鬼 滅 の 刃 196。 鬼滅の刃 196話 ネタバレ 感想 禰豆子の記憶 夜明けまで35分

最新ネタバレ『鬼滅の刃』196

鬼 滅 の 刃 196

・一つ目は自分が鬼になる以前の記憶 ・竈家襲撃の記憶 ・自分が鬼になったあとの記憶 です。 鬼になる前の記憶を見た禰豆子は、 自分に家族がいたことを思い出します。 鬼になったあとの記憶では、 今まで出会ってきた人間の記憶がありました。 善逸の記憶、伊之助がどんぐりくれた記憶やその他にもたくさんの記憶を思い出していました。 もちろん兄の炭治郎が自分を今まで生かしてくれていたことも。 そして 鬼舞辻無惨に家を襲われた日を思い出した禰豆子。 無惨に対する怒りの感情を露わにしていました。 196話の前半部分は禰豆子の過去回想で話の大部分を占めていました。 そしてここから後半に入ります。 自らの 体を分裂・弾けさせてその場から逃げようとする無惨様。 ですが、そこで 分裂できないことに気がつきました。 原因は珠世さんの薬の影響でした。 しかも吐血までする無惨様。 薬は全部で4つ使われていたみたいで スポンサーリンク 鬼滅の刃196話の感想! 196話の初見の印象ですが、 だいたい予想通りの展開になったな、という印象でした。 大きな流れとしては、禰豆子の記憶が蘇り始めて竈家襲撃の日の記憶が禰豆子の過去回想の形で明かされる、というのを予想していたんですけど、196話はまったくその通りとなりました。 竈家襲撃事件は物語の始まりの部分、言い換えれば基礎になる部分なので、 ワニ先生は今回かなり力入ったんじゃないかなと個人的には想像しています。 禰豆子が思い出すシーンは感情移入しまくりで、胸が熱くなるような描写が多くありましたよね。 そして後半パートはざっくり言えば、 無惨様と珠世さんのせめぎ合いでした! 死んでしまった珠世さんだったんですけど、じわじわと盛り返してきていました。 僕的には珠世さんの「ざまぁ見ろ!」的な顔が好きです(笑)。 スポンサーリンク 鬼滅の刃196話の考察! ここからは196話の内容に関する考察になります。 ぜひ考えてることかあったらコメント欄に書いてほしいです。 人間に戻った禰豆子 まずは禰豆子からいきましょう。 195話の最後のコマで顔の半分が人間化していた禰豆子なんですけど、今回196話では 顔全体、そして体も人間に戻っていることが確認できました。 具体的には 目、歯、爪などが人間化していました。 他にも変化はあるかもしれませんが、確認できるところはそのくらいでしょうか。 で、ほぼ人間化したわけですけど、ここからどう話は続いていくかなんですよね。 ポイントは ワニ先生が禰豆子を人間に戻して何を描きたいのか?だと思います。 これに関しては、とりあえず一つわかっていることがあります。 それは禰豆子の 人間化を通して、竈門家襲撃事件の真相を描くことです。 竈門家襲撃の真相は物語の進める上で必ず描かなければならないことなので、ワニ先生はどうにかしてそれを描こうとしていたはずです。 で今回見たように竈門家襲撃の真相は禰豆子の過去回想によって明らかになりました。 つまり、 禰豆子の人間化は竈門家襲撃の真相を明らかにするという役割を持っていた、ということになりますよね。 ただ、 竈門家襲撃の真実が明らかになった今、人間化した禰豆子の役割はあるのか?ということなんです。 正直、今回で禰豆子の役割は終わってしまったと観てもおかしくない気が…。 でも、やっとここで禰豆子が人間化したということは、ここからさらに役割はあるはずなんです。 少なくとも ワニ先生側はここからなんとしても禰豆子大活躍の展開に持っていきたいと思う、と僕は思います。 鬼化した禰豆子が炭治郎と共闘し無惨様を倒す展開が盛り上がりそうな気はするので、ワニ先生はそれを考えてるかもですが、そうなると人間化した禰豆子が再び鬼化することに…。 しかし無惨様が弱っている一方の今の展開では禰豆子の鬼の力も同様に弱まる一方のはずです(もう鬼化はしないんじゃ…)。 禰豆子が共闘できないとなると、今後の禰豆子の役割は一体何なのでしょうか? 無惨様の詰み状態について 無惨様の詰み状態について考えますが、先ほどの 禰豆子の役割に繋がると考えています。 無惨様は珠世さんが仕掛けた3つ目の薬・ 分裂阻害の薬によって分裂を阻止され、3つの薬の影響で弱った所に4つ目の 細胞破壊の薬が効いてくるという状態、ほとんど詰んでいる状態だと言えますよね。 具体的には 無惨様を襲う状況 分裂できない 夜明けまで残り40分 現在進行形で細胞が破壊されている 現在進行形で老化が進んでいる この4つの条件があることによって無惨様は実質詰み状態だと思います。 もし仮に今炭治郎と伊黒さんがぶったおれたとしても、細胞破壊の進行、老化の進行で生き延びることは不可能な気がするんですよね。 仮に夜明け前に逃げたとしてもきつそうです。 まぁもう逃げられることはないと仮定するなら、やはり夜明けを迎えて死ぬだろうなと……。 ここで来るのが、禰豆子の役割ではないでしょうか? こう考えると禰豆子の役割は 無惨様に吸収されることしかなさそうな気がします。 ぶっちゃけこれは避けられない気がするんですよね。 ちょっと話がグタグタ続きそうなので、一旦ここで整理。 無惨様は詰み状態で、形勢逆転するためには 太陽を克服するべく禰豆子を吸収する必要があるということ。 「太陽克服しても、珠世さんの薬で死ぬんじゃね?」というのは、本題から逸れるので置いときます。 このまま夜明けまで炭治郎たちが戦えば無惨様は力尽きる、と考えるなら、 この勝負、ぶっちゃけ禰豆子の登場はいらないはずなんです。 なので禰豆子の登場は 増援というよりは、むしろ 自ら足をすくわれに行くようなものなんですよね。 漫画のセオリーかどうかはわからないんですけど、 ラスボスが倒されそうになるけど、一度主人公が押されて、で次に本当にラスボスを倒すというパターンがあります。 無惨様の今のピンチが一度目のピンチなら、もう一度無惨様が形成逆転する展開はあると思います。 そこに禰豆子が関わってくるのかな、と。 そして炭治郎がそれを乗り越えたあとにようやく無惨様を倒す展開のような気はしてます。

次の

鬼滅の刃196話の最新話ネタバレが確定|無惨の誤算と珠世の4つの企み

鬼 滅 の 刃 196

スポンサーリンク 私は 竈門禰豆子!! それから、鬼殺隊の人々の顔が次々に浮かんできます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 嬉しそうに花を渡してくれる善逸、どんぐりをくれた伊之助。 お館様、柱たち、そして蝶屋敷のみんな。 無限列車では炎柱の煉獄杏寿郎と共に戦いました。 遊郭では、上弦の陸である堕姫・妓夫太郎を倒すため、音柱の宇髄天元らが一緒でした。 鍛冶の里では、里の人たちをはじめ、不死川玄弥や霞柱の時透無一郎と一緒でした。 そして・・・ 鬼殺隊の制服を着た炭治郎がこちらに手を差し伸べています。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 炭治郎は、優しい笑顔で「禰豆子」と呼びかけました。 それを思い出したとたん、心臓が大きく脈を打ち、頭を抱えて倒れそうになる禰豆子。 そして、ついに・・ 「私は 竈門禰豆子!!」 両目とも、人間の瞳に戻ったのです。 涙があふれました。 これまでのすべての記憶を取り戻したようです。 鬼に家族を殺されたことも・・ スポンサーリンク 分裂して逃亡を試みる無惨 場面は炭治郎たちと無惨の戦いに戻ります。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 炭治郎はただただ、一秒、一秒をかせぐため必死でしのいでいます。 一方無惨は、体力の衰えとともに人間の命の気配を感じ取っていました。 一旦倒した柱たちですが、炭治郎の登場でとどめを刺し切れていなかったのです。 愈史郎や隠の応急手当を受けたのち、戻ってくることを予測しています。 夜明けまであと三十五分。 これ以上ここに留まって危険をおかす必要はないと判断した無惨は、分裂して逃げることを試みます。 炭治郎はそれを感じて、蛇柱の伊黒にも伝えました!! どう阻止するか!? しかし、分裂のため一旦ふくらんだ無惨の体はすぐにしぼんでしまったのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 分裂できない。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ196-197話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 禰豆子がついに、ついに人間に戻りました!! 炭治郎にも早く教えてあげたい・・・ そして、禰豆子の記憶の鬼殺隊の人たちは、皆笑顔でした。 鬼である禰豆子を認めて受け入れてくれていたのですね。 しかし人間に戻ってしまったことで、逆に気がかりなことも。 鬼だった頃は戦力になった禰豆子ですが、炭治郎たちが戦っている現場に人間の状態で向かうのは、怪我などを考えると危険です。 かといって鬼のまま向かっても無惨に吸収されてしまいそうなので、どちらにしても危険ですね。 禰豆子の血鬼術は、鬼の毒を分解できる作用があるのですが、ここで人間に戻ってしまっては炭治郎の体を完全に治すことができなくなってしまうのではないか? という心配もあります。 愈史郎が今治療で使っている血清があれば大丈夫でしょうか。 血清はもともと、禰豆子の血液を採取し研究した結果、完成したものだと思われますし。 父親である炭十郎は、禰豆子にどんな役割を期待して、向かわせたのでしょうか・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用 そして、柱たちの消息も少しわかってきました。 無惨が止めを刺せなかったため、皆生きているようです!! そしてまた戦いに参加してくるとも。 全員重傷であることには変わりないので、無惨がこのまま珠世の薬で自滅してくれればいいのにと思います。 が、このまま弱って死んでしまうという展開はなさそうですので、油断は禁物ですね。 禰豆子や柱たち、炭治郎がこれからどう関わっていくのか、予想がつきませんが、もう誰も傷ついて欲しくない・・ そして、炭治郎と、人間に戻った禰豆子が早く再会できることを祈っています!!.

次の

【鬼滅の刃】196話のネタバレ【禰豆子が完全に人間に戻る】|サブかる

鬼 滅 の 刃 196

鬼滅の刃196話のネタバレ 禰豆子が人間に はと戦うがいる街の近くまで来ていた。 道中、禰豆子は今まで会った人や今までの出来事を思い出していた。 そして、禰豆子はついに完全に人間へと戻っていく。 追い詰められる無惨 一方、無惨との戦いは続いていた。 無惨は柱の命の気配を感じていた。 致命傷を負っている柱だが、無惨は止めを刺しきることはできていなかった。 鬼狩りという組織がまるで数珠繋ぎとなり、ひとつの生き物のように絡め取らんとしてくることに恐れを感じる無惨。 夜明けまで残り三十五分を切ったところで無惨は「これ以上危険を犯す必要がない」と考え、突如体を膨張させる。 無惨はから逃れた時のように体を細かく分裂させてこの場から逃げようとしているのだ。 しかし、無惨の体の膨張は止まり、無惨は体を分裂させることができなかった。 原因はの薬。 珠世が無惨に吸収させた薬の効果は実は四つだった。 人間返り、老化、分裂阻害、そして細胞破壊。 分裂阻害の効果で分裂が阻まれ、そして最後の細胞破壊の効果で無惨はいよいよ口から血を吐いてしまう。 ついにここまで追い込まれてしまった無惨。 このまま無惨を倒すことはできるのでしょうか?? まとめ 以上、鬼滅の刃196話のネタバレでした。 196話では、ついに無惨がかなり追い詰められる展開となりました。 ただ、ここまで無惨が追い詰められる展開が続くと、「逆にここから無惨が逆転する展開がきてしまうのでは??」と不安になってしまいます。 果たして炭治郎たちはこのまま無惨を倒すことができるのでしょうか??.

次の