清水ミチコ 小池百合子。 【動画】 清水ミチコの小池百合子のモノマネwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

清水 ミチコ 小池 百合子

清水ミチコ 小池百合子

タレントの清水ミチコがYouTubeで披露している小池百合子東京都知事のものまねが、「めちゃくちゃ似ている!」と評判だ。 4月21日に発表してから57万回以上再生されている。 「区切って」を「く、ぎ、って」と一音ずつ切って話すことで「言葉の中にも3密をつくらないという、わ、け、で、ございます」と説明している。 さらに「However、しかしながらですね」と小池氏が横文字を多用する部分も巧みに採用。 ゆっくり丁寧ながら、妙に説得力のある都知事の話法を再現している。 これには、コメント欄に「悪意が感じられます。 好きです」「めっちゃウケるー!柄の布マスクしてー」「文節間のソーシャルディスタンスがすごい」など絶賛する書き込みが集まっている。 さらに「たいしたこと言ってないのに区切って丁寧に話すことによって、意味があって、ちゃんとした事を言っているかのように錯覚する技術は小池さんスゴイ!!」と納得する視聴者も。 清水は、小池氏が当選した2016年の東京都知事選時に着目し、ものまねを開始したという。 ジャムハウス所属。 お笑い第三世代の1人で、モノマネを得意とする。 「隣人は芸のこやし」を座右の銘としている。 本名は坂田 美智子。 旧姓、清水。 岐阜県高山市出身。 高山西高等学校、文教大学女子短期大学部家政科卒業。 ウィキペディア 生年月日: 1960年1月27日 年齢 60歳 配偶者: 坂田 幸臣 1987年から 書籍: 三人寄れば無礼講、 顔マネ辞典、 主婦と演芸、 「芸」と「能」 「東京都知事の小池百合子です」 こんな出だしで始まる動画がテレビで頻繁に流れるようになった。 新型コロナウイルス対策用に東京都が作ったCMなのだが、これがいま物議をかもしている。 このテレビCMはもちろんタダで作られたわけではない。 ほかのCM動画と同様、製作にはそれなりの費用がかかっている。 もちろんテレビで放映するにも各局に放映料が支払われている。 4月8日、東京都は緊急事態宣言に伴い都の予備費を使ってコロナ対策を行うと発表した。 都によれば拠出額は12億1300万円。 そのうち『WEB広告の拡充』に7000万円、『テレビ、ラジオCM枠の確保・CM製作』に5億6800万円、『新聞広告』に2億3800万円が使われるという。 はたしてそんな大金をつぎ込んで、あのようなCMを放送する意味があるのだろうか。

次の

清水ミチコの小池知事ものまねが似すぎてヤバいwwwwwwww │ 吹き出し型2chまとめ【LINE2ch】

清水ミチコ 小池百合子

デビュー30周年記念ツアー「ひとりのビッグショー」を開催中。 私のネタにとってのごちそうは、権力を持っている人。 最近では小池百合子さん。 ああいう人は、すぐになりたくなりますね。 やっていて気持ちがいい。 たぶん、威厳とか知性がある一流っぽい人を芸人がマネすることで、急に身近に降りてくる感じが面白いんじゃないかな。 それは子どものころから変わらないですね。 その人の映像を繰り返し見たりはしない。 それよりは、その人が持っているものを感じて、自分の中で発酵させるというか(笑)。 本物とくらべると、そんなに似ているわけではないんですけど、その人の要素がギュッと凝縮して感じるんですよね。 そして、マネージャーや家族に見せたり、その後でラジオで披露してウケたら、テレビにおろす。 微妙な反応のネタはやめることもあります(笑)。 自分のネタをブラックだと思ったことはないですよ。 お客さんのボーダーラインは驚くほど繊細。 結果、ブラックや辛口になったというのはアリでしょうけど。 矢沢永吉さんが決断をするときに、自分のなかのヤザワに聞く、という話がありますけど、そんな感じ。 私はシミズに聞くの(笑)。 しみず・みちこ 岐阜県出身。 1983年にラジオ番組の構成作家を始め、次第に出演するように。 1987年に『冗談画報』『笑っていいとも!』(共にフジテレビ系)に出演して以来、TVやライブを中心に幅広く活躍。 『私という他人』などDVD作品も多く発売されている。 現在、デビュー30周年記念ツアー「ひとりのビッグショー」を開催中。 また、お家芸の顔マネを集めた『顔マネ辞典』(宝島社)が発売されている。 『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合)、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(テレビ東京)など、レギュラー出演番組多数。 写真・馬場わかな へア&メイク・岡﨑直樹 インタビュー、文・重信 綾 (by anan編集部).

次の

清水ミチコの小池知事ものまねが人気 一音ずつ区切り&横文字多用…「ウケる!」と反響(デイリースポーツ)

清水ミチコ 小池百合子

デビュー30周年記念ツアー「ひとりのビッグショー」を開催中。 私のネタにとってのごちそうは、権力を持っている人。 最近では小池百合子さん。 ああいう人は、すぐになりたくなりますね。 やっていて気持ちがいい。 たぶん、威厳とか知性がある一流っぽい人を芸人がマネすることで、急に身近に降りてくる感じが面白いんじゃないかな。 それは子どものころから変わらないですね。 その人の映像を繰り返し見たりはしない。 それよりは、その人が持っているものを感じて、自分の中で発酵させるというか(笑)。 本物とくらべると、そんなに似ているわけではないんですけど、その人の要素がギュッと凝縮して感じるんですよね。 そして、マネージャーや家族に見せたり、その後でラジオで披露してウケたら、テレビにおろす。 微妙な反応のネタはやめることもあります(笑)。 自分のネタをブラックだと思ったことはないですよ。 お客さんのボーダーラインは驚くほど繊細。 結果、ブラックや辛口になったというのはアリでしょうけど。 矢沢永吉さんが決断をするときに、自分のなかのヤザワに聞く、という話がありますけど、そんな感じ。 私はシミズに聞くの(笑)。 しみず・みちこ 岐阜県出身。 1983年にラジオ番組の構成作家を始め、次第に出演するように。 1987年に『冗談画報』『笑っていいとも!』(共にフジテレビ系)に出演して以来、TVやライブを中心に幅広く活躍。 『私という他人』などDVD作品も多く発売されている。 現在、デビュー30周年記念ツアー「ひとりのビッグショー」を開催中。 また、お家芸の顔マネを集めた『顔マネ辞典』(宝島社)が発売されている。 『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合)、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(テレビ東京)など、レギュラー出演番組多数。 写真・馬場わかな へア&メイク・岡﨑直樹 インタビュー、文・重信 綾 (by anan編集部).

次の