令和納豆 被害者。 令和納豆の没収・生涯無料パス・クラウドファンディングが話題

【速報】令和納豆の被害者「宮下を倒すために弁護士雇うので、皆さんお金ください」

令和納豆 被害者

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

令和納豆の没収・生涯無料パス・クラウドファンディングが話題

令和納豆 被害者

クラウドファンディングのお返しとして納豆ご飯専門店が配布した定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。 説明を求める声があがったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。 無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については「事実確認は引き続き行っておりますので、順次ご報告させていただきます」としており、29日昼までに詳細は明かされていない。 1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」 納豆ご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」(本社・水戸市)が2019年7月に水戸市でオープン。 全国各地の納豆とさまざまなトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。 同社は開店前の19年4月、クラウドファンディング(CF)サイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。 同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。 寄付のリターン(お返し)の1つとして用意されていたのが「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット 梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。 梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。 本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。 この無料パスの定員は当初100人だったが、人気を受けて19年5月に1000人分追加。 FAAVOで閲覧できる記録によればこちらも999人が寄付しており、先の100人と合わせて1099人が無料パスを手にしたことになる。 なお支援者の総数が1228人であるため、無料パスを求めて寄付した支援者はかなりの割合にのぼる。 ところが20年5月、Googleマップに投稿された1件の口コミがネットで注目された。 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした」と明記したうえで、「ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました」としている。 この口コミによると、没収の理由は「規約違反」で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断された。 それまで15回無料パスを利用していたという。 「『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています」と憤っている。 「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能」 口コミは5月22日ごろからツイッターで拡散。 「レビューが事実なら不誠実極まりない」「令和納豆、当時は羨ましいなって思ったんだけど、これはヒドい」として店舗側に説明を求める声があがった。 また22〜23日未明ごろにかけ、令和納豆公式ツイッターが一時「非公開」状態となり、疑問の声がいっそうあがることになった。 ただ27日までに、この口コミは閲覧できなくなっている。 返信がないため28日に再度質問状を送ったが、29日15時までに返信はない。 23日から繰り返し納豆社に電話をかけていたところ、29日に出た担当者は、取材依頼について「代表しか分からない。 代表は外出している」とだけ話した。 回答があれば追って伝える。 56 前スレ.

次の

令和納豆の雑感 その2|41|note

令和納豆 被害者

令和納豆パスポート剥奪事件 ・納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 ・支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 ・順調そうに見えた「令和納豆」ですが、Googleに投稿されたある一件の口コミがきっかけで問題が明るみになります。 その内容とは、1万円を支援し、無料パスを受け取り利用していたのですが、15回利用したところで店員に無料パスを没収されてしまったということ。 ・没収された理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 ・パスポートを没収された方は店側の対応に対し憤りを感じているとのこと。 ・この投稿がきっかけで、他にも無料パスを取り上げられた人がいたことが発覚。 ネット上で大炎上となりました。 ・令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めた。 令和納豆経営者の宮下ひろただ社長の釈明内容がひどすぎる 納豆社の宮下裕任社長は6月5日、J-CASTニュースの取材に、生涯無料パス没収の経緯を明かしました。 今回の無料パス剥奪のポイントが「利用規約」ということです。 まさかこの利用規約がパスポート剥奪につながるなんて誰も思いませんよね。 しかもこの利用規約はCFの募集ページには書いてなかったとのこと。 いやいや書けよ、という声が聞こえてきそうですが、宮下社長の主張はこうです。 「生涯のお付き合いなので、直接お会いした時にご説明すべきという考えからです。 私たちにとって支援者は『お客様』というより『仲間』に近い認識です。 たとえばウェブサイトに長文の利用規約を掲載する方法も考えられます。 ただ一般に利用規約というのは、ネットでの手続きだとほとんど読まずに『同意する』にチェックを入れて送信する方が多いです。 そうなるとトラブルの元になりかねません」(宮下氏) いや、だからトラブルになってしまったのでは? しかも、そんな大切な利用規約を、初回利用時に紙を渡すだけで5~10分で説明したとか。 その説明の中で、「無料パス対象メニュー以外も食べてコメントしていただきたい」という旨もこの時点で説明し、「いいですよ」などと返事をもらって同意を得たうえで、無料パスの利用を開始したというのです。 で、結局無料の納豆定食しか食べてないからパスポートを取り上げたってことでしょうか。 「無料以外食べないとパスポート剥奪しますよ」までは言ったのでしょうか。 しかも、無料パス対象メニュー以外の注文やアンケートの回答義務は利用規約には書いてなかったことが判明しました。 理由は、書いてしまうと利用しようと思う方が制限されてしまうから、と言う回答。 積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 説明不足があれば申し訳ないと思っています」(宮下氏) 彼が主張する「仲間」というのが本気であれば、初回の利用規約で1番の重要事項として説明すべきです。 宮下社長の弁明に対するネットの反応 宮下社長の弁明も虚しく、ネットではさらに炎上しています。 ・意味分からんけど飲食店スタッフなんじゃないの? ・ 令 和 納豆 はやり方が汚い 詐欺での集金と、何が何でもパスポートを使わせないというやり口、ネットの言論をスラップ訴訟で抑えようとする方法、被害者の泣き寝入りを狙うなど、詐欺師のイロハをすべて抑えている ・ 不誠実って、 令 和 納豆 の対応の方が圧倒的に不誠実じゃん 出資した時点でアンケートの事なんか一ミリも書いてないのに文字数制限してムチャクチャ面倒臭いアンケートしなければ剥奪とか不誠実にも程がある 何で店員とコミュニケーションとる必要がある?仲間じゃなくて店員なんだから飯だけ持ってこいや ・「『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 」当たり前だろ! 何でこんなこと答えなきゃいけないんだよ! 確かに令和納豆の、FAAVO紹介ページにも「地方創生」という言葉が最初の方にでてきます。 納豆ご飯セット一生涯無料パスポート(1000名 お返し品説名:一生納豆まみれになりたいあなたへ 本プロジェクト一押しのリターンです。 納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット 梅コース が一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート。 クラウドファンディング限定の会員パスポートとなりますので、今だけのプレゼントです。 利用規約 ・梅コース 納豆1種類100g、トッピング具材2種類、ご飯、味噌汁、漬物、お茶 限定。 ・ご本人様より有効。 ・一日一回限り。 ・店舗の納豆が売り切れになった場合は使用不可。 ・譲渡禁止 「地方創生」に協力しろなんて書いてないですね。 宮下社長が考える「地方創生」に協力していないと悪者扱いに、さらにはパスポート剥奪という、まるで罪人のような気分にさせられます。 令和納豆宮下社長は被害者面して金づる目的だった? どう考えても無理があるのではないでしょうか。 宮下社長が「地方創生」ということを本当に考えているのなら、別に令和納豆に貢献することだけが地方創生ではないですよね?茨城県の水戸市というところに訪問して、令和納豆以外のところを観光するのも地方創生につながるのでは。 しかし、令和納豆の主張を見る限り、どうしても自分のところの利益だけを考えているようにみえます。 実際、今回の件に関して、 ・支援者をただの金づるとしか見てない人に言われてもな ・タダ飯で釣って支援を集めた ・パスポート所持者を出資者として見ていないのか? などという声がきかれ、「地方創生」とか「仲間」という言葉を巧みに利用して、要は金づるだったのでは?という声も多くきかれました。 しかし、宮下社長は反省すべき点はあるとしても、今回の無料パスについての謝罪はないです。 さらには水戸市のイメージも下げてしまう可能性もあり、逆効果になってしまうことも心配されます。

次の