なか きど 歯科 逮捕。 留守の治療は衛生士 歯科医ら歯科医師法違反容疑で逮捕:朝日新聞デジタル

青森)八戸の耳鼻咽喉科 医師が感染 患者も調査へ:朝日新聞デジタル

なか きど 歯科 逮捕

高校時代まで新潟で過ごし、大学生活は岩手県盛岡市で過ごしました。 中学生から始めたソフトテニス(当時は軟式庭球と呼ばれていましたが)を高校・大学とずっと続けてまいりました。 今でも趣味の一つです。 大学卒業後はそのまま大学院へ進み博士号を取得しました。 また、大学院に進むのと同時に第二補綴科という臨床科にも在籍し研鑽を重ねてまいりました。 その間に結婚をし、子供も二人授かりました。 縁あってこの地に開業させていただき丸2年が経過しました。 当初は右も左も分からぬような状況で患者様にもご迷惑をおかけしたことと思いますが、ようやく日常の生活にも慣れが出てきたと実感しております。 診療に関しては初心を忘れることなく、患者様に必要な最善の医療を提供し続けていけるよう努力していこうと考えております。 いたらぬところもあるかとは思いますが、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

次の

株式会社住宅ケンコウ社新潟

なか きど 歯科 逮捕

海外渡航などで歯科医師が不在にしている間、資格を持たない歯科衛生士が歯の治療をしていたとして、愛知県警は3日、名古屋市東区にある歯科医院「カフェ・ロラ松本歯科」の歯科医師松本健容疑者(78)と、歯科衛生士の女(50)を、歯科医師法違反や歯科衛生士法違反などの疑いで逮捕した。 捜査関係者への取材でわかった。 捜査関係者によると、逮捕容疑は、歯科医師の資格がない歯科衛生士の女に、患者の歯を削るなどの治療をさせたというもの。 無資格でX線撮影もさせていたとして、診療放射線技師法違反の疑いもあるという。 関係者や松本容疑者の著書などによると、松本容疑者は1971年に名古屋市北区で歯科診療所を開業。 海外留学を経て、同市東区に歯科医院を開いた。 2000年ごろから、南太平洋の仏領ニューカレドニアなどでコーヒー農園を運営。 ここ10年は海外に滞在していることが多く、その間歯科医院では、実質的に歯科衛生士の女が治療を行う状態が続いていたという。 歯科衛生士は、歯や口の中の病気の予防処置や保健指導、歯科医師の診療の補助をする専門職。 抜歯や歯を削るなどの治療行為は歯科医師のみに許されている。 歯科衛生士法では、歯科衛生士は歯科医師の指示なしに診療機械や医薬品を使ってはいけないとしている。

次の

7月, 2008

なか きど 歯科 逮捕

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• ,Ltd. googletagmanager. html?

次の