アイフォン 11 色。 「iPhone 11 Pro」、色は良いんだけども…ルックスが…なんか… #AppleEvent

iPhone11(アイフォン11)の人気カラーやGB数は?売れ筋を調べて考察

アイフォン 11 色

SPONSORED LINK 2019年9月に発売した、「シリーズ」以下のモデル構成となっている。 後継の、ハイエンドモデル「iPhone 11 Pro」• 後継の、標準モデル「iPhone 11」 モデルに対する考え方はMac・iPadと同じように、 Proは仕事で使うことも想定した「渋い雰囲気」、それ以外は「ポップな雰囲気」という感じだ。 近年のiPhoneは「劇的な進化」に乏しいため、 差別化要素としてカラーバリエーションを豊富にする傾向がある。 伝統的に「ホワイト系」の人気が高いのだが、一時期程ではないにせよ世界中が注目する端末なので、 発売当初は「新色」に人気が集中する。 発売から1ヶ月程度は「新色」の人気が高い• 新色の人気が徐々に下がり、半年ほど経つと「ホワイト系」の割合が上がる ざっくり分けるとこのような傾向にあるのだが、僕が購入した ミッドナイトグリーンを中心に、iPhone 11シリーズのおすすめカラーとiPhoneカラーバリエーションの歴史について紹介しようと思う。 左:iPhone 11 右:iPhone 11 Pro 下:iPhone 11 上:iPhone 11 Pro このため色合いもメタリックな雰囲気だ。 象徴的な色は「シルバー」で、 シルバーと名付けられているが、肉眼では「ホワイト」に近いという特徴がある。 【参考】iPhone Xのシルバー 対してiPhone 11は「」の後継モデルで、 フレームがアルミニウムで、光沢感に乏しいがカラーバリエーションが豊富という特徴がある。 iPhone XRはピンクに近い「コーラル」や「ブルー」、iPhone 11では「パープル」や「グリーン」など、 iPhoneだけでなく、スマホとしても珍しいカラーを用意している。 iPhone 11 Proカラーバリエーション• ミッドナイトグリーン• シルバー• スペースグレイ• ゴールド 新色「ミッドナイトグリーン」は予想通り、2019年9月13日の予約開始日にはいち早く発売日入荷分が売り切れた。 その後の人気は、シルバー・ゴールド・スペースグレイの順番という印象。 ゴールドは「」発売時の新色だったが、今回はそれほど人気がないようだ。 男性は「ミッドナイトグリーン」か「スペースグレイ」• 女性は「シルバー」か「ゴールド」 を選ぶ傾向が強いと思うが、 シルバーは男性人気も高いので、徐々に「シルバー」が一番人気に変わっていくと思われる。 iPhone 11 Proの背面は「磨りガラス」のようなマットな質感に iPhoneの背面素材は、2017年に発売した「」と「」以来、ガラス素材に変わった。 これは「」に対応するためだったのだが、 アルミニウムより美しい反面、ツルツルテカテカで滑りやすく皮脂などで汚れやすいという欠点があった。 大多数のユーザーはケースを付けるので大きな問題にはならないが、少なくとも裸で使うのが恐ろしく感じるような質感だった。 しかし、iPhone 11 Proはこれが大きく変わった。 ガラス素材はそのままで「つや消しのマットな質感」に変更。 滑りやすさが軽減し、指紋や皮脂が目立ちにくい というメリットがあり、これは高評価! その他も背面デザインはかなり変わっている。 カメラ トリプルカメラ• アップルロゴの位置• iPhoneの刻印 この辺りがガラッと変わっており、iPhone 11 Proはカメラの自己主張が強い分、ロゴなどは控えめにしたのかなと感じた。 iPhone 11カラーバリエーション• パープル• グリーン• イエロー• ブラック• ホワイト• レッド 僕のようなガジェット好きの人気が集中するProと比較して注目度は低いため、iPhone 11は予約状況から人気色は判断しづらい。 しかし、2019年9月20日の発売後の動きを見る限りやはり、 新色の「パープル」と「グリーン」の人気が高いようだ。 iPhone XRのカラーバリエーションは「派手」な色が多かったが、iPhone 11の新色は女性が好むパステルカラーということも関係していそうだ。 男性は「レッド」か「ホワイト」• 女性は「パープル」か「グリーン」か「ホワイト」 を選ぶ傾向が強いように感じており、 iPhone 11 Proと同じく徐々にホワイト系の人気が高まっていくと予想される。 iPhone 11の背面はiPhone XRと同じくツルツル iPhone 11 Proは背面の質感が、前モデル「」と比較して大きく変わったのだが、iPhone 11は特に変わっていない。 カメラ デュアルカメラ• アップルロゴの位置• iPhoneの刻印 などの変更はiPhone 11 Proと同じ。 画像ではなかなか伝わらないのだが、背面はツルツルテカテカで滑りやすく皮脂などで汚れやすいままだ。 モデル名 カラー フロントパネル 備考 iPhone シルバー ブラック iPhone 3G ブラック ホワイト ブラック iPhone 3GS iPhone 4 ブラック ホワイト ブラック ホワイト iPhone 4S iPhone 5 iPhone 5c ブルー グリーン ピンク イエロー ホワイト ブラック スペースグレイ シルバー ゴールド ブラック ホワイト ホワイト ブラックはスペースグレイに変更 スペースグレイ シルバー ゴールド ローズゴールド ブラック ホワイト ホワイト ホワイト ジェットブラック ブラック シルバー ゴールド ローズゴールド ブラック ブラック ホワイト ホワイト ホワイト スペースグレイ シルバー ゴールド ブラック ホワイト ホワイト スペースグレイ シルバー ブラック iPhone X系ハイエンドモデル スペースグレイ シルバー ゴールド スペースグレイ シルバー ゴールド ミッドナイトグリーン ホワイト ブラック ブルー イエロー コーラル レッド iPhone X系スタンダードモデル イエロー ホワイト ブラック レッド パープル グリーン ブラック ホワイト レッド ブラック ホームボタン搭載iPhone 8後継モデル これを見ると、近年のiPhoneはほぼ毎年新色が登場し、需要を喚起していることが読みとれると思う。

次の

iPhone11 / 11 Pro 全カラーを徹底紹介!人気色は新色グリーン・パープル・ミッドナイトグリーン?

アイフォン 11 色

今年もアップルから新しい iPhone の発表がありました。 明らかになったネーミングも含め2019年のラインナップは、 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max となります。 参考: それぞれ、次の後継機という位置づけ。 代わりにXRで登場したHapticタッチという似たような機能が全11シリーズに搭載されています。 さて、 99%の顧客満足度を得てるというアイフォン。 ユーザに好まれる機能の最適化も含め、新モデルが登場する度に止まらない進化を見せてくれるiPhoneですが、今回は一体どのような内容になっているのか気になるところ。 「そろそろ使っているスマホの買い替え時だしどのiPhoneを買うべきなのかなぁ?」 なんて嬉しい悩みを抱えてる方もこの時期は多いことでしょう。 そこで今回は、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max の中から 自分にマッチするアイフォンを選ぶにあたり、考慮したいポイントや比較すべく機能項目などをシェアしたいと思います。 よろしければ参考にしてくださいね! 目次• アイフォン11全シリーズ共通の考慮ポイント 違いを知る前に共通点もチェックしておきましょう。 まず、抑えておきたいのがスマホの頭脳とも言えるCPUの刷新です。 これだけで、 iPhone 11シリーズはどれを選んでも現在発売されているスマートフォンの中ではトップの処理能力を持つ機種と言えるでしょう。 カメラ 11シリーズ共通で12Mピクセルの広角カメラと超広角カメラを搭載しています。 前機種のXRはシングルカメラでしたが、今回は通常機種の11でもデュアルカメラ仕様に進化。 11 Proは望遠カメラを含めカメラが3つも搭載された3眼のトリプルカメラに進化しました。 耐水・防塵仕様 11全機種ともIP68という等級の防水・防塵に対応。 XRはIP67でしたので通常版11は強化された形に。 Apple Pay 対応 もちろん11全機種ともApple Pay 支払い対応です。 認証機能は全てFace IDを搭載。 iPhone 11シリーズには廉価版という位置付のモデルは無く、 エントリーモデルの11でも普通以上の性能で11Proは更にその上をいく機種と言えます。 iPhone 11 と 11 Pro および 11 Pro Max の違い(機能比較) 次に気になる機能比較。 では、それぞれの違いを見てみましょう。 カメラ iPhone 11: デュアル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 動画撮影は4K 60fps iPhone 11 Pro: トリプル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 望遠(52mm F値2. 0)2倍率 動画撮影は4K 60fps iPhone 11 Pro Max: トリプル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 望遠(52mm F値2. 0)2倍率 動画撮影は4K 60fps 進化したカメラ機能のポイント 通常版 iPhone 11 は広角と超広角の2つのカメラが搭載されたデュアル仕様。 望遠の3つのカメラが搭載された初のトリプル仕様です。 iPhone 11は全シリーズ共通でボケ味の写真が撮影できるポートレートモードを搭載しており、画面側の自撮り用のフロントカメラでスローモーション撮影 「Slofies」も可能に。 暗闇でも明るく写る 「ナイトモード」機能が搭載。 明かりが乏しい暗い環境下でもバッチリ撮影できます。 写真撮影時にシャッターボタンを長押しすることで4Kビデオ撮影に切り替わる新機能「 クイックテイク」が搭載。 また、望遠カメラでもボケ味のある写真が撮れるポートレートモードに対応。 画面・ディスプレイ iPhone 11: 大きさ6. 1インチ Liquid Retina HD iPhone 11 Pro: 大きさ5. 8インチ Super Retina XDR iPhone 11 Pro Max: 大きさ6. 本体サイズと重さ iPhone 11: 150. 3mm 194g iPhone 11 Pro: 144. 1mm 188g iPhone 11 Pro Max: 158. バッテリー駆動時間 iPhone 11: 10時間(XRより1時間ほど長持ち) iPhone 11 Pro: 11時間(Xsより4時間ほど長持ち) iPhone 11 Pro Max: 12時間(Xs Maxより5時間ほど長持ち) バッテリー持ち時間がiPhoneの中で一番長かったXRよりも11は1時間ほど駆動時間が向上。 11Proシリーズに関しては4〜5時間も駆動時間が向上しており、大きなポイントです。 ストレージ容量と価格 発売されるラインナップの容量と値段(税別)は次の通り。 展開カラー iPhone 11: ブラック、ホワイト、イエロー、レッド、パープル、グリーンの6色。 上位機種 iPhone 11 Pro のウリは主に3眼カメラの存在。 通常の広角カメラ• 2倍率の望遠カメラ• 写真を取るときにシャッターボタンを長押しすることで即座にビデオ撮影を開始する新機能 「クイックテイク」も加わっており、 3眼の異なったレンズを活かした高画質の4K撮影がもっと身近になる仕組みが備わっています。 また、対応が期待されていた Apple ペンシルが使えるわけでもありません。 つまり、 カメラが3眼になった以外に目新しい新機能はあまり無い印象。 外観は従来のiPhoneとほぼ同じ11 Pro ですが、中身は我々が想像する以上に超高性能でハイパフォーマンスなスマホな訳です。 カメラの性能に強いこだわりは無く、 今使っている古いスマートフォンを新しく買い替えたいのであれば、通常版の iPhone 11 で十分過ぎるほど満足できるはず。 通常版の iPhone 11 でさえ、発売されているスマホの中ではトップクラスの性能。 もう11は廉価版と言える代物ではありません。 11 Pro はシンプルにカメラ機能が凄すぎる訳です。 つまり、オススメの正しい選び方は、• 両手で操作することに差し支えがなく、常に最新で大画面のベストなアイフォンが欲しい人は「iPhone 11 Pro Max」• 写真・動画撮影などカメラ機能重視で、現段階で存在するスマートフォンの中から使い勝手も含めベストな一台が欲しい人は「iPhone 11 Pro」• 写真撮影に強いこだわりは無いが、何でも一通り平均以上にできて高性能で総合的に優れたスマートフォンが欲しい人は「iPhone 11」 ちなみに個人的に今回は iPhone 11 の256GBモデルに買い換える予定です。 色はブラック! iPhone 11シリーズの予約開始と発売日について さて、毎年早いもの勝ちの新アイフォン。 今年は増税前に発売されるのでそのタイミングでゲットしたいところ。 予想される人気色は11Proシリーズならミッドナイトグリーン。 希望のカラー・機種が欲しい人はオンライン予約が確実です。 スタンバイして余裕を持って臨んでくださいね。 今回は全11シリーズとも予約受付の開始日、発売日は同じです。

次の

「iPhone 11 Pro」、色は良いんだけども…ルックスが…なんか… #AppleEvent

アイフォン 11 色

今年もアップルから新しい iPhone の発表がありました。 明らかになったネーミングも含め2019年のラインナップは、 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max となります。 参考: それぞれ、次の後継機という位置づけ。 代わりにXRで登場したHapticタッチという似たような機能が全11シリーズに搭載されています。 さて、 99%の顧客満足度を得てるというアイフォン。 ユーザに好まれる機能の最適化も含め、新モデルが登場する度に止まらない進化を見せてくれるiPhoneですが、今回は一体どのような内容になっているのか気になるところ。 「そろそろ使っているスマホの買い替え時だしどのiPhoneを買うべきなのかなぁ?」 なんて嬉しい悩みを抱えてる方もこの時期は多いことでしょう。 そこで今回は、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max の中から 自分にマッチするアイフォンを選ぶにあたり、考慮したいポイントや比較すべく機能項目などをシェアしたいと思います。 よろしければ参考にしてくださいね! 目次• アイフォン11全シリーズ共通の考慮ポイント 違いを知る前に共通点もチェックしておきましょう。 まず、抑えておきたいのがスマホの頭脳とも言えるCPUの刷新です。 これだけで、 iPhone 11シリーズはどれを選んでも現在発売されているスマートフォンの中ではトップの処理能力を持つ機種と言えるでしょう。 カメラ 11シリーズ共通で12Mピクセルの広角カメラと超広角カメラを搭載しています。 前機種のXRはシングルカメラでしたが、今回は通常機種の11でもデュアルカメラ仕様に進化。 11 Proは望遠カメラを含めカメラが3つも搭載された3眼のトリプルカメラに進化しました。 耐水・防塵仕様 11全機種ともIP68という等級の防水・防塵に対応。 XRはIP67でしたので通常版11は強化された形に。 Apple Pay 対応 もちろん11全機種ともApple Pay 支払い対応です。 認証機能は全てFace IDを搭載。 iPhone 11シリーズには廉価版という位置付のモデルは無く、 エントリーモデルの11でも普通以上の性能で11Proは更にその上をいく機種と言えます。 iPhone 11 と 11 Pro および 11 Pro Max の違い(機能比較) 次に気になる機能比較。 では、それぞれの違いを見てみましょう。 カメラ iPhone 11: デュアル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 動画撮影は4K 60fps iPhone 11 Pro: トリプル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 望遠(52mm F値2. 0)2倍率 動画撮影は4K 60fps iPhone 11 Pro Max: トリプル12MPカメラ 超広角(13mm F値2. 8) 望遠(52mm F値2. 0)2倍率 動画撮影は4K 60fps 進化したカメラ機能のポイント 通常版 iPhone 11 は広角と超広角の2つのカメラが搭載されたデュアル仕様。 望遠の3つのカメラが搭載された初のトリプル仕様です。 iPhone 11は全シリーズ共通でボケ味の写真が撮影できるポートレートモードを搭載しており、画面側の自撮り用のフロントカメラでスローモーション撮影 「Slofies」も可能に。 暗闇でも明るく写る 「ナイトモード」機能が搭載。 明かりが乏しい暗い環境下でもバッチリ撮影できます。 写真撮影時にシャッターボタンを長押しすることで4Kビデオ撮影に切り替わる新機能「 クイックテイク」が搭載。 また、望遠カメラでもボケ味のある写真が撮れるポートレートモードに対応。 画面・ディスプレイ iPhone 11: 大きさ6. 1インチ Liquid Retina HD iPhone 11 Pro: 大きさ5. 8インチ Super Retina XDR iPhone 11 Pro Max: 大きさ6. 本体サイズと重さ iPhone 11: 150. 3mm 194g iPhone 11 Pro: 144. 1mm 188g iPhone 11 Pro Max: 158. バッテリー駆動時間 iPhone 11: 10時間(XRより1時間ほど長持ち) iPhone 11 Pro: 11時間(Xsより4時間ほど長持ち) iPhone 11 Pro Max: 12時間(Xs Maxより5時間ほど長持ち) バッテリー持ち時間がiPhoneの中で一番長かったXRよりも11は1時間ほど駆動時間が向上。 11Proシリーズに関しては4〜5時間も駆動時間が向上しており、大きなポイントです。 ストレージ容量と価格 発売されるラインナップの容量と値段(税別)は次の通り。 展開カラー iPhone 11: ブラック、ホワイト、イエロー、レッド、パープル、グリーンの6色。 上位機種 iPhone 11 Pro のウリは主に3眼カメラの存在。 通常の広角カメラ• 2倍率の望遠カメラ• 写真を取るときにシャッターボタンを長押しすることで即座にビデオ撮影を開始する新機能 「クイックテイク」も加わっており、 3眼の異なったレンズを活かした高画質の4K撮影がもっと身近になる仕組みが備わっています。 また、対応が期待されていた Apple ペンシルが使えるわけでもありません。 つまり、 カメラが3眼になった以外に目新しい新機能はあまり無い印象。 外観は従来のiPhoneとほぼ同じ11 Pro ですが、中身は我々が想像する以上に超高性能でハイパフォーマンスなスマホな訳です。 カメラの性能に強いこだわりは無く、 今使っている古いスマートフォンを新しく買い替えたいのであれば、通常版の iPhone 11 で十分過ぎるほど満足できるはず。 通常版の iPhone 11 でさえ、発売されているスマホの中ではトップクラスの性能。 もう11は廉価版と言える代物ではありません。 11 Pro はシンプルにカメラ機能が凄すぎる訳です。 つまり、オススメの正しい選び方は、• 両手で操作することに差し支えがなく、常に最新で大画面のベストなアイフォンが欲しい人は「iPhone 11 Pro Max」• 写真・動画撮影などカメラ機能重視で、現段階で存在するスマートフォンの中から使い勝手も含めベストな一台が欲しい人は「iPhone 11 Pro」• 写真撮影に強いこだわりは無いが、何でも一通り平均以上にできて高性能で総合的に優れたスマートフォンが欲しい人は「iPhone 11」 ちなみに個人的に今回は iPhone 11 の256GBモデルに買い換える予定です。 色はブラック! iPhone 11シリーズの予約開始と発売日について さて、毎年早いもの勝ちの新アイフォン。 今年は増税前に発売されるのでそのタイミングでゲットしたいところ。 予想される人気色は11Proシリーズならミッドナイトグリーン。 希望のカラー・機種が欲しい人はオンライン予約が確実です。 スタンバイして余裕を持って臨んでくださいね。 今回は全11シリーズとも予約受付の開始日、発売日は同じです。

次の