ソイプロテイン おすすめ ダイエット。 【美肌やダイエットに】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング10選

女性におすすめのプロテインベスト3!ソイプロテインならダイエット・美容にも効果的!|筋トレブログ.com

ソイプロテイン おすすめ ダイエット

ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! こんにちは。 今回は「ホエイプロテインとソイプロテインはどっちがいいの?」という声にお応えすべく、それぞれの 「 目的別のおすすめ」 について書きました。 簡単に解説すると、 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン、身体を細くしたいならソイプロテインを摂取するのが理想です。 過剰摂取になって身体を壊してしまう可能性があります・・・。 それでは詳しく見ていきましょう。 ホエイプロテインとは あなたも良く知っている世間一般のプロテインはこの ホエイプロテインのことを指します。 私もこのホエイプロテインを摂取しています。 こちらは 原料が牛乳でできていて、 動物性のたんぱく質を成分としていることと、アミノ酸が含まれていることが特徴です。 なので、 ホエイプロテインは筋肉を大きく成長させたい人に向いています。 また、身体が吸収しやすい製品になっているので、筋トレ後素早く摂取することで効率良くエネルギー補給をすることが可能です。 ホエイプロテインを多く含む食事は? ホエイプロテインのような 動物性のたんぱく質を多く含む食材はその名の通り「動物」から摂取することが出来ます。 鶏肉や豚、牛肉• 鮭やマグロ• チーズなどの乳製品 が代表的な食品となります。 なによりも吸収が早く、筋肉を作るアミノ酸等の成分もしっかり入っていますからね。 私は、少しでも早く体内でエネルギーに変える為に、仕上げの種目を始める前から少しずつ飲み始めます。 ソイプロテインとは ホエイプロテインは原料が牛乳なのに対して、ソイプロテインは 原料が大豆、すなわち 動物性のたんぱく質と違って 植物性のたんぱく質となります。 なので、食物繊維が多く含まれています。 生理不順などのホルモントラブルを解消すると言われています ソイプロテインの代用食材は? 動物性とは打って変わってこちらは植物性です。 代表的なものは・・・• 納豆などの大豆製品• アーモンド• ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜 実は野菜にもたんぱく質が含まれています。 ブロッコリーはトレーニングされている方の間で一番人気の野菜ですね。 先ほど書いた通りに吸収が遅いので、腹持ちが良いです。 朝ごはんの代用として摂取したり、間食として摂取するのもいいでしょう。 逆に筋肉を大きくしたい方に対して、ホエイプロテインよりも効果が少ないでしょう。 もちろん、たんぱく質を摂取していることに変わりはないのですが、トレーニング後にすぐエネルギーとして回復に役立てないこと・アミノ酸の含有率が少ないことなどからおススメできません。 いつ摂取すればいいの? 大事なのはタイミング。 何事もそうですね! 薬同様、これらにも効果が高まるタイミングがあります。 ホエイプロテインのタイミング 特徴を思い出してみて下さい。 吸収が早いことでしたね。 なので必ず トレーニング直後に飲んでください。 私のようにトレーニングの終わる少し前、筋肉に傷をつけ始めてから少しずつ摂取する方法もありだと思いますよ。 ソイプロテイン 間食として15時頃に摂取するのがいいでしょう。 15時頃に摂取することで一度下がっていた血糖値を上げます。 そうすることによって、 夕飯を食べたときに急に血糖値が上がらず、夕飯によって太るという事態を避けられます。 これには、腹持ちがいいことも関係していますね。 中には朝食の代わりとして摂取している方もいらっしゃいます。 ホエイとソイの併用はやめておいた方がいい じゃぁ筋トレ後はホエイプロテイン、間食でソイプロテインを摂取すればよくない? もちろん理論上はそれが理想なのですが、我々人間にはいくら言い栄養をたくさん摂取できても、それを処理するの能力に限界があるので、併用は避けるべきでしょう。 ホエイは筋肉大きくしたい方向け• ソイは痩せたい方向け• どちらも摂取するタイミングが大事 今回上げた2つの物はそれぞれ原料が違います。 なので、ホエイプロテインだと大丈夫なんだけど、ソイプロテインだとお腹を壊すという方もいらっしゃいます。 (逆もしかり) それぞれ試してみて、ご自身の身体に合う方を飲むようにしましょう。 ソイプロテインを飲んでいて、筋肉痛がなかなか取れないと悩んでいた方がホエイプロテインに変えたところ、 筋肉痛の期間が短くなったとの報告も受けています。 ホエイプロテインを飲んでいる方が、食事の量を抑えることが出来ずに体重が増えていくという悩みをお持ちの時に、ソイプロテインをおススメすると、腹持ちが良くなったので食事を抑えることが出来た!という声も。 いずれの方も実際に試してみてわかったことです。 それぞれの特徴をしっかりとつかみ、あなたにとって最高のものを摂取してください。 以上「ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! 」でした。 最後までありがとうございました。

次の

ホエイ、カゼイン、ソイってなに?プロテインの種類について

ソイプロテイン おすすめ ダイエット

この記事の目次• ダイエット中にソイプロテインが必須な理由とは!? ソイプロテインがダイエット時のお供として非常に優れている理由です。 減量で筋肉が減り、基礎代謝ダウン!それを防ぐソイプロテイン 痩せる為にダイエットをするとき、脂肪を減らしますよね。 脂肪は減ったはいいが同時に筋肉をも減らしているという事になります。 筋肉が減少すると何故まずいのかというと、基礎代謝が減るからです。 基礎代謝が減ると消費されるカロリーの量も減ってしまう為、痩せにくくなってしまいます。 ダイエット中は糖質や脂質を控えめにし、基礎代謝を減らさない為に多めのタンパク質摂取が必要です。 では、どうすれば良いのかというと、ソイプロテインを摂取すれば良いのです。 タンパク質不足を解消するソイプロテイン 基礎代謝減を防ぐ為には筋肉量を落とさない事が大事ですがその為にはタンパク質の摂取が必要不可欠です。 美しくカッコ良く痩せる為には「脂肪は落として筋肉量はそのままに」が理想です。 これをクリアするには糖質や脂質は極力減らし、タンパク質からの栄養摂取ウェイトを増やすのが大事だという事です。 タンパク質の一日の摂取目安量は自体重の1倍です。 つまり、体重60キロの方なら筋肉量を落とさない為に一日60グラムのタンパク質の摂取が必要なのです。 普通に一日60グラムのタンパク質を食事から摂取するようにすると、タンパク質だけでは無く、余分な糖質や脂質も摂取してしまう事になるので結構なカロリーを摂取してしまい、ダイエットどころではありません。 ですが1杯につき15グラムのタンパク質含有された低カロリーなソイプロテインを摂取すれば残りの45グラムを食事から摂取すれば良いという事になります。 1日2杯ソイプロテインを摂取するようにすれば30グラムを食事から摂取というように、タンパク質の摂取をしながらもカロリーの摂取を控えるという事が可能となるのです。 ソイプロテインはマラソンや水泳などの有酸素運動などでダイエットしている方向けです。 何故、ソイプロテインがダイエットしている方向けなのかというと、筋肉量を減らさずに減量ができるということ。 それってホエイプロテインでも事足りるのでは?という疑問が生まれますがソイプロテインの方が腹持ちが良く、ダイエット向きなのです。 ホエイプロテインは2時間、ソイプロテインは5~6時間と言われています。 腹持ちが良いという事は、置き換えダイエットも可能だという事ですし、お腹が減る時間を遅らせる事ができるので当然ながらダイエットに有利なのは言うまでもありません。 例えば昼食に腹持ち2時間のホエイプロテインでは間食の時間前にお腹がグーグー鳴ってしまいますが腹持ち5~6時間のソイプロテインが昼食なら夕食の時間帯まで何も食べずに居られるという訳です。 朝食あるいは昼食を普段の食事では無く、ソイプロテインに置き換えれば摂取カロリーがだいぶ減るので減量が楽になります。 大豆イソフラボンのお陰でカサカサ肌の心配はご無用! また、ソイプロテインは大豆タンパク質なのでその中に含まれているイソフラボンが肌の調子を整えてくれます。 ダイエット中は消費カロリーが摂取カロリーよりも上回るようにしなければなりませんがこれは食事制限時に脂質を減らす事を意味します。 脂質は肌の潤いを保つのに必要ですが脂質の摂取を減らすと潤い不足になってお肌がカサカサになりがちですがイソフラボンを摂っていればお肌のトラブルを抑えてくれるのです。 また、髪のツヤも保ってくれるのでイソフラボンは女性に嬉しい栄養素です。 筋肉が減る=基礎代謝が減って痩せにくい身体になる。 ソイプロテインを飲むことで筋肉を減らさずに(基礎代謝を減らさずに)痩せる事ができる上、カロリーオーバーをも防ぐ事が可能。 腹持ちはホエイプロテインが2時間なのに対してソイプロテインは5~6時間。 つまり、ソイの方が満腹感が得られる上に置き換えダイエットも行いやすいのでホエイプロテインよりもソイプロテインの方がダイエットには向いている。 ソイプロテインは大豆たんぱく質の為、イソフラボンが含まれており、このイソフラボンはお肌や髪のトラブルを抑えてくれる。 究極のソイプロテイン【CRAS】が何故良いのか? 話題のソイプロテインCRASが究極である理由 美ボディのプロが開発 ソイプロテインのCRAS(クラース)はモデルマギーが1年間頭を悩ませ徹底的に考えて開発 味が美味しいと評判 クラースのフレーバーは2種類。 黒糖きなこ味、黒糖抹茶味がありますがコクがありラテのような美味しい味だと評判です。 プロテインだとは思えないほど美味しいと言う声も多数。 タンパク質含有率が高い 他社は含有率50%というソイプロテインもザラにある中、クラースは85%ものタンパク質を含有しています。 また、高品質なタンパク質かどうかを表すアミノ酸スコアは100と、最高級です。 高品質なソイプロテイン 高品質だと思うソイプロテイン1位に選ばれています。 天然由来成分の甘味料のみ使用 人工甘味料、合成着色料、人工香料、保存料、遺伝子組み換え大豆不使用です。 評価が高い 口コミで評価が高いと思うソイプロテイン1位です。

次の

ソイプロテインはどんな人におすすめ?効果的な摂取方法について

ソイプロテイン おすすめ ダイエット

おすすめする理由 私がマイプロテインをオススメする理由。 正直プロテインって何でも良いと思ってませんか?私もそう思ってました。 価格安い• ラインナップが豊富• 製品の安心性 価格:まず、なんと言っても商品を決める上で価格は悩む所ですよね?国内品はよく目にするし手に入りやすいんですが(コンビニやドラックストアでも売っていますし)なんと言っても高いんですよね。 別に短期的に飲むだけなら良いんですが、 プロテインをしっかり飲んでいこうと思うと継続して行かないと効果は切れてしまうので、その購入量はバカに出来ないんですよね。 私なんか毎日飲んでますし、そうなると安い方が良いと思いませんか? ラインナップ:マイプロテインは商品のラインナップがものすごいあるんです!今回はホエイプロテインのみについて書いていきます。 味(フレーバー)が豊富• プロテインの製品事態の種類が多い マイプロテインの味(フレーバー)は、ハッキリ言ってヤバいくらいあります。 えっ!?こんな味売れるの???みたいな挑戦的な味(ブルーベリーチーズケーキ味とかスイカとか)が何種類もあります。 ですので、 毎回味を変えてみるのも楽しいですし、気に入った味を使い倒すことも出来ますし、選び放題です。 それと、今回はマイプロテインホエイプロテインにスポットを当てていますが、マイプロテインはプロテインだけでも製品ラインナップが複数あります。 (今回はそちらは触れていきませんのでよろしくお願いします)ですので、使用目的にあった自分だけのプランが立てやすいです。 製品の安心性:体に入る物ですから安心安全な製品が良いですよね?マイプロテインは、最高水準を満たすように専用の近赤外線・X線装置を使用して検査し英国小売り協会から食品安全性に関しAAグレードを獲得しています。 また第三者品質認定機関においても検査を行っています。 (サイトから抜粋しています。 詳しく知りたい方はこちらからどうぞ) 実際に使用してる観点から 最初にマイプロテインをおすすめすると書きましが、実際に何が?と思う方にひぐぞうの使用方法を書いていきます。 ここでひぐぞうの簡単なプロフィールを説明しますと。 元々太っていてリバウンドとダイエットを繰り返してあらやあらやと120キロまで行ってしまった経験があります。 ホントあの時はどうなることかと思いました。 服なんか4Lでも入りませんし。 すぐ疲れるし、太っていて良いことよりネガティブ要素の方が多かったですね。 今は標準体重で体脂肪率は10%~13%位です。。 本題に戻りますが、マイプロテインをオススメする理由は年単位で使用するからです。 先ほど国内製品で短期間なら国内品でも良いと書きましたが、国内とマイプロテインでは価格でかなりの費用差があります、ひと月単位でも毎日飲むとなるとそれなりの負担になります、また使用量が多いと言うことは、同じ物を飲み続けると言うことです。 マイプロテインは味のラインナップが物凄いので飽きてきたら新しい味にチャレンジしてまた心機一転、楽しみながら使用出来るからです。 具体的な年単位のひぐぞうの使用方法 減量時(脂肪落としたい時)(ダイエット)• 朝起きて25g• 間食に25g(お腹空いたら)• 夕食に25g• トレーニング時25g• 就寝前25g(1日のたんぱく質が足りてない場合) 通常時(体型を維持したい)• 朝食25g• 間食25g(お腹空いたら) こんな感じで使用方法が目的で変わってきます、 ひぐぞうは 減量時は置き換えダイエットの様に使用して脂肪を削っていきます。 1日の使用量は結構行きます。 通常時、普通の生活している時は朝食にプロテインでしっかりとたんぱく質を取って、間食にプロテインを取っています。 まず、朝って時間無いじゃないですか?そんなとき、簡単にたんぱく質が取れるのは有り難いです、このマイプロテイン25g分を食品から取ろうとすると、調理も必要ですし。 なかなか大変です、毎日休で時間あるなら良いですが。 そんな時、プロテインがあれば数秒で補給出来ますし、 味も各種あるので主食に合わせた自分だけのメニューも簡単に作れます パンならコーヒー風味、ご飯なら柑橘系のサッパリ風味等。 そして間食は、小腹空いた時に プロテインを取ると低糖質、低脂質なので空腹を満たしても太りにくいと言うメリットがあるので体重、体型の維持も比較的簡単に管理できます。 効果 効果は個人により変わってきますが、 ひぐぞうは体型の維持と減量、ダイエット目的で使用した場合実感できました。 と言うか毎日飲んでますし。 元々120キロの人が標準体重になれるくらいは効果はあると思います。 (運動とカロリー計算を取り入れると尚良いですが) 注意:カロリーオーバーにならないようにしっかりと目的を持って使用して下さい。 この様に、使用目的で色々と変わっては来ますがマイプロテインが気になってこのサイトに来られた方にはかなりオススメしますので、自分の目的に合ったダイエットを楽しみながら達成出来ることを応援しています。 この記事がお役に立てたら幸いです。 ありがとうございました。 ありがとうございました。 ひぐぞう.

次の