エクオール 作れる 人 見た目。 教えてエクオール~よくあるご質問

エクオールが含まれる食品は?作れる人・作れない人の増やし方を紹介

エクオール 作れる 人 見た目

Q エクオールの名前の由来は何ですか? エクオールは妊娠馬の尿から発見されました。 馬(equine からequolと命名されました。 Q エクオールと女性ホルモンの違いを教えてください。 エクオールは「女性ホルモンと似た働きをする」大豆由来のイソフラボンから腸内細菌で作られる成分で、女性ホルモンそのものではありません。 女性ホルモンと比べると大変穏やかに作用します。 また、女性ホルモンの量を増やすものではありません。 Q エクオールは大豆イソフラボンの1種ということですか? エクオールはポリフェノールと呼ばれる化合物の一種です。 エクオールそのものは大豆には含まれておらず、大豆に含まれる大豆イソフラボンから腸内細菌によって変換されて作られます。 Q エクオールが産生できるかどうか、どうしたらわかるのですか? エクオールが作れるかどうかは、簡単な尿検査でチェックします。 ご自宅で採った尿を郵送するだけで簡単に結果がわかる検査キット「」が株式会社ヘルスケアシステムズという会社から販売されているので、確かめたい方は是非お試しください。 Q エクオールを作れる人は、エクオールのサプリメントを摂取しない方がよいですか? 健康状態やストレスにより腸内環境は毎日変化するため、エクオールを作れる人でもエクオールの産生量は変化しますし、急に作れなくなることもあります。 また、大豆を食べなければエクオールは作られません。 身体の中のエクオール量を維持するためには、作れる方でも毎日エクオールのサプリメントを摂取することをオススメします。 Q エクオールを作れない人は大豆をたべても意味ないですか? 大豆にはイソフラボン以外にも、大豆タンパクや食物繊維、サポニン、オリゴ糖など有効な成分がたくさん入っているとても身体にいい食品です。 大豆を食べたうえで、エクオールをプラスという考え方がオススメです。 Q エクオールは多く摂れば摂るほどいいのでしょうか。 エクオールは多く摂れば摂るほどいいものではございません。 サプリメントで摂る場合は、1日当たり10mgを目安に摂取いただくことをおすすめします。 しかし腸内環境の変化によって、作れるエクオールの量は日々変動します。 Q エクオールを作れる人と作れない人の違いは? エクオールは腸内細菌で作られますが、どうしてエクオールを作れる人と作れない人がいるかは、詳しいことはまだわかっていません。 ただ、若い人でエクオールをつくれない人が増えていることから、食生活の変化が原因ではないかと考えられています。 また一説によると、幼少期の食生活の影響を大きく受けているとも言われています。 Q どうやったらエクオールを作れるようになりますか? どうすればエクオールを作れるようになるかは分かっていません。 腸内環境は、ストレスや睡眠、運動量など様々な生活習慣から影響を受けていると言われています。 腸内にエクオール産生菌をもっているけれどそれがうまく働いていない場合は、腸内環境をよいコンディションに整えておくことで、エクオールを作れるようになる可能性があります。 Q エクオールを摂るほど、太りやすくなるのでしょうか。 エクオールを摂取して太るという試験結果はありません。 Q エクオールのサプリメントを摂ってはいけない人はいますか? 原料が大豆ですので、大豆アレルギーの方は摂取しないでください。 Q 私は20代ですが、エクオールを摂取しても良いのでしょうか。 エクオールは食品ですので老若男女関わらず摂取いただけます。 ちなみに若年女性に関してはエクオールが作れない女性は、PMS(月経前症候群)のリスクが高いという研究結果がでています。 Q 男性がエクオールを摂取しても良いのでしょうか? エクオールは食品ですので老若男女関わらず摂取いただけます。 ちなみに男性に関しては、エクオールを作れる人ほど前立腺肥大や前立腺がんのリスクが低いという研究結果がでています。 Q 既に閉経した人には、エクオールは必要ないのでしょうか。 閉経後、女性ホルモンレベルは低いまま老年期を迎えます。 骨や血管の健康維持のためにも閉経後も継続して摂取されることをおすすめいたします。 ちなみに、ある調査によると、エクオールを作れる人ほど要介護・死亡リスクが低くなる可能性が示唆されています。 Q エクオールは人間が持つ腸内細菌だけが作れるのでしょうか? エクオールは人間以外の動物も作れることが分かっていますので、人間が持つ腸内細菌以外にも動物の腸内細菌でも作ることができます。 牛や羊、ニワトリなども作ることができますが、驚くことにエクオールを作れる人と作れない人がいるのは人間だけです。 Q エクオールの産生菌はどんな菌が何種類あるのですか? エクオール産生菌は一種類ではなく、多くの異なる菌種が関与していることが分かっています。 エクオール産生菌を見つけ出す研究は世界中で進められており、おもに大腸にすむものでは、これまでに約20種類が確認されています。 多くが腸内から単離されている腸内細菌ですが、ほとんどが食歴・食経験や安全性情報がない嫌気性菌であることがわかっています。 Q エクオール入りの食品はありますか? ニワトリはエクオールを作ることができるので、大豆を含む飼料で育てているニワトリの卵には微量のエクオールが入っています。 ただし、エクオールを10mg摂ろうとすると、一般に市販されている鶏卵であれば1000~4000個(飼料の成分などにより卵に含まれるエクオールの量も変動します)食べる必要があります。

次の

エクオールを「作れる人」と「作れない人」の違いは何?特徴と対策をご紹介

エクオール 作れる 人 見た目

構造がエストロゲンに似ていていることから、女性の体調を整えるとして注目を集めている成分「エクオール」。 現在、大手メーカーからもエクオールを含む製品が多数登場している。 エクオールは、大豆イソフラボンの一種であるダイゼインから腸内細菌により分解・産生される代謝産物。 つまり、食事やサプリメントなどから大豆イソフラボンを摂取することで、体内で生産することが可能だ。 発売は2012年だが、2015年のNHKのTV番組をきっかけにエクオールが一気に認知され、販売数は右肩上がり。 2017年1月までの利用者は累計で10万人に達しているという。 ある意味かなりニッチな本製品の開発秘話やヒットへの道のりなどを、細谷 吉勝氏(取締役 営業企画部 部長)、大澤 裕子氏(営業企画部)に伺った。 結果までは約1週間。 大学で培った研究データと検査技術に基づいた検査キットの開発、販売、予防領域での各種研究開発、エビデンス提供を行っています。 実は大学の研究室には、製品として世には出ていないものの、素晴らしい研究結果がたくさん埋もれています。 それはあまりにももったいないという発想も、起業理由の1つ。 そして、その埋もれたデータの1つが、大豆イソフラボンから生産されるエクオールについての研究でした。 生産できない人がいるということも含め、色々な意味でもったいない、と。 そうです。 エクオールは、大豆に含まれる大豆イソフラボンと腸内のエクオール産生菌によって生産されますが、日本人の2人に1人はエクオールが作れないということが判明し、さらに、作れていても効果を期待できる量に達している人はさらに少ないことがわかりました。 当時でもエクオールの測定自体は可能でしたが、研究機関でしか行えず、時間も手間もお金もかかる検査でした。 2009年のある日、教授から「エクオールをもっと簡単に測定できる装置をつくれないか?」という依頼があり、そこから研究が始まったのです。 もちろん、測定の正確さはそのままに。 そのうえで研究を重ね、少量の尿からエクオールを測定する世界初の技術を開発。 腸内細菌によって産生されたエクオールは、体内で吸収され作用した後、一部が尿中に排泄されます。 この尿中のエクオール量を測定することで、腸内のエクオール産生菌がどれだけ存在するかをチェックします。 この測定技術を製品にしたのがソイチェックなのです。 今まで研究機関などを介してしか知ることができなかったエクオールの数値が、尿を郵送するだけでわかるようになったというわけです。 結果はどう受け止めるのがよいでしょうか。 ソイチェックの測定結果は、尿中に含まれるエクオールの量によって1~5のレベルで報告されます(下図参照)。 とはいえ、作れていないと判定された場合でも、一生作れないという訳ではない場合があるのです。 現在、10種類のエクオール産生菌がわかっていますが、まだ未知の産生菌が存在する可能性があります。 また、食生活や生活習慣の見直しによる腸内フローラの変化も期待できます。 腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類されますが、7割が日和見菌(善悪どちらにもなり得る菌)だといわれています。 ですから、結果に一喜一憂しておしまいというのではなく、よりよくするための行動変容につなげてほしいと思っています。 腸内細菌のエサとなる食物繊維や、日常的に大豆製品を摂取することで、エクオールの生産量は変わることがあります。 また、大豆イソフラボンは、摂取後1~2日で尿から排泄されるので、一度に多く摂取しても効果を持続させることはできません。 適量を毎日食べ続けることが大事です。 これは、食事から摂取する場合でもサプリメントから摂取する場合でも同じことが言えます。 調査したところ、大豆食品を毎日食べている人とあまり食べていない人では、エクオールを作れる人の割合が2倍も違っていたのです。 さらに付け加えたいのは、食習慣によって変化する部分が多いので、例えば親がエクオールをうまく作れない場合、子も同じ可能性が高いということです。 腸内フローラの形成は、離乳期から小児期の食生活に大きく影響されると言われれています。 検査結果のレベルが1~2だった方で小さい子どもがいるならば、ぜひ家庭での食事を見直していただけたらと思います。 いずれも、行動変容後にもう一度検査してみるとよいかもしれません。 その結果メディアの後押しもあり、利用者は10万人に達しました。 ネットでの販売のほか、全国1500を超える医療機関、健診施設、調剤薬でもソイチェックを採用いただいています。 今後は20万人を目標とし、引き続き啓蒙活動を続けていく予定です。 また、研究機関発の弊社としては、エクオール製品を手掛けている各社と何かしらの形で協力しあうことでより市場を盛りあげることができればと考えています。 今後は、ソイチェック利用者専用ページで、結果についての統計データや生活改善へのアドバイス、レシピなど、女性が健康的な毎日を過ごすために有益な情報を充実させる予定。 健康意識への変化、そして行動変容への動機づけの一助になればと願っています。

次の

エクオールサプリ比較ランキング!人気の8種類を実際に購入して調査しました。

エクオール 作れる 人 見た目

エクオール産生菌を増やす食べ物?エクオールを作れる人の特徴は腸内細菌の検査でエクオール産生菌の数量が多く大豆イソフラボンのダイゼインをエクオールに変換しているのが大きいでしょう。 エクオール産生菌が全くいないせいで作れない人が食べ物を変えることで作れるようになった研究結果もあるから諦めるな エクオール産生菌を増やす食べ物で、エクオールを作れない人も作れる人の仲間入りができます。 エクオールを作れない人は、エクオール産生菌がいないか、少ないか、悪玉菌に邪魔されているという可能性があります。 たしかに大人になってからエクオール産生菌が全くいない人が、エクオール産生菌を定着させるのは難しいと考えられていますが、実際にエクオールが作れるようになった人がいるのですから、諦めないで!諦めたらそこで試合終了ですよ! エクオール産生性の腸内細菌をエクオール非産生のヒトへ投与することで腸内でのエクオール産生性の向上が期待されるが,腸内細菌の中でエクオール産生性の菌種は非常に少ないと考えられている.内山らは,公的機関より購入したビフィズス菌29株(22菌種),乳酸桿菌184株(52菌種)を用いてダイゼインからのエクオール産生能を検討したところ,いずれの菌もエクオールを産生しないことを見出した 引用元: エクオール産生菌を増やす食べ物 エクオール産生菌を増やす食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか?エクオールの原料となる大豆イソフラボンを含む食べ物が挙げられます。 大豆製品全般がエクオール産生菌を増やす可能性があるということです。 これに加えて、腸内フローラが乱れて、悪玉菌が優勢になっているようだとエクオール産生菌は悪玉菌に邪魔されて働きが悪くなってしまいます。 ですので、腸内環境を整える食べ物も良いわけです。 腸内環境を整える食べ物としては、小腸の善玉菌代表である乳酸菌と大腸の善玉菌代表であるビフィズス菌に加え、食物繊維やオリゴ糖なども善玉菌のエサになるなどして腸内フローラを改善します。 エクオール産生菌を増やす大豆製品 エクオール産生菌を増やす大豆製品には、納豆や豆腐、枝豆、きなこ、ゆば、しょうゆ、豆乳、味噌、油揚げ、生揚げ、厚揚げ、もやし、おから、高野豆腐 凍り豆腐 、などがあります。 どれも大豆に含まれるタンパク質を含み、発酵食品が多いことから腸内環境を整える効果はとても高いです。 この中でも特におすすめなのが納豆です。 納豆は多くの健康系情報番組において、医師や管理栄養士たちが腸内フローラを改善するとして、おすすめしている食べ物ですね。 でも、納豆のネバネバや独特のニオイが苦手という人も多いようです。 納豆が健康に良いことは分かってるけど、嫌いなものを食べるのってストレスになるし、それを毎日なんてムリですよね?そんな納豆嫌いなあなたには、sonomono納豆がおすすめです。 詳しくは下記の特集記事を参照して下さい。 エクオール産生菌を増やす乳酸菌 乳酸菌がエクオール産生菌を増やすわけではないですが、善玉菌の乳酸菌を増やすことで、腸内フローラが改善されてエクオール産生菌が働きやすい環境になりますよ!ってことです。 乳酸菌が多い食べ物としては、ヨーグルトが最初に思い浮かぶかも知れませんが、牛乳から作られた動物性乳酸菌のヨーグルトより、漬物やキムチなどのような植物性乳酸菌の方が数も多くおすすめです。 腸内フローラを改善するには、腸内の善玉菌と相性の良い乳酸菌の種類と悪玉菌優勢の状態から善玉菌優勢の状態になるくらいの数が必要です。 その善玉菌の種類と数を網羅したのが、下記のランキング記事に書かれているので参考にして下さい。 ビフィズス菌は乳酸菌と違い自然界の食べ物にいないので、ヨーグルトなどの食品にビフィズス菌入りとなっているのは、後から添加されているに過ぎません。 であれば、乳酸菌と同様に種類や数も腸内環境を整えるために必要なわけですから、ヨーグルトだけでビフィズス菌を補うのは無理があるので、どうすれば良いのか下記のランキング記事に書かれているので参考にして下さい。 食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますので、それぞれをバランス良く摂取することが大切です。 具体的には、不溶性2対水溶性1の割合で摂取すると腸内フローラ改善の理想的なバランスだと言えます。 水溶性食物繊維の多い食品 水溶性食物繊維の多い食品を食べることで、腸内の便が柔らかくなり、便が硬くなって便秘になってしまっている人の便秘解消に役立ちます。 ウンチがコロコロで、出る時に肛門が痛い人は水溶性食物繊維が足りていない可能性が高いでしょう。 極端な食事制限をするダイエットをしていると便の量が少な過ぎて便秘になってしまうことがあります。 このような場合に不溶性食物繊維の多い食品を食べることによって、大腸内のウンチを肛門に向かって動かしやすくしてくれるのです。 でも、オリゴ糖ってどんなものに含まれているのか思いつかない!という人も多いのではないでしょうか?糖ってくらいだから、甘いものかなぁって想像するくらいかと思います。 詳しくは下記を参照して下さい。 豆乳を飲まずにエクオールを摂取出来るエクオール含有食品 女性ホルモンの分泌量が減少する閉経間近の女性の更年期障害の症状を緩和させるエクオール含有食品が人気です。 これまでは大豆イソフラボンを含有するものが人気でしたが、大豆イソフラボンを原料として産出されるエクオールを直接摂取する方法が注目を集めています。 これまでは大豆製品を積極的に摂取すると女性独特の不快な症状を改善できるということで、食生活も豆乳や豆腐を積極的に摂ることが推奨されていましたが、エクオールという成分を作ることができる女性とできない女性がいることがこれまでの研究で明らかになっています。 エクオール作ることが出来ない体質の場合、豆乳を飲んでもそれを原料にしてエクオールが産出されないため、大豆イソフラボンを摂取しても無駄になってしまうことになります。 エクオール含有食品なら無駄なく必要な成分が接種できますのでエクオールを作れる女性もそうでない方もつらい症状の出る時期を快適に過ごすことができるのが特徴です。 エクオール含有食品はドラッグストアやインターネット通販で購入することが出来ます。 口コミやランキングを参考にすると自分に合った製品やコストパフォーマンスの良い製品を購入するのに役立ちます。 エクオールの検査方法をチェック 今、話題の成分「エクオール」は、大豆製品を食べると腸内で作られると言われています。 実は大豆製品を食べて作れる体質の人と、作れない体質の人がいるということが分かっています。 もし、作れない体質だった場合は、いくら大豆製品を食べてもエクオールを作ることはできません。 自分が作れる体質かどうかは、検査によって知ることが可能です。 検査方法には自宅で行う方法と、病院で検査する方法とがあるので、この2つの検査方法をチェックしてみましょう。 自宅で検査するという場合は、インターネットで購入できる検査キットで行います。 検査と聞くと難しいものというイメージがありますが、エクオールの検査キットは採尿を行うだけの簡単なものです。 採尿をし郵送すれば検査結果を報告してもらえます。 病院でも採尿を行い検査するのが一般的のようです。 更年期障害などの治療の一環として、エクオールが作れる体質か知りたい場合は、病院で検査を受けたほうが良いでしょう。 美容目的のためや、自分の身体のことを知りたいという場合は、インターネットで手軽に購入できて郵送するだけで、検査結果を知ることができる検査キットの使用が、簡単ということもありおすすめです。 更年期検査の結果によってはエクオールが効果的 多くの女性が経験することとして更年期障害があります。 更年期とは、40代に入る頃から心身ともに様々な不調が起きる時期です。 原因としては女性ホルモンの分泌減少によるものです。 女性ホルモンは生理を軸に書生が妊娠できる状態にする働きや血流の促進、精神的な安定など自律神経のバランスも担っているものです。 これが減少することで、 多く見られる現象として生理不順、ホットフラッシュ、肩こり、腰痛、肌のトラブル、心の不安定などが起き、それを更年期障害と言います。 症状が重かったり、体調の変化が大きい場合には病院で検査を受けてその症状を緩和させる方法ととることが必要です。 検査の結果でホルモンの分泌量が大きく低下している場合には、改善策としてエクオールを摂取することが効果的です。 エクオールとは女性ホルモンに似た働きをする成分です。 大豆イソフラボンなどに多く含まれているのでそういった食品を積極的に摂ることや、エクオール含有食品などでエクオールを摂ることも良い方法です。 更年期は誰にでも訪れるものであり、 心身の不調は人によって大小ありますが、その時の心構えを持つことや改善策をとることでその時期を乗り切ることが可能です。 辛い時には我慢しすぎずに、自分の体と向き合って良い方法を選択していくことが大切です。 エクオールを産出できるかを調べる方法 エクオールは、腸内細菌をもとに作られる女性ホルモンに似た役割をする成分で、更年期障害の改善の為に役立つ成分として最近注目されています。 今までは更年期障害の予防や緩和というと大豆イソフラボンで女性ホルモンに似た役割を補うのが一般的でしたが、日本人女性の二人に一人はエクオールを作ることが出来ないのが実情です。 せっかく大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換できなければホルモン様の作用を期待することは難しいため、自分の身体がエクオールを産出できるかを調べることができるキットが人気を集めています。 調べ方はとても簡単で、採尿した自分の尿を検査機関に送り返すだけです。 採尿したものを送るだけでエクオールを作れる状態かを調べてくれますので、エクオール含有食品を飲むべきかを決める判断材料にもなります。 大豆イソフラボンを撮るよりもエクオール含有食品で摂取したほうが効率よく体内に吸収されますので、更年期障害の症状に悩んでいる人の間では最近注目を集めているエクオール含有食品です。 ドラッグストアやインターネット通販では非常に高い人気を集めており、今後もイソフラボンよりも人気が続くと考えられるでしょう。 エクオールを作れる人と作れない人の特徴 大豆製品をどんなにいっぱい食べていたとしても、エクオールを作れない人の場合には、大豆イソフラボンのダイゼインをエクオール産生菌がエクオールに変換してくれません。 ですので、エクオールを作れる人と作れない人の特徴を見て行きましょう! エクオールを作れない人の特徴をチェック 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、女性は意識して摂取したほうが良いと言われています。 ですが、いくら大豆イソフラボンの量が多い大豆製品を食べても、イマイチ効果が感じられないという人もいるでしょう。 実は大豆製品と食べただけでは不十分です。 大豆イソラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内にいるエクオール産生菌によって代謝されエクオールが作られなければ、女性ホルモンのような働きはしません。 体質によってエクオールを作れない人もいるので、どのような人だと作りにくいのか確認しておきましょう。 作れない人の特徴として、日頃から大豆製品を食べる機会が少ないという点が挙げられます。 大豆食品をほぼ毎日食べる人では、あまり食べない人の倍近くエクオールの産生者がいるというデータもあるようです。 大豆製品を日頃から口にする機会が少ないと、その分エクオールを作れない体質になってしまうと考えれらます。 さらにタバコを吸う人や睡眠時間が短いという人も、作り難い体質の人が多いようです。 生活習慣が生産に関わることもあり、日本では10代・20代と若い世代ほど、エクオールを作れない人が増えています。 日頃から大豆製品を摂るようにして、エクオールを作れる体質へと改善しましょう。 エクオールを作れる人の特徴とは? 女性なら誰しもが通る道でもあるのが「更年期」です。 更年期を迎えると今までにはなかった体や心の不調を抱えることになります。 これは女性ホルモンの一つである「エストロゲン」が減少することによっておこるものです。 エストロゲンに似た作用をすることで更年期症状に症状の緩和に良いとされているのが「エクオール」ですが、人によっては体内で作れる人と作れない人に分けられます。 エクオールを作れる人の特徴は、腸内に「エクオール産生菌」がいる人で、この菌が腸内で活発に活動している人となります。 ただ、菌がいるだけではダメなんです。 一般的にエクオールを作れる人は日本人だと全体の43%ほどです。 若い人では30%にも満たないといわれています。 また、エクオールを作れる人の特徴として他には普段の生活から豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に摂取している人、良質な睡眠がとれている人、適度な運動をしている人、過度な飲酒や喫煙をしていない人などがあげられます。 自分がエクオールを作れる人かどうかを診断してもらうこともできます。 病院でも可能ですが、最近では「エクオール検査キット」などもあり、自宅で尿を採取して郵送するだけで結果を知ることもできるので気になる方は利用してみるとよいでしょう。 エクオールを作れる人は見た目でわかるのか 加齢に伴って女性ホルモンの分泌量が減ってくると、顔のほてりや肩や腰が凝ったり、突然の動悸息切れなどが起こることが頻繁にありますのでごして色々悩みに繋がっています。 これを補うべく食事やエクオール含、有食品イソフラボン積極的にとるという声も聞きます。 しかしイソフラボンは誰にでも効果があるというわけではなく、効果が出やすい人や出にくい人の差を作っているエクオールというものがあるのです。 女性ホルモンが減少していく更年期障害などに効果があります。 エクオールは誰でも作る訳に作れる人というわけではなく、見た目でもなくある菌がおなかの中にいる人だけなのです。 エクオル産生菌と呼ばれる腸内細菌がおなかの中にあると大豆イソフラボンをもとにエクロールを作り出すのですが、エクオールが生成できずまた菌がいたとしても元気に活動していない場合がエクオルが作れなくなってしまうのです。 豆腐や豆乳の大豆食品をよく食べたり睡眠時間8時間以上とっている人、タバコを吸わない人などがエクオール産生菌がお腹の中で活発に動いていると考えられています。 食品を日常的に食べるようにしている人がエクオールを作る上で重要なポイントになっていると考えられています。 またしっかりと睡眠時間を確保し十分に運動する習慣などをつけるように心がけましょう。 気になるエクオールを増やす食べ物 女性ホルモンの一つに「エストロゲン」があるのですが、閉経後には分泌が一気に減少することでホルモンバランスが乱れて更年期症状を起こします。 更年期症状になるとのぼせやめまい、倦怠感や胃腸不良などの身体的症状に加えて、憂鬱感や不安感、イライラなどの精神的な不調も現れるようになります。 中には日常生活を送ることも困難なほど症状が重い人もいて、女性にとってエストロゲンの存在は大きなものだと気が付くのです。 エクオールは、このエストロゲンに似た働きをしてホルモンバランスを整えてくれます。 また、骨粗しょう症の予防をはじめ抗酸化作用もあり、アンチエイジングにも効果的です。 エクオールを増やす食べ物の代表的なものといえば「大豆製品」です。 納豆や豆腐、豆乳、油揚げなどの食材を普段の食事に積極的に取り入れていきましょう。 大豆に含まれるイソフラボンは「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌によりエクオールに変換されて吸収されていきます。 そのため、大豆製品を摂取するとともに腸内環境を整えることにも気を配るとよいでしょう。 おすすめは発酵食品として名高い「納豆」です。 納豆には納豆菌が含まれており、腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌の活動を活発にしてくれる作用があります。 エクオールを作るために食べたい食品 女性ホルモンと似た働きをすると言われているエクオールは、女性をサポートしてくれる成分として注目を集めています。 この成分はダイゼインを含む大豆イソフラボンを補うと、腸内細菌によって作られるということが分かっています。 ですので、エクオールを作るには大豆イソフラボンを多く含む食品を、意識して食べるということが必要です。 「大豆」イソフラボンと言われているように、大豆製品に多く含まれているのが特徴です。 大豆製品の代表格とも言える納豆には、1パックに37mgもの大豆イソフラボンが含まれています。 大豆をすりつぶして作る豆乳だと、コップ1杯で約35mgの大豆イソフラボンを摂れる計算です。 このように、大豆イソフラボンは大豆製品であれば含まれているものです。 どれか1つの食品だけを食べ続けるとなると、飽きてしまいます。 1日に必要な大豆イソフラボンの量は約50mgと言われています。 食品が偏ってしまうと、飽きやすいだけでなく十分な大豆イソフラボン量を補えない可能性もあります。 ですので、納豆や豆乳、豆腐など様々な大豆製品を毎日の食事に少しずつ取り入れて、無理なく続けられるよう工夫しましょう。 エクオール産生菌を増やす生活習慣 更年期障害対策や美肌・アンチエイジング効果も期待できる「エクオール」という成分が、今話題を集めています。 エクオールは大豆製品を食べて、腸内にいる腸内細菌が分解することで作られる成分です。 エクオール産生菌という腸内細菌が多く、しっかり働いている腸内環境であれば多くのエクオールを作ることができます。 しかし、生活習慣などによってエクオール産生菌の量が少なくなったり、働きが低下するとエクオールを作ることができません。 エクオールの効果を得たいなら、まずはエクオール産生菌を増やす生活習慣を心がけることが必要です。 エクオールは大豆製品を食べると作られます。 普段から大豆製品を食べている人は、そうで無い人に比べると約2倍エクオールを作れるというデータがあるようです。 できるだけ毎日、大豆製品を食べてエクオールが作れる腸内環境を作りましょう。 また緑茶を良く飲む人も作れる体質の人が多いようです。 逆にタバコを吸う人は、作れない人が多いという傾向にあります。 乳製品を多く食べる人も作れないケースが多いと言われています。 洋食よりも大豆製品を中心とした和食にすることで、エクオール産生菌を増やせるかもしれません。 少しずつ生活習慣を変えていき、エクオールを作れる体質を目指しましょう。 エクオールを食事から摂取しよう エクオールとよく聞きますが、食べ物に含まれているというわけではありません。 腸内細菌によって生成されます。 どんなものを食べれば良いのかがポイントです。 大豆にはイソフラボンがたくさん含まれているのですが、イソフラボンからエクオールが生成されます。 だから、大豆製品を多く食事で食べるようにすると良いでしょう。 ただし、女性なら誰もがうまく体内で生成できるわけではありません。 個人差があり、うまく生成できない人もたくさんいます。 ゴボウにはエクオールを生成する手助けをする働きがあるので、大豆製品だけではなくゴボウも一緒に食べるようにしましょう。 食物繊維や乳酸菌には、エクオールを増やす働きがあるので毎日の食事で不足しないようにしてください。 野菜が不足していませんか。 野菜に含まれている食物繊維は腸内環境を整えてくれます。 乳酸菌もそうです。 納豆は食物繊維も豊富ですし、発酵食品なので乳酸菌も摂取できます。 効率よく腸内環境を整えられるので毎日食べると良いでしょう。 苦手は人はヨーグルトを食べると良いです。 大豆製品だけを食べ続けていても体内でエクオールに変えられるわけではありません。 これらを食事に取り入れてエクオールが不足しないようにしましょう。 エクオールの摂取量はメーカーが推奨する量を守るのが重要 更年期障害の症状に悩まされている方の間では、女性ホルモンに似た作用があるイソフラボンの摂取をするのが一般的ですが、最近ではそれよりも更に有効と考えられるエクオールを主成分としたエクオール含有食品が人気を集めています。 エクオールは、イソフラボンを原料として作られる成分ですが、女性の多くはこのエクオールを体内で作ることが出来ていないというデータがあります。 エクオールを作ることが出来ていないと更年期障害の症状が強く出る傾向がありますのでイソフラボンを摂取しているのに症状が改善されないという方はエクオール含有食品を試してみてはいかがでしょうか。 薬ではありませんのですぐに改善されるというよりは徐々に体のコンディションを整えるようなイメージで利用するのが適しています。 摂取量はその製品によって異なりますし、 有効成分の含有量はメーカーによっても異なりますが、大手メーカや有名な会社からも販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか。 通販で定期購入することで頻繁にお店に買いに行かなくても済みますし、続けて飲んでいたら症状が改善されて毎日が楽しくなったという意見は多く見られます。 更年期対策としてお勧めのエクオール含有食品です。 エクオール産生菌を増やす食べ物!作れない人は作れる人の特徴パクるのまとめ エクオールを作れる人の特徴は腸内細菌の検査でエクオール産生菌の数量が多く大豆イソフラボンのダイゼインをエクオールに変換しているのが大きいでしょう。 エクオール産生菌が全くいないせいで作れない人が食べ物を変えることで作れるようになった研究結果もあるから諦めるな エクオールの検査キットとは? エクオールの検査キットは、尿検査でエクオールをどれくらい作れているのかが分かる郵送型の検査キットの話です。 アマゾンなどでも販売されていて、下記の記事に詳細が載っています。

次の