飛行機 キャンセル 料 ana。 ANAが特典航空券のキャンセル料を返さない

キャンセルした飛行機の航空券が返金、払い戻しされるのはいつ頃?

飛行機 キャンセル 料 ana

飛行機チケットを予約したけれど、日にちを変更したくなった!または旅行の予定が変わった!などの場合、チケットをキャンセルするにはどうしたらいいのでしょうか? 実はチケットが予約済みであっても、 チケット料金を支払う前でしたらチケットの予約が確定していないので、キャンセル手続きや航空会社への連絡などは必要ありません。 チケットの予約時、支払方法をコンビニ支払いなどの後払いを選択していた場合、その支払期日までにチケット料金を支払わなければ、飛行機チケットは自動的にキャンセルとなります。 その際にも特に必要な手続きはありません。 ただし、新しい飛行機チケットはご自分で再度予約をする必要があるので注意が必要です。 購入前の飛行機チケットのキャンセルには料金がかからない場合がほとんどですが、チケットの種類によっては購入前であろうと払い戻し手数料がかかることがありますので、予約をする際には キャンセルポリシーをよく読んでおきましょう。 解約日時 取消手数料 航空券購入後~搭乗日75日前 運賃の約10%相当額 搭乗日74日前~55日前 運賃の約20%相当額 搭乗日54日前~45日前 運賃の約30%相当額 搭乗日44日前~28日前 運賃の約40%相当額 搭乗日27日前~14日前 運賃の約50%相当額 搭乗日13日前~出発時刻前 運賃の約60%相当額 この表を見ると、出発日が近づくにつれて取消料がかかるようになりますね。 どうしても航空券のキャンセルが必要となった場合には、早めにキャンセル手続きを行うことをおすすめします。 また、航空券の種類によってはチケットの払い戻しが不可であったり、または取消手数料が全くかからない場合もあります。 そして国際線の場合には、出発前のキャンセルは航空会社が定めている取消手数料が一律30,000円であったり、旅行会社を通して航空券を購入していた場合、航空会社が定める取消手数料が必要となります。 国内線に比べると、国際線のチケットキャンセルにかかる費用は割高になります。 それでは、飛行機の出発後の航空券キャンセルではどうなるのでしょうか? 国内線の場合、さきほど説明しましたANAやJALの場合、出発後の「払戻手数料」は 運賃の100%、つまりチケット代は戻ってきません。 しかし、旅客施設使用料は返却されます。 旅客施設使用料とは、空港のロビーや待合室などの整備や管理に必要な費用をいい、空港管理会社が空港を利用する旅客より徴収している料金です。 出発前と同様、航空券の種類によっては払戻手数料を支払うことによってチケット代の払い戻しが可能な場合もあります。 国際線の場合も、飛行機の出発後のチケットの払い戻しはできません。 覚えておいていただきたいのが、 出発前でも出発後でも、格安航空のLCC会社ではチケットの払い戻しは基本的にできません。 飛行機のチケットには、チケットに記載されている本人のみが飛行機に搭乗できると書かれています。 そのため、 自分の名義で購入していた飛行機チケットを他の人に譲ることはできません。 家族であっても、飛行機チケットの譲渡はもちろんだめです。 チケットの名義と違う別の人が搭乗しようとした場合、搭乗拒否されます。 また、その搭乗しようとした人、飛行機チケットを譲った人両方に違約金の請求がきたり、航空会社から今後の搭乗も一切拒否されかねません。 そして名義が異なるチケットで飛行機に搭乗できたとしても、万が一事故等が発生した場合に保険金が払われないなんてこともあります。 このように、別の名義のチケットで飛行機に搭乗することは厳しく処罰されます。 自分が飛行機に乗れなくなったからと、安易に他の人にチケットを譲らないようにしてください。 格安航空券が魅力のLCCは、現在大変人気で一度は利用したことがある方も多いのではないでしょうか? LCCの航空券は安く購入できることがメリットですが、その分デメリットも大きいのです。 安く購入できるチケットタイプでは、もしもチケットをキャンセルしたくても払い戻しは不可となります。 もしものときのために、払い戻し可能のチケットを購入したいのであれば、割高にはなりますが手数料を支払うことでワンランク上のチケットタイプを購入することができ、キャンセルする際にも払い戻しが可能となります。 ここでも注意しておかなければいけないのが、すべてのLCC会社がこの払い戻し可能チケットを販売しているわけではないということです。 LCCで航空券を購入する際には、注意事項やキャンセルポリシーをよく確認しておきましょう。

次の

ANA国内線の新運賃ANA FLEX(フレックス)とは?変更やキャンセルのルールは │ 「旅行比較ネット」

飛行機 キャンセル 料 ana

数ある国内の格安航空券予約サイトを徹底比較。 格安航空券は、多様な条件があります。 航空会社や申込み期限、変更可能かどうかなど、基本的に、条件が厳しければ値段が安いとされてます。 国内の格安航空券の予約サイトも、いろいろ選択肢があります。 旅行会社をはじめ、ポータルサイトや金券ショップなど。 自分の条件にあった航空券を上手に選びましょう。 今や、宿泊予約サイトはたくさん存在します。 ホテル直営のサイトから、宿泊のポータルサイト、もちろん旅行会社の運営する宿泊サイトなど。 宿泊のカテゴリー(シティホテル、ビジネスホテル、温泉旅館)によって、それぞれメリット・デメリットもあります。 ビジネスホテル・温泉旅館・高級ホテル・ファミリー向けなど、季節に応じたお得なプランを見つけましょう。 ひと昔前、国内のパックツアーといえば、旅行会社の専売特許でしたが、今や宿泊サイトが航空会社と提携して組み合わせが自由なダイナミックパッケージも主流になりつつあります。 もちろん旅行会社が企画するお得で、楽しいツアーもまだまだ健在です。 今話題のツアーや、旬のお得な旅行情報、おすすめのお得な旅行プランなどを紹介します! 旧名称 新名称 「片道運賃」「往復運賃」 「ANA FLEX(ANAフレックス)」 「特割」 「ANA VALUE(ANAバリュー)」 「旅割」 「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)」 予約期限が75日前の「旅割75」、3日前までの「特割3」といった数字は引き継がれ、「ANA SUPER VALUE 75」「ANA VALUE 3」という名称になります。 空席連動型運賃「ANA FLEX」 「ANA FLEX(ANAフレックス)」はいわゆる普通運賃で、変更が何度でもできるけど料金が高い運賃。 「片道運賃」と「往復運賃」が一本化されたことにより往復割引(現状は10%程度)はなくなりますが、これまで固定だった運賃が 空席連動型運賃に。 運賃の幅は空席状況によりA・B・C・Dの4段階で、「ANA FLEX-A」「ANA FLEX-B」のように、A~Dのアルファベットを加えた運賃として表示され、「ANA FLEX-A」が一番高く「ANA FLEX-D」が最安値の運賃となる。 また後述する販売期間の拡大により、従来2か月前の予約開始が 355日前と大幅に前倒しする形になり、『 高くてもよいので席を確保したい』というにニーズに応えることが可能になります。 新運賃体系で一番大きいポイントは、やはり約1年前から予約が可能になったという点。 これまで、旅割などの割引率の高い運賃が一番早く発売され、早く予約すればするほど安く予約できました。 ですが「ANA FLEX」が約1年前に購入できることになり、お盆や年末年始といった繁忙期の一番込み合う日程は「ANA FLEX」が先に発売されるため、バリューやスーパーバリューなどの設定が減る恐れがでてきました。 販売期間は拡大し約1年前から予約可能に 前述した「ANA FLEX」に加え、これまで搭乗日2ヵ月前から発売しているビジネスきっぷや株主優待割引運賃なども、 約1年前の搭乗日355日前からの発売に変更となりました。 「ANA VALUE」「ANA SUPER VALUE」は運航ダイヤが確定する年2回の一斉発売で、その他ためたマイルで利用できる特典航空券などもこれに合わせて販売期間が拡大されました。 新運賃体系で一番大きいポイントは、やはり約1年前から予約が可能になったという点。 これまで、旅割などの割引率の高い運賃が一番早く発売され、早く予約すればするほど安く予約できました。 ですが「ANA FLEX」が約1年前に購入できることになり、お盆や年末年始といった繁忙期の一番込み合う日程は「ANA FLEX」が先に発売されるため、バリューやスーパーバリューなどの設定が減る恐れがでてきました。 ANAの新運賃まとめ LCCの登場で、既存の航空会社もどんどん空席連動型運賃を導入しています。 航空会社にとっては空いてる席を少しでも高く販売できる空席連動型運賃は合理的なので、この流れは他の航空会社にも波及するとみて間違いありません。 旅行などで予約する場合は、少しでも早く予定を立て航空券を確保することが安く購入することにつながります。 ただし一方では、券種別の変更やキャンセルなどのルールがどんどん複雑化していくので、しっかり理解した上で予約することが必要になりますね。

次の

飛行機のキャンセル料いくら?いつまでに手続きすればいい?

飛行機 キャンセル 料 ana

ANAの航空券をキャンセルする場合いくらかかるのか?無料になる場合はあるのか?気になる方は多いと思います。 結論としては、ANAのキャンセル料はご自身が予約したチケットの種類、キャンセルした理由などによって高額に請求されることもあれば無料になる場合もあります。 今回は、ANAのキャンセル料の仕組みや調べ方を国内線、国際線に分けてご紹介し、キャンセル料が無料になる例外を ANAコールセンターにインタビューしてみたのでご紹介していきたいと思います。 これからANAの航空券を予約される方も、既に予約したがキャンセル料を知りたい方にもきっと役立つ内容ですよ! *またこちらの記事は2019年10月1日から改定されるルールに適応している内容となっています。 *2020年5月1日に発表された、 新型コロナウイルスに関するキャンセル・変更ルールもご紹介しています。 ぜひご確認ください。 もくじ• 【5月1日追記】新型コロナウイルスによる国内線のキャンセル 搭乗日が2020年2月28日 金 〜2020年5月31日 日 までの国内線全航空券(国内線特典航空券、国内ツアー航空券含む)を 予約の変更又、払い戻しを手数料なしで対応するとのこと。 ただし変更・払い戻しが対象となっている航空券は以下の通りです。 2020年2月28日(金)~5月6日(水)ご搭乗分 2020年4月7日以降の変更・払い戻し分より対象 2020年5月7日(木)~5月17日(日)ご搭乗分 2020年4月21日以降の変更・払い戻し分より対象 2020年5月18日(月)~5月31日(日)ご搭乗分 2020年4月28日以降の変更・払い戻し分より対象 電話での変更・取り消しは大変混雑しているので、インターネット経由で申し込むことをおすすめします。 以下のページより手続きを行うことが可能です。 ANA便を振替利用する場合 ANA便を振替利用する場合、予約便出発予定日から10日以内に変更手続きを済ませれば、予約便出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能です。 変更手数料は発生しません。 払い戻しをする場合 払い戻しをする場合、予約便出発予定日から30日以内に払い戻しの手続きを済ませることで、取消手数料・払戻手数料なしで全額払い戻しすることが可能です。 ただし、ウェブサイト経由で払い戻しをする場合は、予約便出発予定日から 10日以内に払い戻す必要があります。 11日以降はお客様センター(電話)の対応となります。 また、以下に該当する航空券の場合はネット経由で払い戻しをすることが出来ず、お客様センター 電話 のみの対応となります。 ・ANAご利用券」でお支払いいただいている場合 ・「プレミアムビジネスきっぷ」「ビジネスきっぷ」「乗継系割引運賃(ANA VALUE TRANSITなど)」などの運賃で旅程の一部を払い戻す場合 ・ ANA空港カウンターまたは一部旅行会社で購入されている場合 ・ 往路便と復路便の予約記録が異なる場合 出典: 国内ツアー航空券の場合 国内ツアー航空券の場合は、ANAのお客様センターやウェブサイトで変更や払い戻し等の手続きを行うことはできません。 予約したツアー会社に直接問い合わせる必要があります。 【5月1日追記】新型コロナウイルスによる国際線のキャンセル ANAは3月19日、国際線全路線の航空券を5月31日 日 までの搭乗分を 取り消し手数料なしでキャンセル・変更を可能にする特別対応を発表しました。 4月8日までに購入したものに限る。 2020年3月19日現在、ANAウェブサイト、ANA電話窓口、空港カウンターでご購入された航空券は、24時間前の出発であれば、 ANAウェブサイト予約管理画面の解約ボタンより、手数料なしで払い戻しをすることが可能です。 *対象の場合は、「手数料免除」の表示あり。 特典航空券の払い戻しについては、 ANA電話窓口での対応となります。 また、払い戻しではなく、航空券の日程を変更されたい場合、全便で 2020年12月31日までの期間内で 1回のみ搭乗日の変更が可能。 搭乗日を変更したい場合も払い戻しのルールと同様に、ANAウェブサイトの予約管理画面より変更を行うことが可能です。 航空券やパッケージを旅行代理店などで購入された方のキャンセル方法は、旅行代理店に直接問い合わせていただくようお願いいたします。 払い戻しや予約変更に関する詳細は確認することも可能です。 国内線のキャンセル料 それではまず国内線のキャンセル料について確認していきましょう。 国内線のキャンセル料金は以下のような式で表すことができます。 そして、払い戻し手数料も取り消し手数料も予約した航空券の種類によって値段が異なります。 まず払い戻し手数料ですが、基本的に 1区間 片道 をキャンセルする場合440円発生します。 往復キャンセルしたい場合は880円かかるということです。 ただし以下の表に記載されている航空券は2区間 往復 で払い戻し手数料が440円となります。 また、予約した航空券の種類が「ANA SUPER VALUE EARLY」の場合は払い戻し手数料はかかりません。 ANA VALUE TRANSIT ANA VALUE TRANSIT 7 ANA VALUE TRANSIT 28 プレミアムビジネスきっぷ ビジネスきっぷ 次に取り消し手数料を見ていきましょう。 取り消し手数料も予約した航空券の種類によって有料と無料の場合があります。 取り消し手数料が航空券を購入後〜出発時刻まで無料になるのは、以下の表に記載されている航空券です。 そして一番多くの方が使われると思われるSUPER VALUE割の場合は、取り消し手数料の仕組みが少々複雑になっています。 以下の表をご覧ください。 表に記載されている通り、解約日時によって取り消し手数料が異なっています。 往復キャンセルする場合は必ず860円は支払わなければならないということです。 また、こちらの図を表に表すと、このように表すことができます。 それにプラスで払い戻し手数料が加算される計算です。 国際線のキャンセル料 国際線のキャンセル料は国、時期、搭乗クラス エコノミークラスやビジネスクラスなど 、予約した航空券の種類 SUPER VALUE料金,FLEX料金等 によって全く異なります。 ここで全ての国のキャンセル料を全てご紹介することは難しいので一つ例を挙げてご紹介していきます。 国際線のキャンセル料の調べ方ですが、まずにアクセスします。 ページを開いたら、自分の調べたい地域の規則表をクリック するとこのような画像が表示されます。 多くの方は普通運賃ではなく特別運賃を利用する方が多いと思うので、特別運賃の自分が予約した搭乗クラスをクリック 今回は、シンガポールのエコノミークラスを選択しました。 クリックすると上のような画面が表示されるので予約した航空券の種類を選択して取り消し手数料などの詳細情報を確認してください。 国内線に比べてかなり高額ですね... 自分の予約した航空券のキャンセル料を詳しく調べたい方はをご覧ください。 払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になる場合 ここでは払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になるケースをご紹介していきます。 インターネット上で掲載されていた情報だけでなく、ANAコールセンターに直接問い合わせをして様々な事例を聞いてきたのでご紹介していきます。 航空券の予約をしたが購入していない場合 航空券の予約をしたが購入手続きを済ませていない場合は、まだ仮予約となっているので払い期限内に購入手続きをしなかった場合は自動キャンセルとなり無料のキャンセルという形になります。 航空券の支払い期限は、以下の表のようになっています。 ANA FLEX 通常料金 ANA VALUE ANA SUPER VALUE ANA SUPER VALUE EARLY 支払い期限 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて2日以内 当日 病気になってしまった場合 搭乗者が急な病気を患ってしまい、飛行機に搭乗することができない状況になると、 医師による診断書を提出することによって払い戻し手数料と取り消し手数料が無料になります。 インフルエンザ等の場合でも診断書を提出すればキャンセル料無料となります。 2親等以内の親戚が亡くなった、事故にあってしまった 2親等以内の親戚が亡くなったり、事故になった場合、医師の診断書を提出することによって手数料が無料になるそうです。 空港までに行く公共交通機関が大幅に遅延してしまった 空港に行くまでの、高速バスや電車などが大幅に遅延して飛行機の出発時間に間に合わない場合、遅延証明書を提出することによって手数料が無料になります。 大幅な遅れが出た場合は必ず遅延証明書を貰うようにしましょう。 特典航空券のキャンセル料 特典航空券のキャンセル料は、お金ではなくマイルで清算されます。 未使用の特典航空券のみ有効で 3,000マイル差し引かれて払い戻しされる仕組みになっています。 3,000マイルを失うことはかなり惜しいですね。 また、キャンセルした際に有効期限切れとなっているマイルの場合払い戻しされないので注意しましょう。 ANA特典航空券の予約変更やキャンセルのルールについては以下の記事を参考にしてください!.

次の