教師 仕事 内容。 小学校教師の仕事内容9個の業務。勉強を教えるだけじゃない?!他にもある先生の仕事。【ジョブール】

小学校教師の仕事内容

教師 仕事 内容

中学校教師は、各教師が専門の科目を受け持ち、授業を行います。 テストの作成と採点、部活の指導、学校行事の準備、進路指導など業務内容は多岐にわたり、事務作業も数多くあります。 また、思春期で精神的に不安定になりがちな生徒の、よき相談相手となり、中学校生活をサポートをしていく役目も担っています。 中学校教師になるためには、教職課程のある学校で教職課程を修了し、中学校教員免許を取得したのち、教員採用試験に合格することが必要です。 採用数が多い都市部は採用倍率が低く、逆に地方は採用倍率が高い傾向があります。 公立の学校での勤務の場合、公務員となるため、待遇は安定していますが、部活などで土日に出勤しなければならないという一面もあります。 中学校教師は、中学校で各専門教科の授業を行うほか、生活指導やクラブ活動の指導、学校行事の運営などを行う仕事です。 担任を持った場合は、一年かけてひとつのクラスを見守っていくことになります。 また、担任ではなく副担任という立場で、クラス運営に携わるケースもあるでしょう。 授業に関しては科目ごとに行われるため、担当するクラス以外も受け持つことになります。 中学生は多感な時期であるため、生徒一人ひとりの個性を尊重しつつ、進路や人間関係などに不安を抱える生徒たちに、心のケアを行うことも大事な仕事です。 教材の準備やテスト作成、保護者との面談などは、生徒が登下校する前後の時間に行うことが多いため、勤務時間は長くなる傾向にあります。 中学校教師の勤務時間は明確に定められていますが、実際には多くの教師が、その時間を超えて働いています。 中学校教師がおこなう業務は、授業以外にも提出物のチェック、テストの採点、プリントなど配布物の作成、授業準備などさまざまなものがあります。 さらに、職員会議への出席や、校務分掌(校内の役割分担)に従って行事の準備をしたり、部活動の練習試合の手配をしたりといった業務もあり、非常に忙しく働く人が多いです。 <公立中学校で働く中学校教師の1日> 7:30 出勤 8:00 職員同士での朝の打ち合わせ 8:30 ホームルーム後、未連絡で欠席している生徒宅へ連絡 8:50 午前の授業開始 12:00 生徒たちと一緒に給食の準備・後片付け 13:00 午後の授業開始 15:00 授業の空き時間で事務作業 16:00 部活動の指導 18:00 授業準備、宿題チェックなどの残務を片付ける 20:30 キリのいいところで退勤.

次の

中学校教師とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!【ジョブール】

教師 仕事 内容

の仕事とは 日本語教師は、日本語を母語としない人(おもに外国人)に「日本語」を教える仕事です。 日本語教師は中学校や高校などで「国語」を教える教師とは異なり、国内外の日本語学校・スクールなどで、外国人に外国語としての日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。 日本語を学ぶ生徒の国籍、言語、文化はさまざまです。 また、ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、日本語を学ぶ動機や目的・目標など、生徒の背景もそれぞれ違います。 そういう生徒たちに対して、日本語教育をどう進めていくのかを考え、指導を行っていきます。 さらに日本語そのもの以外にも、日本の生活習慣や文化などを正しく伝えることで、より日本に興味を持ってもらったり、日本語の学習効果を高めたりすることも大事な役割です。 日本語教師の業務の内容 授業の内容を考える 「日本語を教える」といっても、ただ授業をする時間だけが日本語教師の仕事ではありません。 授業をするには、まず、生徒の学習歴や日本語のレベル、目的などについての情報を集めて分析する必要があります。 それを基して学習目標やテキストを選び、教育計画を立てます。 このようなコース全体の計画を立てることを「コースデザイン」といいます。 コースデザインが決まったら、カリキュラムを作成し、授業ごとに事前準備を行います。 教材は、教師がオリジナルのものを考えて作ることもありますし、勤務先の学校・スクールが用意するものを用いることもあります。 授業をする 授業は、生徒が複数人に対して教える「集団指導」と、マンツーマンでの「個別指導」の2種類があります。 集団指導の場合、多ければ10人以上の生徒に対して同時に指導をすることになるため、楽しく前向きに授業に臨んでもらえるように、教室全体のよい雰囲気を作り上げることも大事です。 ときにクイズやグループワークなども取り入れながら、生徒同士が刺激を与え合うことで、より学習効果が高まることもあります。 一方、個別指導では、生徒のレベルや理解度を確認しながら、より細かい指導をしていくことができます。 一人ひとりの生徒に寄り添いやすいスタイルです。 なお、日本人は普段、日本語を意識せずに使いますが、外国人に日本語を教えるためには語彙や文法などの専門的な知識はもちろん、確かな指導スキルが必要となります。 「生徒はどこにつまづきやすいのか」や「集中力を保ってもらうにはどんな問いかけをすればいいのか」など、教師自身、「指導」という実践の場によって得られる気付きや学びもたくさんあります。 授業以外の仕事もある 授業以外の時間には、次の授業の準備だけでなく、宿題のチェックやテストの採点業務などもおこないます。 生徒が授業内容をきちんと理解できているかを確認し、必要があればフォローアップの内容も考えていきます。 また、常勤で働く日本語教師の場合は、学校運営のための業務(学校説明会の準備や進行、生徒のカウンセリングなど)を任されることもあります。 このような業務は、授業以外の時間を使っておこなわなくてはならず、やることは山ほどあります。 日本語教師の役割 日本語教師は、日本語を母語としない人(おもに外国人)に「日本語」を教える語学の教師です。 「国語」を教える教師ではなく、国内外の日本語学校・スクールなどで、外国人に外国語としての日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。 日本語を学ぶ生徒の国籍、言語、文化はさまざまです。 また、ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、日本語を学ぶ動機や目的・目標など生徒の背景もそれぞれ違います。 日本語教師は、そういう生徒たちに対して日本語教育をどう進めていくのかを考え、指導を行っていきます。 また、言葉を正しく使うには、その言葉が話される国や地域の特性を理解する必要もあります。 そのため、授業やレッスンのなかでは、日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーなどを伝えていくことも、日本語教師の役割といえます。 日本語教師の勤務先の種類 日本語教師が働く場は世界中にあります。 日本国内であれば、留学生を対象として大学や民間の日本語学校・スクールで教える人が多く、また、ビジネスマンやその家族を対象にした日本語教室などで授業を受け持つ人もいます。 海外では、小・中・高校や大学の日本語学科、民間の語学学校などがありますし、個人で教えている人もいます。 また、ボランティアとしての日本語教師の需要も大きく、途上国などにおける においても、日本語教師が活躍しています。 各勤務先における具体的な仕事内容は、学習者のニーズにより多様です。 ビジネスマン相手の日本語コースにはビジネスに必要な日本語の指導を中心におこない、大学で働く場合は論文指導など、より専門的な指導をすることもあります。 また、子どもたちに教えるときには、折り紙や日本の歌を紹介しながら楽しんで日本語に触れてもらえるようにするなど、日本語教師の指導内容は、学習者によって柔軟に対応していくことが求められます。 授業の準備からスタート 日本語教師の仕事の流れは、勤務先や働き方によっても多少変わってきますが、大きくは以下のようになるでしょう。 まず、担当する授業が決まったら、その授業を受ける生徒の属性や状況について把握します。 年齢や国籍、日本語のレベル、現在の生活環境などについて、できる限り理解することで、一人ひとりに合った指導がしやすくなります。 そして、具体的に教案(授業の内容)を考えていきます。 授業は基本的に1回で完結するわけではなく、半年なら半年、1年なら1年といった時間の中でカリキュラムを組み立て、授業のたびに理解が深まり、スキルアップできるようなものにする必要があります。 また、前回の授業で生徒が特別に苦手にしているポイントがあれば復習の時間を多めに設けたり、フォローアップを積極的におこなったりするなど、内容は臨機応変に調整していくこともあります。 授業から授業後まで 授業では、事前に考えた教案に基づいて指導を進めていきます。 教え方のスタイルは教師によっても多少違いが出てきますが、限られた時間でより理解を深めてもらうため、テストを実施したり、宿題や課題を出したりすることもあります。 授業が終わると、日本語教師はテストの採点や宿題のチェックなどをし、生徒が正しく授業を理解できているかを改めて確認します。 また、個別で生徒からの学習・進路相談や生活上の悩みなどにのったりすることもあります。 このように、日本語教師は、授業そのものの時間以外にやるべきこともたくさんあります。 日本語教師と関連した職業 日本語教師と国語教師の違い 日本語教師と似たような職業として捉えられることがあるのが、国語教師です。 どちらも「日本語を扱う」という点では共通していますが、両者には大きな違いがあります。 そのひとつは、日本語教師が外国人のような日本語を母国語としない人に対して日本語を教えるのに対し、国語教師は基本的には日本人に対して、国語の能力を高めるための指導を行っていくことです。 日本語教師の場合、語学そのものに加えて、日本で生活するときの文化や風習などについても教える必要が出てきます。 また、教える場所にも違いがあります。 日本語教師は、おもに民間の日本語学校・スクールで「日本語を勉強したい」と考える生徒に指導をする一方、国語教師は小中学校など義務教育としての学校、また高校や大学のような高度な教育機関、受験対策の予備校などで指導をおこなうことです。

次の

家庭教師の仕事内容5個の業務。向いている人の特徴や活かせる経験についても解説します【ジョブール】

教師 仕事 内容

教員・教師って大変なの? よく聞かれる質問ですが、実際に教員の仕事内容を知っている人は多くありません。 教員を目指そうかな?と考えている人も、教員になったらどんなやりがいや辛さが待っているのか気になるところではないでしょうか。 本記事では、元教師の私が、教師の仕事の辛さとやりがいを経験をもとにお伝えしていきます。 教員・教師を目指す人の参考になればと思います。 教員の辛いところ 残業多いが残業代なし 教員は残業が多いです。 勤務時間内に仕事が終わる教員はまずいないことでしょう。 各教科の授業準備• 保護者との連絡帳のやりとり• テスト採点• 成績処理• 行事の企画• その他の雑務(これがすごく多い) など、やることは常に山積みです。 小学校の教員であれば基本的に全部の教科を指導できなくてはならないため、教科の数だけ授業の準備が必要に。 中学校や高校では部活動が始まるため、顧問の先生は生徒が帰るまでは学校にいて生徒の安全を確保しなければなりません。 こういうわけで、教員が定時に帰ることはなかなかできず、児童生徒が帰った後に雑務に取り組むため残業が多くなってしまうのです。 ちなみに公立校であれば、残業代は0円です。 ゼロ円。 タダ働きです。 残業代は出ないんですね。 先生でいなければならない 子供たちの前で教員は「先生」でなければなりません。 教員の行動をマネしてしまう子供たちもいます。 中には「先生がやっているんだからいいじゃん」とか言い出す子供も。 自分の振る舞いを常に意識して行動しなければならないので、かなり窮屈に感じる人も多いのではと思います。 ドラマ「女王の教室」では天海祐希さんが演じる小学校の先生が厳しすぎることで話題にもなりました。 反面教師として「こういう行動をマネしちゃいけないんだ」と子供たちに感じさせることも教育手段としてありますが、基本ができていないとまず上手くいきません。 授業以外の雑務が多すぎる 先ほども述べましたが、授業以外の雑務が多すぎます。 一つ雑務を片付けている間に新しく二つ雑務が増える…なんてこともしょっちゅうあります。 特に若手の教員はお願いされた雑務をなんでも引き受けてしまい、いっぱいいっぱいになる傾向があります。 上手に断るようにしていかないと、辛いと感じるばかりでストレスが溜まってしまいます。 部活動や行事、公開授業で土日が潰れる 土曜日や日曜日に公開授業(授業参観のこと)が定期的に行われます。 その日は出勤が義務ですので、必然的に休みが潰れてしまいます。 表向きでは、土日に出勤した分の休みをどこかで取得できるはずですが、毎日授業を行う教員と言う職業の性質上、簡単に休むことはできません。 また、中学校や高校の教員は部活の顧問になります。 部活動の練習で土日が潰れることも多く、大会などが入ってくるとさらに休日が無くなります。 タイミングが悪ければ、一か月以上休みが取れないということも。 少なくても何人かに必ず嫌われる 人と人ですので、合わない子もいるのが現実。 少なくても何人かの子供たちには嫌われることでしょう。 そういう子供たちの指導は少し大変になります。 嫌われることに抵抗がある人は、最初にこの点につまづくこともあります。 教員を目指すのであれば、ある程度こういうこともあるのだと、覚悟していた方が良いですね。 モンスターペアレントの存在 モンペと呼ばれる、理不尽な要求をしてくる非常識な親が少なからずどの学校にも存在します。 それだけでなく、言葉を交わしてみて合わない保護者もいますし、態度の悪い保護者もいます。 理不尽な要求にも誠実な対応が求められますし、場合によっては子供たちのケアも必要になってきます。 参考 プライベートがない プライベートの時間でも、子供たちや保護者に遭遇することが辛いと感じる教員も多いです。 友人であったり、家族であれば問題ないでしょうが、一緒にいる相手次第では学校中で噂にされることも。 プライベートでも気が抜けないので、ちゃんとしたプライベートの時間が欲しいと感じて退職する人も。 教員のやりがい 子供の成長が見れる 教員のやりがいとして考えられるのは、いつの時代も根本的には一つだけ。 それは 子供の成長だったり、子供の笑顔が見れるというところ。 子供が嫌いなのに教員になる人はまずいません。 入学時は心も体も未熟だった子供たちが、心身共に成長していく姿は思わず涙がでるほど感慨深いものです。 辛いところに比べてやりがいを感じるポイントは少ないかもしれませんが、その分、一度に感じるやりがいが大きいと言えます。 また、卒業後になることも多いですが、厳しく指導したこと、やさしく声をかけたこと、寄り添って話を聞いたこと、何気ない声掛けなどを感謝されることもあります。 教え子や保護者に感謝されることに喜びややりがいを感じる教員も多いことと思います。 教員は辛い はっきり言って、教員は辛いです。 やりがいよりも、辛いと感じることの方が圧倒的に多い職業と言えるでしょう。 未熟な子供たちの理不尽な話にも耳を傾けていかなければなりませんし、保護者の無茶な要望にも誠実な対応が求められます。 ストレスと戦う職業ですので、へたにストレスをためすぎてしまうとうつ病などの精神的な病気や胃潰瘍など心身を壊す結果になってしまいます。 上手にストレスを発散していくことが長く教員を続ける秘訣と言えるでしょう。 自分が教員に向いているのかな?と思った方は、でチェックしてみてください。 まとめ 教員の辛いところ、やりがいをまとめてみました! ストレスを感じることに耐えきれない人には教員は辛いと感じる点が多すぎるかもしれません。 これから教員を目指すみなさん、転職を考えている方の参考になればと思います。

次の