバイトしてる方っぽい! なのに、が電話機を使うコントの中で受話器を叩きつけるやつ 先日のトッパレでやってたやつ! があって「ちょっもボコボコだから」ということもあり事務所から借りた別のやつを使ったらしい。 このために受話器を使うネタを止めたり気にしてたのに!と軽くおこな。 ・怒り収まらない そもそも!とがひいきされていることにぷんすこな。 ネット番組のスケジュールがのスケジュールの都合に連動して変わったり、KOC準決勝進出の歓びが自分達のKOC準々決勝敗退の悲しみよりも優先しちゃうマネージャーさんだったり……。 本人たちもひいきされてるなーという実感があって、ブルーのMCを通年でやることとか、タバコを健康のためにやめるように忠言されたりとか。 との喧嘩的なやりとり、あまり本当の喧嘩な感じがしないのでニコニコして見てられて、いいよね! やっぱり、が推さるというか、人格的に愛されているというか。 わかる。 まじで、わかる。 ひいきしたくなる。 いい人たちなのが、なんか、伝わるんだよな。 面白い、だけでなく応援したくなる感じ。 なのにめちゃくちゃ面白いんだもんなぁ……。 ダメだよなぁ。 好きになるよなぁ。 ・単独のネタづくりのはなし 2週間前に10本ネタが出揃い、3日前の時点でやってみたら「ちがうかな?」で5本消え、2日前までに3本作り、1日前に1本消えたました。 は結局何本やったでしょう?みたいなはなし。 答えは7本。 こんなきわっきわまで抜本的に変えるのか……そうかと思ったらヤス最強寄席では全く知らないけど面白いネタやるし……末恐ろしい……できた順番とかも気になるな ・よしもとにおけるの噂 優勝の最有力候補とされる。 よしもとでは「すでには最強ネタを2本作っていて、その内の一本は新幹線で友達に出会うネタらしい」という噂がたっていて、のサジェストでも出てきたりしてるそうなんですが、別にホントじゃないそうです。 「新幹線のネタ」なんてそもそもなくて、一回作ってみようかトライまでしたらしい。 この日は無限大にてサンジェルマン主宰ライブ「あのことこんと」、「にふんちゃん」出演からのKーPRO大旋風のなので、そこらへんで聞いたはなしなんだと思いましたー。 新幹線のネタあえてつまんなく作ったりして、そういう噂が更に広めて、みんなをびっくりさせるのとかどうかな コントをずっとやってくの未来、のためににはKOCは必須なのかな。 KOCは年に一組しか出なくて、そう考えることにすると年に一組しかコントでやってけるひとがでないってことになっちゃうから嫌なんだよな。 KOC、とってほしいとは思うけれど、それとは全く別の事案としてずっとコント見てたいんだよな。 早く億万長者になって抜本的改革したい。 寺内さん、学生という言い方をしていたけど、児童/小学生でも生徒/中高生でも通じるようなしたかったのかな。 「論破ってことで……」っていう言い方、よかったすね! ・ストレッチーズ:漫才「掃除チェックシート」 福島さんちの近所のコンビニのトイレ掃除チェックシートについてのネタ。 めちゃくちゃ面白かった!すごく好き!漫才にストーリーがあるの、展開が気になってワクワクするから好きなんですけれど、そこに強いボケがかまされてしまうと、没入も相まってスゲー笑っちゃう。 ちょうどよい距離感、深さでの感情移入というか。 ・:漫才「隣人」 草薙さんの家の隣に越してきたひとに対しての杞憂のネタ。 あんな感じに弱々しい感じなのに、草薙さんのディスの切れ味が劇的に鋭いのでめちゃくちゃびっくりしちゃうし笑っちゃうよね。 この間のロンハーでもそう思った 同じネタみても別のディスが追加されてたりして、どんどん被害妄想は深刻化するし、反発は尖鋭化する。 ・:コント「契約」 けんじくん 星野さん とえりちゃん。 付き合って二年記念日が終わろうとする。 飲み込めないんですけど???って星野さんの表情、本当なんどみても好き。 それを噛み砕いて飲み込む星野さんの、自分を追い込むだけの優しさ。 そしてさらに続く理不尽。 というに振り回される星野さんという構図、のみたいな気がしてきた。 ・:漫才「短歌」 さんが短歌をはじめたよ~というネタ。 短歌という題材、個人的にちょっと嬉しい。 さんの備中神楽ツッコミももちろんキレキレなんだけれど、多分その流れの作り方も含めてなんだろうなー。 歌会でああいうひとがいたら、「い~や」で評せるようになろうね。 その時点での王者と比較し、どっちがよりよいか判定。 勝った方が王者として席に座り、次の挑戦者がやってくる。 挑戦者はコンビのどちらか片方だけ。 もう片方がお題を作っている。 好きだった下りだけ書きます……。 バチボコ長いので……。 ・・賀屋さん お題「今回の出演者のなかで付き合いたいひとを、コンビ名 ホップ ・個人名 ステップ ・理由 ジャンプ のリズムで発表する」 ・出井さん 賀屋さん、リズミカルに「・池田さん・セックスが一番上手そうだから」。 セックスはうまい方が飽きなくてうまくいくと思ったそうで。 更に宮澤さんは下手そう!前後しなさそう!凸凹コンビ!と盛り上がる。 出てないところで他人のセックスをいじるのとかめちゃくちゃ笑うしかない。 セックスって総じて面白いもんな。 にはなるんですが、強すぎるな ・・神田さん お題「あだなをつけて」 おせつときょうた・おせつさん 細かい言い回しは忘れてしまったのだけれど、 即答でMC二人に切れ味鋭いあだ名つけていて、になったまま前半終了。 後半の企画も板付きで王者席に座っていてください、と言われて「面倒くさい」とちょっと嫌そう。 これ、好きなんだよな......。 新宿の舞台で新宿の話題をやるっていうのがまず好き。 猥雑な新宿の雰囲気ときつねのお二人の胡散臭い雰囲気も似合うし。 次に見る機会があったら、淡路さんが前の方にいるときの大津さん、大津さんが前にいるときの淡路さんにも注目しよう。 ・おせつときょうた:漫才「お寿司」 回転寿司にまわるもののはなし。 おせつときょうたの漫才は2回目なんですが、ユニバーサルな話題のチョイスとか展開がいいよなあ。 話の展開もスムーズで聞いていてストレスがないところか、好きだなあ。 ・:漫才「引退したら喫を開きたい」 引退後、海沿いに喫を開きたいという出井さん。 絶対素敵や~ん、いきた!という感じだったな……。 楢原さんのおっしゃること、常に無責任な感じが好きだ。 ・ねじ:コント「」 にDVDを返しにくるせじもさんを接客するササキさん。 おじさんのせじもさんの情けなさ、いいなあ。 季節感を大事にするくだりも好きだな……ネットとかあんま使わないおじさん感、そういうことしそうだよね……。 ・ランジャタイ:漫才「寿司」 国ちゃんの切実さ、本当に笑いすぎて感情がわけわかんなくなって、一周して泣けてきちゃうこともある。 今回も「国ちゃん!お寿司食べられるように頑張ってね!いけるよ!いけるよ!」ってきもちになったけれど、メモの応援の文言みたら何いってんだって感じだ。 ・草薙さんはもう嫌そうにそでから出てきたんですが、(俺なんかみたくないでしょ、みたいなことを言ってた) 引いたお題は「MCどちらからか10万巻き上げてください」(出題)という最高のやつ。 最初は芝さんに「オイ、ジャンプしてみろよ」とか震えながら言ってみるも凄まれたらすぐ縮みあがっちゃうし、ササキさんを脅すのもうまく行かないし、 もう「5万ずつ…」と情けなくしがみついて懇願し始める草薙さん。 もうMCも笑っちゃっていじわるできなくなっちゃって「何に使うの?」って聞いてみたら 草薙さんの「二重にしたい……」でもうみんな大爆笑。 王者奪還。 草薙さんが王者となり「宮下!!ほめて!!!!」と叫ぶ姿に(宮下さん出てきてよしよししてたし) 芝さんが「この二人見ているとを思い出す」っていってて もう、直後はのことしか思い出せなくなるほど、強い衝撃だった。 めっちゃ面白かった。 総理(酒井さん)は秘書(林田さん)ある音声が流出し、総理の秘密がバレてしまったと告げられる……。 凄く最高だった。 初めてみたネタだけれど、酒井さんの威厳のある感じからだせえ感じに切り替わるの、ちょうよかった。 ・:コント「大人の階段」 壁に複数目標のようなものが貼ってある。 弟(加賀さん)がやってきて〇をつけていく。 そして兄(賀屋さん)を呼ぶ……。 このコント、何度も言いますけれどもう最初の「ペンをわざわざ買ってきた」ところでもう「好き・オブ・ザ・好き」なんですよ。 半にやけで兄と話す弟もいいし、たぶん今までみたのコントの中でもかなり好き。 ・:コント「達人」 定食屋。 見るから達人(宮澤さん)の隣で食事する池田さん。 どうやら羽虫が飛んでいるようだ。 平成も終わる間際にみんな大好き達人が見れるとは……。 幸せだ。 池田さんのおどろきツッコミのクレッシェンドな感じが本当に好きだし 宮澤さんの淡々とした感じも相まって、後半に行くにつれてもうめちゃくちゃに笑っちゃうよね。 ・:漫才「ニュース」 芝さんが気になるけれど詳細を知らないニュースについて、ともしげさんは語れるという。 ともしげさんの短期記憶と滑舌、それをずっとみてる時間。 適切な理解がわからない。 ただただ、なんかめっちゃ面白いけれど、ことばにして説明したり書き起こすと、一気にダメになる。 ・:漫才「おじさん」 素人のおじさんに話しかけられた神田さん。 神田さんのセレブリティ感、すごくいいよねえ。 とってつけたものではない感じ。 憧れてしまう。 そして浜谷さんのわななく感じも、昔よりも「おじさん」感がでたからか、よりチャーミングで素敵。 正解だったかはわからないが、我ながらこういう形の自衛が存在するんだなって思った 挙動不審が過ぎる自覚があるので「ひとの顔を見ながら話すのが得意ではなくて……」となど言い訳していたら 「大丈夫ですよ」「苦手なことは無理してやる必要はないですよ」とフォローいただいて!やさしいかよ!と思いました。 (不随意に声に出して「やさしい……!」って言ってしまった)いいひとたちだ。 しかし、もう二度としたくない、したくないよ……死んじゃうから……。 わたしは安心して素敵なひととの関係性を築くために舞台を観に行ってる~舞台を挟んだ相手にはわたしはジャッジされない~契約の上では観客はみな平等~みたいな気持ちがあるために心身穏やかにいられるので、遠くからみてるオタクを続ける!ぞ! と思いつつも、ワンチャンあったら写真くらいはお願いしちゃうな。 チェキ会も参加しちゃうし。 「今こういう形でのコミュニケーションを募集している」という明言があればそれにのるし。 素敵な瞬間は無限にあるから無限に捉えたいし、もちろん素敵なひと、好きなひとに近づけるならどこまででも近づきたい。 多分、は永遠に解決しない。 別世界のひとであってほしいし、地続きのひとであってほしい。 完全に無視してほしいし、コミュニケーションをとりたい。 せめて、そのときのわたしの倫理と判断の基準が、善きひとのものであれように頑張っていこう。

次の

若手お笑い芸人の人気ランキング最新TOP35!2020年版を大発表

あいなぷぅ けんじ

>愛知県内の高校出身の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,807人 このサイトに登録されている「愛知県」の高校出身の有名人の数:2,121:人 スポンサーリンク 愛知教育大学附属高等学校の出身者 1 天野ひろゆき 岡崎市の出身 日本大学へ進学 天野 ひろゆき(あまの ひろゆき、1970年3月24日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優、声優、司会者、映画監督、映画評論家。 本名、天野 博之(読み同じ)。 愛称は天野っち(アマノッチ)。 お笑いコンビ「キャイ〜ン」のツッコミおよびネタ作り担当。 相方はウド鈴木。 2 大橋隆志 豊橋市の出身 大橋 隆志(おおはし たかし、1965年5月5日 - )は、日本のギタリスト。 愛知県豊橋市出身。 身長178cm。 3 加藤治郎 早稲田大学へ進学 加藤 治郎(かとう じろう、1959年11月15日 - )は、日本の歌人。 歌誌「未来」選者。 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校の出身者 4 藤井聡太 瀬戸市の出身 藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、21世紀生まれで初の将棋棋士。 杉本昌隆門下。 棋士番号は307。 愛知県瀬戸市出身。 名古屋大学教育学部附属中学校在学。 デビュー以来無敗で勝ち続け、歴代連勝記録の単独一位を記録した。 5 尾崎恵理 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 尾崎恵理(おざき えり、1980年5月19日 - )は、タレント。 1997年から2000年までの約4年間、「プロダクション尾木」に所属し、活動。 大学2年時に、芸能界を引退。 6 高村凛 名古屋市の出身 青山学院女子短期大学へ進学 高村 凛(たかむら りん、1979年5月19日 - )は、愛知県名古屋市出身 のモデル、女優。 プラチナムプロダクション所属。 7 加藤晴彦 名古屋市の出身 加藤 晴彦(かとう はるひこ、1975年5月13日 - )は、日本の俳優、タレント。 愛知県名古屋市出身。 プラチナムプロダクション所属。 日本福祉大学中退。 8 中西哲生 名古屋市の出身 同志社大学へ進学 中西 哲生(なかにし てつお、1969年9月8日 - )は、愛知県名古屋市出身の元サッカー選手、サッカー解説者、スポーツジャーナリスト。 現役時代のポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。 引退後は芸能事務所の三桂所属。 父は大阪大学名誉教授(分子生物学)の中西康夫 9 千田嘉博 奈良大学へ進学 千田 嘉博(せんだ よしひろ、1963年7月19日 - )は、日本の城郭考古学者。 奈良大学文学部文化財学科教授、前学長。 10 辻元清美 大淀町の出身 早稲田大学へ進学 辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(6期)。 児童擁護議員連盟会長。 立憲フォーラム幹事長。 NPO議員連盟幹事長。 11 勝野哲 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 勝野 哲(かつの さとる、1954年(昭和29年)6月13日 - )は、日本の実業家。 中部電力代表取締役社長。 電気事業連合会会長。 社団法人中部航空宇宙技術センター理事、日本プロジェクト産業協議会中部委員長、日本原子力発電株式会社取締役、公益財団法人中部圏社会経済研究所評議員。 12 スコット津村 大阪商業大学へ進学 スコット津村(Scott Tsumura、1942年1月1日 - )は、日本生まれのアメリカのゲームクリエイターで、Tozai, Inc. Tozai Games の共同創業者兼エグゼクティブ・プロデューサー。 代表作にファミコン版『スペランカー』、アーケードゲーム版およびコンソール版『ロードランナー』、『ムーンパトロール(英語版)』『スパルタンX』『R-Type Dimensions』などがある。 米国ワシントン州在住。 13 榊佳之 名古屋市の出身 東京大学へ進学 榊 佳之(さかき よしゆき、1942年9月9日 - )は、日本の分子生物学者、豊橋技術科学大学学長、東京大学名誉教授。 ヒトゲノム計画の日本代表として国際プロジェクトにも参画し、ヒト21番染色体の全解読などに大きく貢献した。 14 牧野圭一 豊橋市の出身 牧野 圭一(まきの けいいち、1937年11月1日 - )は、日本の漫画家及び漫画文化の研究者である。 愛知県立旭丘高等学校の出身者 15 榊原春奈 早稲田大学へ進学 榊原 春奈(さかきばら はるな、1994年3月11日 - )は、日本のボート選手。 身長183cm。 早稲田大学スポーツ科学部卒業。 2016年6月よりボート名門ニュージーランド最古のオタゴ大学にボート留学中。 16 尾崎美紀 尾崎 美紀(おざき みき、1993年1月18日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。 愛知県名古屋市出身。 プラチナムプロダクションに所属していた。 17 石田祐康 京都精華大学へ進学 石田祐康(いしだ ひろやす、1988年7月3日 - )は、日本のアニメーション制作者。 18 山田一郎 山田 一郎(やまだ いちろう)は、日本の工学者。 東京大学大学院教授。 工学博士(東京大学、1985年)。 19 松岡陽子 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 松岡 陽子(まつおか ようこ、1979年7月10日 - )は、中京テレビ放送のアナウンサー。 20 浅井僚馬 春日井市の出身 早稲田大学へ進学 浅井 僚馬(あさい りょうま、1978年9月13日 - )は、NHKのアナウンサー。 21 青葉かおり 名古屋市の出身 青葉かおり(あおば かおり、本姓和田 わだ、1978年7月11日 - )は、日本の女流棋士。 愛知県出身。 日本棋院東京本院所属。 羽根泰正九段門下。 22 進藤潤耶 名古屋市の出身 一橋大学へ進学 進藤 潤耶(しんどう じゅんや、1977年2月24日 - )はテレビ朝日アナウンサー。 表記違いは進藤 潤也(読みは同じ)。 23 水野雅之 水野 雅之(みずの まさゆきMasayuki Mizuno、1977年9月14日 - )は毎日放送東京支社東京制作室所属の演出家、テレビプロデューサー、ディレクター。 愛知県春日井市出身。 24 堀鉄平 中央大学へ進学 堀 鉄平(ほり てっぺい、1976年3月28日 - )は、日本の男性弁護士(第一東京弁護士会所属)、総合格闘家。 愛知県小牧市長(2期)。 元愛知県議会議員(2期)。 26 中野雷太 名古屋市の出身 中野 雷太(なかの らいた、1974年8月14日 - )は、ラジオNIKKEIアナウンサー。 愛知県名古屋市出身。 27 谷辺昌央 谷辺 昌央(たにべ まさお、1974年4月8日 - )は、愛知県名古屋市出身のクラシック・ギタリストである。 28 丹野みどり 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 丹野 みどり(たんの みどり、1973年7月3日 - )は、セントラルジャパン所属のフリーアナウンサー。 愛知県名古屋市出身。 愛知県立旭丘高等学校、名古屋大学文学部卒業。 婚姻歴あり。 身長168cm。 29 渡辺美香 名古屋市の出身 渡辺 美香(わたなべ みか、1972年10月30日 - )は、CBCテレビ(CBC)のアナウンサー。 愛知県名古屋市出身。 30 金井さやか 金井 さやか(かない さやか、1972年6月23日 - )は、英語コーチ、講師トレーナー。 パフォーマー(パントマイム)。 株式会社エデュケイティング代表取締役。 オーディオブックを使った英語上達法「耳読書」を提唱。 愛知県名古屋市出身。 31 矢部史郎 矢部史郎(やぶ しろう、1971年6月16日 - )は、日本の思想家、政治活動家。 愛知県春日井市在住。 32 熊田篤嗣 京都大学へ進学 熊田 篤嗣(くまだ あつし、1971年3月3日 - )は、日本の政治家。 33 水野義則 水野 義則(みずの よしのり、1971年8月11日 - )は、日本の政治家。 愛知県尾張旭市長(1期)。 元尾張旭市議会議員(4期)。 34 桑野良一 九州大学へ進学 桑野 良一(くわの りょういち、1969年12月11日 - )は、日本の化学者。 博士(工学)。 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手を経て、2007年現在は九州大学大学院理学研究院化学部門教授。 2006年に有機合成化学奨励賞を受賞。 受賞理由は「光学活性含窒素複素環化合物の触媒的不斉合成」である。 また2009年2月にはThieme Chemistry Journals Award を受賞している。 35 西尾鉄也 西尾 鉄也(にしお てつや、男性、1968年6月23日 - )は、日本のアニメーター。 愛知県出身。 血液型A型。 36 森本和義 森本 和義 (もりもと かずよし、1966年6月16日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の元衆議院議員(1期)。 37 増田俊也 北海道大学へ進学 増田 俊也(ますだ としなり、1965年11月8日 - )は日本の小説家。 38 古川元久 古川 元久(ふるかわ もとひさ、1965年12月6日 - ) は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(7期)、民進党税制調査会長。 39 槇徳子 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 槇 徳子(まき のりこ、1964年8月17日 - )(「槙徳子」とも表記される)は、元テレビ東京社員、および元中部日本放送アナウンサー。 愛知県名古屋市出身。 40 水野哲 水野 哲(みずの てつ、1964年9月8日 - )は、日本の俳優、ロック歌手。 東京都出身。 劇団若草に入り、1967年に子役としてデビューした。 41 宮下規久朗 宮下 規久朗(みやした きくろう、1963年8月16日 - )は、日本の美術史家、神戸大学大学院人文学研究科教授。 専門は、イタリア17世紀バロック美術。 ただし、イタリアルネサンス美術はもちろん、近現代美術についても造詣が深い。 42 笹井芳樹 笹井 芳樹(ささい よしき、1962年(昭和37年)3月5日 - 2014年(平成26年)8月5日[3])は、日本の発生学者、医学者。 京都大学博士(医学)[4])。 京都大学再生医科学研究所教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター CDB グループディレクター、同 副センター長を歴任した。 43 谷川貞治 名古屋市の出身 谷川 貞治(たにかわ さだはる、男性、1961年9月27日 - )は、日本の格闘技プロモーター・プロデューサー、元雑誌編集者、元スポーツライター。 44 池上高志 池上 高志(いけがみ たかし、1961年2月15日 - )は、東京大学大学院情報学環 教授。 45 田嶋要 東京大学へ進学 田嶋 要(たじま かなめ、1961年9月22日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(5期)、元民主党千葉県連代表。 元経済産業大臣政務官(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)。 46 浅見靖仁 一橋大学へ進学 浅見 靖仁(あさみ やすひと、1960年 - )は、日本の政治学者・社会学者。 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻教授。 比較政治学、国際開発論および東南アジア地域研究が専門。 しかし、格差社会や社会調査などその他の幅広い学殖も持つ。 愛知県生まれ。 47 網野徹哉 網野 徹哉(あみの てつや、1960年4月13日 - )は、日本の歴史学者、東京大学大学院総合文化研究科教授。 専攻はアンデス社会史。 48 竹内尊実 竹内 尊実(たけうち たかみ、1959年8月13日 - )は日本テレビ放送網編成局宣伝部長。 愛知県出身。 49 祖父江慎 多摩美術大学へ進学 祖父江 慎(そぶえ しん、1959年 - )は、愛知県生まれのブックデザイナー。 50 大塚耕平 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 大塚 耕平(おおつか こうへい、1959年10月5日 - )は、日本の政治家、学者。 民進党所属の参議院議員(3期)。 中央大学大学院客員教授、早稲田大学客員教授。 51 大塚直 東京大学へ進学 大塚 直(おおつか ただし、1958年11月23日 - )は、日本の法学者。 早稲田大学法学学術院教授。 専門は民法、環境法。 新司法試験考査委員(環境法)。 愛知県出身。 52 西真弓 名古屋市の出身 京都大学へ進学 Wikipedia未登録 1957年10月7日生まれ。 奈良県立医科大学・教授 53 加藤克佳 加藤 克佳(かとう かつよし、1956年8月3日 - )は、日本の法学者。 専門は刑事法学(特に、刑事再審制度、犯罪被害者と刑事手続、裁判員制度など)。 専修大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。 弁護士。 54 小島ゆかり 小島 ゆかり(こじま ゆかり、1956年9月1日 - )は、歌人である。 本名:横井ゆかり。 55 土屋京子 土屋京子(つちや きょうこ、1956年 - )は、日本の翻訳家。 愛知県出身。 愛知県立旭丘高等学校、東京大学教養学部卒。 56 市之瀬敏勝 市之瀬 敏勝(いちのせ としかつ TOSHIKATSU ICHINOSE、1955年 - )は、日本の研究者。 名古屋工業大学大学院教授。 57 干場弓子 お茶の水女子大学へ進学 干場 弓子(ほしば ゆみこ、1955年3月15日 - )は、日本の編集者、文筆家、実業家。 ディスカヴァー・トゥエンティワン取締役社長。 58 内藤忠顕 内藤 忠顕(ないとう ただあき、 1955年(昭和30年)9月30日 - )は、日本の海事実業家。 日本郵船株式会社代表取締役社長、社団法人日本船主協会理事。 59 水野和夫 早稲田大学へ進学 水野和夫(みずの かずお、1953年 - )は、日本の経済学者。 法政大学教授、経済学博士(埼玉大学) 60 水野明久 水野 明久(みずの あきひさ、1953年6月13日 - )は、日本の実業家。 中部電力代表取締役会長、中部経済連合会副会長[3]、愛知県経営者協会副会長[4]。 愛知県出身。 61 内藤治夫 東京大学へ進学 内藤 治夫(ないとう はるお、1952年6月 - )は、日本の工学者、現在は岐阜大学大学院工学研究科人間情報システム工学専攻エネルギー制御工学講座教授。 専攻はパワーエレクトロニクス。 62 荒川泰彦 荒川 泰彦(あらかわ やすひこ、1952年11月26日 - )は、日本の工学者。 専門は量子ナノデバイス工学。 愛知県名古屋市千種区出身。 63 野田隆 野田 隆(のだ たかし、1952年 - ) は、日本の旅行作家。 日本旅行作家協会理事。 とくに鉄道旅行の紀行を手がけている。 地域は、ドイツを中心としたヨーロッパと日本を得意としている。 また、最近は鉄道マニアの生態をユーモアたっぷりに描写したエッセイを発表し、好評を博している。 64 坂田隆 東北大学へ進学 坂田 隆(さかた たかし、1951年 - )は、日本の生理学者。 農学博士(東北大学)。 前石巻専修大学学長。 愛知県名古屋市出身。 65 生源寺眞一 生源寺 眞一(しょうげんじ しんいち、1951年10月26日 - )は日本の経済学者、名古屋大学大学院生命農学研究科教授。 専門は農業経済学。 66 國枝秀世 名古屋大学へ進学 國枝 秀世(くにえだ ひでよ、1950年9月 - )は、日本の天文学者。 理学博士(名古屋大学)。 名古屋大学大学院理学研究科教授。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)客員教授(兼任)。 2009年より日本天文学会理事長。 67 馬渕清資 馬渕 清資(まぶち きよし、1950年(昭和25年)- )は、日本の工学者。 学位は工学博士(東京工業大学)。 68 服部英雄 九州大学へ進学 服部 英雄(はっとり ひでお、1949年5月5日 - )は、日本の歴史学者、九州大学比較社会文化研究院名誉教授。 専門は日本中世史。 69 山本庸幸 山本 庸幸(やまもと つねゆき 1949年9月26日 - )は、日本の官僚、最高裁判所裁判官。 元内閣法制局長官。 70 小林茂 京都大学へ進学 小林 茂(こばやし しげる、1948年3月- )は、日本の地理学者、大阪大学名誉教授、放送大学客員教授。 71 三輪芳朗 三輪 芳朗(みわ よしろう、1948年 - )は、日本の経済学者、大阪学院大学経済学部教授、内閣府大臣補佐官。 経済学博士。 専攻は産業組織論、規制、コーポレートガバナンス。 72 連城三紀彦 早稲田大学へ進学 連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 - 2013年10月19日)は、日本の小説家。 真宗大谷派の僧侶。 本名は加藤 甚吾(かとう じんご) 73 山本保 名古屋大学へ進学 山本 保(やまもと たもつ、1948年7月10日 - )は、日本の政治家。 日本教育大学院大学客員教授、愛知県政策顧問。 教育学修士。 74 河村たかし 名古屋市の出身 一橋大学へ進学 河村 たかし(かわむら たかし、1948年(昭和23年)11月3日 — )は、日本の政治家。 第32・33代名古屋市長、地域政党減税日本代表。 75 早川勇 早川 勇(はやかわ いさむ、1947年 - )は、日本の言語学者。 愛知大学名誉教授。 接触言語学および英語辞書学の面で活躍中。 76 高橋享 高橋 亨(たかはし とおる、1947年7月9日 - )は、日本中古文学研究者。 名古屋大学名誉教授。 平安朝物語文芸を中心とした文学の諸問題を、おもに表現論的な方法によって研究している。 主要なテーマは、源氏物語論、初期物語表現史論、語りとテクスト理論、芸術論と文学。 2007年『源氏物語の詩学』で文学博士(東京大学)。 77 加藤裕己 加藤裕己(かとう ひろみ、1947年(昭和22年) - 2012年(平成24年)1月21日)は、日本の経済学者。 専門はマクロ経済学、経済政策論。 78 新実徳英 東京大学へ進学 新実 徳英(にいみ とくひで、1947年8月5日 - )は日本の作曲家。 79 内藤彰 名古屋大学へ進学 内藤 彰(ないとう あきら、1947年 - )は、日本の指揮者で、東京ニューシティ管弦楽団、及び東京合唱協会(プロ混声合唱団)の音楽監督・常任指揮者。 日本指揮者協会幹事。 名古屋市出身。 愛知県立旭丘高等学校卒業。 名古屋大学理学部卒業。 80 長谷百合子 お茶の水女子大学へ進学 長谷 百合子(はせ ゆりこ、1947年4月25日- )は日本の元政治家。 元日本社会党衆議院議員(1期)。 81 成田清 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 成田 清(なりた きよし、1947年4月1日 - )は、日本の弁護士(成田・長谷川法律事務所)。 元愛知県弁護士会会長。 愛知県名古屋市出身。 日本弁護士連合会副会長、中部弁護士会連合会理事長等を歴任し、1999年から始まった司法制度改革においては、制度設計に関わった。 82 浦部法穂 東京大学へ進学 浦部 法穂(うらべ のりほ、1946年2月24日 - )は、日本の法学者。 神戸大学名誉教授。 専門は憲法。 83 高畑尚之 高畑 尚之(たかはた なおゆき、1946年9月 - )は、日本の集団遺伝学者。 総合研究大学院大学名誉教授。 84 米本昌平 京都大学へ進学 米本 昌平(よねもと しょうへい、1946年7月12日 - )は、日本の思想家。 東京大学先端科学技術研究センター特任教授、総合研究大学院大学教授。 専門は、科学史・科学論、生命倫理、地球環境問題。 85 内山田竹志 名古屋大学へ進学 内山田 竹志(うちやまだ たけし、1946年8月17日 - )は日本の自動車エンジニアで実業家。 トヨタ自動車代表取締役会長、一般社団法人日本経済団体連合会副会長、東和不動産株式会社監査役、内閣府総合科学技術・イノベーション会議非常勤有識者議員。 愛知県出身。 86 坂野泰治 坂野 泰治(ばんの たいじ、1946年10月19日 - )は、愛知県出身の官僚。 社会保険庁長官。 NHK監事などを歴任。 87 田中直毅 田中 直毅(たなか なおき、1945年9月1日 - )は、日本の政治評論家。 88 青木宏之 中央大学へ進学 青木 宏之(あおき ひろゆき、1945年(昭和20年)1月20日 - 2009年(平成21年)9月20日)は、日本の政治家である。 衆議院議員(2期)を務めた。 89 阿部文洋 東京大学へ進学 阿部 文洋(あべ ふみひろ、1945年6月6日 - )は、日本の元裁判官。 愛知県出身。 東京大学卒業。 千葉地方裁判所所長、東京高等裁判所第8刑事部総括判事などを歴任。 90 赤座美代子 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 赤座 美代子(あかざ みよこ、1944年2月10日 - )は、日本の女優。 愛知県名古屋市出身。 オフィスキール所属。 愛知県立旭丘高等学校卒業、早稲田大学第一文学部演劇科中退。 元夫は映画監督の藤田敏八。 91 田村能里子 武蔵野美術大学へ進学 田村 能里子(たむら のりこ、1944年3月15日 - )は、愛知県出身の洋画家、壁画家。 92 黒川祐次 黒川 祐次(くろかわ ゆうじ、1944年(昭和19年) - )は、日本の外交官。 ウクライナ駐箚特命全権大使、コートジボワール駐箚特命全権大使などを歴任した。 93 二村雄次 名古屋大学へ進学 二村 雄次(にむら ゆうじ、1943年6月13日 - )は、日本の医師、外科医、医学博士、名古屋大学名誉教授。 愛知県がんセンター総長。 元日本外科学会会長。 94 吉井博明 さいたま市(旧・浦和市)の出身 吉井 博明(よしい ひろあき、1943年 昭和18年 - )は、日本の災害情報論、情報社会論研究者。 東京経済大学名誉教授。 95 夫馬基彦 早稲田大学へ進学 夫馬 基彦(ふま もとひこ、1943年12月2日 - )は、日本の小説家、連句人(俳号南斎)、元日本大学教授。 妻はノンフィクション作家の田村志津枝。 96 高山路爛 高山 路爛(たかやま ろらん、本名は大鐘 稔彦。 1943年 - )は、日本の医師であり、作家。 愛知県名古屋市出身。 兵庫県南あわじ市立阿那賀診療所長。 97 佐藤泰介 名古屋市の出身 愛知教育大学へ進学 佐藤 泰介(さとう たいすけ、1943年9月27日 - )は、日本の政治家。 参議院議員(2期)を歴任。 99 高木剛 高木 剛(たかぎ つよし、1943年10月1日 - )は日本の労働運動家、前国家公安委員会委員。 2005年から2009年まで、日本最大の労働組合団体、日本労働組合総連合会(連合)の会長を務めた。 100 月尾嘉男 月尾 嘉男(つきお よしお、1942年 - )は、日本の工学者(工学博士)。 東京大学名誉教授、地域経済総合研究所評議員。 101 加藤久雄 慶應義塾大学へ進学 加藤 久雄(かとう ひさお、1942年7月8日 - )は日本の法学者。 元慶應義塾大学教授。 法学博士(慶應義塾大学、1983年)。 専門は刑法、刑事政策。 生命倫理や組織犯罪を中心とした刑事政策研究を行う。 102 丹羽隆子 丹羽 隆子(にわ たかこ、1942年 - )は、日本の英文学者、東京海洋大学名誉教授。 名古屋市生まれ。 中央大学修士課程修了。 1971年、東京外国語大学修士課程修了。 東京商船大学助教授、教授、東京海洋大学教授、2006年、定年退任、名誉教授。 専門は英文学、ギリシア古典文学。 103 箕輪幸代 簑輪 幸代(みのわ さちよ、1942年4月5日 - )は日本の弁護士、政治家。 元衆議院議員(日本共産党公認、2期)。 日本共産党中央委員会委員。 夫は同じく弁護士の簑輪弘隆。 104 大塚清一郎 大塚 清一郎(おおつか せいいちろう、1942年 - )は、日本の外交官、エッセイスト。 外務省大臣官房文化交流部長を経て、駐スリランカ特命全権大使、駐スウェーデン特命全権大使を務めた。 105 柏木俊彦 柏木 俊彦(かしわぎ としひこ、1941年(昭和16年)1月8日 - )は、日本の弁護士。 大宮法科大学院大学元学長。 柏木・田澤法律事務所代表。 106 山中康裕 名古屋市立大学へ進学 山中 康裕(やまなか やすひろ、1941年 - )は、日本の医学者、精神科医。 京都大学名誉教授。 医学博士。 107 松本敏雄 名古屋大学へ進学 松本 敏雄(まつもと としお、1941年 - )は、日本の天文学者。 宇宙航空研究開発機構名誉教授。 108 梶田正巳 梶田 正巳(かじた まさみ、1941年2月26日 - 2016年1月29日)は、日本の教育心理学者、名古屋大学名誉教授。 109 平松礼二 愛知大学へ進学 平松 礼二(ひらまつ れいじ、1941年9月3日 - )は、日本画家。 本名、平松邦夫。 110 菊川剛 菊川 剛(きくかわ つよし、1941年2月27日 - )は、日本の実業家である。 2001年(平成13年)から2011年(平成23年)までオリンパスの社長を務めた。 111 南谷昌二郎 東京大学へ進学 南谷 昌二郎(なんや しょうじろう、1941年7月2日-)は、日本の実業家。 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)代表取締役社長・会長を歴任。 112 和田義彦 海山町(現・紀北町)の出身 東京芸術大学へ進学 和田義彦(わだ よしひこ、1940年4月3日 - )は、日本の画家。 113 青山久 青山 久(あおやま ひさし、1940年12月6日 - )は、日本の医師、形成外科医、医学博士、愛知医科大学名誉教授。 114 鈴木公平 愛知大学へ進学 鈴木 公平(すずき こうへい、1939年3月20日 - )は日本の政治家。 第7代愛知県豊田市長(2000年-2012年)。 115 袖井孝子 首都大学東京へ進学 袖井 孝子(そでい たかこ、1938年 - )は日本の社会学者。 お茶の水女子大学名誉教授。 シニア社会学会会長、NPO法人高齢社会をよくする女性の会副理事長。 116 水谷硯之 日本大学へ進学 水谷 碩之(みずや ひろゆき、1938年- )は、日本の建築家。 117 鈴木正一郎 東京工業大学へ進学 鈴木 正一郎(すずき しょういちろう 1938年 - )は、日本の実業家。 王子製紙(現・王子ホールディングス)代表取締役社長・会長、日本経団連評議員会副議長、日本製紙連合会を歴任。 愛知県出身。 118 尾原蓉子 東京大学へ進学 尾原蓉子(おはら ようこ、1938年10月7日 - )は、日本の実業家。 IFIビジネス・スクール元学長。 西友元・取締役、エイボン・プロダクツ取締役、良品計画取締役、旭リサーチセンター取締役。 柳井正・ファーストリテイリング代表取締役が最も尊敬する女性とされている。 119 浅井慎平 早稲田大学へ進学 浅井 慎平(あさい しんぺい、本名: 浅井 愼平、1937年7月1日 - )は、日本の写真家である。 写真のほかにも映画撮影、音楽、コメンテーターとしてのテレビ出演、俳句など広い分野にわたって活動している。 海岸美術館館長、大阪芸術大学大学院教授。 芸能事務所三桂所属。 120 赤瀬川原平 横浜市の出身 武蔵野美術大学へ進学 赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。 本名、赤瀬川克彦。 純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。 神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。 愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。 武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。 121 荒川修作 武蔵野美術大学へ進学 荒川 修作(あらかわ しゅうさく、1936年7月6日 - 2010年5月19日)は愛知県名古屋市出身の美術家である。 122 伊藤敬子 同志社大学へ進学 伊藤 敬子(いとう けいこ、1935年5月3日 - )は、名古屋市東区生まれ、名東区在住の俳人。 本名、敬子(たかこ)。 123 吉川幸枝 吉川 幸枝(よしかわ さちえ、1935年9月21日 - )は、日本の実業家。 株式会社よし川代表取締役社長。 ほんものおんな塾主催。 愛称は、「歩く百億円」。 [3] 124 岡崎恒子 名古屋大学へ進学 岡崎 恒子(おかざき つねこ、1933年6月7日 - )は日本の分子生物学者。 遺伝子複製の仕組みを予測させたDNA断片「岡崎フラグメント」の研究で知られる。 125 吉田孝 吉田 孝(よしだ たかし、1933年5月 - )は、日本の歴史学者。 青山学院大学名誉教授。 専門は日本古代史。 愛知県出身。 126 塩野谷祐一 一橋大学へ進学 塩野谷 祐一(しおのや ゆういち、1932年1月2日 - 2015年8月25日)は、日本の経済学者、一橋大学名誉教授、名古屋大学特別教授。 1991年日本学士院賞、2002年文化功労者。 経済哲学やヨーゼフ・シュンペーターの研究の第一人者。 第12代一橋大学学長、国立大学協会副会長、国立社会保障・人口問題研究所長等を歴任。 愛知県豊橋市生まれ。 127 辻真先 名古屋大学へ進学 辻 真先(つじ まさき、1932年3月23日 - )は、日本のアニメ・特撮脚本家、推理冒険作家、漫画原作者、旅行評論家、エッセイスト、デジタルハリウッド大学名誉教授。 愛知県名古屋市出身。 愛知県立旭丘高等学校、名古屋大学文学部卒業。 本格ミステリ作家クラブ第3代会長。 日本アニメ界を黎明期から支えた人物の一人。 東京在住だが、仕事場は熱海にある。 かつては松本市の浅間温泉にあった。 128 福岡宗也 明治大学へ進学 福岡 宗也(ふくおか そうや、1932年10月 - 2000年4月11日)は元衆議院議員(1期)。 129 新堂幸司 東京大学へ進学 新堂 幸司(しんどう こうじ、1931年8月20日 - )は、日本の法学者、弁護士。 専門は民事訴訟法。 東京大学名誉教授、愛知大学法科大学院名誉教授。 兼子一の弟子。 130 国嶋一則 国嶋 一則(くにじま かずのり、1930年2月13日- )は、日本の倫理学者、駒澤大学名誉教授。 伊吹浄の筆名をもつ。 131 伊藤正男 東京大学へ進学 伊藤 正男(いとう まさお、1928年(昭和3年)12月4日 - )は、日本の生理学者。 小脳の研究における世界的な権威である。 愛知県名古屋市出身。 132 大澤省三 名古屋大学へ進学 大澤 省三(おおさわ しょうぞう、1928年10月2日 - )は、日本の生物学者。 専門は、分子遺伝学。 理学博士(名古屋大学)。 名古屋大学及び広島大学名誉教授。 133 岡井隆 慶應義塾大学へ進学 岡井 隆(おかい たかし、1928年(昭和3年)1月5日 - )は、日本の歌人・詩人・文芸評論家。 未来短歌会発行人。 日本藝術院会員。 塚本邦雄、寺山修司とともに前衛短歌の三雄の一人。 134 江藤千秋 江藤 千秋(えとう ちあき、1928年 - 2003年)は、日本の作家、化学教師、河合塾講師。 135 神谷不二 東京大学へ進学 神谷 不二(かみや ふじ、1927年1月6日 - 2009年2月20日)は、日本の国際政治学者、法学博士(京都大学、1967年)、慶應義塾大学名誉教授。 136 山路敬三 東京大学へ進学 山路 敬三(やまじ けいぞう、1927年12月26日 - 2003年12月26日)は、元キヤノン社長。 137 大木浩 清須市の出身 東京大学へ進学 大木 浩(おおき ひろし、1927年6月30日 - 2015年11月13日)は、日本の政治家、外交官。 全国地球温暖化防止活動推進センター代表。 138 伊藤延男 伊藤 延男(いとう のぶお、1925年3月8日 - 2015年10月31日)は、日本の建築史学者、文化財保護者、文化功労者。 139 豊田芳年 豊田 芳年(とよだ よしとし、1925年8月29日 - 2017年1月8日)は、日本の実業家。 豊田自動織機の社長、会長、名誉会長を歴任。 トヨタ自動車の初代会長豊田英二の弟で、豊田自動織機の創業者豊田佐吉の甥に当たる。 140 佐伯進 一橋大学へ進学 佐伯 進(さえき すすむ、1925年5月13日 - )は日本の実業家。 ノリタケカンパニーリミテド社長・会長や中部経済同友会代表幹事を務めた。 勲三等瑞宝章、スリランカラトナ勲章、藍綬褒章受章。 141 伊藤栄樹 伊藤 栄樹(いとう しげき、1925年2月3日 - 1988年5月25日)は、日本の検事総長・東京高検検事長・法務事務次官。 「ミスター検察」と呼ばれた。 名前の「栄」の正しい表記は旧字体の「榮」。 没後、従三位を贈られた。 142 山寺秀雄 名古屋大学へ進学 山寺 秀雄(やまてら ひでお、1924年 - )は、日本の化学者。 理学博士。 専門は、無機化学で、名古屋大学名誉教授、大同工業大学名誉教授。 京都府出身。 143 加藤進 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 加藤 進(かとう すすむ、1923年9月24日 - )は、愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手(捕手・外野手、右投右打)・コーチ、解説者。 144 山田鐐一 山田 鐐一(やまだ りょういち、1922年4月29日 - 2008年6月16日)は、日本の法学者。 145 大野英二 大野 英二(おおの えいじ、1922年10月20日 - 2005年9月6日)は、日本の経済学者、京都大学名誉教授。 146 米倉功 一橋大学へ進学 米倉 功(よねくら いさお、1922年5月25日 - 2015年12月6日)は日本の実業家。 伊藤忠商事の社長・会長、経済団体連合会副会長を務めた。 勲一等瑞宝章、藍綬褒章、トルコ共和国功労勲章受章。 147 吉田光邦 吉田 光邦(よしだ みつくに、1921年5月1日 - 1991年7月30日)は、日本の科学史家。 京都大学名誉教授。 専門は科学技術史。 148 近藤光男 京都市の出身 東京大学へ進学 近藤 光男(こんどう みつお、1921年 大正10年 - )は、日本の漢文学者、お茶の水女子大学名誉教授。 149 三國一朗 名古屋市の出身 三國(三国) 一朗(みくに いちろう、1921年1月12日 - 2000年9月15日)は、日本の放送タレント、エッセイストである。 150 盛田昭夫 名古屋市の出身 盛田 昭夫(もりた あきお、1921年1月26日 - 1999年10月3日)は、日本の技術者、実業家。 井深大と共に、電気機器メーカーソニー創業者の一人。 1992年(平成4年)、名誉大英帝国勲章を受勲。 151 岩間和夫 名古屋市の出身 岩間 和夫(いわま かずお、1919年2月7日 - 1982年8月24日)は日本の技術者、経営者、実業家である。 第4代ソニー社長。 トランジスタに着目し、日本における半導体産業の基盤を創った男ともいわれた。 愛知県名古屋市出身。 152 河合斌人 一橋大学へ進学 河合 斌人(かわい あやと、1918年(大正7年) - 2005年(平成17年)9月6日)は日本の実業家、教育者。 元河合塾理事長、元山一證券副社長。 1992年フランス教育功労章(フランス語版)(パルム・アカデミク・オフィシエ)受章。 河合逸治の長男。 153 安達健二 安達 健二(あだち けんじ、1918年12月22日 - 1988年3月12日)は、日本の文部官僚。 愛知県春日井市生まれ。 154 浅原直人 浅原 直人(あさはら なおと、1916年4月8日 - 1987年2月1日)は、愛知県出身のプロ野球選手。 ポジションは外野手、一塁手。 155 土方武 土方 武(ひじかた たけし、1915年(大正4年)3月18日 - 2008年(平成20年)10月15日)は日本の実業家、元住友化学工業社長・会長。 元日本たばこ産業会長。 元経済団体連合会副会長。 岐阜県岐阜市出身。 156 尾之内由紀夫 尾之内 由紀夫(おのうち ゆきお、1915年8月18日 - 2009年2月12日)は、日本の土木工学者。 1967年に建設事務次官を務めた。 157 平野保 平野 仁啓(ひらの きみひろ/じんけい、1914年4月6日 -1996年11月25日)は、日本の文芸評論家。 158 八切止夫 日本大学へ進学 八切 止夫(やぎり とめお、1914年12月22日? - 1987年4月28日)は、歴史小説家。 日本シェル出版代表。 「八切史観」と呼ばれる独自の歴史観を展開した。 159 高田三郎 武蔵野音楽大学へ進学 髙田 三郎(たかた さぶろう、1913年12月18日 - 2000年10月22日)は、日本の作曲家。 自作を中心に指揮者としても活躍した。 160 豊田英二 名古屋市の出身 豊田 英二(とよだ えいじ、1913年9月12日 - 2013年9月17日)は、日本の実業家。 正三位。 勲等は勲一等旭日大綬章。 豊田佐吉の甥。 161 小倉謙 名古屋市の出身 東京帝国大学へ進学 小倉 謙(おぐら けん、1911年4月21日 - 1977年7月23日)は、日本の警察官僚。 第64代警視総監。 162 古屋亨 恵那市の出身 東京大学へ進学 古屋 亨(ふるや とおる、1909年1月6日 - 1991年6月20日)は、日本の内務・警察官僚、弁護士、政治家。 衆議院議員、自治大臣兼国家公安委員会委員長。 正三位勲一等旭日大綬章。 163 乾豊彦 名古屋市の出身 乾豊彦(いぬい とよひこ、1907年1月28日 - 1993年9月20日)は実業家。 乾家5代目当主、元乾汽船会長。 元広野ゴルフ倶楽部理事長、関西ゴルフ連盟理事長、日本ゴルフ協会(JGA)名誉会長。 旧姓は高橋。 164 水野久男 名古屋市の出身 水野 久男(みずの ひさお、1904年11月25日-1985年2月12日)は東京電力の第5代社長(1971年 - 1976年 )。 165 土川元夫 土川 元夫(つちかわ もとお、明治36年(1903年)6月20日 - 昭和49年(1974年)1月27日)は日本の実業家。 166 小堀四郎 小堀 四郎(こぼり しろう、1902年7月20日 - 1998年8月9日)は、日本の油彩画家。 愛知県名古屋市中区南呉服町生まれ。 小堀遠州の子孫。 167 堀田庄三 名古屋市の出身 信州大学へ進学 堀田 庄三(ほった しょうぞう、1899年1月23日 - 1990年12月18日)は日本の銀行家。 住友銀行頭取を19年務め(1952年~1971年)、「住銀の法皇」と称された。 住友家評議員会委員長、住友老壮会会長、日本航空元会長。 勲一等旭日大綬章受章。 元モルガン・スタンレー証券代表取締役会長の堀田健介は長男。 大正製薬社長の上原明は二男。 168 伊藤廉 明治大学へ進学 伊藤 廉(いとう れん、1898年 明治31年 10月7日 - 1983年 昭和58年 1月24日)は、日本の洋画家。 169 和田薫 十津川村の出身 和田 薫(わだ かおる、1898年2月8日 - 1968年2月13日)は、京阪神急行電鉄(阪急)の7代目社長、阪急ブレーブスのオーナー。 「阪急中興の祖」と評される。 170 多湖實夫 多湖 實夫(たご じつお、1898年(明治31年)6月16日 - 1985年(昭和60年)5月11日)は、日本の内務官僚、実業家。 官選山梨県知事、学校法人愛知医科大学理事長、ワシントンホテル社長。 171 横井俊之 横井 俊之(よこい としゆき、1897年3月11日 - 1969年12月23日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍少将。 172 山田盛太郎 山田 盛太郎(やまだ もりたろう、1897年(明治30年)1月29日 - 1980年(昭和55年)12月27日)は、昭和期日本のマルクス経済学者。 東京大学名誉教授。 愛知県出身。 東京帝国大学卒業。 173 佐々木味津三 明治大学へ進学 佐々木 味津三(ささき みつぞう、明治29年(1896年)3月18日 - 昭和9年(1934年)2月6日)は、日本の小説家。 佐佐木 味津三と表記されることもある。 174 大林末雄 名古屋市の出身 大林 末雄(おおばやし すえお、1895年(明治28年)3月8日 - 1983年(昭和58年)4月13日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍少将。 愛知県宝飯郡上佐脇出身。 175 堀正旗 広島市の出身 堀 正旗(ほり せいき、1895年3月14日 - 1953年4月28日)は、宝塚歌劇団創成期の劇作家、演出家。 広島県広島市生まれ。 176 久松潜一 久松 潜一(ひさまつ せんいち、1894年12月16日 - 1976年3月2日)は、日本の国文学者。 文学博士。 177 原随園 原 随園(はら ずいえん、1894年(明治27年)3月19日 - 1984年(昭和59年)3月25日)は、日本の西洋史学者。 正しくは原 隨園(「隨」は「随」の旧字体)。 178 野田高梧 函館市の出身 早稲田大学へ進学 野田 高梧(のだ こうご、1893年11月19日 - 1968年9月23日)は、日本の脚本家。 次兄は日本画家の野田九甫、娘は脚本家の立原りゅう、その夫は同じく脚本家の山内久。 また、幕末の漢学者・野田笛浦は祖父にあたる。 179 三輪茂義 三輪 茂義(みわ しげよし、1892年5月15日 - 1959年2月27日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍中将。 180 伊東延吉 伊東 延吉(いとう えんきち、1891年(明治24年)5月1日 — 1944年(昭和19年)2月7日)は、日本の文部官僚。 181 小酒井不木 小酒井 不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年(明治23年)10月8日 - 1929年(昭和4年)4月1日)は、日本の医学者、随筆家、翻訳家、推理作家。 別名「鳥井零水」。 182 下出義雄 一橋大学へ進学 下出 義雄(しもいで よしお、1890年(明治23年)5月12日 - 1958年(昭和33年)1月20日)は、大正から昭和にかけて活動した日本の実業家、教育者、政治家。 183 永津佐比重 永津 佐比重(ながつ さひしげ、1889年(明治22年)3月1日 - 1979年(昭和54年)9月19日)は、日本の陸軍軍人。 最終階級は陸軍中将。 184 木下又三郎 木下 又三郎(きのした またさぶろう、1889年11月13日 - 1977年3月8日)は、日本の実業家。 185 真野毅 東京大学へ進学 真野 毅(まの つよし、1888年6月9日 - 1986年8月28日)は、1947年8月4日の最高裁判所発足と同時に最高裁判所判事に就任した日本の裁判官。 愛知県生まれ。 第二東京弁護士会会長。 186 岩松義雄 岩松 義雄(いわまつ よしお、1886年5月3日 - 1958年4月18日)は、日本の陸軍軍人。 最終階級は陸軍中将。 187 金森徳次郎 名古屋市の出身 東京大学へ進学 金森 徳次郎(かなもり とくじろう、1886年3月17日 - 1959年6月16日)は、日本の官僚、政治家、憲法学者。 岡田内閣の法制局長官、第1次吉田内閣の国務大臣。 初代国立国会図書館長も務めた。 188 日比野正治 日比野 正治(ひびの まさはる、1885年(明治18年)2月2日 - 1947年(昭和22年)3月7日)は、日本の海軍軍人。 最終階級は海軍中将。 189 鷲津鈆平 鷲津 鈆平(わしづ しょうへい、1885年1月20日 - 1970年2月20日)は、日本陸軍の軍人。 最終階級は陸軍中将。 190 田島道治 名古屋市の出身 東京大学へ進学 田島 道治(たじま みちじ、1885年(明治18年)7月2日 - 1968年(昭和43年)12月2日)は、日本の実業家、銀行家、教育家。 191 荻洲立兵 荻洲 立兵(おぎす りっぺい、1884年1月24日 - 1949年12月22日)は、日本陸軍の軍人。 最終階級は陸軍中将。 192 瀧正雄 京都大学へ進学 瀧 正雄(たき まさお 1884年(明治17年)4月14日 - 1969年(昭和44年)8月12日)は、日本の政治家、法学者。 衆議院議員、貴族院議員をつとめ、近衛文麿の家老格の側近として知られた。 193 藤浪剛一 藤浪 剛一(ふじなみ ごういち、1880年6月7日 - 1942年11月29日)は、日本の医学者、放射線科医。 父は医師の藤浪万得、兄は病理学者の藤浪鑑。 妻は青鞜社発起人の一人でもある小説家の物集和子。 194 宮田光雄 東京大学へ進学 宮田 光雄(みやた みつお、1878年(明治11年)11月25日 - 1956年(昭和31年)3月8日)は、日本の官僚、政治家。 内閣書記官長、衆議院議員、貴族院議員。 195 神戸正雄 一宮市の出身 東京大学へ進学 神戸 正雄(かんべ まさお、1877年(明治10年)4月19日 - 1959年(昭和34年)10月16日)は、愛知県一宮市出身の法学者、経済学者、政治家(京都市長で、公選第一号の市長。 文化功労者。 196 沼波瓊音 名古屋市の出身 沼波 瓊音(ぬなみ けいおん、1877年10月1日 - 1927年7月19日)は、明治・大正期の国文学者・俳人・右翼。 本名は武夫(たけお)。 名古屋市出身。 197 大角岑生 稲沢市の出身 大角 岑生(おおすみ みねお、明治9年(1876年)5月1日 - 昭和16年(1941年)2月5日)は、大正から昭和にかけての日本の海軍軍人、政治家、華族。 海軍大将。 愛知県出身で本籍は高知県。 198 吉澤義則 吉澤 義則(よしざわ よしのり、1876年8月22日 - 1954年11月5日)は、日本の国語学者、国文学者、歌人。 199 野口米次郎 慶應義塾大学へ進学 野口 米次郎(のぐち よねじろう、1875年(明治8年)12月8日 - 1947年(昭和22年)7月13日)は、明治・大正・昭和前期の英詩人、小説家、評論家、俳句研究者。 イサム・ノグチの父親。 内田魯庵からノーベル文学賞の受賞を待望され、太平洋戦争には協力的であった。 200 稲田龍吉 東京大学へ進学 稲田 龍吉(いなだ りょうきち、1874年(明治7年)3月18日 - 1950年(昭和25年)2月27日)は、愛知県名古屋市出身の細菌学者。 九州帝国大学医学部第一内科初代教授、恩賜財団母子愛育会愛育研究所(現・日本総合愛育研究所)初代所長を歴任。 東京大学名誉教授、医学者。 201 笹川臨風 東京大学へ進学 笹川 臨風(ささかわ りんぷう、1870年9月2日(明治3年8月7日) - 1949年(昭和24年)4月13日)は、日本の歴史家、評論家、俳人。 本名は種郎(たねお)。 202 伊藤乙次郎 伊藤 乙次郎(いとう おとじろう、1866年12月2日(慶応2年10月26日) - 1941年3月27日)は、日本海軍の軍人。 最終階級は海軍中将。 衆議院議員。 愛知県中島郡大里村(現:稲沢市)出身。 旧姓は織田(おだ - )。 日本におけるマラソン指導の始祖とされている。 204 清沢満之 東洋大学へ進学 清沢 満之(きよざわ まんし、1863年8月10日(文久3年6月26日) - 1903年(明治36年)6月6日)は、日本の明治期に活躍した真宗大谷派 本山・東本願寺 の僧侶、哲学者・宗教家。 旧姓は「徳永」。 幼名は「満之助」。 院号法名は、「信力院釋現誠」。 205 八代六郎 犬山市の出身 八代 六郎(やしろ ろくろう、安政7年1月3日(1860年1月25日)- 昭和5年(1930年)6月30日)は明治~大正期の日本海軍軍人。 政治家。 海軍大将。 愛知県犬山市出身。 兄は衆議院議員の松山義根。 206 三宅雪嶺 三宅 雪嶺(みやけ せつれい、1860年7月7日(万延元年5月19日) - 1945年(昭和20年)11月26日)は、日本の哲学者、評論家。 加賀国金沢(現・石川県金沢市)生まれ。 本名は雄二郎 207 加藤高明 愛西市の出身 東京外国語大学へ進学 加藤 高明(かとう たかあき、安政7年1月3日(1860年1月25日) - 大正15年(1926年)1月28日)は、日本の外交官、政治家。 外務大臣(第16・19・26・28代)、貴族院議員、内閣総理大臣(第24代)などを歴任した。 衆議院議員(当選2回)、貴族院議員(勅選)、第1次山本内閣で文部大臣兼司法大臣を歴任したほか、晩年には請われて東京市長も務めている。 また中央大学の創設者の一人で、第2代学長。 209 坪内逍遥 美濃加茂市の出身 東京大学へ進学 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。 小説家としては主に明治時代に活躍した。 代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。 本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。 別号に「朧ろ月夜に敷くものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。 俳句も詠んだ。 210 野津憲治 Wikipedia未登録 東京大学大学院理学系研究科教授 211 高橋利忠 Wikipedia未登録 愛知県がんセンター研究所所長 212 加藤順吉郎 Wikipedia未登録 元愛知県医師会会長、内科医 213 幅勇雪 Wikipedia未登録 元日本公認会計士協会副会長 214 宮田聡 Wikipedia未登録 元理化学研究所理事長 215 荒川千登勢(63期) Wikipedia未登録 KSB瀬戸内海放送アナウンサー 216 大島伸一 Wikipedia未登録 元名古屋大学医学部附属病院長、国立長寿医療研究センター名誉総長 217 水野広祐 Wikipedia未登録 インドネシア地域研究、農業経済学者、京都大学東南アジア研究所所長・教授 218 夫馬勇 Wikipedia未登録 元プロ野球選手 219 棚瀬孝雄 Wikipedia未登録 法社会学者、中央大学教授、京都大学名誉教授 220 川島孝 Wikipedia未登録 元プロ野球選手 221 田邉一仁 Wikipedia未登録 工学者、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授 222 宇野公之 Wikipedia未登録 薬学者、大阪大学大学院薬学研究科教授 223 椙山泰生 Wikipedia未登録 経済学者、京都大学大学院経済学研究科教授 224 吉野正人 東大阪市の出身 Wikipedia未登録 工学者、信州大学工学部機械システム工学科熱流体システム学教授 225 江上雅彦 Wikipedia未登録 経済学者、京都大学大学院経済学研究科教授 226 青木國雄 Wikipedia未登録 医学者、名古屋大学名誉教授、元愛知県がんセンター総長 227 浜島信之 Wikipedia未登録 医学者、名古屋大学大学院医学系研究科教授 228 伊藤好孝 Wikipedia未登録 物理学者、名古屋大学宇宙地球環境研究所教授 229 内田誠之 Wikipedia未登録 工学者、愛知工業大学工学部機械学科教授 230 小林郁雄 Wikipedia未登録 工学者、神戸山手大学現代社会学部環境文化学科教授 231 太田裕治 Wikipedia未登録 工学者、お茶の水大学生活科学部人間・環境科学科教授 232 岸尾光二 Wikipedia未登録 工学者、東京大学工学部応用化学科教授 233 市原淳弘 Wikipedia未登録 医学者、東京女子医科大学高血圧・内分泌内科主任教授 234 奥村晃史 Wikipedia未登録 地理学者、広島大学大学院文学研究科教授 235 大西珠枝 Wikipedia未登録 玉川大学芸術学部芸術教育学科教授、元文部官僚、元京都大学理事・副学長 236 北川薫 Wikipedia未登録 スポーツ生理学者、前中京大学学長、中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科教授 237 小島敏郎 Wikipedia未登録 青山学院大学国際政治経済学部教授、弁護士、元地球環境審議官 238 祖父江逸郎 Wikipedia未登録 長寿科学振興財団理事長、名古屋大学名誉教授 239 福島雅典 Wikipedia未登録 先端医療振興財団臨床研究情報センター長、京都大学名誉教授 240 鵜飼裕之 Wikipedia未登録 工学者、名古屋工業大学学長 241 梅村清明 Wikipedia未登録 体育学者、教育者、梅村学園名誉総長 242 原田三夫 Wikipedia未登録 科学ジャーナリスト、『子供の科学』創刊者 243 吉田尭文 吉田生風庵(よしだしょうふうあん)は、表千家で代々宗匠を務める名古屋の茶家。 吉田家の庵号は生風庵という。 244 柳生延春 Wikipedia未登録 剣術家、柳生新陰流二十一世宗家 245 岩田信市 Wikipedia未登録 画家、演出家 246 小田喬 Wikipedia未登録 脚本家 247 亀谷政代司 Wikipedia未登録 彫刻家 248 松本喜臣 Wikipedia未登録 劇団シアター・ウィークエンド主宰 249 浅野梨郷 Wikipedia未登録 歌人 250 名倉鳳山 Wikipedia未登録 硯作家 251 後藤卓也 Wikipedia未登録 塾講師、啓明舎塾長 252 竹田弘太郎 Wikipedia未登録 元名古屋鉄道社長・会長、元名古屋商工会議所会頭 253 倉田陽一郎 Wikipedia未登録 シンワアートオークション社長 254 竹田晴夫 Wikipedia未登録 元東京海上火災保険社長 255 小菅宇三治 Wikipedia未登録 元プリマハム社長 256 河合恒人 Wikipedia未登録 学校法人河合塾学長 257 山口直樹 山口 直樹(やまぐち なおき)は、福井放送敦賀支社長・嶺南報道部長。 愛知県瀬戸市長(1期)。 303 杉本健吉 名古屋市の出身 杉本健吉(すぎもと けんきち、1905年9月20日 - 2004年2月10日)は、日本の洋画家、イラストレーター、グラフィックデザイナー。 愛知県立愛知商業高等学校の出身者 304 長野茂 早稲田大学へ進学 長野 茂(ながの しげる、1949年 - )は、株式会社フィットネスビジネス研究所代表取締役、ながら運動考案者。 神奈川県横浜市出身。 (他のホームページでは愛知県出身と表示。 )1973年、早稲田大学第一文学部卒業。 305 服部妙子 名古屋市の出身 服部 妙子(はっとり たえこ、1949年6月23日 - )は、愛知県名古屋市出身の女優。 愛知県立愛知商業高等学校卒。 306 水谷寿伸 名古屋市の出身 水谷 寿伸(みずたに ひさのぶ、1941年1月3日 - )は、愛知県名古屋市千種区出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ、解説者・評論家。 307 横地由松 横地 由松(よこち よしまつ、1939年5月2日 - 2007年7月27日)は愛知県出身の元プロ野球選手。 308 寺田雷太 明治大学へ進学 寺田 雷太(てらだ らいた、1926年10月13日 - )は、愛知県出身のプロ野球選手(外野手)。 309 都築忠七 一橋大学へ進学 都築 忠七 (つづき ちゅうしち、1926年9月18日 - ) は日本の社会思想史研究者。 一橋大学名誉教授、オックスフォード大学博士、ケンブリッジ大学博士。 310 松本和雄 明治大学へ進学 松本 和雄(まつもと かずお、1923年8月18日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手。 ポジションは遊撃手。 311 玉腰忠義 玉腰 忠義(たまごし ただよし、1920年3月15日 - 1957年1月16日)は、愛知県出身のプロ野球選手。 ポジションは外野手。 312 水野良一 慶應義塾大学へ進学 水野 良一(みずの りょういち、1917年12月23日 - 1999年6月27日)は、愛知県出身のプロ野球選手。 313 小島利男 早稲田大学へ進学 小島 利男(こじま としお、1913年10月12日 - 1969年6月1日)は、愛知県出身のプロ野球選手(外野手)、監督。 314 水谷則一 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 水谷 則一(みずたに のりかず、1910年9月1日 - 1984年8月29日)は、愛知県名古屋市出身のプロ野球選手(外野手)、野球指導者(プロ野球監督)。 愛知県立熱田高等学校の出身者 315 瀬戸貴幸 名古屋市の出身 瀬戸 貴幸(せと たかゆき、1986年2月5日 - )は愛知県名古屋市出身のサッカー選手。 ポジションは守備的ミッドフィールダー。 316 さくら 名古屋市の出身 さくら(1983年8月31日 - )は、日本のタレント、女優である。 本名、田中 広美(たなか ひろみ)。 旧姓、杉安(すぎやす)。 317 木下あゆ美 金城学院大学へ進学 木下 あゆ美(きのした あゆみ、1982年12月13日 - )は日本の女優、声優。 旧芸名は藤沢 あゆ美。 318 木村隆秀 名古屋市の出身 東京経済大学へ進学 木村 隆秀(きむら たかひで、1955年8月10日 - )は、日本の政治家。 元衆議院議員(4期)。 319 渡辺宜嗣 名古屋市の出身 明治大学へ進学 渡辺 宜嗣(わたなべ のりつぐ、1954年12月19日 - )は、日本のニュースキャスター、元テレビ朝日エグゼクティブアナウンサー。 愛知県名古屋市西区出身。 320 橋本孝之 名古屋大学へ進学 橋本 孝之(はしもと たかゆき、1954年7月9日 - )は日本の実業家。 元日本アイ・ビー・エム社長。 愛知県出身。 321 河原龍夫 名古屋市の出身 名古屋芸術大学へ進学 河原 龍夫(かわはら たつお、1952年4月24日 - )は、主に東海地方で活動する日本の歌手・タレントである。 愛知県名古屋市中区大須出身。 愛知県立熱田高等学校卒業、名古屋芸術大学声楽科中退。 身長172cm。 血液型O型。 愛称はハーさん(メディアによっては「はーさん」もしくは「はあさん」表記)。 322 友部正人 友部 正人(ともべ まさと、1950年5月25日 - )は、日本のフォークシンガー、詩人。 本名 小野正人。 323 向井滋春 名古屋市の出身 同志社大学へ進学 向井滋春 むかい しげはる、1949年1月21日- は、日本のジャズトロンボーン奏者。 324 三遊亭円丈 三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう)は落語家の名跡。 当代は3代目だが、落語協会公式においては、「初代」という位置づけになっている(師匠圓生が、圓丈の真打昇進の際に「お前が初代だ」と発言した事が起因と思われる)が、本人は「3代目」と記述する事が多い。 325 松永三郎 Wikipedia未登録 東京工業大学工学院 機械系 教授/機械宇宙システム専攻・機械宇宙学科(併任) 326 坂智広 Wikipedia未登録 横浜市立大学木原生物研究所教授 327 磯部稔 名古屋大学へ進学 Wikipedia未登録 名古屋大学名誉教授。 元名古屋大学大学院生命農学研究科教授。 愛知県立惟信高等学校の出身者 328 上田定行 名城大学へ進学 上田 定行(うえだ さだゆき、1959年10月3日 - )は、俳優・ナレーター・ラジオパーソナリティ。 名古屋市中川区東起出身。 名古屋市立荒子小学校、名古屋市立一柳中学校、愛知県立惟信高等学校、名城大学理工学部卒業。 329 河合じゅんじ 愛知教育大学へ進学 河合 じゅんじ(かわい じゅんじ、本名:河合淳二、1959年7月17日 - )は、日本の漫画家。 愛知県出身。 愛知教育大学教育学部美術科卒業。 作品の多くはプロスポーツを題材としたギャグ漫画である。 2児の父。 330 丹羽宇一郎 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 丹羽 宇一郎(にわ ういちろう、1939年(昭和14年)1月29日 - )は、日本の元実業家、元外交官である。 331 梶田達二 名古屋市の出身 梶田 達二(かじた たつじ、1936年5月24日 - 2011年10月8日)は、日本の画家、イラストレータ。 ボックスアートを得意とした。 愛知県名古屋市港区出身。 理科美術協会、ミロの会会員。 332 安藤巌 名古屋市の出身 京都大学へ進学 安藤 巌(あんどう いわお、1925年1月28日 - 2009年11月11日)は日本の弁護士、政治家(衆議院議員)。 333 二村麻美 名古屋市の出身 二村 麻美(ふたむら あさみ、年10月28日 - ) は、モデル事務所「サティスファクション」名古屋オフィス所属のタレントである。 本名、二村麻美。 愛知県名古屋市出身。 身長168cm。 血液型O型。 愛知県立松蔭高等学校の出身者 334 森山春香 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 森山 春香(もりやま はるか、1979年3月25日 - )は、NHKのアナウンサー。 335 杉浦哲郎 名古屋市の出身 杉浦 哲郎(すぎうら てつろう、1968年7月13日 - )は、日本の作曲家・編曲家・ピアニスト・実業家。 愛知県名古屋市出身・在住。 336 伊藤恭彦 日本医科大学へ進学 伊藤 恭彦(いとう やすひこ、1961年4月3日 - )は日本の政治学者。 専門は政治哲学。 名古屋市立大学人文社会学部教授、博士(法学)(大阪市立大学)。 337 桂木文 名古屋市の出身 桂木 文(かつらぎ あや、1960年12月16日 - )は日本の女優、元アイドル。 本名:蟹江 文(かにえ あや)。 愛知県名古屋市出身。 血液型はO型。 オー・エンタープライズに所属していた。 身長159. 8cm、体重50kg。 B79. 4cm、W58. 5cm、H90cm。 338 南原竜樹 愛知工業大学へ進学 南原 竜樹(なんばら たつき、1960年5月29日 - )は、日本の実業家。 自動車輸入販売の株式会社オートトレーディングルフトジャパンあらため、現LUFTホールディングスの代表取締役を務めるほか、株式会社ルフト・メディカルケア取締役、株式会社ルフト・トラベルレンタカー代表取締役会長、株式会社LOTUS取締役、株式会社LUFTメディアコミュニケーション取締役会長、株式会社大勝物産代表取締役会長を兼務する。 339 森本レオ 名古屋市の出身 日本大学へ進学 森本 レオ(もりもと レオ、1943年2月13日 - )は、日本の俳優、ナレーター、タレント、声優である。 340 鬼頭史郎 法政大学へ進学 鬼頭 史郎(きとう しろう、1934年(昭和9年)1月6日 - )は、日本の元裁判官。 「鬼頭史郎謀略電話事件」を起こし、法曹資格を喪失した。 341 饗庭孝男 大津市の出身 南山大学へ進学 饗庭 孝男(あえば たかお、1930年1月27日 - 2017年2月21日)は、日本の文芸評論家で青山学院大学名誉教授。 フランス文学を専攻する。 日本や西欧の文化や風土、精神、思想を研究する文学者である。 愛知県立昭和高等学校の出身者 342 日比野壮大 日比野 壮大(ひびの まさひろ、1992年6月20日 - )は、2016年現在トップリーグコカ・コーラレッドスパークスに所属するラグビー選手。 343 加藤里奈 加藤 里奈(かとう りな、1991年4月18日 - )は、日本のファッションモデル。 セントラルジャパン所属。 ピチレモン専属モデル卒業生。 愛称はカトリーナ。 344 浅井雄一 名古屋市の出身 愛知県立大学へ進学 浅井 雄一(あさい ゆういち、1979年6月29日 - )は、日本の男性モデル、俳優。 愛知県名古屋市出身。 身長180cm、靴のサイズは27. 5cm、血液型O型。 株式会社ジュネス企画、株式会社ジオット所属。 345 常田真太郎 名古屋市の出身 常田 真太郎(ときた しんたろう、1978年2月25日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のミュージシャン。 スキマスイッチで鍵盤、トータルアレンジを担当。 通称「シンタくん」。 346 中江友紀 名古屋市の出身 中江 友紀(なかえ ゆき、1978年1月24日 - )は、愛知県名古屋市出身の女優、モデルタレント、ダンサー。 347 ヨツヤタカヒロ. 東海市の出身 ヨツヤタカヒロ. (1977年5月2日 - )は、日本の元シンガーソングライター、作曲家、キーボーディスト。 本名は肆矢崇博(読み同じ)。 348 斎藤大輔 中央大学へ進学 斎藤 大輔(さいとう だいすけ、1974年11月19日 - )は、愛知県出身の元サッカー選手。 大学時代は、ユニバーシアード日本代表にも選ばれている。 中央大学法学部卒。 349 谷口悟朗 日進市の出身 日本映画大学へ進学 谷口 悟朗(たにぐち ごろう、1966年10月18日 - )は、愛知県日進市出身のアニメーション監督・演出家、プロデューサー。 現在、フリー。 日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。 350 野沢尚 名古屋市の出身 日本大学へ進学 野沢 尚(のざわ ひさし、1960年5月7日 - 2004年6月28日)は、日本の脚本家・推理小説家である。 愛知県名古屋市出身。 愛知県立昭和高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。 テレビドラマの脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。 北野武の映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。 1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞受賞。 351 牧義夫 名古屋市の出身 上智大学へ進学 牧 義夫(まき よしお、1958年1月14日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(5期)、 352 森元孝 早稲田大学へ進学 森 元孝(もり もとたか、1955年 - )は、日本の社会学者。 早稲田大学文学学術院・文化構想学部社会構築論系教授。 学位は博士(文学)。 専門は社会理論、社会システム論、政治社会学、経済社会学等。 353 山田正紀 明治大学へ進学 山田 正紀(やまだ まさき、1950年1月16日 - )は、日本の作家。 354 J 矢田悠記 Wikipedia未登録 ダンサー、WEBER 355 高木洋一郎 名古屋市の出身 高木 洋一郎(たかぎ よういちろう、2月1日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。 愛知県名古屋市生まれ。 血液型A型。 身長180cm。 愛知県立瑞陵高等学校の出身者 356 後藤晴菜 名古屋市の出身 津田塾大学へ進学 後藤 晴菜(ごとう はるな、1990年4月12日 - )は、日本テレビの女性アナウンサー。 357 向井慧 名古屋市の出身 明治大学へ進学 向井 慧(むかい さとし、1985年12月16日 - )は、日本のお笑い芸人。 お笑いトリオパンサーのツッコミ担当。 立ち位置は真ん中。 358 今井美希 名古屋市の出身 至学館大学へ進学 今井美希(いまい みき、1975年5月30日 - )は、日本の女子走高跳選手である。 2001年9月15日横浜市で行われたスーパー陸上で1メートル96の日本記録を樹立した。 身長174cm、血液型はB型。 愛知県名古屋市出身。 359 河合季信 名古屋市の出身 筑波大学へ進学 河合 季信(かわい としのぶ、1967年12月19日 - )は、愛知県名古屋市出身のショートトラックスピードスケート選手。 1985年瑞陵高校2年の時に世界選手権で個人総合優勝、1986年アジア冬季競技大会500m銀メダル、その後筑波大学体育専門学群に進学し、1987年には二度目の個人総合優勝を果たすなど、日本のショートトラックの黄金期を支えたスケーターである。 1988年カルガリーオリンピック(公開競技)ではメダルを期待されたが、500m8位が最高だった。 1991年冬季ユニバーシアードでは1000m、1500mで銅メダルを獲得、1992年アルベールビルオリンピック5000mリレーで銅メダルを獲得しこの年限りで競技から引退。 現在は母校筑波大学で教職に就いている。 360 兼元謙任 名古屋市の出身 愛知県立芸術大学へ進学 兼元 謙任(かねもと かねとう、1966年7月22日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身の実業家である。 ウェブサービス「OKWave」の創業者である。 361 ペリー荻野 愛知教育大学へ進学 ペリー荻野(ペリーおぎの、1962年 - )は、愛知県出身のコラムニスト、舞台作家、時代劇研究家。 362 伴野豊 名古屋工業大学へ進学 伴野 豊(ばんの ゆたか、1961年1月1日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(5期)。 363 安藤まさひろ 名古屋市の出身 明治大学へ進学 安藤 正容(あんどう まさひろ、1954年9月16日 - )は、愛知県名古屋市千種区出身の、日本のジャズギタリスト。 1977年明治大学卒業。 血液型A型。 フュージョングループ・T-SQUAREのリーダーで、作曲家・音楽プロデューサーとしても活動している。 364 マック赤坂 京都大学へ進学 マック赤坂(マックあかさか、本名:戸並 誠(となみ まこと)、1948年9月18日 - )は、日本の政治活動家、実業家、セラピスト、美容研究家。 一般財団法人スマイルセラピー協会会長、スマイル党総裁 2016年7月31日投開票の東京都知事選挙には、無所属で立候補。 彼の政治思想・行動原理には吉田松陰、三島由紀夫、陽明学、合気道、マハトマ・ガンディーの影響が色濃く表れている[6]。 また、弟子にはマック赤坂見附(宗寿人、2015年船橋市議選で落選)がいた[7]が、2016年現在では、濱田雄馬が1番弟子となっている[8]。 365 鈴木良雄 木曽町の出身 早稲田大学へ進学 鈴木 良雄(すずき よしお、1946年3月21日 - )は、日本のジャズ界を代表するベース奏者、作曲家。 「チンさん」のニックネームでファンから親しまれる日本ジャズ界のリーダー的存在である。 366 中村利雄 名古屋大学へ進学 中村 利雄(なかむら としお 1946年7月22日 - )は、日本の元経産官僚。 過去に、中小企業庁長官、2005年日本国際博覧会協会事務総長、日本商工会議所専務理事などを歴任。 367 八田広子 名古屋市の出身 八田 広子(はった ひろこ、1946年4月9日 - )は、日本の政治家。 元日本共産党参議院議員、日本共産党中央委員会委員。 八田 廣子、八田 ひろ子とも。 368 江口克彦 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 江口 克彦(えぐち かつひこ、1940年2月1日 - )は、日本の実業家、政治家、経済学博士。 おおさか維新の会所属の前参議院議員(1期)。 元みんなの党最高顧問(両院議員総会長)。 地域政党自由を守る会顧問。 PHP総合研究所・PHP研究所前社長。 369 武重邦夫 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 武重 邦夫(たけしげ くにお、1939年 - 2015年7月2日)は日本の映画監督。 日本映画学校、日本映画大学相談役。 株式会社シネマネストJAPAN映画製作研究所代表。 370 山田卓生 東京大学へ進学 山田 卓生(やまだ たかお、1937年 - 2013年10月25日)は、日本の法学者。 専門は民法・法社会学。 横浜国立大学名誉教授。 弁護士。 371 河村幹夫 一橋大学へ進学 河村 幹夫(かわむら みきお、1935年 - )は、日本の実業家、経営学者、博士(経営学)、シャーロキアン。 長崎市生まれの愛知県育ち。 372 日比英一 名古屋大学へ進学 日比 英一(ひび えいいち、1934年 - 2016年10月23日)は、日本の実業家、中部日本放送元常務取締役、元同社アナウンサー。 373 西塚泰美 芦屋市の出身 京都大学へ進学 西塚 泰美(にしづか やすとみ、1932年(昭和7年)7月12日 - 2004年(平成16年)11月4日 )は、日本の医学者、生化学者。 神戸大学名誉教授、学長。 医学博士(京都大学、1963年)。 日本学士院会員。 文化勲章受章者。 兵庫県芦屋市生まれ、愛知県名古屋市育ち。 熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)、京都大学医学部卒業。 374 徳永喜久夫 徳永 喜久夫(とくなが きくお、1931年9月1日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手。 ポジションは投手。 投法はサイドスロー。 375 大沢文夫 池田市の出身 東京帝国大学へ進学 大沢 文夫(おおさわ ふみお、大澤 文夫、Oosawa, Fumio、1922年12月10日 - )は、日本の生物物理学者。 戦後、学問研究では異端とも思える状況の中で、物理学者の立場から生物の研究を開始した。 海外の研究に依存しないで日本で独自の研究を展開し、世界的な研究をした。 直接の弟子が数百人と多く、弟子以外にも多くの研究者に多大な影響を与えた。 日本の生物物理学の創設・開拓・牽引者。 名古屋大学名誉教授/大阪大学名誉教授。 小谷正雄の直弟子。 寺田寅彦の孫弟子。 理学博士。 作家富士正晴の義弟。 376 野々村一雄 一橋大学へ進学 野々村 一雄(ののむら かずお、1913年3月10日 - 1998年1月12日)は日本の経済学者。 専門はソヴィエト経済。 一橋大学名誉教授。 377 栗本一夫 岐阜市の出身 東京帝国大学へ進学 栗本 一夫(くりもと かずお、1912年(明治45年)5月27日 - 1992年(平成4年)11月27日)は、日本の裁判官。 元最高裁判事。 「四畳半襖の下張事件」で裁判長を務めた。 378 都留重人 一橋大学へ進学 都留 重人(つる しげと、1912年(明治45年)3月6日 - 2006年(平成18年)2月5日)は日本の経済学者。 一橋大学名誉教授。 公害の政治経済学を提唱し、雑誌『公害研究』(現『環境と公害』)創刊。 日本人として2人目のハーバード大名誉学位保持者。 1977年から1980年まで国際経済学連合会長を務めた(日本人初)。 1990年日本学士院会員。 379 瀬木三雄 名古屋市の出身 東北大学へ進学 瀬木 三雄(せぎ みつお、1908年 - 1982年)は日本の医学博士。 名古屋市生まれ。 東京大学医学部卒業。 旧厚生省の初代母子衛生課長として母子健康手帳を創設し、東北大学医学部にて公衆衛生学教室を主宰。 癌統計学の第一人者として知られ、いわゆる「瀬木の帽子」(胎児の基底顆粒細胞集団)の発見者でもある。 1971年に退官。 瀬木学園(現 愛知みずほ大学等)理事長、学長、高校長を歴任。 380 尾鍋輝彦 東京帝国大学へ進学 尾鍋 輝彦(おなべ てるひこ、1908年 明治41年 8月15日 - 1997年 平成9年 3月21日)は、日本の西洋史学者。 愛知県出身。 1933年東京帝国大学文学部西洋史学科卒、お茶の水女子大学教授、73年定年退官、名誉教授。 没後正四位。 381 本多秋五 東京大学へ進学 本多 秋五(ほんだしゅうご、1908年(明治41年)9月22日 - 2001年(平成13年)1月13日)は、愛知県西加茂郡(現:豊田市)出身の文芸評論家である。 382 小島鉦作 皇學館大学へ進学 小島 鉦作(こじま しょうさく、1901年(明治34年)4月13日 - 1996年(平成8年)8月29日)は、日本の歴史学者。 成蹊大学名誉教授。 愛知県出身。 383 杉原千畝 八百津町の出身 早稲田大学へ進学 杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)は、日本の官僚、外交官である。 385 岡部金治郎 東北大学へ進学 岡部 金治郎(おかべ きんじろう、1896年3月27日 - 1984年4月8日)は、日本の工学者。 専門は電子工学。 マグネトロンを実用的なマイクロ波源とする分割陽極マグネトロンを発明した。 大阪帝国大学、近畿大学などで教授を歴任。 文化勲章の受章者。 386 谷川徹三 京都大学へ進学 谷川 徹三(たにかわ てつぞう、1895年(明治28年)5月26日 - 1989年(平成元年)9月27日)は、日本の哲学者。 法政大学総長などを務めた。 愛知県知多郡常滑町(のち常滑市保示町)生まれ。 京都帝国大学哲学科卒業。 日本芸術院会員。 常滑市名誉市民。 387 江戸川乱歩 名張市の出身 早稲田大学へ進学 江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、男性、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。 また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。 実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。 388 前田専学 名古屋市の出身 東京大学へ進学 ヤジュル・ヴェーダ サーマ・ヴェーダ アタルヴァ・ヴェーダ (アーラニヤカ) (ウパニシャッド) 389 疇地宏 岐阜大学へ進学 疇地 宏(あぜち ひろし)は工学博士、大阪大学大学院理学研究科教授。 愛知県立千種高等学校の出身者 390 くわ山ともゆき 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 桑山 知之(くわやま ともゆき、1989年10月23日 - )は、東海テレビ放送記者。 元フリーライター、編集者、コラムニスト。 391 瀧澤直 早稲田大学へ進学 瀧澤 直(たきざわ すなお、1986年9月30日 - )は、2016年現在トップリーグのNECグリーンロケッツに所属するラグビー選手。 392 柳田純司 名古屋市の出身 法政大学へ進学 柳田純司(やなぎたじゅんじ、1984年1月20日〜)は、テレビ神奈川社員 2014年10月1日~。 元テレビ山口アナウンサー。 2014年9月30日に同社を退社した。 393 山田耕平 名古屋市の出身 愛知大学へ進学 山田 耕平(やまだ こうへい、1979年9月5日 - )は歌手。 元国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員である。 394 竹内香苗 みよし市の出身 東京外国語大学へ進学 竹内 香苗(たけうち かなえ、1978年9月14日 - )は、日本のアナウンサーである。 395 宮部和裕 名古屋市西区の出身 早稲田大学へ進学 宮部 和裕(みやべ かずひろ、1973年6月21日 - )は、CBCテレビ(CBC)のアナウンサー。 396 岩槻里子 名古屋市の出身 津田塾大学へ進学 岩槻 里子(いわつき さとこ、1972年6月12日 - )は、NHKのアナウンサー。 397 長谷川岳 北海道大学へ進学 長谷川 岳(はせがわ がく、1971年2月16日 - )は、日本の政治家、起業家。 自由民主党所属の参議院議員(2期)。 元総務大臣政務官。 YOSAKOIソーラン祭り創始者。 元・YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事。 株式会社yosanet(登記名:よさねっと)元取締役。 2007年に結婚、1女1男の父。 398 今井裕 東北大学へ進学 今井 裕(いまい ひろし、1971年8月5日 - )は、日本の天文学者。 博士(理学)。 鹿児島大学理学部准教授。 専門は電波天文学、特に超長基線電波干渉計(VLBI)観測を得意とする。 宇宙噴水W43Aの研究で名前を知られる。 399 今井智久 名古屋市の出身 早稲田大学へ進学 今井 智久(いまい ともひさ、1969年12月4日 - )は、テレビ愛知の報道記者、ディレクター、元鹿児島読売テレビのアナウンサー。 愛知県名古屋市出身。 愛知県立千種高校を経て、早稲田大学卒業。 400 亀井希生 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 亀井 希生(かめい まれお、1967年12月15日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー。 401 田中崇裕 早稲田大学へ進学 田中 崇裕(たなか たかひろ、1967年5月12日 - )は、NHKのアナウンサー。 402 宮林謙吉 奈良女子大学へ進学 宮林 謙吉(みやばやし けんきち、1967年1月 - )は、日本の物理学者、奈良女子大学理学部物理科学科教授。 博士(理学)。 403 上野ゆい 成城大学へ進学 上野 ゆい(うえの ゆい 1966年3月5日 - )は日本のタレント、フリーアナウンサー。 本名は上野 由比。 愛知県西春日井郡出身。 元セント・フォース所属。 愛知県立千種高等学校卒業。 成城大学法学部卒業。 404 水野倫之 名古屋大学へ進学 水野 倫之(みずの のりゆき、1964年(昭和39年) - )は、NHKの解説委員。 記者出身。 専門分野はロケット工学。 405 池田貴族 名古屋市の出身 池田 貴族(いけだ きぞく、1963年5月8日 - 1999年12月25日)は日本のミュージシャン、評論家、作家、心霊研究家。 本名は池田 貴(いけだ たかし)。 406 河添恵子 松戸市の出身 名古屋市立大学へ進学 河添 恵子(かわそえ けいこ、1963年 - )は、日本のノンフィクション作家。 株式会社ケイ・ユニバーサルプランニング代表取締役。 407 鈴木貴博 東京大学へ進学 鈴木 貴博(すずき たかひろ、1962年 - )は、愛知県出身の経営コンサルタント。 名古屋市立城山中学校、愛知県立千種高等学校、東京大学工学部物理工学科を卒業の後、ボストンコンサルティンググループに入社。 ネットイヤーグループ取締役を経て現在は百年コンサルティング株式会社代表取締役。 408 西部忠 北海道大学へ進学 西部 忠(にしべ まこと、1962年2月20日 - )は、日本の経済学者、北海道大学経済学研究科教授。 専門はマルクス、ハイエク、ケインズを含む進化経済学。 409 和田洋一 東京大学へ進学 和田 洋一(わだ よういち、1959年5月28日 - )は、日本の実業家。 スクウェア・エニックス及びタイトーの代表取締役社長を歴任。 2016年12月現在はメタップス取締役会長、メタップスリンクス取締役、及びワンダープラネットの社外取締役。 410 近藤昭一 名古屋市の出身 上智大学へ進学 近藤 昭一(こんどう しょういち、1958年5月26日 - )は、日本の政治家。 民進党所属の衆議院議員(7期)、民進党副代表、リベラルの会代表世話人、立憲フォーラム代表。 411 鈴木淳司 早稲田大学へ進学 鈴木 淳司(すずき じゅんじ、1958年4月7日 - )は、日本の政治家。 自由民主党所属の衆議院議員(4期)、衆議院法務委員長。 412 岩城正光 岩城 正光(いわき まさてる、1954年10月17日 - )は、日本の弁護士。 愛知県弁護士会に所属。 2002年3月から2013年5月までNPO法人CAPNA(子どもの虐待防止ネットワーク・あいち)の理事長を務めており、また特定非営利活動法人である日本子ども虐待防止民間ネットワークの理事長も務めた。 2013年6月から2016年5月にかけては、名古屋市副市長の地位にあった。 413 舘ひろし 名古屋市の出身 千葉工業大学へ進学 舘 ひろし(たち ひろし、1950年3月31日 - )は、日本の俳優・シンガーソングライター。 本名は舘 廣(たち ひろし)。 愛知県名古屋市中区老松町(現・名古屋市中区千代田)出身。 石原プロモーション所属。 414 片岡武司 中京大学へ進学 片岡 武司(かたおか たけし、1949年11月24日 - )は、日本の政治家。 元自由民主党衆議院議員 3期。 愛知県立天白高等学校の出身者 415 松本梨奈 松本 梨奈(まつもと りな、1993年9月3日 - )は、日本の元アイドルであり、女性アイドルグループSKE48の元メンバーである。 愛知県出身。 元AKS所属。 416 藤田麻衣子 名古屋市の出身 東京工業大学へ進学 藤田 麻衣子(ふじた まいこ、1984年1月16日 - )は、愛知県名古屋市出身のシンガーソングライター。 グッデイ所属。 血液型はB型。 417 佐藤智加 名古屋市の出身 慶應義塾大学へ進学 佐藤 智加(さとう ともか、1983年 - )は、日本の小説家。 愛知県名古屋市出身。 父は萩原朔太郎研究で知られる国文学者の佐藤房儀(元中京大学大学院文学研究科長)。 418 小林親弘 愛知学院大学へ進学 小林 親弘(こばやし ちかひろ、1983年9月5日 - )は、日本の男性俳優。 愛知県出身。 身長177cm。 愛知学院大学文学部歴史学科卒業後[要出典]、円演劇研究所(2007年 - )卒業。 演劇集団 円(2009年 - )所属。 419 滝藤賢一 名古屋市の出身 放送大学へ進学 滝藤 賢一(たきとう けんいち、1976年11月2日 - )は、日本の俳優。 愛知県名古屋市出身。 エージェントオフィスタクト所属。 420 豊崎由美 東洋大学へ進学 豊﨑 由美(とよざき ゆみ、1961年7月3日 - )は、日本のフリーライター、書評家。 愛知県生まれ。 東洋大学文学部印度哲学科卒業。 愛知県立中村高等学校の出身者 421 平松可奈子 平松 可奈子(ひらまつ かなこ、1991年11月14日 - )は、日本のタレントである。 女性アイドルグループSKE48の元メンバーである。 422 串田義和 帝京大学へ進学 串田 義和(くしだ よしかず、1980年12月29日 - )は、日本の元ラグビー選手。 423 小澤良介 明治大学へ進学 小澤 良介(おざわ りょうすけ、1978年8月28日 - )は、日本の経営者。 家具販売、空間デザインを主とするリグナ株式会社創業者・代表取締役社長。 インテリアデザイナー、アートディレクター。 その他、東京外苑前に本店を構えるピザレストラン「R the TABLE」を運営するリグナテーブル株式会社 代表取締役、リサイクルショップを全国約100店舗展開する株式会社ベクトルの取締役CBOも兼任。 424 上月啓市 豊中市の出身 明海大学へ進学 上月 啓市(こうづき けいいち、1974年1月30日 - )は、日本の実業家、俳優。 大阪府豊中市出身。 425 アン・サリー 名古屋市の出身 アン・サリー(英字表記・Ann Sally、1972年8月17日 - )は、日本のシンガーソングライター。 本名(旧姓):安佐里。 在日韓国人三世。 愛知県名古屋市出身。 426 飯田紀久夫 江南市の出身 広島大学へ進学 飯田 紀久夫(いいだ きくお、1970年10月31日 - )は、NHKのチーフアナウンサー。 愛知県江南市出身。 427 加藤美紀 名古屋市の出身 名古屋市立大学へ進学 加藤 美紀(かとう みき(現姓:原)、1965年4月21日 - )は、中部日本放送の元アナウンサー。 428 堀田あけみ 名古屋大学へ進学 堀田 あけみ(ほった あけみ、1964年5月28日 - )は日本の作家、椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授。 結婚後の本名は小原朱美。 429 川島なお美 名古屋市の出身 青山学院大学へ進学 川島 なお美(かわしま なおみ、1960年11月10日 - 2015年9月24日)は、日本の女優、タレント、歌手である。 戸籍名は、鎧塚 なお美(よろいづか なおみ、旧姓:川島)。 血液型はAB型。 二人姉妹の長女。 愛知県守山市(現・名古屋市守山区)出身。 2010年6月より太田プロダクション所属。 夫はパティシエの鎧塚俊彦。 430 桑原宏司 愛知大学へ進学 桑原宏司(くわばら こうじ、1951年生 - )は日本の実業家。 元音楽家。 名古屋市出身。 現在、チケットぴあ名古屋代表取締役社長。 株式会社サンデーフォークプロモーション相談役。 431 井上眞一 早稲田大学へ進学 井上 眞一(いのうえ しんいち、1946年10月5日 - )は、愛知県出身のバスケットボール指導者である。 桜花学園高等学校バスケットボール部監督。 愛知県立名古屋西高等学校の出身者 432 北川啓介 名古屋市の出身 名古屋工業大学へ進学 北川 啓介(きたがわ けいすけ、KEISUKE KITAGAWA、1974年 - )は、愛知県出身の建築家、建築学者。 国立大学法人名古屋工業大学大学院准教授。 建築系ラジオコアメンバー。 専門は、建築設計計画、建築意匠計画、現代建築論、情報空間論、サブカル論。 433 山尾光則 愛知学院大学へ進学 山尾 光則(やまお みつのり、1973年4月13日 - )は、愛知県名古屋市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。 434 諏訪哲史 國學院大學へ進学 諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・随筆家・評論家。 435 高千穂遥 名古屋市の出身 法政大学へ進学 高千穂 遙(たかちほ はるか、本名・竹川公訓(たけかわ きみよし)、1951年11月7日 - )は、日本の小説家(SF作家)、脚本家、漫画原作者。 自転車通勤・自転車通学コミック「じてつう」原作者としては小田原浩二を名乗る。 愛知県名古屋市生まれ。 436 清水義範 愛知教育大学へ進学 清水 義範(しみず よしのり、1947年(昭和22年)10月28日 - )は、日本の小説家。 437 水谷研治 名古屋大学へ進学 水谷 研治(みずたに けんじ、1933年10月18日 - )は、日本の経済学者、経済評論家。 経済学博士(名古屋大学)、中京大学名誉教授。 「日本経済の分析と展望」などを研究テーマとしてテレビ、ラジオへの出演多数。 愛知県名古屋市出身。 兄は名古屋大学名誉教授の水谷伸治郎。 438 小松直樹 京都大学大学院自然科学系教授:1981年昭和55年卒業 439 岸田國士戯曲賞 岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。 新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。 愛知県立名古屋南高等学校の出身者 440 露の團姫 露の団姫(つゆの まるこ、1986年10月17日 - )は日本の落語家、尼僧。 兵庫県尼崎市在住。 上方落語協会・MC企画所属。 本名は鳴海ハトル。 法名は春香 しゅんこう。 441 内匠靖明 内匠 靖明(たくみ やすあき、1982年10月23日 - )は、日本の男性声優、舞台俳優。 東京俳優生活協同組合所属。 愛知県出身。 442 みさきゆう 北京市の出身 みさきゆう(1980年6月23日 - )は、モデル、タレント。 中国・北京生まれ、愛知県名古屋市育ち。 443 深堀隆介 名古屋市の出身 愛知県立芸術大学へ進学 深堀 隆介(ふかほり りゅうすけ、1973年(昭和48年)1月13日 - )は、日本の美術作家である。 愛知県立明和高等学校の出身者 444 田村響 安城市の出身 大阪音楽大学へ進学 田村 響(たむら ひびき、1986年12月15日 - )は日本のピアニスト。 愛知県安城市出身。 愛知県立明和高等学校音楽科卒業後、オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学を経て、2015年大阪音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。 現在、京都市立芸術大学音楽学部講師。 445 倉橋ヨエコ 武蔵野音楽大学へ進学 倉橋 ヨエコ(くらはし よえこ、1976年9月20日 - )は愛知県出身のシンガーソングライター。 武蔵野音楽大学在学中の2000年にミニアルバム『礼』でデビューし、2008年7月のライブツアーを最後に音楽活動を終了した。 倉橋の音楽は「ジャズ歌謡」、「シャバダ歌謡」とも表現された。 446 浅野光成 名古屋市の出身 東京大学へ進学 浅野 光成(あさの みつなり、1975年11月17日 - )は、NHKのアナウンサー。 447 村瀬寛美 名古屋市の出身 愛知淑徳大学へ進学 村瀬 寛美(むらせ ひろみ、本名:河野 寛美、1973年12月12日 -)は、フリーアナウンサー。 明治大学政治経済学部教授。 専門は現代思想、政治思想史、社会思想史、ミシェル・フーコー研究。 449 小川進 神戸大学へ進学 小川 進(おがわ すすむ、Susumu Ogawa, 1964年 - )は、日本の経営学者。 神戸大学教授。 (マサチューセッツ工科大学、1998年)。 博士(商学)(神戸大学、2000年)。 兵庫県生まれ。 450 荒川稔久 愛知県立大学へ進学 荒川 稔久(あらかわ なるひさ、男性、1964年3月14日 - )は、日本の脚本家、作詞家。 愛知県名古屋市出身。 主にアニメ、特撮テレビドラマの脚本・シリーズ構成を手掛けている。 別名義に木下健がある。 451 塩見美喜子 岐阜大学へ進学 塩見 美喜子(しおみ みきこ、1962年2月25日 - )は、日本の科学者。 京都大学博士(農学)、徳島大学博士(医学) 452 安藤正容 名古屋市の出身 明治大学へ進学 安藤 正容(あんどう まさひろ、1954年9月16日 - )は、愛知県名古屋市千種区出身の、日本のジャズギタリスト。 1977年明治大学卒業。 血液型A型。 フュージョングループ・T-SQUAREのリーダーで、作曲家・音楽プロデューサーとしても活動している。 453 大橋洋一 静岡大学へ進学 大橋 洋一(おおはし よういち、1953年11月12日 - )は、日本の英文学者。 454 安田亨 東京大学へ進学 安田 亨(やすだ とおる、1953年 - )は、日本の数学教師。 駿台予備学校数学科講師、大数ゼミ講師、大阪桐蔭高等学校顧問・講師だった。 『大学への数学』(東京出版)執筆者、『全国大学入試問題正解 数学』(旺文社)解説委員。 2006年12月には、朝日新聞夕刊の「ニッポン人脈記」で紹介された。 彼の甥は精神科医のゆうきゆうである。 455 松尾葉子 名古屋市の出身 お茶の水女子大学へ進学 松尾 葉子(まつお ようこ、1953年2月17日 - )は、愛知県出身の、日本のクラシック音楽の指揮者。 456 岩中祥史 志摩市の出身 東京大学へ進学 岩中 祥史(いわなか よしふみ、1950年11月26日 — )は、編集者、出版プロデューサー、株式会社エディットハウス代表取締役。 457 八木康夫 早稲田大学へ進学 八木 康夫(やぎ やすお、1950年7月16日 - )は、日本のテレビドラマプロデューサー、テレパック常務取締役。 元TBSプロデューサー。 458 伊藤太 中央大学へ進学 伊藤 太(いとう ふとし、1949年10月17日 - )は、日本の政治家。 現・愛知県春日井市市長(3期)。 459 小林誠 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 小林 誠(こばやし まこと、1944年4月7日 - )は、日本の理論物理学者。 素粒子理論を専門分野とし、小林の名が付けられた「CKM行列(Cabibbo-Kobayashi-Maskawa matrix)」や「小林・益川理論」で知られる。 ノーベル物理学賞、日本学士院賞受賞。 文化功労者、文化勲章受章者。 名古屋大学の特別教授及び素粒子宇宙起源研究機構諮問委員会座長、高エネルギー加速器研究機構の特別栄誉教授、独立行政法人日本学術振興会の理事および学術システム研究センター所長、財団法人国際高等研究所のフェローを務める[4][5]。 460 鈴村興太郎 一橋大学へ進学 鈴村 興太郎(すずむら こうたろう、1944年(昭和19年)1月7日 - )は、日本の経済学者。 専門は社会選択理論・厚生経済学。 日本学士院会員、一橋大学名誉教授、早稲田大学栄誉フェロー、早稲田大学名誉教授、一橋大学経済研究所非常勤研究員、早稲田大学高等研究所顧問、一橋大学経済学博士。 461 宮川光治 名古屋市の出身 名古屋大学へ進学 宮川 光治(みやかわ こうじ、1942年2月28日 - )は、日本の弁護士、元最高裁判所判事(2008年9月3日 - 2012年2月27日)。 愛知県出身。 462 水野耕太郎 名古屋大学へ進学 水野 耕太郎(みずの こうたろう、1941年3月1日 - )は、東邦ガス代表取締役元会長。 愛知県出身。 463 半谷進彦 名古屋大学へ進学 半谷 進彦 (はんや のぶひこ、1941年12月10日 - )は、元NHKアナウンサーで、現在は日本語センター専属。 464 高井伸夫 東京大学へ進学 髙井 伸夫(たかい のぶお、1937年 - )は、日本の弁護士。 髙井・岡芹法律事務所会長。 経営法曹会議幹事。 社団法人日中協会理事。 愛知県名古屋市出身。 東京大学法学部卒業。 専門分野は企業からの人事・労務問題、会社役員関係等々、使用者側に立つ労働法・労働問題。 465 水谷研治 名古屋大学へ進学 水谷 研治(みずたに けんじ、1933年10月18日 - )は、日本の経済学者、経済評論家。 経済学博士(名古屋大学)、中京大学名誉教授。 「日本経済の分析と展望」などを研究テーマとしてテレビ、ラジオへの出演多数。 愛知県名古屋市出身。

次の