ケリー ファンク。 第716話“首領・チンジャオ”ジャケジャケの実ケリー・ファンク!追剥のジャンの狙い!ルフィ対チンジャオ!

ザ・ファンクス

ケリー ファンク

概要 [ ] かつての日本のプロレス界では、外人レスラーは(悪役)というのが定番の図式だったが、ファンクスは全日本プロレスに参戦していた1970年代中盤から(善玉)的な役回りとなり、日本人レスラー側に立つことも多くなった。 ザ・ファンクスと対抗するヒールはとで、両者の対決は全日本プロレスの目玉カードになっていった。 この対決が一躍大人気を得たのは1977年のの最終戦。 ブッチャー組がを持ち出してファンクスを血まみれにする猛攻、ブッチャーとシークが二人がかりでドリーを痛めつけているところにテリーが救出に入るシーンはファンの感動を呼び、日本プロレス史に残る名場面となった。 日本では若い女性を中心に大変な人気を得ており、二人を応援しようと女性ファンを中心としたも結成され、全日本プロレスのリングサイドにはまで登場した。 前後には「全日本のエースは・でなくファンクス。 新日本と全日本の人気の差はとファンクスの差」(の自伝での回想より)といわれるほどの人気を博し、に復活したの新王者は馬場でも鶴田でもなくドリーであり、初防衛戦の相手は弟テリーであった。 しかしこの頃から、スタン・ハンセンの新世代に押されるようになり、のでは、最終戦でハンセン&ブロディのに叩きのめされて勝ち(ハンセン・ブロディが合体攻撃によりレフェリーのに反則を取られる、乱闘を止めに入ったセコンドに対してもウエスタン・ラリアットの洗礼を浴びせるなど大暴れして悠然と引き上げたミラクルパワーコンビに対し、ファンクスは2人ともグロッキー状態)を拾って優勝という屈辱的なシーンも見られた。 この衰退の一因にテリーのの故障があり、それを理由にテリーはのを宣言。 1983年8月31日に行われたテリーはファンクス人気の集大成となった感動的な興行となった。 にハンセン、ブロディとの遺恨や膝の回復からテリーは現役復帰するが、テリー引退以前のような熱狂的なファンクス人気は戻ってこなかった。 アメリカでは地元のにて、の父の死去後に同地区のプロモート権を引き継ぎ、まで NWAウエスタン・ステーツ・スポーツを主宰していた。 また、にはでも兄弟タッグを結成。 テリーが膝を負傷してWWFを離脱した際は、ドリーが ジミー・ジャック・ファンクというレスラーを引き連れて新生ファンクスを組んだこともある。 ジミーの正体は、当時ドリーが目をかけていたである。 なお、WWFでは・のヒール・ユニットとして「ダブルクロス・ランチ(裏切り牧場)出身」と紹介されていた。 その後、はやなどに単発参戦し、11月にはの10周年記念興行に来日。 には揃ってに迎えられている。 略歴 [ ]• 8月、ファンクスとしては日本初登場()。 ・組のに挑戦するも敗退。 12月、馬場・猪木組を破りを獲得。 よりに参加。 12月、で優勝。 との2度、で優勝。 、テリーの引退で一旦チーム解散。 、テリー現役復帰、チーム再結成。 、ファンクスとして最後の最強タッグ参加。 、無我興行、興行で参戦。 、入り(インダクターは)。 、22年ぶりにファンクスとして全日本プロレスに来日。 両国国技館で、渕正信、西村修組と20分1本勝負で戦う。 結果は時間切れ。 獲得タイトル [ ]• (版) : 2回• NWA世界タッグ王座(版) : 1回• NWA北米タッグ王座(版) : 1回• NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回• NWA・タッグ王座 : 1回• SCW世界タッグ王座 : 1回• : 3回• 優勝: 1回• 優勝 : 2回• 備考 [ ]• テリーの現役復帰による再結成以降には、や、・組との対戦も実現した。 入場テーマ曲は、日本のロックバンド "" 演奏の『』。 日本では、父の、若手時代にアマリロ地区で活動したスタン・ハンセンや、日本でテリー・ファンクの弟分として売り出されたらを含めて、 ファンク一家と呼ぶこともある。 必殺技のスピニング・トーホールドを「ファンク一家の伝家の宝刀」と称することも。 合体攻撃として、ロープに振ってからのがあった。 入場時に『テキサス・ラッキーコイン』というオリジナルのを会場に投げ入れていた時期もある。 関連項目 [ ]• - ファンクスのドリーとテリーは史上唯一の「兄弟揃っての」である。 脚注 [ ] []• Wrestlingdata. com. 2014年2月16日閲覧。 Cagematch. net. 2014年2月16日閲覧。 日刊スポーツ2013. 28 外部リンク [ ]•

次の

ファンク兄弟

ケリー ファンク

概要 [ ] かつての日本のプロレス界では、外人レスラーは(悪役)というのが定番の図式だったが、ファンクスは全日本プロレスに参戦していた1970年代中盤から(善玉)的な役回りとなり、日本人レスラー側に立つことも多くなった。 ザ・ファンクスと対抗するヒールはとで、両者の対決は全日本プロレスの目玉カードになっていった。 この対決が一躍大人気を得たのは1977年のの最終戦。 ブッチャー組がを持ち出してファンクスを血まみれにする猛攻、ブッチャーとシークが二人がかりでドリーを痛めつけているところにテリーが救出に入るシーンはファンの感動を呼び、日本プロレス史に残る名場面となった。 日本では若い女性を中心に大変な人気を得ており、二人を応援しようと女性ファンを中心としたも結成され、全日本プロレスのリングサイドにはまで登場した。 前後には「全日本のエースは・でなくファンクス。 新日本と全日本の人気の差はとファンクスの差」(の自伝での回想より)といわれるほどの人気を博し、に復活したの新王者は馬場でも鶴田でもなくドリーであり、初防衛戦の相手は弟テリーであった。 しかしこの頃から、スタン・ハンセンの新世代に押されるようになり、のでは、最終戦でハンセン&ブロディのに叩きのめされて勝ち(ハンセン・ブロディが合体攻撃によりレフェリーのに反則を取られる、乱闘を止めに入ったセコンドに対してもウエスタン・ラリアットの洗礼を浴びせるなど大暴れして悠然と引き上げたミラクルパワーコンビに対し、ファンクスは2人ともグロッキー状態)を拾って優勝という屈辱的なシーンも見られた。 この衰退の一因にテリーのの故障があり、それを理由にテリーはのを宣言。 1983年8月31日に行われたテリーはファンクス人気の集大成となった感動的な興行となった。 にハンセン、ブロディとの遺恨や膝の回復からテリーは現役復帰するが、テリー引退以前のような熱狂的なファンクス人気は戻ってこなかった。 アメリカでは地元のにて、の父の死去後に同地区のプロモート権を引き継ぎ、まで NWAウエスタン・ステーツ・スポーツを主宰していた。 また、にはでも兄弟タッグを結成。 テリーが膝を負傷してWWFを離脱した際は、ドリーが ジミー・ジャック・ファンクというレスラーを引き連れて新生ファンクスを組んだこともある。 ジミーの正体は、当時ドリーが目をかけていたである。 なお、WWFでは・のヒール・ユニットとして「ダブルクロス・ランチ(裏切り牧場)出身」と紹介されていた。 その後、はやなどに単発参戦し、11月にはの10周年記念興行に来日。 には揃ってに迎えられている。 略歴 [ ]• 8月、ファンクスとしては日本初登場()。 ・組のに挑戦するも敗退。 12月、馬場・猪木組を破りを獲得。 よりに参加。 12月、で優勝。 との2度、で優勝。 、テリーの引退で一旦チーム解散。 、テリー現役復帰、チーム再結成。 、ファンクスとして最後の最強タッグ参加。 、無我興行、興行で参戦。 、入り(インダクターは)。 、22年ぶりにファンクスとして全日本プロレスに来日。 両国国技館で、渕正信、西村修組と20分1本勝負で戦う。 結果は時間切れ。 獲得タイトル [ ]• (版) : 2回• NWA世界タッグ王座(版) : 1回• NWA北米タッグ王座(版) : 1回• NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回• NWA・タッグ王座 : 1回• SCW世界タッグ王座 : 1回• : 3回• 優勝: 1回• 優勝 : 2回• 備考 [ ]• テリーの現役復帰による再結成以降には、や、・組との対戦も実現した。 入場テーマ曲は、日本のロックバンド "" 演奏の『』。 日本では、父の、若手時代にアマリロ地区で活動したスタン・ハンセンや、日本でテリー・ファンクの弟分として売り出されたらを含めて、 ファンク一家と呼ぶこともある。 必殺技のスピニング・トーホールドを「ファンク一家の伝家の宝刀」と称することも。 合体攻撃として、ロープに振ってからのがあった。 入場時に『テキサス・ラッキーコイン』というオリジナルのを会場に投げ入れていた時期もある。 関連項目 [ ]• - ファンクスのドリーとテリーは史上唯一の「兄弟揃っての」である。 脚注 [ ] []• Wrestlingdata. com. 2014年2月16日閲覧。 Cagematch. net. 2014年2月16日閲覧。 日刊スポーツ2013. 28 外部リンク [ ]•

次の

ザ・ファンクス

ケリー ファンク

概要 [ ] かつての日本のプロレス界では、外人レスラーは(悪役)というのが定番の図式だったが、ファンクスは全日本プロレスに参戦していた1970年代中盤から(善玉)的な役回りとなり、日本人レスラー側に立つことも多くなった。 ザ・ファンクスと対抗するヒールはとで、両者の対決は全日本プロレスの目玉カードになっていった。 この対決が一躍大人気を得たのは1977年のの最終戦。 ブッチャー組がを持ち出してファンクスを血まみれにする猛攻、ブッチャーとシークが二人がかりでドリーを痛めつけているところにテリーが救出に入るシーンはファンの感動を呼び、日本プロレス史に残る名場面となった。 日本では若い女性を中心に大変な人気を得ており、二人を応援しようと女性ファンを中心としたも結成され、全日本プロレスのリングサイドにはまで登場した。 前後には「全日本のエースは・でなくファンクス。 新日本と全日本の人気の差はとファンクスの差」(の自伝での回想より)といわれるほどの人気を博し、に復活したの新王者は馬場でも鶴田でもなくドリーであり、初防衛戦の相手は弟テリーであった。 しかしこの頃から、スタン・ハンセンの新世代に押されるようになり、のでは、最終戦でハンセン&ブロディのに叩きのめされて勝ち(ハンセン・ブロディが合体攻撃によりレフェリーのに反則を取られる、乱闘を止めに入ったセコンドに対してもウエスタン・ラリアットの洗礼を浴びせるなど大暴れして悠然と引き上げたミラクルパワーコンビに対し、ファンクスは2人ともグロッキー状態)を拾って優勝という屈辱的なシーンも見られた。 この衰退の一因にテリーのの故障があり、それを理由にテリーはのを宣言。 1983年8月31日に行われたテリーはファンクス人気の集大成となった感動的な興行となった。 にハンセン、ブロディとの遺恨や膝の回復からテリーは現役復帰するが、テリー引退以前のような熱狂的なファンクス人気は戻ってこなかった。 アメリカでは地元のにて、の父の死去後に同地区のプロモート権を引き継ぎ、まで NWAウエスタン・ステーツ・スポーツを主宰していた。 また、にはでも兄弟タッグを結成。 テリーが膝を負傷してWWFを離脱した際は、ドリーが ジミー・ジャック・ファンクというレスラーを引き連れて新生ファンクスを組んだこともある。 ジミーの正体は、当時ドリーが目をかけていたである。 なお、WWFでは・のヒール・ユニットとして「ダブルクロス・ランチ(裏切り牧場)出身」と紹介されていた。 その後、はやなどに単発参戦し、11月にはの10周年記念興行に来日。 には揃ってに迎えられている。 略歴 [ ]• 8月、ファンクスとしては日本初登場()。 ・組のに挑戦するも敗退。 12月、馬場・猪木組を破りを獲得。 よりに参加。 12月、で優勝。 との2度、で優勝。 、テリーの引退で一旦チーム解散。 、テリー現役復帰、チーム再結成。 、ファンクスとして最後の最強タッグ参加。 、無我興行、興行で参戦。 、入り(インダクターは)。 、22年ぶりにファンクスとして全日本プロレスに来日。 両国国技館で、渕正信、西村修組と20分1本勝負で戦う。 結果は時間切れ。 獲得タイトル [ ]• (版) : 2回• NWA世界タッグ王座(版) : 1回• NWA北米タッグ王座(版) : 1回• NWAフロリダ・タッグ王座 : 1回• NWA・タッグ王座 : 1回• SCW世界タッグ王座 : 1回• : 3回• 優勝: 1回• 優勝 : 2回• 備考 [ ]• テリーの現役復帰による再結成以降には、や、・組との対戦も実現した。 入場テーマ曲は、日本のロックバンド "" 演奏の『』。 日本では、父の、若手時代にアマリロ地区で活動したスタン・ハンセンや、日本でテリー・ファンクの弟分として売り出されたらを含めて、 ファンク一家と呼ぶこともある。 必殺技のスピニング・トーホールドを「ファンク一家の伝家の宝刀」と称することも。 合体攻撃として、ロープに振ってからのがあった。 入場時に『テキサス・ラッキーコイン』というオリジナルのを会場に投げ入れていた時期もある。 関連項目 [ ]• - ファンクスのドリーとテリーは史上唯一の「兄弟揃っての」である。 脚注 [ ] []• Wrestlingdata. com. 2014年2月16日閲覧。 Cagematch. net. 2014年2月16日閲覧。 日刊スポーツ2013. 28 外部リンク [ ]•

次の