物置 掃除。 物置の片付け・掃除を一気に終わらせる完全マニュアル

物置の掃除の正しい仕方と不用品の処分方法について解説

物置 掃除

1.物置の片付けについて 1-1.物置にもデメリットがある 物置は、体積が広くなんでも入ってしまう分、下記のようなデメリットもあります。 何を入れたかわからなくなってしまう• 必要な物を失くしてしまうおそれがある• 不用品をためてしまうことがある• 掃除・片付けが難しい 物置を利用する際は、デメリットもふまえておきましょう。 1-2.物置を片付ける必要性は? 上記のように、物置には物が埋もれてしまったり掃除の手間がかかったりするなどのデメリットがあります。 そんなデメリットを避けるためには、物置を片付け・掃除する必要があるのです。 物置を有効活用するための片付け・掃除方法を次項からご紹介します。 関連記事 2.物置の片付けの方法について 2-1.最初にすること 物置の片付けは、点検から開始します。 物置の中身をすべて外に出しましょう。 面倒な作業ですが、すべて外に出すことによって不用品が浮き彫りになります。 「なんとなく取っておいた物」も簡単に捨てられるようになるので、物置のスッキリ度が格段にアップするのです。 2-2.物置の片付け方法 物置からすべての物を出したら、必要な物と不要な物に分けましょう。 まったく使っていない物や、使用頻度があまりに低すぎる物(5年に1回など)は思いきって処分するのがおすすめです。 レンタルするという手もあります。 2-3.物置掃除のポイント・コツ 物置からすべての物を出すことで、掃除もしやすくなります。 腐食・サビ・カビなどを点検しましょう。 防虫剤・防湿剤もこのタイミングで交換すると楽です。 2-4.収納のポイント 掃除が終わったら、必要な物だけを物置に戻します。 下記のポイントを押さえると、出しやすい便利な物置になるでしょう。 重いものは下に置く• 使用頻度が低い物は奥に置く• 素材・大きさを考慮して置く 使用頻度が低くても重い物は手前に置いてもOKです。 家族全員が(子供でも)取り出せるという配置を目指してください。 また、大きくて軽い物は奥に置き、たためる素材の物はすべてたたんで収納しましょう。 しまいやすさよりも取り出しやすさを優先すると必然的に使いやすい物置になります。 2-5.物置掃除・片付けのタイミング 物置掃除・片付けは、春・秋の日差しと風がある日がベストタイミングです。 冬は天日干しの効果が低く、夏は熱中症のおそれがあるため、物置掃除にはあまり向いていません。 天気予報をチェックし、2日連続で晴れの日をねらうとさらによいでしょう。 洗って干す作業が楽になります。 2-6.注意点 物置の片付けには、物を退避しておくためのスペースが必要です。 必要な物は物置にしまうことになりますが、不用品は処分するまでしばらく取っておかなければなりません。 不用品をすぐに処分できる回収業者の利用も検討しましょう。 3.物置の片付けと不用品について 3-1.不用品の処分について 3-1-1.不用品を自分で捨てる 物置から出た不用品のほとんどが粗大ゴミに該当すると思います。 粗大ゴミは自治体への申請や、処理券の購入・回収場所への運搬作業などがあり、かなり大変です。 不燃ゴミ・可燃ゴミは自治体指定のゴミ袋にまとめておきましょう。 区分がわからないゴミは、自治体や市区町村のHP・電話で問い合わせると教えてもらえます。 3-1-2.不用品をリサイクルに出す まだ使える不用品は、リサイクルショップなどに持ち込むことで買取してもらえる可能性があります。 ただし、リサイクルショップでは現物を見て買取査定がおこなわれるため、せっかく持ち込んでも買取してもらえないこともあるので注意してください。 事前に、品目・型番やメーカーを伝えておくことで、無駄手間を少し減らせるでしょう。 3-1-3.不用品回収業者について 不用品が大量に出た場合や、買取に出したいけれど重くて持ち運べないといった場合は、買取・回収を並行しておこなっている業者がおすすめです。 一度も不用品回収業者を使ったことがない方にとっては、業者の利用はハードルが高いかもしれませんが、想像以上に簡単に依頼することができます。 買取不可の場合は、料金を支払うことで回収してもらえますので無駄手間もありません。 ただし、悪徳な業者もありますので、正しい判断基準で業者を選ぶ必要があります。 3-2.注意点 自力での処分・リサイクル・不用品回収業者には、それぞれメリットとデメリットがあります。 自分が何を優先したいかによって、不用品の処分方法を検討してみてください。 金額だけで判断してしまうと、時間や労力がかかって、総合的には損となってしまうこともあります。 関連記事 4.物置の片付けをプロに依頼する 4-1.プロへ依頼したほうがいい場合 下記のような場合は、プロに依頼することをおすすめします。 片付けをすぐに終わらせたい• 不用品や買取に出したい物が大量にある• 自分で持ち運ぶことが困難 4-2.プロに依頼するメリット 不用品を粗大ゴミに出す場合、1点ごとに料金が発生してしまいます。 また、エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビといった家電リサイクル法対象の品目は、数千円のリサイクル料金を支払うことが義務付けられているのです。 これらの不用品は、まとめて処分したほうがお得になることがあります。 なにより、運搬の手間や時間が省略できるのが最大のメリットです。 4-3.業者選びのポイント メリットだらけに見える不用品回収業者ですが、前述のとおり業者選びには注意が必要です。 下記のポイントを押さえることで、より安全に、より効率的に業者を利用できます。 料金体系が明確である• サービス内容と金額があっている• 無料見積もりをおこなっており料金提示後のキャンセルが可能である• 買取と回収を並行しておこなっている• 古物商許可などの資格を持っている 4-4.業者に頼むときのコツ 業者に依頼する際は、不用品をなるべくまとめて出しましょう。 物置以外の場所からの不用品が出そうな場合は、この機会に処分するのがおすすめです。 4-5.作業の流れ 不用品回収業者の主な流れは以下のとおりです。 業者によって詳細は異なりますので、事前に確認しておくとよいでしょう。 お問い合わせ• 無料見積もり• 訪問日決定• 買取・料金精算• 回収 4-6.不用品回収業者の注意点 ちまたには、さまざまな不用品回収業者があります。 中には悪質な業者もあるので注意してください。 たとえば、地域を回送している無料回収車は危険です。 無料回収をうたっておきながら、トラックに積み上げてから「運送料は別料金」と不当な料金を請求されてしまったり、不法投棄されたりしてしまったなどのトラブルがあいついでいます。 少しでも怪しいと思った業者は使用しない• 資格の有無を確認する• 料金にかかわることはすべて書面で提出させる• 業者の訪問時は、知人や家族などを呼びひとりで対応しない 上記のような注意をおこなうことで、悪質業者に引っかかる可能性が軽減できます。 5.物置の掃除片付けについてよくある質問 Q.買取価格をアップするには? A.買取に出せそうな物は、なるべくきれいに掃除しておき、付属品や外箱があればそろえておきましょう。 本体を使うために必須の付属品が欠けていると買取できない可能性もあります。 Q.物置の物を把握できない A.入れた物と出した物をメモしておきましょう。 物置に在庫表のような紙とペンを置いておくと便利です。 書いておくことで無駄な探し物が減ります。 Q.物置の中のスペースを有効活用したい A.物置のスペースを活用するには、高さを使うのが一番です。 メタルラックやコの字ラックを使うことで、物を2段3段と置くことができるため収納力がアップします。 ただし、ラックによって埋もれてしまう物がないように、奥行きと配置には気を付けてください。 物の手前にはたくさん物を置かないのがポイントです。

次の

おしゃれでおすすめの屋外物置人気ランキング!【スリムな薄型も】 モノナビ

物置 掃除

この物置、実はもう20年もここに置いてあるんですよ…。 しかも何年も開けられていない。 中の片付けからもう怖いんですけど、やるしかないんですよね。。。 恐る恐る開けてみると、案の定祖父母の残したガラクタがたくさん。 昔の人って何でも取っときますよね。 捨てられない世代というか。 少しでも価値のものが入っているんじゃないかと期待した僕がアホでした。 笑 物置の中身の処分に半日かかって、やっと倉庫の解体に取り掛かります。 それと今回はこのブログを始めて以降、もっともフォトジェニック度の低い回となっております。 ホコリがすごくて見てる人に申し訳ないレベルですが、自分で家をリノベすると絶対遭遇する華々しく無い面も惜しみなく出していく所存です。 物置の解体は意外と簡単。 順番通りにネジを外してゆくだけ 大きい物なので解体作業が大変かと思いきや、固定されているネジを外していくだけで簡単にバラすことができます。 僕が解体した様子を順を追って見てみます。 屋根を外す まず最初に屋根部分の側面に付いているネジを両サイド合計4箇所外しました。 外した後屋根を持ち上げるとガパッと外れてくれます。 自分も何の情報も無いなかで手探り状態での解体なんですが、意外と簡単に取れたのであーなんか楽勝だわっていう謎の自信が芽生えました。 敢えて言うとホコリ難敵。 写真とか取ってる精神的余裕とかほとんど無い。 扉を外す 家の引き戸を外すように戸を少し持ち上げて外そうとしたのですが、外せそうで外せない。 そこで戸の上の部分をハンマーでガンガン叩いて若干浮かせてみたら無事戸が外せました。 棚を外す 中に2つ掛かっている棚を外します。 これは特に固定されてないので簡単に外せました。 敢えて言うならホコリが凄すぎて触りたく無いということ。 扉の上の部分を外す これが最初どこで固定されてるのか分からなかったんですが、内側からビスで固定されてました。 狭い場所でインパクトドライバーが入らなく手回しドライバーを持ってきて苦戦しながらも外しました。 こいつが1番の難関でした。 ここまで来ると見た目もスッキリしてきて、いよいよ終わりが見えてきたなという感じ。 側面と裏面の板を外す 側面の板は「裏面」と「底面」にビス固定されていたのでコレを緩めるだけで解体可能。 後はもう単純な構造で解体も簡単です!裏面も外して… 残るのは底面のみ。 スポンサーリンク 解体完了 あとはこのスチール板たちを処分するだけです。 という流れ。 悩むよりやってみて手当たり次第ビスを外していれば解体できるような気がします。

次の

屋外に置く防水タイプの物置ならここで探そう

物置 掃除

関連記事 1.物置の利便性と片付けの必要について まずは、物置の使い方や片付けの必要性についてまとめてみました。 1-1.物置とは? 物置とは、簡単に言うと「物を格納する部屋」のことです。 通常、住宅に隣接して設けられる収納スペースであり、当面使用しない物やいずれ処分する物などをしまっておくために使うことが多いでしょう。 木造またはコンクリートブロック造の物が多く、最近は簡単に組み立てられる金属製のプレハブ物置も市販されています。 物置には以下のようにさまざまな種類があり、住んでいる地域の気候や収納する物で選ぶことが大切です。 積雪に備えて耐荷重にすぐれたタイプ• 屋根の結露対策を施したタイプ• 熱や湿気に強い断熱構造タイプ• 自転車の収納に適した前面開放タイプ 1-2.片付けの必要性とタイミング 物置は容量が大きいため、何でも収納できるのがメリットです。 サイズによっては家の中には収納できない自転車なども収納できるでしょう。 しかし、「何でも収納できる」という点がデメリットでもあります。 不用品までためこんでしまい、ついには何がどこにあるのか分からなくなってしまうこともあるのです。 そのため、定期的に片付ける必要があります。 何がどこにしまってあるのか一目で分からなくなってしまったときが、片付けのタイミングでしょう。 1-3.片付けないとどうなるのか? 物置を片付けずにいると、当然、使い勝手が悪くなります。 不用品が増えて足の踏み場がなくなり、いざ必要な物を収納しようとしてもできなくなってしまうのです。 そうなると、収納スペースの無駄遣いでしょう。 不要な物を収納してあることも忘れてしまい、ただのゴミ置き場になってしまう可能性もあります。 そうなる前に、片付けをする必要があるのです。 関連記事 2.物置の片付けはなぜ大変なのか? 物置の片付けが大変な理由をまとめてみました。 2-1.片付けが大変な理由とは? 物置の片付けが大変なのは、物が大量にあるためです。 物が多ければ、当然片付けは難しくなります。 どうやって片付けたらよいのか分からず、ついそのまま放置してしまい、時間がたてばたつほど片付けが大変な状態になるでしょう。 また、大型の物が多いのも片付けが大変な理由の一つです。 室内の収納スペースにはしまうことができない物も、物置に収納してある家庭は多いでしょう。 簡単に捨てることができないことも、物置の片付けを難しくしています。 2-2.なぜ物がたまるのか? 物置に物がたまりやすい理由は、以下のとおりです。 大量に収納できる• 簡単に収納できる• 普段目に付かないため気にならない 家の中と違って他人が入ることもほとんどないため、片付けをする気持ちにならないのも問題でしょう。 2-3.使いやすい物置とは? では、使いやすい物置とはどのような物でしょうか。 まず、どこに何を収納してあるのかが一目で分かることが第一条件です。 探さなくても欲しい物をすぐに取り出すことができる物置は、使い勝手がよいと言えるでしょう。 また、足元に物が大量に置いてあると、奥の方まですすむことができません。 取りたくても取れないという状況になってしまうため、足元はできるだけスッキリしている状態が望ましいでしょう。 関連記事 3.物置の片付け方法とコツ 物置の片付け方法をまとめてみました。 3-1.準備 物置には屋外で使用する物も収納されているため、汚れている可能性があります。 まずは、ホウキやちり取り、不用品を捨てるゴミ袋などを準備しておきましょう。 そのほかにも、収納ケースやスチール棚などを使うと分かりやすく収納できるためおすすめです。 そして、何を物置に収納するのかしっかりと決めておきましょう。 「とりあえず使わない物をしまう」という方法では、すぐにまた物置が散らかってしまいます。 3-2.まずやるべきこと まず、物置の中に入っている物をすべて出しましょう。 そうすることで、物置に何が入っていたのかを確認できます。 中には、いらない物も出てくるでしょう。 必要な物と不要な物を仕分けするためにも、ひとまずすべて外に出して物置を空の状態にするのがおすすめです。 3-3.方法と手順 すべての物を出したら、何を捨てて何を物置に戻すのか考えましょう。 まずは、物を減らすことが大切です。 普段ほとんど使っていない物、今後使う予定のない物は、この機会に処分してしまいましょう。 必要な物だけ残したら、後は物の大きさや使用頻度に合わせて再び収納してください。 収納ケースや棚なども活用して、一目で何がどこにあるのか分かるように置いていくようにしましょう。 3-4.ポイントとコツ 物置を片付ける際のポイントやコツなどをご紹介します。 3-4-1.収納のポイント 収納のポイントは以下を参考にしてください。 使用頻度の低い物は奥に、よく使う物は手前に置く• 重い物は下に、軽い物は上に置く• 長い物は奥や端に置く• どこに何を置くのか、カテゴリー別に置くスペースを決める 3-4-2.片付けるタイミング 物置の片付けをいつするべきか、迷う人も多いと思います。 普段なかなか掃除をしない場所だからこそ、風をとおしてあげるようにしてください。 そのためにも、できるだけ湿度が低く晴れた日に片付けを行うとよいでしょう。 夏場は熱中症の心配もあるため、避けることをおすすめします。 3-4-3.不用品の片付け方法について 物置を片付けると、大量の不用品が出ることになるでしょう。 不用品の片付け方法としては、捨てる・リサイクルに出す・不用品回収業者に依頼するなどがあります。 粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に自治体のゴミ回収ルールを確認しておきましょう。 申し込みをして回収料金を確認し、粗大ゴミ処理券を購入しておくことも必要です。 まだ使える状態の物は捨てるのももったいないため、リサイクルに出す方法を検討してください。 リサイクルショップを利用すれば手軽に買い取りに出すことができます。 また、家庭から出た不用品の回収や買い取りを行っている専門業者を利用するのもおすすめです。 状態のよい物は買い取り、悪い物は回収という形で引き取ってくれるため、一気に不用品を片付けることができます。 3-5.注意点 不用品回収業者を利用する方法は、大変便利です。 しかし、その反面注意しなければならない点もあるということを覚えておきましょう。 中には、許可を持たずに違法な営業をしている業者も存在しています。 そういった業者を利用してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があるのです。 信頼できる良心的な業者を選ぶためにも、口コミや評判なども参考にして決めてください。 関連記事 4.物置に代わる新収納空間とは? 「物置に入りきらない」「物が多すぎて片付けられない」というときは、新収納空間としてトランクルームを利用してみてはいかがでしょうか。 4-1.トランクルームという提案 トランクルームとは、荷物を預けるスペースのことです。 趣味やレジャーの道具、オフシーズンで使わない物など、一時的に収納しておきたい物を預けるために利用する人が多いでしょう。 室内にあるロッカーサイズから屋外のコンテナサイズまでさまざまなものがあり、収納する物によって適切なトランクルームを選ぶことができます。 物置に入りきらない物を収納するには大変おすすめですよ。 基本的に、物の出し入れは自由にできます。 4-2.トランクルームのよさとは? トランクルームを利用することで、物置に入りきらない物を収納できます。 「使ってないけれど捨てられない物」「決まった季節だけ使う物」などの収納に困っている人は多いでしょう。 それらをトランクルームに保管することで、物置のスペースを広く使うことができるようになります。 そのほか、以下がトランクルームのメリットです。 出し入れが自由にできる• 手軽に契約できる• 必要なサイズを選べる• 短期間の利用も可能である• 倉庫代わりにアパートを借りるより費用を抑えることができる 4-3.おすすめの利用方法 トランクルームはさまざまな利用方法があります。 おすすめの方法をいくつかご紹介しましょう。 普段使わないレジャー用品の収納• リフォーム時に家財道具を一時保管する• 海外赴任中に家具家電を保管する• 趣味のコレクションアイテムの保管 トランクルームのメリットを考えると、さまざまな活用の仕方があるでしょう。 4-4.失敗しない業者選びについて トランクルームのレンタル業者は全国にたくさんあります。 失敗のないよう、慎重に業者選びを行ってください。 まず、自分が住んでいるところからなるべく近い場所にあるトランクルームを利用することです。 自由に荷物の出し入れをする上で、家から遠いと不便を感じるでしょう。 また、預ける荷物によっては、空調設備の有無やセキュリティー、トラブル時の保証内容についても、しっかりした業者を選ぶようにしてください。 関連記事 5.物置の片付けに関するよくある質問 「物置の片付けについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。 5-1.物置に雑誌や紙類がたまっています。 どうやって片付ければよいでしょうか? A.ひもで縛って段ボールに入れて収納するとよいでしょう。 重ねていくと上から崩れてしまうため、おすすめできません。 5-2.不用品回収業者を利用するときの注意点は何ですか? A.一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか確認してください。 無許可で営業している業者は違法です。 高額な料金を請求される、回収品を不法投棄されるなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。 5-3.トランクルームを利用する流れを教えてください。 A.「」では、電話またはから申し込みが可能です。 申込書を送付いたしますので、必要事項を記入して返送してください。 入金の確認後、契約書を送付いたします。 記入して返送すると契約完了という流れです。 5-4.トランクルームのレンタル料はいくらですか? A.料金体系は業者によって異なります。 事前に無料見積もりを依頼するなどして、複数の業者を比較してみるのがおすすめです。 5-5.トランクルームを利用した際のトラブルにはどのような例がありますか? A.「カビが生えた」「洋服に虫食いができた」など、預けた荷物の劣化トラブルが多くなっています。 そういった事態を防ぐためにも、空調や湿度管理がしっかりしている業者を選びましょう。

次の