犬 去勢後 元気がない。 犬の去勢手術体験談 手術前日の注意点と当日の様子をレポート!|ヨーキーブログ【ガブびより】

犬の不妊手術後元気が無いのですが

犬 去勢後 元気がない

犬の去勢手術費用• サイズや病院によって差がある 犬の去勢手術にかかる費用は、サイズや病院によって大きな差があります。 手術方法によっても値段が異なりますよ。 ポイントになるのは「術中点滴」「術前検査」「注射麻酔により気管挿管」「術前検査と術後点滴によるバランス麻酔」「気管挿管による吸入麻酔の維持」などです。 手術方法については獣医さんにきちんと確認することがおすすめです。 オス犬にはまれに血友病という血液の疾患を持っている場合があります。 この場合には術後に特殊な治療をする必要がありますので、術前の血液検査は万が一のためにもしておくことがおすすめです。 一般的な去勢手術費用は小型犬や中型犬で15,000~20,000円、大型犬で30,000円前後です。 手術費用には薬代や保護具も手術費用に含まれていることがほとんどですが、事前にきちんと確認してくださいね。 犬の去勢手術、時期はいつ? 去勢手術をする時期• 飼い始めた時期による 犬の去勢の時期は「犬を飼い始めた時期」によって異なります。 子犬から飼い始めた場合は生殖能力が成熟する前の「生後6ヶ月~1年未満」が適した時期です。 生殖機能の発達前に去勢することで生殖に関するストレスから解放されやすく、問題行動を起こさず生活できるようになるためです。 1歳以上の犬を飼った場合は「できるだけ早く」手術を行うのがポイントです。 発情期が来る前に、手術を完了させてあげてください。 去勢手術によって「他の犬とケンカをする」「吠えかかる」「マーキングがひどい」などの問題行動を抑えることができますよ。 去勢手術の適性時期は早すぎると骨や関節に悪影響が出ますし、遅すぎると内分泌疾患のリスクが高まります。 内分泌疾患以外にも喧嘩や吠えかかり、マーキング等をしてしまうことがありますよ。 他にも「停留睾丸」「肛門腺周囲腫瘍」「会陰ヘルニア」「精巣疾患」「前立腺疾患 良性 」などを引き起こしてしまうリスクがあります。 愛犬の去勢手術の適性時期は、事前に獣医さんとしっかり話し合ってくださいね。 犬の去勢手術、時間は?術前の注意点は? 術後の注意点• 傷口を舐めさせない• 散歩やシャンプーを控える• 肥満に注意する 犬は体の傷ついた部分を舐めて治そうとするので、術後に傷ついた患部を舐めないように気をつけてあげることが大切です。 術後の傷口を舐めることは「感染症」や「化膿」の可能性を高めるだけでなく、掻きむしりによる出血にも繋がるからです。 愛犬が傷口を気にするような素振りを見せるのであれば、エリザベスカラー(襟巻きのようなもの)を装着することで傷口を舐めにくくさせることもできますよ。 術後1週間ほどで抜糸できることが多いですが、ふとした拍子に傷口が開いてしまうこともあるので抜糸が終わるまでは「散歩」や「シャンプー」「お風呂」も控えるようにしてくださいね。 そのほか、去勢手術後には肥満になりがちなので日々の健康管理にも気を配ることが大切です。 犬の去勢手術、術後は性格が変わる? 術後の性格• 性ホルモンが関与していた問題行動が表れにくくなる よく、「去勢手術をすると性格が変わる」といわれますが、正確には違います。 手術をすることによって性ホルモンが分泌されなくなるため、「性ホルモンが関与していた問題行動が表れにくくなる」のです。 愛犬の性格が極端に変わるわけではありませんよ。 「メスへのアピールのためのマーキング行動が和らぐ」「発情期のメスに誘われて騒ぐことが減る」などの変化が現れます。 また、性ホルモンに由来する「縄張り意識」もなくなりやすいので、メス犬のように落ち着く子もいますよ。 具体的には、マーキング、吠えかかり、噛みつきなどの欲張り行動、攻撃行動に落ち着きが見られる傾向があります。 放浪行動やマウンティングも早いと1週間以内で良い傾向へと向かう場合がありますよ。 ただ必ずしも去勢手術で治るとも限らないので注意してくださいね。 犬の去勢手術を行うメリットは? 去勢手術を行うメリット• 望まない子犬の防止• 攻撃性の低下• マーキング行為の減少• 生殖器の病気対策• 発情によるストレスがなくなる 望まない子犬の防止 犬を飼うにはお金がかかりますよね。 去勢手術を行なうことで、「いつのまにか子犬を身ごもっていた」という心配がなくなります。 攻撃性の低下 繁殖に伴う行動が落ち着き、性格が穏やかになるので、攻撃性の低下が期待できます。 マーキング行為の減少 縄張り意識がやわらぐことで、マーキングを行う回数や頻度が減少するといわれています。 生殖器の病気対策 犬は年齢を重ねると生殖器関連の病気にかかりやすいのですが、去勢手術をすることで「肛門周囲腺腫」「前立腺肥大」などの病気の心配が減らせますよ。 発情によるストレスがなくなる マーキング行為が減るので、飼い主さんのストレスが軽くなるメリットもありますね。 発情は愛犬自身もストレスを感じるので、去勢手術をすることは愛犬のストレスを軽減してあげることにも繋がります。 去勢手術のデメリット• 生殖能力がなくなる• 全身麻酔によるリスク• 縫合糸によるアレルギー反応• 太りやすくなる 去勢手術は「生殖能力を完全に無くす」ので、デメリットといえます。 術後に「繁殖させたい」と思っても手遅れになります。 手術は全身麻酔で行うので、「呼吸不全」「心不全」などのリスクもあります。 縫合糸を体が拒絶して「アレルギー反応」が起きることもあります。 縫合糸に対するアレルギーは抜糸をしてあげることが第一優先です。 「太りやすくなる」という手術後のデメリットもあります。 性ホルモンの影響で術前よりも活動量が減るので、食事量を術前と変えずに与えると太ってしまうのです。 肥満の治療・対策は普段の食事管理が重要です。 前立腺がんのリスクとなることがありますが、これは抗がん剤での治療が必要になります。 去勢手術はメリットが大きく、多くの飼い主さんが取る手段ですが、デメリットが存在することも知っておいてくださいね。 去勢後におすすめのドッグフードは? 上の項で述べたとおり、去勢後は太りやすい傾向があります。 去勢後専用のフードをあげることをおすすめします。 ロイヤルカナン ミニ ステアライズド (避妊・去勢犬用) 避妊・去勢後の小型犬に最適な栄養バランスに配慮したフードです。 高タンパク・低脂肪、腹持ちの良い食物繊維の組み合わせになっているので、低カロリーでありながら満腹感を得やすくなっています。 適切な体重維持に最適ですよ。

次の

犬の去勢手術後傷口を舐めてるけど大丈夫?術後の散歩や食事の注意点

犬 去勢後 元気がない

床の臭いを嗅ごうとすると「 カツン」とぶつかり、ごはんを食べようと思っても口が届かず、歩いていてもテーブルの脚に「カツン」って。 「カツン、カツン」言ってるからどこにいるかがすぐわかるくらいぶつかりまくっているの。 そしてね、 どうして術後エリザベスカラーをしなければならないか知っていますか? 傷口を舐めてしまって傷口を大きくしてしまったり、縫ってある糸を取ってしまう可能性があるから。 傷口を舐めないようにする為にエリザベスカラーをしているの。 でもね、うちには優しい、優しいチョコバニラの2匹がいてね、ひぃるの傷口を心配して舐めてくれるのよ。 エリザベスカラーの意味ないじゃん!! 「カツン、カツン」ぶつかるし、外野の2匹が傷口舐めるし、エリザベスカラーよりも術後服の方がいいような気がしたので、病院で購入していた術後服を早速着てみました。 結構タイトな作りになっていて 傷口にひぃるの鼻も口も届きません。 チョコバニラの鼻だって傷口には届きません。 ん?ん?最初からこれでよかったじゃん!と思うのですが、ひぃるの病院ではこの術後服を入荷したばかりだったので、効果があまりわからずそれほど勧めてはいなかったのです。 女の子用もおしっこをする時にしやすい設計の服になっているので、女の子には女の子用を選ぶといいですよ。 術後1日目も元気がない とにかくぐったり。 起き上がって歩いたと思ったら、数歩で止まり遠くを見つめるそして崩れ落ちるように倒れる。 わかりやすいようにまとめてみました。 呼んでも反応がないくらいぐったりしていて、嘔吐を繰り返したら病院に来てね。 数日間は元気がなくても大丈夫。 ずっと元気がない かろうじて目は開いているのえすが、どこか遠くを見ている様子。 生気がない。 寝がえりをうち、後ろむきになったのですが、後ろ姿にも落ち込み具合がでていてなんとも悲しい。 まとめ 去勢手術後1日目。 去勢手術をしなければ、 こんなに辛そうなひぃるを見ることもなかったので本当に後悔中。 早く元気にな~れ。

次の

犬の去勢手術後傷口を舐めてるけど大丈夫?術後の散歩や食事の注意点

犬 去勢後 元気がない

去勢すると犬の性格が変わる!? 結論からいえば、去勢を行った犬の多くは。 「性格になにかしらの変化が現れる」でしょう。 行動であったり、落ち着きであったり、去勢によって変化したホルモンバランスの影響で、様々な性格の変化が考えられます。 そしてこれらの変化は、生殖能力が完成するより前、比較的早く去勢手術をしたわんちゃんに多いようです。 しかし、よく言われるようですが、「わんちゃん(特にオス)が去勢すると、マーキングをしなくなる」というのは、あまり期待できないこともあります。 なぜなら、既にわんちゃんが足を上げてマーキングを始めるようになっていると、行為自体は覚えてしまっているのでやめるまでには至りません。 同じ理由で、人や物に対して腰を振るマウンティングも去勢前に覚えてしまうとなかなか完全にやめるのは難しいようです。 こういった問題行動については、去勢だけでは解決しにくいケースもありますから、飼い主さんが根気よく性格のしつけを続けていく必要がありそうです。 オスとメスでは去勢後の変化に違いがある?~我が家の場合~ 実は我が家の愛犬は、メスは避妊しましたがオスは去勢していません。 メスを手術した理由は、やはり繁殖予定がないことと、病気のリスクを減らすためです。 しかし、この子は薬品にアレルギーがあり、手術に踏み切るのは勇気がいりました。 実際、術後はしばらく麻酔の影響がかなり続きました。 しかし、手術によって別の病気を発見できたので、やって良かったと思います。 ちなみに、手術前はかなりのおてんばな性格でしたが、術後にはちょっぴり落ち着いたような気がします。 でも、イタズラを全くしなくなったわけではないので、手術によって性格が落ち着いたのかははっきりしません。 メスは変化が分かりにくいようです。 そして、オスですがやはり麻酔による副反応の不安がとても心配でした。 家族で相談し、「もしマーキングやマウンティングなどがひどいようなら、早めに手術に踏み切ろう」と決めていました。 幸いにも、外に出ると足を上げて用を足すのですが室内ではちゃんと座ってするし、マウンティングもしません。 たまにぬいぐるみとかにはしますが…。 なので、病院でも相談し、やはりアレルギー体質でもあるので去勢しないことにしました。 周りのかたからは、去勢を勧められることもありました。 聞けば、そのかたのわんちゃんは生後7ヶ月くらいから急に攻撃的な性格になり、トイレも失敗するし暴れて手に負えないほど荒れたそうです。 去勢でずいぶん穏やかな性格になり、良かったと教えてくれました。 このように、去勢後の性格の変化にもかなりの個体差があるようです。 みんなの犬の去勢体験談!ほんとに性格って変わった? 女性 30代 愛犬が7ヶ月の時に去勢しました。 早めに去勢したので、そんなに大きくは変わらないだろうなぁと思ってましたが、結構変わりました。 一番はマーキングです。 去勢前は徐々にマーキングが増えてきて悩んだりもしましたが、去勢後は一切しません。 こんなに急に変わるの!?って思う程、全くしなくなりました。 そして犬との遊びにも変化がありました。 去勢前はとにかくヤンチャで他の犬を一方的に追い掛け回してましたが、去勢後は雄犬に追いかけられることが多くなり、お互い追いかけっこも上手にしてます。 雄犬に好かれるようになったのは本当に不思議です。 よく「おとなしくなる」とか聞きますが、うちの場合去勢をする時期が早かったのか、それは見られませんでした。 …少し残念です(笑) 女性 30代 我が家のロアは、去勢手術前は、まさにTHE犬!!というくらい「犬」でした。 好奇心旺盛なところは変わせんでしたが、性格は野生的な犬から家庭犬になったようなかんじです。 縄張り意識もかなり高かったのですが、それも薄くなったのか、様子を見ていてもそんな様子が見られなくなりました! 去勢手術をしても変わらない犬もいると聞いてはいましたが、ウチのロアは変わりましたよ。 まとめ 犬を去勢することで、多少なりとも性格に変化が起こる事がわかりましたね。 しかし大事なことは、去勢の意味や理由を知っておく事です。 去勢手術をすることによって、男性ホルモンが影響する病気を防いだり、健康や長生きできる可能性や、問題行動の予防が期待できますが、場合によってはそれだけでは解決できないケースもあります。 また、手術自体にリスクも生じますのでじっくり家族や獣医さんと話し合うことが必要です。 それにはまず、日頃からの健康管理としつけが不可欠です。 去勢するか否かは、わんちゃんにとって大切な選択です。 しかし、飼い主さんの愛情があれば、是否に正解はない、と個人的には考えています。 全てのわんちゃんと飼い主さんが、健康で幸せな生活を長く続けていけるよう、心から願います。 ミニチュアシュナウザーの女の子です。 うちの子は6か月の時に避妊手術をしました 術後は、性格に関してはさほど変化したようには感じませんでしたが、確かに食欲は増し体重は増えてしまい一回量を少し減らしてみましたが足りないのか寂しそうな眼をするので、とても切なくなりました。 しかし、無くなると思っていたマウンティングは収まらず、特に息子にしょっちゅうでしたので、その度怒っては無理やり引き離し、その繰り返しが結構な間続きました。 すぐに収まる子もいるようなので、この違いは何なのだろうと考えてしまいます。 手術を受ける前獣医師から全身麻酔だと聞き少し怖かった記憶があります ただ、赤ちゃんを産まないのであれば、子宮蓄膿症などの病気の予防になると言われ受けさせました。 後から去勢手術のリスクがあると知り、どちらにしてもリスクはついてくることをしっかりわかった上で決断することが大切だと実感しています。 去勢することで性格が大人しくなる、ご飯をやたら食べるようになるので太りやすくなる、と獣医さんから事前に聞いていました。 実際に手術をしてどう変わったか、性格に関しては元々大人しめな犬だったのでそんなに変わった部分はありませんでした。 ただ長毛なので手術のために腰回り、後ろ足回り、尻尾の付け根付近をバリカンで綺麗に刈り上げられていたのが本犬にはどうも違和感があったらしく、尻尾を振ればいつもと違うことに気が付き、落ち込んでいるような素振りでした。 食欲はとても旺盛になりました。 術後は体力を戻さないと、と思いご飯を少し多めに食べさせてしまいましたが、体重増加につながってしまいその後泣く泣くダイエットでした。 極端に太りやすくなるのでおやつも要注意です。 始めはこの子の子犬が欲しいと思って去勢は先延ばしにしていたのですが、ヘルニアにより緊急手術になってしまい、同じ犬からの細胞が必要だったので去勢するしかないという判断だったのですが、今思えばそこでしておいて正解でした。 長生きもしてくれていますし、前立腺肥大からくる血尿の心配もなくなりました。 シニアに近づくほど麻酔のリスクが高くなります。 手術はおそらく全身麻酔になるので、若い歳のうちに済ませておいた方がいいと思います。 去勢をすると、性格がおとなしくなるや、マーキングがなくなる、マウンティングがなくなって温厚になる肥満になりやすい。 などお聞きすること多いですよね! 避妊に関しては性格が少し落ち着く、肥満になりやすいというくらいで、去勢した場合の方が、こういった効果があるよ〜〜と言われているメリットが多い気がします。 我が家にはオスとメスのわんこがいまして、オスの方のわんこが去勢手術をしたのが7歳ごろだったんですよね。 なので性格も出来上がってますし、去勢をした事で何か変わったか?と聞かれれば、特に変わったとは感じませんでした。 なぜ7歳で去勢をしたかなのですが元々去勢をするという考えがなく、4歳頃に去勢をしたほうがいいのかな?と思い始め、麻酔や手術は不安だしなぁと悩んでるうちに時が経ち、今更去勢をするのも〜〜と思っていた頃に膀胱炎になったんですね。 その際に担当の獣医師さんと話すうちに去勢をしておいた方が良いと思うようになり手術をしました。 メスのわんこは生後11ヶ月ほどで避妊手術をしました。 メスの場合避妊する事によるメリットが多いですし子供を産ませる予定もなかったので、何より一度もヒートが来る事なく避妊手術をした場合と避妊手術をせずにいた場合では、子宮系の病気になるリスクが全然違うとデータに出てるんですよね。 我が家の愛犬は小柄気味で成長スピードが遅めだったようで生後11ヶ月目での避妊手術になりました。 性格に関しては元々食いしん坊でしたし、避妊によって性格が変わったとは感じなかったですね。 中には変わる子もいるようですが、我が家では経験がないので、どんな風に変わるんだろ〜と気になりますね。 避妊や去勢をする際は麻酔を使うし手術をします。 なので、不安もありますよね・・ですが将来的に防げる病気も大きいのが事実なんですよね。 1歳までに去勢・避妊をする方も多いですが、どうするか、家族でゆっくり考えて決めても良いと思います。 犬の去勢をして性格がかわるのは、そうかもしれないとおもうのは、実家で飼っている犬が去勢手術を受けてから、激しい性格だったのが、大分、大人しくなったからです。 助かりました! それまでは、ティッシュの箱をビリビリにするし、タオルや布は破るしで躾をする以外に悩みました。 片方の犬は同じくオスでしたが、あまり乱暴な感じはなく、助かりましたが性格もあるのかなと思いました。 去勢手術をしたら、落ち着いて餌を食べたり、吠えたりするのも減りました。 マウンティングの回数も減っていき、いまは全くしなくなりました。 あと、遠吠えをしなくなったのは本当に安心しました!母が悩んでいたのですがどうしても治らなかった問題でした。 去勢手術をする事にすごく悩みましたが、この子の場合はしてよかったなと思いました!.

次の