ソーヴィニヨン ブラン 2018。 アーラー グラッドストーン ソーヴィニヨン・ブラン 2018 |ワイン通販|東京虎ノ門 ワイン専門店 カーヴ ド リラックス

ワイン通販 ヴィノスやまざき

ソーヴィニヨン ブラン 2018

このフォームを送信することで、この WEB サイトのプライバシーポリシーおよび COOKIE ポリシーに同意されたものと見なされます。 この WEB サイトは COOKIE を使用します。 詳しくは、当社のをお読みください。 By enter this form you agree to the applicability of these Terms. The Website will make use of so-called "cookies". Please see the cookie policy for details. MARIAGE サーモンやフルーツを使ったサラダ、アボカドの冷製スープ、バジル風味のパスタなどと合わせたい1本です。 概要 柑橘系の果実やパッションフルーツのアロマに加え、ハーブのニュアンスを感じさせる、さわやかな酸味が楽しめるワイン。 長野県上田市丸子地区の陣場台地にある自社管理畑「椀子ヴィンヤード」のソーヴィニヨン・ブランを使用しています。 テイスティングコメント コメンテーター:チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘 色合いは輝きのあるレモンイエロー。 グレープフルーツやライムなどのさわやかな柑橘の香りの ほか、ハーブや白い花の香りなどがバランスよく調和しています。 さわやかな酸味とともに心地よいミネラル感を捉え、口中に広がります。 (2019年2月) ヴィンテージ情報 【2018年について】 3月は過去の平均気温の記録を更新し、桜は開花から満開まで一気に進み、暖かく短い春でした。 4月の萌芽も例年になく早く、順調に生育し、開花から結実までの期間が短く良好でした。 7月は空梅雨、8月は猛暑と高温乾燥となりましたが、収穫時期が近づくにつれて単発的に夜温が低下し、糖度、色づきともに良好なブドウを収穫できました。 基本情報 MARIAGE サーモンやフルーツを使ったサラダ、アボカドの冷製スープ、バジル風味のパスタなどと合わせたい1本です。 概要 柑橘系の果実やパッションフルーツのアロマに加え、ハーブのニュアンスを感じさせる、さわやかな酸味が楽しめるワイン。 長野県上田市丸子地区の陣場台地にある自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」のソーヴィニヨン・ブランを使用しています。 テイスティングコメント コメンテーター:チーフ・ワインメーカー 安蔵 光弘 色合いは輝きのあるレモンイエロー。 グレープフルーツやライムなどのさわやかな柑橘の香りのほか、ハーブやよく熟したパッションフルーツ、マンゴーのようなトロピカルフルーツの香りがあふれます。 さわやかな酸味とともに心地よいミネラル感を捉え、口中に広がります。 (2018年3月) ヴィンテージ情報 【2017年について】 ブドウの生育期間は雨が少なく、日中暑く、夜寒いという好条件が続いた結果、ブドウの成熟が良好に進みました。 粒が小さく、自然と収量制限がかかり、病果は例年と比べかなり少なく、とても凝縮したブドウを収穫することが出来ました。 基本情報 MARIAGE サーモンやフルーツを使ったサラダ、アボカドの冷製スープ、バジル風味のパスタなどと合わせたい1本です。 概要 メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区の陣場台地にて2003年より自社管理畑「椀子ヴィンヤード」を展開しました。 着実に土地の個性がワインに現れてきています。 このワインは「椀子ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 高瀬 秀樹 色合いは輝きのある鮮やかな黄色。 レモン、ライム、グレープフルーツのような柑橘系アロマと、パッションフルーツ、マンゴーのようなトロピカルフルーツを感じられます。 口中、ハーブ、植物的なニュアンス、さわやかな酸味とともに心地よいミネラル感を捉えられます。 ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 【2016年について】 春の平均気温がかなり高かったため、昨年より3日ほど早く萌芽し、その後も天候は安定し雨も少なく初期生育は順調に推移しました。 梅雨の時期は雨が少なく天候にも恵まれ、ヴェレゾン 色づき)は昨年よりやや早く順調に進行しました。 このまま良い状態で推移することを期待していましたが、9月中旬の台風の影響により天候が悪化し、収穫時期に晴れない日が続きました。 雨も過去に例を見ない量が降りましたが、健全果の確保に努めました。 更に原酒の選抜を厳しく行い、高い品質のワインのみをマリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブランとして瓶詰めしました。 基本情報 MARIAGE サーモンやフルーツを使ったサラダ、アボカドの冷製スープ、バジル風味のパスタなどと合わせていただきたいワインです。 概要 メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑『椀子(マリコ)ヴィンヤード』を展開し、ブドウの栽培を開始しました。 このワインはその『椀子(マリコ)ヴィンヤード』で育まれたソーヴィニヨン・ブランを使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられるソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 生駒 元 輝きのある黄色。 トップには、レモン、グレープフルーツ、パッションフルーツのような柑橘系アロマを強く捉える。 加えて、ハーブ、ミントのような植物的なニュアンスも感じる。 口中、心地よい酸味とミネラル感を捉え、立体的な味わいの層を成してフィニッシュする。 (2016年5月) 基本情報 MARIAGE サーモンやフルーツを使ったサラダ、アボカドの冷製スープ、バジル風味のパスタなどと合わせていただきたいワインです。 概要 『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。 このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 生駒 元 色調は輝きのある明るい黄色。 パッションフルーツやマンゴーのようなとても華やかなフルーツの香り。 さわやかさを感じますが、冷涼なイメージではなく、やや暖かでトロピカルな印象が強いです。 口中、適度な酸味とミネラル感とともに、立体的にフレーバーが幾重にも層を成してフィニッシュします。 (2014年6月) ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 1月2月は厳しい寒さでしたが、3月は気温が上昇。 4月は寒暖の差が激しく、17、18日は日中の気温が23. 5度まで上がり、春の気配を感じさせたものの、21~23日の最低気温は-2. 7度まで下がりました。 21日には20cmの積雪を記録。 その後も低温は続きましたが、ブドウに関しては各品種、萌芽しているものは少なく、目立った被害はありませんでした。 5月中旬から気温が上がり、日中の気温は平均20度で安定。 メルローは昨年に比べ6日遅れの展葉となりましたが、5月の日照時間が過去最高の299時間と安定した天気が続き、ブドウは急速に成長しました。 梅雨入りは例年より10日早い5月29日でしたが、6月中旬まではほとんど雨が降らず好天が続いたため、開花は昨年と比べて7日ほど早まりました。 7月6日に平年より15日も早く梅雨明け。 8月、夏季剪定が不要なほど、まとまった雨が降らず、白品種は酸の低下を懸念して除葉しませんでしたが、赤品種は両面除葉を実施。 着色開始は昨年より1週間早まり、9月6日よりソーヴィニヨン・ブランをスタートに収穫がはじまりました。 病害もなく、スタート時から作業は順調。 9月14日からはピノ・ノワール、シャルドネの収穫がスタート。 9月16日に台風が通過しましたが、被害はほとんどなく、それ以降は比較的天候に恵まれながらメルローの収穫が完了しました。 その後は気温が徐々に下がり、日中は晴れても朝晩は冷涼の気候。 10月、メルローは例年より、房、粒ともに大きくがっしりとした房が実りました。 その後シラーの収穫がはじまり、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンと収穫が順調に進みます。 生育期間中の降水量は535mmと比較的少なく、夏の温度に関しては非常に暑い日が多かったものの、35度を超えたのは数回でした。 生育期間中の少雨、夏の高温、乾燥と、ブドウにとっての好条件が2年続き、栽培しやすい年となりました。 基本情報 MARIAGE あさりのバターソテー、白身魚のムニエル、脂肪分の控えめな魚料理などと合わせてお召し上がりください。 概要 『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。 このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 小林 弘憲 色調は淡い黄色から黄緑色。 グレープフルーツ、パッションフルーツなど柑橘系アロマに加え、エニシダ、西洋ツゲ、ハーブ(香草)のような植物的ニュアンスも感じられます。 口中、さわやかでフレッシュな果実のフレーバーとはじけるような酸味、ミネラル感が立体的で深みのある味わいが広がります。 その色調と同様、黄色から黄緑色の柑橘を連想させる余韻が心地よいです。 ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 1月は平年並の天候でしたが、北部を中心に大雪になる日もありました。 2月は最低気温がマイナス15度以下までさがる日が増え、19日には菅平でマイナス29.2度を記録。 3月に入っても冷え込む日が続きますが、平均気温は平年並に推移しました。 しかし、低気圧や前線の影響で雪や雨が増加。 降水量が平年よりも多くなり、日照時間が減り、ブドウの発芽は例年より7日から10日ほどの遅れ。 気温が上がらない日が続き、発芽から展葉までに二週間がかかり、遅い品種では1カ月かかるものも見られました。 梅雨に入ってもまとまった雨が少ない空梅雨でしたが、9月上旬まで猛暑日が続いたことで酸の急激な低下が予想され、ソーヴィニヨン・ブランは9月10日より収穫を開始しました。 基本情報 MARIAGE あさりのバターソテー、白身魚のムニエル、脂肪分の控えめな魚料理などと合わせてお召し上がりください。 概要 『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。 このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 小林 弘憲 色調は淡い黄色から黄緑色。 グレープフルーツ、パッションフルーツなど柑橘系アロマに加え、エニシダ、香草のような植物的ニュアンスが感じられます。 口中では、フレッシュな果実のフレーバーと、はじけるような酸味とミネラル感が立体的で深みのある味わいが広がります。 その色調と同様、黄色から黄緑色の柑橘および植物類を連想させる余韻が心地よいです。 (2012年5月) ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 冬季は暖冬気味でしたが、冬型の気圧配置となる日が多く、大雪となる日も。 4月上中旬は高気圧に覆われ晴天が続いたものの、下旬は低気圧や前線の影響で安定した天候が続かず、気温も停滞。 5月に入っても上旬は気温が上がらず、発芽は平年と比べ10日程遅れとなりました。 下旬は前線や台風の影響で雨が続き、関東甲信地方は27日頃、統計開始以来2番目に早い梅雨入りでした。 梅雨の間はベト病の発生も確認されたものの、一日中雨の降る日は少なく、蔓延には至らず。 7月9日に平年に比べて12日早く梅雨明けとなりました。 8月は気温の変動が大きく、大気の状態が不安定になる日が多かったため病害発生も懸念されましたが、適切な防除の徹底により、質の良いブドウが収穫されました。 基本情報 MARIAGE 和・洋・中を問わず、初夏のさわやかな日差しのもとでのランチとともにお召し上がりいただきたいワインです。 概要 『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。 このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 テイスティングコメント コメンテーター:ワインメーカー 生駒 元 色調は淡い黄色から黄緑色。 グレープフルーツ、パッションフルーツなどの果実香が全体を包み込むなかに、ハーブ類のような植物的フレーバーも感じられます。 味わいは、はじけるような酸味、ミネラル感とともにモモ・イチジクのような、熟した果物の甘さ。 アフターは、その色調と同様、黄色から黄緑色の柑橘および植物類を連想させます。 ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 3月までは例年より本州から東に離れて低気圧が発達したため、寒気が南下しにくく、昨冬に続き暖冬となりました。 4月は上空に寒気が流れ込み、連日の低温。 ゴールデンウィークは高気圧の影響で気温が上がったものの、その後は気温の低い日や曇天日が多くなりました。 このため標準木では、萌芽から満開までに、過去10年で最も遅い日を記録。 梅雨明け(7月中旬)までの天候は降水量が平年に比べて多く、果実が乾く間がないほどであったため、薬剤防除のタイミングが遅れた園ではベト病が多く発生しました。 気温は梅雨明けを境に、太平洋高気圧の張り出しが強い期間が長く続き、9月中旬まで記録的な「猛暑」となりました。 ブドウの生育は初期の大幅な遅れを挽回できず、平年より3日遅れて着色を迎えました。 基本情報 MARIAGE 白身魚のマリネや寿司、天ぷら(塩)、グレープフルーツなどの柑橘類をドレッシングに用いたサラダ、生ガキなどと合わせたいワインです。 概要 『シャトー・メルシャン』は日本トップクラスのワイン造りを目指し、2003年より長野県上田市丸子地区の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」にてブドウの栽培を開始しました。 このワインは「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたソーヴィニヨン・ブランを100%使用しています。 グレープフルーツのような柑橘系の香りやパッションフルーツのアロマに加え、ハーブを思わせるさわやかな香りも感じられる、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をしっかりと楽しめるワインです。 ヴィンテージ情報 コメンテーター:ヴィンヤード・マネージャー 弦間 浩一 春先から開花期にかけて降水量は少なめに、日照時間は多めに推移。 特に今年の梅雨は空梅雨傾向で、ブドウは順調な結実を迎えました。 梅雨明けは例年に比べて早く迎えたものの、その後盆明けまでは不安定な天候の連続。 昨年の病害大発生の教訓を踏まえ、防除を徹底的に行い、心配された病害の発生は最小限に抑えることができました。 盆明けから収穫期直前までは、まとまった降雨は観測されず、例年以上に気温の日較差の大きい日が増加。 このためブドウは理想的な成熟を迎え、糖酸バランスのとれた、満足できる収穫をすることができました。 基本情報.

次の

ワイン通販 ヴィノスやまざき

ソーヴィニヨン ブラン 2018

ソーヴィニヨン・ブラン種のブドウ 色 ブラン 種 別名 ソーヴィニヨン・ジョーヌ、ブラン・フュメ フランス 、ムスカート=ジルヴァーナー ドイツとオーストリア 、フュメ・ブラン他多数 原産地 フランス 主な産地 南アフリカ、チリ、ニュージーランド、カリフォルニア、ロワール渓谷、ボルドー、ウクライナ 主なワイン 、 病害 、 ()、 ()、 ソーヴィニヨン・ブラン(:Sauvignon blanc)は、の地方を原産地とする、緑色の果皮をもつの品種である。 名前の由来は、フランス語で野生を意味する"sauvage"と、白を意味する"blanc"であると考えられているが、これはフランス南西部に古来から土着であったためである。 また、ソーヴィニヨン・ブランはの子孫である可能性が高い。 ソーヴィニヨン・ブランは世界中のワイン産地で栽培されており、多くは爽やかな辛口白ワインとなる。 やでは甘口のにも使われる。 フランスの他、、、、、、のやで広く栽培されており、カリフォルニアなどの一部のニューワールドではフュメ・ブランと呼ばれることもある。 これは、が考案した造語であり、プイィ・フュメになぞらえた販売戦略である。 ソーヴィニヨン・ブランで作られるワインの香りは、栽培される地域の気候によって、明確な草の香りから甘くトロピカルな香りまで幅がある。 冷涼な気候では、この品種は強い酸味と草や、のような「青い香り」を持つ傾向がある。 のようなトロピカルフルーツや、のようなフローラルな香りが感じられることもある。 温暖な気候ではトロピカルフルーツの香りがより際立つが、過熟すると香りが失われる可能性があり、そうなるとわずかに桃のような樹果やグレープフルーツの香りが残るだけになってしまう。 やニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを表現する言葉として、"crisp, elegant, and fresh" といった形容詞が使われることがある。 やや冷やしたソーヴィニヨン・ブランには魚料理やチーズ(とりわけ)が良く合うされる。 と合うワインのひとつとしても知られる。 とともに、ソーヴィニヨン・ブランはスクリューキャップのボトルで商業展開された最初のワインである。 これは特にニュージーランドの生産者が実施した。 ソーヴィニヨン・ブランのワインは若いうちに飲まれることが多く、そういったワインは熟成しても品質が良くならないものもあるが、なかには熟成によってやを思わせる植物性の香りを持つようになるものもある。 で熟成された、ボルドーのペサック・レオニャンやグラーヴ産辛口白ワイン、ボルドーの甘口ワイン、やなどのロワール産ワインは熟成のポテンシャルがある。 歴史 [ ] ソーヴィニヨン・ブランの起源を辿ると、フランス西部のおよびボルドー地方にさかのぼることができる。 ただし、この地域が真の起源かどうかは明確ではない。 この品種はサヴァニャン種の子孫である可能性が示唆されており、さらにとの関係もあると言われている。 18世紀に、この品種とを掛け合せてが生み出された。 19世紀のボルドーでは、 (チリではソーヴィニノナスと呼ばれる)がソーヴィニヨン・グリ とともに部分的に植えられていた。 禍以前に植えられていたは苗木としてチリに持ち込まれ、現在でも栽培が続いている。 ロワール川流域で栽培されているソーヴィニヨン・ロゼは、名前は似ているもののソーヴィニヨン・ブランとの関係性は知られていない。 ソーヴィニヨン・ブランの苗木がカリフォルニアに初めて持ち込まれたのは1880年代のことである。 の創設者であるチャールズ・ウェットモアが、ソーテルヌのに植えられていたソーヴィニヨン・ブランを苗木にして持ち込み、リバーモア・ヴァレーに植樹したが、これはうまくいった。 1968年にロバート・モンダヴィによりフュメ・ブランと名付けられ宣伝されることになった。 ニュージーランドへの伝播は1970年代のことであり、ミュラートゥルガウとの混醸用に試験的に植えられたのが始まりである。 適した気候・地理的条件 [ ] ソーヴィニヨン・ブランは芽吹くのは遅いが成熟は早い傾向にある。 そのため、晴天が続く気候においても過剰な高温に晒されなければ良好に栽培が可能である。 南アフリカ、オーストラリア、カリフォルニアなど温暖な国や地域においては、カリフォルニアのアレキサンダー・ヴァレーなど、比較的冷涼な気候の場所で多く栽培されている。 高温に晒される地域では、ブドウが急速に過熟し香りの弱く酸味の単調なワインになってしまう。 地球温暖化の影響で、ソーヴィニヨン・ブランの収穫時期はかつてに比べて早まっている。 ソーヴィニヨン・ブランの原産地はボルドーないしはロワール川流域であるが 、カリフォルニア・オーストラリア・ニュージーランド・チリ・南アフリカにおいてもさかんに栽培されており、ワインの人気もシャルドネに代わって上昇している。 イタリアやヨーロッパ中部での栽培例もある。 生産地域 [ ] フランス [ ] ロワール川流域で作られるプィイ・フュメ。 フランスでは、海洋性気候のボルドー(特に辛口ワインの産地として、、ペサック・レオニャンなど、甘口ワインの産地としてソーテルヌなど)や大陸性気候のロワール (、、など)で生産される。 これら地域の気候はではブドウはゆっくり成熟するため酸と糖分のバランスがとれた状態で成長することができる。 酸と糖分のバランスは、香りの優れたワインには必要不可欠である。 フランスでは、ワインづくりにおいて土壌やその他ワインに影響するテロワールの特徴に極めて重大な注意が払われる。 サンセールやプイィのように、とキンメリジャンというから成る土壌においては豊かで複雑性のあるワインが産出され、特に細かな白亜質土壌ではよりフィネスと芳香が感じられるワインになる。 ロワール川およびその支流付近の砂利が多い土壌では、スパイス、花、ミネラルの香りのワインとなる。 これはボルドーにおけるよりフルーティーなタイプのワインとは対照的である。 土壌がチャートの場合は、最も酒質が強く長期熟成に耐えるワインになる傾向がある。 ボルドーでは、白ワイン用ブドウとして使用が許可されているのは、ミュスカデル、およびソーヴィニヨン・ブランの4種だけである。 概ねこれらはブレンドされて使われるが、ソーヴィニヨン・ブランは4種の中でも主要なブドウ品種であり 、でも主要な品種として使われる。 ボルドーの辛口白ワインでは、主にソーヴィニヨン・ブランとセミヨンがブレンドされて使われる。 ソーテルヌにおいては、遅摘みのであるソーテルヌを作る際にセミヨンにブレンドされることがある。 伝統的にソーテルヌにおいてはセミヨンを植えた列のなかに1本だけソーヴィニヨン・ブランを植える、ということがなされる。 しかし、ソーヴィニヨン・ブランはセミヨンよりも1~2週間早く成熟するため、長く果実が成ったまま放置されてしまい香りの強さが失われてしまいかねない。 そのため現在では区画を分けて栽培する生産者が増えている。 プイィ・フュメは、地域の名であるプイィ・シュル・ロワールに由来しする。 この地域は、サンセールからロワール川をはさんで対岸の位置にあり、石灰を含み、の極めての多い土壌である。 その影響でワインには煙やのような香りがあると言われており、それゆえフュメ(フランス語で「煙で燻したような」の意)という名前が付いた。 北部では、ソーヴィニヨン・ブランはトレサリエとブレンドして使われることがあり、酸味の強いワインになる。 シャブリの外れに位置するという地域のAOCではソーヴィニヨン・ブランが使われ、注目が高まっている。 オーストラリア [ ] オーストラリアでは、特にマーガレットリバー地区において、セミヨンとブレンドされることが多い。 ヴァラエタルワイン(ソーヴィニヨン・ブラン1種だけから作るワイン)としては、アデレード・ヒルやパザウェイで作られるワインがあるが、ニュージーランド産のものとは異なるスタイルを持っており、比較的酸が高くやのような熟した香りがあることが多い。 チリ・ブラジル [ ] 1990年代初頭から、ワイン学者はチリで栽培されていたソーヴィニノナスとソーヴィニヨン・ブランを区別し始めた。 チリ産のソーヴィニヨン・ブランは、ブレンドを行っていない場合、典型的にはニュージーランド産よりもはっきりと酸味が弱く、むしろフランスに近いスタイルである。 は比較的冷涼な気候であり、チリの他の地域よりもブドウの収穫を6週間ほど遅らせることができるため、チリで最もソーヴィニヨン・ブランに適した産地である。 ブラジルでは、かつてソーヴィニヨン・ブランであると言われていたブドウが、調査によりセイベルであることが判明した。 ニュージーランド [ ] ニュージーランド、マールボロ産のソーヴィニヨン・ブラン 1990年代、ニュージーランドの海洋性気候の地域(とりわけ)で産出されるソーヴィニヨン・ブランはワイン市場で人気となった。 では、上に砂質の土壌が堆積しており、そのため水はけが良く痩せた土になる。 痩せた土では収量が減る分ブドウに香りなどの成分が集中するため、この場所はワイン生産にとって望ましい条件を備えている。 このような土地は、ワイラウ川の氾濫原に沿ってマールボロ地区の東西に広がっている。 このため、南北で各ワイナリーの個性は大きく異なる。 重粘土質の土壌で作られたブドウは成熟が遅く、ワインはハーブのような香りが際立つが、砂利の多い土壌で作られたワインは早く成熟し、ふくよかでトロピカルな香りになる。 土壌の差異だけでなく、生産者がいつ収穫を実施するかという決定もニュージーランド産ソーヴィニヨン・ブランの特性に影響を与える。 ニュージーランドの南島は細長い形をしているため、全てのワイナリーの海岸からの距離は80マイル(130km)以下である。 冷涼な海洋性気候のおかげでブドウが成長できる期間が長く、その間の気候も安定している。 したがってブドウは十分に成熟でき、酸と糖分のバランスがとれる。 ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの香りと強さはこのようにして生まれるのである。 さらに近年では、南島のワイパラ、のやのソーヴィニヨン・ブランが、マールボロ産とは微妙に異なる特徴を持つとして注目されている。 ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランで一般的なやなどの青い香りは、という化学物質に由来するが、この物質は冷涼な気候においてより顕著に発生する。 やのようなより熟した香りは、の蓄積によるものだと考えられている。 北米 [ ] ワシントン州産のソーヴィニヨン・ブラン。 ラベルにプィイ・フュメと表示されている。 北米大陸においては、ソーヴィニヨン・ブランの栽培はカリフォルニアで最も成功しているほか、ワシントン州やカナダのやでも栽培例がある。 のやオハイオ川の周辺でもわずかに栽培されている地域がある。 カリフォルニアで作られるソーヴィニヨン・ブランは、フュメ・ブランの名でも知られる。 最初にカリフォルニアで作られたソーヴィニヨン・ブランは、1968年のロバート・モンダヴィによるものであるが、彼はブドウ農家から非常に良いソーヴィニヨン・ブランを買い受けることができた。 ところが、当時カリフォルニアでは、ソーヴィニヨン・ブランは青臭くて強すぎる香りがあるとして評判が悪かった。 そこで、モンダヴィは樽熟成により香りを穏やかにし、フランスのプイィ・フュメを思わせる「フュメ・ブラン」の名前で売り出すことにしたのである。 現在では、マーケティングの観点から、生産者が好きな方の名前を用いることができる。 また、フュメ・ブランの名前で売られているワインのなかには、オーク樽熟成させたものもさせていないものもある。 カリフォルニア産のソーヴィニヨン・ブランは2つのスタイルに分かれる。 ニュージーランド産のワインに影響を受けたスタイルでは、控え目なトロピカルフルーツの香りとともに、やパッションフルーツのような香りが感じられる。 モンダヴィのプイィ・フュメのスタイルでは香りがよりはっきりとしていて、のような香りがある。 その他の地域 [ ] 南アフリカのやダーバンヴル、のコリッロ・ゴリツィアーノでは優れたソーヴィニヨン・ブランが作られるようになってきた。 また、イタリアの甘口ワインのなかでも特に優れたものとして知られるムッファート・デラ・サラでは主要品種として使われる。 栽培と醸造 [ ] ニュージーランドやチリでは、ソーヴィニヨン・ブランを間隔をあけて何度か収穫することがある。 これは、熟度によって特徴が変わってくるため、異なる特徴になったブドウをブレンドするためである。 あまり熟していない状態ではが強い。 果実が熟すにつれ、赤トウガラシやピーマンのような香りが生まれ、糖度とのバランスも良くなる。 このピーマンのような香りはメトキシピラジンという化学物質によるものである。 マールボロのワイラウバレーでは、起伏のある地形のためワイナリーのなかでも熟度の段階が異なることがあり、間隔をあけて収穫するのと似た効果がワインに現れる。 ソーヴィニヨン・ブランから成るワインは、醸造の仕方にもおおいに影響される。 ひとつは果汁をどの程度ブドウの果皮に接触させるかというものである。 ニュージーランドでワイン造りが始まった当初は南島には醸造施設が無かったので、トラックやフェリーで北島、多くはオークランド まで運ばなければならなかった。 そのため果汁と果皮の接触時間は長くなり、ワインの味わいは強くて鋭いものになった。 現在、生産者によっては、意図的に果汁の一部を果皮に接触させ、後にブレンドに使うことがある。 これはもともとフランスのロワール地方で使われていた手法である。 逆に、カリフォルニアなどでは醸造したワインの風味が熟成によって変化しないように、一切果汁を果皮と接触させずに作ることも一般的に行われる。 また、醸造時の温度をどの程度にするかも重要な要素である。 ニューワールドではそれよりも低めの温度で醸造することが多く、ワインは果実味が強くトロピカルな香りになる。 ロワールではマロラクティック発酵を採用するのは少数の生産者にすぎないが、ニュージーランドでは比較的多い。 一般にオーク樽での熟成を行うと、香りに丸みが生まれ、強すぎる酸味が穏やかになるが、ニュージーランドやサンセールでは鋭い酸味と強い香りを生かすためにステンレスタンクで醸造することも好まれる。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Wine and Spirit Education Trust Great Britain 2nd rev. ed ed. 2012. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Robert. , Joseph, 2000. Rand, Margaret.. London: Dorling Kindersley. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 2018年4月2日閲覧。 , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 2018年4月3日閲覧。 一般社団法人日本ソムリエ協会. 日本ソムリエ協会教本 2017• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Jancis. , Robinson, 1987. Rev. reprint ed. Mitchell Beazley. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. , Robinson, 1987. Rev. reprint ed. Mitchell Beazley. Kramer Saved by Sauvignon The Wine Spectator pg 36 July 31st, 2007• 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. Marais, J. ; Hunter, J. ; Haasbroek, P. 1999. South African Journal of Enology and Viticulture. 20 1 : 19—30. Tominaga, T. ; Baltenweck-Guyot, R. ; Peyrot des Gachons, C. ; Dubourdieu, D. 2000. American Journal of Enology and Viticulture. 51 2 : 178—181. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. , Clarke, 2001. Rand, Margaret. 1st U. ed ed. New York: Harcourt. 1954-, MacNeil, Karen, 2001. New York: Workman Pub. 脚注 [ ]• ヴェールはフランス語で「緑」の意味• ソーヴィニヨン・ブランのピンク色突然変種である。 グリはフランス語で「灰色」の意味。 ロワール川下流域は海洋性気候であるが、ソーヴィニヨン・ブランが作られているのは大陸性気候の中上流域である。 オークランドは北島の中でもやや北よりに位置する。 オータムキング• オータムロイヤル• カッタクルガン• クリムゾン・シードレス• グローコールマン• サニードルチェ• 昭平紅• 瀬戸ジャイアンツ• 京早晶 チンチャオチン• トロリンガー• ニューナイ• バラディ• ピッテロビアンコ• ブラック・コリンス• ブラック・マスカット• マニキュアフィンガー• リザマート• ルビーオクヤマ• ロザキ• ロザリオビアンコ 北米種群 アメリカ・ブドウ ラブルスカ種.

次の

Whitehaven Sauvignon Blanc (2018)

ソーヴィニヨン ブラン 2018

銘醸地や注目産地から 3,000円台以下のおすすめ銘柄をご紹介。 世界でも広く栽培されている、人気の白ブドウ品種「ソーヴィニヨン・ブラン」。 柑橘系果実の爽やかな香りを放つ、フレッシュでシャープな味わいの白ワインは、さまざまな料理と合わせやすく、特に夏場に好んで選ばれています。 こちらのページでは、フランスのボルドーやロワールから日本まで、世界のソーヴィニヨン・ブランの中からおすすめの銘柄をご紹介。 一口にソーヴィニヨン・ブランといっても、スッキリとしたタイプから、フルーティーでリッチなタイプまで様々。 造り手の個性はもちろん、産地によっても味わいは表情を変えます。 是非ソーヴィニヨン・ブランの多彩な魅力を飲み比べてご堪能ください!• 【 目 次 】• SAUVIGNON BLANC ソーヴィニヨン・ブランとは フランス・ロワール地方やボルドーで古くから造られている白ブドウ品種、ソーヴィニヨン・ブラン。 シャルドネに比べて温暖な気候を好むので、現在では ニュージーランドやチリ、イタリアと、世界各国で栽培されています。 ブドウの葉と房が小さく、熟すと黄金色に変化するのが特徴。 他の品種よりじっくりと熟す晩熟品種です。 地域によっても特徴があり、ロワールなど 冷涼な地域ではハーブやレモン、青りんごなど爽快な香りが、ニューワールドなど 温暖な地域ではグレープフルーツや熟したパッションフルーツなどフルーティーさが際立つ香りに。 同時に温暖な地域に行くほど、酸のシャープさが抑えられ、柔らかな飲み心地へと変化します。 そんな各生産地のソーヴィニヨン・ブランに共通する魅力はなんといっても、 清々しい風味と溌剌とした酸、そしてフルーティーで爽やかな味わい。 瑞々しさと柑橘系のアロマ、ハーブのようなニュアンスが料理の風味を引き立てるため、幅広いマリアージュをお愉しみ頂けます。 ワインは舌先に導かれ舌の中央を直線的に流れ、果実味と酸味のバランスを整えてくれます。 特にソーヴィニヨン・ブラン発祥の地として知られるボルドーのワインは、セミヨンとブレンドされることが多く、骨格のしっかりとしたバランスの良い味わいが特徴です。 一方、もう一つの銘醸地であるロワールでは、単一品種でワインが造られており、特に石灰質土壌のサンセールやプイィ・フュメで生まれるソーヴィニヨン・ブランは高い名声を築いています。 圧倒的な品質を誇る、世界で愛されるボルドーワイン。 深みのある果実味が愉しめる、幅広い料理に合う1本。 フルーティかつミネラリーなアロマ漂う洗練された仕上がり。

次の