乗り切る 類語。 乗り切るの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

タイトなスケジュールの意味とは?使い方例文5選・厳しい日程・類語も

乗り切る 類語

「心待ちにしている」などと使われる「心待ち」という言葉は、どのような意味なのでしょうか。 どのような使い方をされるものなのか、正しい日本語としての意味や使い方について学んでいきましょう。 正しい意味は? 期待をもって心の中で待つこと。 「 -にしていた手紙が来る」 「心待ち」とは、良い期待をもつということです。 わくわくしている状態とも言えるでしょう。 期待を表す 「心待ち」という字のとおり、何かを心から待っている様子を表す言葉が「心待ち」です。 その何かとは、心の中で期待している物です。 実際の「もの」であることもあれば、状態であることもあります。 どちらにしても、使う人の期待がこめられているということです。 楽しみにする 心の中から、待つ気持ちがわいてくるような状態を表しているのですから、それはとても楽しみなことのはずです。 「心待ち」ということは、「楽しみにする」という気持ちに通じます。 大和言葉 「心待ち」は、大和言葉だと言われています。 大和言葉とは、日本語を構成する三種類の言葉のうちのひとつです。 大和言葉、漢語、外来語から日本語は成り立っています。 そのなかで大和言葉は、日本古来の言葉です。 そのため、日本人ならではの心情も表現することができるはずです。 「心待ち」の使い方 では、実際に「心待ち」をどのように使えばよいのでしょうか。 「心待ちにしております」 「心待ちにしております」は、敬語です。 目上の人に対して、「楽しみにしております」と言うよりも、「心待ちにしております」というほうが優雅に聞こえませんか。 たとえば、初めての相手に会う約束をするときに、電話の最後に「お会いできるのを楽しみにしております。 」というよりも、「お会いできるのを心待ちにしております。 」というほうが、会いたいという気持ちがしっかり届くように感じるでしょう。 言われた相手も、「ああ、早く会いたいと思ってくれているのだなぁ。 」と思うのではないでしょうか。 敬語といっても、単に目上の人だからと使うのではなく、よりいっそう心がこもった表現になっています。 「心待ちにしている」 「心待ち」を前述の「心待ちにしております」のように敬語として使うだけではありません。 「心待ちにしている」と使うこともあります。 これは、相手があっての言葉ではなく、自分自身について述べる言葉です。 「私は、合格通知を心待ちにしている。 」「彼は彼女がもう一度電話をしてくるのを心待ちにしている。 」などと使われます。 主体となる人物が、あるできごとを心から楽しみに待っているようすを述べるために、「心待ちにしている」と使います。 これも、敬語の「心待ちにしております」と同様に、単に「楽しみにしている」や、「期待している」と表現するよりもいっそうその気持ちが強く感じられるでしょう。 「心待ちにしていた」など 「心待ちにしていた」という表現は、「心待ちにしている」と同様に、主体となる人物の気持ちを表現しているものですが、こちらは過去のできごとについて述べています。 「心待ちにしていた。 」ことがどんなことだったのかは、主体にとって喜ばしいことだったに違いありません。 ただし、「心待ちにしていた。 」と過去形になっていることによってが、それは現実とならなかったというニュアンスが少し含まれているように感じられます。 もちろん、全体の文脈のなかでどのように読み取れるのかは実際の文章を読んでみなければなりません。 しかし、期待が大きかっただけに、そのような背景を想像してしまいます。 「心待ち」の類語と言い換え表現 「心待ち」が何かを心から待っているようすを表す言葉だと考えると、類語や言い換えもいろいろ考えることができます。 では、どんな表現があるのでしょう。 類語 類語としては、「楽しみにする」、「待ちわびる」、「胸をふくらませる」、「期待を抱く」などがあります。 「待ちわびる」や「待ち焦がれる」、「首を長くする」、「まだかまだかと思う」という言葉は「心待ちにする」の類語です。 これらの言葉は、心待ちにしている対象やできごとに関して、とても強い気持ちが伝わってきます。 自分が期待していることが起こることを本当に願っているようすがうかがえます。 一方、同じ「心待ち」の類語でも、「楽しみにする」や「期待している」という表現では、その気持ちの強さが少し異なる印象を持ちます。 同じ「心待ち」でも、どのような文脈の中で使われているのかによって、気持ちに幅があるのでしょう。 言い換え表現 「心待ち」を言い換えるとすると、どんな表現になるのでしょう。 意味について考えた時にも説明したとおり、「楽しみに待っている」と言い換えることができます。 また、同じような意味の表現として、「一日千秋の思いで待っている」ということもできます。 それぞれどんな時に使うのでしょうか。 それは、やはりその場面や相手によるはずです。 たとえば、目上の人に向かって「楽しみにしています」というのは少し失礼です。 逆に親しい友達には「心待ちにしています」というと、ずいぶん改まった感じだと思われる可能性があります。 また、初めて会う約束をした人に、「一日千秋の思いで待っています」というと、言われたほうは少し驚いてしまうでしょう。 そのような場合は、「心待ちにしています」としたほうが、待っている気持ちがより伝わりやすいのではないでしょうか。 この言葉を使う時は、相手や場面が適切なのかを考えることが求められます。 「心待ち」の敬語 「心待ち」を使った敬語は具体的にどのように使われるのでしょう。 「楽しみにしています。 」という表現を、より丁寧に、目上の方に向けてする場合には、「心待ちにしています。 」となります。 たとえば、「お会いできる日を心待ちにしております。 」という文章は、「お会いできる日を楽しみにしています。 」と同じ意味ですが、より丁寧で、心から願っている気持ちが伝わってきます。 「またお目にかかるのを心待ちにしております。 」と言えば、別れ際にあいさつとして使われる表現ですが、単に「またお目にかかりたいです。 」などと言うよりも別れを惜しむ気持ちがにじみ出ています。 このように敬語として「心待ち」を使うと、より気持ちがこもった表現になります。 自分の気持ちを強く、丁寧に伝えたいときにはぴったりの表現です。 「心待ち」のメールでの使い方 「心待ち」をメールで使うのはどのようなシチュエーションでしょう。 場面ごとの使い方を考えてみましょう。 面会の約束 初めて会う相手だけではなく、何度目かの面会でもその依頼や確認などでメールで連絡することがあります。 あいさつにはじまって、面会の目的や日時、面会する双方のメンバーの紹介という本文に続いて、最後には必ずあいさつをいれます。 そのあいさつの文章として、「お会いするのを楽しみにしています。 」と結ぶことが多いでしょう。 しかし、その代わりに「お目にかかるのを心待ちにしています。 」とすると、より丁寧な印象になります。 相手が自分よりも立場が上の場合には「心待ちにしております。 」とするほうがよいでしょう。 返信を待つ メールでのやりとりは、さまざまな用件におよびます。 前述のような面会の約束や問い合わせ、または提案や申し入れなども考えられます。 おわびのようなメールのときには、相手からの返信を求めるものではありませんが、一方で相手からの返信が必要な場合も多いです。 そのようなメールでは、最後に「お返事お待ちしております。 」などと述べることになります。 もちろん、返信がほしいということが相手に伝わればよいのですが、「ご連絡を心待ちにしております。 」とすると、返信を待っている気持ちがより伝わりやすくなります。 相手を不愉快な気持ちにさせないで、返信を求めるにはうってつけの文章です。 おしつけがましい印象を与えることなく、丁寧で気持ちが伝わる表現として、「心待ち」は最適な言葉です。 心待ちにしているエピソードとは? 人生の大きな節目として、「結婚」があります。 結婚する当事者たちはもちろんのこと、その周辺の家族や友人、同僚たちもその日を祝うことを共に喜んで待っているはずです。 まさしく「心待ち」という言葉にぴったりのできごとです。 結婚式でのスピーチで、「この日を心待ちにしていました。 」や、「花嫁姿を見るのを心待ちにしていました。 」とその気持ちを表現することができます。 みんなに祝福されて結婚式を挙げる人も、招かれる人たちも「心待ち」にしていた日のはずです。 「心待ち」という言葉を説明するときに、たとえば「結婚式まで、その準備をしながら楽しみに待っている気持ち」と述べると、心情がよく伝わるでしょう。 再会 結婚式とはまた少し違う心情で「心待ち」にするできごととして、「再会」もあげられます。 「再会」は、最後に会ってからどれほどの時間がたっているのかによって、その心情も変わってくるでしょう。 しかし、もう一度会いたいと思う背景には、その再会を楽しみにしているという気持ちが必ずあるはずです。 同窓会などで、あらかじめ再会することがわかっている場合はもちろん、何かのきっかけで思いがけず再会することになった場合でも、その日までの気持ちを表現する言葉として「心待ち」が使われることがあります。 「心待ち」にする再会ばかりではないでしょうし、気持ちが変化することもあるでしょう。 しかし、再会しようと決めたのは、やはり「心待ち」にしている気持ちがあります。 そんな時には、再会した時に「この日を心待ちにしていました。 」という表現になるでしょう。 やっと会えたという気持ちがよく表れています。 「心待ち」にする気持ち.

次の

気持ちの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

乗り切る 類語

「やり過ごす」の1つ目の意味 後から来たものを先に行かせるとはまるで譲っているかのような印象がありますが、少し違います。 2つ目の意味も少し含まれていますが、自発的に譲るというよりも、見逃すに近いニュアンスです。 動き続けるものが自分を抜き、自分より遠くへ動いていく様子をただ見つめているという意味合いです。 例えば電車を思い浮かべてみましょう。 電車は始発から終電までの間、決められた時間内に何本も運行しています。 もし自分が乗ろうと思っていた電車が混んでいる様子だったなら、時間や予定に余裕がある場合そのまま満員電車が通り過ぎて次の空いた電車が来るのを待つ人が多いはずです。 この時に満員電車が通り過ぎていくのを良しとする表現を 「やり過ごす」と表現します。 自分の後から来たものが成行きのままに先に進んでいくのを傍観するということです。 「やり過ごす」の2つ目の意味 2つ目の意味として挙げられるのは 「なすがままに放置する」というものです。 これが表現として使われるのが一番多く、一般的に最も浸透している意味合いと言えるでしょう。 物事に対して自分が積極的に関わることをせず放っておくということを意味しています。 例えば、日本にある四季というのは必ず移り変わっていきますね。 夏の暑さも、感じているうちは非常に不快で早く涼しくならないかと願うものですが、夏はいつか終わり秋が訪れて涼しくなります。 この四季のように、自分が特別何かしなくても変化していく物事がたくさんあります。 「いつか終わる」 「いつか変わる」 「いつか治まる」と変化する物事に対して、特に手立てをするわけではなく身を任せておく、ということを 「やり過ごす」と表現します。

次の

「正念場」の意味とは?使い方・類語・英語まで徹底解説!

乗り切る 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 5• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 1• 浜島書店 Catch a Wave 3• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 日本語WordNet 3• EDR日英対訳辞書 2• Tanaka Corpus 5• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 6• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 1• 財務省 2• 特許庁 4• 経済産業省 2• 書籍・作品• This applies worldwide. プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 e-freetext.

次の