はたらくくるま。 ひらけ!ポンキッキ

ひらけ!ポンキッキ

はたらくくるま

この作品が含まれるシリーズ• 我が息子もご他聞に漏れず、近所の工事現場をわざわざ見に行く程ショベルカーやダンプカーなどの「はたらくくるま」が大好き。 その魅力は一体なんでしょう。 それはやっぱり「ひとめぼれ」?それとも働く姿のその迫力? 可愛いパワーショベルの絵の表紙。 でも、シンプルながら車の持つ機能も的確にとらえています。 これなら本物志向の乗り物好きキッズも振り向くはず。 その上に題名が「まかせとけ」、いいですねぇ・・・もうその一言で頼もしい。 中を開くとパワーショベルの他にホイールローダやオフロードダンプカー(この正式名称もそそる!)が力強く働いています。 その重厚な見た目とは裏腹に動きは極めて単純作業。 それでもどんどん大きな仕事をこなしてくのです。 この絵本はそんな「はたらくくるま」の魅力を正確に伝えながら、絵本としても美しくリズム感もあって心地いい。 作者の意図されている通り「はじめてのはたらくくるま絵本」にぴったりなのではないでしょうか。 ちなみにこの絵を見てわかりますか?赤ちゃんママ達にも大人気「くっついた」「なーらんだ」の三浦太郎さんですよ。 小さな子供たちの気持ちにそって絵本がつくられる・・・これが実現できるってスゴイことですよね! シリーズで同時に3冊出ています。 他に「とどくかな」「よいしょ」。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) パワーショベルとダンプカーなど、協力しながら働く車たちを描く。 「運んでください」「まかせとけ」のくり返しが楽しい幼児絵本。 「パワーショベル」「ブルドーザー」「ダンプカー」 どれも母親の私にとっては黄色い工事現場にある車としてしか、判らないのですが、2歳5ヶ月になる息子は、その違いが判るんですね。 やっぱり男の子。

次の

まかせとけ|絵本ナビ : 三浦 太郎 みんなの声・通販

はたらくくるま

パネルシアターの作り方 <用意するもの> ・プリンター ・Pペーパー ・はさみ ・不織布を貼り付けたパネル 【事前準備】 PDFファイルを印刷するプリンターを用意してください。 「 はたらくくるま1」のポイント ・道路や標識、信号などでパネルを装飾することによって、リアリティが増し、見応え抜群になります。 ・乗りものが出てこない歌の部分は、振り付けをするといいと思います。 ・ただ乗りものが過ぎていくだけでは寂しいので、歌が終わったときにすべての車が残るように配置していくといいと思います。 パネルシアターのポイント ・白以外の不織布を使うときは、イラストの黒枠に沿って切ることをおすすめします。 ・歌やお話に合わせてパーツを出していくので、タイミングなどを事前に練習しておくことをおすすめします。 ・パーツをパネルに貼り付けるときは、ゆっくり丁寧に貼り付けると、パーツが落ちにくく、子どもたちが安心してみることができます。 ・セリフ等があるときは、パーツを前に出して動かすと、子どもたちがパーツに注目してくれるので、おすすめです。 ・パネルシアターは、誕生会やお楽しみ会等の先生の出し物に最適です。 素材ダウンロード 必要な素材を下記よりダウンロードしてお使いください。 なお、著作権等の規約についてはをご確認ください。

次の

はたらくくるま 歌詞

はたらくくるま

パネルシアターの作り方 <用意するもの> ・プリンター ・Pペーパー ・はさみ ・不織布を貼り付けたパネル 【事前準備】 PDFファイルを印刷するプリンターを用意してください。 「 はたらくくるま1」のポイント ・道路や標識、信号などでパネルを装飾することによって、リアリティが増し、見応え抜群になります。 ・乗りものが出てこない歌の部分は、振り付けをするといいと思います。 ・ただ乗りものが過ぎていくだけでは寂しいので、歌が終わったときにすべての車が残るように配置していくといいと思います。 パネルシアターのポイント ・白以外の不織布を使うときは、イラストの黒枠に沿って切ることをおすすめします。 ・歌やお話に合わせてパーツを出していくので、タイミングなどを事前に練習しておくことをおすすめします。 ・パーツをパネルに貼り付けるときは、ゆっくり丁寧に貼り付けると、パーツが落ちにくく、子どもたちが安心してみることができます。 ・セリフ等があるときは、パーツを前に出して動かすと、子どもたちがパーツに注目してくれるので、おすすめです。 ・パネルシアターは、誕生会やお楽しみ会等の先生の出し物に最適です。 素材ダウンロード 必要な素材を下記よりダウンロードしてお使いください。 なお、著作権等の規約についてはをご確認ください。

次の