ミニストップ 閉店 店舗。 ミニストップが次々と閉店ラッシュ!その【意外】な理由とは?

「ミニストップ」が続々と閉店している!?ハロハロはどこで食べれば良いの!?1番近いのはここ

ミニストップ 閉店 店舗

ミニストップの店舗(撮影=編集部) コンビニ業界4位のミニストップが苦しんでいる。 ミニストップは3月16日、2018年2月期の通期業績予想の下方修正を発表した。 連結最終損益が従来予想より13億円下回る11億5000万円の赤字(前年同期は2億1500万円の黒字)になる見込みだという。 最終赤字は上場した1994年2月期以降で初となる。 一方、連結売上高は従来予想から125億円引き下げ、2070億円(前年同期比5. 1%増)とした。 国内ミニストップで販売不振だったことが大きく影響した。 8月の天候不良で強みであるソフトクリームなどのコールドスイーツがふるわず、さらに10月は2度にわたる台風の上陸で客足が遠のいた。 他店との競争が激化したことも影響した。 特にセブン-イレブンとファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社に押された。 今年1月には国内店舗数が2万店を突破。 これは業界一番乗りだ。 18年2月末では2万260店にもなり、1年前から800店以上増えている。 一方、ミニストップの2月末の国内店舗数は2264店でセブンの11%にしかならない。 また、近年の店舗数の伸びは鈍く、1年前からはほとんど変わっていない。 店舗数においてミニストップとセブンの差は広がる一方だ。 そのため、セブンの圧迫が強まっているといえるだろう。 ファミマは経営統合したサークルKサンクス(CKS)の店舗をファミマへ転換を進めていて、その過程で不採算店舗を閉鎖していることもあり、2月末の国内店舗数は1年前から約900店減って1万7232店となっている。 その一方で、ファミマへ転換したCKS店舗の日販(店の1日あたりの売上高)は向上しているという。 そのため、かつてはCKS店舗と競合関係にあったミニストップの店舗は、結果的に打撃を受けたと考えられる。 ミニストップの16年度の日販は42. 1万円で、ファミマより約10万円も低い。 また、ファミマの日販は増加傾向にあるのに対し、ミニストップは減少傾向にある。 5年前の11年度と比べると約7万円も低下しているのだ。 ファミマとミニストップとでは、1店1店の競争力において大きく差が開いている状況にある。 ローソンも出店攻勢を強めている。 2月末の国内店舗数は1万3992店で1年前から約900店増えた。 セブンやファミマと比べると店舗数は少ないが、ミニストップよりは断然多い。 また、伸び率は高いため、店舗数においてローソンとミニストップの差が広がっている状況にある。 そのため、ローソンの圧迫も強まっているといえるだろう。

次の

ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

ミニストップ 閉店 店舗

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ) 株式投資アドバイザー、証券アナリスト。 1986年、鹿児島県生まれ。 県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。 大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立し設立。 2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。 2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。 特徴としては、 店内で調理するソフトクリームなどファストフード(FF)の品揃えが充実していることです。 多くの店舗では、揚げ物をその場で揚げるフライヤーが備えられています。 イートインスペースが設けられていて、買った物をその場で食べることもできます。 このFFが、ミニストップの経営を支えています。 粗利益率は他の商品が3割程度なのに対し、FFは5割以上もあります。 私がなぜミニストップに詳しいかと言うと、 実は学生時代に半年ほどミニストップでアルバイトをしていたからです。 しかし私は不器用なので、ソフトクリームをなかなかまっすぐに盛ることができず、お客様に申し訳ないことをしました。 そんな馴染み深いコンビニですから、今の業績悪化は残念でなりません。 一方で、なぜそうなってしまったのか思い当たる節もあります。 そもそも私がなぜバイト先として他のコンビニではなくミニストップを選んだのかと言うと、 単純に時給が高かったからです。 他のコンビニが950円程度の時代に、ミニストップは1,100円でした。 逆に言えば、それだけ人気がなかったのです。 バイト先として人気がないのは、FFの大変さということで理解できます。 店員は通常のコンビニ業務をこなしながら調理もしなければなりませんから大変です。 人手不足の今はますますバイトを集めるのに苦労しているでしょう。 大手3社に見劣りする経営指標 しかし、経営指標を見てみると、バイトだけでなく客からも人気がないことがわかります。 下のグラフは、1店舗で1日にどれだけの売上があるのかを示す「日販」です。 時系列となっているのがミニストップですが、 見事に右肩下がりとなっています。 そして、 他の大手3社と比較しても大きく劣っているのです。 日販が大きく劣っているということは、 売れる商品がないということです。 確かに、他社がスイーツや惣菜、冷凍食品などオリジナル商品の開発に力を注いでいる中で、ミニストップにはFFを除きこれと言ったものがないように感じます。 その原因の一つは、規模にあると考えます。 国内の店舗数で見れば、ミニストップは大手3チェーンに比べて大きく劣っているのです。 最大手のセブンイレブンとの比較では、わずか10分の1の規模です。 規模が小さければ、同じ商品を開発するにも資金力が違ってきます。 また、広告を出すにしても、かけられる費用が段違いに少なくなってしまいます。 コンビニ全体の店舗数が少ないうちはまだ良かったかもしれません。 近くにミニストップしかないところなら、他に選択肢はありませんでした。 しかし、各社が出店を加速し過剰店舗となった今、 同じ距離にミニストップとセブンイレブンがあったら、多くの人はセブンイレブンを選ぶのです。 どの業界でも、競争が激化するほど弱いところから淘汰されていきます。 コンビニも大手3社に集約されると見込まれていますが、 ミニストップはその流れに完全に置いていかれてしまったのです。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

「ミニストップ」が続々と閉店している!?ハロハロはどこで食べれば良いの!?1番近いのはここ

ミニストップ 閉店 店舗

構造改革という欄にて、「直営店閉店」「本部スタッフ削減」とあります。 「本部スタッフ削減」は文字通り、人が減れば固定費が削減されるため、利益が出やすくなるのは理解できます。 今回の閉店理由の大きなところがここに書かれております。 「直営店閉店」 まず、直営店ってなに?って思われる方は、FC店を浮かべると簡単です。 FCは地元の方々で経営している店舗です。 直営は「本部」つまり「ミニストップ株式会社」の社員で構成される店舗になります。 何が違うかというと、固定費のかかり方がべらぼうに異なるため、1店舗の損益分岐が大分異なります。 本部でお店を経営している店舗というのは、細かい理由(場所が悪くて、FCオーナーがつかない。 FCオーナーがやめてしまって代わりのFCがつかない。 等々…)はそれぞれあるようですが、どうしようもなく本部で営業を行っていることが多いようです。 原因はFCオーナーがいないことが挙げられます。

次の