ランドセル 中村。 なぜ?中村鞄と土屋鞄が比較されるワケ

小3の娘が愛用中の中村鞄のランドセル☆画像で特徴を口コミします!|気ままママブログ

ランドセル 中村

中村鞄のランドセルを選んだ理由 りなちゃんのお宅は東京都足立区。 中村鞄の工房(東京都足立区江北)へは車で10分ほどの距離なので、ママも何度か中村鞄の前を自転車で通ったことがあって、ランドセルを買うなら中村鞄にしようかなと思っていたそうです。 りなちゃんが買った中村鞄のランドセルは、総牛革ボルサ・パステルクラシック。 色は茶色(背あてと内装部分がセピア色)。 総牛革のランドセルにした理由をママにうかがったところ、りなちゃんはとにかく元気がよくて、幼稚園のときに、お道具箱や通園バッグを何回か壊したことがあったので、ランドセルを買うときは、丈夫で型崩れしにくいしっかりした作りのものを選ぼうと決めていたそうです。 中村鞄のランドセルの使い心地 中村鞄のランドセルは縫合がしっかりしていて、総牛革はクラリーノより丈夫で型崩れしにくいので、元気いっぱいのりなちゃんにはピッタリのランドセルだったようです。 ランドセルに目立ったキズもついていませんし、型崩れしている様子もありません。 素材は総牛革(本革)だけあって色つやがとても美しいですね。 背あての部分のキズもなく、肩ベルトの縫合部分も糸のほつれはありません。 りなちゃん(小2)の現在の身長は122センチですが、ランドセルを背負ったときに、窮屈な感じもなく、肩ベルトが肩に食い込むこともないそうです。 肩ベルトの下の部分に防犯ブザーが取り付けられる金具も付いているので、万が一のときにも防犯ブザーをすぐに押せるので安心感があると、りなちゃんのママが話してくれました。 ランドセルでいちばん痛みやすいのは、肩ベルトと背カンをつなぐ部分ですが、糸のほつれや、革がめくれたり、すり減っている様子もありません。 さすが中村鞄。 いい仕事してますねぇ(笑)それもそのはず。 中村鞄のランドセルには随所に職人さんのこだわりが散りばめられているんです。 肩ベルトの下の部分を見てみると、ベルトの穴はまだ原型を保ってしっかりしています。 肩ベルトのひび割れなどもまだ見られません。 元気な子が使っているランドセルの肩ベルトの穴は、6年生になるとだいたいこんな感じに劣化するのが普通です。 りなちゃんのランドセルは6年生になったときはこんな感じになるのかな(笑) ランドセルの前ポケット・前締め・内張り・かぶせ裏の部分もキズや糸のほつれ、型崩れは見られません。 りなちゃんのママの話では、とくにこれといってお手入れはしていないそうです。 りなちゃんのママが、ランドセルに教科書・ノート・連絡帳ケース・筆箱・タオルなどを入れて見せてくれました。 中村鞄のランドセルは、A4クリアファイル対応なので横幅も余裕がありますね。 中村鞄のランドセルはワイドサイズなので、教科書やノート・連絡帳ファイルのほかにも体育着や水筒なども入るそうです。 といってもりなちゃんは水筒はランドセルの中には入れないで首からぶらさげていくそうです。 ランドセルの錠前部分と肩ベルト・ベロ(錠前とかぶせをつなぐ部分)は、ほぼ新品同様です。 りなちゃんのママにうかがったところ錠前の開閉はとてもラクにできるそうです。 ランドセルによっては錠前の開け閉めが硬くて、1年生のときに、りなちゃんと同じクラスで苦労していたお友だちがいたそうです。 中村鞄のランドセルを使ってみた感想 りなちゃん自身も はとても気に入っていて、ママも「総牛革はクラリーノ(合成皮革)のランドセルと比べると色つやが美しく、高級感があるので、いいランドセルに出合ったな」と感じているそうです。 元気すぎて、幼稚園のときは、道具箱や通園バッグを壊したこともあった りなちゃんですが、「(りなちゃんは)中村鞄のランドセルにはかなり愛着を感じているようで、意外と大切に使っているので驚いているんですよ(笑)」と、ママが笑って話をしてくれました。 なお中村鞄のランドセルを使ってい男の子(小学1年生)のママにインタビューした様子は下記の記事でお伝えしています。

次の

ランドセル|土屋鞄と中村鞄どっちが良い!?本店を見て回った感想

ランドセル 中村

6年間使い続けたランドセル。 「もう使わないけれど、捨ててしまうのがもったいなくて捨てずにとっておいている」というご家庭も多いと聞きます。 また、いまランドセルを使用中のご家庭でも、使い終わったらどうしようという具体的なアイデアはないのでは? そのままとっておいても使わないのなら、リメイクしてみてはいかがでしょうか? 使わなくなったランドセルを、財布やペンケース、ミニランドセルなどにリメイクしてくれる工房をピックアップして紹介します。 愛着のあるランドセルを、ますます生かすことができる復活劇! ぜひ、今後の参考にしてみてください。 ランドセルのリメイクってどんなことをするの? ランドセルの革がペンケースや財布、キーホルダーに生まれ変わる! 使い終わったランドセルの革を使って、ペンケースや財布、キーホルダーなどにリメイクできます。 ランドセルのリメイクをしてくれる工房やサービスがあり、そこで希望の物を作ってもらえます。 ランドセルの革がひび割れていたりする場合、ダメージ状態によってはリメイクできない場合もあるので、事前に工房に確認しておくとよいでしょう。 ランドセル工房が行うリメイクサービス ランドセルを製造・販売している工房やメーカーで、リメイクサービスを行っているところもあります。 ママたちの口コミでも人気の高いランドセルの老舗工房をご紹介します。 ランドセルの中村鞄製作所 自分のランドセルがミニチュアサイズに! 東京で1960年に創業した中村鞄製作所は、熟練職人による手作りランドセルの老舗工房。 背負い心地や使いやすさ、シンプルなデザインが人気です。 中村鞄製作所では、6年間使ったランドセルをそのまま縮小して、ミニランドセルに加工することが出来ます。 すべて手作業で一つ一つを職人が大事に、丁寧に仕上げてくれます。 ミニランドセルなら、場所をとらずに思い出のランドセルを大切に保存できます。 ケースに入れて飾ってもいいですね! 【ランドセルリメイク 参考価格】 お問い合わせください フリーダイヤル:0800-800-8941 メールアドレス:info nakamura. kaban. リメイク商品もシンプルでおしゃれなデザインが多く、これからまた、ランドセルが長く使えるアイテムに生まれ変わります。 工房によって得意な商品が違うので、何を作ってもらうか考えるだけでもワクワクします。 カナーズ・ジャパンの看板商品(商標登録済み)メモランとはメモリアルランドセルの省略で、6年間一緒に過ごした思い出のランドセルを新たな思い出作りとして、ランドセルをアイテム(メモラン)に生まれ変わらせてくれます。 かわいい!ランドセル型のアルバムも ランドセルの形を残した『そのまんまランドセル・アルバム』は、大切な思い出がたくさんつまった宝物になりそうですね。 ひとつの革製品を、裁断から、穴あけ、縫い、磨きまで、全工程すべて1人の職人さんが手作業でおこない、商品を仕上げてくれます。 横型に統一した使いやすい折財布は、大きく開く小銭入れ、カード入れ部分と小銭入れ部分の裏にサイドポケットも。 名前入れのある部分やランドセルの想い出のデザイン部分を切り出してキーホルダーを作ることもできます。 奥が深いランドセルリメイクの世界をご紹介しました。 ミニランドセルからぞうりまで、お気に入りのアイテムを見つけて、6年間の思い出がたくさんつまったランドセルを生まれ変わらせてみてはいかがでしょうか。 工房によっては、来年の予約まで埋まっている場合もあるので、早めに計画を立てておくのがおすすめです! 文/やまさきけいこ.

次の

中村鞄製作所のランドセルの評判・口コミ

ランドセル 中村

ランドセル選び。 土屋鞄と中村鞄で迷ってます。 来春、小学生になる男の子です。 ランドセルは青 紺色NG が良いとのこと。 サンプルを取り寄せた中で、土屋鞄の素材感が1番気に入ったので店舗に連れて行きました。 プレミアムカラーのブルーが気に入ったようで、「これが良い!重くないもん!」って言い張り背負ったランドセルをなかなか降ろさない位の気に入りようでした。 素材も作りも申し分なく、これに決めてしまおうかと思ったのですが、他も比較してみたかったので、とりあえず保留にし、次の日中村鞄を見に行きました。 すると、息子はマリンブルーのクラリーノランドセルを見つけ、今度は「これが良い!」と言い張り、「これ軽いしピカピカしてるから」とのことでした。 「昨日のは?」って聞くと、「ちょっとだけ重かった」「ピカピカしてなかった 牛革 」…と。 中村鞄はマチも広めで反射板も付いてるし軽いし、息子がそう言うならこれにしようかな~なんて思 うのですが、最初に土屋鞄を見てしまったからか、中村鞄の製法が心なしか雑に見えてしまいました。 何より、マリンブルーの背面色やステッチが明るい黄色だった事が私的にちょっと好きじゃない感じでした。 息子は青なら背面色などは何でも良さそうな感じですが。。 家に帰ってもう一度両方のカタログを見せると、「そうそうこれが良かったんだよね」って土屋鞄を指さしてるし…。 良く分かりません。 私的にはやっぱり土屋鞄なのですが、確かに重いですよね。 軽いに越したことはないので、あの黄色さえなければ中村鞄にするんですが…。 でも黄色が嫌だから、やっぱり土屋鞄にして欲しいな~って思いつつ、 でも重たいのも可哀想だよな~っ、じゃあ中村鞄かな~、でもあの黄色がな~……ってグルグルしていて決められません。 どうしたら良いのでしょうか? 息子は多分、こっちに行けばコレ、あっちに行けばコレ、です。 でもあの軽さを覚えてしまったようです。 一度軽さを知ったら、重いのは嫌ですよね、、? 本人が背負うものですし、やはり軽さを取るべきですか? ちなみに、親的に この色ちょっとな… と思ったけど購入した方いますか? 最終的には本人が良ければいいんでしょうけど、やっぱり気になってしまって、、。 良ければアドバイス頂けないでしょうか? お気持ちとってもよくわかります。 私もかなり迷走しましたが、昨日ついに中村鞄で注文してきました! 私の場合、はじめは土屋鞄と池田屋のどちらにするかで悩んでいました。 土屋はデザインが素敵で申し分なし。 でもマチの大きさに不安があって。 そんなとき、たまたま銀座で池田屋を見つけて説明を聞くとその機能の充実ぶりにびっくり! マチも大きいし、ギボシベルト、こどもが楽にひっかけられるフック、縦型の錠… 使いやすさを追求した作りなんだと感心しました。 そしてやっぱり「A4フラットファイル」が入る大きさは必要で、 サブバッグはとくに男の子はどこかに忘れてきたりする子もいるようで、できるだけランドセル一つに収められる方がいい、という説明はとても共感できました。 ただ、残念なのは、私の中でデザインが本当に…気に入らなかったんです。 そこから迷走が始まりました。 子どものことを本当に思うなら池田屋にすべきなのか。 でも高い値段出して買うものなのに、デザインが気に入らないものを買って満足できるだろうか。 愛着がわくだろうか。 そんなときに出会ったのが中村鞄でした。 デザインもOK、反射板もついているし、A4フラットファイルも入る、それに他より値段が安め。 小マチの部分はアコーデオン式でないので、ほこりもたまらないし、大きな筆箱も楽に入る。 申し分なしで買いました。 でもデザインの面で黄色が気になってらっしゃるんですよね… むずかしいところですね。 うちの子どもも、友達の子どもも、男の子はとくにすごくこだわりがあるようではなく、こっち見たらじゃあこっち、あっち見たらじゃああっち、といった感じです。 親の目でいいと思うものを買っていいと思いますよ。 一度その候補を忘れて、探しなおしてみるのもひとつの手ですよ。 ちなみに私は群馬のトヤマ鞄もなかなかいいなと思います。 最近、小学校で配られるA4フラットファイルは、余計な部分をカットしたスリムな形だそうです。 なので、一般的なCMで見られる「A4フラットファイルがすっぽり入る!」ほどのサイズはそこまでこだわらなくてもいいのかな、と思います。 うちの娘も、土屋と中村で迷いましたが、実際に背負って娘が気に入ったので、中村にしました。 両方店舗に行きましたが、背負った感じで「これにする!」と言ったので、購入しました。 母親目線では、土屋は、口コミも良く、上品な感じだったのですが、重さが微妙でした。 中村は、背中のフィット感と反射板と軽さが魅力でした。 わたしのお友達のママが、主さん同じように中村の外側の色と背面の色の組み合わせがイマイチだったようで、 「背面とステッチの色を変更できますが?割増でもOKです」と問合をしたところ、NGだったと言っていました。 重さも少しであれば、教科書等でほとんど許容範囲ですし、お子様優先できめてあげたらいいのでは!? 良いランドセルに決まるといいですね!! ランドセル店を営んでます(両メーカーとも取り扱いはないですが知っています)お話しをお伺いする限りですが多分ん、お子さんの中では本格的に「コレ」と言うのは決まっていないと思います。 と言うのは当店来店者さんでも多いのですが多分「お父さんと出かけていること(お母さんかな)」が楽しくてショッピングと言うより笑顔を見せたいと言う感じだと思います。 ですので1回(10日程度で構わないので)ランドセルの話をしないでまっ更にしてから再度スタートを切った方が良いと思います。 ただ・・・重さに関しては質問者さんのいうとおり「軽さ」は工房モデルの場合重要なポイントです。 ただ工房モデルを選ぶなら・・・やはり牛革だと思います「理由は書きませんが職人さんの心意気に差があるので」ですのでまずは質問者さんの中でも優先順位を決めてその中でピックアップしたものをお子さんにネットでも構わないので見せて・・それから再考した方が良いと思いますよ.

次の