バーボン 人気。 バーボン・ウイスキーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

バーボンのおすすめ21選。高級な銘柄から安価に買えるモノまでご紹介

バーボン 人気

POINT シングルバレルとは? シングルバレル(single barrel)とは英語で「一つの樽」という意味があり、一つの樽のみからボトリングされたウイスキーを指します。 通常ウイスキーは味の均一化を図るために樽同士をブレンドさせますが、ブレンドさせることで樽本来の味を味わうことに欠けてしまいます。 その分シングルバレルは樽の味をそのまま味わうことができるので、原材料や樽の性質、作られる環境由来の風味を知ることができます。 蒸留所の味がはっきりと分かるので、飲み比べてみると良いでしょう。 またスコッチウイスキーもに「シングルカスク(single cask)」と呼ばれる分類がありますが、これも同様一つの樽から作られるウイスキーのことです。 barrelは本来重さを表す単位「バレル」の意味があり、caskには「樽」という意味があります。 バーボンの人気ランキングTOP5【第4位】ブッカーズ バーボンの人気ランキング【第1位】は、メーカーズマークです。 メーカーズマークはシンボルとも言える赤い蝋がかっこいいボトルのバーボンで、ボトルにマッチした赤みがかったハチミツのような琥珀色のウイスキーが特徴です。 日本でも名前を聞いたことがある人も多いかと思いますが、和食にも合う甘いバーボンです。 メーカーズマークは甘い色をしていますが、香りも味もバーボンとは思えないようなふくよかな甘さがあります。 オレンジやバニラ、ハチミツの風味を感じられますが原材料に含まれる小麦の風味も味わうことができるので、甘さはあるものの甘過ぎないバランスの良いバーボンと言えます。 ハーパー・ゴールド 安いコスパの良いおすすめのバーボン1つ目は、I. ハーパー・ゴールドメダルです。 ハーパーはゴールドのラベルが輝くラベルで、スタイリッシュな印象のあるウイスキーです。 万国博覧会で金賞を受賞したことから「ゴールドメダル」と呼ばれるようになり、その評判は一気に世界へと広まっていきました。 ハーパー・ゴールドメダルはバーボンらしいすっきりとした辛口に、ほのかな甘味を感じられるのが特徴です。 その甘さは消えることがない隠れた甘さなので、ハイボールやクランベリージュース割にするとクリアで甘さ引き立つ飲みやすいカクテルになります。 700mlボトルで2,000円ほどです。 フォアローゼズは薔薇のマークが付いているラベルが目立つバーボンで、バーでも高級感を醸し出しています。 原料、酵母、作り方にこだわりが詰まったウイスキーで、まさに花のような華やかな風味が特徴です。 フォアローゼズは少しずつ香りが異なる原酒をブレンドして作られているので、口の中には丸みのある明るい風味が広がります。 味にはピリッとした辛さはありますがクリーミーさも兼ね備えているので、トワイスアップにするとより素材の味を楽しむことができます。 700mlボトルで1,500円ほど安いです。 またここに、トワイスアップについての記事を載せておきます。 トワイスアップはウイスキーのテイスティングには欠かせない飲み方で、素材の味を知るためにはベストな方法です。 こちらの記事ではトワイスアップの作り方や味わい方も紹介しているので、ぜひこちらを参考にフォアローゼズをトワイスアップにしてみてくだい! 安いコスパの良いおすすめのバーボン5つ目は、アーリータイムズ・イエローです。 アーリータイムズは1860年に生まれて以来、スタンダードバーボンとして親しまれてきました。 樽由来のキャラメル香にフルーティーな味、キレのあるさっぱりとした後味と味わいが揃っているので、飽きないバーボンとして定評があります。 アーリータイムズ・イエローにはBBQにおすすめの、「グリオド・ハイボール」と呼ばれる飲み方があります。 BBQで焦がしたフルーツをアーリータイムズのハイボールに入れるという飲み方で、日本バーベキュー協会でも公認バーボンとして認定されています。 700mlボトルで1,400円ほどとかなり安いです。 ローワンズクリークは1700年代に、ジョン・ローワンによって考案されたバーボンです。 最初に作られて以来伝統的な製法を守っているウイスキーで、手作りによる限定生産バーボンとして注目度の高いウイスキーです。 ローワンズクリークはバーボンを毎日のように飲んでいるケンタッキー州の人にも認められているバーボンで、洋ナシやバナナなどのコクのある甘味がとろけるウイスキーに仕上がっています。 ヘンリーマッケンナは、アイルランドから移住してきた青年ヘンリー・マッケンナが作り出したウイスキーです。 1883年に蒸留所が設立されて以来ずっと変わらないハンドメイドウイスキーで、今でも伝統的な製法が守られています。 ヘンリーマッケンナ・10年はバーボンとしては長い10年熟成であり、リッチなオーク樽の風味がある美味しいウイスキーに仕上がっています。 美味しいあまりに売れ過ぎてしまい手に入りにくくなったことも過去に何度かあるので、「幻のウイスキー」とも呼ばれるようになりました。 750mlボトルで5,000円ほどです。 ワイルドターキー中でも美味しいと人気があるのが、このフォーギブンです。 従業員が誤ってバーボンにライウイスキーを混ぜてしまったという偶然から生まれたウイスキーで、トウモロコシとライ麦どちらも味わうことができます。 ワイルドターキーらしいほんのりとしたトウモロコシの甘味と、ライウイスキー特有のブラックペッパーやシナモンのようなスパイシーさがマッチしたウイスキーです。 「高級なレアブレンド」とも言われるフォーギブンですが、700mlボトルで4,500円ほどと安い価格設定です。 エライジャクレイグは1789年にエライジャ・クレイグ牧師が生み出したウイスキーで、バーボンの原型にもなりました。 「バーボンの父」とも呼ばれるエライジャのウイスキーは、プレミアムバーボンとして高級バーボンのトップに君臨しています。 そんなエライジャクレイグの中でも美味しいと評判があるのは、エライジャクレイグ・18年です。 高級感溢れるボトルと濃厚なブーケ、シェリーのような飲みごたえのあるヘビーボディで、販売してから続々とファンを増やしました。 750mlボトルで5,200円ほどです。 マンハッタンはニューヨークにあるマンハッタンに由来する、ルビーのような綺麗な赤色が特徴のカクテルです。 「カクテルの王様」と呼ばれるマティーニ並ぶ人気と貫禄があるため、「カクテルの女王」と呼ばれています。 マンハッタンはオリジナルレシピではライウイスキーがベースですが、現在ではバーボンやカナディアンウイスキーでも作られることが多いです。 女王とまで言われるマンハッタンですが、甘い香りと柔らかな口当たりある飲みやすいカクテルです。 マンハッタンの作り方• シェイカーにウイスキー45mlとスイートヴェルモット15ml、ビターズ1dash入れる• シェイクする• カクテルグラスに注ぐ• ミントジュレップは、バーボンの聖地であるケンタッキー州で有名なダービーの公式ドリンクに認定されているカクテルです。 爽やかなミントの風味と香ばしいバーボンがマッチしており、ゴクゴクと飲めるような美味しいカクテルに仕上がっています。 ミントジュレップの作り方• 小さめのグラスにミント5本程度とガムシロ1tspを入れる• 水、または炭酸水を20ml注ぐ• スプーンやマドラーでミントを軽く潰す• クラッシュドアイスを詰めたグラスに注ぐ• バーボンを45ml注ぐ•

次の

【おすすめバーボンウイスキー】バーのマスター厳選の美味しい銘柄人気ランキング!

バーボン 人気

ウイスキーは種類や産地によって価格が大きく異なるので、価格帯がとても広いです。 プレゼント用と考えるなら5,000円から60,000円程度みておきましょう。 気軽なプレゼントなら5,000円から10,000円程度で探してみてはいかがでしょうか?IWハーパー12年やジョニーウォーカー18年などは、大手メーカーのウイスキーだけに流通量も豊富で、入手しやすいですよ。 10,000円から60,000円といった高価なウイスキーは、人気が高く流通量が少ないもの。 特にジャパニーズウイスキー「響17年」「山崎12年」などは世界的な人気が高く、プレゼントとしては最高ランクになります。 贈る相手の好みや飲み方に合わせて選んでくださいね。 バーボンウイスキーを知らない人でも、ワイルドターキーは知っている、というほど名が知られています。 かのアイゼンハワー大統領も愛したといわれるバーボンウイスキーは、知名度抜群です。 こちらのダイヤモンドアニバーサリーはマスターディスティラーの長年の勤続を記念して、特別に作られました。 13年から16年の長期熟成の原酒のみを使用しているので、豊かな香りと濃厚な味わいを堪能することができますよ。 また、バーボンウイスキーが入っている箱も「アニバーサリー」にふさわしい、ターキーの絵柄入り特別仕様になっています。 バーボン好きでワイルドターキーは飲み飽きたという人にも、アッと驚く新鮮な味わいを楽しんでもらえるでしょう。

次の

【おすすめバーボンウイスキー】バーのマスター厳選の美味しい銘柄人気ランキング!

バーボン 人気

原材料から見るウィスキーの種類と特徴 バーボンウイスキー 「 原料の51%以上がトウモロコシで、160プルーフ(80%)以下で蒸留し、内側を焦がしたオークの新樽に125プルーフ(62. 5%)以下で樽詰めし、熟成させたもの。 2年以上熟成させたものがストレートバーボンウイスキー。 」 というのがバーボンウィスキーの定義になります。 ライウイスキー 「 原料の51%以上ライ麦で、160プルーフ以下で蒸留し、内側を焦げたオークの新樽で125プルーフ以下で樽詰めし、熟成させたもの。 2年以上熟成させたものがストレートライウイスキー」 ホイートウイスキー 「 原料の51%以上小麦で、160プルーフ以下で蒸留し、内側を焦げたオークの新樽で125プルーフ以下で樽詰めし、熟成させたもの。 2年以上熟成させたものがストレートライウイスキー」 モルトウイスキー 「 原料の51%以上大麦麦芽で、160プルーフ以下で蒸留し、内側を焦げたオークの新樽で125プルーフ以下で樽詰めし、熟成させたもの。 2年以上熟成させたものがストレートライウイスキー」 シングルモルトウイスキー 「 原料の100%大麦麦芽で、160プルーフ以下で蒸留し、内側を焦げたオークの新樽で125プルーフ以下で樽詰めし、熟成させたもの。 2年以上熟成させたものがストレートライウイスキー」 コーンウイスキー 「 原料にトウモロコシを80%以上使用し、160プルーフ(80%)以下で蒸留したもの。 バーボンは瓶詰する前に水を加えて、アルコール度数を調整しています アルコール度数の高いバーボンであればある程バーボン本来の香りを楽しむことができます。 樽が生み出す華やかで甘い香り バーボンの最大の魅力は香りです。 内側を焦がした新樽で熟成することによって、特徴的な香りを出します。 バーボンでは上品で甘いバニラやナッツ・カラメルのような香りなどが楽しめます。 短い熟成期間でも豊かな風味 他のウィスキーでは18年や25年など非常に長い熟成期間のウィスキーもあります。 バーボンにおいては、焼き上げた樽を使用することで、熟成に長い時間をかけなくても十分に豊かな風味を楽しむことができます。 バーボンウィスキーの人気おすすめ10選 バーボンウイスキー ジムビーム 700ml.

次の