小説 家 に な ろう おすすめ 恋愛。 【小説家になろう】笑える! おすすめのコメディ小説まとめ【ネット小説】

凪良ゆう おすすめランキング (234作品)

小説 家 に な ろう おすすめ 恋愛

ハンサムで優秀な外科医トマーシュは、女性に対して肉体的な愛と恐怖という矛盾する感情を抱きながらも、複数の愛人たちとのあいだで、充実した独身生活を送っていました。 ある日、そんなトマーシュのもとに、偶然、田舎町で知り合ったテレーザという名の娘が訪ねてきて……。 単なる恋愛小説ではありません。 大きな決断を前にしたとき、人はどう生きるか。 肉体的な愛と精神的な愛は両立しないのか。 そうした問題について、この小説の登場人物たちと一緒に、あなた自身が考えなければならない小説です。 読みごたえは抜群、後味は……タイトル通り、<耐えられない>ほど辛い。 ただ甘いだけの恋愛に飽きた方、是非ともご一読を。 ドラマ化、映画化もされた話題の作品。 4人の女性の話は、一見それぞれが独立しているようですが、「伊藤くん」を通じて見事に関連づけられています。 恋愛小説は、主人公の生い立ちや環境に共感し視野が狭くなる事もありますが、ここでは「伊藤くん」に着目をおいて、彼巡るタイプの違う女性達を客観的に鑑賞できる楽しみもあります。 キャラ設定もはっきりとしていて、登場人物の想像もしやすいです。 そして「伊藤くん」は何者なのか?!という最大の謎を解き明かした後の、女性脚本家の結末も最後まで楽しめる作品です。 お洒落な恋愛というカテゴリーのようなものが当時はあり、みんなそんなかっこいい恋愛をしたいと想っていた時代のスタイリッシュなシーンや小物の描写がリアルです。 かっこいい恋愛というものを探している方にもおすすめできる1冊です。 今の未成年が読むと「それは駄目でしょう」という未成年の大学生がお酒を飲むシーンが多く描かれています。 そういった当時の今から考えると悪い部分は置いておいて、男女の恋愛の始まりはいつの時代も変わらないところは共感を得られると思います。 スタイリッシュであることにこだわる理恵と社会人になるための準備を始めた久志。 「好きなうちに別れたい」というセリフが強く印象に残ります。 舞台はアメリカ。 お互いを大切の想う夫婦がドライブをしているように話はすすむのですが……。 最後に、大統領のクリスマスツリーの前で2人は別れます。 たった数時間の2人の会話と回想シーンだけで1冊になっており、一気に読みきれるでしょう。 愛し合っているのに上手くいかない場面が続きます。 夫婦となった2人は子供にも恵まれ、社会でそれなりに成功していきますが、何故か2人の心の距離は離れていってしまいます。 大切な恋や愛を失った経験がある方なら「ある、ある」とうなずけるエピソードの数々。 切ない終わりを迎えるのですが、読了感の清々しさは鷺沢萠ならではです。 14位 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。 プレゼントを求めてにぎわうデパートでジョナサンとサラは出会います。 同じカシミアの手袋に手を伸ばした2人は,譲りあっているうちにお互いに惹かれ合うものを感じ、「セレンディピティ -偶然な出会い-」というカフェでロマンティックなひとときを過ごすことに。 別れを惜しむ2人は、連絡先を5ドル紙幣と古本に託し、いつの日かその連絡先を見つけることができたら再会しようと約束をかわします。 婚約者がいながらも心の底ではサラを忘れられないジョナサン、恋人から求婚されるもジョナサンを忘れられないサラ。 運命を信じてお互いを探し続ける2人がとても切なく、運命を信じてみたくなります。 一度でいいからこんな恋をしてみたいと思える偶然がおりなすロマンティックな小説。 差出人は、高校の時付き合っていた彼氏と当時の自分の親友からでした。 到底祝えるような心境ではない中、当時の仲間たちとお祝いを贈ることになります。 結婚適齢期と言われる女性にとって、この物語の主人公は自分と重なる部分が多くあり、共感しながら読み進めることができます。 平凡な日常を送る中で、独身のアラサー女性だからこそデリケートな話題を、そして誰もが抱きがちな迷いや戸惑いと言った感情を、丁寧に綴ってくれています。 高校時代の過去を思い出す描写では、自分自身の昔も思い出し少し懐かしいような切ない気持ちを呼び起こされました。 現実の生活に悩みや葛藤を抱いている女性が、共感しながら読める作品です。 そんな2人と睦月の大学生の恋人「紺くん」の奇妙な三角関係がもたらす物語です。 同性愛者である睦月と恋人の紺くんの仲を理解した上で、気ままで都合の良い結婚をした笑子ですが、いつの間にか睦月に恋愛感情を抱くようになってしまいました。 本当に好きになってしまっても、その思いが届くことがないという歯痒さ、それを理解して一緒になったという経緯から素直になれない笑子の心情が、江國さんらしい日常の描き方とともに、切なさを引き寄せます。 とてもピュアで、ある意味でまっすぐな恋愛小説を読むことができます。 ふられた側にとって、ふった人は「ひどい人」になるかもしれません。 この物語はその視点で物語が描かれるのではなく、リレー形式の短編集になっており、次の話ではふった人の内面が描かれ、かつ、また違う人にふられるという小説です。 ある人をふった人は、ある人にふられていくという恋愛小説の中のふられ小説となっています。 恋をしている時は夢中になっていて気づけない「エゴ」のようなものを、決して重い展開ではなく、それぞれ身近にいそうな登場人物の話の中で、そっと教えてくれるような物語です。 短編集で登場人物ごとにストーリーがあるので、1つずつの話に違う気持ちで、感情移入できるのもおすすめです。

次の

【2020版】おすすめの「小説家になろう・なろう系小説」を厳選して紹介!

小説 家 に な ろう おすすめ 恋愛

世界は俺中心に廻っている、そんなふうに考えてた時期が俺にもありました。 えぇ、そんなことはないんです。 世界は金で勝手にクルクルやってるみたいでして、それはもう俺の意思なんて関係なく、日々飽きもせず大回転ですよ。 ふとそれに気づき始めたのは高2の夏でして、いくら待っても美少女は降ってこない、どこぞやの組織に拉致されない、授業中にテロリストやってこない、もう俺なんで生きてるんだろう、某涼宮さんじゃないんですけどね、自分の小ささというか現実とかいう糞みたいな物を受け止めざるを得ないなぁなんてそんな悟りを開き始めてた時期だったのですが、俺は勘違いしてたんですね。 そういう何かしらのチャンスっていうかオポテュニティ?そういうものがあっちから訪れる訳がないということに気付くんです。 ああ、なぜもっと早く気づかなかったんだろう、だけどそれに気づいた俺が歓喜してる暇なんてない。 すぐさま行動に移しましたとも。 そしたらね、死んじゃいました 笑 俺、転生。 これは、一人の脇役が自分の役割を放り出し竜騎兵(ドラグーン)を目指す物語。 剣と魔法のファンタジー世界で脇役ルーデルに与えられた役割は、悪徳貴族の馬鹿息子、主人公の引き立て役というもの。 しかし、幼少の頃に見たドラゴンをきっかけに、ルーデルはクルトア最強の騎士ドラグーンを目指してしまった。 脇役の役割という運命に逆らい、まるで真人間のようになってしまったルーデルを待ち構える数々の試練。 そして転生者である、主人公であるアレイストの存在。 ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかかって、無一文、鞄すらない初期装備の状態でゲームの世界に飛ばされてしまった。 「どうしよう……?」「どないしようか……?」 異世界転移お約束のピンチをどうにか潜り抜け、途方にくれながらもとりあえず目先のことだけはどうにかする二人。 魔術国家デ・ラ・ペーニャには、魔術の研究機関である『魔術大学』が無数に存在する。 学内では各分野における教授の指揮の下、新たな魔術や道具を開発すべく、大勢の魔術士が試行錯誤を繰り返していた。 17歳の少年、アウロス=エルガーデンは最低水準の魔力しか持たない魔術士。 彼は魔術そのものではなく、魔術が出力されるまでのプロセスを簡易化・高速化する為の論文を作成しようとしていた。 今年、西方より大いなる災いがこの国を襲います」 平和を謳歌する王国に王女アルフィーナの不吉な予言が告げられる。 だが、反逆者の血筋を疎まれる姫の言葉は無視される。 経済学部院生から行商人の子に転生した主人公リカルドは身分社会で大商人の妨害に苦戦。 情報を求めて入った学院でも早々に反感を買っていた。 そんなリカルドを庇ったのはアルフィーナだった。 「王女なんてボラティリティーの高い人間には近づかない」と保身に走ろうとするリカルド。 だが「策士を気取ってる割にチョロい」と幼馴染に嘆かれる彼は、姫の予言に巻き込まれていく。 「もっともらしさは問題じゃない。 仮説の成否を検証できるデータをどう取るかが重要だ」 災厄の本体ではなく被害後しか映さない予言に対し、リカルドは現代知識の概念を魔力災害に応用することで解明していく。 この小説はセルバンテス様にも投稿しています。 だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。 僻地に領地を持つ貧乏貴族の八男という、存在意義さえ怪しい子供に憑依した彼は、幸いにも魔法の才能があったので早くに自立しようと我が道を進む。 家門と領地継承も、内政無双も経験が無いから無理。 魔法で金を稼いで、自由に生きて何が悪いというのか。 まあ、結局人の営みで発生する柵(しがらみ)からは逃れられないのはこの世の常として。 これは、そんな若造ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターの世界なんて救わないお話である。 コミック版は第五巻まで発売中(コミックウォーカーにて連載しております)。 ドラマCDも発売中です。 同じく書籍化された、銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。 (五巻まで発売中)と共によろしくお願いします。 両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。 が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。 これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。 家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。 そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。 「10年ごしに」を「10年ごしの」に修正しました 2017年7月7日。 第五回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞いたしました。 部屋に響く物音で目を覚ました僕は恐ろしい〝脚〟に遭遇する。 以来、姿を見せずに部屋で存在だけを主張するそいつは、まるで包囲網でも敷くかのように日常を侵食し、遂に僕の目の前に姿を現した。 その正体は、あまりにも美しい、『名前のない怪物』だった。 必死な抵抗も虚しく、怪物の手に堕ちていく僕。 逃げることも逆らうことも叶わず、訝しむ恋人や友人から隠れ潜むかのように、僕と怪物の奇妙な生活が幕を開けた。 静かに、人としての感覚が死んでいく僕。 崩れていく日常。 その先に待つものを知った時、僕は大きな選択を迫られる。 恐怖と謎とエロスが融合した、サスペンスホラー。

次の

小池真理子のおすすめ書籍10選!大人の恋愛を色鮮やかに描く作家

小説 家 に な ろう おすすめ 恋愛

<小説名>蜘蛛と酔猫 <原作>オリジナル <掲載サイト>小説家になろう <読破所要時間>二時間 <主人公のタイプ>生きるのに疲れた武人 <あらすじ(引用)>春の豊穣の女神の祝祭の日、妓楼に派遣された女神の巫女たる乙女達は巡礼を行う慣わしになっている。 しかし、祭りを楽しみにしていたシャシャのつかえる「夕映えのねえさま」が護衛に指名したのは、数ヶ月前から居座っている心を病んだ粗暴な王族「紅楼の殿様」。 そうして、祭りの日、私の前に現れるどこか浮世離れした不思議な乙女「瑠璃蜘蛛」。 10日のうちに、私達は神殿までいかなければならない。 <感想>戦う理由を見失った人物が、生きたいと願うまでの物語。 運命を感じました。 <小説名>不機嫌な姫君に捧げる薔薇の花 <原作>オリジナル <掲載サイト>小説家になろう <読破所要時間>四時間 <主人公のタイプ>生真面目 <あらすじ(引用)>ルティーナ大国の王族に仕えるイグニス・パルウァエはどこにでもいる普通の騎士で、休日は家庭菜園、部屋の掃除、馬の手入れなどと隠居した爺のような生活を送っている。 三十一歳とそれなりに年を重ねていたが未だに独身で、一緒に土いじりをしてくれる優しい嫁が欲しいとぼんやり思う事もあった。 しかしながら、彼が仕える王子が結婚をしない限り妻を娶ることは不可能で、寂しい暮らしを淡々と続けている。 ーーそんなイグニスの前に現れたのは超絶美人の気が強い公爵令嬢で、侍女として王子に仕えるようになった彼女を目の保養だと喜んでいたら、いつの間にかわけの分からない感情が芽生えてしまい……。 借金(住宅ローン)を抱えた貧乏騎士と常に上から目線で偉そうな公爵令嬢の恋物語。 <感想>手垢まみれの{身分違いの恋}を珍しい視点で描き、珍しい解決をした作品。 お嬢さま視点がたくさんあって、わかりやすい。 <小説名>迷宮道先案内人 <原作>オリジナル <掲載サイト>小説家になろう <読破所要時間>二時間 <主人公のタイプ>底知れない <あらすじ(引用)>迷宮道先案内人。 タイロス迷宮でシェルパとして活動しているロウは、若いながらも腕利きのシェルパとして高い評価を受けていた。 <感想>これからが楽しみな小説。 今のところはヒロインが可愛いところとストーリーの新しさしか売りはないが、これからに期待できる小説。 まだあるけど、とりあえず.

次の