夕飯 レシピ 定番。 【みんなが作ってる】 定番 夕食のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

1年のうち250日夕飯をつくる主夫の私が、毎月のように作る定番レシピを27個紹介します

夕飯 レシピ 定番

紹介している料理• スポンサーリンク 写真はすべてうちの食卓です。 それでは27個のレシピ紹介です 生姜焼き 材料 (2人分) 豚薄切り肉200g A. やみつきになります。 豚と鶏を同時に作るので、量的に2日間食べられます。 ケチャップライスは大量に作って、次の日奥さんのお弁当に入ったりします。 上の写真はケチャップ代わりにハヤシソース。 お肉は多めに作らないと出来上がった時の肉の縮み具合に悲しくなります。 お弁当にも大活躍。 素揚げが面倒だけど、このレシピが一番美味しい。 なすの揚げびたし 材料 (3〜4人分) なす中5本 サラダ油(揚げ油)適量 だし汁400cc 薄口醤油大さじ3 みりん大さじ2 砂糖小さじ1 大根おろしお好みの量 生姜のすりおろし少々 かつおぶし軽く一掴み ナスは好きなのでよく食卓に並びます カブのクリーム煮 材料 かぶ4個(小さめ) かぶの葉1束 ベーコン3~4枚 玉ねぎ中1/2個 しめじ1/2株 牛乳200cc 水200cc コンソメの素1個 小麦粉大さじ2 サラダ油大さじ1 塩・コショウ少々 八百屋さんでカブをもらったのがキッカケで作るようになったメニュー。 トマトをスライスした上に、ゆで卵をつぶしてマヨネーズ・ヨーグルトと少しの塩コショウを和えてのっけます。 そこにかつお節をふりかけて、醤油を垂らしていただきます。 材料 卵2個に対してマヨネーズ(大さじ1)・ヨーグルト(大さじ1)、塩コショウ(適量)、かつお節(タップリ!)、醤油(数滴) 醤油が以外に合って美味なので、トマトをそのまま食べるのが味気ない時には是非お試しください! ポトフ 材料 (4~5人分) ベーコン100グラム じゃがいも3個 玉ねぎ1個 にんじん1本 大根10㎝ キャベツ(又は白菜)3~4枚 オリーブオイル 又はサラダ油 大さじ2 コンソメ大さじ3 ウインナー6本 塩・コショウ少々 パセリ 省略可 少々 冷蔵庫にある野菜を煮こむだけ。 焼くと洗い物が面倒なのでいつもホイル焼き。 なんせ、私はなるべく手抜きをしたいので(笑)気になった料理があったら是非つくってみてくださいねー! akiueos.

次の

【超簡単】今日の夕飯メニュー人気ランキング30選|夕食おかずレシピの和食から洋食まで!決まらないあなたへ!

夕飯 レシピ 定番

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

揚げ物レシピのバリエーションを増やしたい!定番&アイデア料理一覧♪

夕飯 レシピ 定番

さっぱりした夕飯のレシピおかず編4つ目は「天ぷら」です。 天ぷらは使用する食材であっさりヘルシーな料理となります。 おすすめする食材は「レンコン」「かぼちゃ」「ピーマン」「タケノコ」などです。 反対におすすめしないさっぱり食べれない食材は「茄子」「シイタケ」「かき揚げ」などです。 天ぷらなのに美味しくさっぱり食べることができる理由は、食材が油をあまり吸収しないことです。 油を吸わないことで、さっぱりといただくことができます。 おすすめしない食材は、油との相性が良く吸収しやすいからです。 茄子やシイタケといった食材も美味しいのですが、さっぱりと食べたい場合は避けましょう。 唐揚げは揚げ物なので、濃いイメージがあるレシピだと思います。 ですが、唐揚げはパン粉など油を吸収しやすい素材を使っていない分、とてもあっさりした料理です。 そして、唐揚げの作り方次第では、さらにあっさりと仕上げることができます。 あっさりと仕上げる方法をご紹介します。 ヘルシーに美味しく頂きたい場合は、皮を外し、あっさりとした味付けにしましょう。 また、衣も着け過ぎないことで、あっさりとした唐揚げに仕上げることができます。 唐揚げをあっさり仕上げるために、ノンフライヤーなどありますが、工夫次第でそういったアイテムがいりません。 角煮は脂身の多い部位のお肉を使用し、油っぽいいめーじをすると思いますが、実は核に自体あっさりとした味わいで、美味しく頂くことができます。 角煮自体あっさりしていますが、さらに角煮をあっさりと作りには方法があります。 角煮をあっさり作りには、脂身の少ない部位の肉を選び、初めに湯通しをしてから焼き面を付け、余分な脂を取っておきます。 そうすることで、油っぽいイメージの角煮ではなくなります。 ただし、作る時には注意点があります。 注意ポイントは、茹ですぎず、焼き過ぎずです。 茹ですぎたり焼き過ぎると、お肉が硬くなりパサパサとした美味しくない角煮となります。 油を取るには表面の油を取るイメージで大丈夫です。 そして、圧力鍋を使いましょう。 そうすることで、焼き過ぎたお肉もジューシーに仕上げることができます。 さっぱりとした夕食レシピを知ろう.

次の