コロナ 予言 1982。 イルミナティカードの予言はコロナウイルスや東京五輪の複合災害も?

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし

コロナ 予言 1982

AKIRAの予言は東京オリンピックや伝染病も 作品は1982年12月20日号から1990年6月25日号にかけて『週間ヤングマガジン』にて連載されたSF漫画で、その作中では 【 翌年に東京オリンピックを控えた2019年の『ネオ東京』】が舞台になっています。 その中の第三次世界大戦後の復興で東京湾上に建設された『ネオ東京』というのが、もしかすると新型コロナウイルスの影響で東京が壊滅的なダメージを受けて新たに再生する?という事なのでしょうか。 『第三次世界大戦後の復興』も気になるフレーズですが、これは東日本大震災を指し、未だ復興がままならない状況の事を示唆しているようにも思えます。 AKIRAの予言で東京オリンピックについて AKIRAの舞台は2019年で、翌年が2020年東京オリンピックという点です。 2013年に決定された『東京オリンピック2020』の開催年までもピッタリ同じだったことから 『AKIRAの予言』と言われた所以です。 AKIRAはなぜ2019年? AKIRAの作者は 『大友克洋』さんですが、 AKIRAの世界観について、 『昭和の自分の記録』があり、その中には戦争そして敗戦、政治、国際的な動きや安保反対運動があり、東京オリンピックや万博があると語っていて、 大友さんにとっての東京はまさに 『昭和のイメージ』なのです。 AKIRAが初めて連載されたのは、1982年で 戦後37年(終戦1945年)でした。 1982年から 37年後が2019年なので設定が偶然にもそうなった、という見方もあります。 AKIRAの予言?通りに東京オリンピックは2020年は中止であり、2021年開催も果たせるのかどうか、まったく先が見えていません。 AKIRAにある147日前とは 【2月28日】 漫画「AKIRA」 1982年 が予言した東京オリンピック147日前は本日です。 原作ではAKIRAが覚醒し東京が壊滅します。 この147日前とは、AKIRAの作中では、『オリンピック中止!』というデモが起きるようになるとされていました。 2021年のオリンピック開催前147日前に何かあるのかもしれませんね。 緊急事態宣言の時期について遅いという見解を見せ、これについてもAKIRAの予言通りになったということです。 AKIRAの予言は税制改正失敗も? 今、世界中を震撼させている新型コロナウイルスですが、その影響で人々の生活も脅かされています。 世界的に見ても経済に暗い影を落としているのは間違いなく、先の見えない不安に人々の気持ちも疲弊しています。 2019年に行った政府の消費増税も、今生活がままならない状況下では大きな負担となり今後の影響も懸念されます。 AKIRAの予言で歴史的失敗とは AKIRAの作中にある 『前総理の行った税制改革の歴史的失敗である』というセリフが何を物語っているのかを想像してみましょう。 昨年の2019年10月に 消費税が10%になりましたが、 AKIRAでも、その事を示唆するような描写がありました。 この前総理こそ、 そろそろ退陣したらすごい。 現在はコロナ禍で国民の生活がままならない中、特別な減税措置もなく、このままの消費税のまま今後の経済がどのような方向に向いていくのか、国民の暮らしがどのようになっていくのか、 AKIRAを見ると恐ろしくもあります。 消費税増税にコロナの追い討ちで経済は大打撃になるはず。 首相が近所の行きつけで飲み歩いたって経済効果はないんだよ。 感染防止と共に経済対策を本腰で考えないとして日本沈没。 AKIRA予言が当たってしまうよ。 — tsunoyayo tsunoyayo 消費増税に加え、今のコロナ禍で人々の生活不安がより一層増してくる気配で、今後の日本の状況がどうなるかとても心配です。 AKIRAの予言で暴走する超能力とは AKIRAにはさらに、数々の『予言』と言われている描写があります。 その中でも衝撃的で恐怖を覚える『超能力開発』という少し現実離れしたワード。 これがどのような意味を持つのかは明確ではありませんが、何かメッセージのような気がしてなりません。 AKIRAの予言でコントロールできないが示すもの AKIRAでは、軍が秘密裏に超能力開発を進めて研究施設で実験を繰り返していく中、実験体28号『アキラ』が覚醒して手が付けられなくなったというもの。 その AKIRAに対して、 『 暴走する超能力は誰もコントロールできない』と語る場面があります。 それが何を意味するのかはわかりませんが、 原子力ではないかという見方が強いようです。 東日本大震災の 福島の原発事故を示唆しているようにも思えます。 世界最大レベルの原子力事故が起きて10年目を迎えた今も、いまだ人が住めない『帰還困難区域』があるのは、その放射能の凄まじさで、『暴走する超能力』と表現しているようにも感じます。 — たま太郎@小学校教師 tmtrgg AKIRA予言説を見るとAKIRAを見たりした誰かがAKIRAのストーリーを成立させるために行動して現実にしてるのでは…って思うな?たしか21世期少年の実写映画そんな感じだったハズ。 — 大崎なんど nandythm 【38年前の漫画『AKIRA』の予言】 2019年が舞台の漫画でアニメ化もされている その中で ・2020年東京オリンピック ・オリンピック中止 ・伝染病 コロナ 対策で日本政府がWHOに非難される ・増税 ・第3次世界大戦勃発 が言われており、すでにほぼ成就 — 🐹公名㌠🐾オンライン教会牧師代理 Hamutarosanteam 予言なのか、それともそのシナリオ通りに何かが蠢いているのかはわかりません。

次の

『イルミナティカード』がズバリ予言していた東京オリンピックの惨劇

コロナ 予言 1982

イルミナティ・カードについて イルミナティ・カードは、1982年に発売されたカードで、ある絵が描かれています。 現在のトレーディングカードの走りなのです。 イルミナティは、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 各プレイヤーが、他のプレイヤーと争いながら自分の支配組織に小組織を取り込んでいき、一定数を支配したら勝ち、というもの。 ウキペディア これらのカードを交換して、コレクションします。 一つのルールのもとに支配するといった言葉が出てきますが、それ用のカードなのです。 絵柄が事件や災害などを扱った模様を描いています。 そのカードには、固有名詞がありませんが、その風景が後々、「このことだったのか」と思わせる出来事の絵柄なのです。 事件と絵柄が一致した 例えば、9. 11の世界貿易センタービルに飛行機が突っ込むような絵柄や、3. 11の津波などが、いかにも予言しているかのようなのです。 イルミナティ・カードには、そのような絵柄がたくさんあります。 元々は小説をヒントにカードを作りました。 近世の秘密組織、イルミナティをゲーム化したものであり、ロバート・アントン・ウイルソンとロバート・シェイが1975年に発表した小説「イルミナティ」三部作(英語版)に誘発されて作成されました。 このゲームのカードに描かれたイラストがのちの重大事件を予言しているとして話題になりました。 小説のテーマが陰謀論で、イルミナティと呼ばれる秘密結社が人類支配のために何か様々な計画をしているのではないかと仄めかしています。 「こいつらがいろんな事件だとか災害を引き起こしているに違いない!」という世界観があります。 陰謀的なので、「彼らの計画がこのカードの中に示されている」と色々解釈するわけです。 新型コロナウイルスのカードがあった 確かにそれらしいカードがいくつかあります。 新型コロナウイルスもやっぱり見つかるのです。 ホワイトハウスに似た建物で、ドーム状で中世時代の雰囲気がある建物が中心にあります。 考えてみると、中国の武漢市にもそれと似たような建物があります。 ホワイトハウスに似た建物でありますが、それだと見立てれば、今回の新型コロナウイルスも蝙蝠(こうもり)が宿主であると言われているので、まさに当てはまるのです。 これは予言であると解釈することもできますが、予定表と考えることもできます。 このカードを研究している人々にとっては、イルミナティという秘密組織が、世界支配のために色々な事件を仕掛けているのではないかと推測しています。 つまり彼らは、今回の新型コロナウイルスも、わざと流行させたはずです。 さらに言うならば、このコロナウイルスは生物化学兵器だったに違いないと言うところまで行き着いてしまうのです。 中国王朝が滅ぶ前には その一方で新型コロナウイルス拡大で中国政府への不満の声が中国国内から、かなり上がって来ています。 中国の国家分裂を心配する声もある様なのです。 中国という国は、単一民族の国家でもないために、物凄い権力で帝国的に押さえつけているのです。 中国は50以上もある多民族国家です。 歴代の中国の王朝は、民族の反乱、特に宗教的な反乱によって滅んでいます。 カリスマ的な教祖が現れ、弥勒系のメシアが降りて来ることを予言し、人々を先導して、それがドンドン大きくなり反乱が起きたのです。 王朝の末期には、黄巾の乱や太平天国の乱などの組織的反乱が同時多発的に起きて王朝が滅んでいくパターンなのです。 なぜそのような宗教が流行るのかというと、政治的に腐敗して行くのと同時に社会が不安定になります。 社会不安とは、医療危機です。 医療技術が発達しなかったときに、一番怖いものは、天災と疫病なのです。 疫病の正体といは何かというと、「悪魔の仕業」とか、「目に見えない悪霊」と考えられていました。 前近代的な考え方をすると、救いを求めようとすると、宗教的組織を求めてしまうのです。 王朝が力で押さえつけようとしても無理なのです。 病気に関しては、治癒させる知識がないので、主教を求める人々を押さえつけることができず拡大して最終的には判で押したように中国の歴代王朝は滅んでいったのです。 今回の中国もある意味において、共産という典型的な専制君主です。 専制君主的な国家で君臨しているのと同じような背景で疫病が流行って、社会不安が起こっています。 宗教に関してはかなり敏感に対処していますが、しかしながら、これが引き金になって中国が崩壊することだって本当にありうる話なのです。 参考文献:【三上丈晴】イルミナティカード。 このパンデミックも予言していた? まとめ イルミナティ・カードは、1982年に発売されたカード イルミナティ・カードには後に大事件や災害が起こる絵柄がたくさんある 武漢市で発生した新型コロナウイルスの絵柄があった 中国共産党という王朝が滅ぶ前に疫病という不安が起こる Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

コロナの預言者まとめ!アキラ、イルミナティカード、松原、ノストラダムス・・・

コロナ 予言 1982

ミスター都市伝説・関暁夫が、29日放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP2020春』 テレビ東京系 に出演。 新型コロナウイルスについて言及し、話題を呼んでいる。 まず関は、よく周囲から「コロナがいつ収束するのか」という質問を聞かれることがあるとし、「はっきり言うと〇〇〇まで終わらないから! 」と叫ぶも、ピー音で隠されていた。 これについてはSNS上の意見として、「関さんの発言がカットされたときに パパがコロナは人類滅亡まで収束しないんだよね〜って言ってたのが恐ろしかった、、パパ関さんファンだから、、」と、深読みするユーザーもいた。 また、関は「今いちばん大切なのはコロナ報道が過熱するその裏で、世界情勢がどう動いているかを知るべき」と語り、コロナショックの裏側で各国の軍事行動が活発化していると主張して、「第三次世界大戦」の可能性も匂わせる展開も。 さらに、関は「この事態を数年前から予言していた人物がいる」とし、マイクロソフトの創設者・ビル・ゲイツ氏の名を挙げた。 同氏は2015年、「我々の世代が備えるべきなのは核戦争ではなくウイルスによる感染」と講演で語り、すでに各国に警鐘を鳴らしていたというのだ。 そして今回、同氏が設立したコロナ治療薬を開発するための団体が、イギリス政府と一緒にその薬を作っていると暴露。 3月末にコロナに感染したことが判明した同国のチャールズ皇太子が4月の頭には回復していた例を挙げ、その理由として、「すでに 治療薬を 手に入れてたのかもしれない」と推測。 この後も関の話は、AIやマイクロチップ、人類のVR バーチャルリアリティ 空間移住計画など次々と展開していった。 SNS上ではそんな関の「コロナ都市伝説」に対し、「今、ドヤ顔でコロナウイルスの事語っているけど、今となっては後出しジャンケンでさ、去年、このパンデミックの話してたらすごいよ」「関暁夫コロナ陰謀論みたいなんゆってるけどまあ誰も信じないし大丈夫やろう。 未だにこんなのに流される人いたらびっくりぽんだわ」とツッコミも。 だが一方で、「コロナウイルスに関しても都市伝説になる関暁夫が俺は好き」と期待する者や、「関暁夫が言ってることが全部こじつけだとしても、『コロナ報道が過熱する裏で世界情勢が動いてることを知らなきゃいけない』っていうのはまさしくそう」と納得する者もいた。 まさに、信じるか信じないかはあなた次第ということになるのだろうか。 外部サイト.

次の