デュエマ 水 ジョーカー ズ。 【デッキ】青緑ジョーカー

【デッキ】青緑ジョーカー

デュエマ 水 ジョーカー ズ

こちらがCSで優勝したジョーカーズのデッキ構築になります。 ゼロ文明• ゴールデン・ザ・ジョニー4枚• 破界秘伝ナッシング・ゼロ4枚• バイナラドア4枚• ハクション・マスク4枚• 消王ケシカス3枚• ヘルコプ太4枚• 洗脳センノー4枚• チョコっとハウス4枚• ヤッタレマン4枚 水文明• ゼロの裏技ニヤリー・ゲット4枚 伝説の禁断 ドキンダムX ジョーカーズの回し方・解説 ジョーカーズデッキは種族「ジョーカーズ」を使ったゼロ文明のデッキです。 召喚コストの軽減やマナを増やせる小型クリーチャーを並べていき手札補充カードに繋げ、状況に応じたコスト踏み倒し対策や除去、フィニッシャーなどを引き込み息切れすることなく戦えます。 回し方としては 序盤 2ターン目にジョーカーズの召喚コストを1つ下げるヤッタレマンを召喚 3ターン目にチョコっとハウスまたはヤッタレマン+相手のコスト踏み倒し対策のセンノーを立てる 4ターン目にヘルコプ太を召喚し、バトルゾーンの ジョーカーズの数だけドローして後続に繋げていきます。 守りが薄いデッキであればヘルコプ太のドローで引き込んだナッシングゼロを使い、 ブレイク数を増やして決めにいき Sトリガーが不安な場合は消王ケシカスで Sトリガー付きクリーチャーやニンジャストライクのケア、ゴールデン・ザ・ジョニーで バトルゾーンのカードの除去と呪文の使用回数を制限して比較的安全に決めにいくプランを取ります。 ノーコストで使えるサポートカード ジョーカーズデッキを格段に強くしているのがノーコストで使える「破界秘伝ナッシング・ゼロ」、「ゼロの裏技ニヤリー・ゲット」これらのサポートカードです。 破界秘伝ナッシング・ゼロ コスト7の呪文で、ゼロ文明のクリーチャーが攻撃する時、アタックチャンスの効果でコストを支払わずに唱えること可能。 山札から3枚表向きにし、捲れたゼロ文明の数だけクリーチャーのブレイク数を増やしてサポートします。 これ1枚でブレイク数を最高3枚増やしてくれるビートデッキにはかなり相性のいいカードです。 一回の攻撃で複数枚使用できるため、3ターン目にワールドブレイクなんかもできてしまう。 ブロッカーがいると弱体化するため、ゴールデン・ザ・ジョニーの効果で除去をしながら使うなど使うタイミングには注意が必要になります。 ゼロの裏技ニヤリー・ゲット コスト4の呪文で、無色クリーチャーがバトルゾーンにあればコストを支払わずに唱えることが出来る。 山札から3枚を表向きにし無色カードをすべて手札に加える手札補充カードです。 コストを使わずに使える手札補充が弱いわけはないでよね。 G0効果は相手のバトルゾーンにも反応するため、相手のバトルゾーンに無色クリーチャーがいれば使えてしまいます。 対面ジョーカーズで先行を取られたときは2ターン目に唱えて手札補充で初手の事故を回避しやすくなります。 フィニッシャー《ゴールデン・ザ・ジョニー》 ゴールデンベストの登場で新たにゴールデン・ザ・ジョニーがジョーカーズのフィニッシャーに採用され始めています。 ゴールデン・ザ・ジョニー コスト7のジョーカーズで、スピードアタッカーとWブレイカー。 マスターブラスターの能力で、このクリーチャーが攻撃する際バトルゾーンまたはマナに合計4枚のジョーカーズがいれば相手のカードを1枚除去。 相手は各ターンに1枚の呪文しか使えなくなります。 マスターブレイカーの効果がカード指定のため、クリーチャー以外にもD2フィールドやドラグハートなんかも除去できる能力です。 攻撃される時呪文を唱え固い守りを作れるサイバーダイスベガスや、パワー4000以下を攻撃できなくするジュダイオウなど、このデッキと相性の悪いカードへの対策になります。 呪文の制限効果ではSトリガーを少しケアしたり、出して置くだけで相手ターンの動きを鈍くする働きがあります。 デッキの採用カードを紹介 バイナラドア コスト8のSトリガー付きジョーカーズで、バトルゾーンまたはマナにジョーカーズが合計3枚以上あれば相手クリーチャーを1体山札のしたに送り、そのあと1枚ドローします。 確定除去付きのSトリガークリーチャーは優秀ですね。 山札の下であれば墓地を利用する相手にも有効ですし、攻撃していくデッキなのでアタッカーにもなってくれます。 ハクション・マスク コスト5のSトリガー付きクリーチャーで、バトルゾーンに出た時相手のコストが一番小さいクリーチャーを1体破壊します。 クリーチャーを選べないのは、結構痛いですね。 ジョーカーズは優秀なシールドトリガーが少ないため、あまり強くはないですが防御札を増やす役割でバイナラドラの次に採用されています。 消王ケシカス コスト5のジョーカーズで、相手がクリーチャーのバトルゾーンに出た時の効果を使おうとする際に、「ノーン」と叫びながらこのクリーチャーを破壊することで、その効果を無効にします。 攻撃する際のシールドトリガーやニンジャストライクへの対策。 モルネクデッキのメガ・マグマ・ドラゴンのように小型クリーチャーの全体除去を行うデッキへの対策にもなる。 ヘルコプ太 コスト5のジョーカーズで、バトルゾーンに出た時、自分の場のジョーカーズの数だけドローができる。 効果は自分自身を含むため最低でも1枚ドローは可能。 ヤッタレマンやチョコっとハウスから繋ぎ、召喚する4ターン目ごろには3、4枚の手札補充を行えます。 洗脳センノー コスト3のジョーカーズ、相手は自分のターン中に召喚以外の方法でクリーチャーを出せなくなります。 低コストの踏み倒しメタでありながら、パワー4000で攻撃もできるハイスペックなクリーチャーです。 革命チェンジはクリーチャーを手札に戻し、クリーチャーを出せる状況でなければ効果自体を使えないため、手札に戻す効果すら使うことが出来なくなります。 チョコっとハウス コスト2のジョーカーズで、攻撃する時手札から1枚マナゾーンに置きます。 2ターン目から使うための初動カードです。 2ターン目にチョコっとハウスを召喚。 3ターン目にセンノーを召喚し、チョコっとハウスで攻撃で5マナに繋ぐ。 4ターン目にヘリコプ太でドローの流れを行います。 ヤッタレマン コスト2のジョーカーズで、ジョーカーズの召喚コストを1つ少なくします。 コチラも2ターン目から使う初動カードです。 複数体並べると効果が重複するため、ヘリコプ太やニヤリーゲットで増やした手札でさらに展開します。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回はCSで優勝したコントロール・ジョーカーズの優勝デッキを紹介させていただきました。 ダンガンオーやジョリーザジョー、チョートッQを使った速攻よりのビートデッキから、コントロール気味の構築に代わってきているようです。 ゴールデンザジョーニーの登場でサイバーダイスベガスやジュダイオウを使うデッキの有利になったと思います。 みなさんもこの記事を参考にぜひ組んでみてください。 それでは、またお会いしましょう。 デュエルマスターズのCS優勝デッキレシピのカテゴリーはこちらになります。

次の

「環境デッキ」のジョーカーズデッキ対策を追う。【デュエマ 環境2017年4月~版】

デュエマ 水 ジョーカー ズ

By まつがん 皆さんこんにちは。 その全貌をお知りになりたい方はぜひ本誌を購入して読んでいただくとして、今回はその中でも 私の心を強烈に掴んで離さなかった2枚のカードをご紹介させていただこう。 《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》だ。 この圧倒的なインパクトたるや……ゼロ文明から始まり、火文明の力を獲得してきたジョーカーズが、ついに自然文明に進出。 自然ジョーカーズ爆誕と相成ったのだ。 だが、驚くべきポイントはそれだけにとどまらない。 「マイク・タイソン」でもなければ「体育・体操ズ」でもない、この《タイク・タイソンズ》のテキストをよく読んでみて欲しい。 見慣れない一文があるはずだ。 なになに……? 新能力、「Jチェンジ」登場だ! 「JチェンジX」とは具体的には、 「Jチェンジを持つクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコストX以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい」という能力。 ちょうど火文明のジョーカーズが「B・A・D」から「J・O・E」を得たように、自然文明のジョーカーズは《最強虫 ナゾまる》が持っていたような「マナゾーンからクリーチャーを呼び出す能力」から「Jチェンジ」を得た、といったニュアンスなのではないかと思われる。 さらに《タイク・タイソンズ》は バトルゾーンを離れた時にマナブーストする能力も持っているので、相手が「Jチェンジ」を嫌がって除去しようとしてもアドバンテージを取られてしまうことはもちろん、《ジョット・ガン・ジョラゴン》のために手札に戻してもマナブーストするという、2マナ域のクリーチャーとしては破格のスペックを持っている。 他方、BUMP OF CHICKENではない《天体かんそ君》の方はマナ加速とドロー補助を兼ね備えたいぶし銀の能力だが、 《タイク・タイソンズ》の「Jチェンジ」から出てくると世界が一変する。 2ターン目《タイク・タイソンズ》から3ターン目にマナゾーンの《天体かんそ君》と「Jチェンジ」するプランなら、3ターン目の3マナをフルに使用しつつ、《天体かんそ君》の能力で4ターン目のビッグアクションへの布石を打つことが可能になるのだ。 自然ジョーカーズと「Jチェンジ」。 ジョーカーズが手に入れた新たな力で、はたしてどんなデュエマが実現するのか。 本日12時更新のvol. 1-2ではこの2枚を使ってデッキを作ってみることにしよう。 それではまた次回! ライター:まつがん フリーライター。 クソデッキビルダー。 論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。 オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

次の

【第2回】デュエマ 2020年8月発売、クロニクル最終決戦デッキ『覚醒流星譚』&『龍魂紅蓮譚』収録カード先行チラ見せ!

デュエマ 水 ジョーカー ズ

そうそう!GRクリーチャーを出しまくれるから これ連鎖出来て強いし楽しいってなったんだよね。 それでは Wave All ウェイボールの能力をフルに引き出して 最速4ターンキルが可能な脳筋デッキこと、 ラッカ カラー ウェイボールビートのデッキリストを見ていきましょう。 (30円) GR召喚を行い、召喚したGRクリーチャーにスピードアタッカーを付与。 そのクリーチャーがアタックした後にそれを破壊する。 採用理由はジェンネ・トーピーと同様。 ザパンプ(120~200円) 1ターンに一度だけ呪文を唱えるコストを減らせます。 軽量の呪文を連打したいこのデッキの重要ポジションです。 MANGANO-CASTLE(100~300円) GR召喚を2回行い、出したGRクリーチャーにスピードアタッカーを付与 その代わりにターン終了時に破壊されます。 自分のターンに相手が呪文を唱えたらGR召喚を行い 打点を増やせます。 更に パワーが2500あるので、 ゼンメツー・スクラッパーや 闇の魔改造で除去されないのが強い。 S・トリガーがあるので相手を止められるのが特徴。 パラリラ・セーリング(30円) GR召喚を行ってから手札を補充する。 手札が切れがちなデッキレシピになっているので、 少しでも足しになるということで採用。 イェーガー a. a 噴射(30円) 相手のクリーチャーをフリーズさせて自分はGR召喚を行う。 とにかく攻め込むので数少ない防御札となります。 ゼンメツー・スクラッパー(100円) 小型システムクリーチャーへの除去札 このデッキは 全能ゼンノーで止まるので対策は必須です。 防御札としても採用。 KAMASE-BURN! (30円) GR召喚を行い、出したGRクリーチャーと相手クリーチャーをバトルさせる。 これもシステムクリーチャーを除去する為に採用。 FZゲイザー fe1t. アアルカイト(160~400円) GRクリーチャー3体並んでるとG・ゼロで発動可能 自分の次のターンまで 相手のクリーチャーをフリーズさせて 自分の水のGRクリーチャーが攻撃するときにドローを行ってもよいので、 相手が S・トリガーで反撃してきた時の保険にもなる。 轟轟轟ブランド(200円) 手札が0枚ならノーコストで召喚可能な殿堂入りカード。 フィニッシャー枠として採用しております。 手札を増やせる上にスピードアタッカーのW・ブレイカーという 強いことしか書いてないです。 このウェイボールビートは手札消費が激しいので、 轟轟轟ブランドはうってつけであります。 BAKUOOON・ミッツァイル(700~1000円) 2019年後半に暴れまわった殿堂カード。 最強のフィニッシャーとして採用しております。 召喚時に自分のクリーチャーを破壊したら召喚コストを軽減し。 破壊しただけGR召喚を行って自分のクリーチャーを全て スピードアタッカーにするので、定量展開するこのデッキには最適のカードです。 このデッキの値段が微妙に高いのは 大体コイツのせいだったりする。 超GRゾーン フォーユー(30円) 自分のクリーチャーの数だけパワーが1000上がり パワーが6000毎にシールドのブレイク数が増えるパワード・ブレイカーを持っています。 簡単に数が並ぶので、パワー6000到達は割と緩いです。 補充 CL-20(30円) バトルゾーンから離れるとドロー。 TOKKO-BOON、MANGANO-CASTLE! の効果で出すと確実にドローが可能。 またKAMASE-BURN! でわざとパワーの高いクリーチャーとバトルさせて 手札を補充するというちょっとしたコンボもあります。 シェイク・シャーク(30~50円) マナドライブ2で 相手のクリーチャー1体をフリーズするので 値段も含めて結構優秀。 ホッテ・ホッタ(30円) マナドライブ3で 攻撃の度に1ドローを行う。 このデッキならばスピードアタッカーで出せることが多いので、 ほぼ確実にドローが可能。 A クラッケンバイン(100円) 墓地にある呪文の数だけパワーが1000上がり、 パワード・ブレイカーをもっています。 アアルカイト(250~700円) 自分の水のGRクリーチャーが4体いれば、 パワーが9000のW・ブレイカーに変貌! 4ターンキルを達成する為にMANGANO-CASTLE! で引けることを 祈ります。 更に水のGRクリーチャーが5体以上の時、 相手の攻撃時にこのカード以外の水のGRクリーチャーを GRゾーンに戻すとターンを強制終了させます。 まとめ 結構クセが強い脳筋デッキで値段もバラバラになりがちですが、 一度握ると 「こういうのもあるのか」とご理解いただけるかと思います。 「防御なんていらねー!」とお考えならば、 FZゲイザー fe1t. アアルカイトを外して MANGANO-CASTLE!とTOKKO-BOON!をもう1枚ずつ入れても構いません。

次の