吉本 山口組。 島田紳助引退の本当の真相と、 吉本興業 山口組の関係。

吉本芸人と裏社会「ズブズブ親密関係」の報じられない裏側(週刊現代)

吉本 山口組

スポンサード・リンク 吉田せい【わろてんか】の家系図で子供孫そして山口組の関係は? では、 吉本せいの生涯がモデルとなっている 朝ドラ【わろてんか】の家系図から 子供や孫などを 見ていってみよう。 本来の吉本せいの家系図と比べると 兄弟の数などが少し違うのは ドラマとしてなのだろう。 わろてんかの家系図で子供と孫は? わろてんかの家系図から、 順を追って説明していこう。 わろてんかの家系図によると 吉本せいは1889年に明石市で 3女として誕生している。 明石藩松平家の下級藩士だったが 明治維新をきっかけに 着物を扱う 太物屋を開いていたのである。 吉本せいは子供の頃から 頭の回転が速く、 実家の商売などを 手伝っていた。 そして、 わろてんかの家系図では 取引先の吉本泰三に見初められ 結婚する事になったのだ。 そんな吉本せいは 8人の子供を産んだのだが、 成人したのは4人のみであった。 4人の子供の内の1人である 吉本泰典が 吉本興業を継ぐ事になった為、 早稲田へ入学し、 帝王学を学ぶ事となる。 そして戦時中に 吉本せいの子供である 吉本泰典は 笠置シヅ子と結ばれたのだが、 結婚する前に吉本泰典は 結核の為、 帰らぬ人となってしまったのだ。 だが、笠置シヅ子は 吉本泰典との間の子供が生まれ 吉本せいの孫が誕生した。 吉本せいは 孫を引き取ろうとしたのだが 笠置シヅ子は養子に出す事を 断ったため、 わろてんかの家系図で見る様に 吉本の血筋は 孫の名前を残すだけで 途絶えてしまったのである。 スポンサード・リンク 山口組との関係は? さて、 明治の時代をお笑いで戦っていた 吉本せいの生涯だが 山口組の存在とは 穏やかではないのである。 調べてみたのだが、 明治と言えば、 女手1つで仕事をするには まだまだ、 周りの理解がない時代である。 そんな、女手では何ともならない時に 山口組に頼んでいた様なのだ。 吉本せいの活躍していた時代は、 山口組もまだ、それほど大きくなく 同じ関西圏を 活動していたという事から 色々、頼み事していた様である。 山口組は元々、 大嶋組の下についていたらしく 1932年に大嶋組から独立し 山口組となったのであった。 山口組の初代である 山口春吉の頃に 吉本せいと仕事の面で 組んでいた可能性が 高い事がわかっている。 寄席を開いて軌道に乗ったころに 旦那が亡くなってしまった事から 男手には困っていたのだろう。 更に、現在の吉本興業の 株式を相続しているのは 吉本せいの子供である 吉本峰子(吉本恵津子)であるのだ。 朝ドラを見ながら 現在の様子とのつながりを 楽しむのも一興ではないだろうか。 nifty.

次の

2度の事件で明るみになった吉本せいと山口組の知られざる関係

吉本 山口組

おせいさん 朝ドラ史上初のダーク・ヒロイン登場か? NHKは来年10月スタートの朝ドラ第97作を発表。 大阪放送局の制作でタイトルは「わろてんか」。 「吉本興業を創業した吉本吉兵衛の妻せいさんがモデルですよね。 私はその弟の林正之助さんを主役にドラマを作りましたが、芸能界を描くのは難しいですよ」 とはメディアプロデューサーの澤田隆治氏である。 そのドラマとは1988年に放送された「にっぽん笑売人」(フジ系)で、正之助を沢田研二、吉兵衛を山城新伍、せいを小川眞由美が演じた。 他に吉本芸人が多数出演した。 「戦前4話、戦後4話の計8話の予定でしたが、正之助さん自身から連絡が入って、戦後篇は中止になったんです。 当時の興行にヤクザは外せませんから」(同) 中でも吉本と山口組には切っても切れない縁がある。 「戦前から昭和30年頃まで、吉本が最も稼いでいたのは漫才ではなく浪曲。 中でも人気の広沢虎造を専属にした吉本と、籠寅組の間で映画制作を巡るトラブルが戦前に起き、そこでせいさん達が仲裁に頼んだのは山口組2代目の山口登組長。 話しあいの席で組長は斬られ、これが元で亡くなります。 いわば身代わりになって貰ったようなもので、正之助さんは後々まで、生きて商売が出来るのは山口組のお陰といっていました」(同) もちろんNHKのこと、綺麗に描くのだろうけど。 あわせて読みたい関連本•

次の

ヤクザと共生する街、神戸市民の意外な「山口組観」

吉本 山口組

来歴 [ ] 出身。 山口組初代組長の長男として生まれる。 、23歳で二代目組長を継承後、新進気鋭の若親分(切戸の親分としてその名を響かせる)として事業や、またから界・界へと興行面にも進出する。 これらの二代目山口登が残していった有形・無形の足跡は、後に三代目組長が港湾事業への進出やとのなど、港湾界と芸能界を牛耳るための重要な布石となったと言われる。 春、の絡んだ抗争で、のにで襲われを負った。 10月、41歳で死去。 人物・エピソード [ ]• 頭を短く2枚刈りにし、大島の着物を着て、鼻の下にちょび髭を生やしており肥満型の体型だった。 横綱と義兄弟の盃を交わした。 これにより、玉錦の経営していたには山口組の紹介で入門した力士が数多くいたと言われており、関西で悶着のあった組員が二所ノ関部屋にかくまってもらうこともあった。 参考文献 [ ]• 『山口組 50の謎を追う 日本最大組織の〈強さ〉の秘密を徹底解剖! 』 、2004年。 『山口組三代目 1野望篇』 <徳間文庫>、1989年、• ・・『血と抗争! 菱の男たち 2』、2003年、 脚注 [ ].

次の