年末 ジャンボ 当選 番号。 年末ジャンボ宝くじ2020当選番号|過去38年間分 番号一覧

年末ジャンボ宝くじ 第818回全国自治宝くじ 当選番号【2019年】

年末 ジャンボ 当選 番号

ヨコ列から見た重複数字は、1個もありません(例:1 33469番など)。 つまり、2013年年末ジャンボの「番号」は、前年から 完全独立した数字だったということです。 垂直タテ方向ではありませんが、「0」、「9」が重複数字です。 つまり、この2年間は、「4」と「7」が出現していません。 「4」は、その前年の第614回(2011年)に出現済み。 「7」は直近で、「3」と同列の異常な出現率を誇っていましたので、2013年には「確率の収束」により出現しませんでした。 この「確率の収束」の観点から見ると、2014年以降は「6」が出現筆頭株、次いで「4」、「5」が複数出現する可能性があります。 直近10年間のスパンで「番号」を切る 次に、「数字選択式宝くじナンバーズ」仕様の視点から、過去10年間の数字を眺めていきましょう。 本来、「年末ジャンボ宝くじ」は「ナンバーズ」でいうところの「ボックス当せん」(各ケタの配列がバラバラでも当せんとする)などは存在しませんが、違った視点から見ることができます。 1位「3」・「7」、2位「9」の異様な引っ張り率。 つまり、奇数の引っ張り率が異常に高い。 逆に、「4」、「6」の出現率の低さが目立つ。 連続数字が発生していない(例:122247など)年は、2008年と2010年。 連続数字は、時をさかのぼれば高数字(「5」以上)で発生。 ただし、上記は10年スパンで切った場合のデータです。 「4」と「6」の出現率は低いのですが、2003年以前まではコンスタントに出現していました。 長期スパンで見れば、数字は「0」~「9」まで平均して出現しています。 奇数・偶数の対比 今度は、「数字選択式宝くじナンバーズ」でいう、「ストレート当せん」(各ケタが抽せん数字と完全に一致)で、奇数・偶数を見ていきましょう。 偶数20個に対して、 奇数35個と圧倒的大差で「奇数」の出現率が高い。 下3ケタ、下2ケタの奇数率が異様に高い。 全体的な奇数率を上げているのは、この2ケタ。 前年と同じ奇数・偶数の組み合わせは避ける。 「確率の収束」と同じく、2009年まで奇数率が高く、その後に拮抗して、今度は偶数率が高くなっている。 ポイントは、やはり「確率の収束」です。 確かに、10年スパンで切ると奇数の出現率が高くなりますが、第614回(2011年)より偶数対比が多くなっているように、同じ状況は未来永劫は続きません。 前年と同じ奇数・偶数の組み合わせは避けるとは、例えば、以下の「番号」です。 組 : 偶数 奇数 番号 : 奇数 偶数 奇数 奇数 偶数 のように、「組」までもが前年と同じ組み合わせの抽せん券は、当たる確率がほぼゼロに等しいです。 一例として、上記のような同一組み合わせは避けるようにしましょう。 この奇数・偶数分析は、1等が3本以上になる前の第401回(1999年)まで、もう少し掘り下げてみましょう。 のように、 「下4ケタ」から前年(偶数)とは真逆の 奇数になる可能性が高いでしょう。 やはり「年末ジャンボ宝くじ」は、2014年以降も「奇数」に軍配が上がるか? 「確率の収束」の法則通り、2014年以降は「偶数」が台頭するか? 6等300円に該当する下1ケタが、最も顕著な動きをしています。 第484回(2004年)~第596回(2010年)は、完全に奇数のみです。 第614回(2011年)から3年間は、今度は真逆の完全に偶数のみです。 ちなみに下1ケタは、第466回(2003年)からさかのぼって過去10年間も、偶数4個に対して、奇数9個です。 「下5ケタ」~「下1ケタ」の出現間隔 次は、「下5ケタ」~「下1ケタ」の出現間隔を見ていきましょう。 数字選びの基本は、「完全確率」なのはいうまでもありません。 「完全確率」とは、サイコロを振って「6」が出たとします。 確率は、6分の1です。 もう一度サイコロを振って、「前に6が出たから6を除外。 確率は、5分の1に減った」ということは無いということです。 長期スパンで数字を切った場合、「0」~「9」までの数字が満遍なく分散して出現しています。 短期スパンの10年単位で数字を切ると、必ず各ケタで数字のどれかが偏って出現しています。 下記一覧では、過去10年間の出現間隔を表しています。 もし毎年、「0」~「9」までの数字が均一に出現するならば、各ケタの出現間隔は全ケタ「10回前」になります。 しかしながら、実際の出現間隔を調べると、各ケタの数字にに大きな多寡があります。 出現間隔には、3種類あると考えています。 1.前回の出現から3回以内の出現間隔しか空いていない 「過剰出現ゾーン」 2.前回の出現から8回以上の出現間隔が空いている 「空白ゾーン」 3.前回の出現から4回以上、7回以内の出現間隔が空いている 「ハビタブル・ゾーン」 「数字の平均化」を考えて、出現間隔が長い 「空白ゾーン」だけ。 或いは、「良く出る数字は何度も繰り返して出る」に則って、 「過剰出現ゾーン」だけで構成された出目を予想するのなら、これほど7億円獲得が楽勝なことはありません。 「空白ゾーン」だけが5ケタ出現してくれるのなら、第669回(2014年)から見て、最も出現間隔の離れた数字だけを選択し、組み合わせれば良いからです。 しかし実際には、下記一覧をご覧のように、「下5ケタ」~「下1ケタ」の間では、前回からやたら出現間隔が空いている 「空白ゾーン」がある一方で、前年にも出現した 「過剰出現ゾーン」もあります。 そして、最も厄介なのは、 「ハビタブル・ゾーン」でしょう。 とは、 宇宙における太陽から惑星までの距離を示す専門用語です。 太陽から最も近い「水星」や「金星」(= 「過剰出現ゾーン」)は、灼熱の地獄です。 一方で、太陽からの距離が遠すぎる「火星」、「木星」(= 「空白ゾーン」)は、極寒の地です。 太陽からの距離が近すぎず、遠すぎない奇跡の星・「地球」(= 「ハビタブル・ゾーン」) を「ハビタブル・ゾーン」といいます。 以上を踏まえて、下記一覧をご覧ください。 「過剰出現ゾーン」は毎年100%含まれるが、「空白ゾーン」と「ハビタブル・ゾーン」の含有率はまちまちである。 過去10年スパンで最も含有率が多かった順位は、1位:「過剰出現ゾーン」、2位:「空白ゾーン」、3位:「ハビタブル・ゾーン」。 奇数率が高かった下3ケタと下2ケタの「空白ゾーン」の含有率が低い。 下4ケタと下1ケタの「空白ゾーン」の含有率が高い。 毎年、全く同じ「過剰出現ゾーン」+「空白ゾーン」+「ハビタブル・ゾーン」の組み合わせは無い。 「過剰出現ゾーン」がしばらく続けば、「空白ゾーン」がしばらく続くパターン。 こちらも、各ゾーンが平均化をしようとしている。 これらも引っ張り数字表と同じく、長期スパン(過去33年間)で見れば、ぼぼ均一に各々のゾーンが分散しています。 あくまでも、10年スパンで切った場合のデータです。 ただし、第387回(1998年)以前のデータでは、1等本数が3本以上と多いので、このデータに重ね合せるのは得策ではありません。 1等本数が多いということは、同年に複数の数字が出現する確率が高まり、前年以前から数字が引っ張るのは自然なことだからです。 毎年、全く同じ「過剰出現ゾーン」+「空白ゾーン」+「ハビタブル・ゾーン」の組み合わせは無いとは、例えば以下の組み合わせのようなことです。

次の

当せん番号案内(ジャンボ等)

年末 ジャンボ 当選 番号

2019年に発売された『 第818回年末ジャンボ宝くじ当選番号』の抽選発表は、大晦日の12月31日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 1等 前後賞 1億5千万円 1等前後の 番号 1等組 違い賞 10万円 1等組違い 同番号 2等 1000万円 127組 153771番 2等 1000万円 112組 160975番 2等 1000万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3,000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 抽選日:2019年12月31日 火 大晦日 支払期間:2020年1月7日 火 ~2021年1月6日 火 同時に年末ジャンボミニも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は大晦日の12月31日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 年明けでしばらくたってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 *これは2019年度の年末ジャンボ宝くじの支払期間です。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のジャンボ宝くじ当選結果のページでも確認ができます。 年末ジャンボ宝くじの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、年末ジャンボの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去の年末ジャンボ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2000年以降のデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 組 番号 2019 39 153893 2018 96 122234 2017 165 186859 2016 104 167038 2015 86 106608 2014 92 169296 2013 23 130916 2012 61 195280 2011 52 42 124980 163770 2010 84 142297 2009 32 138339 2008 13 191717 2007 83 136917 2006 96 142573 2005 24 158537 2004 43 181793 2003 40 160793 2002 12 108708 2001 29 134687 2000 55 173389 *2011年度は1等番号が2つあります。 2015年から1ユニットが1000万枚から2000万枚へと変更になり、組数も200組まで増えました。 やはり2015年から 1ユニット数が倍になったことで、組数も倍になりさらに1等が当たりにくくなったことが挙げられます。 スポンサードリンク 年末ジャンボがハズレてもちょっと待って! 年末ジャンボ宝くじの抽選結果と、手持ちの券を見比べて見事当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実はその ハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「宝くじの日お楽しみ抽選」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれた年末ジャンボにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。

次の

当せん番号案内(ジャンボ等)

年末 ジャンボ 当選 番号

2019年の年末ジャンボ・ミニの当選番号 年末ジャンボ(第818回全国)当選番号 等級 当選金額 組 番号 1等 7億円 39組 153893番 前後賞 1. 5億円 39組 1等の前後の番号 組違い賞 10万円 組み違い同番号 2等 1千万円 127組 153771番 2等 1千万円 112組 160975番 2等 1千万円 11組 141070番 3等 100万円 組下1ケタ6組 180568番 3等 100万円 組下1ケタ9組 191832番 3等 100万円 組下1ケタ6組 173801番 3等 100万円 組下1ケタ0組 151057番 3等 100万円 組下1ケタ4組 158441番 4等 10万円 下4ケタ 5223番 5等 1万円 下3ケタ 214番 5等 1万円 下3ケタ 728番 6等 3000円 下2ケタ 11番 7等 300円 下1ケタ 7番 年末ラッキー賞 2万円 下4ケタ 1960番 年末ジャンボミニ(第819回全国)当選番号) 等級 当選金額 組 番号 1等 3千万円 55組 199161番 1等 3千万円 06組 131011番 1等 3千万円 01組 132216番 1等 3千万円 83組 162297番 1等前後賞 1千万円 前後の番番 2等 100万円 各組共通 195529番 3等 10万円 下4ケタ 0141番 3等 10万円 下4ケタ 9108番 3等 10万円 下4ケタ 7393番 4等 1万円 下3ケタ 897番 4等 1万円 下3ケタ 624番 4等 1万円 下3ケタ 213番 5等 3千円 下2ケタ 16番 6等 300円 下1ケタ 0番 年末ジャンボ宝くじ2019発売日や期間・抽選日・金額 【 名称】• 年末ジャンボ宝くじ(第818回全国自治宝くじ)• 年末ジャンボミニ(第819回全国自治宝くじ) 発売期間 2019年11月20日(水)~12月21日(土) 価格: 1枚300円( ジャンボ・ミニ共通) 抽選日:2019年12月31日(火) 年末ジャンボ宝くじ2019の等級、当選金、本数 等級 当選金額 本数 1等 7億円 23本 1等の前後賞 1億5千万円 46本 1等の組違い賞 10万円 4577本 2等 1千万円 69本 3等 100万円 2300本 4等 10万円 4万6千本 5等 1万円 92万本 6等 3千円 460万本 7等 300円 4600万本 年末ラッキー賞 2万円 4万6千本 2019年の年末ジャンボ宝くじの1等は昨年と同じ7億円、そして1等の前後賞が1億5千万円の 合計10億円です。 そして2等~7等までの金額は昨年と同じです。 一つだけ違うのは昨年無かった「 年末ラッキー賞(2万円)」が今年はあります。 年末ジャンボミニの等級、当選金、本数 等級 当選金額 本数 1等 3千万円 72本 1等の前後賞 1千万円 144本 2等 100万円 1800本 3等 10万円 5万4千本 4等 1万円 54万本 5等 3千円 180万本 6等 300円 1800万本 2019年も1等3千万円、前後賞1千万円の計5,000万円です。 ただし、昨年は7等プラス年末ラッキー賞があったのですが、今年はありません。 また昨年は 2等が 1千万円でしたが、今年は 100万円と 10分の1まで落ちてしまいました。 ラッキー賞はジャンボとミニで逆になりましたね。 昨年と比べるとミニの方はかなりショボくなった印象があります。 そして昨年まであった 年末ジャンボ・プチに関しては今年はありません。 【 関連記事】 年末ジャンボ宝くじ・ミニ・プチの2019の当選確率は? ジャンボ宝くじといえば当選確率が低いというイメージですが、実際はどうなのでしょうか? 年末ジャンボ宝くじの2019の当選確率 今年の 年末ジャンボのユニットは23で1等の本数が23本です。 他のジャンボ宝くじは1ユニット1000万枚なのですが、年末ジャンボは1ユニッ 2000万枚となります。 1ユニット1等が1本当たるので1等の当選確率は 2000万分の1となります。 これはこの前の オータムジャンボよりも 半分の当選確率になります。 年末ジャンボは他のジャンボよりも当選金額が大きいのですが、当てるのはかなり難しくなります。 年末ジャンボ宝くじ2019の当選確率(23ユニット) 等級 当選金額 当選確率 1等 7億円 2000万の1 1等の前後賞 1億5千万円 1000万の1 1等の組違い賞 10万円 約10万分の1 2等 1千万円 約666万分の1 3等 100万円 20万分の1 4等 10万円 1万分の1 5等 1万円 500分の1 6等 3千円 100分の1 7等 300円 10分の1 年末ラッキー賞 2万円 1万分の1 年末ジャンボミニの2019の当選確率(18ユニット) 等級 当選金額 当選確率 1等 3千万円 250万分の1 1等の前後賞 1千万円 125万分の1 2等 100万円 10万分の1 3等 10万円 約3333分の1 4等 1万円 約333分の1 5等 3千円 100分の1 6等 300円 10分の1 年末ジャンボと違い ミニの1ユニットの枚数は 1000万枚です。 ミニは18ユニットで1等が72本といことは1ユニット(1000万枚)で4本当たる計算になります。 一等の当選確率は• ジャンボ1等7億円は2000万分の1• ミニ1等3千万は250万分の1 と差がありますが、ミニでも250万分の1というのは結構ハードルが高いですね。 年末ジャンボですから大きい金額を夢見たい人はジャンボを購入して、前後賞合わせて5千万円当たれば十分という人はミニを狙っていきましょう。 宝くじのおすすめの買い方は「縦バラ」や「縦連」? 宝くじを購入する際の基本の買い方は「 バラ」か「 連番」が多いと思います。 ですがバラは1等と前後賞を合わせて当てるのが難しいですし、連番はすぐに当選したかダメだったかわかってしまうのが残念ですね。 ただ最近は 「縦バラ」という購入方法が徐々に広まっています。 縦バラとは? 縦バラで30枚宝くじを購入すると10枚1セットで3袋渡されます。 (これはバラや連番でも同じです) この3袋の 縦バラの中身は、 1袋に入っている10枚の番号はバラバラ。 ですが1袋目の1枚目と2袋目の1枚目、3袋目の1枚目が連番になっています。 そして1袋目の2枚目と2袋目の2枚目、3袋目の2枚目が連番と袋の違う3枚が連番になっています。 例えば 1セット目の10枚が 10組 25組 99組 12345 0 19876 9・・・ 11111 1 と10枚がバラバラの番号でも 2セット目の10枚は 10組 25組 99組 12345 1 19876 8・・・ 11111 2 3セット目の10枚は 10組 25組 99組 12345 2 19876 7・・・ 11111 3 と「 3枚が組は一緒で連番になっている買い方」です。 99組の「111112」が1等だとすると「111111」と「111113」が前後賞です。 このように「 縦バラ」は「 バラ」という言葉がありますが、「 連番」の要素も入っている買い方です。 縦バラは今では多くの宝くじ売り場で対応してくれますので確認してみてください。 「縦連」とは? 縦バラ以外にも 「縦連」という購入法があります。 こちらは縦連用10枚1セットの袋を複数買うと、同じ組の中でずっと番号が続く連番になっています。 例えば30枚を「 縦連」で購入した場合、 1袋目の1枚目が01組の「 100001」だとすると 3袋目の10枚目(つまり 30枚目)が01組の「 100030」となります。 普通の連番は1袋の10枚までが連続の番号になっていますが、他の袋とは組みも番号も違いますが。 ですが縦連の場合は組は全て一緒で、番号が連番になっています。 縦連のメリットは「あと1番、または数個違いで当たっていたのに~」といったことを避けることができる可能性が、普通の連番よりも高いです。 また普通に連番を20枚、30枚買うと下数桁がかぶる可能性がありますが、 縦連は番号がかぶらないので絶対に当たる下1ケタ(一番低い金額)以外にも下2ケタ、下3ケタと当たる可能性が高くなります。 他にもさまざまな購入方法があります。 詳しくは をご覧ください。 縁起の良い日に買って当選確率をアップ! 金運の良い日は「大吉」というイメージがありますが、それ以外にもあり、大吉より金運が強い日もあります。 一粒万倍日 一粒万倍日は「 いちりゅうまんばいび」「 いちりゅうまんばいにち」と呼びます。 「 一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味です。 一粒万倍日は「 何事を始めるにも良い日」とされ、特に「 仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉である」と言われています。 天赦日 天赦日は「てんしゃにち」もしくは「てんしゃび」と読みます。 「天赦日は日本の暦の上で最上の吉日」とされており、新しい何かをスタートさせたり躊躇していたことに挑戦するには最高の日です。 年に5~6回しかない貴重な開運日です。 寅の日 寅(とら)の日は• 出て行ったものがすぐに戻ってくる• トラの黄色と黒の縞(しま)模様は金運と密接な関係がある と言われていて、「 お金を呼び寄せ、さらに使ったお金を呼び戻す」という意味から宝くじの購入に良い日と言われています。 巳の日 巳(み)の日の巳はヘビのことですが、 ヘビは昔から縁起のよい動物といわれていいて信仰の対象にもなっています。 また、七福神で唯一の女性となる 「 弁財天」とも関係が深いと考えられていて、 巳の日は 金運や 財運に縁起の良い日です。 特に60日に一度やってくる「 己巳(つちのとみ)の日」は巳の日の中でも特に演技の良い日と言われています。 鬼宿日 鬼宿日は「 きしゅくにち」または「 きしゅくび」と呼ばれています。 この日は最吉日と言われ、「 婚礼」以外は大吉とされています。 もちろん宝くじを買うのにもおすすめの日です。 このように大吉以外にも• 一粒万倍日• 天赦日• 寅の日• 巳の日(己巳の日)• 鬼宿日 といった日が宝くじの購入におすすめなのです。 また 新月や 満月も宝くじ購入に適していると言われています。 ですが、ひとつ気をつけたいのが、「 不成就日」です。 不成就日とは? 読み方は「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」です。 名前の通り、「 何もごとも成就されない日」です。 何かを始めたり、するには適さない日となります。 不成就日が 大安や 一粒万倍日などに重なった場合は、 不成就日を優先にして宝くじは購入しないほうが良いです。 以上のことを頭に入れて、では2019年の年末ジャンボ宝くじはいつ購入するのがおすすめなのでしょうか? 年末ジャンボ宝くじ・ミニ2019の11月、12月のおすすめ購入日 2019年の年末ジャンボ宝くじの販売期間は 11月20日(水)~12月21日( 土)です。 この期間の中で購入がおすすめの日と不成就日は• 11月20日(水):一粒万倍日• 11月21日(木):一粒万倍日• 11月22日(金):大安• 11月23日(土): 天赦日• 11月25日(月):寅の日• 11月27日(水): 新月0:06・大安• 11月28日(木): 己巳の日• 12月2日(月):一粒万倍日• 12月3日(火): 大安・一粒万倍日• 12月7日(土):寅の日• 12月10日(火):巳の日• 12月12日(木):満月14:13• 12月13日(金):鬼宿日• 12月15日(日):大安• 12月16日(月):一粒万倍日• 12月19日(木):寅の日• 12月21日(土):大安 まず発売日の11月20日と21日が連続して 一粒万倍日で23日の今年最後の 天赦日もかなりおすすめです。 その他には28日の60日に一度くる 己巳の日や12月3日の 大安と 一粒万倍日のダブルの金運日というのも購入チャンスです。 また販売最終日も 大安ですので「残り物には福がある」という感じで購入してみるのもおすすめです。 ちなみに私は以前(といっても10年前ですが)最終日に購入して、組み違い賞10万円と年末特別賞5万円(当時)のダブルで当たったことがあります。 今年はどの日に購入しようか今から迷っています。 【 関連記事】 宝くじ当たる確率の高い売り場は? 高額当選が毎回よく当たることで有名なテレビで紹介される売場は• 東が 「東京西銀座チャンスセンター」• 西が 「大阪駅前第4ビル特設売り場」 この2つがとても有名です。 高額当選が毎回何本も出るので特に大安の日には大行列ができたりします。 こんなに待ちたくはないですね(笑) この4時間半というのは年末ジャンボの時の1番窓口です。 やはり年末ジャンボは他のジャンボ比べても圧倒的な人気なのでこんなに行列ができてしまいます。 ですが、• 遠くて買えない• 何時間も並びたくない という人は多いとおもいます。 そこでおすすめなのが「西銀座チャンスセンターの宝くじの 購入代行」です。 西銀座チャンスセンターの宝くじ購入代行とは? 「 宝くじの購入代行なんて怪しい!」と思うかもしれませんが、 宝くじ購入代行会社の㈱ドリームウェイは「 宝くじ購入代行枚数100万枚(3億円)突破」している会社なので、全く怪しくありません。 特に銀座まで買いに行くのに交通費で何千円、何万円かかるという人は手数料を払って購入できるので、 直接行って買うより安く、そして時間も短縮できます。 初日や大安、一粒万倍日、最終日に買ってほしい• よく当選がでる1番窓口で購入してほしい• プレゼント包装をしてほしい などの要望にも答えてくれます。 買いに行きたいけど忙しいし、遠くて行けないという方にお勧めです。 実際大安だけでなく、初日や最終日、一粒万倍日などの人気の日には数時間以上並ぶこともありますが、販売代行を使えばその手間も省くことができます。 銀座まで行く交通費や並ぶ時間の手間を考えると販売代行に宝くじを購入してもらうのは、販売手数料を払ったとしても、とてもお得だと思います。 興味がある方はドリームウェイの公式サイトをご覧ください。 現在はバレンタインジャンボ宝くじの販売代行の注文を付けつけています。 まとめ 今年最後のジャンボ宝くじの「 年末ジャンボ宝くじ」は一等の金額も一番高く、当選本数も高いです。 ですが、1ユニットが通常の宝くじ(1000万枚)と違い、年末ジャンボは2000万枚なので、当たる確率が半分に減ってしまいます。 それならば、年末ジャンボミニのほうが1ユニット1000万枚なのと、本数も多いので当たる確率が高くなります。 高額当選狙いならば縦バラか縦連で年末ジャンボ宝くじ、 少しでも確率が高いほうが良いならば、縦バラから縦連で年末ジャンボミニを購入しましょう。 そして1000万円で良いという人はプチを選んでください。 特におすすめの購入日は• 11月28日(水)の今年最後の 天赦日• 12月3日(月)の 己巳の日 ・大安 です。 ぜひこの日を狙って購入しましょう。 また当選確率が高い西銀座チャンスセンターで年末ジャンボを購入したいけど、行くのも遠いし、4時間以上も待つのは嫌だという人は宝くじ販売代行を使って購入しましょう。 ぜひ、今年最後のジャンボ宝くじを当てて、良いお正月を迎えてくださいね。 【 関連記事】.

次の