蜘蛛は砕けて。 66 蜘蛛対蟻 アンドロイド激闘

東京喰種『蜘蛛』

蜘蛛は砕けて

だが断る この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは 自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ 概要 第4部『』の登場人物。 1979年、M県S市生まれ。 年齢は20歳 4部当時。 血液型はB型。 数々の名言を残しており、スピンオフ作品では主人公になるなどジョジョ・の次に有名なキャラクターだと言う声も多い。 売れっ子のであり、に作品『ピンクダークの少年』を連載中。 漫画原稿を下書きなしで上から順に描け、でもインクが乾く前に絵が描けるほどの速筆。 そのため、19ページの漫画をアシスタント無しで4日 カラーでも5日 で描き上げることが出来る。 調子がいいときは一晩で19ページ描き上げた。 しかし、あまり書き溜めると「編集部に安っぽく見られる」という理由から、週の残りの日は旅行などをして遊んでいる。 人物 性格 漫画家としては人気はあるが、大人気(おとなげ)はない。 非常に負けん気が強い性格…というより、かなりので、やられたことは根に持つタイプ。 を相手に真剣なジャンケンをしたり、を罠にハメて背中を見てやったりする。 「相手をいかにして打ち負かすか」を重要視しており、それを自分の利益よりも優先する。 その傾向は仗助との勝負や、戦にて顕著に現れており、中でも後者において彼が敵に捕まった際「仲間を罠に陥れれば、お前の命だけは助けてやる」という敵の誘惑に対して言い放った 「」というセリフ 上記全文 は彼の性格を象徴していて頻繁にネタとしても引用される。 また、漫画にリアリティを求めており、新しい事や物珍しい事は自ら体当たりで実行するとんでもない性格。 家でを見つけた時はしてなどの配置を確かめた上、、実際にボコボコに殴られたことを自身の経験として活かし、漫画を描く。 自身のスタンド能力を使って、他人の経験をネタとして拝借したこともあった。 初対面の相手に対して能力をいきなり使ったり、プライバシーに関わる所まで読もうとする、ジャンケンに負けた子供に対して高笑いをしながら蹴るなど、かなりの変人の域である。 漫画の執筆に関しては、の一環と強引に解釈することもできなくはないが、漫画の為なら他人を犠牲にすることも厭わないという点では、かなり自己中心的で身勝手な性格といえる。 ただ、彼は強力な洗脳能力でもある自身のスタンドを(初登場時、漫画のために康一を追い詰めた一件以外)悪用したことは一度もなく、更にはイタズラや対等な勝負事において(不正を暴く側であっても)ヘブンズ・ドアーを使うことも好まない。 最終的には仗助たちに協力して敵スタンド使いとの戦いに身を投じていくことになるなど、善人とは言えないがとも言えない、倫理ではなく自らの定める基準に対して極めて誠実な、つまりは 自己中心的な変人であると同時に律義で義理堅い性格をしていると言える。 外見 タマゴのカラに見える何かはヘアバンドである。 また、何気にへそ出しファッションが多いのも特徴。 を雇わないのもそのためである。 しかし、漫画を描く動機そのものは金やちやほやされるためではなく、あくまでも 「読んでもらうため」。 それ以外はどうでもいい。 やらと協力する事もあるが、あまり好意的ではない。 一度ボコボコにされた経験からか、特に仗助を嫌っている。 チンチロリンで対決した際には仗助のイカサマを見抜けない自分が許せず、自身の小指を切断寸前にまで傷つけておきながら、で治そうとする仗助の申し出を拒否した。 勝負の最中に自宅が火事になったにも関わらず仗助のイカサマを見抜く事を優先しようとしたため、恐れをなした仗助に勝負を逃げられるほど(どさくさに紛れて小指は治される)。 とは本編での共演は無かったものの、彼女が息子の預金口座を凍結した為に、結果的に露伴の家が焼ける羽目になった騒ぎの間接的な遠因になっているが、露伴は知る由もない。 また、『』ではの凶行で死にかけた朋子を助けている。 一方でを気に入っており、唯一頼れる人間とも考えている。 初めこそ康一を利用しようと考えていたが、仗助と戦った後は康一を利用する事はなくなった。 その後は漫画家としての取材に同行してくれるよう康一に依頼したり、康一が海外へ行く際にヘブンズ・ドアーの能力を使って外国語を話せるようにするなど積極的に人間関係を築こうとしている。 康一も露伴に対し苦手意識や警戒心を捨てたわけではないが、露伴が敵スタンド「」に襲われた際に彼を助けるなど協力する事が多い。 過去 本人は忘れてしまっているが、4歳のときにによる初めての殺人事件に巻き込まれている。 事件当日、杉本家に一晩だけ泊まっていた露伴はによって助けられたが、杉本家の人間は皆殺しにされた。 その後15年間、杉本鈴美はとなり事件の犯人を探し出してくれる人を探していた。 露伴と康一は杉本鈴美と対話する事が出来た初めての人物であり、露伴は彼女の墓を訪れた際に寺の住職から詳細を聞いて彼女との関係を思い出し、事件の真相を追うべく調査を開始する。 スタンド 『(天国への扉)』 人の人生・記憶を本のようにして読んだり、書き換えることが出来る能力を持つスタンド。 詳しくはを参照。 荒木飛呂彦との関係 「実はこれ(作者)本人なんじゃあないのォ?」などとファンの間でしばしば言われるが、「荒木先生にとっての漫画家の理想像」を具現化したのが、この岸辺露伴というキャラクターとの事。 このため、荒木先生は初見の人に「岸辺露伴のようなエキセントリックな人物なのではないか」と身構えられてしまう事が多くなってしまったそうである。 露伴のようにアシスタント無しとまでとはいかないが、荒木飛呂彦氏が、原稿を落とした(期日に遅れた)事が無く、露伴のように、5日ほどで週間連載をしていたのは、『JOJOVELLER』に公開されていた、氏の週間予定表からもその通りである。 さすがに残りの日を遊んで過ごしていたというわけではないようだが、漫画家として速筆なのは、露伴と同じだったようだ。 心を折るレベルの厳しい論評をズバスバするのだが、特別ゲストである 露伴先生の友人である荒木先生が「露伴君はああ言っているけど僕はなかなかいいと思うよ」って感じで投稿者を激励するフォローをしてくれるという構成。 もちろん実際は露伴の厳しい論評も荒木先生の手によるものなのだが、事情を知らない人がこれだけ見ると荒木先生がすごい優しい人のように見える。 ちょっとずるい。 ちなみに、『』のPVでも、億泰が「露伴先生って誰かに似てんだよなぁ…」とつぶやくシーンが挿入されている。 また、スピンオフ『ルーヴルへ行く』では、が「露伴先生がに似ている」といった旨の事を話しているが、。 「」シリーズ - ジョジョの奇妙な冒険シリーズのスピンオフ作品として、露伴を主人公とした物語(詳しくは該当記事参照)。 他には「岸部露伴 ルーヴルへ行く」「岸辺露伴 グッチへ行く」がある。 (「~ルーブルへ行く」はの企画としてすでに単行本がだされている。 テレビアニメ版では、登場したのは14話からだが、第1話の終盤で、を見物する野次馬たちの中に露伴と思われる人影がさりげなく映りこんでいるシーンがあるほか、13話でも喫茶店で(姿は映っていないものの)担当者に原稿を渡しているシーンがある。 担当声優 (、) (TVアニメ) 関連画像.

次の

4年間で2万回超の奇妙な群発地震、ついに謎を解明

蜘蛛は砕けて

女王蜂は有馬と対峙し下手に動けない状況にあった。 何せ相手はあの蜘蛛を瞬殺するほどの男、一瞬でも隙を見せれば直ぐに狩られてしまうだろう。 すると、 「姐さん!!」 茂みから十数人の蜂のマスクをつけた喰種達が現れる。 どうやら最初から念のために待機させていたようだ。 「バカ!何で出てきたの!?」 「相手はあの有馬ですよ!姐さんだけではいくらなんでも危険です!」 「私たちも戦います!」 女王蜂の加勢に出てきたホーネット達は、各々の赫子を展開していく。 「有馬さん。 」 そして、有馬の方にも平子を筆頭に十人程度の捜査官が集まった。 「タケ、お前達は逃げるやつらを頼む。 」 それだけ言い、有馬はホーネットに歩み寄る。 「姐さんに近寄らせるな!」 「私たちで仕留める!」 ホーネットの内の二人が、尾赫と鱗赫を発現したまま、有馬に突っ込んでいく。 「ダメッ!!下がりなさい!!」 しかし、女王蜂が叫んだ時には、二人は胸から血飛沫を上げていた。 「絢香!月穂!」 女王蜂は悲痛な声で二人の名を叫んだ。 そして、有馬は無表情のままホーネットに近づいていく。 「姐さん、下がってください!私たちが時間を「逃げなさい。 」・・・・え?」 「逃げなさいって言ったの!!聞こえなかったの!?」 女王蜂はホーネット達の前に歩み出た。 「私が有馬を引き付ける!その内に全力で逃げなさい!!」 「しかし、姐さんを置いて行くなんて・・・・!」 ホーネット達は全員躊躇っている。 しかし、マスクの中で女王蜂は優しく笑った。 「大丈夫、私も後からちゃんと合流するから。 」 嘘だ。 そんなことはホーネット全員が分かっていた。 彼女はここで死ぬ気なのだと。 だが、 「・・・・・わかりました・・・・絶対に、合流してくださいね。 」 「撤退よ!」 女王蜂は自分達だけでも逃がそうとしている。 ・・・・・自分の命を懸けてでも。 そんな気持ちを無下にできるはずがない。 ホーネット達は撤退を開始する。 「タケ、追え。 」 有馬も平子に追撃の命令をだす。 しかし、 「させるかああああッ!!」 「ッ!!」 女王蜂による全力の羽赫の射撃で、平子達は思うように動けない。 だが、有馬だけはその羽赫の弾幕を、掠りもせずに走り抜けていく。 「クッ!オオオオオ!!」 目の前まで接近してきた有馬を、右腕の槍で迎え撃つ。 そして、有馬が女王蜂の横を通り過ぎた瞬間、彼女のマスクが砕け、血まみれで倒れ付した。 しかし、女王蜂の奮闘の甲斐あり、ホーネット達は全員公園から姿を消していた。 良かった、皆逃げれたんだ。 女王蜂はホーネットのメンバーが全員逃げ切れたことに安堵する。 「ホーネット達は逃がしたか・・・・・」 そう呟いた有馬は、女王蜂に止めを刺そうと、クインケを振りかざす。 ・・・・・ここで終わりかぁ・・・・・・・絢香、月穂・・・・・ゴメンね、守ってあげられなくって・・・・。 皆・・・・・・こんな私に着いて来てくれて、ありがとう・・・ 俯せになった女王蜂の顔を見た者はいないが、彼女目には涙が滲んでいた。 そして、有馬クインケを振り下ろした・・・・・ 背後から迫っていた智樹目掛けて。 智樹はそれを蜘蛛の脚で防御する。 「クッソ!不意討ちも効かねえのかよ!」 智樹は女王蜂を抱き抱え、有馬から距離をとる。 「な・・・・何で生きてんのよ・・・・・」 「勝手に殺すな。 再生力には自信があんだよ。 」 そう言いながら、智樹は自分のマスクを女王蜂にの顔に被せた。 「ちょ・・・・・何してんの・・・・?」 「マスク壊れたんだろ?使えよ。 」 「いや・・・・・君はどうすんの・・・・・?」 女王蜂の質問に、智樹は優しげに笑いかける。 「俺は大丈夫だ・・・・・・本気でやるから。 」 そう言いながら智樹は女王蜂をそっと地面に下ろした。 そして、智樹の背中から無数の赫子が発現し、その体を包み込んでいく。 「なッ!?」 「!!」 女王蜂は目を見開く。 異変に気づいた有馬は一瞬で智樹に肉薄し、クインケを振るう。 しかし、智樹の体を切り裂くはずのその一撃は、黒い鎧に弾かれた。 「これは・・・・・・」 有馬は一度智樹から距離をとる。 智樹の姿は、黒い赫子の鎧を纏い、その顔は先程のマスクよりも凶悪な形になっていた。 そして、その背中には蜘蛛の代名詞である八本の脚がより攻撃的な形状に変化している。 まるで、蜘蛛を模した化け物のようだ。 「・・・・・・そうか、赫者だったのか。 」 有馬は特別驚いたような素振りは見せず、クインケを構える。 そして、目にも止まらぬ速さで智樹なに肉薄し、クインケを突き出す。 しかし、智樹はそれを右腕の鎧をで弾き返した。 「・・・・・・『IXA』を弾いたか。 やるな。 」 そう言いながらも、今度は装甲の薄い関節部を的確に突きに行く。 だが、智樹も紙一重で関節を避けながら赫子で『IXA』の破壊を狙う。 二人の攻防は、最早介入の余地がないレベルであった。 しかし、 「有馬さんが蜘蛛を押さえている間に女王蜂に止めを刺すぞ。 」 介入出来ないのであれば、有馬が手が回らないところを補えば良い。 平子達は有馬達の横を大きく迂回して、女王蜂に接近を試みる。 「ッ!!」 傷が癒えず、身体が動かない女王蜂に成す術はない。 そして、平子のクインケが女王蜂を切り裂かんとしたその時、 平子の目の前に智樹が現れた。 「なッ!?」 目を見開いた平子を余所に、智樹は一瞬で捜査官達のクインケを破壊し、全員を軽く赫子で吹き飛ばして無力化した。 「君・・・・・まさかあの有馬を・・・・・・」 そう女王蜂が言いかけたとき、有馬が智樹の右肘を突き刺した。 「ッ!!・・・・・・いってえなこの!!」 智樹は赫子で有馬を攻撃するが、クインケでガードされた。 「倒せるわけねえだろッ!無理矢理離れたんだよッ!!」 そう怒鳴りながら、智樹の肘は既に再生を終えていた。 クッソ、当たる気がしねえ。 ・・・・・女王蜂もかなり傷が深いみたいだし・・・・・よし! 智樹は女王蜂を抱き抱え、有馬に背を向けて全力で逃走を謀る。 「・・・・・・」 有馬は無言で後退し、置いてあったもう一つのアタッシュケースを手に取り、クインケを展開する。 その形は、剣とも槍とも言えない妙な形状だ。 名は『ナルカミ』 有馬は『ナルカミ』を智樹に向け、引き金を引く。 そして、クインケから雷のようなものが放たれた。 「ウオオオオオ!?なんだあれ!?」 規格外の攻撃に焦る智樹だったが、喰種の身体能力をフル活用し、『ナルカミ』の雷を回避しながら、遂に公園から脱出した。 「このまま『ホーネット』のメンバーと合流する。 集合場所は?」 智樹はスピードを弛めないまま、抱き抱えている女王蜂に尋ねる。 「・・・・・緊急用のアジトは・・・・あっちの方にある廃ビル・・・・」 「よっしゃあ!全速力で行くぜ!」 智樹はさらに加速し、廃ビルを目指して去っていった。 「すいません、有馬さん。 」 唯一立ち上がれた平子が、有馬に謝罪をする。 「別に謝ることはないだろ。 最初の一撃で仕留めたと思ってしまったこっちのミスだ。 」 それに、と有馬は付け足す。 「まさか『ホーネット』の討伐に来たら『蜘蛛』がいて、さらに赫者だったんだ。 想定外にも程がある。 」 「はい、ですがこれは・・・・・・」 「犠牲者どころか目立った怪我人もなしか・・・・・」 そう、今回の戦闘でのCCG側の被害はクインケの破壊程度だ。 怪我人は精々打撲程度しかいない。 「戦っているときも急所を狙って来なかった・・・・・・明らかに加減してたな。 」 「・・・・・・」 蜘蛛の意図が分からず、平子は黙っている。 「それと、見ろ。 」 有馬は右手に持っている『IXA 』を平子に見せた。 その刀身には、一ヶ所だけ傷がついていた。 「!?」 その『IXA 』についた傷を見て、平子は絶句する。 今まで、このクインケに傷をつけた喰種を見たことがなかったからだ。 「『蜘蛛』のレートは上がるだろう・・・・・・恐らく、二体目のSSSレートの誕生だろうな。 」 有馬の言葉通り、これから数日後に『蜘蛛』は最強の喰種の一角、SSSレート喰種とされるのであった。

次の

「デジボク地球防衛軍」のストーリーやレジェンド隊員,登場する敵の情報が公開。バラバラに砕けた地球の欠片を飛び回り,人々を助け出そう

蜘蛛は砕けて

攻略メニュー• 初心者向け攻略• キャラ育成・武器強化• ハクスラ要素• おすすめビルド• ストーリー攻略• 覚醒篇• 飛翔篇• 暗影篇• 旭光篇• 薄明篇• 夢路篇• 残照篇• サブミッション• おすすめスキル• データベース• 小ネタ・お役立ち情報• キャラクター•

次の