ぱちんこ 新 鬼武 者 狂 鬼 乱舞。 ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞 LightVersion(オッケー.)|パチンコ機種情報|パチンコビレッジ

ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

ぱちんこ 新 鬼武 者 狂 鬼 乱舞

初当りの多くに絡むメインリーチ。 対戦相手とリーチ中のチャンスアップの有無によって期待度は大きく変化する。 5% 赤以上のカットインが絡まないと大当りは厳しい。 タイトルの色別信頼度 白 約5. 8% 赤 約24. 9% 蒼 約32. 9% チェッカー柄 約67. 9% カットインの内容別信頼度 緑 約3. 0% 赤 約12. 6% 激熱バーニング 約42. 8% VS異形宗矩よりは期待できるが、これもチャンスアップが重要だ。 タイトルの色別信頼度 白 約13. 6% 赤 約42. 2% 蒼 約51. 9% チェッカー柄 約82. 1% カットインの内容別信頼度 緑 約9. 7% 赤 約33. 4% 激熱バーニング 約50. 0% 覚醒リーチの中では最も期待度が高く、約半数が大当りにつながる。 たとえ白タイトルや緑カットインでも、最後まで大当りが期待できる! タイトルの色別信頼度 白 約30. 7% 赤 約67. 2% 蒼 約75. 2% チェッカー柄 約93. 8% カットインの内容別信頼度 緑 約27. 3% 赤 約63. 0% 激熱バーニング 約76. 9% 極限覚醒リーチ 狂鬼乱舞突入への王道ルートが時短19回転(+残保留4回転)の蒼剣RUSHだ。 理論上の引き戻し率は約54%で、この間のリーチは大玄武教経と対決! 見事倒すことができれば大当りに加え、狂鬼乱舞突入が濃厚となる。 タイトルの色別信頼度 白 約16. 5% 赤 約76. 8% 炎斬刀 約47. 6% 雷斬刀 約71. 保留変化予告の色別信頼度 黄色保留 約21. 7% 緑保留 約57. 同色チャンス目の色別信頼度 白 約11. 2% 緑 約12. 1% 赤 約62. 3% 赤+桜エフェクト 約65. 足軽予告の敵別信頼度 刀足軽or三つ目 約12. 9% 豊臣足軽 約52. 7% 刀足軽・改 約81. 8% 足軽予告の味方別信頼度 茜 約14. 1% ロベルト 約19. 4% お初 約26. 7% 天海 約97. 4% 狂鬼乱舞中のバトルリーチ信頼度 上位2モードである極限ノ刻or覚醒ノ刻中は即当りがメインだが、バトルリーチに発展すればそれはそれでシッカリと期待できる。 以下、滞在モード別の信頼度を掲載するが、全5体の幻魔のうち誰と戦うかで期待度は大きく変化するぞ。 8% VSローゼンクランツ 約58. 8% VSオフィーリア 約75. 9% VSクローディアス 約87. 4% VS大甲冑秀吉 約90. オフィーリアやクローディアス、大甲冑秀吉が相手なら大チャンスだ! 覚醒ノ刻中の敵別信頼度 VS異形宗矩 約32. 6% VSローゼンクランツ 約40. 4% VSオフィーリア 約68. 4% VSクローディアス 約73. 8% VS大甲冑秀吉 約88. 大甲冑秀吉なら他の上位モードと同様、勝利は目前に! 真蒼剣RUSH中の敵別信頼度 VS異形宗矩 約23. 3% VSローゼンクランツ 約23. 3% VSオフィーリア 約31. 9% VSクローディアス 約50. 8% VS大甲冑秀吉 約86. 0% 極限ノ刻中のリーチ信頼度 約95%の継続率を誇る本機最上位モードでは、バトルリーチよりも即当りや連打系といったスピーディーなリーチから当たることが多い。 6% 蒼鬼主観バトルリーチ信頼度 VS異形宗矩 約50. 8% VSローゼンクランツ 約50. 8% VSクローディアス 約82. 3% ギガメンチースリーチ信頼度 ビジョン・緑 約55. 6% ビジョン・赤 大当り濃厚 剣通過リーチ信頼度 約81. 1% 背景押し合いリーチ信頼度 ハズレ画面と〜 約58. 8% 当り画面同士 大当り濃厚 画面斬りリーチ信頼度 画面奥に蒼鬼 約47. 7% 画面奥にお初 大当り濃厚 覚醒ノ刻中のリーチ信頼度 継続率が約90%と高いだけあって、極限ノ刻と同様、即当りやボタン連打系の演出から当たることが多い。 またリーチ信頼度は極限ノ刻に比べると総じて低い。 5% 蒼鬼主観バトルリーチ信頼度 VS異形宗矩 約10. 4% VSローゼンクランツ 約10. 4% VSクローディアス 約64. 5% ギガメンチースリーチ信頼度 ビジョン・緑 約10. 5% ビジョン・赤 大当り濃厚 剣通過リーチ信頼度 約69. 8% 背景押し合いリーチ信頼度 ハズレ画面と〜 約12. 5% 当り画面同士 大当り濃厚 画面斬りリーチ信頼度 画面奥に蒼鬼 約10. 2% 画面奥にお初 大当り濃厚.

次の

ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞 Light Version(新鬼武者甘デジ)【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

ぱちんこ 新 鬼武 者 狂 鬼 乱舞

おはザンス!パチ7のパチンコガチ勢ライター『ハニトラ梅チャン』でございます。 オッケー.さんの「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」を取材して参りました。 前作は小当りRUSH機でしたが、今作は一種二種混合機となっております。 右打ち中は高速変動と中速変動が存在しており、高速変動で大当りがループすれば、現役機屈指の出玉スピードを誇る「ぱちんこ 新・必殺仕置人」に負けない程に。 出玉スピードって大事なんですよね。 打つ理由にもなるし、楽しさにも直結します。 こういった斬新な機種は一気にブームになり、今までに無い人気機種になる可能性を秘めています。 ブームになれば、立ち回りに大きな影響を与える事は間違いなし。 というわけで「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」の出玉性能に焦点を当てて、試打取材をして参りました。 この2つのポイントが重なれば、新基準機屈指の出玉感を体感出来ます。 右打ち中の大当りの度に何れかのモードに振り分けられますが、最低継続率の『真蒼剣RUSH』が選ばれてしまうのは、たったの12%。 高速変動中に当りを引き続けてループすれば、現役機トップクラスの出玉増加スピードに。 後程、その出玉スピードを分かりやすく表にまとめているので、必見ですよ。 一種二種混合機となった今作「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」は、その名の通り継続率が異なる3つモードを搭載している『狂鬼乱舞』という連チャンモードが最大の注目ポイント。 9の大当りを引けば、狂鬼乱舞突入となり大きな連チャンを狙えます。 先ずは19回転の蒼剣RUSHを突破する事が目標になりますね。 電サポ回数が変動する『狂鬼乱舞』は選ばれるモードで連チャン率が異なる! 続いては、本機のキモである連チャンモード『狂鬼乱舞』についてですが、コチラは3つの継続率が異なるモードを搭載しております。 右打ちの大当り時に、覚醒チャレンジを経由してそれぞれどのモードに突入するかを告知します。 ボタン押下し、 ・蒼鬼覚醒後、金のロゴが出現すれば高速消化70回転の極限ノ刻+中速消化15回転の真蒼剣RUSH ・蒼鬼覚醒後、銀のロゴが出現すれば高速消化50回転の覚醒ノ刻+中速消化15回転の真蒼剣RUSH ・蒼鬼が覚醒しなければ中速消化35回転の真蒼剣RUSH となります。 ボタン押下時にバイブすればひとまずは覚醒ノ刻以上なので安心感がありますね。 各モード中に大当りを引けば、振り分けに応じて再度モードが切り替わります。 振り分けは上記のスペック表の電サポ回数を参照にしていただければと思います。 電サポラスト回転は残り保留も含めたラストバトルへ! 全てのモードの最終変動ではラストバトルに突入し、当該変動+電サポ残り保留の合計5回転を一気に抽選します。 強敵である白い紳士or豊臣秀吉との大当りを掛けた戦いが繰り広げられます。 連チャン数 (出玉は払い出し数) 消化時間 (狂鬼乱舞開始時から測定) 20連、16,079個 (極限ノ刻7回、覚醒ノ刻11回、真蒼剣RUSH1回) 65分38秒 6連、3,166個 (極限ノ刻0回、覚醒ノ刻5回、真蒼剣RUSH0回) 10分42秒 10連、7,157個 (極限ノ刻2回、覚醒ノ刻6回、真蒼剣RUSH1回) 31分06秒 14連、8,916個 (極限ノ刻4回、覚醒ノ刻8回、真蒼剣RUSH1回) 37分40秒 7連、4,752個 (極限ノ刻0回、覚醒ノ刻5回、真蒼剣RUSH1回) 19分20秒 合計大当り回数 57回 平均連チャン数 11. 4連 獲得出玉 40,070個 狂鬼乱舞 合計消化タイム 164分26秒 1時間あたりの出玉数 (大当り中の消化も含む) 約14,615個 本機の連チャンモード『狂鬼乱舞』に特化して試打データを取りました。 9と高い事から、高速変動モードの間に当たる事も多く、出玉スピードも「ぱちんこ 新・必殺仕置人」と遜色ないレベルになりました。 今回、MAXラウンドも多く、高速消化モードで2桁連チャンを複数回に渡って体験出来たので上振れしておりますが、それでも現実的だと感じます。 ミドルスペックらしい出玉感ある気持ち良い機種だと思います。 『狂鬼乱舞』の3つのモードの中で、最も継続率が低く、終了の恐怖がまとわりつく『真蒼剣RUSH』ですが、それほどは恐れる事は無い様に思いました。 今回のデータを元に、出玉スピードや出玉性能について、現在稼働中の新基準機と比較してみたので、ご覧ください。 出玉感についてイメージし易くなりますよ! (C)CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)OK!! 正直、予想以上の結果が出ました。 先ずは、1分毎の出玉数を見て頂くと解りやすいかと思いますが、旧基準機並みの出玉スピードがウリでもある「ぱちんこ 新・必殺仕置人」と同等の出玉スピードを記録しました。 因みに「CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃」とは、1. 3倍程出玉スピードに違いが出ております。 「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」のデータは、今回の試打を元に算出しているので、若干の偏りはあるかと思いますが、高速変動である極限ノ刻・覚醒ノ刻で当たりを重ねれば、現役機最速も夢では無いと思います。 「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」の試打レポートでございました。 最近の注目機種として「ぱちんこ 新・必殺仕置人」がありましたが、それを超える継続率を持ち、高速変動中の当りがループすれば出玉のスピード感も遜色なし。 十分に期待感があるスペックだと思いました。 高速変動があり、出玉増加スピードが速く、閉店1時間前からでも10,000発オーバーを狙えるので、短時間しか遊技出来ない方にとっても非常に魅力的な台だと思います。 お店にとっても夜に稼働が上がるのは、出玉アピールにもなり喜ばしい事なので、大切に扱うお店も増えるかと期待しております。 より多くの連チャンを楽しみたい方や変動する継続率で起こるドラマを体感したい方は、心に刺さる機種だと思います。 演出的にも高速変動中は即当りが多いので、リズム良く連チャンが続くのも気持ち良いですよ。

次の

ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞 Light Version(新鬼武者甘デジ)【パチンコ新台】|スペック ボーダー 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

ぱちんこ 新 鬼武 者 狂 鬼 乱舞

おはザンス!パチ7のパチンコガチ勢ライター『ハニトラ梅チャン』でございます。 オッケー.さんの「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」を取材して参りました。 前作は小当りRUSH機でしたが、今作は一種二種混合機となっております。 右打ち中は高速変動と中速変動が存在しており、高速変動で大当りがループすれば、現役機屈指の出玉スピードを誇る「ぱちんこ 新・必殺仕置人」に負けない程に。 出玉スピードって大事なんですよね。 打つ理由にもなるし、楽しさにも直結します。 こういった斬新な機種は一気にブームになり、今までに無い人気機種になる可能性を秘めています。 ブームになれば、立ち回りに大きな影響を与える事は間違いなし。 というわけで「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」の出玉性能に焦点を当てて、試打取材をして参りました。 この2つのポイントが重なれば、新基準機屈指の出玉感を体感出来ます。 右打ち中の大当りの度に何れかのモードに振り分けられますが、最低継続率の『真蒼剣RUSH』が選ばれてしまうのは、たったの12%。 高速変動中に当りを引き続けてループすれば、現役機トップクラスの出玉増加スピードに。 後程、その出玉スピードを分かりやすく表にまとめているので、必見ですよ。 一種二種混合機となった今作「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」は、その名の通り継続率が異なる3つモードを搭載している『狂鬼乱舞』という連チャンモードが最大の注目ポイント。 9の大当りを引けば、狂鬼乱舞突入となり大きな連チャンを狙えます。 先ずは19回転の蒼剣RUSHを突破する事が目標になりますね。 電サポ回数が変動する『狂鬼乱舞』は選ばれるモードで連チャン率が異なる! 続いては、本機のキモである連チャンモード『狂鬼乱舞』についてですが、コチラは3つの継続率が異なるモードを搭載しております。 右打ちの大当り時に、覚醒チャレンジを経由してそれぞれどのモードに突入するかを告知します。 ボタン押下し、 ・蒼鬼覚醒後、金のロゴが出現すれば高速消化70回転の極限ノ刻+中速消化15回転の真蒼剣RUSH ・蒼鬼覚醒後、銀のロゴが出現すれば高速消化50回転の覚醒ノ刻+中速消化15回転の真蒼剣RUSH ・蒼鬼が覚醒しなければ中速消化35回転の真蒼剣RUSH となります。 ボタン押下時にバイブすればひとまずは覚醒ノ刻以上なので安心感がありますね。 各モード中に大当りを引けば、振り分けに応じて再度モードが切り替わります。 振り分けは上記のスペック表の電サポ回数を参照にしていただければと思います。 電サポラスト回転は残り保留も含めたラストバトルへ! 全てのモードの最終変動ではラストバトルに突入し、当該変動+電サポ残り保留の合計5回転を一気に抽選します。 強敵である白い紳士or豊臣秀吉との大当りを掛けた戦いが繰り広げられます。 連チャン数 (出玉は払い出し数) 消化時間 (狂鬼乱舞開始時から測定) 20連、16,079個 (極限ノ刻7回、覚醒ノ刻11回、真蒼剣RUSH1回) 65分38秒 6連、3,166個 (極限ノ刻0回、覚醒ノ刻5回、真蒼剣RUSH0回) 10分42秒 10連、7,157個 (極限ノ刻2回、覚醒ノ刻6回、真蒼剣RUSH1回) 31分06秒 14連、8,916個 (極限ノ刻4回、覚醒ノ刻8回、真蒼剣RUSH1回) 37分40秒 7連、4,752個 (極限ノ刻0回、覚醒ノ刻5回、真蒼剣RUSH1回) 19分20秒 合計大当り回数 57回 平均連チャン数 11. 4連 獲得出玉 40,070個 狂鬼乱舞 合計消化タイム 164分26秒 1時間あたりの出玉数 (大当り中の消化も含む) 約14,615個 本機の連チャンモード『狂鬼乱舞』に特化して試打データを取りました。 9と高い事から、高速変動モードの間に当たる事も多く、出玉スピードも「ぱちんこ 新・必殺仕置人」と遜色ないレベルになりました。 今回、MAXラウンドも多く、高速消化モードで2桁連チャンを複数回に渡って体験出来たので上振れしておりますが、それでも現実的だと感じます。 ミドルスペックらしい出玉感ある気持ち良い機種だと思います。 『狂鬼乱舞』の3つのモードの中で、最も継続率が低く、終了の恐怖がまとわりつく『真蒼剣RUSH』ですが、それほどは恐れる事は無い様に思いました。 今回のデータを元に、出玉スピードや出玉性能について、現在稼働中の新基準機と比較してみたので、ご覧ください。 出玉感についてイメージし易くなりますよ! (C)CAPCOM CO. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)OK!! 正直、予想以上の結果が出ました。 先ずは、1分毎の出玉数を見て頂くと解りやすいかと思いますが、旧基準機並みの出玉スピードがウリでもある「ぱちんこ 新・必殺仕置人」と同等の出玉スピードを記録しました。 因みに「CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃」とは、1. 3倍程出玉スピードに違いが出ております。 「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」のデータは、今回の試打を元に算出しているので、若干の偏りはあるかと思いますが、高速変動である極限ノ刻・覚醒ノ刻で当たりを重ねれば、現役機最速も夢では無いと思います。 「ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞」の試打レポートでございました。 最近の注目機種として「ぱちんこ 新・必殺仕置人」がありましたが、それを超える継続率を持ち、高速変動中の当りがループすれば出玉のスピード感も遜色なし。 十分に期待感があるスペックだと思いました。 高速変動があり、出玉増加スピードが速く、閉店1時間前からでも10,000発オーバーを狙えるので、短時間しか遊技出来ない方にとっても非常に魅力的な台だと思います。 お店にとっても夜に稼働が上がるのは、出玉アピールにもなり喜ばしい事なので、大切に扱うお店も増えるかと期待しております。 より多くの連チャンを楽しみたい方や変動する継続率で起こるドラマを体感したい方は、心に刺さる機種だと思います。 演出的にも高速変動中は即当りが多いので、リズム良く連チャンが続くのも気持ち良いですよ。

次の