もしもアフィリエイト amazon 審査。 【もしもアフィリエイトでOK!!】Amazonアソシエイト審査に1発合格した話。

もしもアフィリエイトのAmazon審査に落ちた!【翻案権侵害って何?】|ペペシネマ

もしもアフィリエイト amazon 審査

Amazonアソシエイト比較 もちろん直接Amazonへ登録して利用することもできますが、各ASPにAmazonのプログラムがありますのでそちらを経由して利用することもできます。 それぞれで利用条件など異なる部分がありますので確認して見ます。 支払い報酬の料率 Amazonは商品カテゴリによって料率が細かく設定されていますので、一概に比較しづらいです。 各ASPに掲載の料率を乗せるのでざっと見比べてください。 【Amazonアソシエイト】 画像: 【もしもアフィリエイト経由】 画像: 本家Amazonとほぼ同じですよね。 【A8経由】 見づらくてすみません。 A8はなんでこんな縦長に作ったんでしょうかね。 全体的にAmazon本家よりパーセンテージが低く設定されています。 他細かい部分は気にしなくてもいいと思います。 気になる人は各サービスのページで確認してください。 Amazonを利用してメリットがある人は、Amazonの審査に通って、かつ毎月5000円を余裕で越えられる人ですね。 でないと現金もらえません。 A8より、もしもがお得だと思います。 A8は1000円〜支払いも可能なのですが、すると 1000円から手数料を引かれるので手数料が割高になります。 1000円でも5000円でも一回の手数料は同じだけかかります。 A8のメリットは 審査無しという部分だけですね。 じゃあ、 もしものAmazonの審査ってどうなんだってところは僕の経験を書きます。 もしもアフィリエイトでAmazonを使う もしもアフィリエイトに登録 まず、もしもアフィリエイトへ行って無料会員登録を済ませます。 比較的審査に通りやすいASPですので、おそらくすぐ登録完了するでしょう。 Amazonと提携申請 もしものページで「Amazon」と検索すれば出てきますので申請を出します。 問題はここの審査が通るかですよね。 詳細情報に記載されている注意事項を読んでください。 ちなみにこのブログで申請しました。 そのとき本家Amazonで、申請と修正を繰り返して3回承認却下されています。 6記事くらいは書いてたんですが。 結果、申請から5日ほどで、 もしもでAmazon提携完了のメールが届きました。 ついでに、その同じ日にAmazon本家から5回目の非承認メールも届いてましたw 本家よりは審査が易しかったようです。 Amazon受からない人でも可能性ありますので諦めないで! カエレバでもしもを使う Amazonを利用できる場合は、AmazonJSというプラグインを利用してましたが、もしもだと使えない。 で、もしもだとデザイン的にアレなのでカエレバを使おうと思います。

次の

Amazonアソシエイトの審査方法が変更?もしもアフィリエイトは不要?

もしもアフィリエイト amazon 審査

Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合 3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合 4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 6. 知的財産権を侵害している場合 7. 露骨な性描写がある場合 8. 未成年の方のお申し込み 2~8番までの理由であれば、すぐにでも改善することができますが、問題なのは1番の理由ではないでしょうか。 「 Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合」という部分が非常に曖昧な表現になっていますね。 一体どのようなサイトがNGなのか、その境界線もわからない気がします。 これでは改善のしようがありませんね。 ちなみに、Amazon側で公開している参加申請をお断りするサイト例については、下記の記事をご覧ください。 ・作成されたばかりの未完成サイトや、運営がされていないサイトは提携できません。 ・少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。 ・過去に問題があり提携解除された方は、他のサイトであっても再提携できません。 (芸能人の画像を勝手に使用することは禁じられております。 ) <提携できないサイトの例> ・リベートサイト(当該サイトのリンクを経由してショッピングを行うことと引き換えに、エンドカスタマーに対してポイント、キャッシュバック、慈善団体等への寄付等の方法でのディスカウントを提供するサイト)。 ・ソーシャルネットワーキングサイト。 ・誤ったまたは誤解を招くような方法その他の好ましくない方法で掲載しているサイト。 ・主として無料の電子書籍の販売促進を行うサイト。 ・テレビセットトップボックスまたはインターネット接続可能なテレビと組み合わせて使用するように設計または意図されているサイト。 ・独自の価値ある情報を掲載せずに、他サイトからの情報を掲載しているサイト。 ・クライアントアプリケーション、ソフトウェア、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントその他の実行可能コード(デスクトップアプリケーション、ツールバー、プラグイン、ヘルパー、コンポーネントおよび拡張子を含むが、これらに限られない)。 ・過去にアソシエイトアカウントを解除されたサイトや人。 ・リーチサイト等著作権その他知的財産権侵害を助長するサイト。 ・未完成等の理由により不適格サイトに該当するか否か判断できないサイト。 ・他サイトのコンテンツをコピーしたサイト、テンプレートのみ利用をする等独自の内容が含まれていないサイト、PPC広告(PayPerClick広告)から誘導されるいわゆるペライチページ等コンテンツが貧弱なサイト。 ・本人購入(第三者を代理しての購入も含む。 )が合理的に疑われる場合。 ・情報商材の販売等に関するサイト。 ・URLの誤記等によりサイトを確認できない場合または第三者が運営するWebサイトやURLで申込みがされた場合。 ・Webサイトの内容を確認できない場合または内容を確認できないコンテンツが含まれている場合。 ・申込み時に登録した住所、氏名、電話番号等が正しくない場合。 ・未成年者。 ・最安値または価格比較を標榜しているにもかかわらず、最安値が適切に表示されない、価格比較を行えない等機能が不十分なサイト。 ・日本語ドメインサイト。 ・不正が多発しているテンプレートを使用しているサイト。 ・長期間更新されていないサイト。 ・一般消費者ではない送客を主にしているサイト(転売情報サイト等)。 >> 「 少なくとも5記事以上はある状態で提携申請をお願い致します。 」 と、具体的に記事数を明示してあるところもわかりやすくて参考になりますね。 もし、Amazonアソシエイトのサイト審査に何度も落ちてしまうという方は、上に書かれている <提携できないサイトの例>に当てはまっていないかをよく確認してみてください。 もしかしたら、サイト審査に落ちていた原因が見つかるかもしれませんよ。 Amazonアソシエイトの審査に通らない場合に守るべき基本ポイント(主な審査基準) どのようなサイトに仕上げれば審査に通りやすくなるのかについては、上の <提携できないサイトの例>を見てもらえば、だいたい理解できるのではないでしょうか。 しかし、それ以前にもっと根本的な部分で守るべきポイントがあります。 それは、以下の5つのポイントです。 <Amazonアソシエイトの主な審査基準>• 購入履歴のあるAmazonアカウントを使って登録する• サイトの内容と紹介方法を丁寧に書く• サイト内に運営者情報を載せる• フリーメールではなくプロバイダのメールアドレスで登録する• 審査に申し込む時はすべての広告を外してから申し込む それぞれのポイントについて具体的に解説していきます。 購入履歴のあるAmazonアカウントを使って登録する Amazonでの購入履歴があるアカウントを登録することで、Amazon側に対しての信頼度を上げる効果があります。 信頼度を上げるとはどういうことかと言うと、実際に購入履歴のあるアカウントでの登録なら、個人情報等の偽りはないと判断されるからです。 特に、クレジットカードの登録をしておくと、余計に信頼度を上げれるのではないでしょうか。 少なくても、配達先を特定できる氏名と住所についての情報は、本人であることを証明できる確かな材料になるはずです。 実際に「 Amazonでの購入履歴があるアカウントを使用することで審査に通った」という情報が多く見受けれるところをみると、あながち間違いではない思います。 なので、もし新規アカウントで登録する場合は、実際にAmazonでの購入履歴を作ってから審査に出してみるといいかもしれません。 サイトの内容と紹介方法を丁寧に書く Amazonアソシエイトに申し込みをする際のサイト登録の情報をしっかりと書くことも大事です。 とくに気を付けたいのが、以下のWebサイトの内容を記入する部分です。 <サイトの内容を記入する時に重要視したいポイント>• どんなテーマを扱ったサイトなのか?• 訪問者にどんなメリットを与えられるサイトなのか?• どんな商品をどのように紹介していくのか? サイト内に運営者情報を載せる サイト内には 運営者情報を載せるのが基本です。 今のネット環境を考えても、誰が書いているのかわからないようなサイトは、訪問者にとって信頼できるサイトにはなり得ません。 そして、何かあった場合に連絡先が記載されていないサイトも信頼感を大きく損ねてしまいます。 おそらく、そのあたりもAmazonはしっかりとチェックしていると思います。 なので、必ず 運営者の氏名(ペンネームでも可)とメールアドレス(メールフォームなど)はサイト内に記載しておくべきです。 この記載がないと、たぶんAmazonの審査に通るのは難しいと思います。 フリーメールではなくプロバイダのメールアドレスで登録する これは、Amazonの新規アカウントを作成する人の場合ですが、登録するメールアドレスは、GmailやYahooなどのフリーメールアドレス以外のものを使うということです。 つまり、 プロバイダや独自ドメインを取得した際に作成できるメールアドレスを登録するということです。 これも信頼度に関係してくることですが、無料で簡単に作成できるフリーメールアドレスは簡単に捨てることもできるメールアドレスです。 それよりも、お金をかけて契約したプロバイダ、独自ドメインから作成したメールアドレスを登録したほうが信頼度が増します。 なので、Amazonアソシエイトに登録するメールアドレスは、フリーメールアドレス以外のものを使用したほうがいいです。 「 これからAmazonさんの商品を一生懸命紹介していきます」 という熱意を伝えるためにも、最低限のマナーとして審査に申し込む時は別の広告をすべて外してから申し込むべきです。 もし、Googleアドセンスを貼っているサイトなら、それすらも外して審査に申し込んだほうがいいでしょう。 Amazonアソシエイトの審査に合格したいのであれば、こういったことにも意識しておいたほうがいいです。 どうしてもAmazonアソシエイトの審査に通らない人は「もしもアフィリエイト」で提携すると審査に通る場合も どうしてもAmazonの審査に通らないという人は「もしもアフィリエイト」経由でAmazonの商品をアフィリエイトするという方法もあります。 理由はよくわかりませんが、「もしもアフィリエイト」自体の審査がやや厳し目(肖像権やパブリシティ権に関して特に厳しい)なので、そこを通過しているサイトなら安心だとAmazon側で判断してしまっているのかもしれません。 それで、審査が緩くなっているのかもしれませんね。 ちなみに、Amazonアソシエイトと「もしもアフィリエイト」経由での報酬料率はどちらも同じ料率です。 原則として、「もしもアフィリエイト」経由での報酬料率はAmazonアソシエイトでの料率に適用されるようです。 Amazonアソシエイトでの報酬料率は、2019年11月12日から売上金額に応じて変動するシステムが採用されてます。 <Amazonアソシエイトでの報酬料率>• Amazonアカウントがなくても利用できる• 最低報酬額1円から振り込まれる Amazonアカウントがなくても利用できる Amazonアソシエイトを利用するために、わざわざ新規にAmazonアカウントを作成する人は、最初から「もしもアフィリエイト」経由にすることで、Amazonアカウント取得の必要がなくなります。 なので、Amazonアソシエイトを利用するための購入履歴を作る必要もなくなります。 最低報酬額1円から振り込まれる 振り込まれる最低報酬額も、「もしもアフィリエイト」のほうが低く設定されています。 Amazonアソシエイトの最低報酬額は 5,000円、もしもアフィリエイトは最低報酬額 1,000円から振り込み可能で、振込先をSBI銀行に設定した場合は報酬額1円から振り込まれます。 なので、いち早く報酬が振り込まれるのを味わいたいという方は、「もしもアフィリエイト」経由で紹介したほうがいいと思います。 まとめ 今回は、Amazonアソシエイトの審査に落ちる場合の対処法について書いてみました。 審査に通らない主な理由は、サイト自体が未完成であったり、アフィリエイトが目的になってしまっているサイトであったり、健全でないサイト(読者に不快感を与えるようなサイト)である可能性が高いです。 上で説明したことに気を付けてサイトに修正を加え、もう一度Amazonアソシエイトの審査に申し込んでみてください。 分かりやすい記事をありがとうございます! 昨日アソシエイツに登録 新規アカウント しましたが、否認されてしまいました。 ブログを運営して半年弱で、記事もそれなりに構築しており、思いつく否認理由としてはURL誤記か、アドセンスや楽天アフィリを貼っていた事かな?と思い、再度トライしようとしましたが、登録されたアドレスは関連づけられていません。 といった内容が表示され、新たなアカウント作成が出来ません。 はじめまして、管理人の孔雀です。 Amazonアソシエイトのサイト審査で否認されたということですよね? ということは、Amazonアカウントの取得は完了しているということですよね? 通常は、サイト審査で否認されても、取得したAmazonアカウントでのログインはできるはずです。 そのAmazonアカウントでログインして、再度サイト審査に申し込めませんか? それとも、 「登録されたアドレスは関連づけられていません。 」と表示されるということは、Amazonアカウントの取得がまだ出来ていないということなのでしょうか? もし、別のアカウントを持っていて、新規に作成したAmazonアカウントでログインできないという状況なら、一度ログアウトしてから再度ログインしてみてください。 新たに新規アカウントを作成する時も、一度ログアウトしてから試してみるといいです。 こんにちは、管理人の孔雀です。 たぶん勘違いされていると思うのですが、もしもアフィリエイトを経由してアマゾンの広告(アフィリリンク)を作成すれば、アマゾンアカウントを取得しなくてもアマゾンの商品をアフィリエイトできるという話です。 つまり、もしもアフィリエイトを経由すればアマゾンアソシエイトにログインする必要すらなくなります。 なぜなら、もしもアフィリエイト内でアマゾンの広告(アフィリリンク)を作成できるようになるからです。 なので、アマゾンアソシエイトのアカウントが必要なくなる(使う必要がなくなる)ということです。 もしもアフィリエイトに会員登録したら、上部にある検索窓に「Amazon. jp」と入力して検索すると、以下のようなAmazonのプロモーションが検索されます。

次の

Amazonの審査に通らないときは「A8」でなく「もしもアフィリエイト」での申請がおすすめ

もしもアフィリエイト amazon 審査

もしもアフィリエイトのamazon審査を2サイトで比較 amazonの審査に出したブログは ・雑記ブログ(このブログ) ・特化型ブログ この2つになります。 ブログに20記事ぐらいボリュームがあれば審査に通るということになります。 文字数 1記事あたりの文字数に関しては雑記ブログ・特化型ブログ共に変わらないので落ちた理由とはあまり関係なさそうです。 かといって1記事500文字など極端に文字数が少ない場合はさすがに何かしら審査に影響はありそうですが。 更新頻度 雑記ブログ:ほぼ毎日 特化型ブログ:2~3日に1回 2つのサイトを比べると更新頻度に違いはありますが、2~3日に1度の記事投稿というのは一般的に考えても遅い方ではないので管理人の考え的には更新頻度で審査に落ちた可能性はかなり低いと思います。 広告の有り無し・広告の割合と種類 この広告の「有り無し・割合と種類」という項目が審査に落ちた原因ひとつじゃないかなと考えています。 これについて次で詳しく考察してみます。 特化型ブログの方は記事に対しての広告の割合も多いですし、そして雑記ブログと決定的に違った点は「 売りたい商品が完全に明確になっていた」ということです。 どういうことかというと、特化型ブログの方では売りたい商品を最初から決めていて、その商品に対する記事を量産していたのでamazon側からしたら「 ここに広告を載せられてもあまり意味がない」と思われたのかもしれません。 確かに当然の考えだと思います。 普通に審査する側から考えたら「 なんで売りたい商品が決まってるのにamazonの商品を貼り付ける必要があるの?」となるのは当たり前です。 この事をまとめてみると、ブログで売りたい商品が明確になっている場合は審査に何かしらの影響が出る可能性があるかも、ということです。 あくまで管理人の推測なので当たっているかは分かりませんが参考程度にしていただけたらなと思います。 管理人の場合、「 特化型サイトの方で商品公式ページに載っている人物の画像をそのまま掲載してしまった」ということも否認になった理由と関係があるのかもしれません。 なので何回受けても合格にならない場合はブログ記事内の画像を1度チェックしてみた方がいいかもしれません。 また、画像と同じで記事内にyoutubeの動画を埋め込んでいる場合も「 違法アップロード」されたものが混ざっていると著作権・知的財産の侵害に引っかかってしまいます。 審査期間 この 審査期間が意外とネックなんですよね。 というのも近年amazon商品を紹介しようと申請を出す人が多いので、審査期間が伸びているんじゃないかと思います。 管理人の場合は ・雑記ブログの審査期間: 9日後 ・特化型ブログの審査期間: 10日後 審査期間が1週間を超えてくると 「 自分のサイトは忘れられてるんじゃないかな?」 と不安になりますが,ネットで調べてみても皆さん基本1~2週間程度の審査期間がかかるようなので安心して待っていて下さい。

次の