エルズ ベルグ ロデオ。 TBS「クレイジージャーニー」が、石戸谷蓮のエルズベルグロデオに密着。一気にまとめて読めるエルズベルグ10000字 (3/9)

【クレイジージャーニー】エルズベルグロデオとは?最狂バイクレース!|hamalogトレンドニュース

エルズ ベルグ ロデオ

youtube. で、5人目の挑戦者として2018年石戸谷蓮が5カ年計画でチャレンジ中だ。 石戸谷蓮 石戸谷蓮のエルズベルグにおける戦歴 2018年 DNF 2019年 DNF エルズベルグには、GNCCで感じたようなトップの世界がある 石戸谷は、元々スピードが問われる耐久とレースJNCCから芽を出し始めたライダー。 モトクロスを素地に持つこともあって、ハードエンデューロとは遠い位置にいたが、いつのまにか自らハードエンデューロを主宰するようになっていた。 2018年に石戸谷は、こんな形でインタビューに答えてくれている。 「元はと言えば、やはり太一さん(田中太一)の影響です。 活躍はもちろん知っていて憧れていたんですけど、一緒にエンデューロクロスを作ろうとしていた時期に、いろんな話をされました。 特に、フィニッシャーの価値や、ライダーとしてそこに進むべき価値を存分に感じることができました。 僕はジャンルに固執したくなくて、オールマイティにスキルがあるライダーこそが今後の日本に必要だと思っているので、ハードエンデューロに取り組んでいます。 名所、ダイナマイト 何年もインタビューを重ね、3年同行した上で、ようやくそのレベルの片鱗が見えてきた。 一つ言えることは、田中の実力があまりに日本のハードエンデューロの中で突出していたことだ。 2番手との差は、埋まるようには見えなかった。 このことは、たぶん全日本トライアルを観戦するとわかると思う。 今、トライアルを牽引しているトップライダー達は、世界戦をシーズンで体験して、みな「世界でトップに立つ」ことを目指し、もう少し手を伸ばせば手が届く、そんなライダーばかりだ。 藤波貴久(2004年世界チャンピオン。 日本人唯一)だけがスゴイのではなく、日本のトライアルは純粋にレベルが高い。 田中は、その「トップライダー達」のうちの一人だったわけだ。 世界に通用する、日本のトライアルトップランカー(黒山健一) いわば、彼らエリートに立ち向かうことは、聞こえはいいが、実際問題数年でひっくり返せるような差ではない。 幼い頃から、一生のうちの最も脂がのった時期に華開くよう、一心不乱に取り組んできたのだ。 前置きが長くなってしまったけど、田中であれば完走は堅かった。 完走のレベルを考えるにあたって、矢野の戦績も参考になる。 矢野はセンスあふれるモトクロス出身のライダーで、IA2クラスの星として活躍していたが、引退後はダートスポーツ誌の編集部員として働きつつ、エンデューロにチャレンジしはじめた。 センスの塊で、さらに努力家だったから、いろんなスキルを次々に身につけていた。 ちょっと変わったところだと、引退後にはじめたんだと思うけどギターも相当うまかった。 だから、トライアル的なテクニックもスポンジのように吸収していて、田中も「完走できる可能性は十分にある」と見込んでいた。 カールズダイナー。 2kmほど続く、極大の岩場を走る。 ここをいかに早くクリアできるかが、エルズベルグロデオのキモだ 矢野は2015年、スタート付近のヒルクライムで失敗。 1列目スタートのアドバンテージを、ここで一気に吐き出してしまう。 1度失敗すれば、有象無象が這い上がってくる中をあみだくじのように上らなくてはいけなくなってしまい、一気になんでもない(といっても、これは完走するレベルのライダーの話)ヒルクライムが難所になってしまう。 それだけが原因ではない。 「ビルの2階以上からたたき落とされて死ぬかと思った」という言葉をよく覚えているけど、4時間の時間制限の中、もがきにもがいた矢野は「ここからがエルズベルグの見せ所」と言われるカールズダイナーまで、たどり着けなかった。 僕と田中は、カールズダイナーで街惚けていた。 矢野は、完走できる可能性の線上にいたのだろうか。 2年目の挑戦はなかったから、今となってはわからない。

次の

【クレイジージャーニー】エルズベルグロデオとは?最狂バイクレース!|hamalogトレンドニュース

エルズ ベルグ ロデオ

エルズベルグロデオとは…… 出典:Red Bull 近年世界的な盛り上がりを見せるエンデューロレース。 難易度や規模においてその頂点に君臨するのが「エルズベルグロデオ」である。 正式名称「Erzbergrodeo Red Bull Hare Scramble」は巨大な採石場を舞台にしたハードエンデューロと呼ばれるジャンル。 今年で25回目の開催となるが、レッドブルのスポンサードを受けて毎年規模を拡大し、最近では数万人規模の観客を集めるメジャーイベントへと成長している。 出典:Red Bull アリ地獄のようなセクションが連続 まずは選考からして過酷だ。 そもそも1,500名の参加枠には書類審査があり、世界各国から腕自慢のエンデューロライダーが殺到するが、ある程度以上の実績がないとスタートラインに並ぶことすらできない。 そこから鉱山に特設されたダートコースを全開で突っ走る予選、通称「アイアンロード」でさらに絞られ500名が決勝に進めるが、そこからが本番。 出典:Red Bull YouTube動画で一躍有名になったスタートシーンでは、ほぼ垂直(に見える)の瓦礫の壁に向かって50台ずつが一斉に突進していく。 そしてほとんどが、登り切れずに落ちていく。 まるで蟻地獄から這い上がろうと必死にもがき苦しむアリの行列を見ているようだが、それが皆インターナショナル級のエンデューロライダーという事実に畏れ入る。 軽自動車サイズの巨大ガレ場に震える 出典:Red Bull 途中には一歩ラインを外せば崖下に真っ逆さまのような高速セクションや、密林の中をハンドガードで枝を払いながら進むようなウッズもありなど難所が続く。 映像を見ればそのスケール感が分かると思うが、バイクの前輪サイズほどの尖った岩が急斜面に敷き詰められている。 中には軽自動車サイズの巨大な岩の間を抜けていかなければならないルートもあったり、とてもバイクが走れるとは思えない場所を走破していく。 否、逆に言えばバイクでしか入っていけない、他の乗り物ではけっして到達できない究極のシチュエーションとも言えるだろう。 そのためには、エンデューロライダーとしての資質はもちろんのこと、トライアル的テクニックとプロアスリート並みの体力・持久力も求められるはずだ。 完走率2%の変態的難易度が惹きつける 出典:Red Bull そして、数々のチェックポイントを通過して4時間後にゴールラインに辿り着けるのはたった20名程度、完走率はときとして2%以下という狭き門だ。 その意味では、エベレスト登山やマン島TTレースに匹敵する難度と言えるかも。 知らない人から見れば、マゾ的趣味の変態集団のように思われても不思議ではないが、その非日常的な困難さが多くのライダーを惹きつけてやまないのだ。 それ故にエルズベルグは世界一過酷で過激なオフロードレースと呼ばれているわけだ。 【レース動画】Erzbergrodeo Red Bull Hare Scramble 2019 2019大会はハスクのジャービスが2連勝 出典:Red Bull 注目のエルズベルグロデオ2019年大会は5月30日~6月2日の日程で行われ、「ハスクバーナ・ファクトリー・レーシング」のグラハム・ジャービス(英)が盤石の走りで昨年に続き優勝を獲得した。 近年は日本人トップライダーも僅かながらだが参戦するようになり、2010年に日本人として初参戦した田中太一選手が2012年には5位入賞と奮闘。 また、2018年からチャレンジを開始した石戸谷蓮選手が昨年に続き今年もトライしたが、途中のセクションで残念ながらタイムアップ。 次回に期待したいところだ。 ちなみに石戸谷選手は「Webikeニュース」でもコラムを連載しているので、さらにこの世界に突っ込みたい人は是非参考にしてみてほしい。

次の

TBS「クレイジージャーニー」が、石戸谷蓮のエルズベルグロデオに密着。一気にまとめて読めるエルズベルグ10000字 (3/9)

エルズ ベルグ ロデオ

ネットのコメント 「わからん。 すごい。 なんで奇数なんだろ。 8気筒って変になるのか???」 「4ストロークの場合、点火タイミングはご存じの通り2回転に1回ですが、奇数気筒だと1回転目に半分の気筒が点火し、2回転目にもう半分が点火というタイミングが可能なんですが、偶数気筒だと1回転目にすべての気筒が点火、2回転目はすべての気筒が休みとなってしまい出力にムラが出てしまうためです。 」 「エンジン、シリンダー内、ピストンの焼き付きや、オーバーブローのプロセスも診てみたい!」 「コンロッドどうなっとんねん!」 「栄発動機とかは、これが前後になり14気筒になるのね」 「零戦ですね 7気筒の2列」 「星型エンジン!」 「これが零戦のエンジンなんだ!栄!!」 「最初のゆっくりの所 少し気持ち悪い 」 「超高速で動くヒトデに見えてしまいました…」 「星型はロマンの塊」 「星型engineは高効率を目指した過程で生まれたと言われてるね 誰が言ったか知らんが 」 「親コンロッドが分からん。 クランクの後ろに、ギアで回り留めしてるんかな。 」 「しばらく眺めてみましたが、大端部は左側にある時に反時計回りに傾き、右側にある時に時計回りに傾いてるので、下側のロッドのどれかなんじゃないかと思います。 多分5時方向のやつかと。 間違ってたらすみません」 「さっき観たバックトゥーザ・フューチャーの次元転移装置?にみえます」 「すっごい荒ぶるヒトデみたいですね」 「これが二列になると火星エンジン 14気筒 これが四列になるとワプスメジャーエンジン 28気筒 の動きになるんやな」 「なんかロータリーエンジンの方が滑らかな気がした。 」 「天気の良い空に飛ぶ「帽子をかぶらにぁ~あかんよー」と拡声器積んだセスナ機のエンジン!?」 「中島飛行機 寿型は7気筒で隼、零戦の栄型は14気筒、紫電改や疾風の誉18気筒なんてわけわかんなくなりそう」 「エンジンの事ととか全く知らないけど これはロマンだ!」 wikipedia ダニ・ペドロサ ダニ・ペドロサ "Daniel "Dani" Pedrosa Ramal"、1985年9月29日 - は、スペイン・カタルーニャ州出身のオートバイレーサー。 のロードレース世界選手権125ccクラスチャンピオン。 ・同選手権250ccクラスチャンピオン。 より同選手権最高峰のMotoGPクラスにレプソル・ホンダから参戦中。 身長、体重。 ペドロサはバルセロナ県の都市サバデルに生まれ、7km離れた郊外の村カステジャル・デル・バジェス で育った。 4歳でバイクに乗り始めたが、初めてのバイクは補助輪付きのイタルジェット50であった。 6歳で初めてレース用バイクに乗るが、カワサキを模したミニバイクで、それを使って友達とレースを行った。 1996年、9歳でスペインのポケットバイク選手権に参加、シーズン2戦目で初の表彰台に上り、ランキング2位となった。 翌97年も参戦したが、健康上の問題でランキングは3位に終わった。 1998年、12歳でチャンピオンを獲得したが、経済的な問題からロードレースを続けることは困難だった。 1999年、ペドロサはスペインの大手通信会社・テレフォニカが支援するスペイン人グランプリライダー養成プロジェクト(モビスター・アクティバ・カップ)の存在を知りこれに応募、ハラマ・サーキットで行われた公開テストに参加して8位で完走した。 このテストでの活躍が認められ、2000年より監督アルベルト・プーチの率いるチームから、ロードレーススペイン選手権にデビューすることになる。 同選手権でペドロサは年間ランキング4位の成績を収めた。 、15歳のペドロサはトニ・エリアス、ホアン・オリベと共に、テレフォニカ・モビスター・ジュニア・チームからロードレース世界選手権125ccクラスに参戦を開始。 初年度から2度の表彰台を獲得するなど、ルーキーながら関係者の注目を集める。 2年目のに第7戦ダッチTTで初優勝を挙げてランキング3位となり、3年目の2003年には圧倒的強さで5勝を挙げ、この年の第14戦マレーシアGPにて125ccクラスの世界チャンピオンに輝いた。 しかし第15戦オーストラリアGPのフリー走行中、転倒したペドロサは両足首を骨折する大怪我を負ってしまう。 、ペドロサはアルベルト・プーチ監督と共に250ccクラスにステップアップする。 前年の事故以来、新しいマシンでのテスト走行もほとんど無いまま中量級デビューを迎えたペドロサだったが、開幕戦南アフリカGPでランディ・ド・プニエとのバトルを制し、250ccクラス初レースを見事優勝で飾った。 その後もシーズンを通じて他のライダーを圧倒し、250ccクラス参戦初年度にしてチャンピオンとなった。 この年は7勝を挙げ13回の表彰台を獲得した。 シーズン後にはホンダからチャンピオン獲得のご褒美としてMotoGPマシン・RC211Vのテストライドも経験し、翌年からMotoGPクラスにステップアップするかと思われた。 しかし、後述する体格の問題からステップアップを見送り、も250ccクラスに参戦する。 チャンピオンとして追われる立場になってもペドロサの強さは変わらず、シーズン8勝を挙げ14回の表彰台を獲得、第15戦オーストラリアGPにて2年連続の中量級制覇と3年連続のタイトル獲得を果たした。 、満を持して最高峰MotoGPクラスにステップアップしたペドロサは、ホンダのワークス・チームであるレプソル・ホンダに移籍した。 ホンダはバレンティーノ・ロッシのヤマハ移籍以後2年連続でライダータイトルを奪われており、秘蔵っ子ペドロサにタイトル奪還を期待してワークスライダーのシートを用意した。 これに対して評論家たちはペドロサの小柄な体格は、大きくて重いMotoGPマシンを扱うには十分でなく、最高峰クラスでの成功は望めないとした。 果たしてデビュー戦となった開幕戦のヘレスではホンダの期待に応えるように優勝を争い、2位でレースを終えて評論家たちの見解が間違っていることを立証した。 第4戦中国GPで早くも初優勝を遂げる。 この勝利でペドロサはフレディ・スペンサーに次ぐ若さ(阿部典史と同じ)で最高峰クラスにおいて優勝したライダーとなった。 その後第9戦イギリスGPで2勝目を記録、タイトル争いの有力候補となった。 初めてバレンティーノ・ロッシと表彰台を分け合うこととなったこの勝利は、ペドロサにとって忘れられない物となった。 彼はまた前半戦でポールポジションを2回獲得した。 マレーシアGPまでチームメイトのニッキー・ヘイデンに次ぐランキング2位を維持していたが、フリープラクティスで転倒、膝を強打した。 予選セッションは激しい降雨のためキャンセルとなり、ペドロサは5番グリッドを獲得する。 決勝では負傷を抱えながらも奇跡的にロッシ、ロリス・カピロッシに次ぐ3位を獲得した。 しかしながら、次戦オーストラリアではマシンの制御に手こずり決勝では15位と、ランキング争いでも5位に後退してしまう。 不調は第16戦のポルトガルGPまで続いた。 スタートは好調で、ペドロサはコーリン・エドワーズとヘイデンの前、2位を走行した。 5ラップ目にペドロサはヘイデンを巻き込んでクラッシュした。 ペドロサはヘイデンを抜こうとしてスリップし、共にコースアウトした。 このクラッシュでペドロサは優勝するという僅かな望みを絶たれ、ヘイデンもロッシが2位でフィニッシュしたことで選手権でのリードを失った。 しかしながら2週間後の最終戦でヘイデンはロッシを逆転してタイトルを獲得、ペドロサも4位入賞した。 その結果、ペドロサはデビューシーズンでランキング5位に入ることとなり、同じくルーキーで250cc時代のライバルであったケーシー・ストーナーを打ち破りルーキーオブザイヤーを獲得した。 シーズン終了後にヘレスで行われた3日間のテストで、ペドロサはRC212Vで予選タイヤを装着して、ロッシに0. 214秒の僅差で打ち勝ちトップタイムをたたき出した。 ロッシは前半2日間のトップであった。 ペドロサのベストタイムは1分39秒910であった。 、引き続きペドロサはレプソル・ホンダから参戦。 技術規則の変更でMotoGPクラスのマシン排気量が800ccに縮小し、加速力が落ちること、マシンもコンパクトになることなどから、軽量・小柄なペドロサにとっては有利な状況になると予想され、有力なチャンピオン候補と目された。 新型のホンダ・RC212Vは問題を有していたが、最終戦バレンシアGPでは年間王者となったストーナーを下してシーズン2回目の優勝を記録。 この結果、バレンティーノ・ロッシを1ポイント差で逆転して年間ランキング2位を獲得した。 シーズン後2008年と2009年の2年契約を結ぶ。 はゼッケンを前年までの「26」(スペイン選手権時代から使用してきたナンバー)から前年度ランキングの「2」に変更。 開幕前テストで負傷したものの、開幕戦では3位に入り、2戦目で優勝するなどシーズン中盤までロッシ、ストーナーと共にランキングトップ争いを演じていた。 しかしながら第10戦ドイツGPで転倒リタイア、第11戦アメリカGPは欠場となる。 また、徐々に使用するミシュランタイヤのパフォーマンスが低下、第12戦チェコGPでは周回遅れの憂き目にあう。 シーズン途中のインディアナポリスGPでタイヤをブリヂストンに変更したがチャンピオン争いからは完全に脱落し、ランキング3位でシーズンを終えた。 のゼッケンは前年順位の「3」でシーズンに挑むことになった。 前年同様にシーズン前にクラッシュして負傷し、テスト不足と後遺症が懸念されたが、開幕戦こそ11位と低迷したものの、第2戦から3戦連続で表彰台を獲得した。 第5戦イタリアGPではプラクティスで負傷、決勝もリタイアし、トップからは33ポイント差となる。 第7戦オランダGPでもリタイアしたが、第8戦アメリカGPでの優勝で調子を取り戻し、その後は安定した成績を残して最終戦バレンシアGPも優勝し、2年連続ランキング3位となった。 はゼッケンを「26」に戻す。 これはいつもの番号に戻して欲しいというファンの願いに応えてのものであった。 このシーズンは序盤から中盤にかけて優勝4回・2位5回の好成績を残した。 第14戦日本GPでマシントラブルから転倒、鎖骨を骨折して3レースを欠場したが、ホルヘ・ロレンソに次ぐランキング2位の座を守りきった。 、レプソル・ホンダは3台にチーム体制を拡大。 チームメイトにはアンドレア・ドヴィツィオーゾに加えて、スペイン選手権時代にプーチの門下生同士だったゼッケン「27」のケーシー・ストーナーが加入した。 序盤3戦で表彰台を獲得し、第3戦ポルトガルGPではシーズン初勝利を達成した。 次戦フランスGPでは18ラップ目に2位争いをしていたマルコ・シモンチェリと接触、リタイアした。 シモンチェリはアウト側からかぶせてきたが、ペドロサがインを抑えようとしてシモンチェリの後輪に接触して転倒した。 シモンチェリはライドスルーペナルティを与えられた一方、ペドロサはこの事故で鎖骨を骨折した。 これによって続く3戦を欠場する。 欠場からの復帰後、第9戦ドイツGPではストーナー、ロレンソとの激しいバトルを制し、シーズン2勝目を挙げる。 第10戦アメリカGPでは3位に入り、続くチェコGPではシーズン初のポールポジションを獲得したが、決勝はクラッシュでリタイアとなった。 その後3戦連続で2位に入り、第15戦日本GPでシーズン3勝目を挙げる。 この勝利でドヴィツィオーゾを抜いて1ポイント差でランキング3位となるが、ドヴィツィオーゾは続くオーストラリアGPとバレンシアGPを上回って、ペドロサは結局ランキング4位でシーズンを終えた。 第17戦マレーシアGPでペドロサはポールポジションを獲得したが、このレースはマルコ・シモンチェリの死亡事故のためキャンセルとなった。 、レプソル・ホンダはアンドレア・ドヴィツィオーゾの移籍により再び2台のチーム体制に変更される。 ペドロサは前半7戦中6戦で表彰台に上り、2位が3回、3位も3回という安定した成績を残す。 シーズン初勝利は第8戦ドイツGPで、ザクセンリンクでは3年連続の勝利となった。 ペドロサとストーナーの1-2体制でレースは進んだが、ファイナルラップでストーナーはクラッシュ、リタイアとなった。 第9戦イタリアGPでペドロサはレプソル・ホンダと2年契約を結び、翌シーズンからはMoto2クラスからステップアップするマルク・マルケスがパートナーとなることが発表された。 決勝レースでペドロサは2位となる。 続くアメリカGPでは3位となり、サマーブレイク後のインディアナポリスGPではポールトゥウィンでシーズン2勝目を挙げる。 第12戦チェコGPではロレンソとのバトルを制して3勝目を挙げる。 第13戦サンマリノGPではポールポジションを獲得するが、決勝はスタート直前にカレル・アブラハムのドゥカティがストール、ライダー達は2度のパレードラップを強いられた。 ペドロサのマシンのフロントタイヤに装着していたタイヤウォーマーが張り付き、予備のマシンと取り替えられたが、タイヤウォーマーは土壇場で取り外され、マシンはグリッドに戻された。 しかしながら、ペドロサはグリッド後方からスタートしなければならなかった。 オープニングラップでエクトル・バルベラと接触、リタイアとなり、レースはロレンソが制した。 第14戦アラゴンGPでは予選2位、決勝は7ラップ目でロレンソをパスして優勝した。 ペドロサは3年ぶりに全シーズン走り通して7勝の最多勝を獲得し、チームとメーカーの2冠に貢献した。 しかし個人タイトルは6勝のホルヘ・ロレンソにポイント差で逆転され逃してしまう。 332ポイントはタイトルを獲得できなかったポイント数で最も高い記録となる。 はマルク・マルケスが新たなチームメイトとなった。 ペドロサは第3戦スペインGPで優勝し、続くフランスGPでも優勝、第15戦のマレーシアGPでも優勝した。 しかし、第8戦ドイツGPは負傷のため欠場している。 また、第14戦アラゴンGPではマルケスと接触しリタイアした。 結局シーズンでは300ポイント獲得したが、ランキングはマルケス、ロレンソに次ぐ3位となった。 もマルケスとのペアでシーズンに臨んだ。 序盤4戦連続で表彰台を獲得するなど好調なシーズンインであり、第11戦のチェコGPで初優勝したが、シーズンは既に10連勝を達成したマルケスに支配されていた。 彼はヤマハのロレンソ、ロッシとランキング2位を争ったが、オーストラリアGP、マレーシアGPでリタイアし、ランキングは4位に終わった。 も前年と同じ体制で臨む。 開幕戦カタールGPは6位に終わる。 その後慢性労作性コンパートメント症候群(chronic exertional compartment syndrome、通称「腕上がり」)の手術を受けるためテキサス、アルゼンチン、スペインの3戦を欠場した。 ペドロサの代役として青山博一が参戦した。 ペドロサは第5戦フランスGPで復帰したが、ダンロップ・シケインでクラッシュ、16位の完走扱いで終わった。 続くイタリアGPでは4位に終わる。 シーズン初の表彰台は第7戦カタルーニャGPで、3位となる。 第8戦オランダGPでは8位となるが、第9戦ドイツGPでは2位となる。 現在は67ポイントでランキング7位に付けている。 2006年5月14日の中国GPにてチームメイトで先輩のニッキー・ヘイデンを抑え、MotoGPクラス参戦4戦目、20歳227日で初優勝を飾る。 この記録はの阿部典史と並び、史上2番目の若さでの優勝となる。 ()(太字はポールポジション、"斜体"はファステストラップ) wikipedia いすゞ・ロデオ ロデオ("Rodeo")はいすゞ自動車が1988年から生産・販売したピックアップトラック。 ファスターの4WD版が独立した車種であり、先代の車名は「ファスター・ロデオ」であった。 キャブやベッドなどの外板をはじめ、エンジン、シャーシ、内装などファスターと多くの部品を共用する。 さらに、ロデオを含むファスターシリーズからミューが派生した。 日本での販売が終了した後も、2002年に後継車のD-MAXに置き換わるまでタイで生産され、アジアをはじめイギリスでも販売されていた(イギリスでは2004年まで販売された)。 なお、北米では、ファスターをワゴンに仕立てたSUVをロデオと呼び、イギリスでは現在のD-MAXがロデオと呼ばれている。 ブリスターフェンダーを持ち、当時としては新味のあるデザインであった。 荷台とキャブのバリエーションは標準ボディ・ロングボディ・フラットデッキ三方開・スーパーシングルキャブ・スーパーダブルキャブであった。 近年、人気のオフロードバイクスポーツ「ハードエンデューロ」は、ハードというわりに敷居が低く、さらに順位を追わずとも「チャレンジ」という側面で楽しめる。 この人気を下支えしているのが、ガミータイヤと言えるだろう。 コンパウンドを、それまで考えられなかったほど柔らかくし、タイヤの「潰れ」を使って劇的なグリップ力を発揮する。 我らが日本のブリヂストンがリリースしたのは、E50 EXTREME。 世界最高峰のハードエンデューロ、エルズベルグロデオをひとつのベンチマークとしたこのプロダクトが、どこまで無茶をできるのか実証してみたい。 石戸谷蓮(いしどや・れん) 5年計画でエルズベルグロデオの完走を目指している、エンデューロライダー。 2019年にはTBSのバラエティ番組クレイジージャーニーがレースに同行し、チャレンジが全国ネットで放映された。 トライアルバイシクルや、MTBなど様々なスポーツを駆使して身に... 2020-06-26 1062 何気なく車を走らせていると隣に本物のWRCカーが並走?!リエゾン区間ではラリーマシンと一緒に公道を走ることができる夢のような区間 リエゾン区間って何? リエゾン区間とは、ラリー競技が行われるSSから次のSSへの移動区間のこと。 リエゾン以外にもロードセクションなどとも呼ばれており、 次のSSに向かうために一般の公道を走行してラリーマシンを移動させる必要がある 公道を走るため、一般の車両と並走して走ることも多い。 もちろん、競技中ではないので法定速度で走るラリーマシン。 運よく並走できれば、間近でラリーマシンを感じることができる 今回は、めちゃくちゃ運の良いドライバーが リエゾン区間でラリーマシンと遭遇する映像 ダートを走ることは全く想定されていないアメリカンバイク。 ジャンプ台もあるダートコースをアメリカンバイクで激走する。 見ている方も無茶だろっと思わず思ってしまう驚きのパフォーマンス アメリカンバイクでダートを激走 アメリカンバイクがまさかのダートを激走?! 優雅に道を走り抜けるイメージのアメリカンバイク バイクの構造も安定して優雅にツーリングを楽しむ設計になっているアメリカンバイクなのだが、 パワフルなエンジンとタイヤがついていればどこでも走れるぜ!といわんばかりにアメリカンバイクで ダートのヒルクライムコースを激走 途中ジャンプ台もあり、一気に飛び上がったものの着地が厳しい サスペンションがここまでの上下運動に対応していないのだろうか 見ていてもきついなぁと思う反面、この違和感からくる面白さが伝わる動画.

次の