リ デット エンターテインメント。 「エストビー」に代わり「リデット」が新オーナーでノア新体制! 退任する内田会長に丸藤「頑張ってくれたことに皆で感謝」

LIDET ENTERTAINMENT

リ デット エンターテインメント

ノア・グローバルエンタテインメント株式会社 NOAH GLOBAL ENTERTAINMENT INC. 略称 ノア 本社所在地 〒160-0022 2-1-2 白鳥ビルB1F 設立 事業内容 プロレス興行 関連企画の運営 ECサイトの企画、開発、運営代行 商品プロデュース、制作 マーケティング、プロモーション、コンテンツの企画、制作 代表者 主要株主 100% 外部リンク 特記事項: 、株式会社プロレスリング・ノアを設立。 、エストビー株式会社に運営・興行・関連事業を譲渡。 2016年、ノア・グローバルエンタテインメント株式会社に社名変更。 ノア・グローバルエンタテインメント株式会社(: NOAH GLOBAL ENTERTAINMENT INC. )は、の「」の運営会社。 旧社名は エストビー株式会社。 概要 [ ] 6月にを退団したが中心となり新団体を旗揚げするのに伴い、同年にを設立し「プロレスリング・ノア」の運営を行っていたが、2016年11月「エストビー株式会社」に事業を譲渡した。 譲渡の1週間後に、社名をノア・グローバルエンタテインメント株式会社に変更した。 歴史 [ ]• 、「」の運営・興行・関連事業を「株式会社プロレスリング・ノア」から「 エストビー株式会社」に譲渡。 エストビー社代表の不破洋介が代表取締役を務め、エストビー社執行役員で元代表取締役社長のが取締役会長、プロレスリング・ノア前代表取締役社長のが相談役に就任。 、エストビー株式会社が社名を「 ノア・グローバルエンタテインメント株式会社」に変更。 1月、団体発足時から事務所と道場があるが2018年6月に閉鎖されることにより、に本社機能を移転。 2月、田上明が相談役を退任。 ノア社取締役会長の内田雅之は退任し 、リデット社の特別顧問に就任。 なおリデット社には、取締役会長としてが在籍している。 、取締役会長兼最高執行責任者に新原孝一が就任。 、旧エストビー時代から社長を務めていたが退任し、リデット社代表取締役社長のが代表取締役に、元執行役員のが取締役社長に就任。 、がリデット社の社外取締役・エグゼクティブディレクターに就任。 、取締役社長の武田有弘が代表取締役に昇進。 新社長には、2017年にノアと同じくサイバーエージェント傘下に入った代表取締役社長のが社長業を兼務する形で就き、が取締役副社長を務め、前代表取締役の武田有弘は執行役員に就任。 、本社事務所を有楽町のリデット社本社フロアから、のDDTプロレスリング事務所が入居するビルに移転。 役員 [ ]• 第4代代表取締役社長 :• 取締役副社長 :• 取締役 :• 取締役 :• 執行役員 : 歴代役員 [ ]• 初代代表取締役社長 :• 取締役会長 :• 取締役会長兼COO :• 取締役 :• 取締役 :• 監査役 :• 相談役 :• 第2代代表取締役 :• 取締役会長 : 新原孝一• 取締役社長 : 武田有弘• 第3代代表取締役社長 : 武田有弘• 取締役会長兼COO : 新原孝一 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - プロレスリング・ノア 2016年11月1日• - プロレスリング・ノア 2016年11月7日• - プロレス格闘技DX 2016年12月28日• - 日刊ゲンダイDIGITAL 2018年8月27日• - リデットエンターテインメント 2019年2月6日• - プロレスリング・ノア 2019年1月24日• - プロレスリング・ノア 2019年1月29日• - 内田雅之 Twitter 2019年1月28日• - プロレスリング・ノア 2019年3月25日• - プロレスリング・ノア 2019年6月18日• - プロレスリング・ノア 2019年10月22日• - プロレスリング・ノア 2019年11月18日• - サイバーエージェント 2020年1月29日• - プロレスリング・ノア 2020年1月29日• - プロレスリング・ノア 2020年3月24日 外部リンク [ ]•

次の

プロレスリング・ノアのノアの方舟となるか!?リデットエンターテインメント社について調べてみました。|プロレススクエア公式|note

リ デット エンターテインメント

インターネットサービス大手「サイバーエージェント」の藤田晋社長(47)は29日、都内で会見し、プロレスリング・ノアを運営する「ノア・グローバルエンタテインメント」の株式を100%取得したことを発表した。 ノアは「サイバーエージェント」の完全子会社となり会社の体制は維持されるが、社長は新たにDDTの社長を務める高木三四郎(50)が就任する。 副社長に丸藤正道(40)が就いた。 現在「ノア」社長の武田有弘氏(48)は執行役員として運営に携わる。 2000年8月に旗揚げしたノアは、16年11月にITシステム開発会社「エストビー」に事業譲渡された。 さらに昨年2月には広告代理店「リデットエンターテインメント」が筆頭株主となったが経営が安定しない状況が続いていた。 一方でサイバーエージェントは、2017年9月に「DDT」を傘下に入れ、インターネットテレビ局「AbemaTV」を通じた試合中継などで成長に取り組んできた。 こうした両団体の背景からこのほど、DDTの高木社長を通じサイバーエージェントがノアの経営安定、団体成長を目的に交渉を開始し、サイバーエージェントの藤田社長が株式取得を決断しノアがサイバーエージェントの傘下に入ることで合意した。 リデットさんが親会社になる前は誰も得しない鈴木軍や杉浦の暴挙だけでその日が終わる試合、後楽園ホールに何一つタイトルマッチを持ってこない、メインに特にテーマも無い6人タッグ、本当に暗く、先の見えない展開続きでそんな団体にお金を落とす価値無しと離れたファンも多かったんじゃないでしょうか。 しかし、これも賛否ある脱三沢を宣言して一気に明るくなり、おまけに地方で見に行けないファンのためにYoutubeに試合を流してくれたりと、拳王は大批判してたけどホント、ファンにとってリデットさんはいい会社だったと思います。 ありがとうございました。 そして経営が移る訳ですが、個人的に心配が一つだけ。 DDTと絡むことでこれ以上エンターテイメント色が強くならないといいなと思う。 やっぱりNOAHも全日から派生した実力者集団という見方なので今の分量エンターテイメントを入れるのがギリギリくらい。 いわゆる、中嶋君の今のキャラがギリくらい 笑 そう、個人的には思っています。 やっぱり力を見せてなんぼの団体なのでDDTのようなエンタメに走りすぎることがないといいなと私は思います。 リデットさんホントありがとうございました。 先週の入試業務が一段落したことで、今日はゆっくりしていました。 バネックは暖冬か、新型ウィルスの影響からかメキシコから帰ってきません。 あの歯に衣着せぬバネック節が聞きたいものです。 新日本がユークスに身売りし、DDTがリデット、全日本がDENA、そしてNOAHがサイバーの傘下となりました。 やっぱりソフトウェアだったりネット関係の会社って儲かるんですかね。 プロレスがそのコンテンツに入るのは、抵抗を感じますが、しゃあない流れなんですかね。 メカ音痴なんで、ついて行けるか心配です。 オッサンなんで、チケット入手は書留にこだわりたいですね、古臭いけど。 未だにカミさんに馬鹿にされますけど、ガラケーです。 できることを広げつつ、世の中に遅れを取らないように、やっていきます。 来週からまた学校に、寺の行事に、仙女に、邁進していこうと思います。 そのうちMAKO住職の法話を是非、聴聞したいものです。 暖冬ですが、お体大切に。 合掌 島根県江津市川平町にある自然豊かな浄土真宗本願寺派金色山正福寺の住職です。 歌舞伎町で生まれてなんやかんやで島根県の限界集落に来てお坊さんになり、自然を守り心を育てる慈悲系ヒーロー、ネイチャーレッドという会いに行けるローカルヒーローになりました。 住職 ハンドルネーム:MAKO 正福寺第16世住職,動物葬祭ディレクター,ネイチャーレッド 坊守 ハンドルネーム:SHIHOKO 正福寺代16世坊守 浄土真宗本願寺派布教使,グラフィックデザイナー,美術家庭科講師 プロレスと横浜DeNAベイスターズと猫をこよなく愛する浄土真宗の寺院のお坊さんのワクワクドキドキの物語を綴ったブログです。 坊守は布教師でありデザイナーでもあり、美術講師でもあるので法座での布教関係やチラシ、ポスター等の作成もお問い合わせください。 特別な時に来るから特別な場所にある、そんなお寺でありたいと思っています。 納骨堂、合同墓への納骨、葬儀、法事などのお仏事、また火葬後のペットの葬儀や仏前結婚式も承りますのでお気軽にご相談ください。 本願寺派布教使の坊守の布教の出向予定です。 お近くの方は是非お参りください。

次の

プロレスリング・ノアのノアの方舟となるか!?リデットエンターテインメント社について調べてみました。|プロレススクエア公式|note

リ デット エンターテインメント

今回は、2019年1月にプロレスリング・ノアを子会社化したリデットエンターテインメント社について調べてみようと思います! プロレス団体の買収について プロレス団体の買収自体は今となって目新しい事象ではありません。 有名なところですと2005年にユークスが新日本プロレスを買収し、さらに2012年にその権利をブシロードに売り渡しており、新日本プロレスは今もブシロードの子会社として運営されています。 新日本プロレスは買収されたことで世界トップ級団体へと返り咲く これは改めて語る必要がない方も多いと思いますが、新日本プロレスはユークスに買収をされたことで 徹底的なコストカットを実行し、それまでの収益が出づらい高コストな体質を改善しました。 そして次にオーナーとなったブシロードは、同社の巧みなマーケティング力と豊富な資金で、 徹底的なプロモーションを実行することで、今のプロレスブームの牽引団体としての新日本プロレスの地位を確固たるものにしました。 現在はさらにメイ社長が就任して、グローバル展開を熱心に取り組みさらなる拡大を図っており、 新日本プロレスは買収されたことで世界を代表する団体へと返り咲いたといえます もちろん選手の絶え間ない努力のベースがあってこそですが)。 プロレスリング・ノアを買収したリデットエンターテインメント社とは? ブシロードはすでに有名でしたし、ユークスもゲームが好きな方なら聞いたことがある会社でしたが、リデットエンターテインメント社はあまり馴染みのない社名かもしれません。 リデットエンターテインメント社の前身は パチンコ店のホールプロモーションを得意とする広告会社 リデットエンターテインメント株式会社の前身は、エス・ピー広告株式会社でした。 2018年10月1日に 「リデットエンターテインメント株式会社」に社名を変更しています。 エス・ピー広告社は1999年創業。 広告社という名前からわかるように 広告業を主な事業としており、特に パチンコ店のホールのプロモーションに強みを持っていたそうです。 近年はプロレス興行にも進出!常務取締役は元新日本プロレスの執行役員。 パチンコ店を中心にアミューズメント向けの広告事業を主力としてきたリデットエンターテインメント社ですが、ノア買収以前からプロレスの興行事業にも進出をしていました。 元新日本プロレス執行役員の 武田有弘氏を常務取締役に迎えることでプロレス興行のノウハウを強化し、 DDTの若手ブランド「DNA」のプロデュースや、メキシコ AAA日本公演、 ディファカップの復活などを手がけ、最近では長州力関連の興行「POWER HALL」の興行を取り仕切っていることを知っている方も多いかもしれません。 会長は長州力選手!以前から顧問として経営に参加。 そしてリデットエンターテインメント社がプロレスに明るい大きな理由は、 長州力選手が取締役会長を務めています。 吉田光雄という本名で記載されることも多いので気づかない方もいたかもしれません。 エスピー広告社の時代から顧問として長州力選手の名前があることもわかります。 そのような関係から、長州力選手がプロデュースをした「お肉酒場 GINZA-TEI with 長州力」の経営をするなど飲食業も行っています。

次の