コロナ ウイルス 喘息。 新型コロナウイルス感染症における喘息患者の感染の重症化リスク〜日頃の治療こそが重要〜

まさかの結果!?コロナウイルスに感染しにくい人はぜんそく患者?

コロナ ウイルス 喘息

当院には喘息の患者さんが多数お見えになります。 喘息の患者さんが今心配されていることは、 喘息で新型コロナウイルスにかかりやすくなるのか?重症化するのか?といったことだと思います。 現時点(2020年4月16日時点)では、 喘息があることで、または喘息の治療をしていることで新型コロナウイルスにかかりやすくなるというデータはありません。 また 感染した場合に重症な新型コロナウイルス肺炎になりやすくなるということに関しては否定的な論文が1本出ており、それ以外にはデータがありません。 (Clinical characteristics of 140 patients infected with SARS-CoV-2 in Wuhan, ChinaAllergy. 2020 Feb 19. ) つまり 現時点では、通常の喘息が新型コロナウイルスの感染や増悪に関与するとは言えないとは言えると思います。 ただし 、 喘息の調子が悪くなる原因として一番に挙げられるのは風邪を始めとする感染症です。 そして 喘息の増悪は治療が不十分だとより起こりやすくなり、その増悪もより重症となりやすいことは以前からわかっています。 新型コロナウイルスに感染し呼吸状態が悪化した時、 同時に喘息発作を起こしてしまうと更なる呼吸状態の悪化につながるリスクはあり得ると思います。 ですので、 喘息の方にとって、今回のことで一番のリスクになりうることは、治療が不十分であったり、中断されていたりで(一見症状がないとしても)しっかりとコントロールされていないこと、 ということになります。 では「喘息がコントロールされている」、とはどのような状態をいうのでしょうか。 よく 「時々咳が出たりヒューヒューしたりすることがあるけど、我慢できるから大丈夫」とか、 「苦しくなることがあるけど発作止めを使えば治まるから大丈夫」などという方がいらっしゃいます。 また 「吸入薬を使ったら治ったから吸入を止めた」というようにお話しになる方も実に多くいらっしゃいます (喘息は基本的に治る病気ではなく、見えなくても気道の炎症は常に起きており、常に炎症を抑え続ける必要がある病気です)。 これらは すべて治療が不十分な状態であり、今回の新型コロナ禍でも十分ハイリスクになりうる状態です。 喘息のコントロールを簡単に把握する質問票として「喘息コントロールテスト(ACT)」というものがあります。 これは普段の症状や生活状況に関する5項目の質問票に答えることで判断できるものです。 25点満点で評価しますが、 基本は一年中25点であることが必要です (1点でも減点があると完全なコントロールとは言えず、増悪のリスクは高まります)。 喘息コントロールテスト(ACT:アクト) また喘息の治療の基本薬は 吸入ステロイド薬です。 これに関しても時々「ステロイド」との響きで怖がる方がいらっしゃいますが、ステロイド薬の副作用は 主に体内のホルモンバランスを崩すことで起こるものであり、これは全身投与(内服や注射)を長期に(約2週間以上)続けることで出てくるものです。 吸入薬ではステロイドの量が内服に比べて非常に少ない上に、薬剤は肺でとどまりほとんど血中には届かないため、通常の使用でまず問題になることはありません。 指示通りにしっかりと吸入治療を続けましょう。 なお、吸入ステロイドの中で、シクレソニド(商品名:オルベスコ)という薬剤が新型コロナ肺炎3例に対して有効であったという報告が日本から出されており、これを確認する臨床試験が日本と韓国で始まっております。 ただ この薬剤に予防の効果は検討も検証もされていません。 この薬剤は粒子径が非常に小さく、肺の末梢に喘息の炎症が強い方や声枯れの出やすい方に非常に有用な選択肢として使用されています。 しかし もともとそれほど流通量のある薬剤ではなく、需要が高まると容易に供給不足に陥り、本来必要とされる患者さんに届かなくなる危険性が高くなると考えられるため、 医療側も患者側も安易な薬剤選択は厳に慎むべきです。 他に注意すべき点としては、 現在ネブライザー治療はエアロゾルを広げるリスクがあるため、感染が蔓延している現在ではやや感染の危険度が上がります。 ご自宅でネブライザーを使用されており多少でも感染が否定できない場合は、可能なら薬剤を変更するか、どうしても症状をコントロールするために使用しなければならないときは 窓を開け換気をよくしてなるべく空気の流れを作り、 使用する方以外はできるだけ離れていたほうがいいでしょう。 また重症な喘息の方で、 内服のステロイドを連日使用している方は免疫力の低下を来すので、感染を起こすリスクは高くなるかもしれません(数日など短期の使用はそこまでリスクにはならないと思います)。 吸入など通常の治療を 「正しく」治療を行っていても症状がコントロールできていない場合は、 生物学的製剤や気管支鏡を用いた治療もあるので、ステロイド連日内服の前に検討すべきかもしれません。 専門医に相談しましょう。 喘息の治療はここ数年も常に進化を続けており、新しい治療も多く出ております。 また他の疾患と違い、薬の使用法のコツをつかむことが治療結果に大きく影響します。 ACTが常に25点でない方は、 現状の治療のままでも、何かしらの改善点を知り実行することで状態が良くなることが少なくありません。 少しでも気になる方は主治医の先生や、より喘息に詳しい呼吸器、アレルギー専門医に相談してみましょう。 投稿者: 加藤医院 院長 浅井偉信.

次の

喘息持ちは新型コロナウイルスに感染しにくい可能性が報告される

コロナ ウイルス 喘息

(COVID-19)とは2019年12月に中国・湖北省武漢市で報告され、全世界に感染が拡大している感染症です。 初期症状は発熱・咳など風邪のような症状で、重症化するとが生じます。 基礎疾患があると重症化しやすいと考えられていますが、を持つ人はどのようなことに注意すればよいのでしょうか。 今回は、気管支喘息の患者が新型コロナウイルス感染症の流行に際して知っておくべきことや注意すべき点などについて、国立国際医療研究センター病院 院長の 杉山 すぎやま 温人 はるひと 先生にお話を伺いました。 感染リスク 喘息患者は一般の人に比べて新型コロナウイルスに感染しやすいのでしょうか? 患者さんでも、きちんとしたコントロールが得られていれば、新型コロナウイルスに感染しやすいということはないと考えられています。 現在の治療をきちんと継続した上で一般的な感染症予防対策を行えば、感染リスクを下げることができます。 喘息患者が日常生活で新型コロナウイルス感染に関してより注意すべき点は何があるのでしょうか?また、普通の感染症(季節性インフルエンザなど)と比較して特に新型コロナウイルスを恐れる必要はあるのでしょうか? 日頃の治療で喘息の状態を良好に保てているのであれば、にかかったとしても喘息を理由に重症化しやすくなる可能性は低いでしょう。 ただし、喘息の状態があまりよくない人や日頃の治療を怠っている人の場合、新型コロナウイルス感染症にかかることで喘息の発作が生じる、によって呼吸不全が起きるなどのリスクが生じる可能性があります。 日頃の治療こそが重要です。 なお、喘息の発作は季節性など普通の感染症にかかっても生じることがあるため、新型コロナウイルス感染症特有のことではありません。 感染における重症化リスク 喘息を持っていることは、新型コロナウイルスによる肺炎が重症化するリスクになるのでしょうか?また、特に基礎疾患のない人や、ほかの基礎疾患を持つ人と比較してどの程度重症化する可能性が高いのでしょうか? 今のところ、があることで新型コロナウイルスの感染によるの重症化するリスクが高まるといえるデータはありません また、喘息患者さんが一般の人と比べてにかかった際にどれくらい重症化しやすいのかはまだよく分かっておらず、ほかの基礎疾患と比較することも現段階では難しいです。 喘息患者が重症化しやすいといっても個人によってリスクに差があると思いますが、喘息以外に特にどのような背景がある人は、より注意すべきだとお考えでしょうか。 喘息にかかっており、かつ新型コロナウイルス感染症が重症化しやすいと考えられる高齢者や、がん・・心疾患などほかの基礎疾患を持っている人は重症化するリスクが高まる可能性があり、自身だけでなく同居しているご家族も十分な感染予防が必要と考えます。 新型コロナウイルスに感染することで、喘息が重症化することは考えられるのでしょうか? また、もし重症化することがあるとすれば、どのような仕組みで重症化するのか教えてください。 風邪症状やにつながるRSウイルス、ライノウイルス、ウイルスなどほかのウイルス同様、新型コロナウイルスでも感染すると喘息の発作が増悪する可能性があります。 新型コロナウイルス感染症では風邪のような症状を引き起こし、重症化すると肺炎が生じます。 喘息の発作は風邪の症状をきっかけに生じることが多いため、新型コロナウイルス感染症による風邪症状から喘息の発作が増悪する可能性があります。 感染した場合の治療方針 喘息患者が新型コロナウイルスに感染した場合、その治療法に一般の人と違いはあるのでしょうか。 は特効薬がなく、治療方法も確立されていません(2020年5月7日時点)。 そのため、患者さんだからできないという治療も特にありません。 現在の新型コロナウイルス感染症に対する治療は、急性呼吸不全()の治療方法に準じて行われており、喘息患者さんであっても必要に応じてレスピレーター(人工呼吸器)やECMO(体外式膜型人工肺)を使用することもあります。 新型コロナウイルスに感染することで喘息が重症化した場合はどのような治療が行われるのでしょうか。 また、一般的な喘息の治療との違いはあるのでしょうか。 先述したように、新型コロナウイルス感染症に対する治療はまだ確立された方法がなく、対症療法(症状を和らげる治療)が中心です。 したがって、新型コロナウイルスに感染することによって喘息が重症化した場合も、重症化した喘息に対する一般的な治療を行います。 重症化した喘息(重篤な発作)の場合は、一般的に入院が必要です。 また、重篤な発作に該当しない場合でも大発作や中発作などの状態で治療への反応が悪い場合には、入院が必要になります。 このことからも、普段からきちんと吸入ステロイドなどによる管理を行い、発作を起こさない状態にすることや感染予防が非常に重要になります。 日常生活における注意点 家族や子どもが喘息持ちである場合、日常生活で特に注意したほうがよいことはありますでしょうか。 自宅でネブライザーを使用している患者さんの場合、ネブライザー使用時はなるべく別室に隔離して1人で行い、使用後は十分な換気を行うようにしましょう。 ネブライザーとは、薬液を超音波でミスト化し、呼吸とともに気管や肺などに送り込む治療器具です。 新型コロナウイルスは、エアロゾル感染する可能性があると考えられています。 エアロゾル感染とは、飛沫核など細かく長期間空気中に浮遊しやすい粒子(エアロゾル)が口や鼻から入ることによって感染してしまうことをいいます。 ネブライザーはエアロゾルが発生しやすく、そのエアロゾルに新型コロナウイルスが含まれていた場合、感染を広げてしまう可能性があるのです。 また、子どもの喘息患者さんがネブライザーを使用する際に大人による補助が必要な場合、補助をする大人は感染防護をしっかり行うようにしましょう。 ネブライザーの使用に関して不安なことがあれば、電話でかかりつけ医に相談しましょう。 喘息の治療に関して注意すべき点はあるのでしょうか。 報道に惑わされず、処方されている薬をきちんと服用して治療を継続することです。 むしろ、吸入ステロイドをやめてしまうことで元の喘息の症状が悪化することのほうが、発作を起こしてしまうなど悪影響を及ぼす可能性が高いでしょう。 処方されている薬を服用し、喘息をコントロールすることこそが一番の新型コロナウイルス対策といえます。 喘息患者は日頃から咳をする人が多いと思いますが、そういった人たちはこのような状況下で肩身の狭い思いをしているなどということはあるのでしょうか?また、そのような人たちに対して何かできることはあるのでしょうか。 現場でのご意見をお聞かせください。 「街中で咳をしただけでも、周囲の人から睨まれてしまう」と話す人もいます。 喘息による咳の症状を最大限抑えるためにも、基本的な喘息の治療をきちんと継続しましょう。 また外出時はマスクを着用し、咳エチケットを心がけましょう。 最後に、全体として喘息患者またその家族に伝えたいことなど、先生のご意見をお聞かせ願います。 が流行しているからといって喘息患者さんが特別なことをする必要はなく、日頃の喘息治療を継続した上で一般的な感染症予防を励行してください。 特に、東京などの大都市では蔓延期にさしかかっており、街を歩けばどこに感染者がいるか分からない状態です。 そのため、不要不急の外出を避けた上、外出時はマスクの着用、外出後の手洗い・うがいなどを行うようにしましょう。 また、薬の服用・処方など気になることや心配なことがあれば、かかりつけ医に電話で相談しましょう。

次の

コロナウイルスと喘息について — みんな健康

コロナ ウイルス 喘息

プロドラッグとは 体内あるいは目標部位に到達してから薬理活性をもつ化合物に変換され、薬理効果を発揮(活性化)するように化学的に修飾された薬です。 喘息薬 ステロイド薬 を服用すると免疫能が低下する ステロイド薬のもう一つの作用として細胞の中の核内受容体に働きかけ、転写因子に結合して免疫細胞が増えるためのサイトカイン IL-2、IL-6 や炎症性サイトカインの生成を抑制します。 その結果、免疫の主役であるT細胞やB細胞、マクロファージなどを減少させる作用を持ちます。 しかし、吸入ステロイド薬のメリットはこの作用が少ないとされています。 というのも肝臓で代謝されやすいためです。 また、肺に長時間滞留しやすいという性質も持ちます ・ サイトカインとは細胞が分泌する物質で、体にさまざまな作用を及ぼすものの総称です。 ・転写因子とはDNAからRNAに転写される際に転写を促進したり、抑制したりするタンパク質の総称です しかし、肺に長時間滞留するということは同時に肺でコロナウイルスに感染した細胞が免疫細胞を呼び寄せるサイトカイン インターフェロン の産生まで抑えるため、免疫細胞がコロナウイルスに感染した細胞に近づきにくくなります。 また、インターフェロンが産生されないと キラーT細胞の活性化まで抑制するため、コロナウイルスが野放しになってしまいます。 その結果、一見症状が軽快したように見えて、裏ではコロナウイルスが増殖しているという事態を招きます。 「増殖したら増殖したでステロイドの服用量を増やせばいいんじゃない??」という意見もでるかもしれませんが、 ステロイド薬は対症療法でしかないため、コロナウイルスに感染した状態が長く続き、ステロイドで対処できないくらいの量までコロナウイルスが増殖して 肺炎に至ってしまうということも予想されます。 ・インターフェロンとは動物体内で病原体や腫瘍細胞などの異物の侵入に反応して細胞が分泌するタンパク質です。 ウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをするサイトカインの一種です。 ・キラーT細胞とはリンパ球T細胞の一種で、宿主にとって異物になる細胞 移植細胞、ウイルス感染細胞、癌細胞など を認識して破壊する。 ・対症療法とは病気によって起きている,痛み,発熱,せきなどの症状を和らげたりなくしたりする治療法です。 一時的に病気を和らげるものですので,病気そのものや,その原因を治す 『原因療法』とは違います まとめ 喘息薬のシクレソニドは炎症を抑える薬であり、新型コロナウイルスに直接作用する薬ではない シクレソニドは喘息薬の中でも吸入ステロイド薬に分類され、作用機序はアラキドン酸を生成する酵素であるホスホリパーゼA2を阻害する。 プロドラッグであるため、代謝活性化を受け薬効を発揮する。 もう一つの作用として細胞の中の核内受容体に働きかけ、転写因子に結合して免疫細胞が増えるためのサイトカイン IL-2、IL-6 や炎症性サイトカインの生成を抑制する。 肺に長時間滞留するということは肺でコロナウイルスに感染した細胞がインターフェロンを産生できずにキラーT細胞の活性化も抑制し、結果的にコロナウイルスが増殖して肺炎に至ってしまう可能性が予想される。

次の