スラムダンクの続きを。 赤木夏紀という人間のブログ:『スラムダンクの続きの続きを勝手に考えてみる』執筆までの経緯

スラムダンク

スラムダンクの続きを

江ノ電に観光客が殺到している(記者撮影) 支持を集める理由は、車窓から見える湘南海岸の景色や、路面電車のようなレトロな雰囲気。 江ノ島電鉄の1日当たり利用者数は2012年の1万6500人から2017年には1万9205人へと、5年間で16%も増加した。 ますます進化するインバウンドビジネスにおいて、日本企業や地方自治体は多様化する外国人観光客の需要とどう向き合っているのかの最前線を追った。 「爆買い」「弾丸ツアー」はどこへ 日本における外国人観光客の行動は、以前とでは大きく変化している。 「転売ヤー」と呼ばれる中国人の転売業者が、家電や化粧品を漁った「爆買い」ブーム。 そして、東京や京都、大阪などの「ゴールデンルート」を団体バスで短期間のうちに移動する「弾丸ツアー」。 こういった乱暴で慌ただしい行動は、もはや過去のものだ。 『週刊東洋経済』9月2日発売号の特集は「爆熱!観光立国 訪日客は何を買う? どこへ行く?」です。 書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします 最近の中国人観光客はスマートフォンで情報を集め、自分たちの行きたいところにタクシーで移動し、モノを買うだけでなく体験型消費を楽しむ。 訪れる地域もさまざまで、東京や大阪などの大都市圏にとどまらず、今や富山や鳥取、青森など地方にも足を運ぶ。 冒頭のように、日本の漫画やアニメに親しみを持つ中国人の若い層は、それらのゆかりの地である「聖地」も頻繁に訪れる。 そういった地方の観光地には、中国語や韓国語など外国語の看板がずらりと並ぶ。 「日本人以上に、日本の事情に詳しい人が増えている。 そういった個別の事情に応じて、需要は細分化している」と、中国人の消費行動に詳しい三菱総合研究所の劉瀟瀟(りゅう・しょうしょう)氏は語る。

次の

妄想#68 歴史が変わる時

スラムダンクの続きを

バスケ漫画の金字塔であるスラムダンクは、漫画のみならずアニメ版も人気でしたね。 世代によってはアニメからスラムダンクを知り、漫画を読んだという人もいると思います。 そんなアニメ・スラムダンクですが、残念ながら1番盛り上がる山王戦やりインターハイは放映されずに打ち切りとなりました。 スラダンファンなら是非、山王戦やインターハイ編を見てみたいというのが本音だと思います。 この記事ではアニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由や、ファン待望の山王戦は見れないのかを検証していきます。 スポンサーリンク アニメ・スラムダンクが打ち切りになった理由とは? アニメ・スラムダンクの最終回は、桜木のシュート2万本合宿を終えたあとに漫画にはないオリジナルストーリーが展開されます。 その内容は、まさかの藤真ら翔陽メンバーと、仙道ら陵南メンバーが組んだ合同チームと、湘北が練習試合をするというものです。 このドリームマッチにスラダンファンは歓喜したわけですが、残念ながらその後の山王戦やインターハイ編は描かれませんでした(泣) アニメのエンディングでは、森重をはじめとする全国編のキャラクターが登場しているので、ファンからすれば山王戦まで放映されるのが規定路線って感じでしたが。 このエンディングを見る限り、全国編の制作は多少始まっていたのではと思います。 なのになぜ、あのタイミングで打ち切りになったのか? 打ち切りの理由は以下の2つと思われます。 打ち切り理由1、視聴率の低下 これはスラムダンク自体の人気の低下による視聴率低下ではなく、裏番組に圧された事による視聴率低下と言われています。 ちなみに、当時のスラムダンクの裏番組は『筋肉番付』でした。 元々は深夜帯に放送していた『筋肉番付』がスラムダンクと同じ、土曜日のゴールデンに進出してきたことが、打ち切りの要因の1つになったと考えられます。 打ち切り理由2、原作の先行き不鮮明さ アニメ終了時の原作漫画は単行本でいうとこの28巻あたりで、ちょうど山王戦の後半あたりでした。 なので、原作にアニメが追い付きそうな状況ではなかったわけです。 にも関わらず打ち切りになったのは、やはり原作が先行き不明になったことが大きいと思われます。 このまま山王戦の後も原作が続くことが決まっていれば、わざわざ打ち切りにするこもなかったでしょう。 有名な話ですが当時、作者と編集部の間には、確執がありました。 編集部は作品を引き延ばそうとして、作者はそれに相反する考えで、無理やり山王戦で原作を連載終了することに。 ちょうど番組改編の時期も近かったため、漫画にはないオリジナルストーリーで間を持たせた。 これが、アニメ・スラムダンク打ち切りの理由です。 やはり、1番の理由は、作者と編集部の確執だと思います。 連載がどこまで続くかわからない状況、番組改編時期、裏番組の「筋肉番付」のゴールデン進出、ここらへんが重なって打ち切りになったんですね。 もし、1つでもタイミングがズレていれば、山王戦やインターハイも見れていたかもしれません。 そう思うと、よりアニメ版の全国編が見たくなりますね(泣) スポンサーリンク 山王戦はアニメ化されないのか? これはもうスラダンファンなら是が非でも見たいとこですが、アニメ化は難しいかもしれません。 というのも、実は作者の井上氏はアニメ化に否定的だからです。 放送当時は、アニメの出来の悪さに腹を立てていたという話があるくらいですから。 なので、どんなにオファーがあったとしても、作者の井上氏がゴーサインを出すとは考えづらいです。 確かにアニメ版を見てると、あの山王戦の雰囲気をアニメで出すのは難しいだろうなとも感じます。 山王戦の最終盤はセリフすらなく画力だけで描かれていますが、あのシーンをアニメでは再現不可能だと思いますので。 いずれにしても作者の気持ち次第だと思います。 アニメ化を望むスラダンファンの声は未だに根強くありますから、作者の気が変わることがないとは言えないし、あるとも言い難い。 スラダンファンはその時をまつしかありませんね。 山王戦のおすすめ動画 それでは最後に山王戦のおすすめ動画をまとめたいと思います。

次の

妄想#68 歴史が変わる時

スラムダンクの続きを

スラムダンク続き、国体で桜木の復帰姿は見れる? 少し考えてみました。 リハビリに燃える桜木ですが、国体の開催日9月末までに、復帰!そして少しは使ってもらえるのでしょうか? 【高頭監督?田岡先輩?】どちらかわかりませんが、 全国2位の海南でしょうね。 高頭?かな 桜木のメンバーとしての登録は当然OKだったが、試合にはなかなか出れなくて、イライラしているが スタメンメンバーの負傷もあり、やっと試合に出場するが、リハビリを終えたばかりの、桜木にインターハイ時の運動量がなく、 倒すどころか、全国の選抜メンバーにことごとく倒され、悔しく涙した。 でもこの国体で素人桜木の得たものは大きく、冬のウインターカップにすごく生かされ・・ 引退しない三井とともに 湘北高校が全国を制覇するはず・・ こんな感じで井上先生にはぜひとも、スラムダンク続きを描いていただければ、 ファンとしては感動します。 続きのウインターカップで全国制覇した後は、全日本・・続き安西先生お墨付き、 NBAでの日本人桜木の活躍! までのあらすじではどうでしょう。 ぜひともスラムダンク最後はNBAでの日本人活躍で終了。 だから連載期間もすごく長くなり10年以上確実。 そんな湘北高校メンバーたちの、イキイキした将来が知りたいのです。 もちろん赤木と流川がすごいけど、ニッチですが 木暮に注目したいです!縁の下の力持ちですからね!木暮ファンとしては彼の活躍が嬉しいです! もちろん大学に進学した後も、赤木とともにバスケット部に所属する。 でも赤木と違いバスケ推薦で大学いけないから、自力で赤木のライバル校に進学するのがいいですね。 赤木をよく知る小暮だからこそ、赤木の弱点などを研究して、ライバル校にて実力を発揮!! スタメンを勝ち取り最後まで赤木を苦しめる立場で、描いてくれると、いつも裏方に回っていた存在の小暮【メガネくん】が活躍できる。 そのあとから湘北メンバーも続々、大学のリーグにて活躍!!仙道や牧、藤間が同じ大学のチームに所属それで、赤木を苦しめるが、山王からは赤木と同じチームに・・・ なんだか、考えるとキリありませんが、スラムダンクの続きは無限に広がり楽しい! 綾南の彦一は大学ではマネージャー役で活躍し、全国制覇の立役者になれるかも、あのチェックは味方に付けたいかな。 いずれにしても2016年は、国体かウインターカップからの再開でスラムダンク続き・・・ 【2部】連載再開に期待しています。

次の