ホトトギス 育て方。 ホトトギスの花言葉は?どんな植物?色や種類、見頃の季節は?

ホトトギスの苗〜開花までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

ホトトギス 育て方

ホトトギス(杜鵑草)は、 ユリ科ホトトギス属の耐寒性多年草です。 その名称は、 花びらにある紫色の斑紋が野鳥のホトトギスの胸の斑紋と似ている事から付けられたとされていますが、植物のホトトギスを目にする機会に比べると、野鳥の方の胸の斑紋を観察する機会は滅多にないでしょう。 また、図鑑などで斑紋を比較するとそのものズバリとは言い難い気もします。 例えば、「鳴いて血を吐くホトトギス」で馴染み深い夭折の俳人・正岡子規の雅号である子規もホトトギスの異名で、これは中国の故事「杜鵑の吐血」にちなんだと言う事なので、こちらも実際に野鳥と植物を見比べながら命名したのでは無いのかも知れませんね…。 更に、ほとんど使われませんが、 油点草の別名で呼ばれる事もあります。 これは、若葉に油染みのような斑点が入る事に由来しています。 なお、英名はToad Lily(ヒキガエルのユリ)で、これは花の斑点をヒキガエルの斑点に見立てたとされています。 Contents• ホトトギス属の植物の品種数 ホトトギス属の植物は、現在 19種が確認されていますが、その全てが日本、台湾、朝鮮半島に分布し、その内、12種が日本列島に分布しており、中でも10種は日本だけに生育する 日本固有種となります。 この分布の様子から、日本はホトトギス属の 分化の中心地と考えられます。 ホトトギス属をもう1段下の節レベルで分類すると、 4つのグループに分けられます。 スポンサーリンク 1. ジョウロウホトトギス節 1つ目は ジョウロウホトトギス(上臈杜鵑草)節で、黄色の釣り鐘型の花冠が特徴的です。 ジョウロウホトトギス、キイジョウロウホトトギス、サガミジョウロウホトトギスの3種がこのグループです。 キバナノホトトギス節 2つ目は、 キバナノホトトギス(黄花杜鵑草)節で、上向きに咲く黄色い花を着け茎に開出毛が出ます。 キバナノホトトギス、チャボホトトギス、タカクマホトトギス、キバナノツキヌキホトトギスの4種がこのグループです。 以上の2つの節は全て日本固有種です。 ホトトギス節 3つ目は ホトトギス(杜鵑草)節で、上向きに咲く白い花を着け、茎に斜上する毛が出ます。 ホトトギスとタイワンホトトギスの2種がこのグループです。 ヤマホトトギス節 4つ目は ヤマホトトギス(山杜鵑草)節で、上向きに白または黄色い花を咲かせ、茎に斜め下向きの毛が出ます。 全7種からなり、日本にはヤマホトトギス、ヤマジノホトトギス、セトウチホトトギス、タマガワホトトギスの4種が分布しています。 ホトトギスの種類について 以前は一般的に市販されているホトトギスと言えば、オーソドックスなホトトギスか、ホトトギスとタイワンホトトギスの交配種、斑紋が無い変種のシロホトトギス程度でしたが、かつてはマニア向け山野草扱いで細々と取引が行われていたようなキイジョウロウホトトギスなども、近年では大手種苗会社が取り扱うようになっています。 また、 交配種の開発も盛んで、大概が一般的な環境で丈夫に育つ品種となっています。 品種名での見分け方は、例えばホトトギス「白楽天」のように、 ホトトギス+「銘」となっている事が多いです。 育成の難易度を比較すると、全くの初心者でもほとんど手間を掛けずに育てられる一般的な園芸品種に対し、それなりのベテランでもうっかりやらかして枯らしてしまう事があるのが原種系の品種と言ったところでしょうか…。 スポンサーリンク ホトトギスの栽培時期と育成条件 ホトトギスの育成条件• 日当たり:半日陰~日陰• 土壌酸度:中性~弱酸性• 植えつけ時期:3月~4月中旬頃• 開花時期:7月~10月頃(品種により異なります) 流通形態 通常は 3号ポット程度の苗で販売され、価格は品種などにより異なり300円台~1,500円程度と言ったところでしょうか。 植えつけ場所の準備 キイジョウロウホトトギスなどの枝垂れる品種や他の植物との競争に弱いキバナノホトトギス系以外の品種は、基本的に 地植えで差し支えありません。 ホトトギスやタイワンホトトギスの交配種などは、強い日差しにも耐えるので日なたに植えても平気ですが、ホトトギスを栽培する上でのメリットは他の植物が嫌う 直射光が差し込まない日陰を特に好む点です。 苔やシダ類しか生えないような塀ぎわや木陰、家屋の北側などに最適です。 枝垂れる品種は、元々、自生地では崖などから下垂しながら成長しているので、葉や茎の重さでほぼ地際から枝垂れだして驚くほど垂れ下がります。 蘭鉢などの 腰高な鉢を利用し、更に 台などの上に置くのが良いでしょう。 植えつけ かなり湿気を好む植物ですが、かと言ってビチャビチャの土壌が良いわけでもありません。 1ヶ月くらい前までに、ある程度の深さまで掘り返して石灰を施用し、日向土6:赤玉土3:硬質鹿沼土1程度の割合の土か市販の草花用培養土を入れればベストですが、通常のホトトギスやタイワンホトトギス系の場合、特に環境が悪くなければ掘り返して耕すだけでも構いません。 その際に元肥として リン酸の多い遅効性の化成肥料を、一株当たり小さじ半分程度用土に混ぜておけば良いでしょう。 なお、タイワンホトトギス系などは地下茎でかなりの勢いで増えるので、場合によっては植えつけの際に仕切り板などを入れて 生育範囲が広がり過ぎないようにしておくと後々の管理が楽になります。 気難しい品種を鉢植えにする場合には、市販の 山野草用培養土で良いでしょう。 当然、鉢は日陰に置き管理します。 植えつけが終わったら、たっぷりと灌水して作業終了です。 水やり 地植えの場合には、その環境により大きな差が出ます。 湿気が強い場所ならば、水やりは一切不要ですし、逆に風通しが良かったり、乾きやすい場所ならば、状況に応じて灌水してください。 通常は 盛夏に水撒きをする以外は降雨で充分だと思います。 鉢植の場合には、表土が乾いたら充分に与えます。 また、特に原種系などの品種の場合は、霧吹きなどで葉に水分を与え、 乾燥で葉が傷まないように注意します。 スポンサーリンク 肥料 地植えの場合、教科書的には3月~5月に完熟油かす団子を月1回ペースで施肥する事になっていますが、草花用の 錠剤型の緩効性肥料などを気が向いたら使用する程度で差し支えありません。 6~9月には、例えば「ハイポネックス・ハイグレード開花促進」などの花芽形成に役立つリン酸が多く、窒素の少ない液肥を規定量の半分に薄めて 月2回程度施肥すると良いでしょう。 山野草に近い植物は、基本的に 肥料を控え目にした方が良い物が多いです。 特に草花から野菜まで幅広く使用可能を謳っている汎用型肥料の場合、過保護に肥料を与え過ぎると、葉や根ばかりが逞しく育ち過ぎてしまうので要注意。 葉野菜用の肥料が手元にあったので間に合わせに…なんてのは論外です。 誘引 品種や環境によっては支柱を立ててやると良いでしょう。 時期的には 5月~6月頃、高さや茎の強度、風当たりなどを考慮して判断してください。 植え替えと増やし方 植え替えと増やし方 植え替えは、まだ寒さの残る 2月~3月頃に行います。 鉢植えの場合は、出来れば毎年、少なくとも2年に1回は行って、株が混み合い過ぎないようにします。 地植えの場合も、3年に1回程度は行いたいところです。 植え替えの際、 自然に分かれている部分で簡単に株分けできるので、容易に増やす事が可能です。 挿し木での増やし方 また、挿し木でも比較的容易に増やせます。 5月~6月頃に 葉を3~4枚つけた2節程の長さに茎を切り取り、下の方の葉を取り除いて市販の挿し木用の土などを利用して挿すと良いでしょう。 種子での増やし方 種子からも増やす事が可能です。 11月~12月頃に採取した種子を乾燥した状態で保存して 翌年2月~3月頃に蒔きますが、こぼれダネが発芽して勝手に増える事も多いです。 なお、園芸用の交配種の場合には、他の植物と同様、正しく親株の持つ優れた特性が遺伝するわけではありません。 また、数種類のホトトギスを近接して植えている場合には交雑種も発生します。 数年経ったら見栄えのしない花だらけ…なんて事にもなり兼ねないので、 未成熟の段階で種子を摘むなどの対策を講じた方が良いでしょう。 病害虫 糸状菌(かび)による 白絹病と、アブラムシが媒介する モザイク病が発生する事があります。 両者ともに登録防除薬剤がありませんので、発見次第、抜去するしかありません。 白絹病は石灰施用により土壌pHを高くして予防する事がある程度は可能ですが、基本的に日当たりの悪く湿気の多い場所を好む植物なので、早めに発見して被害の拡大を抑えるしかありません。 害虫としては、湿気の多い場所を好む ナメクジや カタツムリが、柔らかい若葉や新芽を食べます。 捕殺したり駆除剤の使用で対処します。 また、葉を食害するケムシなどの害虫が春先から発生するので要注意です。 おわりに 茶花にもなる純和風なホトトギスですが、最近の園芸品種は洋風の庭にもマッチするモダンな印象の物も多いので 選択肢も増えています。 ある程度の力量が身についたなら、是非、キイジョウロウホトトギスにチャレンジしてみてください。 気品のある姿にきっと惚れ惚れしますよ! 以上、ホトトギスの育て方をまとめてみました。

次の

タイワンホトトギスとタイワンホトトギスとの交配種(桃源)の育て方

ホトトギス 育て方

ジョウロウホトトギスは山奥の渓谷にある岩場や崖などに自生する多年草植物であり、寒さはそれ程弱くは有りませんが、高温を嫌うため育てる環境は温度変化が少ない場所を選ぶ事がポイントとなります。 鉢植えと庭植えのどちらでも栽培は可能になりますが、 鉢植えで行う場合は、秋から春までの季節においては日向で育ててあげて、晩春になった時には日陰に移動させてあげます。 また、夏時期は極力温度変化が少ない場所を選び、7割ほどの遮光が可能な涼しい日陰で育て、鉢の周りには人工芝などを敷いてあげて、打ち水を行って湿度を作り出すのがコツです。 庭植えの場合は、鉢植えのように移動する事は出来ませんので、育てる環境をしっかりと把握して決める必要が有ります。 まず、暑さを嫌いますので夏時期に日陰になる場所を選び、鉢植と同じ用土を入れ替えてあげてから、周囲より50㎝から60㎝程の高さの花壇をつくり、そこに植え付けます。 また、自生している場所と似たような環境を作ることで成長も良くなるため、周りにはシダなどの植物を植えてあげるなどして、湿度を一定に保つことが出来る環境づくりを行う事が庭植えでの栽培のコツです。 尚、種まきは2月から3月にかけて行い、 肥料につては鉢植えや庭植えどちらの場合も3月から10月の中で程してあげます。 また、植え付けや植え替えなどは種まきと同時期の2月から3月頃に行うのが良く、鉢植えから庭植えに切り替える時などは2月から3月頃が適している季節となります。 鉢植えで育てる場合は、乾燥し難い鉢を選ぶ事がポイントで、直径15センチ以上の、深めの山草鉢などを選ぶと良いでしょう。 ジョウロウホトトギスは水はけが良い事、そして湿気を好みますので、桐生砂や富士砂、赤玉土、軽石砂と言った多孔質の砂を何種類選び、 それと腐葉土を混ぜ合わせて培養土を作りだします。 また、栽培を行う人の中にはミズゴケを使って湿気を作り出す人も多いと言われており、ミズゴケにより湿気と水はけを良くしてくれる効果を期待出来ます。 また、栽培する環境は空中湿度を保てる、半日陰の場所を選ぶ事が大切で、 5月上旬頃までは日当たりが良い場所において太陽の光を当ててあげますが、これ以降は直射日光は厳禁であり、日陰になる場所を選びます。 鉢植えの場合は、鉢を移動させてあげれば良いわけですが、庭植えの場合は簡単には移動が出来ませんので、 5月以降に日陰になりやすい場所を選ぶ事が栽培における最大の課題となります。 尚、鉢植えで行う場合は、真冬の時期は出来る限り凍ることが無いようにし、霜よけ下に置いておく必要があります。 水やりは適度な湿気を好みますので、適度に行う事が大切ですが、 あまり多くの水を与えてしまうと根を腐らせてしまう事になるため、過湿は禁物となります。 目安としては春時期から秋時期にかけては1日1回、冬場の休眠期においては2~3日に1度の割合で水やりを行い、表土が乾いたら十分に与えることと、葉の裏側を乾燥させないように霧吹きなどを利用して水やりを行って管理をしていきます。 植え替えを行う時などは元肥としてリン酸の成分が多い緩効性化成肥料を施します。 目安としては3~4号鉢で一掴み程度であり、3月から5月にかけては親指大の固形の油かすを、3~4号のサイズの鉢で月に1個を目安にし、更に、チッ素が多く含まれている液体肥料を選んで、 週に1度の割合で2000倍に薄めて与えてあげます。 6月から10月頃は、リン酸が多く含まれている液体肥料を週に1度の割合で、2000倍に薄めて与えてあげると良いでしょう。 尚、葉の色が悪い場合などでは、葉面散布肥料を3倍以上に薄めて与えてあげると葉色を良くさせることが出来ます。 また、庭植えで行う場合もこれらと同じ要領で与えてあげると成長を良くさせることが出来ます。 5月から9月にかけて白絹病になる事も有りますが、これをそのままにしておくと毎年発生するようになるので早目の対処が大切です。 また、害虫についてはナメクジやカタツムリ、ハダニと言ったものが発生します。 ナメクジやカタツムリは若葉や新芽などの柔らかいものを食害してしまいますので、見つけ次第退治をする事が大切で、鉢植えなどの場合は鉢の裏側もチェックをしておきます。 また、ハダニは温暖な時には一年中発生し易いと言われているのですが、ハダニが発生する要因の一つとして湿度不足が有り、 栽培を行う環境の見直しが大切だと言われているのです。 尚、増やし方としては挿し木や種まきが有りますが、挿し木の場合は5月から6月にかけて、茎を3から5節ほど付けてカットし、、川砂、赤玉土、鹿沼土などの用土にさします。 種は秋口に出来るので、2月から3月に種をまくことで増やす事が出来ます。 ジョウロウホトトギスはユリ科の植物でホトトギス属に分類されており、別名をトサ ジョウロウホトトギスと言います。 尚、 ジョウロウホトトギスには幾つかの種類が有りますが、サガミ ジョウロウホトトギスやスルガ ジョウロウホトトギスと言うのは、日照や湿度、 温度の変化に対して弱くいため、育て方が難しい事からも栽培には向いていないと言われています。 日本国内には10種類ほどが生息していますが、 ジョウロウホトトギスの生息地は四国地方の太平洋側であり、山奥の渓谷などにある湿った岩場や崖に生息していると言われており、原産地についても四国地方になります。 因みに、ホトドギス属と言うのは、植物のホトトギスであり、多年生草本植物になります。 ホトドキスは日本を初め、台湾やフィリピンなどを原産とする植物でもあり、山野の林の下、林縁や崖、傾斜地と言った場所に生息しており、特に日当たりの弱い場所を好みます。 日本、台湾、朝鮮半島などの東アジア圏の中では19種類が生息していると言われており、その内13種類が日本が生息地もしくは原産であり、日本の中には様々なホトトギスの仲間が存在している事になります。 尚、ホトトギスは地域的な固有種も存在しているのが特徴で、 ジョウロウホトトギスにおいても四国などに生息する固有種です。 中には園芸用の盗掘が多く行われてしまったり、鉱物採取、ダム建設、開発事業を目的とした道路建設のために山を切り開いたりしたことになり、絶滅が叫ばれている種類も有ると言います。 日本に生息しているホトトギスの仲間は13種類ほどだと言いますが、その内 ジョウロウホトトギスについては四国地方を原産としています。 釣り鐘状の黄色い色をした花が特徴で、花の長さは約5㎝程の大きさになります。 山地の渓谷と言った湿気が多い場所、岩場や崖などの生息しており、 日当たりがそれほど強くない湿気を持つ場所を好むのが特徴です。 葉のわき部分から1つから2つの花を咲かせるのが特徴で、花の内側には赤紫色の斑点が有るのも、この花の最大の特徴と言えます。 因みに、ホトトギスの種類と言うのは色々な模様が特徴でもあり、 この模様や色に魅力を感じて栽培を行う人が多いのです。 また、葉の部分は幅が広くなっており、葉自体には光沢は少なく、産毛の様な毛が生えているのも特徴です。 茎の長さは40センチから1メートルほどで、花を多く付けることで弓なり状に伸びて垂れ下がって来るため、 茎が垂れても平気な場所に栽培を行ったり、鉢を置くようにします。 ジョウロウホトトギスは園芸分類においては草花や山野草に分類される植物ですが、落葉性を持ち日陰でも栽培が出来るなど、ホトトギスの仲間の中では比較的育てやすい種類だと言われており、 10月頃に黄色い花を開花させてくれます。 尚、自然に自生している環境と同じような場所を好むため、耐暑性は弱いのが特徴でも有り、夏時期の暑い時などは極力温度変化が少ない環境の場所を選んで栽培をする事が大切だと言います。

次の

ホトトギス 新・花と緑の詳しい図鑑

ホトトギス 育て方

タイワンホトトギス(台湾杜鵑)は、台湾では、ごくふつうに見られるホトトギス属の種です。 日本では沖縄県の西表島に分布し、滝の水が滴るような場所に生育しています。 現在は、ホトトギスとタイワンホトトギスの交配種が多く出回ってきれいな花が市場に出回っています。 交配種も様々な花が作出されていますので、好みの花を栽培すると楽しいようです。 わが家はタイワンホトトギスの他に、、、、、を育てたことがありますが、チャボホトトギスとタマガワホトトギスはかなり難しく、キイジョウロウホトトギスは猛暑の夏に枯れてしまいました。 上のタイワンホトトギス(台湾杜鵑)は、自宅で2006年10月11日に撮影したものです。 スポンサーリンク タイワンホトトギス(台湾杜鵑) 2007年9月17日 撮影 栽培品 和名 タイワンホトトギス(台湾杜鵑) 学名 Tricyrtis formosana 科名・属名 ユリ科 ホトトギス属 分布 台湾、西表島 花期 9~10月 特徴 台湾では、ごくふつうに見られるホトトギス属の種です。 日本では沖縄県の西表島に分布し、滝の水が滴るような場所に生育しています。 花径2.5~4cm、高さ50~100cmの宿根草。 葉は互生し、葉身は倒披針形、狭い楕円状披針形または倒卵形で、長さ8~13cm、幅2.5~4.5cmになり、先端はとがり、基部は心形になって茎を抱きます。 茎には斜上する毛があります。 茎先に腺毛のある散房花序をつけ、数個の花を上向きにつけます。 日本の本州を中心に自生するホトトギスTricyrtis hirtaと花はよく似ているが、タイワンホトトギキスは、やや小型の花が茎の頂部に枝分かれしてつき、ホトトギスは葉腋に2、3個つくので区別できます。 育て方 鉢植えで栽培するよりは庭植の半日陰で栽培することの方が多いホトトギスです。 日光が強いと葉やけをしますが、暑さには強く、我が家は放任状態で育てています。 日本のホトトギスも丈夫ですが、タイワンホトトギスは株があまり倒れずに群生して沢山の花をつけて株が大きくなります。 庭植にしていますので、まわりに上げる肥料を取り込んで元気に育つようですが、葉を食害する害虫が春先から発生するので見つけ次第、捕殺するか薬剤を散布します。 わが家の庭は狭いので、他の植物を植えないような場所に植えています。 タイワンホトトギスとの交配種(桃源) 2005年10月8日 撮影 栽培品 和名 タイワンホトトギスとの交配種(桃源) 学名 Tricyrtis formosana 科名・属名 ユリ科 ホトトギス属 分布 タイワンホトトギスとの交配種(桃源) 花期 8~10月 特徴 花径2.5~4cm、高さ50~100cmの宿根草。 園芸品種として、タイワンホトトギスとホトトギスの交雑種も多く出回っています。 育て方 タイワンホトトギスほどではありませんが、かなり丈夫です。 日光が強いと葉やけをしますが、暑さには強く、我が家は放任状態で育てています。 ホトトギスやタイワンホトトギスと同じように地植えで同じように管理しています。 花之江の郷のタイワンホトトギス(台湾杜鵑)との交配種 山野草栽培の基本と注意点 上の栽培法は、関東地方の狭い住宅地で夜間もエアコンの熱風が出ているような場所で栽培している、わが家を基準にしています。 高山植物や、山野草を育てるにはかなり過酷な場所で、工夫しながら育てています。 猛暑日が増えてきてからは厳しくなった面もありますが、植物が私たちの愛情にこたえてくれるように慣れてきているものも多くなっています。 鉢植えの場合、すべてに書くことが出来ませんでしたが、鉢底には軽石などのゴロ石を入れて水はけを良くしていますし、植物によっては溶岩の砕いたものを入れています。 鉢は山野草鉢のように水はけのよいものを用いています。 病気になりやすいものもあるので、用土は新しいものを使い、微塵を抜いて、湿らせてから使った方が良いとは思っています。 私は宮城県の住宅地でも高山植物を育てたことがありますが、それほど気を遣わなくても、此処ではそだたないものも殖えすぎるくらいに育っていましたので、もっと楽に育てられるところの方が多いと思っています。 スポンサーリンク お越しいただきありがとうございます。 不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

次の