オゼックス 小児。 オゼックス小児細粒について教えて下さい4歳の子供が夜中に鼻が詰ま...

製品情報

オゼックス 小児

マイコプラズマとは? 簡単に言うと、ウイルスよりも大きく、細菌よりも小さい病原体です。 飛沫(くしゃみや咳)によって人から人へと伝染して、カゼ症状の原因となり、しばしば肺炎を起こします。 学校などで 集団発生することもあります。 感染するとどうなりますか? 潜伏期は2~3週間と考えられています。 年齢の小さい乳幼児が感染したときは、他のウイルスが起こすカゼ(上気道炎)と同じような症状を起こすことが多く、年齢の高い幼稚園児や小中学生が感染したときは、肺炎を起こす率が高くなります。 これは言い換えると、 マイコプラズマに何回か感染した時の方が、初めてかかるときよりも肺炎になりやすいということ です。 このことは、肺炎の原因として、マイコプラズマに対するアレルギー反応が関与している可能性を示唆しています。 (感染症は何度もかかるうちに抗体が強化されてかからなくなりますが、花粉やハウスダストなどのアレルギーは、何度も吸い込んでいると悪化します。 )逆に、肺炎になってしまうと、体力のない乳幼児の方が、年長児よりも重症になります。 また、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、胸膜炎、紅斑やじんましんなどの皮膚症状、気管支喘息の発作の原因となります。 まれには髄膜炎、脳炎、腎炎、関節炎、心筋炎、溶血性貧血などを起こして重症となることもあります。 これらのいろいろな症状は、マイコプラズマの病原体としての作用と、アレルギー反応が複雑に絡んでいると考えられます。 マイコプラズマ肺炎の特徴は? 「マイコプラズマ」というと、まず「肺炎」が連想されます。 小児科の日常診療の中で最も多く見かける肺炎で、しつこい咳と発熱が特徴です。 熱は午前中は下がっているが、午後になって上がってくることが多く、受診の遅れる原因となります。 午前中調子が良くても油断しないでください。 私の実感として、気管支喘息の既往がある人や、アレルギー体質の人でカゼをひくといつもゼロゼロいったり咳が長引く人が肺炎になる率が高いと思います。 特 に年長児の場合は、激しい咳はありますが、熱がないこともあり、ふつうに生活して、時には学校に行 っている場合もあります(それで、集団発生するのでしょう)。 聴診器で胸の音を聞いても異常がないこともあり、診断が遅れる原因となります。 細菌による肺炎は細気管支や肺胞という吸った空気の通り道を中心に炎症が起っていますが、マイコプ ラズマによる肺炎は、間質といって細気管支や肺胞の外の部分に主として炎症が起っています。 ですか ら、胸の音を聴診器で聞いても、肺炎特有のプツプツという泡がはじけるような音が聞こえにくいので す。 しかし、時間が経ってくると、炎症が細気管支や肺胞の中に広がってきて、肺炎特有の音が聴診で 聞こえるようになってきます。 また、気管支喘息の発作と重なると、最初から派手な聴診音が聞こえます。 マイコプラズマ肺炎の診断は? 小児では一般的なセフェム系やペニシリン系の抗生剤を処方しているのに、一向に熱が下がらず、咳が続く場合に疑ってみます。 周囲での流行があり、レントゲンで典型的な真っ白な影があれば、ほぼ間違いありません。 肺炎の影が大きくて濃いほど、治療が大変となりますので、被ばくのデメリット(僅かで、通常は問題となりません)を考えても、胸部レントゲンは積極的に撮ったほうがよいと考えています。 診断を確定するには、咽頭ぬぐい液や喀痰からマイコプラズマの遺伝子を検出するLAMP法がありますが、検査会社へ委託するため結果が出るまで数日を要します。 これに対して、同じく咽頭ぬぐい液からマイコプラズマの抗原を検出するキット、血液から抗体を検出するキットがあります。 この2つはその場ですぐに結果が判定できますが、それぞれ感度が鈍い、疑陽性が出やすいという欠点があります。 これらの検査は有益な情報の一つとなりますが、実際の診療では、必ずしも検査が必要なわけではありません。 症状と経過から診断することもあり得ます。 マイコプラズマ肺炎を強く疑っても確認できなかった場合は、クラミジアという細菌の起こす肺炎の可能性があります。 マイコプラズマ肺炎の治療は? マイコプラズマ肺炎は肺炎としては軽症であることが多いので、通常は通院で治療可能です。 食欲と睡眠が保たれ、薬がきっちりと飲める場合は、有効なマクロライド系の抗生剤 (エリスロシン、クラリシッド、ジスロマックな ど)の内服だけで治ります。 ところが最近は、これらの薬に耐性をもつマイコプラズマが増えているので、オゼックスなどのニューキノロン系やミノマイシンが必要なこともあります。 オゼックスの副作用はほとんど経験しませんが、ミノマイシンはやはり一定の割合で肝障害や歯が黄色くなる副作用が出るので、最終手段です。 症状のひどい場合は、ダラシン やミノマイシンなどの点滴注射を行い、アレルギーの関与を考慮してステロイド剤の併用をすることもあります。 もちろん他の原因によるカゼ症状と同じく、咳止め、去痰剤、解熱剤などで症状を和らげます。 高熱で水分がとれず、脱水状態になっている時や、咳が激しくて睡眠や食事が著しく妨げられる場合、また、上に挙げたような重症の合併症が起きた場合は、入院しての治療が必要となります。

次の

肺炎マイコプラズマにおけるオゼックスの適応拡大。現場はどう変わる?

オゼックス 小児

但し、1回180mg、1日360mg トスフロキサシンとして1回122. 4mg、1日244. 8mg を超えないこととする。 用法及び用量に関連する使用上の注意• 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。 本剤は、食直前又は食後に投与することが望ましい。 高度腎障害のある患者には、投与量・投与間隔の適切な調節をするなど慎重に投与する。 炭疽の発症及び進展抑制には、類薬であるシプロフロキサシンについて米国疾病管理センター CDC が、60日間の投与を推奨している なお、長期投与中は、副作用及び臨床検査値異常変動等の発現に特に注意する。 その主なものは、下痢13例 5. その主なものは、便秘2例 6. その主なものは、下痢10例 1. 重大な副作用• ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、浮腫、発赤等 頻度不明 :ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、浮腫、発赤等 を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 頻度不明 :中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 痙攣、意識障害 意識喪失等 頻度不明 :痙攣、意識障害 意識喪失等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 急性腎障害、間質性腎炎、腎性尿崩症 頻度不明 :急性腎障害、間質性腎炎、腎性尿崩症等の重篤な腎障害が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 肝機能障害、黄疸 頻度不明 :肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 無顆粒球症、血小板減少 頻度不明 :無顆粒球症、血小板減少が現れることがあるので、発熱、咽頭痛、皮下出血・粘膜出血等が現れた場合には血液検査を行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎 頻度不明 :偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。 間質性肺炎、好酸球性肺炎 頻度不明 :発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、好酸球性肺炎等が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 横紋筋融解症 頻度不明 :急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK上昇 CPK上昇 、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 低血糖 頻度不明 :低血糖が現れることがある 高齢者、腎障害患者、糖尿病患者で現れやすい ので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 大動脈瘤、大動脈解離 頻度不明 :大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがあるので、異常が認められた場合には適切な処置を行う。 末梢神経障害 頻度不明 :末梢神経障害が現れることがあるので、しびれ、筋力低下、痛み等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害 頻度不明 :アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害が現れることがあるので、腱周辺の痛み、浮腫、発赤等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 精神症状 頻度不明 :幻覚、譫妄等の精神症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 重大な副作用 類薬 重症筋無力症の悪化:他のニューキノロン系抗菌剤で重症筋無力症悪化が報告されているので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 但し、妊婦又は妊娠している可能性のある炭疽、妊婦又は妊娠している可能性のあるコレラの婦人に限り、治療上の有益性を考慮して投与する。 慎重投与• てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣を起こすことがある]。 高度腎障害のある患者[高い血中濃度が持続することがある]。 重症筋無力症の患者[類薬で症状を悪化させるとの報告がある]。 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくは大動脈瘤のリスク因子を有する又は大動脈解離のリスク因子を有する患者 マルファン症候群等 [海外の疫学研究において、フルオロキノロン系抗菌薬投与後に大動脈瘤及び大動脈解離の発生リスクが増加したとの報告がある]。 高齢者[腱障害が現れやすいとの報告がある]。 重要な基本的注意• 関節障害が発現する恐れがあるので、問診を行うなど患者の状態を十分に観察する。 大動脈瘤、大動脈解離を引き起こすことがあるので、観察を十分に行うとともに、腹部、胸部又は背部に痛み等の症状が現れた場合には直ちに医師の診察を受けるよう患者に指導する。 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくは大動脈瘤のリスク因子を有する又は大動脈解離のリスク因子を有する患者では、必要に応じて画像検査の実施も考慮する。 相互作用 併用注意:• テオフィリン、アミノフィリン水和物[健康成人にテオフィリン1日400mgとトスフロキサシントシル酸塩水和物 錠剤 1日450mgを併用したところ、テオフィリンの最高血中濃度は併用3日目で1. 13倍・5日目では1. 23倍の上昇を示したとの報告があり、テオフィリンの中毒症状 消化器障害・頭痛・不整脈・痙攣等 が現れる恐れがあるため、観察を十分に行い、血中濃度モニタリングを行うなど注意する 機序 テオフィリンの肝での代謝を抑制し、血中濃度を上昇させることが報告されている 危険因子 高齢者、高度腎障害患者 ]。 フェニル酢酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤、プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤[痙攣が現れることがあるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には両剤の投与を中止し、気道確保と抗痙攣薬の使用など痙攣に対する治療を実施する 機序 中枢神経におけるGABA-A受容体への結合阻害作用が非ステロイド性消炎鎮痛剤により増強されることが主な機序と考えられている 危険因子 高齢者、てんかん等痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者、高度腎障害患者 ]。 アルミニウム含有の制酸剤 経口 又はマグネシウム含有の制酸剤 経口 、鉄剤 経口 、カルシウム含有製剤 経口 [本剤の効果が減弱される恐れがあるので、同時投与を避けるなど注意する 機序 金属カチオンと難溶性の錯塩を形成し、本剤の消化管からの吸収が低下することが報告されている ]。 副腎皮質ホルモン剤 経口剤及び注射剤 プレドニゾロン 経口剤及び注射剤 、ヒドロコルチゾン 経口剤及び注射剤 等 [腱障害のリスクが増大するとの報告があるので、これらの薬剤との併用は、治療上の有益性が危険性を上回る場合のみとする 機序不明 ]。 高齢者への投与 本剤は主として腎臓から排泄されるが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続する恐れがあるので、用量並びに投与間隔に留意し、慎重に投与する。 なお、本剤は小児用製剤である。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない。 母乳中への移行が報告されているので、授乳中の婦人に投与する場合には授乳を中止させる。 なお、本剤は小児用製剤である。 小児等への投与• 低出生体重児、新生児及び乳児に対する安全性は確立していない。 臨床試験では関節症状を有する小児への使用経験はない。 その他の注意• 類薬の海外小児臨床試験において、キノロン系以外の抗菌剤と比較して筋骨格系障害 関節痛、関節炎等 の発現率が高かったとの報告がある。

次の

オゼックスの効果・副作用・用法用量を解説します

オゼックス 小児

オゼックスとは細菌を死滅させる薬です。 「トスフロキサシントシル酸塩水和物」を主成分とし、細菌が原因となっている病気の治療に用いられます。 剤形により、効能効果は異なります。 内服薬(錠・細粒)はジェネリック医薬品も発売されています。 ミナカラお薬辞典:、、、 オゼックス錠には オゼックス錠75と オゼックス錠150がありますが、どちらも効果は同じです。 添付文書による効能効果・用法用量は以下の通りです。 オゼックス錠の効能効果 オゼックス錠は抗菌作用を持つお薬で、膀胱炎、気管支炎、咽頭炎、皮膚感染症、外傷からの感染予防、外耳炎・中耳炎など、幅広い感染症の治療に使われます。 通常、成人に対して、トスフロキサシントシル酸塩水和物として1日300~450mg トスフロキサシンとして204~306mg を2~3回に分割して経口投与する。 なお、腸チフス、パラチフスを除く症例においては、感染症の種類及び症状により適宜増減するが、重症又は効果不十分と思われる症例にはトスフロキサシントシル酸塩水和物として1日600mg トスフロキサシンとして408mg を経口投与する。 添付文書による効能効果・用法用量は以下の通りです。 気管支炎や肺炎、中耳炎、副鼻腔炎など、主に細菌が原因の病気の治療に使用されます。 小児の患者が多いマイコプラズマ肺炎の治療にも用いられます。 また、子どもに身近な病気である、風邪症状があらわれた時に処方されることがあります。 本来、風邪はウイルスによって引き起こされますが、細菌による二次感染の予防目的や、喉や鼻にあらわれる症状が細菌によって引き起こされている場合があるためです。 2mg/kg を2回に分けて経口投与する。 ただし、1回180mg、1日360mg トスフロキサシンとして1回122. 4mg、1日244. 8mg を超えないこととする。 ・食前または食後に服用しましょう。 ・耐性ができるのを防ぐため、服用は必要最小限の期間にすることとされています。 そのままでも飲むことができる子どもも多いでしょう。 しかし、粉薬自体が苦手であったり、苦さを感じる時におすすめの方法や気をつける点をご紹介します。 また、これらの食べ物の持つ甘さによって苦味も緩和することができます。 ポイントは、薬は飲む直前に混ぜ合わせ、時間をおかずに飲むこと。 時間をおくと苦味をコーティングしている成分が水分に溶け出す場合があります。 これは水で飲む場合 粉のまま飲む、水に溶かす でも同様のことが言えます。 下記をご参照ください。 子どもに安心して薬を飲んでもらうために、このような商品に頼るのもひとつの方法です。 数種類の薬が処方されていても個別に飲み、ひとつの薬を飲み終えたら口の中をゆすいできれいにしましょう。 口の中に薬を残さないことで、次に飲む薬との間に生じる苦味の増長を防ぐことができます。 添付文書による効能効果・用法用量は以下の通りです。 オゼックス点眼液0. なお、疾患、症状により適宜増量する。 ・小児は成人よりも短期間で効果が認められることがあります。 注意深く経過観察をしながら使用する必要があります。 ・耐性ができるのを防ぐため、服用は必要最小限の期間にすることとされています。 ・使用する際は、容器の先端が目に直接触れないように注意しましょう。 副作用は比較的出にくいお薬となっていますが、出る場合は薬を飲んでから割と早い段階で出ること多いとされています。 初期症状に注意をしましょう。 発疹(0. 下痢(5. 発熱、蕁麻疹、発疹、悪心、口渇、頭痛など 軽度であれば様子をみましょう。 症状があらわれる頻度が高い場合や、症状が重い場合は使用を中止し、医療機関に相談してください。 重大な副作用 滅多に起こるものではありませんが、重大な副作用が起こる可能性があります。 息苦しさや皮膚のかゆみ、ショック症状、意識喪失などの意識障害、血便を伴う重篤な大腸炎などがでた場合は使用をただちに中止し、医療機関を受診しましょう。 オゼックス錠・細粒小児用ともに、以下のことに注意が必要です。 服用してはいけない方(禁忌) 次の方は服用してはいけません。 用量や服用間隔に注意して慎重に使用する必要があります。 安全性が確立していません。 しかし、炭疽やコレラの場合は、治療上の有益性を考慮したうえで処方される場合があります。 授乳中の方が服用する場合は、授乳を中止してください。 また、細粒小児用は臨床試験において、関節症状のある小児への使用経験はありません。 他の薬との飲み合わせ 下記の薬との併用には注意が必要とされています。 医師、薬剤師の指示のもとで正しく服用しましょう。 ・テオフィリン、アミノフィリン水和物 ・フェニル酢酸系、プロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤 ・アルミニウム又はマグネシウム含有の制酸剤、鉄剤、カルシウム含有製剤 その他、服用している薬がある場合は、事前に医師に報告をしましょう。 ロキソニンは、高齢者、てんかんなどの痙攣性疾患のある方、重度の腎障害がある方は注意が必要です。 ロキソニンはプロピオン酸系非ステロイド性消炎鎮痛剤の一種であり、痙攣などが起こる危険性があります。 アルコールとの飲み合わせ オゼックス服用中の飲酒は、少量であれば影響は少ないとされています。 しかし、一般的に薬を服用中の飲酒は推奨されていません。 アルコール摂取は控えるようにしましょう。 カルシウムが多く含まれている牛乳や乳製品は、オゼックスの効果が弱まることがありますので注意が必要です。 細粒小児用をアイスクリームを混ぜ合わせる際も、ミルク系のアイスクリームは避けるようにしましょう。 医師・薬剤師の指示のもと正しく使用しましょう オゼックスは、抗生剤といわれる高い効果が期待できる薬です。 そのため一度薬を飲みはじめると、数日で病気の症状が劇的に改善され、まるで完治したかのような状態になる場合もあります。 しかし、それは症状が改善しただけであって病気が完治したわけではありません。 症状をぶりかえさず、完治させるためには、処方された分の薬を飲みきることが大切です。 用法・用量、服用回数や服用期間など、医師・薬剤師の指示をまもりただしく使用するようにしましょう。

次の