ゲーム チェンジャー 映画。 【Netflix】映画『ゲームチェンジャー: スポーツ栄養学の真実』を見たよ: rock n' l’autre

「デジタルコンテンツのゲームチェンジャー求む! ~TechBiz支援プログラム2020 ご紹介~」開催(デジタルコンテンツ協会)

ゲーム チェンジャー 映画

は、次世代Xboxコンソールのゲームチェンジャーになる可能性を秘めています。 これにより、開発者は、4K解像度で動作するだけでなく、より高いフレームレートで動作し、同時にレイトレーシングを提供する次世代ゲームを作成できるようになるはずです。 XboxシリーズXは、DirectXのコンポーネントであるDirectMLを使ったゲームの機械学習をサポートしています。 DirectMLは、これまでにないハードウェア性能をコンソールで活用しています。 機械学習は、NPCをよりスマートにしたり、よりリアルなアニメーションを提供したり、ビジュアルの質を大幅に向上させたりと、幅広い分野で改善することができます。 今回はビジュアルの改善に焦点を当ててみたいと思います。 低解像度テクスチャのAIアップスケールをリアルタイムで実現 まずは、2018年初頭にマイクロソフトが買収したPlayfabという会社の仕事を見てみましょう。 彼らは、クラウドでサポートされるゲームのバックエンドのためのツール作りに取り組んできました。 Playfabは、MicrosoftのAzureサーバー&AIの力を使って、低解像度のテクスチャをリアルタイムでアップスケールしています。 PlayfabのGMであるJames Gwertzman氏は、彼と彼のチームが取り組んでいることのいくつかについてに語っています。 MLによる高解像度化。 MS Dev日誌より 『Microsoft社内のスタジオの1つでは、アセット生成にML(マシーンラーニング「機械学習」)モデルを使用する実験を行っています。 それは驚くほどうまくいっています。 本当に低解像度のテクスチャを、MLモデルにリアルタイムでテクスチャの解像度を上げる処理をさせようとしています。 手書きの高解像度テクスチャと機械でスケールアップされた低解像度テクスチャの違いが分からないので、低解像度テクスチャをMLに任せた方が良いかもしれません。 』 XboxシリーズXの機械学習 — SDRからHDRへの変換 3月にEurogamerのDigital Foundryが、機械学習を使ってHalo 5を含むいくつかのゲームのSDRをリアルタイムでHDRに変換するXbox Series Xデモを発表しました。 マイクロソフトが公開したHALO5のオートHDR化デモ。 Microsoft ATGの主任ソフトウェアエンジニアであるClaude Marais氏は、Gears 5の最先端のHDR実装を使用した機械学習アルゴリズムが、どのようにして後方互換タイトルでもSDRコンテンツから完全なHDR実装を推論できるかを示してくれました。 特別なのは、オートHDRに伴う処理の負荷はほとんどない事です。 機械学習のアップスケーリング 機械学習によるアップスケーリングは、パフォーマンスとビジュアルの両方を向上させるため、最もインパクトのある機能になる可能性があります。 この技術をPCに実装した素晴らしいものがすでにあります。 それはと呼ばれています。 AIアルゴリズムは、スーパーコンピュータを使って作成された数万枚のレンダリングされた画像のシーケンスから学習します。 これにより、同じように美しい画像を生成することができるようにアルゴリズムを訓練しますが、そのためにグラフィックカードに負荷をかける必要はありません。 そうすれば、画質をほとんど落とさずに4Kにアップサンプルすることができます。 ゲームを1080pでレンダリングすることで、開発者はより良いグラフィックのために予備のGPUリソースを利用できるようになります。 グラフィカルエフェクト、レイトレーシング、フレームレートの向上などのリソースです。 これをどのように使うかは開発者次第で、作るゲームの種類にもよると思います。 PCのDLSSは通常、レイトレーシングを使用するゲームで使用され、ゲームを高フレームレートで、1440pや4Kにアップスケールされた高画質で動作させることができます。 開発者によると、ゲームにおける機械学習の用途はさらに増えるかもしれません。 開発者はまだDirectMLの適切な使い方を考えている段階なので、今後の展開が楽しみです。 AIや物理学が改善されれば、私達ユーザーにとっては大勝利と言えるかもしれません。 DLSS2. 0とレイトレーシングは、私もPC版で体験しましたが、本当に効果は絶大でパフォーマンスモード、ノーマルモード、クオリティモードと選べます。 パフォーマンスモードでも画質は大変に綺麗で、とてもAIが画質補正したとは思えない品質でした。 しかもフレームレートは更に滑らかになります。 DLSS2. 0でAIの速度が倍に向上した事で、前バージョンDLSSでの解像度制限もなくなりより進化したことで、この向上は目覚ましいほどに凄く、DLSS2. 0でようやく実用的になったと感じました。 本当に素晴らしい技術だと思います。 DLSS2. 0といいDirect MLもゲームチェンジャーになりうる技術だと思います。 Deliver us The Moonはエイリアンのいないサイレント・デッドスペースという感じですが、パズル要素もあり非常に面白いので、オススメです。 Deliver us The MoonをDLSS2. 0のパフォーマンスモードでプレイした4K 60fps動画です。 そして、6月4日発売のゲーム業界を揺るがす大スクープというのも、西川氏が某社の技術スタッフともインタビューしたと話しているので、技術的何かが絡む革新的な事らしいので、個人的な推測としてはクラウド マイクロソフトのAzure?)を使い、AI補正による高画質化されたセガサターンやドリキャスタイトルをプレイ出来るサービスという可能性もあるのかな?と感じました。 ま、これは、あくまで自分の中でこんな事になったらいいなぁ程度の戯言ですw マイクロソフトの初代XBOX、XBOX360タイトルがXboxOneX Enhnacedで信じられないほどクリアで鮮明、高フレームレートで美しく生まれ変わる技術は本当に素晴らしいものだったので、これをセガが使うのではないか?とも考えましたが、、ま、とにかく色々考えられるので推測することは楽しいものです。 6月4日のファミ通では何が明らかにされるのか、本当に楽しみです。 🔚 映画、海外ドラマ、音楽、ビデオゲーム、ガジェット、自作ハイエンドPC、車、バイク、政治、経済、株式投資、格闘技、70年代のTVドラマ、超常現象などが大好きな湘南在住の管理人です。 東京に住んでいた頃は、ハイエンドオーディオ、ハイエンドホームシアターなど趣味で実践していました。 現在は、ソニー4KブラビアX9500Gの85インチで洋画、海外ドラマ、ビデオゲームをYAMAHAのA3070AVアンプ経由で5-1-4 9. 1チャンネルのDolby Atmos環境で楽しんでいます。 映画やゲームレビューはこのシステムかサブシステムのPanasonicの43インチ4K TVで検証しています。 様々な幅広いジャンルでの経験で得た知識、見識をレビューやエッセイも含め、色々と書き綴って情報発信していきたいと思っています。 尚、当サイトで書く内容は、あくまで個人的な好みや価値観での意見を書き綴っていますので、あしからず。 YOUTUBEチャンネルでは、高画質4KゲームプレイやPCゲームのベンチマーク動画、グラフィック比較動画に加えて他に好きなものなど、色々と公開していきたいと思いますので、お気に召したらチャンネル登録をよろしくお願いいたします。 youtube.

次の

酷評相次ぐQuibi、動画配信サービス業界のゲームチェンジャーとなるか? 実際に作品を観てみた|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ゲーム チェンジャー 映画

ゲームチェンジャーとは、プロ野球などの試合の途中で参加し、流れを一気に変えてしまう選手のことである。 そこから転じて、これまでの状況を大きく一変させるような人や物を指す。 難治性血液疾患などを専門とする小島勢二・名古屋大名誉教授が、新型コロナウイルス治療にゲームチェンジャーは登場するのか、解説した。 トランプ大統領が飲んだあの薬は? 米トランプ大統領は、抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキンを新型コロナウイルスに対するゲームチェンジャーとして推奨し、本人も感染予防に内服していると公言していたが、臨床試験ではその治療効果は確認されていない。 米国ギリアド・サイエンシズ社が開発した抗ウイルス薬であるレムデシビルが、新型コロナウイルスの治療薬として5月7日に日本で承認された。 この承認は、5月1日に米国食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可がでたのを受けて、医薬品医療機器等法に規定された特例承認制度を利用したもので、申請から承認までに要した日数はわずか3日であった。 治療対象となるのは、気管内挿管などの侵襲的人工呼吸管理や、体外式膜型人工肺(ECMO)による治療が必要な重症例に限定されている。 医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページに、レムデシビルの承認に関する審議内容が公開されている。 申請に用いられたデータは、日本人を含む1063人を対象にした米国立保健研究所が中心になって実施した国際共同試験の結果で、承認のわずか10日前に速報として発表されたものである。 主要評価項目は、試験薬の投与日から病状が回復するあるいは退院までに要した日数で、レムデシビル群の11日は、偽薬群の15日と比較して統計学的に意味のあるほど短縮していた。 一方、死亡割合は、レムデシビル群が8. この試験結果を根拠に、わが国は、世界に先駆けてレムデシビルを薬事承認することになった。 効果は限定的 この国際共同試験が速報された同日に、中国からの237人を対象としたレムデシビルの無作為割り付け試験の結果がランセット誌に掲載された。 困惑することに、中国からの結果は、回復にかかる日数、死亡率、さらに経時的なウイルス量の測定結果においても、レムデシビル群と偽薬群との間で有意な差が見られなかった。 このような状況下、国際共同試験の詳しい解析結果の公表が待たれていたが、その結果が、早くも5月22日のニューイングランドジャーナル誌に掲載された。 確かに、回復までの期間を4日間短縮できることは、患者本人にとっても、病床管理上も利点であるが、ただ回復を早めるのみで、最終的に治癒する患者の割合が増えなければ、治療される側にとっては期待はずれであろう。 また、新型コロナウイルス患者の転帰の判定には数週間を必要とすることも多く、2週間で死亡率を比較するのは観察期間としては十分とは言えない。 今回の試験結果から判断する限り、レムデシビルの効果は限定的でゲームチェンジャーとはなり得ないであろう。 今回の研究で得られた大きな成果は、重症度によってレムデシビルの効果に違いがあることが、はっきりした点である。 上の図で「増悪率」は、試験薬を投与開始2週間後の重症度が、投与開始前と比較して変わらないか悪化した場合、すなわち症状の改善が見られなかった患者の割合と定義した。 一目瞭然であるが、侵襲的、非侵襲的を問わず陽圧換気を必要とする重症患者は、死亡率、増悪率から見ても、全く効果が見られなかった。 より軽症な群において、レムデシビルは、重症化を抑える傾向が見られる。 さらに、酸素投与を必要としない軽症グループでは、死亡率において両群間に差は見られなかったが、少量の酸素投与を必要とする中等症グループでは死亡率を下げることができた。

次の

【ヴィーガンが凄い】「ゲームチェンジャースポーツ栄養学の真実」を観て実践しようと思うこと

ゲーム チェンジャー 映画

携帯の5G回線を巡って世界が揉めている。 中国の技術を受け入れるか否かで、対中警戒心が薄い欧州は、それを排除する理由はないという態度で、アメリカが反対。 日本は両睨みというところだろうか。 21世紀に覇権をもたらすものは何か? 前世紀、世界を支配したものは、結局の所、文化だった。 それは民主主義という文化であり、ハリウッドという文化だった。 中国は、ハリウッド文化に目を付け、資本参加することで、ハリウッド映画の中国批判を封じることに見事に成功した。 もはやハリウッドに人権だの民主主義だのを期待するのはナンセンスだ。 彼らは、中国で上映できる、中国人を呼べる映画作りを第一に考える。 文化の力は、結局、中国共産党を倒すことは出来なかった。 それは未だに立っている。 今世紀、世界の経済成長が鈍化する中で、いかに中国経済の分母が大きくとも、もはやそれだけで世界を支配することは不可能だろう。 だが中国は、それを技術力の覇権でカバーすることが出来る。 今、基礎研究分野での中国の猛追は凄まじい。 基礎研究のあらゆる分野で、中国は日本とは一桁違う数の人材を研究に投じている。 安かろう悪かろうと揶揄されながら、一時は世界の工業力の覇権を日本が握りかけたように、いずれは中国の技術力が、世界を覆い尽くす日がくる。 ドローンの世界はすでにそうなっている。 そして軍事力においても、中国はすでに、米国がもたついている開発中の新兵器の配備を進めている。 いずれ太平洋は、中国海軍の軍艦で埋め尽くされるだろう。 アメリカが、依然として太平洋に留まるといくら宣言しても、誰も真に受けない日が、すぐそこまで来ている。 〔大石英司/2020年1月〕.

次の