ネクスト エナジー 蓄電池。 オフグリッド太陽光発電|ネクストエナジー

ネクストエナジー、太陽光「第三者モデル」に蓄電池を標準化

ネクスト エナジー 蓄電池

当社は、住宅向けの新型蓄電システム「iedenchi-Hybrid」を2019年11月8日(金)に販売開始しました。 製品特設サイトはこちら: <企画背景> 当社は創業から、自然エネルギーの普及がもたらす持続可能な社会の実現を目標に、事業を展開して参りました。 そのためには分散型電源の普及が必要と考えており、電力ネットワークの安定化に向けたアプローチの1つとして、太陽光発電と蓄電システムを組み合わせた、家庭での自家消費を推進しています。 その取り組みの一環として、住宅用蓄電システムブランド「iedenchi」を創り、今回の新型蓄電システムの開発・発売に至りました。 固定価格買取制度(FIT)の期間終了を背景とし、家庭用蓄電システムの需要はますます高まっています。 固定価格での買取が終了すると、余剰電力を売電するよりも自宅で使用するメリットが大きくなるため、太陽光で発電した電力を貯めておける蓄電システムが必需品となります。 新規で太陽光発電システムを設置するご家庭だけでなく、既設のご家庭での、パワーコンディショナの劣化による買い替え需要の観点からも、太陽光発電システム・蓄電システムどちらのパワーコンディショナも一台でまかなえる「ハイブリッドパワーコンディショナ」を搭載した「iedenchi-Hybrid」はまさに最適な選択肢と言えます。 <コンセプト> iedenchi-Hybridがご家庭の電源になるという安心感をプラスすることで、日々の生活がより豊かに、心やすらかになるようにとの想いを込めました。 加えて、自然災害が多い日本だからこそ、非常時にも普段と変わらない生活を送るための「停電を感じない家」の実現をご提案いたします。 <製品特徴> 1.契約電力75A相当まで全負荷 停電時でも業界最大クラスである契約電力75A相当まで、家中のコンセントがすべて使える全負荷型を採用いたしました。 例えば真夏に停電が発生した際にもエアコンが使用できるなど、非常時でも日常と変わらない生活をご提供します。 2.安全性の高いリン酸鉄系のリチウムイオン電池を採用 リチウムイオン電池セルの正極材に、高い安全性と耐久性を誇るリン酸鉄リチウムを採用しています。 3.大容量10kWh/200V機器対応 一般家庭の一日の消費電力をほぼまかなうことができる容量を備えており、太陽光発電で作った電力で昼夜問わず生活することができます。 加えて、200V機器も使用できる高出力のため、IH調理器やエアコン、エコキュートなども使用することができます。 4.停電時でも太陽光発電が使用可能 本システムは停電時でも最大3kVAを家庭内に供給できることに加え、10kWhの大容量を誇るため、停電が長期化した場合にも対応できます。 5.新開発システムコントローラ「NEコネクト」 「NEコネクト」が自動的に最新のソフトウェアにアップデートするため、常に最新バージョンの蓄電システムを使用することができます。 24kWh(定格容量9. サーバーへの蓄電システムの情報伝令や、サーバーからの指令をもとに蓄電システムの制御をおこなう。 1インチ 寸法 高さ:166. 6mm 幅:251. 8mm 奥行:9. またiedenchi-Hybridと同時に当社製太陽電池モジュールを購入された場合は、モジュールも自然災害補償の対象となります。 *製品の詳細についてはこちらからもご覧いただけます。

次の

ネクストエナジー 蓄電池の相場価格・特徴・口コミを徹底解剖!【ソーラーパートナーズ】

ネクスト エナジー 蓄電池

「iedenchi-NX」は、停電時に3000Wも出力可能で、かつ200V電源に対応しています。 現在主流の蓄電池では、停電時に同時に使うことができる電気は1,500W~2,000Wとなっていますが、 iedenchi-NXは3,000Wと非常に大きいのが特徴です。 これは同時に利用できる電化製品が多いということを表しています。 全負荷型は通常の特定負荷型と違い、大きめのエアコンやエコキュートなど200V電源を必要とする家電を含めて家中のすべての電源が通常通りに使えることが特徴です。 同時に使える電力が限られている場合は結局のところ特定負荷型のように限定した利用しかできません。 しかし、同時出力が3,000Wあれば、エアコンを一斉に入れるなどをしない限りは通常生活では支障を感じることはないと思われます。 「iedenchi-NX」の特徴3. 停電時に太陽光発電が6kWまで稼働 「iedenchi-NX」は、停電時に太陽光発電を6kWまで稼働することができます。 他の蓄電池と決定的に違うのがこの部分です。 一般的な蓄電池では停電が起きた場合に太陽光発電の自立運転モードが働き、そこからの充電になるので1. 5kWずつが上限になります。 ところが全負荷型の「iedenchi-NX」の場合は、切替盤を分電盤の前に設置することによって、停電になっても自立運転モードにはならず、太陽光発電は通常運転を続けます。 つまり、仮に4kWの発電をしていたらそのまま全部使うことができるという事になります。 ネクストエナジー 蓄電池「iedenchi-Hybrid」の特徴 「iedenchi-Hybrid」の特徴1. 希少なハイブリッド型蓄電池の全負荷型 「iedenchi-Hybrid」は、希少なハイブリッド型蓄電池の全負荷型蓄電池です。 現在、全負荷型蓄電池で一番売れ筋なのは、上記のiedenchi-NXやスマートスターLなどのエヌエフ回路設計ブロック製の単機能型蓄電池で9. 8kWhのものです。 しかしハイブリッド型の全負荷型蓄電池はこれまで1種類しかなく、おまけにかなり高額であったため、卒FITを迎え太陽光発電のパワーコンディショナーの交換も含めて検討していた方は全負荷型の検討はあきらめざるをえない状況でした。 そこに、ちょうど蓄電容量的にもiedenchi-NXの対となるラインアップになりますので、価格次第ではありますが人気が出ることは間違いないと思います。 「iedenchi-Hybrid」の特徴2. 停電時に3,000Wの大出力、10kWhの大容量 「iedenchi-Hybrid」は、停電時に3000Wも出力可能で、かつ200V電源に対応しています。 iedenchi-NXと同じく、停電時に同時に使うことができる電気は3,000Wと高出力になっています。 もちろん200V電源の利用も可能ですので、停電になったとしても家中の電気がストレスなく使うことができると思います。 さらに10kWhの大容量、かつ単機能型と比べて変換ロスの少ないハイブリッド型ですのでパンフレットでもうたわれていますが 「停電を感じない家」というのは誇張表現ではないと思われます。 また、蓄電池がほぼ空の状態でも、 約3時間で満充電にできるので安心して使用できます。 「iedenchi-Hybrid」の特徴3. 長寿命であるリン酸鉄リチウムイオン蓄電池を採用 「iedenchi-Hybrid」は、長寿命であるリン酸鉄リチウムイオン電池を使用しています。 リン酸鉄リチウムイオン電池は、リチウムイオン蓄電池の中でも、コバルト酸リチウムやマンガン酸リチウムと比べて 長寿命で劣化しにくいと言われています。 これまで商品自体が全くなかったハイブリッド型蓄電池の全負荷型に、ほぼ同時にネクストエナジーと田淵電機が参入しました。 ネクストエナジーは10kWh、田淵電機は7kWhと容量の違いがありますが、どちらも「iedenchi-Hybrid」と同じリン酸鉄リチウムイオンを採用しています。 この3kWhの蓄電容量の差が、これから市場でどのように評価されていくのか注目したいところです。 ネクストエナジー 蓄電池のよくある質問• 「スマートスターLより少し安く買えるので、ネクストエナジーの蓄電池を考えています。 「停電しても太陽光発電が6kWも発電するので安心だと思います。 「停電時に家中の電気が使えるのは何かあったときに安心だと思います。 「iedenchi-Hybridはハイブリッド型で全負荷蓄電池、かつ10kWhもの容量があるので期待しています。 」 やはり停電時の備えとしての安心感と、iedenchi-Hybridへの期待が大きいようです。 ネクストエナジーの蓄電池をお得に買う方法 ネクストエナジーの蓄電池をお得に買う方法をご紹介いたします。 卒FITの方などすでに太陽光発電システムが設置されている方の場合には当てはまりませんが、ネクストエナジーは太陽光発電メーカーであることを活かして、 太陽光発電と蓄電池をセット購入する場合には価格を下げる戦略を取っています。 実はパナソニックも同様の価格戦略を取っていますが、パナソニックの場合は太陽光発電とセットで購入する場合のみ「蓄電池の価格を安くする」というものですが、これは太陽光発電メーカーで人気ナンバーワンのパナソニックだから取れる戦略です。 ネクストエナジーは太陽光発電メーカーとしてのシェアは最後発であることから人気はあまり高くないため、逆にこのiedenchi-Hybridを購入する場合のみ「太陽光発電の価格を安くする」という戦略を取っています。 つまり、ネクストエナジーはそれほどiedenchi-Hybridへの商品としての訴求力などの自信があるのだと思います。 ですので、ネクストエナジーの太陽光発電と蓄電池をセットで検討すれば、総額としてお得に購入することができます。 ネクストエナジーの蓄電池のみをお得に買う方法は、セットで買う場合にも言えることですが、複数社からお見積りを取って比較してみることを強くおすすめいたします。 まとめ ネクストエナジーの蓄電池の特徴はご理解いただけましたでしょうか。 伊藤忠商事のスマートスターLと類似商品と思われがちですが、「iedenchi-Hybrid」は希少なハイブリッドタイプの全負荷型蓄電池ということで、これから期待される蓄電池であることは間違いありません。 「iedenchi-Hybrid」を導入すれば停電を感じない家を実現することができるでしょう。 ソーラーパートナーズでは、太陽光発電でもネクストエナジーをたくさん施工し、蓄電池の提案もできる全国の優良業者を無料でご紹介するサービスを行っております。 「ネクストエナジーの蓄電池をお得に買いたい」という方は下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。 地元で最も評判の業者をご紹介いたします。

次の

ネクストエナジー リチウムイオン蓄電システム NX3098

ネクスト エナジー 蓄電池

国内メーカーであるネクストエナジーの住宅用太陽光発電システムは、高品質のジャパンクオリティを追求した信頼性の高さが特徴です。 自社試験設備にて独自の信頼性試験を行っており、厳しい品質検査基準をクリアした製品のみを商品化しています。 太陽光パネルは5本バスバーやPERCセル技術の採用により発電効率は高く、低照度でも優れた性能を発揮します。 品質に自信あってこそ可能な充実のシステム保証制度は最大15年間、対象機器に製造上の異常があった場合に機器の修理または交換に応じます。 また、自然災害による損害補償が無償です。 日本の過酷な自然環境下でも安心してご利用いただけるよう、万が一の備えとして長期の自然災害補償が付帯されています。 住宅用太陽光発電システムの商品ラインナップは幅広く、設置条件に合わせて最適なシステムを提供できます。 ネクストエナジーの産業用太陽光発電システムでは、太陽光パネルをはじめ、パワーコンディショナ、架台など必要な部材をすべて自社で取り扱っており、一般的な地上設置型以外にも、工場などを対象とした自家消費型システムにも対応しており、立地条件や予算などお客様のニーズに合わせた幅広い提案を行えます。 ネクストエナジーは太陽光発電業界で初めて経済損失補償を付帯しています。 太陽光パネルの不具合を原因とする発電量低下の場合、発覚した時点から半年前までさかのぼり補償を受けられるため、投資目的を主とする産業用太陽光発電システムにおいては手厚い保証といえます。 出力保証も一般的な太陽光発電メーカーよりも優れたリニア方式が採用されており、期間も25年と長く過酷な環境下にさらされる日本での運用にとって頼もしい長期保証です。 ネクストエナジーの蓄電池システムは大容量かつ停電時にも高出力を発揮できることが特徴です。 一般的な太陽光発電システムでは停電の際、自立運転機能に切り替える必要があり1. 5kW程度の出力しか得られません。 ネクストエナジーの蓄電池システムがあれば自立運転に切り替える必要はなく停電時も太陽光発電が通常通り機能します。 太陽光発電システムから最大で6kWの出力を発揮でき、さらに蓄電池の出力と足し合わせることで最大9. 0kWまで出力できます。 200V機器にも対応しており、エコキュートやIHクッキングヒーター、エアコンなども利用可能です。 定格容量は9. 8kWhと大容量であるためご家庭で使用する1日の電気をすべてまかなえるでしょう。 また、一般的な蓄電池は選定負荷型(一般負荷型)であり、停電時はあらかじめ選定された家電しか使用できません。 ネクストエナジーの蓄電池システムは全負荷型であり、停電時も平常通り家中のコンセントが使えることも特徴です。 10年の自然災害補償も設けられており、火災・風災・落雷・盗難など万が一の損害も補償してくれます。 太陽光発電カーポート「Soletto」はネクストエナジーの太陽光パネルを設置できる国産カーポートです。 Solettoは駐車スペースに合わせて1台用・2台用・3台用・縦列2台用のものを選択できます。 ネクストエナジーの太陽光パネルであれば2台用と3台用のカーポートへの設置がおススメです。 〇2台用 システム容量4. 500kW 300W単結晶パネル NER660M300 パネル枚数 15枚 〇3台用 システム容量6. 000kW 300W単結晶パネル NER660M300 パネル枚数 20枚 ネクストエナジーの住宅用太陽光発電システムを設置するため25年のリニア出力保証、最長15年のシステム保証、さらには太陽光パネルの不具合を原因とする発電量低下時に売電損失分を補償する経済損失補償など手厚い保証・補償制度があります。 ネクストエナジーの蓄電池システムと組み合わせることで、自宅屋根とカーポートの太陽光発電から最大で6kWの出力と、蓄電池システムから3kWの出力と合わせて最大9kWの高出力で家全体の電力をまかなうことも可能です。 , Ltd. 、通称「ネクストエナジー」は長野県駒ケ根市に本社をおく太陽光発電システムの総合商社です。 太陽光パネル出荷量では年間200MWの出荷量を誇る大手太陽光発電システム総合商社で、海外市場向けの販売も行っています。 また電力小売り(PPS やオフグリッドシステム事業などエネルギー事業の幅を広めています。 ネクストエナジーは高品質のジャパンクオリティを追求しており、太陽光パネルのリユース事業で培われた製品性能評価技術、品質管理力のノウハウを製品開発にも生かし、信頼性の高い商品を創り出している国内メーカーです。

次の