ポケモン剣盾 ギルガルド 対策。 ギルガルドの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ポケモン剣盾 ギルガルド 対策

ミラーを意識してS個体値を下げる場合もあります。 参考 B• 【s8. 型と択、運次第では、対面で激流ゲッコウガに勝てます。 副産物としてABミミッキュや遅い霊獣ランドロスの上を取れるというメリットもあります。 ダメージ計算 A170C222想定• また、霊と格闘の攻撃面での相性補完が極めて優秀で、両方とも半減できるポケモンは存在しません。 その反面、キングシールドを採用するスペースが無いため扱いに注意が必要です。 聖なる剣は相手の能力変化を無視できるため、鈍いナットレイ、鈍いカビゴン、むらっけオニゴーリなどに刺さります。 hAs• ただし、対グライオンはみがまもでPPを枯らされると突破できない点は要注意です。 参考 B:11n• シールドフォルム時• ブレードフォルム時 B110• 性格は、シャドボとめざ氷の火力を上げるC上昇補正で、ダウンロード対策になるB下降補正のおっとりが主流です。

次の

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 ギルガルド 対策

『こだわりスカーフ』を持たせるケースでは『いじっぱり』にすることもあります。 特性は『せいぎのこころ』! テラキオンの特性は『せいぎのこころ』しか存在しません。 あくタイプの攻撃を受けた際に攻撃が1段階上がる特性となっており、あまり活きる機会はないのですが、テラキオンはそれを補って余りあるポテンシャルを誇るポケモンなので我慢しましょう。 持ち物は『いのちのたま』や『きあいのタスキ』がおすすめ! テラキオンは高い素早さから火力を押し付けていくタイプのポケモンであるため、火力を上げる『いのちのたま』などを持たせるのが良いでしょう。 行動保証をつけられ砂でも削られない『きあいのタスキ』、弱点の多さを逆手に取れる『じゃくてんほけん』などもおすすめです。 ダブルで『ふくろだたき』コンボを狙う場合には、防御も上げる目的で『アッキのみ』も候補となります。 努力値は基本的にAS特化で! テラキオンは高い火力を押し付けていくタイプのポケモンであるため、攻撃は可能な限り上げ、素早さも最速にすると良いでしょう。 テラキオンは耐久の低いポケモンではないため耐久に振りたくなる気持ちもあるのですが、弱点の多さゆえに耐久が活きてくるケースは多くありません。 「『じゃくてんほけん』持ちのダイマエースとして運用したい!」「ダブルの叩きパでは火力が過剰になってしまう」といったケース以外では、基本的に火力振るのが良いと思います。 おすすめの技 テラキオンのおすすめの技を紹介します。 いわなだれ・ストーンエッジ・がんせきふうじ ダブルにおける岩技は全体技である『いわなだれ』でほぼ確定ですが、シングルでは火力重視の『ストーンエッジ』や後続を動きやすくする『がんせきふうじ』なども候補となるでしょう。 命中不安なのがネックですがダイマックスすることでカバーでき、『ダイロック』の砂により自身の特防が1. 5倍になるほか襷持ちも処理できたりとかなり強力な動きができるようになります。 インファイト タイプ一致で威力の高い『インファイト』も基本的に採用することになるでしょう。 他の格闘技としては『せいぎのつるぎ』もありますが、特殊な事情がない限りは『インファイト』が安定です。 じしん ギルガルドやドヒドイデに対する安定打点が欲しい方、『ダイアース』による特防アップを狙いたい方は地面技の『じしん』を採用するのも良いかもしれません。 しかし、格闘と岩の攻撃範囲があれば地面技を撃ちたい機会はほとんどないため、優先度はそれほど高くありません。 アイアンヘッド 対フェアリーとして優秀な『アイアンヘッド』も候補となります。 素の状態では等倍の岩技と大差ない威力ですが、ダイマックス技の『ダイスチル』であれば高い威力を出せて防御アップの追加効果も嬉しいので採用の価値はあります。 でんこうせっか 先制技が欲しい方に! ステルスロック テラキオンはステロ撒きもできます。 シングルでは『がんせきふうじ』との組み合わせで後続を動きやすくするのも良いでしょう。 ちょうはつ 相手の補助技を止める『ちょうはつ』ですが、テラキオンは多くの相手に先制できるので刺さる場面は多いです。 しかし、弱点も多いため読み間違いで攻撃を受けてしまうと致命傷になりかねない点にも注意しましょう。 つるぎのまい 弱点の多いテラキオンで『つるぎのまい』を積むのは難しいですが、一度でも積めればテッラキオンの攻撃を受けるのは至難の業となります。 コーチング ダブルで味方を強化できる『コーチング』も使えます。 素早さも高いので色々なコンボを狙えそうですね。 まもる ダブルでは『まもる』があると非常に動きやすくなります。 技スペースの余りがちなテラキオンで採用しない理由は特にないでしょう。 テラキオンの対策 テラキオンの対策は『いわなだれ』による怯みも考慮すると、受け身でいくよりも上を取っていくのが安定となります。 テラキオンより素早さの高いポケモンを採用する テラキオンは上を取れている相手にはめっぽう強いですが、上を取られると弱点の多さゆえ打たれ弱いポケモンとなります。 テラキオンはやや高速帯のポケモンになりますが、上を取れるポケモンも少なくないため構築に1枚は早いポケモンを入れておくと良いでしょう。 先制技持ちのポケモンを採用する テラキオンは『アクアジェット』や『バレットパンチ』、『グラススライダー』に『マッハパンチ』など多くの先制技が抜群となっています。 ローブシンやゴリランダーなどのポケモンであれば撃ち合っていけるでしょう。 まとめ テラキオンはアタッカーとしての圧力もさるものながら、積み技や補助技も備えているため相手にするととても厄介なポケモンです。 テラキオンより先に行動できるポケモンを構築に入れて対策を怠らないようにしましょう!•

次の

【サンムーン】ギルガルドを「選出段階」から縛れる対策用ポケモン教えてくれ 見せあいで相手が失神するくらいの奴を

ポケモン剣盾 ギルガルド 対策

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 Sは最遅が理想 ギルガルドは、攻撃技を出すと耐久の低いブレードフォルムになる。 先制で動くと反撃で倒されやすいため、Sは最低まで下げて初手はシールドフォルムで受けるのが理想。 ミラーではより遅い方が勝てると言っても過言ではない。 耐久力を活かして弱点保険を発動 シールドフォルムはBD共に圧巻の種族値で、抜群を突かれても大抵は耐える。 そのため じゃくてんほけんとの相性が抜群で、無理なく火力を上げやすい。 キングシールドとかげうちの存在により、消耗していても簡単には突破されない。 メジャーゆえに相手の行動を縛る HBギルガルドとじゃくてんほけんの組み合わせは、旧世代からおなじみの型。 環境の変動で持ち物の主流が変わっても警戒せざるを得なく、相手は迂闊に抜群技を選べない。 無言の圧力で精神的なダメージを狙える。 抜群技を受けた上で立ち回る必要がないため、扱いやすい点がメリットだ。 ただし持ち物によっては火力不足となるので注意。 てっていこうせんで前作より火力アップ ギルガルドは剣盾環境で種族値が下がる下方修正を受けた。 しかし特殊型の場合、 タイプ一致の高火力技てっていこうせんを新たに習得したため、前作よりも高火力が出せる。 全抜きするポケモンでは無いため、反動もそこまで気にならない。 キングシールドを切るのもあり 相手としてはキングシールドは常に警戒したい技。 あえて採用せずに攻撃技を増やし、キンシ読みを奇襲するのも有効。 5体の犠牲は覚悟する ギルガルドは1体倒した後、後続にかげうちを入れて退場という流れを作りやすいポケモン。 ある程度の犠牲は覚悟した上で、ダイマックスからの逆転を目指そう。 相手の行動を読む 12種類もの耐性と、シールドフォルム時の耐久種族値が驚異。 反面ブレードフォルムの耐久は脆く、等倍でも致命傷となり得る。 キングシールドは連続で使うと失敗しやすいため、攻撃に合わせて反撃したり、キングシールドの隙に積み技を使おう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の