ゴースト リヴァイアサン。 【Destiny2】レイド「リヴァイアサン」攻略:ノーマル/威光(ハード)

中立生物

ゴースト リヴァイアサン

「この宇宙の未開の地を影で覆い尽くせ。 実を言うと覚えていないんだ。 とにかくこの弓は、バンガード全てを合わせたよりも、多くの怪物を倒し、広く宇宙を見てきたと言われている。 長く銃器技師をしていると、そういう物語は無数に耳にする。 その中でもこの弓は特別だ。 この弓はまさに殺しの王だ。 ガウルのこともあと一歩のところまで追い詰めた。 確か、カルスが、部下のために作らせたものだったはずだ。 名前? ボイクとか、確かそんな名前だ。 とにかく、カルスはボイクに、できるだけたくさんの強敵や希少な生物の皮と頭を集めさせた。 この弓を使って、彼女はその仕事を見事にこなした。 不敗のスラークを倒し、巨大な海の怪物を打ち負かし、果てはアハンカーラをも倒したと言われている。 もしこれが事実なら、驚く他ない… カルスはその仕事ぶりに満足し、彼女は一種の昇進を果たした。 言い方に含みがあるのは、周知の事実ではなかったからだ。 カルスは彼女を「荒野の影」と呼んだ。 どうもしっくりこない呼び名だ。 サイオンフレイヤーはステルス技術で知られる種ではない。 彼女は暗殺者だったのだ。 希少生物の狩りをしていない時は、この宇宙の最果てでカルスの汚れ仕事に従事していた。 ガウルがタワーを襲撃した際、カルスはそれを絶好の機会と捉え、ボイクにガウルの排除を命じた。 その結果どうなったか予想してみるといい。 誰が彼女を倒したのか疑問に思うはずだ。 この弓を持つ限り、やられるはずなどなかった。 恐らく何らかのミスを犯したのだろう。 彼女の死体の傍らに落ちていたのを見つけた時、弓は新品同様の状態だった。 タワー脱出前にこれを手に入れられたのは幸運だった。 どれもただの噂でしかないかもしれない。 それでもこの芸術作品の名誉を回復させ、価値ある遺産へと変貌させられる可能性は十分にある。 狩りも悪くはないが、ガーディアンにはもっと大きな使命がある。 不死のシーズン終了後の現在は最新のシーズンパスを買った後にアクセスが可能になる。 弓としては例外的にパワースロットに装備し、ヘビー弾を使用する。 例外的パワーウェポンの例に漏れない超高威力型であり、を僅かながら上回るほどの精密ダメージを誇る。 基礎ダメージも高いので、PvPにおいては持続スーパーチャージ発動状態であっても胴撃ち1発でガーディアンを撃破可能。 また、固有パーク「大物ハンター」によってアンストッパブル・チャンピオンを怯ませることができる。 チャンピオン専用MODは通常パワーウェポンにはセットできず、それと同じ効果を持つ唯一のパワーウェポンでもある。 複数のチャンピオンが出現する高難易度コンテンツにおいて、アンストッパブル対策をパワー枠に収められるのが利点である。 もう一方の固有パーク「リヴァイアサンのため息」は、最大まで引き絞って発射すると着弾地点周辺に爆風を起こしてダメージを与えるというもの。 爆風の威力は矢そのものに比べれば小さいが、範囲はに迫るほど広く大勢の雑魚敵を一撃で薙ぎ倒すことができる。 これによって、弓でありながら例外的に雑魚処理もこなすことができるようになっている。 加えて爆風にはのようなノックバック効果があり、耐えたとしても大きく吹き飛ばして落下死を狙うことができる。 威力に応じて引き絞り時間はとても長く、普通の弓より一発にかかる時間が長い。 また、所持できる矢の本数が予備弾倉無しで10本と少ないので弾切れには注意を払う必要がある。 PvPダメージ:胴撃ち343 精密481 爆風31 名前 説明 1列目 大物ハンター シールドの剥がれた敵を怯ませる巨大なヘビーボルトを撃つ。 アンストッパブル・チャンピオンに効果的。 2列目 鎖の弓弦 丈夫な弓の弦。 カバル設計。 命中精度が僅かに上昇する。 安定性が向上する。 3列目 ファイバーグラス製の矢 重く、安定している。 命中精度が大幅に上昇する。 安定性が僅かに低下する。 4列目 リヴァイアサンのため息 最大まで引くと、ボルトが激しく振動する爆風を生み出し、敵をノックバックさせる。 5列目 トラッカー無効化 この武器は何も表示しない。 キルトラッカー この武器は、これを使って倒した敵の数を表示する。 クルーシブルトラッカー この武器は、これを使って倒したクルーシブルの敵の数を表示する。 Show recent 20 comments. カバルの弦という割には人間用サイズで、カバル技術を応用した感じなのかね。 (自分には)これをvPで咄嗟に射れる気がしない・・。 -- 2019-10-23 水 23:50:19• 弦をよく見ると自転車とかに使うチェーンなんだよな -- 2019-10-24 木 01:52:11• ギャンビットで強い -- 2019-10-26 土 11:50:37• これアンストッパブルとヘビー弾っていう特徴噛み合ってなくない?アンスト打ち込む前のチャンプはダメージ減衰入るからこの武器での最初の一発は必ずカス当たりになる。 高難度だとメイン弾でアンスト入れて他のヘビーで削る方が弾薬調整としては良い。 精密入るロケランと考えれば面白いけどこれにアンストは任せたくないかな。 -- 2019-10-28 月 03:37:06• これにアンスト任せてメインにバリアを入れれば特殊のSG、FR、SRを持てるようになるのがでかい -- 2019-10-28 月 18:51:20• 確定で怯み取れるならモルバ居なくてもこれでライクネスハメれるかも -- 2019-10-28 月 18:37:30• 待ち望んだ重量級大型弓。 それだけで使う価値と理由になる。 -- 2019-10-29 火 16:50:18• ギャンビットこれしかいないからクイブレの全盛期に戻ったみたいだわ… -- 2019-10-31 木 10:55:10• まあVEでは雑魚の集団、ボスにも使えて、VPでは防衛側でも一発、侵入側ならSCすら潰せる。 パークのエネルギー消費も軽め。 ギャンビットでは最適格では?探知機が利かないのが残念。 -- 2019-10-31 木 11:33:48• 弾薬探知機でヘビー弾落とすぞ?メインウェポン弾と書いてあるけど弓装備がリヴァイアサンだけならヘビー弾落ちるしスカベンジャー付けとけばそれ拾うだけで3発補充出来る -- 2019-11-10 日 07:48:00• 聞きたいんだけど、今までのシーズンでもパス所有者限定武器ってあったの?それかもしくは今ではもう手に入らない武器とかあるの? -- 2019-11-02 土 07:20:04• 今まではシーズンパスじゃなくて年間パス…まぁ似たようなもんだったけど同じ立ち位置 エキゾクエ に該当するものなら今でこそ孤独と影導入で取れるイザナギ 今は取れんが だとかトルンやラスワだったりとかその辺りじゃないかな。 ブラックアーマリー・道化師の闇・陰る光のエキゾクエが該当するやつだった気がする。 各ページ見てみて -- 2019-11-02 土 12:36:19• テキスト見ると皇帝から下賜されたものの様に思えるがバンシーが保管してたんだよな…どうもそこらへんの齟齬が気になる…バンシーが制作した試作品、とかならまだ良かった? -- 2019-10-28 月 18:26:19• いい考察。 さてはフロム脳 -- 2019-11-02 土 12:34:27• その内容の伝承が読みたい。 本当に大体そんな感じじゃないか -- 2019-11-17 日 20:56:35• これと光の泉で砕かれた玉座のヴォルゴス行くのあり? -- 2019-11-21 木 16:32:05• ちなみにソロ -- 2019-11-21 木 16:32:38• 個人的には無し 攻撃の合間にダーツ打たれて火力出しにくく感じた -- 2019-11-22 金 06:47:35• ただでさえ手数少ないのに矢がダーツに吸われたり迎撃に追われてタメ中断したりで火力が出しにくく感じたってことね。 ダーツ自体はどの武器使ってても撃たれるわなうん -- 2019-11-22 金 08:07:51• 皆さん欲しいのは分かるけど、武器商人で突っ込みまくるのやめてくれ... 最後の生き残りでリスポーンまで走り回るのめっちゃプレッシャー... でも、苦労して入手した分威力はヤバイね... ナーフされそうだけど... -- 2019-12-12 木 00:32:56• もしかしてこれもう取れない? 武器商人クリアしたら終わりなのに武器商人が出来ない ぴえん🥺 -- M 2019-12-14 土 23:46:42• シーズン8が必要ですと言われても終わったシーズンなんてどうしろと…… これならそもそもクエスト受注不可にしてくれてればよかったのに -- 2019-12-15 日 02:35:00• これが欲しくてDLC買ったんだけど武器商人出来ない、ストーリー進めたら出来るようになるかな? -- 2019-12-23 月 08:17:38• リヴァイアサンの息吹関連のフォーラム見回ってたら同じ問題発生してる人の所に現在調査中というぶんぎえからの返信がありました。 そのうち直るかもしれませんね。 -- 2020-01-07 火 13:03:53• シーズン9のパスじゃとれない? -- 2019-12-30 Mon 16:23:21• 自分と同じシーズン9だと取れないです 「シーズン8が必要」って出ますね -- 2020-01-02 木 16:18:23• 現時点でシーズン8は取得できないから詰んでる状態 -- 2020-01-06 月 15:48:15• これじゃなくてほかのレジェ武器にアンチアンストップつければいいじゃんってコメに、いやこの武器普通に便利なんだよなぁって思ってたんだけど、確かにそっちのほうが圧倒的に楽だった リヴァだと弾数と処理がし難いため -- 2020-01-06 月 19:41:53• あ、でも一人で全部 アンスト、バリア、オーバーロード をこなす過労死マンさんにはめっちゃ便利だと思いました。 あとかっこいい -- 2020-01-06 月 19:44:55• 最近やり始めてこの武器強いって聞いて取ろうと思ったのにシーズン8無いとか言われてDLC買ってないから悪いのかと思って買ったのに…金返してほしいわ -- 2020-01-12 日 06:21:11• 同じく、シーズン9のパス買ってクエスト出たから進めてみたけど最後の武器商人でシーズン8要求するとか仕様が欠陥だと思う オマケにクエスト押すとシーズン9のパス購入画面に飛ばされるし早いとこなんとかしてほしいわ -- 2020-01-12 日 23:25:35• 元々はシーズン8パス購入者向けの限定武器なんだからシーズン9の現在では取れないこと自体は正しい。 取れたら逆に前購入者に嘘をついたことになる。 今回の問題は入り口をなぜか残していたこと。 ちなみにシーズン9でリヴァイアサンの息吹進行中の人が武器商人にアクセスできない問題はシーズン9開始当初から運営は把握はしている。 ただ解決しても通常の武器商人がプレイできるようになるだけだと思われる。 -- 2020-01-13 月 16:51:23• -- 2020-01-13 月 18:53:58• 適当なこと言ってない? -- 2020-01-13 月 18:54:46• シーズン8パス買って武器商人まで進めて放置してたんだけど同じくシーズン8が必要ですって出た。 ひでえわ -- 2020-01-20 月 21:12:23• 次のアプデで取れるようになるっぽいで -- 2020-01-24 金 13:53:29• 取れるようになってたで〜 -- 2020-01-29 水 13:18:11• シーズン数に関わりなくパス買ってれば取れるって公式ニュースの更新予告に書いてあったよ シーズン8買った人には悪いけどシーズン9だけ買ってたから獲得エキゾ一つ増えてラッキーだわ -- 2020-01-24 金 20:46:39• ? -- 2020-02-15 土 15:51:31• 武器商人きつすぎない?正直NF980がお子様レベルに思えるほどきついんだが。 -- 2020-02-08 土 20:51:08• ソロじゃなければクリア出来ると思うけどな…前のシーズンのコンテンツだっけ?今よりパワー低かったけどクリア出来たし、難しかったという記憶も無い -- 2020-02-09 日 03:59:49• シーズン8中に野良とマッチングでクリアしたけど、そんなに難しかった記憶ないけどなぁ・・・バグ修正入って何か調整されてるのかな? -- 2020-02-09 日 10:53:44• 荒々しい成分、ブラックアウト、アイアンがついてるからきついのはきつい。 普段からNFやってて慣れてる人はそうでもないと思うけど -- 2020-02-10 月 12:27:00• 地球マップから武器商人に行くと、ボス部屋で絶えず空からレーザーが照射されるわ無限にグラディエーターが沸くわで、NF英雄より数段難しいというかエキゾのマルチ前提高難度クエっぽくなってるよな。 -- 2020-05-18 月 15:55:34• 使ってて一番気持ちが良いわ…発射までに時間かかるのも浪漫がある、そして見合った威力もある -- 2020-03-27 金 03:57:43• 今の模倣スリーパーとどっちが火力できるでしょうか? -- 2020-04-07 火 01:10:59• リヴァ弓 -- 2020-04-07 火 10:10:05• ありがとうございます -- 2020-04-07 火 14:43:00• 他ゲーになるけどBF5の対戦車ライフルに近いものを感じた。 vP胴体ワンパンは立ち回り初心者にはすごくうれしいし使いやすい。 ギャンビットでこれよりいいパワー武器ってあるのだろうかと思うくらいに使ってて楽しい。 -- 2020-05-17 日 22:12:15• トゥルースならもっと楽出来るぞ、 -- 2020-05-18 月 07:43:41• 害悪ゼノファジ -- 2020-05-18 月 18:28:26.

次の

リヴァイアサンの息吹 (Leviathan's Breath)

ゴースト リヴァイアサン

ダウンロード用ゲームから佳作・良作を紹介する連載。 今回は、オープンワールドの海中世界を舞台にしたサバイバルゲームを取り上げます。 「発射まであと3……2……1」と告げるアナウンスが、まるでサバイバル開始までの秒読みのよう。 そうして脱出ポッドと一緒に放り出された場所が、大きな海の広がる惑星です。 謎は多いけれども助けは期待できず、近くに人の気配もなく、海に1人だけの状況。 ポッド内にあるわずかな物資とクラフト装置のファブリケーターを足掛かりに、広大な海のオープンワールドを、生き抜いていかねばなりません。 サバイバルの始まりです。 焼き魚から精密機械まで設計図と素材さえあれば何でも作れてしまいます。 製作物によっては他の装置が必要なこともあります。 サバイバルゲームということで、当面は食料と水を確保しながら、クラフト用に素材を集めていくことが重要になります。 当然のことながら、人間であるプレイヤーが海中を行動できるのは酸素が続く間のみで、酸素が切れれば死んでしまいます。 つまり、海中を探索することにつねに死のリスクがつきまとうのです。 ゲーム開始時に選択するモードによっては、食料や水がいらない場合などもありますが、遊ぶなら基本となるサバイバルモードがおすすめです。 例えば、ちょっとした洞窟があったとして、その中には鉱石などクラフトに必要な素材があると期待できます。 しかし、外からではどれだけの広さかよくわかりません。 行動の制限がストレスになるか緊張感になるかは、ある意味で紙一重の部分かと思いますが、素直に納得できる形で緊張感を得られるのは、海であることを生かしたオープンワールドのよさだと思います。 海中探索ならではのおもしろさとゲーム体験の多様性 海中オープンワールドということで、地面に縛られず自由に移動できるのも本作の楽しいところです。 最初から360度のどこにでも移動できる自由度は、未知の場所を探索したいというモチベーションが上がり、海の中を探索しているだけでも楽しさがあります。 また、上から下に広がる世界も新鮮味があって、浅い海の地形だけをとっても、陸上のオープンワールドゲームとは、ひと味違った体験を得ることができます。 これまで下から上に登っていくことに慣れていた人間が、その逆をやるだけでも結構楽しいと気付かされるのです。 さらに本作の場合、東西南北で水平的に探索範囲を広げていく場合と、水深300m以上の深海へ潜っていく場合とで、同じゲームでも異なるおもしろさがあります。 東西南北に探索範囲を広げていく場合は、未知の場所を探索して素材や設計図を集め、それによって高度なアイテムをクラフトし、さらに探索範囲を広げていくというオーソドックスな楽しさがあります。 探索の過程でオーロラ号の乗組員に関するデータを発見することもあり、最初はまったく不明であるストーリー的な背景を徐々に知ることができるのも、楽しみの1つです。 通信機を使うと、ヒントを得られることもあります。 最初は通路を繋ぎ合わせた、潜水艦の船内のような狭い居住区しか作れませんが、見た目に海中らしさがあります。 また、ある程度まで探索範囲を広げて設計図を入手できれば、小型ビークルや潜水艦などの乗り物をクラフトできるようになり、飛躍的に探索範囲を広げたり、乗り物自体のおもしろさを体験できたりします。 深海に潜るようになると過酷な環境が待っているので、思えばこの時期が我が世の春だった気も……。 そうした乗り物をクラフトし、専用モジュールである程度のアップグレードを行うと、いよいよ深海探索の準備が整ってきます。 浅い海でも夜になると真っ暗になり、慣れるまでは探索するのがなかなか怖いものなのですが、深海には乗り物をあっという間に破壊するような巨大生物も棲息するなど、暗くて怖い以上に実質的な危険の度合いが高まります。 その姿を見たくない相手です……。 真っ暗な世界を危険に怯えながら探索し、もし乗り物が壊れるような事態に陥った場合、脱出できても酸素不足や敵の襲撃で帰りようがないという絶望的な状況は、緊張感と恐怖感に支配され、息の詰まるような思いすらします。 ただそれだけに、生きて帰れた時の安堵もひとしおで、たまらない解放感があります。 暗闇の中、幽霊のように浮かび上がる姿が怖すぎます。 陸上とは違う体験ができるオープンワールド。 誰にでもおすすめ 『Subnautica』は、2014年12月にアーリーアクセスが始まり、3年強の時を経て今年の1月23日にまずPC版の正式リリースが行われたタイトルです。 筆者は正式リリースを機にプレイしてみたのですが、まだまだ触れてない部分がありながら、陸上のオープンワールドとはまた違う体験を得られる、海の世界ならではのおもしろしさを味わっています。 繰り返しになるのですが、海中という空間を自由に動き回れることがまず楽しいですし、食料や水に加えて酸素を意識しないといけない部分もサバイバルのアクセントになっていると思います。 さらに深海の探索では、心臓が縮み上がるような恐怖を体験できます。 日本語に公式対応していてプレイも快適ですし、ゲーム的にも言語的にも、基本的に誰にでもおすすめできると思います。 オープンワールドのサバイバルゲームということで、ボリュームが膨大でプレイに時間がかかりますが、気長に少しずつ楽しめる1本としていかがでしょうか?.

次の

【随時更新】『Destiny2』リヴァイアサンレイドで入手できた武器、アイテムを紹介。シェーダー「カルスに選ばれし者」が格好良いぞ!

ゴースト リヴァイアサン

バイオーム名 説明 取得物 浅瀬サンゴ礁海域 Safe Shallows 脱出ポット近海のサンゴ礁が連なる海域。 深度は0m〜80m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・鉛 ・石英 ・塩 ・アシッドマッシュルーム ・珊瑚片 ・テーブル珊瑚片 ・ケイブサルファー 海藻の森 Kelp Forest サンゴ礁に隣接する、クリープヴァインが群生する海域。 深度は0m〜160m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・石英 ・塩 ・クリープヴァイン片 ・クリープヴァインの種 ・ストーカーの牙 グラッシー台地 Grassy Plateaus 赤い草原のような海藻が頒布する海域。 深度は70m〜170m程度 ・チタニウム ・銀鉱石 ・鉛 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・アシッドマッシュルーム ・珊瑚片 海中列島 Underwater Islands 海に沈んだ浮島が散見される海域。 海底には溶岩地帯が広がる。 深度は35m〜500m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・ダイヤモンド キノコの森 Mushroom Forest 巨大なキノコが群生する海域。 深度は70m〜250m程度。 ・金鉱石 ・リチウム ・塩 ・珊瑚片 バルブブッシュ群生地 マリモ群生地 Bulb Zone 光るマリモのような植物が群生する海域。 深度は140m〜480m程度 以前はKoosh Zoneと呼ばれていた ・金鉱石 ・リチウム ・塩 ・閃ウラン鉱 ・マリモ片 ・テーブル珊瑚片 オーロラ墜落地帯 Crash Zone 母船オーロラ号が墜落した海域。 オーロラからばら撒かれたと思われる物資の入ったコンテナが散乱している。 深いところは少し潜ると「リーパーリヴァイアサン」に襲われる危険性があるので海底に用事が無ければ極力海面を移動するように。 深度は0m〜300m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・石英 ・塩 浮島 Floater Islands ジャングルのように草木が豊富な断崖絶壁の浮島。 外周部に上陸できる箇所が一箇所存在する。 中腹に1つ、2つある山の山頂に1つずつの計3ヶ所に、廃墟 Abandoned Seabases がある。 洞窟の中には先住者のテレポート拠点 Precursor Teleporters の子機が存在する。 ・リチウム ・塩 深海サンゴ礁海域 Grand Reef 浮島周囲の海域。 光る球体状の物体が散在し、光源がなくてもある程度明るい。 みんなのトラウマ「ゴーストリヴァイアサン」が生息しているので迂闊に潜ると痛い目を見る。 深度は180m〜450m程度 ・金鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・ルビー ・水銀鉱石 閑散としたサンゴ礁海域 Sparse Reef 一部海藻、サンゴ礁が見られるが非常に砂地の多い海域。 深度は40m〜310m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・リチウム ・石英 ・塩 ブラッドケルプ群生地 Blood Kelp Zone 血のような色のオイルを溜め込んだ海藻が群生する海域。 深度は430m〜675m程度 比較的浅い200m付近にも浮島がちらほら存在し、固有植物のブラッドオイルやディープシュルームは深海装備がなくとも入手できる。 石英がかなりたくさんあるので石英が尽きたらここに来るとよい。 ・チタニウム ・銀鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・ルビー ・塩 ・閃ウラン鉱 ・ブラッドオイル ・ディープシュルーム 砂丘地帯 Dunes ごく僅かに海藻が見られる程度の荒れた砂地の海域。 特に固有の生物がいるわけではないが、「リーパーリヴァイアサン」がうじゃうじゃいる危険地帯なため、軽い気持ちで突入すると死ぬ目に遭う。 深度は65m〜400m程度 ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・金鉱石 ・石英 ・塩 ・リチウム 山岳地帯 Mountains 海面へ突き出る山々が連なる海域。 初心者たちのトラウマの場所でもある。 深度は0m〜500m程度 ・金鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・塩 ・リチウム ・マグネタイト 山岳地帯の孤島 Mountain Island 山岳地帯の海上にある孤島。 先住者の基地である検疫施設 Quarantine Enforcement Platform と、 先住者のテレポート拠点 Precursor Teleporters が存在する。 このテレポート拠点は浮島の子機とつながっている。 施設の入口付近にパープルタブレットフラグメントが落ちている。 孤島そのものの敵性生物はケイブクローラーだけなのだが、たまに海岸でワーパーが水浴びや日光浴をしていることがあるので油断すると隔離される。 ・パープルタブレット ・塩 ・閃ウラン鉱 ・リチウム ・金鉱石 ・ダイヤモンド シートレーダーの通り道 Sea Treader's Path シートレーダー Sea Treader が闊歩する海域。 深度は170m〜370m程度 ・ルビー ・金鉱石 ・水銀鉱石 ・石英 岩石荒原 Crag Field 尖った大きな岩が多く見られる海域。 深度は125m〜460m程度 岩を中心とした生態系が形成されている。 ・ダイアモンド ・金鉱石 ・鉛鉱石 ・石英 ・リチウム ・水銀鉱石 ・スクラップメタル デッドゾーン Void 厳密にはバイオームとは少し違うが表記する。 Subnauticaの舞台は ほぼ全域が水に覆われた惑星の、巨大水中火山の山頂にあるクレーターの内側。 その探索可能海域の端っこである「クレーターエッジ」よりも更に外側の領域全てを指す。 侵入自体は可能だが、侵入すれば「ゴーストリヴァイアサン」が「帰れ」と言わんばかりに襲い掛かってくる超危険地帯。 資源も何も存在しないので余程巧妙な理由が無い限り侵入するメリットは無い。 何千メートル潜航しようとも奈落の如き漆黒の深海が広がるだけで永遠に海底には辿り着けない。 箱庭ゲーの宿命として、何らかの形で「世界の果て」を表現しなくてはならない。 このゲームの場合、それがいわゆる透明の壁では興ざめなのでこのような方法をとっているのだろう。 ここにしか存在しない生物や植物が生息していたりする。 バイオーム名 説明 取得物 ジェリーシュルーム洞窟 Jelly Shroom Cave グラッシー台地 Grassy Pluteus から入れる広大な地下洞窟。 巨大なジェリーシュルーム Jelly Shroom があちこちに生えている他、廃墟 Abandoned Seabase が存在する。 「クラブスネーク」くらいしか敵性生物がいないのでちょっかいさえかけなければ意外と平和な洞窟。 深度は180m〜300m程度。 ・金鉱石 ・リチウム ・ダイヤモンド ・磁鉄鉱 浅瀬サンゴ礁海域洞窟 Safe Shallows Caves 最初期から行ける洞窟。 紫発光している植物に照らされている。 クラッシュフィッシュが多く生息しておりとても危険。 深度は10m〜75m ・ケイブサルファー ・ゲルサック ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・金鉱石 ・石英 ・アシッドマッシュルーム 海藻の森洞窟 Kelp Forest Caves Drooping Stingersという紫色の昆布みたいなのが生えている洞窟。 昆布は接触するとダメージがあり非常に鬱陶しい。 メスメルやクラッシュフィッシュもいる場合があり、相当危険。 深度は90m〜170m ・ケイブサルファー ・チタニウム ・銅鉱石 ・銀鉱石 ・金鉱石 山脈洞窟 Mountain Range Caves 山岳地帯にある洞窟。 先住者の検疫施設近くの地上からも行ける。 パープルタブレットが数個落ちている。 ケイブクローラーが少々いるが至って平和な場所。 深度は0m〜380m ・パープルタブレット ・金鉱石 ・石英 ・ダイヤモンド ・塩 ・リチウム ・閃ウラン鉱 グラッシー台地洞窟 Grassy Plateaus Caves 貴重な植物シークラウンが生えている洞窟。 ここもDrooping Stingersが生えているので移動時は注意。 深度は120m〜175m ・チタニウム ・銅鉱石 ・鉛 ・石英 ・塩 ・銀鉱石 ・金鉱石 キノコの森の洞窟 Mushroom Forest Caves 巨大キノコ樹の付近から行ける洞窟。 グルークラスターにより青く発光している。 バルブブッシュ群生地 マリモ群生地 の洞窟まで繋がっている。 深度は170m〜250m ・金鉱石 ・ダイヤモンド ・リチウム ・閃ウラン鉱 バルブブッシュ群生地 マリモ群生地 の洞窟 Bulb Zone Caves 熱水噴出孔が多くある洞窟。 深度は220m〜315m ・金鉱石 ・ダイヤモンド ・リチウム ・チタニウム シートレーダーの通り道の洞窟 Sea Treader's Tunnel Caves 浅めの深度でディープシュルームが見つかる洞窟。 深度は200m〜340m ・ディープシュルーム ・金鉱石 ・ルビー ・石英 ・水銀鉱石 海中列島の洞窟 Underwater Islands Caves 海中浮島内に偏在する洞窟。 ボーンシャークが紛れ込んだりするので少し危険。 深度は205m〜255m ・チタニウム ・銅鉱石 ・鉛 ・石英 ・塩 ・金鉱石 ・ダイヤモンド 深海サンゴ礁海域の洞窟 Grand Reef Caves シートレーダーの道〜深海サンゴ礁海域にある洞窟。 深度は360m〜410m ・チタニウム ・銅鉱石 ・閃ウラン鉱 砂丘地帯の洞窟 Dunes Caves 先住者の隠れ家 Precursor Caches が存在する洞窟。 ここにも貴重な植物シークラウンがある。 深度は400〜420m ・リチウム バイオーム名 説明 取得物 下層深海サンゴ礁海域 Deep Grand Reef 深海サンゴ礁海域 Grand Reef の下層にある領域。 紫色の松ぼっくりのような植物を破壊すると塩が出てくる。 深度は425m〜600m程度 ・ルビー ・ダイヤモンド ・金鉱石 ・水銀鉱石 ・塩 ・閃ウラン鉱 ・ゲルサック ロストリバー Lost River いくつかのエリアに分かれた広大な地下洞窟。 巨大な骨の化石があったり、先住者の基地がある。 不活性溶岩洞窟へと繋がる。 深度は550m〜1000m ・チタニウム ・石英 ・硫黄 ・閃ウラン鉱 ・ニッケル鉱石 ・ゲルサック ・ディープシュルーム 不活性溶岩洞窟 Inactive Lava Zone 今なお熱い溶岩が湧き出す広大な洞窟。 溶岩湖へと繋がる。 深度は450m〜1200m 1100m以降に溶岩城 Lava Castle と呼ばれる巨大な奇岩がある開けた地域が存在。 溶岩城中腹あたりに先住者の基地へ繋がる洞窟の入口 緑色に発光してる がある。 ・硫黄 ・ダイヤモンド ・藍晶石 溶岩湖 Lava Lakes 底が熱い溶岩に覆われた広大な洞窟。 かつてはActive Lava Zoneと呼ばれていた。 ここでのみ見られる固有種も存在する。 深度は1300m〜1700m ・硫黄 不活性溶岩洞窟回廊 Inactive Lava Zone Corridor ロストリバーと不活性溶岩洞窟を繋ぐミニバイオーム。 深度は730〜1200m ・硫黄 ・ダイヤモンド ・藍晶石 ・ルビー ・ディープシュルーム エリア名 説明 化石荒原回廊 Bones Fields Corridor Lost River Corridor 小さい方のブラッドケルプ群生地の谷底から化石荒原へと北東に伸びる細めの洞窟。 パイロコーラルというサンゴの黄色い明かりが特徴。 下側は酸性の塩水が川のように流れていてる。 最下流部、化石荒原に出る手前に熱源がある。 山岳回廊 Lost River Corridor Mountains Corridor 山岳地帯とマリモ群生地に挟まれた大穴からジャンクションへといくつかの段差を降りていく洞窟。 パイロコーラルというサンゴの黄色い明かりが特徴。 途中にいくつか、酸性の塩水が溜まったくぼみや、熱源や化石がある。 入口も洞窟も広めで、ロストリバーの入口としてはサイクロプスで侵入するのが容易。 ジャンクションとの境界には大穴があり不活性溶岩洞窟に繋がっているが、ゴーストリヴァイアサンの幼体が守っている。 化石荒原 Bone Fields サイクロプスすら一飲みにできそうな巨大生物の化石が横たわっているエリア。 巨大な化石の頭蓋骨のあたりにはゴーストリヴァイアサンの幼体がいる。 頭蓋骨の鼻先の方向 南西 がキャニオン、後頭部の方向 北東 がジャンクション、化石の尾の先の方向 西 にが化石荒原回廊。 化石荒原洞窟 Bone Field Caves 化石荒原にある洞窟。 ここにしか群生しない珊瑚が存在する。 ゴーストキャニオン Ghost Canyon 洞窟全体が根に囲まれ、海底に流れる酸性塩水からは青白く発光する枝が出ているエリア。 下層深海サンゴ礁 Deep Grand Reef からはここを通ってロストリバーに入り、途中の分岐を北へ行くと化石荒原 Bone Fields の巨大頭蓋骨の所に抜けることになる。 分岐を西に行くとオレンジタブレットで封印された先住者の隠れ家が存在する。 外骨格の大きな化石が目印。 小さい方のブラッドケルプ群生地の谷底から南東に向かうとこの化石の頭上の穴に出る。 ジャンクション Junction 酸性塩水の池の中央に盛り上がった台座のような岩に横たわるシードラゴンの化石骨と、 その周囲に落ちる酸性塩水の滝が印象的なエリア。 またジャンクションという名の通りロストリバーの各エリアや不活性溶岩洞窟へと繋がっている。 各エリア間を移動する際には大抵このエリアを行き来する事となる。 化石骨の東側には先住者の基地 Precursor Base があり、その先は山岳回廊に繋がっている。 化石骨の西側は巨大幽霊樹の入江があり、北側には滝を登ると幽霊樹の森、南側は化石荒原がある。 幽霊樹の森 Ghost Forest 幽霊のような青白く発光する樹 Ghost Tree が生い茂るエリア。 ジャンクションの化石の北に位置する。 大きい方のブラッドケルプ群生地 Blood Kelps から地下世界に入った場合、ここに来ることになる。 滝の裏に先住者の施設 Arch の入口があるがタブレットで封印されて入れない。 樹が茂っているうえにゴーストリヴァイアサンの幼体がいるので、あわててサイクロプスをぶつけないように注意。 巨大幽霊樹の入江 Tree Cove 中央に巨大な卵が乗せられたピンク色の葉を付けた大樹、Giant Cove Treeが存在するエリア。 ジャンクションの化石の西に位置する。 多くのゴーストレイ Ghost Ray が泳いでおり、とても幻想的である。 景観も良く熱源もあり資源も多く、基地の建設地としても人気。 アプデでゴーストリヴァイアサンの繁殖地という設定が追加されたが、このエリア内には敵性生物がいなくて安全。 不活性溶岩洞窟へ繋がっている。 名称 説明 取得物 脱出ポッド5号機 Lifepod 5 ゲーム開始時の拠点となる主人公の搭乗した脱出ポッド。 又、ソーラーパネルも備え付けられているため、時間が経過すれば使用したエネルギーも再チャージされる。 リペアツールにて修繕すると全ての機能が使えるようになる。 ・消毒済み飲料水 ・緊急補助食品 等(ゲーム開始事に変動する模様) 破壊された脱出ポッド(Destroyed Lifepods) オーロラ号からプレイヤーが脱出する際に使用したポッドと同型の脱出ポッド。 何があったのか軒並み破壊されておりシステムもほぼ機能していないが、内部には逃げ込んだ乗組員が残したと思われるアイテムが落ちている事も。 合計9基存在しており、通信中継機を使用する事で偶に座標を入手可能。 周囲にデータボックスが落ちており設計図が入手できる。 ・PDA ・データボックス 沈没船 Wrecks 母船Auroraの残骸か、はたまた別の不時着した船か。 グラッシー大地、ブラッドケルプ群生地、バルブブッシュ群生地 マリモ群生地 等各所に点在する沈んだ船。 内外部に設計図やスキャン出来るものが存在する。 ・各種フラグメント ・PDA 廃墟 Abandoned Seabases 前に不時着した船の乗組員が作ったであろう建築物。 廃墟と化しているが、重要な建築物がいくつも存在する。 浮島の中腹に1つ、浮島山頂に2つ、ジェリーシュルーム洞窟内に1つ、下層深海サンゴ礁に1つの計5ヶ所存在する。 ・各種フラグメント ・PDA 先住者の基地 Precursor Base 先住者によって建てられた巨大な施設。 入るには専用のタブレットが必要。 現在確認できるのは、以下の4つ。 ・検疫施設 Quarantine Enforcement Platform ・疫病研究施設 Disease Research Facility ・地熱発電所 Precursor Thermal Power Generator ・第一収容施設 Primary Containment Facility ・イオンキューブ 先住者のテレポート拠点 Alien Arch Caches 先住者によって各地に建てられたテレポーター。 マスターとスレイブの二種類がセットとなっており、稼働させるにはマスターの側に適切なアイテムを設置してシステムを起動させる必要がある。 先住者の隠れ家 Sanctuary Caches 先住者によって各地に建てられた小規模施設。 緊急時の避難用拠点だったらしく見つけるのは困難な場所にあったり、フィールドで封鎖されていて専用のパープルタブレットが必要。 ストーリーの補完になるものがスキャン出来る 現在確認できる場所は閑散としたサンゴ礁海域 聖壇アルファ 、ブラッドケルプ群生地 聖壇ベータ 、砂丘地帯 聖壇3? ・イオンキューブ ロストリバーの研究所 Lost River Laboratory Cache 先住者によってロストリバーに建てられた小規模施設。 入口前にある大きな甲殻を持つ肉食動物の骨格や、その他の骨格サンプルなどの研究をしていた。 専用のオレンジタブレットが必要。 ストーリーの補完になるものがスキャン出来る ・イオンキューブ ・カドルフィッシュの卵 今後のアップデートで予定されているらしい海域。 正式に登場するかは未定だが、概ねバージョン1. 画像は現状存在していないが、資料によると独特の生物群や海面や海中にある氷のトンネルの中を探索出来るらしい。 『BELOW ZERO』で満を持して登場。 下層深海サンゴ礁海域と不活性溶岩洞窟の間に配置される予定だったが、何故かお蔵入りに。 コンセプトアートやスクリーンショットは有る為ある程度は作られている模様。 『BELOW ZERO』では探索エリアのほぼ中心部に堂々と配置された上に深部に相当する「Deep Twisty Bridges(仮)」も実装された。 配置される動植物に関しては不明。 『BELOW ZERO』で満を持して登場。

次の