イオンシネマ d払い。 イオンの支払い方法

映画チケットでdポイントがたまる・つかえる!|イオンシネマ

イオンシネマ d払い

dカード GOLDユーザーであれば是非覚えておきたい特典の一つに、イオンシネマで利用できる ドコモチューズデー(ドコチュー)があります。 dポイントクラブのスペシャルクーポンで利用できるので、dポイントクラブの4thステージ、またはプラチナステージの方が利用できます。 以前はdカード GOLDを所有していればゴールドステージ優遇があったためそのまま無条件で利用できましたが、現在はdカード GOLD利用によるステージ優遇はありませんので、注意が必要です。 イオンシネマでは、dカード/dカード GOLD/dポイントカードのいずれかを提示することで、 映画を観ることでdポイントを貯めることもできますし(100円=1ポイント)、dポイントを利用して映画を観ることもできます。 さらにその料金をdカード/dカード GOLDで決済すれば単純にクレジット決済分のポイントも貯まりよりお得です。 実際にドコモチューズデーにdカード GOLDを提示し、dポイントを利用して映画を観てきました。 ドコモチューズデーの「画面見せクーポン」と「オンライン購入」 まず絶対に忘れないようにしたいのが、チューズデー、つまり火曜日に映画を観る、ということです。 通常イオンシネマの映画料金は1800円ですが、ドコモチューズデーを利用すると700円引きの1100円となり非常にお得です。 仮に毎週月4回映画を観るとしたら、2800円分もの差が出ます。 さらに、 ドコチュー割引は一度に2名まで適用されますので、ペアで行けば一度で合計1400円お得になり、1100円の2名で2200円で済みます。 火曜日に行かない手はないですね。 クーポンを入手するためには、dポイントクラブの専用サイトより手続きが必要となります。 クーポンには「画面見せクーポン」と「オンライン購入」の二種類が存在しています。 直接イオンシネマでチケット購入をする場合には画面見せクーポンを直前に発行し、それを提示することで割引してもらうことができます。 オンライン購入の場合には、事前に専用サイトから購入手続きをしておくことで、映画館ではその予約済みチケットを発見するだけの手続きとなります。 その手続きには、「 e席リザーブ」の専用IDを持っていればログインして手続きを続けることもできますし、もし持っていないのであれば改めて専用IDを作るか、登録せずにチケットだけ購入するかを選べます。 今回はオンライン購入で、e席リザーブ会員登録はせずにチケットだけ購入をしてみました。 続けて映画を観る映画館の場所を選択します。 観たい映画と上映時間を確認の上、さらに選択をします。 ドコチュー割引の表示がされ、金額も割引後の金額がしっかり出てきます。 さらにdポイントを使うのか貯めるのかの選択ができます。 dポイントを利用して映画を観る場合には、dポイントは貯まりませんが、クレジット決済で観る場合にはdポイントが貯まります(100円に1ポイント)。 当然dカード GOLDをここで決済に利用すればその分の決済ポイント(1%)も貯まります。 これで予約購入は完了です。 申し込み時に情報入力したメールアドレスあてに、完了通知メールが送られてきます。 メールの本文にQRコードが記載されていますので、あとは、際に予約した映画館に足を運び、入場前に劇場ロビーに設置された発券機からQRコードを利用して発券し、入場します。 イオンシネマでチケットを発券する方法 予約購入が完了したら、場所をイオンシネマに映します。 当然のことですが、指定した映画館でしか利用できませんので、購入する際に会場を間違わないように注意しましょう。 映画館のロビーに設置されている発券機をまずは探してみましょう。 初めて利用しましたが、まったく難しいということもありませんでした。 予約番号、またはQRコードいずれかを選択し、チケット発券手続きを進めていきます。 予約した枚数、名前、ドコチュー割引による合計金額などが表示されますので、間違いなければそのまま発券します。 私は今回dポイントを利用せずに貯めることを選びました。 決済はdカード GOLDで実施しています。 そのため、チケットと一緒に「クレジット利用明細」と「dポイント取引明細」が同時に発券されました。 dポイント取引明細には、利用ポイント(今回はゼロ)と今回獲得予定のdポイント(11P)も記載されています。 これで無事すべて手続きは完了です。 チケットをもって映画館劇場内に入って映画を観るばかりです。 イオンシネマでのdカード GOLDとドコチュー割引のお得まとめ 今回e席リザーブを利用したオンライン購入だったため、当然席が取れないということもなく、希望の日時と場所を選択できて非常に便利でした。 特に火曜日はドコモチューズデーが実施されることもあり、ドコモユーザーの人気は高いはずなので、オンライン予約購入をしておけば間違いないと思います。 良い席を優先して選ぶこともできます。 料金は通常の1800円から700円引きの1100円、2名まで利用できますので二人で行けば2200円です。 この料金に対して、貯まっているdポイントを充てることもできますし、充てなければクレジットカード払い(dカード GOLD払い)をすることでポイントをさらに貯めることができます。 二人でドコチュー割引利用なら、2200円で22P貯まります。 dカード GOLD決済利用で、そちらのポイントも全く同じ22P獲得です。 さらに、dカード GOLDを利用することで、 年間利用額特典を獲得するための利用金額を積み上げることにもなります。 すべてが関連づいてお得になっていきます。 いいことづくめですね。 ちなみに、火曜日以外にイオンシネマで映画を観た場合でも、dポイントを貯めたり利用したりすることはできますし、dカード GOLDで決済することもできます。 イオンシネマでは他にもハッピーファーストやハッピーマンデー、年齢や時間帯での割引など様々な割引が実施されていますので、同時に活用しながら最大限お得に映画を楽しみましょう。 dポイントを貯めるためにdカード GOLDを準備 もしまだ dカード GOLDを持っていない、という場合には、とりあえずdポイントカードを手に入れて利用者情報登録を実施した上でdポイントを貯めていくことはできます。 ただ、 ポイントの獲得効率を考えると、ドコモユーザーであれば確実にdカード GOLDを所有した方がお得なので、早めに申し込みをして利用するようにしましょう。 積極的にdカード GOLDを利用していくことによって、年間利用額を積み上げることができ、最終的に年間100万円、200万円の利用を達成することができたなら、 年間利用額特典を獲得することもできますし、当然dポイントは利用した分獲得できて非常にお得です。 関連記事:「」.

次の

【イオンシネマ】クレカ払いで映画料金割引!e席リザーブでも!

イオンシネマ d払い

電子マネー WAON WAON以外の電子マネーは(国際ブランド付与型電子マネーを除き)一切使用出来ない。 交通系電子マネー 使えない 相性の良い電子マネー WAON イオンシネマのチケットカウンター、コンセッション(飲み物などを買う所)、グッズ売り場で使える。 おすすめクレジットカード イオンカード(ミニオンズ) イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円。 貯まりやすいポイント "ミタ"ポイント、dポイント、WAON POINT ミタポイントは年会費400円のワタシアタープラス会員限定で貯まるポイントで6個集めると無料クーポン(ミタクーポン)と引き換え可能。 dポイントは100円で1ポイント貯まり、100ポイント=100円で利用可能。 WAON POINTは200円で1ポイント貯まり1ポイント1円で利用可能。 現金いらず得点 4. 1点(5点満点中) 使える電子マネーの種類がWAONのみなのと、AMEXブランドが使えないのが残念。 公式HP 概要• イオンシネマで使える電子マネー イオンシネマでは イオングループの電子マネーのWAONが支払いに使えます。 店頭でチケットを購入する際にも、飲み物を購入するコンセッションでも、映画館に併設されているチケット専用端末(発券機)でも、物販購入時に使用可能です。 WAON POINTは2019年7月からいつでもポイント2倍になっているので、200円で2WAON POINTが貯まります(会員登録済みWAONの場合)。 ポイントが基本2倍になったため、5日、15日、25日のお客さまわくわくデーではWAONで支払ってもポイント還元率は変わりません。 その他、楽天Edy、nanaco、iD、QUICPayといった電子マネーは使えません(イオンでは使えても、イオンシネマでは使えない)。 au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、LINE Payカードはクレジットカード扱いでオンライン(e席リザーブ)、チケットカウンター共に使えます。 VISA、MasterCard、JCB、Dinersのクレジットカードは使えるのですが、 アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードだけは使えないのでご注意ください。 また、 グッズ売り場や ポップコーンや飲み物を購入するコンセッションでもクレジットカードが使えます。 ポイントカードの発行手数料ではクレジットカードは使えません。 イオンシネマでおすすめのクレジットカード イオンシネマでおすすめのクレジットカードはイオンカード(ミニオンズ)です。 このカードで管理画面のMyPageからイオンシネマのチケットを購入すれば 映画料金がいつでも1,000円になります。 その他、イオンカード(ミニオンズ)ほどではありませんが、他のイオンカード(イオンカードセレクト、コスモ・ザ・カード・オーパス、スポーツオーソリティカード、ワタミふれあいカードなど)を使っても、 いつでも映画料金が300円割引になります(一般料金(1800、1700円以上から)。 また、 毎月20日と30日のイオングループのお客さま感謝デーには映画代金が1,100円になります(食品などの5%オフよりもお得)。 クレジットカードのイオンカードを何かしらの理由で作れない方でもイオン銀行のキャッシュ&デビットというデビットカード機能付きキャッシュカードでも20日、30日の優待は効くのでおすすめです。 オンラインチケット購入のe席リザーブの場合はクレジットカード払い(及び国際ブランド付きデビット、プリペイド)のみとなります(こちらもAmerican Expressは使えない)。 イオンシネマで使える商品券・ギフトカード イオンシネマではJCBギフトカードやVISA(VJA)ギフトカードなどの クレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。 またイオンが発行しているイオンギフトカードも使えません(イオンギフト券は使用可)。 イオンの商品券は利用可能です。 イオンシネマ独自のギフトカードであるシネマギフトなら、ポップコーンとドリンク(各Sサイズ)と映画1本が付いています。 イオンシネマのポイントサービス・会員サービス イオンシネマでは会員サービスとしてワタシアターが提供されています。 クーポンが提供されたり、e席リザーブの入力が簡単になったり、鑑賞履歴を確認できたりします。 年会費無料で利用できる ワタシアターライト会員と 年会費や更新日が年間400円(税込)かかるワタシアタープラス会員の2種類があります。 ワタシアタープラス会員限定でミタクーポンという制度が用意されており、有料で観ると1ミタが貯まり、2ミタで1,300円で鑑賞できるクーポン、 6ミタで無料クーポンと交換できるという仕組みです。 大人なら2回観れば、年会費の元は取れることになります。 ミタクーポンを手に入れるためにはワタシアターの会員ページでログインしてe席リザーブから予約するかチケット窓口で会員証を提示する必要があります。 イオンシネマではdポイントが貯まる・使える イオンシネマでは独自のポイントの他に、docomoのdポイントが貯まるし、使えます。 100円で1ポイントが貯まり、100ポイント=100円でイオンシネマの料金の支払いでも利用可能です。 dポイントはオンライン予約のe席リザーブでも貯まるし使えます。 ただし、 WAON POINTとの併用は不可。 dポイントを貯める際には、 常時300円オフになるイオンカード払いはdポイント付与の対象外です。 その他、電子マネーのWAONでの購入時、前売り券、ムビチケでの購入、ACチケットでの購入時にもdポイント付与の対象外となります。 ご注意ください。 dポイントを使う際には、電子マネーのWAONで支払うときのみdポイントでの支払いは併用できません(イオンカードで支払うときにはdポイントの併用は可能になっています)。 dポイントクラブ会員なら毎週火曜日がお得 dポイントクラブサイト内で発行されているスペシャルクーポンを利用すれば、 毎週火曜日はdocomoチューズデーで映画鑑賞料金が1,100円になるので、dポイントを貯めていない方でも登録しておきたいところです。 イオンシネマではWAON POINTが貯まる・使える イオンシネマではイオンが発行するWAON POINTが貯まるし、使えます。 200円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用可能です。 グッズ販売店でも使えます。 イオンカード、dポイントカード提示時、dカードなどでの支払い時にはポイントは貯まりません。 また、 dポイントと違って、e席リザーブでの支払い時には貯まらないし、使えません。 イオンオーナーズカードの特典 イオンオーナーズカードはイオンの株を100株以上保有している方に提供される株主優待です。 さらに映画鑑賞券を買えば、ポップコーンか飲み物の引換券も貰えます。 当然その他優待との併用は出来ませんが、お客さま感謝デーやDocomoチューズデーなどの割引よりもお得です。 イオンをお使いの方ならWAONやクレジットカードのイオンカード各種をお持ちの方も多いと思いますので現金いらずで映画を観ることが出来ます(QUICPayやiDなども使えたら嬉しい・・・)。

次の

【スマホ決済】d払いはコジマで使える?ポイントは?

イオンシネマ d払い

「ドコモの決済サービス」と言えば「d払い」と「iD払い」。 「聞いたことはあるけれど、違いがよくわからない…」という人もいるのでは?さまざまな決済サービスがある中、自分にとって使いやすい決済サービス選びと「お得」を見極めるために役立つ情報をわかりやすく比較ました。 d払いとiD払いって結局何ですか? 新しい決済サービスが続々と登場しています。 同じサービス事業者から、複数の「決済サービス」が登場することもあり、「全然ついていけない…」と諦めてしまう人も増えているようです。 ドコモにも2018年4月からスタートした「d払い」と、2005年12月からサービス継続している「iD払い」があります。 「名前が似ているけど結局何が違うの?」と悩んでいる人に、それぞれのサービスの特徴と「自分だったらどちらを使う?」と考えるためのポイントをひとつずつ比較しました! d払いとは? d払いは、ネットはもちろん街のお店での買物時に、バーコードやQRコードを表示して読み取る「バーコード決済サービス」のことです。 d払いはクレジットカード(dカード含むVISA、Master、American Express、JCB)」のほかにも「電話料金合算払い」「ドコモ口座」「dポイント」残高からの充当が利用可能で、支払方法の選択肢がさらに広がっています。 iD払いとは? すでに10年以上多くの人に利用されている「iD(アイディ)」は、ドコモが提供する「ケータイクレジットブランド」としてスタートしました。 店舗でiD払い専用の読み取り端末におサイフケータイをかざすだけで、サインなしでクレジット決済を可能にしたことが画期的でした。 今ではドコモ回線ユーザーだけでなく、おサイフケータイ対応機種とApple Pay対応デバイスならポストペイ型・プリペイド型・デビット型を選んで使えるように進化しています。 それぞれの支払い方法とメリット・デメリットをご紹介します。 d払いの支払い方法 無料でダウンロードした「d払い」アプリにログインして、スマホに表示されるバーコードやQRコードをお店の人に読み取ってもらうか、お店の人に提示されたバーコードやQRコードをスマホで読み取って金額を入力して支払いをします。 【メリット】 スマホにロックをかけておけばアプリを開くことができないので、紛失時の不正利用を防ぐことができます。 【デメリット】 「アプリを開く」というひと手間が必要です。 また画面が割れていたり、電源がオフの状態だったりした場合は使えません。 【メリット】 支払いの時電源をオフにしていても、電波の受信状況が悪くても支払いができます。 【デメリット】 かざすだけで決済ができてしまうのは手軽な反面、携帯を紛失した際に不正利用されるかもしれないというデメリットにもなります。 心配な時は「おサイフケータイロック」を設定しておきましょう。 おサイフケータイロックは、おサイフケータイアプリから設定を行います。 ロックをするとかざしても支払いができないため、自分でiD払いをする際には一旦ロックを解除してから支払います。 iPhoneの場合は前述したように、本人認証を行うため電源オフの状態では利用できないため紛失時の不正利用防止ができます。 \d払いにお得なクレジットカードはこちら/ 使えるお店はどっちが多い? 確認したいのは、「使えるお店の多さ」。 自分のよく使うお店がどちらに対応しているかはとても重要ですよね。 使えるお店のリストは随時更新されているので、ときどきチェックしてみるのがおすすめです! d払いが使えるお店 d払いを使えるお店はホームページ上で公開されています。 もちろん、これからもどんどん増える見込みです!2020年2月現在は、たとえば以下のお店で使えます。 郵便局、ビッグエコー、ガスト、フレッシュネスバーガー、ビッグカメラ、トイザらス、IKEA、ウエルシア、サミット、高島屋、ワコール・ザ・ストアなど iD払いが使えるお店 「iD」が使える端末は2019年12月現在、なんと全国に106. 4万台以上!いつものコンビニやお買い物はもちろん、大きなお札を出しにくいタクシー料金まで、全国で使われています。 たとえば以下のお店で使えます。 ウエルシア、イオン、牛角、ガスト、マクドナルド、コメダ珈琲店、魚民、RIZAP、ドン・キホーテ、ビッグカメラ、紀伊國屋書店、TSUTAYA、富士急ハイランド、エネオス、成田空港など ポイント還元率の違いは? ポイント還元率も気になりますよね。 d払いにしろiD払いにしろ、どちらもキャンペーンやイベントが随時開催されているので、ホームページなどをときどきチェックしてみるといいでしょう。 d払いのポイント還元率 実店舗でのお支払いなら200円につき1ポイント、ネットでの支払いなら100円につき1ポイントの 「dポイント」が貯まります。 iD払いのポイント還元率 iD払いは、支払いタイプにより還元率や貯まるポイントが異なります。 自分が利用する支払いタイプの還元率=iD払いを利用した際の還元率になると考えればいいでしょう。 支払いは3タイプあるので、それぞれの還元率を見てみましょう。 ・ポストペイ型 クレジットカードの機能をそのままiDに搭載して利用するのがポストペイ型。 iD対応のクレジットカード会社は70社以上ありますが、たとえば「dカード」なら、100円につき1ポイントの「dポイント」が貯まります。 ほかにも「オリコカード ザ ポイント」なら100円で1オリコポイントが貯まり、さらに入会後6ヵ月間はポイント還元率は2倍になります。 ・プリペイド型 事前にチャージして使用するのがプリペイド型。 支払い方法は4種類ありますが、携帯に対応しているのはソフトバンクカード、dカードプリペイド、メルペイの3つ。 たとえば、dカードプリペイドなら、200円で1ポイントの「dポイント」が貯まります。 ・デビット型 口座の残高から支払うデビット型。 方法はSMBCデビット、GLOBAL PASSの2種類ですが、たとえばSMBCデビットなら200円で1ポイントのSMBCポイント付与、あるいは400円で1円のキャッシュバックを選択できます。 d払いはクレジットカードがなくても使える! d払いは支払い方法の選択肢が多い 冒頭でも説明したように、d払いの支払いにはクレジットカード、電話料金合算払い、ドコモ口座、dポイント残高からの充当などいろいろな方法があります。 支払い方法にいくつかの選択肢があるので、クレジットカードを持っていない人やスマホにクレジットカード情報を登録したくない人も利用できます。 電話料金合算払いができるのはドコモユーザーのみですが、電話料金と一緒に支払うことができれば、支出管理もしやすくなります。 また、アマゾンでの買い物に対応しているのは電話料金合算払いのみです。 カード情報を入力せず買い物ができるので、外出先でも手軽にショッピングを楽しめます。 ドコモ口座支払いについても、ドコモユーザーのみが利用できます。 ドコモ口座の残高の範囲内で支払いに充当することができます。 dポイント残高の充当は、ドコモユーザーに限らず利用できます。 1ポイントから充当できるので、 貯まったdポイントを無駄にすることなく、消費できます。 消費税増税のポイント還元の対象なのはどっち? 2020年6月までキャッシュレスポイント還元事業が実施されています。 d払いはもちろん、ポイント還元事業の対象です。 2019年11月8日時点で、登録されている決済事業者数は1068社もあります。

次の