嬉野 湯 快 リゾート ブログ。 佐賀「嬉野館」いっぱい楽しめるのに湯快リゾートだからこの値段

『湯快リゾート滞在記 嬉野で気軽に楽しく過ごす』嬉野温泉(佐賀県)の旅行記・ブログ by 高山 創 (TAKA)さん【フォートラベル】

嬉野 湯 快 リゾート ブログ

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

湯快リゾート 嬉野温泉 嬉野館の口コミ・評判

嬉野 湯 快 リゾート ブログ

『 』は、佐賀県は嬉野温泉にオープンした温泉宿。 この日はオープン前の体験宿泊で一番風呂が振舞われているとのことで、取材に行って来ました。 フロントに来てみると…うおお、何なのこの女子率は…! 聞いてみると、福岡や大分、長崎など、主に九州の大学生が集まっていて、中には朝5時起きで熊本からやってきたなんて人もいたようです。 一番風呂を楽しみに集まった、女子大生の皆さん。 ちなみに嬉野温泉は、 日本三大美肌の湯 に選ばれた名湯で、皆さんこの日を楽しみにしていたそう。 ところでこの宿、時期を問わず年中いつでも1泊7500円が売りなのですが、この価格でどれほどの客室なのか見てみると… おお!?白を基調としたキレイな明るい和室! 洋室も広々としてモダンな感じ!いいじゃなーい! これで1泊7500円って、素泊まりでもおかしくないクオリティじゃないですか…! 郷土料理や海鮮、スイーツなど、充実の食事が食べ放題! では気になる食事は…?と見に行ってみると、こちらはバイキング形式。 個人的にはリーズナブルな宿のバイキングって、あまり良かった経験がなかったのですが… 新鮮なお刺身、充実のサラダバー、温泉湯豆腐を始めとする佐賀の郷土料理などなど、紹介しきれないほどの質の高い品ぞろえ。 うおおぉ、食べたい! お寿司も種類が豊富で、かなりの人だかりが。 ほかほかの海鮮シュウマイも…うーん、いい香り! 出来立ての天ぷらや、ご当地グルメ、今次焼鳥のコーナーも。 佐賀県のご当地グルメ、マジェンバが派手なパフォーマンスで登場すると、子供も大喜び。 また充実のスイーツやフルーツも女性には相当に魅力的だったようで、彼女は…ぜ、全部スイーツ!? ちょっとバツの悪そうな笑顔がステキです。 何しろどれもおいしそうで、みなさんお皿にてんこ盛り! 体験宿泊には子供からお年寄りまで大勢来ていましたが、好き嫌いの多い子供から味にうるさい大人まで、満足度が高いようでした。 家族旅行や両親を連れての旅行なら、こういう食事っていいですよね〜! 日本三大美肌の湯の嬉野温泉、露天風呂も広々! また旅の醍醐味、温泉を見てみると、とても広々とした大浴場に… 大きな露天風呂に、風情のある五右衛門風呂、サウナも完備。 入浴した女子大生に聞いてみると、開放的でゆったり広々としていて、ついつい長湯しちゃうくらい気持ちよかったそう。 いいな〜! また乳液や化粧水、クレンジングオイルなど、アメニティ類が充実しているのもポイントが高いのだそう。 なるほど女性にとっては大切ですよね。 また外には気軽に入れる足湯も。 入浴した子に聞いてみると、さすが日本三大美肌の湯の嬉野温泉だけあって、温泉に入った後の肌がすべすべ感が気持ちいいんですって! 好きな浴衣や帯が選べる浴衣コーナーは、この人だかり。 あれこれ羽織り比べたりしながら、みなさん楽しそう。 そして湯上りに極楽へと誘ってくれる、無料のマッサージコーナーも。 ってこれ、かなり本格的なマッサージチェアなのに、これが無料なの!? これ全身がほぐれてとても気持ちがいいようで、ついつい長居してしまうそう。 1時間後に見に来てもまだ座ってる子もいたりして…。 珍しいベッドタイプのマッサージも。 もちろん無料。 これめちゃめちゃ気持ちいいようで、しばらく経っても彼女たちは全く動く気配がありませんでした。 うーん試してみたい…! 漫画コーナーにプール、カラオケ、卓球など、楽しめる施設が充実! もう正直ここまでで十分元が取れるほどの内容だと思うのですが、館内を見まわしてみると、他にもいろいろとうれしい施設が充実していました。 その一つが、温泉宿ではかなり珍しいコミックコーナー。 なるほど、温泉をゆっくり楽しんだ後、のんびりまったりとコミックをじっくり楽しんで過ごすって、めっちゃ優雅な時間の過ごし方かも…! マッサージとコミックを同時に楽しむ、贅沢なひととき。 また、大勢で盛り上がれるゲームコーナーも。 さらに暑い時期に子供が喜びそうな、プールまで! 観光情報や調べものに便利なインターネットコーナーも完備。 温泉宿の定番、卓球は2台も! なんで温泉でやる卓球ってこうも楽しいんでしょうね〜。 カラオケボックスも8室完備。 ノリノリで踊ってる部屋もあったりして、めっちゃ楽しそう! 驚くべきことにこれらの施設は、ゲームコーナーなどの一部を除きほとんどが無料。 実際に宿泊者を見てると、「えっ、これタダなの!?」と驚きの声もちらほらありましたが、正直私も驚きです。 ちなみになぜこの価格でこれだけのサービスが提供できるのか聞いてみたところ、湯快リゾートは元々あった温泉宿をリニューアルし、初期投資を抑えることでこの低価格を実現しているのだそう。 仕組みを聞くと納得ですが、完璧にリフォームされた館内は宿泊客から見れば、充実したピカピカの新しい温泉宿にしか見えず、コスパはかなり高め。 正直、彼女や家族との旅行に使えば、まさかこんな価格で泊まれているとは思いもしないはず。 また、使えないまま溜まった有休を消化がてら、手頃にのんびりと過ごすにも良さそうです。 というか、 この8月のハイシーズンに1泊7500円でこのクオリティって、普通に考えてありえないですよ…! また チェックアウト時間が12時まで と遅めに設定されているのも、ポイント高いですよ! 思わず取材中に泊まりたくなり、予約サイトを開いてみると…見事に満室。 ですよね〜(涙) コスパが良すぎるだけにハイシーズンに予約を取るのは大変そうですが、比較的取りやすそうな平日に有休を取って、ゆったりとした時間を愉しむにも、最高の宿と言えそうです。

次の

湯快リゾート 嬉野温泉 嬉野館 交通アクセス【楽天トラベル】

嬉野 湯 快 リゾート ブログ

『 』は、佐賀県は嬉野温泉にオープンした温泉宿。 この日はオープン前の体験宿泊で一番風呂が振舞われているとのことで、取材に行って来ました。 フロントに来てみると…うおお、何なのこの女子率は…! 聞いてみると、福岡や大分、長崎など、主に九州の大学生が集まっていて、中には朝5時起きで熊本からやってきたなんて人もいたようです。 一番風呂を楽しみに集まった、女子大生の皆さん。 ちなみに嬉野温泉は、 日本三大美肌の湯 に選ばれた名湯で、皆さんこの日を楽しみにしていたそう。 ところでこの宿、時期を問わず年中いつでも1泊7500円が売りなのですが、この価格でどれほどの客室なのか見てみると… おお!?白を基調としたキレイな明るい和室! 洋室も広々としてモダンな感じ!いいじゃなーい! これで1泊7500円って、素泊まりでもおかしくないクオリティじゃないですか…! 郷土料理や海鮮、スイーツなど、充実の食事が食べ放題! では気になる食事は…?と見に行ってみると、こちらはバイキング形式。 個人的にはリーズナブルな宿のバイキングって、あまり良かった経験がなかったのですが… 新鮮なお刺身、充実のサラダバー、温泉湯豆腐を始めとする佐賀の郷土料理などなど、紹介しきれないほどの質の高い品ぞろえ。 うおおぉ、食べたい! お寿司も種類が豊富で、かなりの人だかりが。 ほかほかの海鮮シュウマイも…うーん、いい香り! 出来立ての天ぷらや、ご当地グルメ、今次焼鳥のコーナーも。 佐賀県のご当地グルメ、マジェンバが派手なパフォーマンスで登場すると、子供も大喜び。 また充実のスイーツやフルーツも女性には相当に魅力的だったようで、彼女は…ぜ、全部スイーツ!? ちょっとバツの悪そうな笑顔がステキです。 何しろどれもおいしそうで、みなさんお皿にてんこ盛り! 体験宿泊には子供からお年寄りまで大勢来ていましたが、好き嫌いの多い子供から味にうるさい大人まで、満足度が高いようでした。 家族旅行や両親を連れての旅行なら、こういう食事っていいですよね〜! 日本三大美肌の湯の嬉野温泉、露天風呂も広々! また旅の醍醐味、温泉を見てみると、とても広々とした大浴場に… 大きな露天風呂に、風情のある五右衛門風呂、サウナも完備。 入浴した女子大生に聞いてみると、開放的でゆったり広々としていて、ついつい長湯しちゃうくらい気持ちよかったそう。 いいな〜! また乳液や化粧水、クレンジングオイルなど、アメニティ類が充実しているのもポイントが高いのだそう。 なるほど女性にとっては大切ですよね。 また外には気軽に入れる足湯も。 入浴した子に聞いてみると、さすが日本三大美肌の湯の嬉野温泉だけあって、温泉に入った後の肌がすべすべ感が気持ちいいんですって! 好きな浴衣や帯が選べる浴衣コーナーは、この人だかり。 あれこれ羽織り比べたりしながら、みなさん楽しそう。 そして湯上りに極楽へと誘ってくれる、無料のマッサージコーナーも。 ってこれ、かなり本格的なマッサージチェアなのに、これが無料なの!? これ全身がほぐれてとても気持ちがいいようで、ついつい長居してしまうそう。 1時間後に見に来てもまだ座ってる子もいたりして…。 珍しいベッドタイプのマッサージも。 もちろん無料。 これめちゃめちゃ気持ちいいようで、しばらく経っても彼女たちは全く動く気配がありませんでした。 うーん試してみたい…! 漫画コーナーにプール、カラオケ、卓球など、楽しめる施設が充実! もう正直ここまでで十分元が取れるほどの内容だと思うのですが、館内を見まわしてみると、他にもいろいろとうれしい施設が充実していました。 その一つが、温泉宿ではかなり珍しいコミックコーナー。 なるほど、温泉をゆっくり楽しんだ後、のんびりまったりとコミックをじっくり楽しんで過ごすって、めっちゃ優雅な時間の過ごし方かも…! マッサージとコミックを同時に楽しむ、贅沢なひととき。 また、大勢で盛り上がれるゲームコーナーも。 さらに暑い時期に子供が喜びそうな、プールまで! 観光情報や調べものに便利なインターネットコーナーも完備。 温泉宿の定番、卓球は2台も! なんで温泉でやる卓球ってこうも楽しいんでしょうね〜。 カラオケボックスも8室完備。 ノリノリで踊ってる部屋もあったりして、めっちゃ楽しそう! 驚くべきことにこれらの施設は、ゲームコーナーなどの一部を除きほとんどが無料。 実際に宿泊者を見てると、「えっ、これタダなの!?」と驚きの声もちらほらありましたが、正直私も驚きです。 ちなみになぜこの価格でこれだけのサービスが提供できるのか聞いてみたところ、湯快リゾートは元々あった温泉宿をリニューアルし、初期投資を抑えることでこの低価格を実現しているのだそう。 仕組みを聞くと納得ですが、完璧にリフォームされた館内は宿泊客から見れば、充実したピカピカの新しい温泉宿にしか見えず、コスパはかなり高め。 正直、彼女や家族との旅行に使えば、まさかこんな価格で泊まれているとは思いもしないはず。 また、使えないまま溜まった有休を消化がてら、手頃にのんびりと過ごすにも良さそうです。 というか、 この8月のハイシーズンに1泊7500円でこのクオリティって、普通に考えてありえないですよ…! また チェックアウト時間が12時まで と遅めに設定されているのも、ポイント高いですよ! 思わず取材中に泊まりたくなり、予約サイトを開いてみると…見事に満室。 ですよね〜(涙) コスパが良すぎるだけにハイシーズンに予約を取るのは大変そうですが、比較的取りやすそうな平日に有休を取って、ゆったりとした時間を愉しむにも、最高の宿と言えそうです。

次の