スプリット チェンジ。 今永昇太選手のチェンジアップとスプリットチェンジの投げ方

田中将大のスプリットの握り方・投げ方

スプリット チェンジ

開幕ローテ入りへアピールした松坂 西武・松坂大輔投手(39)がオープン戦2度目の登板となった15日のヤクルト戦(メットライフ)で、3回1安打無失点、3奪三振。 開幕ローテーション入りに手応えを感じさせる結果を残した。 登板後「今日は(寒さも)頭にあって、自分の中でそーっと(試合に)入ったつもり」と話した松坂。 「イメージ通りの内野ゴロだったり、空振りだったりが今日はあったかなと思う」と手応えを感じつつも「(前回からの修正は)ワインドアップではできていなかった。 セットポジションの方がバランスがよかったので、しばらくはセットで投げて、徐々にバランスを整えていくやり方もありなのかなと思う」と自身の投球を分析した。 その上で8回に村上を空振り三振に仕留めた球について「あれはいわゆるスプリットチェンジで、ニールに教わった球」と明かした。 「先週、ニールが投げているのを見て、いいなと思って握りと投げ方を教えてもらった。 そっちの方がコントロールしやすそうだったので、練習で使ってみて本番でも使えそうだったら(持ち球に)入れていく感じですかね。 実戦で投げるのが一番いい練習なんで使っていきたいと思っていた」 キャンプからここまでの調整を総括し「少しずつですけど前進している。 本来ならなかったはずの時間なので、自分の中でプラスに捉えて、少しでもいい状態でシーズンに入っていけるような時間の使い方をしていきたい」と、まだ開幕日の見えない状況を前向きに捉えた。 辻監督は「キャンプからずっと見ているが、自分のペースでやってもらって調子を上げてきている。 試合になると打者との駆け引きはさすがだなと思った。 走者が出ると(投げる)タイミングを変えたり、けん制を入れるところもさすが。 彼の今の力で勝つために、いかに緩急をつけて内野ゴロに打ち取るか、そういうところができている。 今の段階では上出来」と高く評価。 西口投手コーチも「そんなに悪くないと思うけど、ちょっと力んで球が上ずっていた。 でもセットに入ってからいいタイミングで投げていた。 カーブはあいつの持ち味。 もう少し球が低めに集まってくれば言うことはない」と同調した。

次の

サークルチェンジの投げ方とは?理想のフォームやボールの握り方

スプリット チェンジ

西武松坂が新球スプリットチェンジでヤクルト村上を空振り三振に仕留めた 西武 3-1 ヤクルト(オープン戦・15日・メットライフ) 14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手が、また話題を提供してくれた。 15日のヤクルトとのオープン戦(メットライフ)に6回から登板し、3回1安打3奪三振無失点。 昨季12勝1敗の同僚ザック・ニール投手から教わったばかりだという。 周囲からは「投手は相手打者に『新しい変化球がある』と思わせるだけでも有利になるからね。 もっとも、スプリットチェンジの方は間違いなく実在する球種である。 かつて大リーグ・ジャイアンツなどで活躍し、メジャー通算110勝を挙げたティム・リンスカム投手の得意球として知られ、昨季からツインズの前田健太投手も投げているとか。 フォークは人差し指と中指の間にボールを挟み、薬指と小指は折り畳むが、薬指と小指を伸ばしてボールに添えるとスプリットチェンジになるとされる。 あるメジャー関係者は「最近流行っている球種の1つですよ。 特に村上のような左打者に対して有効です。 球速はフォークとチェンジアップの中間くらいで、フォークが直角に落ちるのに対し、スプリットチェンジは左打者の外角方向へ逃げながら落ちます」と説明。 球速が遅く(村上へのラストボールは127キロ)、打者が思わず手を出した瞬間、手元ですっと逃げるので、ゴロや空振りになりやすい。 ただし、高めに行けば長打を食らいやすい球なので、松坂はベルトより上には絶対に投げないことが肝要でしょう」と見る。 かつての球威はなく、微妙な変化でバットの芯を外し打たせて取る投球に生き残りをかけている今の松坂には、ぴったりの球種と言えそうだ。 カブスのダルビッシュ有投手もそうだが、松坂も研究心旺盛で、豪速球を誇っていた若い頃から、様々な変化球を試してきた。

次の

落ちずに止まる...スプリットチェンジ!流行りの球種をタケトラが体得しました。

スプリット チェンジ

西武松坂が新球スプリットチェンジでヤクルト村上を空振り三振に仕留めた 西武 3-1 ヤクルト(オープン戦・15日・メットライフ) 14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手が、また話題を提供してくれた。 15日のヤクルトとのオープン戦(メットライフ)に6回から登板し、3回1安打3奪三振無失点。 昨季12勝1敗の同僚ザック・ニール投手から教わったばかりだという。 周囲からは「投手は相手打者に『新しい変化球がある』と思わせるだけでも有利になるからね。 もっとも、スプリットチェンジの方は間違いなく実在する球種である。 かつて大リーグ・ジャイアンツなどで活躍し、メジャー通算110勝を挙げたティム・リンスカム投手の得意球として知られ、昨季からツインズの前田健太投手も投げているとか。 フォークは人差し指と中指の間にボールを挟み、薬指と小指は折り畳むが、薬指と小指を伸ばしてボールに添えるとスプリットチェンジになるとされる。 あるメジャー関係者は「最近流行っている球種の1つですよ。 特に村上のような左打者に対して有効です。 球速はフォークとチェンジアップの中間くらいで、フォークが直角に落ちるのに対し、スプリットチェンジは左打者の外角方向へ逃げながら落ちます」と説明。 球速が遅く(村上へのラストボールは127キロ)、打者が思わず手を出した瞬間、手元ですっと逃げるので、ゴロや空振りになりやすい。 ただし、高めに行けば長打を食らいやすい球なので、松坂はベルトより上には絶対に投げないことが肝要でしょう」と見る。 かつての球威はなく、微妙な変化でバットの芯を外し打たせて取る投球に生き残りをかけている今の松坂には、ぴったりの球種と言えそうだ。 カブスのダルビッシュ有投手もそうだが、松坂も研究心旺盛で、豪速球を誇っていた若い頃から、様々な変化球を試してきた。

次の