神様 の 言う とおり 最後。 どちらにしようかな

神さまの言うとおり弐 原作本あらすじとラストのネタバレ注意

神様 の 言う とおり 最後

平凡な高校生の日常が突如、血なまぐさい殺戮ゲームに変わる・・・ かみまろ、アシッド・マナなど、神を名乗る者から課せられる理不尽な「神選別ゲーム」・・・ 最後の1人りになるまでのデスゲーム系漫画が好きな人はおススメです。 絵が基本綺麗なのでグロくはないですね。 神様のいうとおり弐あらすじ 簡単にストーリーをいうと、世界中すべての高校生達がいきなり理不尽な殺戮ゲームに巻き込まれます。 そして生き残った人が次の「神様」なのです。 第1章が「神様の言うとおり」(全5巻)、第2章が「神様の言うとおり弐」(全21巻)で、第1章の物語が第2章の途中からリンクしていき、「1章の主要キャラVS2章の主要キャラ」みたいになって、つい先日完結しました。 この物語は主人公が「神様の言うとおり」では高畑瞬(たかはたしゅん)。 「神様の言うとおり弐」では明石靖人(あかしやすと)です。 この二人は似ているようで、似ていない、よくありがちなザ・主人公キャラです。 さらに、主人公に負けず劣らずに強烈なキャラがそれぞれ「神様の言うとおり」では天谷武(あまやたける)、「神様の言うとおり弐」では丑三清志郎(うしみつきよしろう)がいます。 天谷のほうは暴力的で、丑三のほうは暴力的ではないにしろケンカが強いです。 このサブキャラたちはお互いに主人公をラブなところは似ています。 最後に生き残った神様は? ついに最終回を迎えた「神様の言うとおり弐」ですが、神様が誰になったかというと・・・ ネタバレになってしまうので見たくない人は見ないでください・・・意外でした。 そして、ババ抜きを勝ち抜き神になったのはこの3人 ・天谷武 ・明石靖人 ・丑三清志郎 この3人に神の力を与えるアシッド・マナ。 そして、結局死んだ人間は生き返らせることはできないことも判明しました。 神の1人である天谷武は「神は1人でいい」と言い、最後のゲームを仕掛けます。 そして結局、天谷武は敗北し死にます。 そしてもう1人の主人公明石靖人も死にます。 そいうことで残った丑三清志郎が神になりました。 丑三清志郎は明石ラブなものですから、もう一度明石に会いたくて時間を戻します。 とうぜん昔の明石には丑三の記憶はないし、丑三の知っている明石ではありません。 なので丑三はもう1度ゲームに勝ち上がった明石に会う目的でまた神の選別殺戮ゲームを繰り返したのでした・・・そして勝ち上がった明石に自分を殺してもらうため・・・ なんとも悲しいい結末です。

次の

神さまの言うとおり

神様 の 言う とおり 最後

ラスト近くには、選ばれし者が残ったという感じのメンバーで、「神罰ババ抜き」デスゲームが行われます。 「引いたら死」だの 「引かれたら死」だの 「時限爆弾」(これは回していってカウント0のところで爆発します)だの 「喋ったら死ぬ」だの 「しゃくれ」(顔しゃくれてないと死ぬ)だの 「ハイテンション」(テンション上げっぱなしてないと死ぬ)だの… 引くのこわっ!どれ引いていいかビクビク!というババ抜き決戦です。 引いたら死ぬカードやら、持ってる間にカードの指示通りにしていないと死ぬカードやら、マチマチですが、これが相性があって、シンクロカードを持っている場合は、前のメンバーと同じ状況を保つか、同じ状況になる、最悪、前のメンバーが「引かれたら死ぬ」の場合、自分もシンクロして死んじゃうわけですよ。 そして、「喋ったら死ぬ」を持っているなら、黙っていれば死にませんが、カードの中には「夢を語れ」というのがありまして、もしそれが回ってきたら、喋らざるを得ませんから、死にます。 ラスト前「神罰ババ抜き」減っていく生き残りたち、ネタバレ まあね、その通りにしなきゃ死ぬとはいえ、見ていて面白いのは「しゃくれ」「ハイテンション」「キス」ですね。 一部で、主人公の高畑瞬と一緒に生き残った、二部では「世界を滅ぼす」という真っ黒な野心を持っている、どこか子どもじみた天谷は、「しゃくれ」を引いたとたん、しゃくれ笑顔で、「行くじょ、このやろー」と、変な気合を入れて、つまりゲームを楽しんでます。 天谷のゲームの参加に対する感覚は、生き残ることより、死の瀬戸際でヒリヒリしたいという危険思想ですから、上手くババ抜きを切り抜けながら、ババ抜きであるから最後に手元い残れば死ぬ、けれども持っている間は死なないジョーカーを引かれても、「あ、ジョーカー取られたー」と軽い反応です。 で、このババ抜きの席で、外国人なのに何故か関西風ツッコミっぽいアルフに、「なんでそんな反応薄いんだよ!」とか言われてます。 全てのゲームをクリアして生き残れば、神の力を得て世界を思い通りに出来ますが、天谷が語る陳腐な夢に、ここでもアルフが「子どもの夢かよ!」とツッコんでます。 なんか、デスゲームということを忘れそうなメンバーというか、ほのぼの…と思いきや、安定していたその顔ぶれを、天谷がぶっ壊します。 ハイテンションを維持しなきゃ死ぬアルフを、デコピンカードを引いた天谷、大理石テーブルをデコピンでぶち壊すという驚異のウォーミングアップ(どこが?)の後、アルフをその力で気絶させ、ハイテンション解除のアルフ死亡。 二部主人公の明石とタッグを組む丑三は、どこかホモっ気があるのか、明石とのキスを強く求め、キスカードが回ってくるのを待ってますが、明石はそれを利用し、自分の持つ時限爆弾カードに細工し、カウント1の丑三と協力、カウント0を、天谷とは違う意味での危険思想を持つオスメスに回して殲滅します。 黙ってなくちゃいけない、サーカス団の少女ハンナは、夢を語れカードを引き、潔い笑顔で散ってしまいました。 見事な最期でした。 死に際して、楽しかった、好きなように生きればいい、と語る夢ってすごいじゃないですか。 天谷は一足先に神の場に到着、ババ抜きの場に残る宿敵は、ゲーム開催者のかみまろのみで、かみまろにカードを引かせる順番にある瞬は、「引かれたら死」を、かみまろは、それを引いたら瞬の道連れになるシンクロカードを持ってます。 瞬にカードを引かせるのは、神になったら瞬とデートする!と言った、瞬を好きないちかですが、いちかは、瞬の持ち札全部を捨てさせるため、つまり生きて上がり、神にさせるため、「引かれたら死」を渡し、「だって好きなんだもん」と笑い泣きで飛び散ってしまいます。 健気すぎますよー。 だから、瞬には、それを本当は無駄にしてほしくなかったけれど、瞬にとっての自分の生き方は、神ではなく、人間としての自分を通すことでした。 神として生きることより、人間としての死を、そしてかみまろを道連れに消すことを選びます。 かみまろは、それに初めて人間らしい喜びの笑顔を浮かべ…かみまろも成育歴が複雑で、誰かに救われたかった一人なんですね。 もう、危険人物はいません。 平和を願った人間も散っちゃったんですけど。 明石、丑三、そして人を大勢殺したことを悔いてこれからは人のために生きると決めたリリィの三人です。 三人で生き残ろうと言う明石が忘れていることを、丑三とリリィが指摘します。 ババ抜きは、最後に誰かの手元にジョーカーが残る、つまり誰かは死のジョーカーで死ぬしかないんです。 明石が上がり、予想通り、次に上がってきたのは丑三でした。 その頃、天谷は喜々として地上を攻撃してますが「天谷ビーム!」とか、マジ子どもか!とアルフじゃないけど、ツッコミたい気分です。 ただ、天谷にはそれなりの理由があったんですね。 親からネグレストを受けた子ども時代が、天谷を大きく歪める原因らしい描写があります。 鬼気迫る人物像ですが、どこか成長しきれていないんでしょう。 ラストゲーム「DISE」(ダイス)と原作結末ネタバレ 最後の神として上がった明石と丑三との決着のため、天谷は他一切の神の力を封じて、最後のゲーム「DISE」(ダイス=さいころ)を作ります。 さいころを順番に振り、出た目の数だけ他の誰かを殴れる、そして殴られた相手は、その数だけ親しい人の記憶が消えてしまうという、絶望的なゲームです。 腕力の強い三人がお互いバンバン殴り合うんですからダメージも強い、しかもゲームルールの一つには、カウント10で立ち上がれなければ死ぬ、という負けルールが設定してあります。 殴られて誰かの記憶が消えると、誰を忘れてしまったのかさえ思い出せないゲームの中、明石は決して忘れたくなかった丑三の記憶も消えてしまいますが、すぐ隣にいる丑三が、自分の拠り所だった存在だと確信して、全ての記憶が無くなった空っぽの存在になっても、ただ空虚な自我のままで、天谷を殴り続けるという奇異な行動に出ます。 もう、人間を超えた何かになっちゃったんですね。 天谷は天谷で、これまたおかしな現象が起きます。 殴られると、忘れてしまう人間がシャボン玉となって飛び出すんですが、天谷を何度殴っても、高畑瞬のシャボンが絶えず溢れる、消えていきません。 瞬が、天谷の芯というか、支えだったという意外性です。 表裏一体というか、目指す方向が違っても、瞬と天谷は根っこがおんなじです。 天谷が認めたのは、欲しがったのは、瞬一人だったってことですよ。 寂しくて死にそう、と初めて泣きながら、寂しさを抱えたままの神になってやる、と言う天谷は、自分の振ったさいころの数だけ自分を殴ります。 立てないカウントダウンで、最後に自分を一発殴り、飛び出してくるのが、子ども時代の寂しそうな天谷自身という、何とも切ない最期です。 ネグレストと、唯一自分の欲した瞬から解放されない、寂しい鬼だったんです。 明石も死に、神として生き残ったのは丑三でした。 だけど、明石を喪った丑三には、孤独以外残されません。 死んだ者を、そのままの人間として生き返らせることは神の力でも不可能、だから、丑三が選んだのは、最初のゲームが始まる前に時間を戻すことでした。 ゲームを始めないことも出来るのに、丑三は、もう一度ゲームを勝ち抜いた明石が、かみまろの代わりに悪神となる自分を殺しに来ることを待つんですよ。 歪んだ孤独な神がまた始めるゲームで、毎日を退屈に過ごす瞬や、刃物を持つ天谷は、ゲーム前の時間に戻り、そしてまた悪夢が始まる、余韻を残す「弐」の原作ラスト、思いっきりのネタバレです。 日常を生きる懐かしい彼らに、今度は生き残れ!人間として幸せになれ!と、つい声援でした。 原作 弐 ラストを迎え、続編はあるのか? 続編があるかないかの期待と、その賛否が世間で話題になっていますね。 どんなもんでしょ。 「弐」のラストは良い感じの余韻を残しています。 明石がゲームを勝ち残れたのは丑三がいたからで、丑三が神になり、ゲームに参加しなければ、丑三の望み通り、彼のもとに辿り着くことは不可能と思われます。 それなら、続編が作られるとしても、丑三を「アフターかみまろ」とするより、別人を「後釜かみまろ」として登場人物は総入れ替えになるかも知れません。 明石と会えない丑三は存在理由がないですし。 とすると、あれだけ個性の強いメンバーを超えるキャラを生み出せるかな、という疑問が残りますね。 続編を期待するとすれば、より高度で緊迫感あるゲームと、強くて濃いキャラの組み合わせを作者にお願いしたいところです。 藤村 緋二 講談社 2017-02-17 売り上げランキング : 694 【イチオシ】電子書籍ストアおすすめランキング! 小説やマンガを読むなら電子書籍が手軽で便利です。 当サイトイチオシの以下の電子書籍ストアを是非チェックしてみてください! 取り扱い書籍が豊富なので、お目当ての本がきっと見つかると思います。 第1位. eBookJapan 無料漫画だけでなんと9,000タイトル以上!廃版になった名作など、他の電子書籍ストアにはないタイトルもあり、漫画の取り扱い数は 業界No. 1! なんと購入額の 50%のポイント還元でお得 第2位. BookLive! (ブックライブ) 漫画・和書の取り扱いが多いのが特徴。 9,000冊以上の書籍を無料で立ち読みできます。 honto(ホント) 書店、通販、電子書籍のハイブリット総合書店。 コミックから雑誌まで幅広い書籍を取り扱っている。 共通hontoポイントは、提携書店である丸善、ジュンク堂、文教堂でも利用可能。

次の

神さまの言うとおり(映画)ネタバレレビュー続編

神様 の 言う とおり 最後

「神さまの言うとおり」とは? 「神さまの言うとおり」は「金城宗幸」さん原作、「藤村緋二」さんが作画を担当した 漫画が原作です。 当初は「別冊少年マガジン」で2011年から連載が開始され、2013年からは 「週刊少年マガジン」にて連載されました。 本日ご紹介するのはその映画版にあたる作品で、 2014年11月に公開されています。 映画の内容は原作に沿っている部分も多く、最初に連載が開始された2011年から2013年までの内容がメインとなっています。 ちょっとグロテスクでありながら、 謎解きに近いストーリーが癖になる作品です。 映画「神さまの言うとおり」のあらすじは? 16歳の高校生 「高畑瞬」は退屈な日常生活に嫌気がさしていた。 瞬は状況を冷静に見て、「だるまさんが転んだ」に勝たなければ、クラス全員が死ぬことになることが分かった。 クラスメイトと共にゲームに勝利した瞬だったが、助かったのはだるまを止めた瞬本人だけだったことに愕然とする。 するとだるまに勝った他クラスの「 秋元いちか」が現れ、一緒に生き残った生徒が居ないか学校を探してみることに。 体育館には生き残った生徒が他にもいたが、集まったと同時にさらなる殺戮ゲームが開始される。 急に始まったデスゲームに驚きながらも、冷静な判断と洞察力で最終試練まで勝ち上がる強運野郎でしたね。 役を務めたのは人気俳優の「 福士蒼汰」さんです。 まぁとにかくイケメンなのですが狂気的な場面での迫力がイマイチでしたね。 なかなかにサイコパスで、人を殺すことに抵抗がないやんちゃ小僧。 役を演じたのは「 神木隆之介」さんです。 本作を見ていて、神木さんの演技があったからこそ面白さが増したと言っても過言ではなかったです。 かなりクレイジーな役ながら、忠実に演じていましたし、 狂い方が最高でした。 同じ学校に通い、彼女もデスゲームに参加することとなります。 瞬に守られながらしぶとく生き残りますが、最後は マトリョシカの目ビームで死亡・・・。 役を演じたのは「 山崎紘菜」さんです。 本作が映画で初のヒロイン役だったようで、その後は数々のドラマや映画に多数出演しています。 2018年には「モンスタハンター」でハリウッドデビューしたといいますから、凄いですよね。 第1ゲームの「だるまさんが転んだ」で自らを踏み台にし、瞬をだるまに飛ばしてクリアさせました。 しかし生き残れるのはだるまを止めた人だけとは知らず、死亡してしまいます。 役を演じたのは「 染谷将太」さんです。 数々のドラマや映画に出演している人気若手俳優さんですよね。 まさかのちょい役で出演となりましたが、正直がっつり最後まで残って欲しかったかな。 瞬と中学時代の同級生で、当時から瞬に片思いしており、久しぶりの再開を果たすこととなります。 最後は「嘘つきは大っ嫌い」で嘘をついたとして、シロクマに潰されてしまいました。 役を務めたのは「 優希美青」さんです。 2015年のドラマ「デスノート」ではニア役を務めたことで知られるようになった気がします。 まだまだこれから注目の女優さんの一人ですかね。 映画「神さまの言うとおり」の結末は?【ネタバレ】 全てのゲームに勝利し、最後の敵だったマトリョシカからお祝いにアイスキャンデーが5人に配られる。 有終の美に浸りながら、瞬といちかはお互いの気持ちを確かめ合っていた。 話も終わり、現実世界に帰ったら一緒にデートへ行く約束をした矢先、アイスキャンデーの棒に文字が書いてあることに気づく。 瞬と武の棒には 「あなたいきる」の文字が。 悲しくもいちかはマトリョシカによって殺され、やり場のない気持ちが瞬を襲う。 リリーフランキー演じる・神が全ての黒幕だったのか?と思わせるところで映画は終わります。 映画「神さまの言うとおり」の続編はあるの? 続編がありそうな結末を迎えた本作ですが、 果たして続編の公開はあるのでしょうか? 調べてみたところ、 2019年時点ではまだ続編の噂は一切ありませんでした。 2014年に公開された本作から5年が立ち、原作漫画の話も終わっています。 本作のストーリーは冒頭でも記述した通り、1期の内容をベースとしているため、2期を映画化することはできなくはないです。 ですので、 続編が出ない可能性は0ではないかなというのが、個人的な見解です。 1期映画が公開されてから5年が経っていますからね・・・怪しいです。 笑 映画「神さまの言うとおり」の見所と感想 だるまとこけしがサイコパス! 本作はゲームの敗者が次々に殺されていくというストーリーです。 まずだるまは「だるまさんが転んだ」に沿ったゲームを展開し、 動いたら首を吹っ飛ばすという刑に処します。 笑 スプラッター映画さながらの血しぶきシーンに「おっ!」と声が出ましたし、テンション上がりました。 そしてこけしですが、こちらは更にエグかったですね。 足を限界まで開脚して引きちぎるって・・・何ともハードですよね。 この映画は何のジャンルに属するのかはわかりませんが、上2つのシーンは 確実にホラー映画でした。 あまりグロテスクなものが得意ではない方は見るのを避けた方が良いでしょう。 しかし!こけしや後に登場するシロクマなんかはとても可愛いので、是非見て欲しいという気持ちもあります! やはり映画に出てくるキャラクターって見応え抜群ですよね。 最近見た映画「サイレントヒル」でも、クリーチャーの登場に毎度テンション上がっちゃいましたしね。 笑 あわせて読みたい 予想できないラストは見応え十分! 単に残虐なゲームを繰り返して終わりの映画と思いきや、結構ストーリーはしっかりしています。 原作漫画があるからということもありますが、 最後のアイスキャンデーのオチは予想できなかったです。 まさかいちかが死んじゃうとは思っていなかっただけに、 オチは高評価ですね。 ただ終わり方が次へ続きますって展開で終わったので、原作を読んでいない身からすると消化不良でした。 続編もやる予定がないみたいですし、とても残念です。。 ちなみに演技ですが、 全体的に下手です。 笑 なので、見ていて苦痛を感じるかもしれません。 役者さんのどこか演じています感が強いですし、主人公の福士蒼汰さんがイマイチなんですよね・・・。 映画「神さまの言うとおり」が見れる動画配信サービスは? 映画「神さまの言うとおり」が見れる動画配信サービスは以下の 6つです。 個人的におすすめなのは、「 」です。 僕はこちらのサービスで視聴したのですが、映画からドラマまで幅広い作品を楽しめます。 またAmazonで商品を購入する際の 送料が無料になったりと、嬉しい特典も多数ありますよ。 是非この機会にご登録をおすすめします!• 月額500円(税抜)。 初回30日間無料!• 月額800円(税抜)。 初回30日間無料!• 月額1,990円(税抜)。 初回31日間無料!• 月額888円(税抜)。 初回1ヶ月無料!• 月額1,865円(税抜)。 初回30日間無料!• 月額562円(税抜)。 初回30日間無料! まとめ 思ったよりもグロテスクな描写が多く、 ホラー映画として楽しめる要素がある映画でした。 洋画のスプラッター映画と違い、ストーリーもしっかりしているため、最後まで飽きずに見れるのも良かったです。 ただ続編はやらない感じなので、 消化不良で終わっちゃうのは少し残念な点でした。 あと演技がちょっと微妙・・・。 登場するキャラクター(猫とかこけし)が可愛らしいので、そこは楽しめると思いますよ。 原作も読んで、改めて比較して見るのも面白そうなので、漫画をとりあえず僕は読みます!.

次の