まるまる ちび まる子 ちゃん。 ちびまる子ちゃんの登場人物

まるまるちびまる子ちゃん ロケ地情報

まるまる ちび まる子 ちゃん

まるまるちびまる子ちゃん:ドラマのサマリー 20歳のまる子(上野樹里)は同窓会の案内の手紙を貰って、有頂天になったがすぐに顏が青くなる。 小学生の頃の思い出として皆でタイムカプセルを作って何故かまる子がカギの管理者となっていたのだ。 もちろんどこにカギがあるかはわからず、家のひとに尋ねたくともみんな外出していて途方に暮れる。 すぐに会場に向かわないと間に合わない時間になっても、まる子は行くべきかどうか迷ってしまっていたが、仲良しだったたまちゃんから電話が来て、うまく状況を説明できずにいるうちに、仕事が終わらないからこれないという理由になってしまった。 さすがにまる子も考えを改めて、すでに開始しているであろう会場に急いでタクシーで向かい、まずはたまちゃんに挨拶をしたのだった。 まる子は今マンガ家として日々忙しくしていてたまちゃんには夢の仕事につけたことを知らせてあったが、もうひとつの夢であったお嫁さんについてはほかの皆はどうなのか興味もあったのだ。 -20年後の同窓会SPより-ドラマからバラエティまでも含む贅沢なマルコの番組。 まるまるちびまる子ちゃん :コンテンツの動画リンク先 第1話 新学期。 まる子、生き物係になる 第2話 まる子、忘れ物をする・遠足の準備が好き 第3話 おかあさんの日 第4話 まる子、お誕生会をひらく 第5話 今日は家庭訪問の日 第6話 まる子、ブロマイドをなくす 第7話 まる子、お泊まりに行く 第8話 父の日 第9話 《バラエティ企画満載》 第10話 幸せ極楽、保健室 第11話 20年後の同窓会 第31話 まる子、ひとり旅をする 第32話 お姉ちゃんのバレンタインデー 第33話 まる子とお姉ちゃん、南の島に行く まるまるちびまる子ちゃん :キャスティング さくらももこ(まる子) - 伊藤綺夏 さくらすみれ(お母さん) - 酒井法子 さくらひろし(お父さん) - 三村マサカズ(さまぁ〜ず) さくらこたけ(おばあちゃん) - 宮崎美子 さくら友蔵(おじいちゃん) - モト冬樹 さくらさきこ(お姉ちゃん) - 村崎真彩 3年4組 戸川先生 - 笠井信輔(フジテレビアナウンサー) 穂波たまえ(たまちゃん) - 岩本千波 浜崎のりたか(はまじ) - 佐野剛基 花輪和彦 - 石堂天山 丸尾スエオ - 牧野晴 みぎわ花子 - 入澤楓華 土橋とし子 - 當麻真歩 城ヶ崎姫子 - 梶浦花 冬田美鈴 - 高橋麻友 野口笑子 - 今泉野乃香 永沢君男 - 永本佳以 藤木茂 - 濱本佑太 大野けんいち - 桑代貴明 杉山さとし-上原陸 富田太郎(ブー太郎) - 河口瑛将 小杉太 - 乙黒勇希 山根つよし - 片貝健志 山田笑太 - 中上海輔 長山治-大隈祐輝 杉浦とくぞう(とくちゃん) - 濱田龍臣 笹山かず子-森千絵香 前田ひろみ -外島千夏 西村たかし - 梅澤太一 20年後の同窓SP さくらももこ(まる子) - 上野樹里 たまちゃん - サエコ はまじ - ワッキー(ペナルティ) ブー太郎 - 河本準一(次長課長) 丸尾くん - 山里亮太(南海キャンディーズ) 小杉くん - 内山信二 冬田さん - 柳原可奈子 野口さん - 箕輪はるか(ハリセンボン) みぎわさん - 近藤春菜(ハリセンボン) とし子ちゃん - 吉井怜 城ヶ崎さん - 原田夏希 花輪くん - 波岡一喜 大野くん - 横塚進之介 杉山くん - 目黒邑 「まるまるちびまる子ちゃん 」が、 YouTube・Dailymotionなどの動画サイトで無料視聴できるURLと、あらすじ及びキャストを紹介しています。 2018年-夏ドラマ 2018年-春ドラマ 2018年-冬ドラマ 2017年-秋ドラマ 2017年-夏ドラマ• 2017年-春ドラマ• 2017年-冬ドラマ• 2016年-秋ドラマ• 2016年-夏ドラマ• 2016年-春ドラマ• 2016年-冬ドラマ• 2015年-秋ドラマ• 当サイト(TVドラマ無料動画)は動画共有サイトで視聴できるURLをまとめているリンク集サイトです。 当サイトの運営者は、リンク先の動画(埋込み型動画も含めて)においてのアップロードや、その行為推奨は一切行っておりません。 著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 サイト内で紹介動画のダウンロード販売などは一切行っていません。 動画のアップロードや削除などの御質問はそれぞれの動画共有サイトへ直接お問い合わせくださるようお願いします。 サイトで紹介している各ドラマタイトルはカテゴリー分けされており、【ドラマの総合情報/ドラマ各話のページ】という2段の階層構造が基本となっています。 お探しの動画リンク先は各話のページに様々な種類の動画共有サイトURLとして記載しています。 なおドラマはあくまでもフィクションです。

次の

まるまるちびまる子ちゃん ロケ地情報

まるまる ちび まる子 ちゃん

さくら ももこ 本名 三浦美紀 生誕 1965-05-08 ・ (現・) 死没 2018-08-15 (53歳没) ・ 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』 『』 受賞 :第13回少女部門 (『ちびまる子ちゃん』) : (『』) 公式サイト さくら ももこ( - )は、の、、、。 また、自身の少女時代をモデルとした代表作のコミック『』のの名前でもある。 (現・静岡県)出身。 はA型。 身長159cm。 一男の母親。 代表作のコミック『ちびまる子ちゃん』の単行本の売上は累計3000万部を超える。 また、エッセイストとしても独特の視点と語り口で人気が高く、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもを記録。 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2018年8月)• 1965年5月8日、静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)に生まれる。 清水市立(当時)、同・、卒業。 - 静岡英和女学院短期大学(現・)在学中に『りぼんオリジナル』冬の号()にて「教えてやるんだありがたく思え! 」(「教師」をテーマとした作品、「」第1巻に掲載)でデビュー。 - 静岡英和女学院短期大学卒業、同年4月に上京しに入社する。 しかし、勤務中に居眠りするなどして、上司から「会社を取るか、漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答したため、同年5月末に入社わずか2か月で退職する。 同年8月、『』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始。 - 『』30号(7月10日号、)から「」の連載開始。 - 『りぼん』の編集者・と結婚。 1989年度(平成元年)、第13回少女部門受賞(『ちびまる子ちゃん』)。 - 『ちびまる子ちゃん』が系でされ、国民的に知名度を高める(9月終了)。 主題歌『』の作詞でを受賞。 にはが歌う『』も主題歌(第2弾)としてヒットする。 - 初エッセイ集『もものかんづめ』(集英社)発表。 10月より宮永とともに『』月曜1部のパーソナリティをつとめる。 (10月まで)• 9月 - 『ちびまる子ちゃん』のアニメが一旦放送終了。 4月 - 長男誕生。 1月 - 『ちびまる子ちゃん』のアニメが放送再開(第二期)。 - 『』がアニメ化される(〜1999年)。 - 宮永正隆と離婚。 - 自ら編集長を務めた雑誌『』()の第1号が発売される。 - のために「こうしていよう」を作詞。 - イラストレーターと再婚。 - デビュー20周年を記念し、各地で原画展「さくらももこワールド 20年の軌跡展」を開催。 - 4月18日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ化。 自身は第1話の脚本も担当。 2006年 - 10月31日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ第2作放送。 原作を同じくする実写とアニメが同時期に放送される珍しいケースとなる(2008年2月28日放送終了)。 2007年 - 7月1日、『ちびまる子ちゃん』が、、、、、、、、、朝刊にて連載開始。 からはでも連載が開始される(2011年12月31日連載終了)。 なお、没後に東京新聞に掲載された記事によれば、この連載の当時から乳がんを患っていたという。 - 4月18日、『』が実写ドラマ化される(同年9月30日に放送終了)。 2013年 - 、約6年ぶりに『ちびまる子ちゃん』が実写ドラマ化される。 - - デビュー30周年を記念し、『さくらももこの世界展』を各地で開催する。 2014年7月 - のとともにユニット『イエローパープル』を結成(プロデュースと作詞担当)。 2015年 - 10月7日発売の21号より、『』の連載が開始。 - 10月5日、をテーマにした新作地方マンガ『』の公式サイトを開設。 10月8日より自ら脚本を書いたWEBアニメ配信開始。 - 8月15日20時29分、のため死去。 53歳没。 通夜・告別式は遺族の意向により親族・近親者のみで執り行われ、同年8月27日に死去が公表された。 11月16日にはお別れ会「さくらももこさん ありがとうの会」がにて営まれた。 - - 雑誌『(マリソル)』(集英社)2019年1月号 - 2019年4月号にかけて、未発表エッセイ『おかめはちもく』が短期集中連載される。 - 10月3日発売予定の少女漫画誌『』11月において、『』の新作漫画が掲載される。 この新作はかつてテレビアニメ用に書き下ろした脚本を基にさくらプロダクションが新たに漫画化したもので、さくら自身が自分の手でいつか漫画にしたいと願っていた。 人物・交友関係 [ ] ペンネームの由来は、花の「さくら」と「もも」から。 経緯は、高校3年生の夏に漫才師か落語家を目指そうと考えていた時期に(最初の漫画投稿が不発だったため)、同時に芸名も考えていたことによる。 自身の好きな花から候補を挙げ、最終的に残った「すみれ」「さくら」「もも」の中から、「さくら」と「もも」を繋いで「さくらももこ」とした。 後に漫画の投稿活動を再開したときから、このペンネームを使用している。 「すみれ」は、後に『ちびまる子ちゃん』での母親の名前に使用している。 小学校(「まる子」だった)時代は、『ちびまる子ちゃん』で描かれていたように怠け者かつ勉強に真面目に取り組まなかったことから、しょっちゅう母親に怒られていたという。 怒られること自体への煩わしさは感じていたが、作者曰く「居眠りで他人に迷惑をかけているわけではない」「万引きや、家庭内暴力で人や物を傷付けたりはしてないので、怒られる筋合いは無い」と、反省はしなかったと語っている。 また、姉とのケンカが絶えず、母親を困らせていたという。 同級生として元で現の監督であるや放送作家のがいる。 「はまじ」のモデルとなった浜崎憲孝が自伝を出版した際にはさくらが表紙のイラストを書き下ろした。 浜崎によると、小学生時代はかなり内気な性格であり、穂波たまえのモデルとなった友人の方がより「まる子」に近いキャラクターだったと語っている。 の頃、「みたいに偉くなりたい。 を作りたい」と言ったが、父親に「青島幸男はだ、無理に決まっている」と一蹴された。 そのさくらが青島を目標とし大人になって作詞した歌が「」である。 また学生時代、に弟子入りしようとしたこともある。 『』で=仮面ライダー2号を演じたのファンだった。 一文字のカード欲しさにを買ったこともある。 のファンで、『ちびまる子ちゃん』の作中では、まる子のお姉ちゃんがファンという設定で何度か登場させており、また西城は1991年から1992年にかけて使われたエンディングテーマ曲「」の歌唱も担当していた。 2018年5月に西城が死去した際には、さくらは自身のブログで追悼のコメントを述べた。 高校時代にの免許を取得しており、家の月刊誌『』1998年1月号の表紙では、のイラストを寄稿したこともある。 的エッセイの「ひとりずもう」によると、さくらは高校に入学して部活を決める際に、なるべく早く家に帰りたいという理由で最も楽そうな物理部を選んだが、この物理部ではアマチュア無線の免許を取得することが義務付けられており、そのために彼女は1回2時間・週2回の講習会へ2か月間通わなければならず、それについて非常に煩わしい思いをしたと語っている。 健康の研究を日々行い、やによる治療など多くのを実践していた。 30代の時には『ももこのおもしろ健康手帖』(刊)と題するエッセイ本を出版したこともある。 その一方ででもあり、自著では「私は大の愛煙家だ。 朝起きてまずを吸い、昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、夜眠る直前までタバコを吸う」「タバコが健康をもたらしてくれる。 タバコをガンガンに吸っているからこそ、吸っていない人の20倍は、健康に気をつける」「タバコは私に健康の大切さを考えさせ、吸うからにはまず健康を確保しろということに気づかせてくれた」などと語っていた。 また、生前に交流があったは、没後に自身を上回る酒豪だったと語っている。 少女時代から作文が得意で、短大の模擬試験の作文課題では採点者から「が現代に来て書いたようだ」と評価されるほどであった。 このことが、エッセイ漫画へと舵を切るきっかけの一つとなった。 主な作品 [ ] 漫画 [ ]• (1986年 - 2014年(全17巻)、、) のち文庫(14巻収録分まで)• (1990年、りぼん、集英社)• (1992年、りぼん、集英社)• 4コマちびまる子ちゃん(2007年 - 2011年、・ほか、)• (2015年、りぼん、集英社)• (2016年 - 2018年(全2巻)、、集英社)• (1989年 - 1992年、、)• 神のちからっ子新聞(2004年 - 2008年、ビッグコミックスピリッツ、小学館)• (1993年 - 1995年、(全1巻)ビッグコミックスピリッツ、小学館)• スーパー0くん(2001年 - 2002年、、小学館)• (を)(2006年、(上下巻)ビッグコミックスピリッツ、小学館) のち文庫• (2015年 - 2016年(未完)、グランドジャンプ、集英社) エッセイ [ ]• 『もものかんづめ』集英社 のち文庫• 『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送• 『さるのこしかけ』集英社 のち文庫• 『たいのおかしら』集英社 のち文庫• 『ももこのいきもの図鑑』マガジンハウス のち集英社文庫• 『そういうふうにできている』新潮社 のち文庫• 『あのころ』集英社 のち文庫• 『ももこの世界あっちこっちめぐり』集英社• 『まる子だった』集英社 のち文庫• 『ももこの話』集英社 のち文庫• 『憧れのまほうつかい』新潮社 のち文庫• 『ももこのおもしろ健康手帖』• 『さくら日和』集英社 のち文庫• 『のほほん絵日記』集英社 のち文庫• 『ツチケンモモコラーゲン』共著、集英社 のち文庫• 『ももこのトンデモ大冒険』徳間書店 のち文庫• 『さくらえび』新潮社 のち文庫• 『ももこの宝石物語』集英社 のち文庫• 『ももこのおもしろ宝石手帖』幻冬舎 のち文庫• 『またたび』新潮社 のち文庫• 『さくらめーる』集英社• 『ももこの70年代手帖』幻冬舎• 『ひとりずもう』小学館 のち文庫• 『MOMOKO TIMES』集英社• 『焼きそばうえだ』小学館 のち文庫• 『おんぶにだっこ』小学館 のち文庫• 『さくら横丁』集英社• 『ももこの21世紀日記』 No. 1 - 8 幻冬舎、2002-08 のち集英社文庫『ももこのよりぬき絵日記』(全4巻)として再編• 『ももこのまんねん日記』集英社 2010• 『ももこのまんねん日記 2011』集英社 2011• 「」 (作曲・織田哲郎)• 「だいすき」(作曲・)• 「ハミングがきこえる」 (作曲・)• 「Johnny,Johnny 死ぬほど恋して」(作曲・カジヒデキ)• 2000年 中学校の部課題曲 「こうしていよう」 (作曲・)• 「宇宙大シャッフル」 (作曲・)• ちびまる子ちゃん() with ()「アララの呪文」 (作曲・)• 2004年 「」 (挿入歌のみ、挿入歌作曲・)• 「」 (作曲・)• さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集「ぜんぶ ここに」(作曲・)• 「」 (作曲・桑田佳祐)• 2012年 「あの日のキミ」 (作曲・松雪陽)• 2012年 「バイバイベイビー」 (作曲・松雪陽)• 2013年 「まるちゃんの静岡音頭」(静岡市公式音頭)(作曲・細野晴臣、編曲・小山田圭吾)• 2013年 松雪陽「レッツGOしずおか」(作曲・松雪陽)• 2014年 「ロマンティックタイム」「Loop」(作曲・井上太郎、琵奈子)• 「幸せのはじまり」• 2015年 「おーい!! 」(作曲・)• 2015年 「」(作曲・)• 「」 (作曲・)• 2016年 BOBヒロオ「GJ8マンのテーマ」・やまたろう「長良川鉄道の夜」(作曲・山崎耀)• アルバム『』収録の以下の7曲(全作曲・)• 「月曜日の朝」• 「火曜日の昼」• 「水曜日の夕方」• 「木曜日は雨」• ()「金曜日の夢 ~朝か夜かの物語~」• 「土曜日の恋人」• ()「日曜日の昼下がり」• 2017年 「すすめナンセンス」(作曲:織田哲郎)• 2017年 ヨシケン「GJ8マン音頭」(作曲・山崎耀)• パチンコ『CRさくらももこ劇場コジコジ2』収録の以下の2曲(全作曲・山崎燿)• 「あっちこっちRaRaRa」• けーこ「バラ色の恋」• (作詞時期不明) 「いつもの風景」(作曲・斉藤和義) 詩集 [ ]• まるむし帳 雑誌・ムック本 [ ]• 『』 - さくらが編集長となり、「日本一の雑誌」と称して出版された。 おめでとう - デビュー30周年を記念し発売。 翻訳 [ ]• 『ブックス』シリーズ 絵本、ドラマ脚本他 [ ]• (系列のドラマ・脚本)• ももこのファンタジック・ワールド コジコジ(絵本) ラジオ出演 [ ]• (、1991年10月22日 - 1992年10月12日)• ももこのおしゃべりチャンネル(、2015年10月 - 12月) その他 [ ] さくらももこが静岡市に寄贈したマンホールの蓋• (・用ソフト)キャラクターデザイン• ゲームの企画・シナリオは実姉である三浦範子が手がける。 まちあわせ(・CD)・星を食べる(同・シングル)ジャケットデザイン(たまのメンバーを描いている)• ハコイリ娘。 ツチケンモモコラーゲン(さくらももこ・ 対談集)• (・用ソフト)キャラクターデザイン• 「80周年記念 春風の夢」表紙デザイン(1991年)• 「」アルバムジャケットデザイン(1991年)• キャラクターデザイン(1998年)• 新装改訂版挿絵(2000年)• (都05)のイラスト(2008年)• ふくファミリー(ふく太郎・ふくこ・ふくのすけ)・海里くん・響子ちゃん()マスコットキャラクターデザイン• 「今年の汚れ 今年のうちに」(住まいの洗剤キャンペーン)(2008年・2009年・2010年)• イメージキャラクター(2008年・2009年)• 静岡市自主運行バス「清水まちなか巡回バス」デザイン(2011年・運行受託および車両保守は)• しずてつジャストライン高速乗合バス「横浜ライナー」静岡市と同社の協働ラッピング車両デザイン(2012年)• ラッピング車両「ちびまる子ちゃんの生まれた町にあそびにおいでよ!」• 静岡市広報課シティプロモーション課「静岡市はいいねぇ。 」オリジナルイラスト(2011年~)• LINEスタンプデザイン(2013年)• (、2014年)(タイトルロゴ・キャラクター「ぽちのすけ」「にゃーにゃん」デザイン)• ひとくち劇場 - 作画(2014年)• の「」シリーズ等に関わった編集者・石井健資によるスピリチュアル・オカルト系の出版社の• 英雄百歌(のイラストを担当 )• 花王ニベアクリーム(容器のイラストを担当)(2018年9月8日発売)これが遺作となった。 (2016年~) - 毎月8日に配信される短編アニメーション。 さくら自身も悪者役として出演した。 この作品も遺作となった。 オリジナルデザインマンホール - 2018年8月7日ちびまる子ちゃんがあしらわれたマンホールの蓋2種類を静岡市に寄贈した。 マンホールの蓋は同年9月6日に前、翌日前に設置された。 これも生前最後の作品とされている。 関係人物 [ ]• (さくらと同じコサキンリスナー)• (同じコサキンリスナー)• (絵本作家、漫画家・友人)• (漫画家・友人)• (漫画家・友人)• 漫画家・友人• (漫画家・友人)• (女優・友人)• (小説家・友人)• (元監督、元サッカー解説者、元同級生、現監督・『ちびまる子ちゃん』のキャラ、ケンタのモデル)• (、元同級生・『ちびまる子ちゃん』のキャラ、ヒラバのモデル)• (・、『ちびまる子ちゃん』の劇中に無名の芸人という設定で登場し、さくらの父とも実際に交流がある)• (ミュージシャン、元)• (公私ともに親交があった。 『』日曜7時時代、アニメ合体SPなど放送されていた。 ) アシスタント [ ]• さくらももこを演じた人物 [ ] 1992年NHKドラマ『さくら家の人びと』ももこ役• 『ちびまる子ちゃん』関連作品で演じた人物。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本アニメーション株式会社. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 東京新聞. 2018年8月28日. 2018年8月29日閲覧。 の「ABOUT "YELLOWPURPLE"」より• コミックナタリー 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 さくらももこ公式ブログ. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2018年11月16日. 2018年11月20日閲覧。 さくらももこ公式ブログ. 2018年11月29日. 2020年6月20日閲覧。 2019年9月3日閲覧。 エッセイ版『ひとりずもう』の「方向転換」より。 集英社文庫『もものかんづめ』巻末の、土屋賢二との対談より。 集英社『あのころ』の「きょうだいゲンカの話」より。 なお、父親は仲裁してくれなかったと語っている。 さくらももこ『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送出版 1992年• 浜崎憲孝『僕、はまじ。 』(彩図社、2002年)• 『ちびまる子ちゃん 8 』(集英社、1991年)「まる子みんなにばかにされる」の巻より(130-131頁)。 サンケイスポーツ. 2018年5月18日. 2019年2月18日閲覧。 さくらももこ『ももこの話』集英社、2006年。 「」『スポーツ報知』報知新聞社、2018年11月16日。 2020年6月21日閲覧。 『ひとりずもう』より(エッセイ版、漫画版ともに同様の描写がある)。 MANTANWEB. 2016年10月19日. 2016年10月19日閲覧。 MANTANWEB. 2015年10月7日. 2015年10月7日閲覧。 音楽ナタリー. 2013年5月31日. 2016年12月17日閲覧。 ナタリー. 2014年10月16日. 2015年3月9日閲覧。 音楽ナタリー. 2015年1月6日. 2015年7月8日閲覧。 サンケイスポーツ. 2015年9月12日. 2015年9月13日閲覧。 コミックナタリー. 2015年9月28日. 2015年10月7日閲覧。 岐阜新聞. 2016年12月9日. の2016年12月17日時点におけるアーカイブ。 2016年12月17日閲覧。 ナタリー. 2017年9月15日. 2017年10月1日閲覧。 RBBTODAY. 2017年10月3日. 2017年10月17日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年10月1日. 2019年10月1日閲覧。 後に『まる子とコジコジ』のタイトルで復刊。 2018年8月28日発信。 ヒカルランド• 2017年10月1日閲覧。 野口拓朗 2018年8月8日. 朝日新聞DIGITAL 朝日新聞社. 2018年12月31日閲覧。 産経フォト 産経新聞社. 2018年9月6日. 2018年12月31日閲覧。 外部リンク [ ]• - ほぼ日刊イトイ新聞• 『』 - この項目は、・に関連した です。

次の

ちびまる子ちゃんの登場人物

まるまる ちび まる子 ちゃん

さくら ももこ 本名 三浦美紀 生誕 1965-05-08 ・ (現・) 死没 2018-08-15 (53歳没) ・ 国籍 職業 活動期間 - ジャンル 代表作 『』 『』 受賞 :第13回少女部門 (『ちびまる子ちゃん』) : (『』) 公式サイト さくら ももこ( - )は、の、、、。 また、自身の少女時代をモデルとした代表作のコミック『』のの名前でもある。 (現・静岡県)出身。 はA型。 身長159cm。 一男の母親。 代表作のコミック『ちびまる子ちゃん』の単行本の売上は累計3000万部を超える。 また、エッセイストとしても独特の視点と語り口で人気が高く、初期エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』はいずれもを記録。 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2018年8月)• 1965年5月8日、静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)に生まれる。 清水市立(当時)、同・、卒業。 - 静岡英和女学院短期大学(現・)在学中に『りぼんオリジナル』冬の号()にて「教えてやるんだありがたく思え! 」(「教師」をテーマとした作品、「」第1巻に掲載)でデビュー。 - 静岡英和女学院短期大学卒業、同年4月に上京しに入社する。 しかし、勤務中に居眠りするなどして、上司から「会社を取るか、漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答したため、同年5月末に入社わずか2か月で退職する。 同年8月、『』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始。 - 『』30号(7月10日号、)から「」の連載開始。 - 『りぼん』の編集者・と結婚。 1989年度(平成元年)、第13回少女部門受賞(『ちびまる子ちゃん』)。 - 『ちびまる子ちゃん』が系でされ、国民的に知名度を高める(9月終了)。 主題歌『』の作詞でを受賞。 にはが歌う『』も主題歌(第2弾)としてヒットする。 - 初エッセイ集『もものかんづめ』(集英社)発表。 10月より宮永とともに『』月曜1部のパーソナリティをつとめる。 (10月まで)• 9月 - 『ちびまる子ちゃん』のアニメが一旦放送終了。 4月 - 長男誕生。 1月 - 『ちびまる子ちゃん』のアニメが放送再開(第二期)。 - 『』がアニメ化される(〜1999年)。 - 宮永正隆と離婚。 - 自ら編集長を務めた雑誌『』()の第1号が発売される。 - のために「こうしていよう」を作詞。 - イラストレーターと再婚。 - デビュー20周年を記念し、各地で原画展「さくらももこワールド 20年の軌跡展」を開催。 - 4月18日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ化。 自身は第1話の脚本も担当。 2006年 - 10月31日、『ちびまる子ちゃん』実写ドラマ第2作放送。 原作を同じくする実写とアニメが同時期に放送される珍しいケースとなる(2008年2月28日放送終了)。 2007年 - 7月1日、『ちびまる子ちゃん』が、、、、、、、、、朝刊にて連載開始。 からはでも連載が開始される(2011年12月31日連載終了)。 なお、没後に東京新聞に掲載された記事によれば、この連載の当時から乳がんを患っていたという。 - 4月18日、『』が実写ドラマ化される(同年9月30日に放送終了)。 2013年 - 、約6年ぶりに『ちびまる子ちゃん』が実写ドラマ化される。 - - デビュー30周年を記念し、『さくらももこの世界展』を各地で開催する。 2014年7月 - のとともにユニット『イエローパープル』を結成(プロデュースと作詞担当)。 2015年 - 10月7日発売の21号より、『』の連載が開始。 - 10月5日、をテーマにした新作地方マンガ『』の公式サイトを開設。 10月8日より自ら脚本を書いたWEBアニメ配信開始。 - 8月15日20時29分、のため死去。 53歳没。 通夜・告別式は遺族の意向により親族・近親者のみで執り行われ、同年8月27日に死去が公表された。 11月16日にはお別れ会「さくらももこさん ありがとうの会」がにて営まれた。 - - 雑誌『(マリソル)』(集英社)2019年1月号 - 2019年4月号にかけて、未発表エッセイ『おかめはちもく』が短期集中連載される。 - 10月3日発売予定の少女漫画誌『』11月において、『』の新作漫画が掲載される。 この新作はかつてテレビアニメ用に書き下ろした脚本を基にさくらプロダクションが新たに漫画化したもので、さくら自身が自分の手でいつか漫画にしたいと願っていた。 人物・交友関係 [ ] ペンネームの由来は、花の「さくら」と「もも」から。 経緯は、高校3年生の夏に漫才師か落語家を目指そうと考えていた時期に(最初の漫画投稿が不発だったため)、同時に芸名も考えていたことによる。 自身の好きな花から候補を挙げ、最終的に残った「すみれ」「さくら」「もも」の中から、「さくら」と「もも」を繋いで「さくらももこ」とした。 後に漫画の投稿活動を再開したときから、このペンネームを使用している。 「すみれ」は、後に『ちびまる子ちゃん』での母親の名前に使用している。 小学校(「まる子」だった)時代は、『ちびまる子ちゃん』で描かれていたように怠け者かつ勉強に真面目に取り組まなかったことから、しょっちゅう母親に怒られていたという。 怒られること自体への煩わしさは感じていたが、作者曰く「居眠りで他人に迷惑をかけているわけではない」「万引きや、家庭内暴力で人や物を傷付けたりはしてないので、怒られる筋合いは無い」と、反省はしなかったと語っている。 また、姉とのケンカが絶えず、母親を困らせていたという。 同級生として元で現の監督であるや放送作家のがいる。 「はまじ」のモデルとなった浜崎憲孝が自伝を出版した際にはさくらが表紙のイラストを書き下ろした。 浜崎によると、小学生時代はかなり内気な性格であり、穂波たまえのモデルとなった友人の方がより「まる子」に近いキャラクターだったと語っている。 の頃、「みたいに偉くなりたい。 を作りたい」と言ったが、父親に「青島幸男はだ、無理に決まっている」と一蹴された。 そのさくらが青島を目標とし大人になって作詞した歌が「」である。 また学生時代、に弟子入りしようとしたこともある。 『』で=仮面ライダー2号を演じたのファンだった。 一文字のカード欲しさにを買ったこともある。 のファンで、『ちびまる子ちゃん』の作中では、まる子のお姉ちゃんがファンという設定で何度か登場させており、また西城は1991年から1992年にかけて使われたエンディングテーマ曲「」の歌唱も担当していた。 2018年5月に西城が死去した際には、さくらは自身のブログで追悼のコメントを述べた。 高校時代にの免許を取得しており、家の月刊誌『』1998年1月号の表紙では、のイラストを寄稿したこともある。 的エッセイの「ひとりずもう」によると、さくらは高校に入学して部活を決める際に、なるべく早く家に帰りたいという理由で最も楽そうな物理部を選んだが、この物理部ではアマチュア無線の免許を取得することが義務付けられており、そのために彼女は1回2時間・週2回の講習会へ2か月間通わなければならず、それについて非常に煩わしい思いをしたと語っている。 健康の研究を日々行い、やによる治療など多くのを実践していた。 30代の時には『ももこのおもしろ健康手帖』(刊)と題するエッセイ本を出版したこともある。 その一方ででもあり、自著では「私は大の愛煙家だ。 朝起きてまずを吸い、昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、夜眠る直前までタバコを吸う」「タバコが健康をもたらしてくれる。 タバコをガンガンに吸っているからこそ、吸っていない人の20倍は、健康に気をつける」「タバコは私に健康の大切さを考えさせ、吸うからにはまず健康を確保しろということに気づかせてくれた」などと語っていた。 また、生前に交流があったは、没後に自身を上回る酒豪だったと語っている。 少女時代から作文が得意で、短大の模擬試験の作文課題では採点者から「が現代に来て書いたようだ」と評価されるほどであった。 このことが、エッセイ漫画へと舵を切るきっかけの一つとなった。 主な作品 [ ] 漫画 [ ]• (1986年 - 2014年(全17巻)、、) のち文庫(14巻収録分まで)• (1990年、りぼん、集英社)• (1992年、りぼん、集英社)• 4コマちびまる子ちゃん(2007年 - 2011年、・ほか、)• (2015年、りぼん、集英社)• (2016年 - 2018年(全2巻)、、集英社)• (1989年 - 1992年、、)• 神のちからっ子新聞(2004年 - 2008年、ビッグコミックスピリッツ、小学館)• (1993年 - 1995年、(全1巻)ビッグコミックスピリッツ、小学館)• スーパー0くん(2001年 - 2002年、、小学館)• (を)(2006年、(上下巻)ビッグコミックスピリッツ、小学館) のち文庫• (2015年 - 2016年(未完)、グランドジャンプ、集英社) エッセイ [ ]• 『もものかんづめ』集英社 のち文庫• 『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送• 『さるのこしかけ』集英社 のち文庫• 『たいのおかしら』集英社 のち文庫• 『ももこのいきもの図鑑』マガジンハウス のち集英社文庫• 『そういうふうにできている』新潮社 のち文庫• 『あのころ』集英社 のち文庫• 『ももこの世界あっちこっちめぐり』集英社• 『まる子だった』集英社 のち文庫• 『ももこの話』集英社 のち文庫• 『憧れのまほうつかい』新潮社 のち文庫• 『ももこのおもしろ健康手帖』• 『さくら日和』集英社 のち文庫• 『のほほん絵日記』集英社 のち文庫• 『ツチケンモモコラーゲン』共著、集英社 のち文庫• 『ももこのトンデモ大冒険』徳間書店 のち文庫• 『さくらえび』新潮社 のち文庫• 『ももこの宝石物語』集英社 のち文庫• 『ももこのおもしろ宝石手帖』幻冬舎 のち文庫• 『またたび』新潮社 のち文庫• 『さくらめーる』集英社• 『ももこの70年代手帖』幻冬舎• 『ひとりずもう』小学館 のち文庫• 『MOMOKO TIMES』集英社• 『焼きそばうえだ』小学館 のち文庫• 『おんぶにだっこ』小学館 のち文庫• 『さくら横丁』集英社• 『ももこの21世紀日記』 No. 1 - 8 幻冬舎、2002-08 のち集英社文庫『ももこのよりぬき絵日記』(全4巻)として再編• 『ももこのまんねん日記』集英社 2010• 『ももこのまんねん日記 2011』集英社 2011• 「」 (作曲・織田哲郎)• 「だいすき」(作曲・)• 「ハミングがきこえる」 (作曲・)• 「Johnny,Johnny 死ぬほど恋して」(作曲・カジヒデキ)• 2000年 中学校の部課題曲 「こうしていよう」 (作曲・)• 「宇宙大シャッフル」 (作曲・)• ちびまる子ちゃん() with ()「アララの呪文」 (作曲・)• 2004年 「」 (挿入歌のみ、挿入歌作曲・)• 「」 (作曲・)• さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集「ぜんぶ ここに」(作曲・)• 「」 (作曲・桑田佳祐)• 2012年 「あの日のキミ」 (作曲・松雪陽)• 2012年 「バイバイベイビー」 (作曲・松雪陽)• 2013年 「まるちゃんの静岡音頭」(静岡市公式音頭)(作曲・細野晴臣、編曲・小山田圭吾)• 2013年 松雪陽「レッツGOしずおか」(作曲・松雪陽)• 2014年 「ロマンティックタイム」「Loop」(作曲・井上太郎、琵奈子)• 「幸せのはじまり」• 2015年 「おーい!! 」(作曲・)• 2015年 「」(作曲・)• 「」 (作曲・)• 2016年 BOBヒロオ「GJ8マンのテーマ」・やまたろう「長良川鉄道の夜」(作曲・山崎耀)• アルバム『』収録の以下の7曲(全作曲・)• 「月曜日の朝」• 「火曜日の昼」• 「水曜日の夕方」• 「木曜日は雨」• ()「金曜日の夢 ~朝か夜かの物語~」• 「土曜日の恋人」• ()「日曜日の昼下がり」• 2017年 「すすめナンセンス」(作曲:織田哲郎)• 2017年 ヨシケン「GJ8マン音頭」(作曲・山崎耀)• パチンコ『CRさくらももこ劇場コジコジ2』収録の以下の2曲(全作曲・山崎燿)• 「あっちこっちRaRaRa」• けーこ「バラ色の恋」• (作詞時期不明) 「いつもの風景」(作曲・斉藤和義) 詩集 [ ]• まるむし帳 雑誌・ムック本 [ ]• 『』 - さくらが編集長となり、「日本一の雑誌」と称して出版された。 おめでとう - デビュー30周年を記念し発売。 翻訳 [ ]• 『ブックス』シリーズ 絵本、ドラマ脚本他 [ ]• (系列のドラマ・脚本)• ももこのファンタジック・ワールド コジコジ(絵本) ラジオ出演 [ ]• (、1991年10月22日 - 1992年10月12日)• ももこのおしゃべりチャンネル(、2015年10月 - 12月) その他 [ ] さくらももこが静岡市に寄贈したマンホールの蓋• (・用ソフト)キャラクターデザイン• ゲームの企画・シナリオは実姉である三浦範子が手がける。 まちあわせ(・CD)・星を食べる(同・シングル)ジャケットデザイン(たまのメンバーを描いている)• ハコイリ娘。 ツチケンモモコラーゲン(さくらももこ・ 対談集)• (・用ソフト)キャラクターデザイン• 「80周年記念 春風の夢」表紙デザイン(1991年)• 「」アルバムジャケットデザイン(1991年)• キャラクターデザイン(1998年)• 新装改訂版挿絵(2000年)• (都05)のイラスト(2008年)• ふくファミリー(ふく太郎・ふくこ・ふくのすけ)・海里くん・響子ちゃん()マスコットキャラクターデザイン• 「今年の汚れ 今年のうちに」(住まいの洗剤キャンペーン)(2008年・2009年・2010年)• イメージキャラクター(2008年・2009年)• 静岡市自主運行バス「清水まちなか巡回バス」デザイン(2011年・運行受託および車両保守は)• しずてつジャストライン高速乗合バス「横浜ライナー」静岡市と同社の協働ラッピング車両デザイン(2012年)• ラッピング車両「ちびまる子ちゃんの生まれた町にあそびにおいでよ!」• 静岡市広報課シティプロモーション課「静岡市はいいねぇ。 」オリジナルイラスト(2011年~)• LINEスタンプデザイン(2013年)• (、2014年)(タイトルロゴ・キャラクター「ぽちのすけ」「にゃーにゃん」デザイン)• ひとくち劇場 - 作画(2014年)• の「」シリーズ等に関わった編集者・石井健資によるスピリチュアル・オカルト系の出版社の• 英雄百歌(のイラストを担当 )• 花王ニベアクリーム(容器のイラストを担当)(2018年9月8日発売)これが遺作となった。 (2016年~) - 毎月8日に配信される短編アニメーション。 さくら自身も悪者役として出演した。 この作品も遺作となった。 オリジナルデザインマンホール - 2018年8月7日ちびまる子ちゃんがあしらわれたマンホールの蓋2種類を静岡市に寄贈した。 マンホールの蓋は同年9月6日に前、翌日前に設置された。 これも生前最後の作品とされている。 関係人物 [ ]• (さくらと同じコサキンリスナー)• (同じコサキンリスナー)• (絵本作家、漫画家・友人)• (漫画家・友人)• (漫画家・友人)• 漫画家・友人• (漫画家・友人)• (女優・友人)• (小説家・友人)• (元監督、元サッカー解説者、元同級生、現監督・『ちびまる子ちゃん』のキャラ、ケンタのモデル)• (、元同級生・『ちびまる子ちゃん』のキャラ、ヒラバのモデル)• (・、『ちびまる子ちゃん』の劇中に無名の芸人という設定で登場し、さくらの父とも実際に交流がある)• (ミュージシャン、元)• (公私ともに親交があった。 『』日曜7時時代、アニメ合体SPなど放送されていた。 ) アシスタント [ ]• さくらももこを演じた人物 [ ] 1992年NHKドラマ『さくら家の人びと』ももこ役• 『ちびまる子ちゃん』関連作品で演じた人物。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本アニメーション株式会社. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 東京新聞. 2018年8月28日. 2018年8月29日閲覧。 の「ABOUT "YELLOWPURPLE"」より• コミックナタリー 2015年9月16日. 2015年9月16日閲覧。 さくらももこ公式ブログ. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月27日. の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 2018年8月27日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2018年11月16日. 2018年11月20日閲覧。 さくらももこ公式ブログ. 2018年11月29日. 2020年6月20日閲覧。 2019年9月3日閲覧。 エッセイ版『ひとりずもう』の「方向転換」より。 集英社文庫『もものかんづめ』巻末の、土屋賢二との対談より。 集英社『あのころ』の「きょうだいゲンカの話」より。 なお、父親は仲裁してくれなかったと語っている。 さくらももこ『ももこのしゃべりことば』ニッポン放送出版 1992年• 浜崎憲孝『僕、はまじ。 』(彩図社、2002年)• 『ちびまる子ちゃん 8 』(集英社、1991年)「まる子みんなにばかにされる」の巻より(130-131頁)。 サンケイスポーツ. 2018年5月18日. 2019年2月18日閲覧。 さくらももこ『ももこの話』集英社、2006年。 「」『スポーツ報知』報知新聞社、2018年11月16日。 2020年6月21日閲覧。 『ひとりずもう』より(エッセイ版、漫画版ともに同様の描写がある)。 MANTANWEB. 2016年10月19日. 2016年10月19日閲覧。 MANTANWEB. 2015年10月7日. 2015年10月7日閲覧。 音楽ナタリー. 2013年5月31日. 2016年12月17日閲覧。 ナタリー. 2014年10月16日. 2015年3月9日閲覧。 音楽ナタリー. 2015年1月6日. 2015年7月8日閲覧。 サンケイスポーツ. 2015年9月12日. 2015年9月13日閲覧。 コミックナタリー. 2015年9月28日. 2015年10月7日閲覧。 岐阜新聞. 2016年12月9日. の2016年12月17日時点におけるアーカイブ。 2016年12月17日閲覧。 ナタリー. 2017年9月15日. 2017年10月1日閲覧。 RBBTODAY. 2017年10月3日. 2017年10月17日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年10月1日. 2019年10月1日閲覧。 後に『まる子とコジコジ』のタイトルで復刊。 2018年8月28日発信。 ヒカルランド• 2017年10月1日閲覧。 野口拓朗 2018年8月8日. 朝日新聞DIGITAL 朝日新聞社. 2018年12月31日閲覧。 産経フォト 産経新聞社. 2018年9月6日. 2018年12月31日閲覧。 外部リンク [ ]• - ほぼ日刊イトイ新聞• 『』 - この項目は、・に関連した です。

次の