胃 が パンパン に 張る。 胃が張って痛い! 胃が張る原因と対処法まとめ

妊娠初期の胃部膨満感

胃 が パンパン に 張る

ご飯を食べたらぽっこりお腹が膨らんでしまう……。 「そんなの女性として認めたくない!胃下垂だからしょうがない!」 そう思う前に、腹筋の状態を確かめてみたほうがいいかもしれません。 弱った腹筋群を刺激すれば、食後のお腹ぽっこりは防げます!• 胃下垂の症状とは 胃下垂とは胃の機能が悪く、胃の緊張が失われて、だらんとたれ下がり、大きくなったものをいいます。胃の機能だけではなく、腸の機能の低下もみられるために、便秘をすることも多いといわれるのが特徴です。 胃下垂は、細くやせた体質の人や、いつも胸部と上腹部を圧迫していたり、太っていたけれど急にやせた人に多く見られます。これは生まれつきの体質のものであることが多く、病気ではありません。 一般的にいわれる自覚症状としては、次のようなものがあります。 ・食後のむかつき ・膨満感 ・消化不良 思い当たる症状があるようでしたら、一度診察を受けてみましょう。 弱った腹筋群も原因のひとつ 先ほど説明したような症状がない場合、食後にお腹がふくらむ原因としては腹筋群が弱ってしまっていることも考えられます。 お腹周りには、次のような4つの筋肉が存在します。 腹直筋を鍛えると、いわゆる「腹筋が割れた」状態になります。 多少食べ過ぎて胃がパンパンに膨れても、これらの筋肉がしっかりとしていれば、お腹の中の内臓が出てきてしまうのを押さえてくれます。 ですが、これらの腹筋群が弱っていると、中からの力を押さえきれなくなり、ぽこっと外側に膨れてしまうのです。 背筋をまっすぐ伸ばすと、自然とお腹にも力が入るのがわかりますか?腹周りの筋肉をしっかりさせるためにはとても重要なことなので、普段からまっすぐな美しい姿勢を心がけましょう。 姿勢と呼吸は「美」の基本ともいえますので、ぜひ続けてみてくださいね~。 wellfyより•

次の

食後に胃が張る原因は?肝臓が悪い場合も?対処法をまとめた

胃 が パンパン に 張る

お腹が張る、しかも痛い!原因はガス溜まりや便秘?ひょっとして病気? 下腹部がパンパンに膨らんでつらい。 体のラインに合った服を着ると、お腹だけポッコリと出てしまう。 このような状態は、いわゆる「お腹が張っている」と言われる症状です。 程度の差はあるものの、このお腹の張り、誰にでも一度くらい経験があるのではないでしょうか。 多くの場合、ガスが溜まっていることが原因と言われ、ガスが抜けると症状が治まることから、大したことないものと捉える方も多いようですが、お腹が張ってしまう原因を突きとめておくことはとても大切なことです。 と言うのも、お腹の張りには単にガスが溜まっているだけはなく、思わぬ病気が原因として隠れている可能性があるからです。 そこで今回は、お腹の張りや痛みについて詳しく調べてみました。 お腹が張る原因は? お腹が張ってしまうのは、主に以下の7つが原因として考えられています。 ガス溜まり 一般的に、お腹が張る原因として最も多いと言われているのが、腸内にガスが溜まっていることだと言われています。 腸内には、悪玉菌と善玉菌、そして日和見菌という腸内細菌が存在しており、健康な人の腸の場合、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合でバランスをとっていると言われていますが、悪玉菌が増えてしまうとこのバランスが崩れ、腸の活動が鈍くなりガス(おなら)が溜まりやすくなってしまいます。 便秘 悪玉菌優勢の腸内は、ガスが溜まりやすくなるだけではなく、便も詰りやすくなり便秘の原因となってしまいます。 便が長時間腸に滞っているとやがて発酵してガスを発生させ、さらに腸内の環境を悪化させます。 妊娠初期 妊娠初期は、お腹が張りやすくなると言われています。 これは、妊娠によって子宮が成長すると、子宮や周辺の筋肉が伸びるために引っ張られるような感覚が生じるから、と考えられています。 通常は心配のいらないものとなっていますが、張りがお腹全体というよりは 一部だけの場合や、一時間に何度も起こる、出血を伴うなどの時は、子宮の収縮による張りの可能性があり、流産の危険があるためただちに病院を受診するようにして下さい。 生理前 生理前は、妊娠に備えて子宮や卵巣の働きが活発になります。 特に子宮は内膜を厚くするために膨張するため、腸を圧迫するので、必然的に腸の動きが悪くなりガスが溜まりやすくなってしまいます。 暴飲暴食 暴飲暴食をすると、許容範囲外の食べ物が胃に入ってくるため、きちんと消化されずに腸に流れてしまいます。 すると、未消化の食べ物が腸内に長く留まることになってしまい、発酵が進んでガスを発生させます。 ストレス ストレスを感じると、消化器官の働きが鈍くなることから、腸のぜん動運動が落ちて便が溜まりやすくなり、ガスや便秘が元になってお腹の張りを感じることがあります。 呑気症 呑気症とは、ストレスによって無意識に空気を多く吸い込んでしまう疾患です。 呑気症になると、通常の3倍程度多くの空気が胃に入るため、お腹の膨満感を始め、ゲップやおなかが多くなるといった症状が現れます。 食後に異常にお腹が張る場合の原因は? お腹の張りが食後になると顕著に現れる場合は、「胃下垂」が原因かも知れません。 胃下垂とは、その名の通り胃が下に垂れている状態のことを言います。 通常であればみぞおちにあるはずの胃の下部が、重症になるとおへそや骨盤の辺りにまで落ち込んでしまうため、胃に食べ物が入るとその重みで腸が圧迫され、下腹部が異様に出っ張ってしまいます。 主な症状として、お腹の張りの他に、胃もたれや胸やけ、ゲップが多くなるなどがあります。 なお、胃下垂は自覚症状だけで判断がつきにくいため、胃の不快感や痛みが強くなって初めて病院を受診するケースが多いと言われています。 お腹が張る原因になる病気は? お腹の張りは、比較的誰にでもよく起こりうる症状と言えます。 症状が軽く、数日で治まり、その後特に体調不良などがなければ、「ガスが溜まっていたのかも」「便秘のせいかな」と自己判断してしまう場合も少なくありません。 しかし、症状が重い場合や、お腹の張りが長期的に続く時は、病気が原因の可能性が考えられます。 では、お腹の張りが症状として現れる病気には、一体どのようなものがあるのでしょうか。 急性胃炎・慢性胃炎 急性胃炎及び慢性胃炎の場合、胃液の過剰分泌によって胃の膨満感や胸やけ、胃痛などが症状として現れます。 胃下垂・胃腸虚弱(機能性胃腸症) 一部の女性の中では、「胃下垂の人は食べても太らない」という誤った誤解を生んでいますが、 実際に胃下垂を患っている方の多くは、お腹の張りや便秘、胃の不快感、胸やけ、ゲップといった症状に苦しんでいます。 また、最近は「胃の調子が悪い」「胃が痛い」などの症状を訴え、病院で胃カメラを飲んでも原因が掴めない〝機能性胃腸症〟と診断される方が増えています。 過敏性腸症候群 過敏性腸症候群は、腹部の張りや痛み、便秘、といった症状が繰り返し現れるのに、腸の検査をしてもどこにも異常が認められない病気です。 発症の詳しい原因はわかっていませんが、ストレスが溜まることによって脳と密接な関係のある腸の働きが阻害され、症状を引き起こすものと考えられています。 腸閉塞 腸閉塞とは、小腸及び大腸が狭くなることで、食べ物や消化液が通りにくくなる病気です。 おならや便が出なくなる、悪心、吐き気、お腹の張り、腸がゴロゴロするなどの症状が現れ、腸が完全に詰ると激しい腹痛や嘔吐が起こります。 大腸がん 大腸ガンは、ガンができた場所によって現れる症状が違いますが、 腸内でガン細胞が大きくなると排便障害が起こり、ガスが溜まってお腹が張りやすくなるといった症状が出ます。 胆のう炎・肝炎・膵炎・腹膜炎など 常にお腹が張っている、黄疸やむくみがある、吐き気や食欲不振といった症状が伴う場合は、胆のう炎や肝炎、膵炎、腹膜炎などの可能性があります。 婦人科系の疾患 子宮筋腫があると、下腹部の膨満感や張りの他に、筋腫によって膀胱が圧迫され頻尿になったり、経血量が増えるといった症状が現れます。 また、症状が表に出づらいと言われている卵巣ガンは、腹水が溜まって下腹部に張りを感じることがあるため、急にお腹だけポッコリと出てきた時は、病気を疑って病院へ罹るようにして下さい。 ガスが溜まってお腹が張っている場合の解消法 ガス溜まりによるお腹の張りは、圧迫されて苦しいだけではなく、「思いもかけない時に、いきなりおならが出たらどうしよう」という不安を感じやすいものです。 そのため、できるだけ早くに解消したいと思う方も多いと思います。 そこでここでは、 ガスが溜まってお腹が張っている場合の解消法をいくつかご紹介したいと思います。 お腹が張っている部分を温める 腸の動きが鈍くなるのは、冷えが原因の場合も多くあります。 そのため、お腹が張っている部分にカイロなどをあてて温めることで、血行を促進し張りをやわらげることができます。 食べ物で解消する お腹の張りの原因の一つである便秘は、食物繊維を積極的に摂取することで解消されやすいというのは、広く認識されていることですよね。 しかし、実は食物繊維には2種類があり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれています。 一般的に食物繊維が豊富な食べ物として挙げられる、ごぼうやきのこ類は不溶性食物繊維が多く含まれているのですが、すでに便が詰まっている時に摂取すると、返って便を固くしてしまい余計にガスを発生させて、お腹の張りを悪化させてしまうことがあります。 このため、お腹の張りを伴う便秘の時には、長いもや海藻などに多く含まれる水溶性食物繊維を多く摂る方が効果があります。 ガス抜きマッサージをする 1. 床にうつ伏せになります。 両足のかかとでお尻を軽く叩くように、足を交互にバタバタとさせます。 便秘でお腹が張っている場合の解消法 便秘は、便が腸に詰まった状態になるため、ガスが発生してお腹が張ってしまいます。 便秘によるお腹の張りを解消するためには、根本の原因である便秘を解消するのに越したことはないですが、腸内に溜まったガスを抜いてあげるだけでも、お腹の張りを緩和することができます。 特に、起床時は腸の動きが活発になっているため、このタイミングでガスを上手く抜くことができると、その後お腹の張りに悩まされることが少なくなります。 なお、この方法を毎朝行うことで、ガス抜きだけではなく便意を催しやすくなるというメリットもありますので、是非毎日続けてみましょう。 生理前のお腹の張りを解消する方法 生理前は、女性ホルモンの関係でお腹が張りやすくなってしまいがち。 毎度のこととは言え、お腹が張って苦しいのはつらいものです。 どうにかならないかなと思っている方も多いと思いますが、そのような方は次のことに気を付けてみましょう。 お腹を絞めつけないようにする 細身のパンツを穿いたり、ガードルなどで下腹部を絞めつけないようにしましょう。 血行不良が起こって腸がむくんでしまうと、お腹の張りが強くなってしまいます。 冷たい飲み物を控えましょう 冷たい飲み物は体を冷やします。 体が冷えると血行が悪くなり、腸がむくんでお腹を圧迫してしまいます。 生理前や生理中はなるべく温かい飲み物を摂るようにして、体温を下げないようにして下さい。 シャワーで済ませず、しっかりと湯船に浸かりましょう 湯船に浸かることで、体の芯から温まり血行を促進してお腹の張りを解消します。 お腹のガス解消におすすめの薬(市販薬) お腹のガス溜まりや張りを解消する方法を行ってもなかなか症状がよくならない時は、市販薬を飲んでみるのも一つの方法と言えます。 ここでは、お腹のガス解消にお勧めの市販薬をご紹介します。 ガスピタンa お腹のガス溜まりを解消してくれるお薬です。 お腹が張って痛いと感じた時、水なしですぐ飲めます。 参考URL: ラッパ整腸薬BF お腹に溜まったガスを吸収・排出する整腸薬です。 また、3種類の乳酸菌が配合されているので、善玉菌を増やし腸の状態を正します。 参考URL: パンラクミン錠 生きたまま腸に届く乳酸菌によって、腸内の環境をすみやかに整えます。 水なしでも飲め、味もさわやかなヨーグルト味です。 参考URL: お腹が張った時、病院は何科に行けばいい? お腹の張りがひどい時や長期間治まらない時など、病院へ行くことを検討すると思いますが、その場合受診するのは 消化器科となります。 消化器科は、口から食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、膵臓、胆のう、肝臓といった臓器や組織の専門科となります。 お腹の張りは、これらのどこかに原因が考えられるケースが多いため、まずは消化器科を受診するのがよいと思います。 もし、近くの病院に消化器科がなければ内科でも構いません。 なお、女性の場合、消化器科や内科で異常がないと言われても、子宮や卵巣といった女性特有の臓器が原因でお腹の張りが起こる場合もあることから、婦人科への受診も検討しましょう。 まとめ お腹の張りが長く続く場合や、痛みが強い時などは、躊躇わずに病院で診てもらうのが安心です。 また、腸にガスが溜まりやすい方や便秘になりやすい方というのは、将来大きな病気になる可能性が高いと考えられます。 たかがガス溜まりと思わず、できるだけ早めに解消しておくようにしましょう。

次の

【たすけてドクター(胃腸科)】027. 頻繁にお腹が張るのが悩み。胃が痛くなることも……|poroco ポロコ|札幌がもっと好きになる。おいしく、楽しく、札幌女子のためのWEBサイト

胃 が パンパン に 張る

食後に胃が張る原因とは? 食後に胃が張る原因は、大きく分けると• 胃に大量の空気・ガスが溜まっている• 胃の中に溜まった空気・ガスを排出できない 上記の2つが考えられます。 胃に大量の空気が溜まる場合は食事の仕方が原因ですが、胃の中に溜まった空気やガスをうまく排出できない場合、胃の病気かもしれません。 さっそく、それぞれの症状が起きる原因や解消法についてみていきましょう。 胃に大量の空気・ガスが溜まる 食事中におしゃべりをする人や早食いの人に起こりやすく、食事と一緒にたくさんの空気を飲みこむことによって胃が張ります。 また、ストレスや睡眠不足により内臓の働きを調整する自律神経が乱れた場合、消化不良を引き起こし、食べた物から発生したガスが胃に溜まりやすくなります。 他にも、• 便秘の人は、腸内に溜まった便から発生するガスが胃まで上ってくる• 炭酸飲料の飲みすぎやでんぷん質(イモ類など)の食べすぎ などが原因で胃が張る場合もあります。 また、食後にゲップが多い人は胃に空気やガスが溜まるっている証拠です。 食事の仕方を改善する 食事中、特に口の中に食べ物が入っている時は、おしゃべりではなく食べ物を噛むことに集中しましょう。 噛む回数が少なければ少ないほど、また、食べる量が多ければ多いほど空気を一緒に飲み込みやすくなります。 早食い・大食い(飲み過ぎ)を意識して治すのはもちろん、食事中は炭酸飲料を控えてください。 生活習慣を見直す 睡眠不足や栄養の偏った食事が毎日続いていると、ストレスが溜まりやすくなります。 毎日最低6時間以上の睡眠時間を確保しましょう。 胃の中に溜まった空気・ガスを排出できない 胃の中に溜まった空気やガスを排出できないのは、• ストレスによる自律神経の乱れや暴飲暴食によって胃の機能が低下している• 炎症や血流障害など、何らかの病気が胃の中で発生している このような原因が考えられます。 胃の中の空気やガスをうまく排出できない状態だと、 たくさんの空気が胃に入るタイミングや、胃でガスが多く発生するタイミング… つまり食後に胃が張ると感じることが多くなります。 ストレスや暴飲暴食が原因の場合は、食事の仕方や生活習慣の見直しで改善可能です。 ただ、胃の病気が原因の場合は早急に病院で診てもらい、治療することが大切です。 スポンサーリンク 食後に胃が張るのはどんな病気? 胃炎 胃炎は急性と慢性、2つのタイプがあります。 急性胃炎は暴飲暴食やストレス、ウイルス感染、食中毒、アレルギーなどが原因で起こります。 急性の場合は激しい胃痛や吐き気・嘔吐、また発熱を伴うため、まず我慢することができません。 すぐに病院へ行き、適切な治療を受けてください。 続いて、慢性胃炎の場合は急性と同じく暴飲暴食やストレスも原因となりますが、多くはピロリ菌感染が原因です。 症状は急性胃炎ほど激しいものではないため、キリキリと胃が痛む状況が頻繁に起こります。 治療するためには、病院へ行きピロリ菌の検査をして、抗生剤を処方してもらうようにします。 ちなみに、 頭痛や生理痛の時などに服用する市販の解熱鎮痛剤も慢性胃炎の原因になります。 市販の解熱鎮痛剤は飲みすぎないよう、くれぐれも用法用量を守って服用するようにしましょう。 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア) 胃に異常が全く見当たらないのに、胃の張りや胃もたれ、胃痛など様々な胃の不調が続く病気です。 機能性胃腸炎になる原因はストレスやピロリ菌とされていますが、胃に異常が現れない分、正確に原因を特定するのは困難です。 そのため、治療法も胃に起きている症状を抑える薬やストレスを抑える薬といった、対処療法的な流れになります。 完治させるのは難しい病気ですが、食生活と生活習慣を改善して胃に負担をかけないことが症状を抑える上で最も大切なことだと考えられています。 胃癌 胃癌の初期症状で胃が張る、胃が痛む、膨満感がある、吐き気や胸やけがするという症状が多くみられます。 胃癌は癌の中でも特にかかりやすい病気で、転移が速く死亡率も高いですし、家系で胃がんを患った方がいる場合は発生率も高くなります。 胃の不快感が続く場合、少しの症状でも軽視せずに受診することが早期発見につながります。 胃の張り、実は肝臓に原因があることも… 胃の張り=胃に異常があると考えがちですが、実際、胃の張りは肝臓の病気が原因の場合もあります。 毎日5合以上の飲酒が習慣になっていませんか? また、お酒と一緒に脂っこいものをたくさん食べていませんか? お酒の飲み過ぎや脂質を多く含む物の食べ過ぎ、肝臓のウイルス感染などは、肝臓に過度な負担がかかるため炎症を起こして腫れることが多いです。 その代わり、 肝臓が腫れると近くの臓器である胃が圧迫され、張っているような感覚を覚えることがあります。 胃の張りが気になる場合、1番下の肋骨に沿って軽く押してみてください。 もし腫れているような感覚や少し痛みを感じるようなら、肝臓が腫れている可能性が高いです。 お酒と脂っこいものの摂取をすぐにやめ、病院で胃と併せて肝機能の検査もしてみましょう。 まとめ 胃が張ると言っても、肝臓疾患による影響も考えると原因は様々です。 もし、食後以外でも慢性的に胃が張る場合は、一度病院で検査してもらうべきでしょう。 強い胃の張りを食後だけ感じる場合は、まず食事の仕方や生活習慣の改善に取り組んでみましょう。 それでも胃の張りが改善されなければ、大きな病気が隠れていることもあるので、早めに病院を受診することをおすすめします。 スポンサーリンク.

次の